ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「サブカルチャー」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「サブカルチャー」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
食中毒事件を乗り越えてモスバーガーが復活 消費増税を追い風にできそうな理由とは?
「食中毒」事件で苦戦していたモスバーガー。しかし、マーケティングを刷新してから業績が上向き始めた。消費増税をチャンスにできそうな理由とは?(2020/2/25)

誤解だらけの日韓関係を問う:
日本の若者が「それでも」韓流に熱狂するワケ――中高年が理解できない深層心理
若者を中心にいまだ根強い韓流ブーム。反韓感情も少なくない中高年世代とは裏腹の「憧れの国」に。日韓関係を長く取材してきた毎日新聞記者が真相に迫る。(2020/2/17)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
埋没気味だった「喜多方ラーメン坂内」が逆襲を開始 あっさり味が国内外で支持されそうな理由
1990年のピーク時には89店を展開していた「喜多方ラーメン坂内」。最近は埋没気味だったが、米国に進出したり、国内の店舗数を増やしたりしている。「あっさり味」が武器になる理由とは。(2020/2/12)

日本文化の発信も:
羽田に“イノベーションの街”、20年7月開業 自動運転の開発拠点に
羽田みらい開発は、羽田空港エリアで開発を進める「HANEDA INNOVATION CITY(羽田イノベーションシティー)」を7月初旬に開業すると発表。「スマートエアポートシティー」の構築を目指す。(2020/2/6)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
「おにぎり100円」「コーヒー80円」のミニストップ 値下げ以外に求められる“大改革”
「おにぎり100円」に続き、コーヒーを80円に値下げしたミニストップ。相次ぐ値下げで一定の成果は出てきている。大きく引き離された大手3社に追い付くために必要な戦略は?(2020/1/28)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
赤字に苦しんできたダイエーに“復活”の兆し 流通帝国の崩壊から黒字化までの道のりをたどる
再建途上のダイエーが黒字化しそうになっている。一大流通帝国を築いた道のりを振り返る。なぜ、今になって復活の光が見えてきたのか。(2020/1/15)

映像分析やSNS、4K8K放送――技術で変わる五輪の見方
スポーツ観戦の在り方は、映像技術やソーシャルメディアの発展で変化を続けている。映像分析による競技のデータ化や、SNSで情報発信しながらスポーツを楽しむ観戦スタイル、総務省が普及を目指す4K8K放送などにより、東京五輪でもさまざまな観戦風景が見られるだろう。(2020/1/8)

“プラモ箱絵”第一人者の高荷義之さん、前橋市で原画展 「流行についていくだけでも大変だった」
プラモデルの箱絵の第一人者で知られる高荷義之さんの作品を集めた「ドラマチックな重鋼(じゅうこう)!! 高荷義之原画展」が、前橋文学館で開かれている。高荷さんは、めまぐるしく変わるニーズに「流行についていくだけでも大変だった」と思い出を語った。(2019/12/27)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
“多方面外交”を進めていたのに台風が…… 幸楽苑は苦難を乗り越えて復活できるか
一時期は落ち込んでいた幸楽苑が復活しつつあった。しかし、台風により工場が被災してしまう。試練を乗り越えて復興できるか。(2019/12/25)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
なぜ「ビーフン」に成長の余地があるのか 最大手「ケンミン食品」が狙う空白市場
ビーフン最大手のケンミン食品。2016年には年間約1000万食だった売り上げは、17年以降は約1500万食へと1.5倍に増えた。どのような成長戦略を描いているのか。(2019/12/17)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
京都勝牛は“牛カツ戦争”を制するか 焼き肉とステーキを経てたどり着いたビジネスモデルに迫る
牛カツ最大手「京都勝牛」が積極攻勢。運営会社は焼き肉やステーキを経て牛カツにたどり着いた。国内だけでなく海外にも目を向ける戦略に迫る。(2019/12/4)

タイムアウト東京のオススメ:
渋谷パルコは音楽ヴェニューをのぞく
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2019/11/26)

ニンテンドーやポケモン、AR……! 11月22日にリニューアルオープンする「渋谷パルコ」はちょっとしたテーマパークだった
1日中遊べそう!(2019/11/21)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
飲み食い放題で「上限3000円」の「定楽屋」が増殖中 料理や接客で“手抜き”してないのにもうかるのか?
飲み放題・食い放題で上限3000円(税抜)の「定楽屋」が増殖している。サービスを削らず調理に手間暇をかけてリピーターを獲得している。1人当たり3000円でもうかっているのか?(2019/11/12)

Appleのプライバシー情報ページが一新:
Appleは何故、ここまで声高に「プライバシー」保護を叫ぶのか?
日ごろからプライバシーに関する取り組みをアピールしているAppleが、Webページのプライバシーコーナーを一新した。その意図に隠されたものは何なのだろうか。林信行氏が読み解く。(2019/11/7)

自己啓発やオンラインサロンと同じ商法:
『ジョーカー』が暴いた「アンチヒーロービジネス」―― 誰もが“都合の良い悪夢”に溺れる訳
大ヒット中の映画『ジョーカー』。筆者はそこに「アンチヒーロービジネス」の構図を見る。現状を変えずむしろガス抜きになっている点を指摘。(2019/11/7)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
「焼肉ポリス」がお客にダメ出し!? 安楽亭と牛角を脅かす「焼肉きんぐ」の戦略に迫る
大手焼き肉チェーンの「焼肉きんぐ」が快進撃を続けている。サービスの要となるのは「焼肉ポリス」の存在だ。豊富なメニュー開発力も強さを支える。(2019/10/29)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
苦戦している日高屋への“刺客”!? 増殖を続ける「中華食堂 一番館」の実力に迫る
新興中華チェーン「中華食堂 一番館」が店舗数を増やしている。商圏が最近苦戦している日高屋と重なる場所もある。デフレ時代に対応するビジネスモデルとは?(2019/10/16)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
新登場の“あんぱん“はサブウェイを救う? 苦戦が続く原因から読み解く
サブウェイがあんこを挟んだサンドイッチで巻き返しを狙う。日本市場で苦戦している背景にはコンビニや外食チェーンの“野菜強化”がある。じわじわ増えているサラダボウル専門店も新たな脅威になりそうだ。(2019/10/1)

タイムアウト東京のオススメ:
クールな街に遊びに行く
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2019/9/25)

佐賀県が「ヴィンランド・サガ」ともはや当然のコラボ つまり佐賀県は実質ヴィンランド
ロマンシングだったりゾンビランドだったり、ヴィンランドだったり。(2019/9/17)

今日のリサーチ:
渋谷、原宿、新宿、池袋 女子大生(JD)の生態比較――CCCマーケティングとSHIBUYA109 lab.共同調査
来街目的、消費傾向、エンタメ、ファッション。各地に生息するJDの生態をビッグデータとアンケートで明らかにしています。(2019/9/11)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
「やよい軒」「ほっともっと」運営会社のプレナス 大戸屋・コンビニとの“死闘”の行方
プレナスは「ほっともっと」や「やよい軒」を運営している。ほっともっとは苦戦しており、新業態の強化を急ぐ。一方、ごはんのおかわり自由が強みのやよい軒は店舗数を増やしているが……。(2019/9/10)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
「サンリオピューロランド」の来場者数が5年で約2倍 現地で見えてきた“勝因”とは
屋内型テーマパーク「サンリオピューロランド」の売り上げが伸びている。来場者数も5年でほぼ倍になった。再成長している秘密を現地で探った。(2019/8/20)

さらばハッカドール 「ハッカドール THE あにめ〜しょん」アプリのサービス終了日に全話一挙放送
君たちのことは忘れない……。(2019/8/12)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
タピオカバブルは崩壊間近? 有力チェーン「ゴンチャ」が荒波を乗り越える条件
雨後のタケノコのように増殖し続けるタピオカ店。筆者はタピオカバブルの崩壊は近いと予想する。人気ナンバー1の「ゴンチャ」はスタバのように“文化”を創出できるか。(2019/8/6)

ヴィレヴァンに育てられた元サブカル女子大生が考える「最近のヴィレヴァン」
それでもぼくら、ヴィレヴァンが大好きなんだ……(2019/8/2)

今夜スタート「HiGH&LOW THE WORST EPISODE.0」新規参入するなら今! ハイロー世界鑑賞のコツを伝授
オタクもサブカルも夢中なハイローワールド。(2019/7/17)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
埼玉発「ぎょうざの満洲」 消費増税に負けない“独自すぎる”ビジネスモデルに迫る
埼玉県発祥の「ぎょうざの満洲」。東京だけでなく関西にも進出し、着実に成長している。消費増税も恐れない独自のビジネスモデルに迫る。(2019/7/9)

「ヤバコレ可愛い」「もがみレイやね笑」 最上もが、綾波レイ風コスプレがファンの心を鷲づかみにしてしまう
ハマリ役。(2019/6/25)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
「すしざんまい」危うし!? 東京進出する「スシロー」が蹴散らす同業者とは
郊外型で成長してきたスシローが“首都侵攻”を本格化させる。都内はすしざんまいなどのチェーンが群雄割拠の状態。東京を舞台にした再編は起きるか?(2019/6/25)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
「ココカラスギモトキヨシ」は誕生するか? コスモスの“東上作戦”で深まる混迷
ドラッグストア業界の再編が加速している。ココカラを巡りマツキヨとスギが争う形になっている。“東上作戦”進めるコスモスとイオンの存在も無視できない。(2019/6/11)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
「どさん子ラーメン」は今…… 急成長から衰退までの経緯と復活のシナリオに迫る
札幌みそラーメンの“伝道師”として急成長した「どさん子ラーメン」。かつては1000店以上を展開していたが、マネされるのも早かった。“衰退”したと思われている一方で、復活に向けた動きもある。(2019/5/28)

ニュースアプリ「ハッカドール」が2019年8月に終了 DeNA運営「継続提供していくのは難しい」
2018年から試行錯誤してきたものの大きな改善が難しく、サービスを継続提供していくのは難しいと判断した、と運営チーム。(2019/5/15)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
大阪が誇る「スーパー玉出」 毎日「1円セール」をしてももうけが出る仕組みに迫る
大阪市内最強のローカル食品スーパーといえる「スーパー玉出」。インパクトの強い看板やパチンコ店のような内装が特徴だ。名物の「1円セール」でもしっかりもうけるビジネスモデルに迫る。(2019/5/14)

ネカフェに来るカップルを眺め続けた独身店長代理 鈍感な彼女とすぐそばにある「出会い」の行方が気になる漫画
早く気づいて、清水さん!(2019/5/12)

ゲーム編集者・大塚ギチさん死去 名著『トウキョウヘッド』で「バーチャファイター」シーン描く
アーケードシーンのよき理解者であり伝道者でした。(2019/5/4)

匿名自助グループとしての「アライさん」現象 なぜアライさんは大量発生したのか?
アライさんの真面目な話。(2019/4/29)

長浜淳之介のトレンドアンテナ::
「変」の哲学で成長 名古屋発「世界の山ちゃん」の絶妙な名付けと看板の戦略
名古屋生まれの居酒屋チェーン「世界の山ちゃん」。屋号だけでなく「幻の手羽先」や「鳥男」の看板などもユニーク。飛躍した背景にある「変」の哲学とは?(2019/4/16)

20万冊以上のマンガが常時読み放題だと……! 鳥取・関金温泉のホテルがマンガ好きの天国だった
BL含む女性向けマンガだけでも3万冊!(2019/4/12)

「ホテルカルデア」オープン! 池袋サンシャインシティプリンスホテル「IKEPRI25」FGOコンセプトルームに行ってきた
4種のコンセプトルームに、4つのラウンジスペース。(2019/4/6)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
「蒙古タンメン中本」“からうま”ブームの真相 激辛に徐々に慣れさせる仕掛けとは?
セブン‐イレブンの「蒙古タンメン中本 北極ブラック」が人気だ。ラーメンチェーンの蒙古タンメン中本はなぜここまで支持されるのか。同店の歴史から分析してみよう。(2019/4/2)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
なぜ「スガキヤ」は中京圏で繁栄した? 「だし」の哲学と強固なビジネスモデル
中京圏で熱烈に愛される「スガキヤ」。ラーメンとソフトクリームの2枚看板で成長してきた。地元で熱烈に支持される理由とは?(2019/3/19)

「serial experiments lain」のポップアップストア、中野ブロードウェイに登場 スタッフサインが当たる抽選企画も
20年経っても人気。(2019/3/11)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
チーズがビヨーンで大ブーム 「ハットグ」は「チーズタッカルビ」を超えるか?
韓国式チーズドッグ(ハットグ)がブームだ。提供するお店が増えて“乱戦”状態になっている。なぜここまでブームになったのか、背景を探る。(2019/3/5)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
横浜家系ラーメンで“天下取り”目指す「町田商店」の野望
横浜家系ラーメンがブームになって久しい。ついに大手チェーン「町田商店」の運営会社が上場した。またたく間に店舗数を増やしている秘密は何か?(2019/2/19)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
「なまはげ」居酒屋にお客が殺到! 秋田県内に“存在しない空間”の魅力とは
秋田県の郷土料理と「なまはげ」と触れ合える居酒屋にお客が殺到している。その再現度の高さから秋田県人以外も魅了している。大ヒットの秘密とは?(2019/2/5)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
大阪人は食べていなかった? “串かつ業態”ブームの真相
串かつ居酒屋チェーン「串カツ田中」の業績が好調だ。ライバルの「串かつでんがな」や「串家物語」も店舗数が増えた。串かつ業態がブームとなっている背景とは?(2019/1/22)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
箱根駅伝を走ったセンチュリーGRMNは“ワル”なクルマだった
ある意味、後部座席に乗るよりも運転席に乗る方が難しいクルマです。(2019/1/17)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
東京と大阪の“抗争”が激化 今年も高級食パン戦争から目が離せない
2018年には高級食パン専門店が大ブレイクした。これまでは関西で生まれた専門店が続々と東京に“殴り込み”をかけていたが、東京勢がここにきて関西に進出しはじめた。19年の高級食パン戦争の行方はどうなるのだろうか。(2019/1/6)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。