ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「サブカルチャー」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「サブカルチャー」に関する情報が集まったページです。

あの、スポーティーコーデでの“抜群スタイル”が別人級オーラ スーパーモデル絶賛の頭身バランスに「AIかと思いました」
こういう服もめちゃ似合う。(2024/5/10)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
原宿は若者と文化を取り戻せるか 新ランドマーク「ハラカド」に足を運んで分かったこと
原宿の新たなランドマークとして東急不動産がオープンした「ハラカド」。実際に足を運び、その魅力や注目のポイントを解説していく。(2024/5/5)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
メニューたった3種類で急成長「鰻の成瀬」 東京チカラめし、いきなり!ステーキを反面教師にできるか
FCモデルやシンプルなメニュー構成を武器に店舗数を急拡大している「鰻の成瀬」。同様に急拡大したチェーンはこれまでいくつもあったが、その後は大幅な縮小を余儀なくされるケースがほとんどだ。今回はどうなるのだろうか。(2024/4/29)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
パチンコだけじゃない! 業界大手マルハンが仕掛ける、次の「意外なドル箱ビジネス」とは?
設備投資などが重荷になり逆風のパチンコ業界。そんな中、業界大手のマルハンが、第二のビジネスに取り組んでいる。(2024/4/19)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
カラオケ、洗濯、セルフフォト…… 無人ジム「チョコザップ」が続々と新サービス コンビニみたいな進化を遂げている背景
RAIZAPグループの無人ジム「チョコザップ」が続々と新サービスを展開している。これまでもセルフネイルなどを始めて話題になったが、新たにカラオケなども始める。(2024/4/3)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
超異例! スタッフがほぼ「スキマバイト」の居酒屋、どのように教育や運営をしているのか
アルバイトを全て、スポットワーカーから採用している飲食店がある。果たしてどのように戦力化しているのか。取り組みに迫る。(2024/3/29)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
「子ども服」の次は? ワークマンが次に展開しそうな業態
ワークマンが、課題だった子ども服にいよいよ参入した。利益の減少が続く中、起爆剤になるか。同社の現状と今後を分析していく。(2024/3/27)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
「6時間待ち」を500円でスキップ 飲食店でも「ファストパス」が広がる納得の理由
人気テーマパークが行列に並ばずアトラクションを利用できる優先券を提供しているのは周知のところ。最近では、こうしたサービスが飲食店にも広がってきた。(2024/3/6)

「次の駅まで」に読めるハナシ:
「ビジネス+推し活」に使えるバッグが登場 アキバで観察して“見られない”カバンをつくった
ビジネスバッグなどを扱っているエースがちょっとユニークなバッグを発売した。商品名は「バフェクト」。どのような特徴があるのかというと……。(2024/2/29)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
セブンはなぜ「紅茶マシン」を試してる? お店に行って分かった“大きすぎる”可能性
セブン-イレブンでは、入れたての紅茶を提供するマシンを試験的に一部店舗に導入している。実際にお店に行ってみたところ、大きな可能性を秘めていることが分かった。(2024/2/29)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
復活できなかったオーサムストア フライング タイガーとどこで差がついたのか
オーサムストアを運営する企業が、破たんした。これまで、オーサムストアを立ち上げたオーサムも2023年に自己破産をしており、今や都心の一等地に出店を重ねてきた勢いは見る影もない。ライバルのフライング タイガーと、どこで差がついたのか。(2024/2/27)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
リベンジ消費やインバウンド復活だけじゃない 三陽商会、ワールド、オンワード アパレル各社の「V字回復」戦略
コロナ禍が落ち着きを見せ、大手アパレルが業績の回復を見せている。三陽商会・ワールド・オンワードホールディングスの3社に着目し、好調の要因を探る。(2024/2/9)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
きっかけはパソナ 話題の店と有名シェフが淡路島に集結 「美食観光」ニーズが追い風に
淡路島が「美食の島」として盛り上がりを見せている。きっかけはパソナグループが地元小学校をリノベした複合施設を2012年にオープンしたことだった。(2024/2/3)

小寺信良のIT大作戦:
Macintosh誕生40周年 コンピュータが未来だったあの時代
初代Macintoshが世界に発表されたのが、1984年1月24日。今年がちょうど40周年に当たるのだそうである。当時「テレビ土方」だった筆者が、Macintoshとの出会いを語る。(2024/1/30)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
パソナ「淡路島移転」はどうなった? 3人のシングルマザーが語った「仕事」「教育」「島民の気質」
パソナグループが2020年に淡路島へ本社機能を一部移転すると発表して大きな話題を呼んだ。その後、続々と「移住」が進み、進化を遂げているようだ。実際にU・Iターンした人に話を聞いた。(2024/1/26)

AWSが美少年に? とあるユーザーコミュニティーから生まれた“擬人化スライド”がすごかった
女性中心のAWSユーザーコミュニティー「クラウド女子会」を取材。その活動内容や、創設期の奇抜な取り組みを聞いた。(2024/1/19)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
なぜ「ちゃん系ラーメン」支持される? 背景に高齢化 こってり、がっつりだけではない新潮流
「ちゃん系ラーメン」と呼ばれるラーメン店が都内を中心に流行している。その背景にあるのは高齢化だと筆者は指摘する。ラーメンの潮流から最新の動向を読み解く。(2024/1/5)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
「日本一高いビル」「1室200億円超」 麻布台ヒルズは確かにスゴいが、気になったいくつかのこと
長い年月を経て、ようやく完成した麻布台ヒルズ。森ビルの「ヒルズ」としては8つ目の施設となる。いったいどんな施設なのか。森ビルのどんなノウハウが詰まっているのかなどを合わせ、あらためて解説していく。(2024/1/3)

独断と偏見で選ぶ2023年の「ベストスマホ」5機種 カメラなら一択、復活を印象づけたメーカーも
筆者の独断と偏見で選ぶ「印象に残ったスマートフォン」をランキング形式で5つ紹介したい。国内だけでなく、海外で発売されたスマートフォンも対象にしている。全世界に復活を印象づけたメーカーもある。(2023/12/31)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
【2023年メガヒット記事】ユニクロ「1500円バッグ」が英国で大絶賛 模倣品騒動も起きるほどヒットした背景
2023年9月26日に公開し、アクセスランキング上位に入った記事を再掲する。ユニクロが販売している1500円のショルダーバッグが「ミレニアル世代のバーキン」として話題になった背景とは?(2023/12/31)

「定年まで逃げ切れなかった」デイリーポータルZ独立 林さんに聞く不安と希望「もう一度、インターネットらしく」
あの「デイリーポータルZ」がついに独立。東急グループ傘下から、編集長の林雄司さんの1人会社に譲渡される。今後も赤字の見通しだが、いろいろ大丈夫なのか、赤裸々に聞いてきた。(2023/12/22)

サンシャインシティ45周年、池袋の街はどうなった?
今年開業45周年を迎えたサンシャインシティ。超高層ビルがそびえる大型複合施設というかつてない再開発は、池袋の街に大きな影響を及ぼした。オフィス、ホテル、商業、文化施設などさまざまな楽しみを提供する一方、街の顔として地域や行政と連携し、今後も魅力を磨くべく奮闘している。(2023/12/21)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
人口も観光資源も十分なのになぜ? 大阪・金剛バスが路線廃止になった根深すぎる理由
苦境が取り沙汰されることの多い路線バス。最近では、大阪を拠点とする金剛バスの件が話題になった。大都市圏から近く、観光資源もあるのに、なぜこのような結果を招いたのか。(2023/12/21)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
大阪の新店舗が大盛況! 資さんうどんが乗り越えてきた、各地の「うどん文化」
福岡に地盤を持つ資さんうどんが、徐々に勢力圏を広げている。11月、大阪市に新店舗をオープンした。今後、どのような戦略をとっていくのか。同チェーンの人気メニューや各地のうどん事情を基に解説する。(2023/12/10)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
庶民派・高級派で二極化? オーケー出店で「銀座の格が落ちた」と考えるのは早計なワケ
ディスカウントストアのオーケーが銀座にオープンして、大きな話題を呼んだとともに盛況を見せている。昨今は数多くの廉価なチェーンが出店する中で、銀座の格が落ちたと感じる人もいるかもしれないが、意外とそうでもなさそうだ。(2023/11/30)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
「10日で1万食」「来春までに130トン」 収まらないホタテショックの裏で、どんな支援が広がっているのか
原発処理水を放出開始した影響で、水産物の輸出が大打撃をこうむっている。一方で、国内企業が応援キャンペーンを展開するケースが続出しており、好評を博しているようだ。(2023/11/23)

複合施設が誕生:
中野サンプラザ跡地の再開発が決定、駅周辺はどう変わる?
野村不動産を代表とするグループは、中野区とともに推進する「中野四丁目新北口駅前地区第一種市街地再開発事業」について、11月15日付で都市計画決定が告示されたことを発表した。(2023/11/18)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
ハンバーガーはゼンショーの悲願? 新業態・ゼッテリアで注目すべき「価格」と「商品」
ゼンショーがゼッテリア攻勢を進める。同社のポートフォリオを見れば、ハンバーガーは「悲願」の立ち位置にある業態といえるだろう。中でも注目はどこなのか。外食に詳しい筆者が解説する。(2023/11/7)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
「はま寿司」に続き「スシロー」も“デジタル回転寿司” DX専門家に聞く業界の行方
回転寿司各社が“脱・回転”を進める。中でもスシローの「デジロー」は大きな話題を呼んだ。しかしながら、スシローは本格的な導入は控えているようだ。一体なぜなのか。(2023/10/31)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
「六甲のおいしい水」はどこへ? “水買いブーム”の先駆けを、店舗で見なくなった理由
国内ミネラルウオーターの先駆けである「六甲のおいしい水」。1983年の発売以降ヒットを続け、飲料各社がミネラルウオーターを販売する呼び水にもなった。一方、最近は小売店で目にする機会もなくなっており、どうなっているのか。(2023/10/24)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
消えた「和民」が鳴り物入りで大復活 ワタミが本気で仕掛ける新ブランドは、何がすごいのか
コロナ禍で居酒屋ブランド「和民」から焼肉業態へと転換を図ってきたワタミ。ここにきて、居酒屋へ回帰する動きを見せている。なぜなのか。(2023/10/18)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
令和のバーキン? ユニクロ「1500円バッグ」が英国で大絶賛 模倣品騒動も起きるほどヒットした背景
ユニクロが販売している1500円のショルダーバッグが「ミレニアル世代のバーキン」として話題になっている。TikTok動画をきっかけに世界の注目が集まり、商品展開も旺盛だ。(2023/9/26)

長浜惇之介のトレンドアンテナ:
人か、ロボットか 「餃子の王将」と「大阪王将」が異なる一手 厨房で起きている見過ごせない変化
人手不足に悩む飲食業界。これまで近しいポジショニングだった餃子の王将と大阪王将では調理技術を巡って違いがみられる。人か、ロボットかーー競合などの状況分析を基に現在地をまとめた。(2023/9/12)

コスプレをテーマにした写真展「世界をまとう」に行って来た 東方Projectや原神など13作品を展示
東方Projectや原神などの世界観を表現した作品が並べられています。(2023/9/12)

ダイソー東武池袋店の推し活コーナーが「めちゃくちゃ凄い」と話題に 圧巻の品ぞろえとフォトスポットの展開意図を聞いてみた
買い物も推し活も楽しめるのがうれしい。(2023/9/8)

長浜惇之介のトレンドアンテナ:
ワークマン、さらにおしゃれに 新業態「カラーズ」で徹底研究した有名ブランドとは
ワークマンが新業態「ワークマンカラーズ」の1号店をオープンした。これまで訴求しきれていなかったファッション性を改善したとともに、2つの売り場を基にさらなる成長を狙う。(2023/9/5)

あの話題は今:
銀座→郊外の移転で大成功 92歳の「最強の鉄人」道場六三郎氏はいま
「最強の鉄人」道場六三郎氏が、郊外で新たなチャレンジを続けている。銀座から郊外の庶民派スーパー横に移転した「懐食みちば」、さらには焼肉店「肉匠みちば」をオープンし、連日客足が絶えない。(2023/8/31)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
どうするGap 思い出深い銀座の旗艦店は閉店 このまま日本からも撤退してしまいそうな苦しい事情
7月に銀座の旗艦店を閉じたGAP。コロナ禍の影響も指摘されるが、長らく苦境が続いていた。北米で期待感のある事業も日本ではなかなか難しそうな事情があり、このままいけば日本撤退もありそうだ。(2023/8/24)

「東方Project」「原神」などコスプレ写真をライカ東京で展示 世界観を表現する写真家グループが初出展
サブカルがテーマの展覧会は100年以上の歴史で初となるそうです。(2023/8/4)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
売上苦戦していた「しまむら」なぜ復活? 「しまパト」「しまラー」という画期的システムが果たした役割
一時期は売り上げが伸び悩んでいた「しまむら」。しかしここ数年で業績が大きく伸びた。躍進の背景にある「しまパト」「しまラー」とは?(2023/8/4)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
そば大衆店はどこに行く? コロナで駅そば苦戦 大戸屋やすかいらーくがロードサイドに続々出店
外食大手が郊外ロードサイドに日本そば専門店を続々出店している。駅前や駅中のそばは苦戦している。そば大衆店の最新動向をまとめた。(2023/7/31)

VTuber市場、23年度には800億円に到達見込み 「同人誌」や「TCG」と同規模に 矢野経済研調べ
2023年度のVTuber市場は800億円に到達する見込み──矢野経済研究所は、そんな調査結果を発表した。これは、同じオタク・サブカルチャーである「同人誌」や「トレーディングカードゲーム」と同規模であるという。(2023/7/26)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
“松屋風”ロモサルタードが好評 高いレシピ開発力を見せつけたと言えるワケ
期間限定で販売している“松屋風”ロモサルタードが好調だ。開発の背景にはミツカンの提案もあった。松屋の高いレシピ開発力を見せつける結果となった。(2023/7/20)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
韓国料理なら何でも流行る!? 若者で連日満席の店も 外食大手が熱視線を送るワケ
大手外食が韓国料理に商機を見いだしている。スンドゥブ専門店や韓国屋台など次々と出店。どういった店が支持されているのか。(2023/7/4)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
上野「ABAB」24年6月閉店の衝撃 かつて「渋谷109」のライバル なぜ苦戦したのか
東京・上野のファッションビル「ABAB(アブアブ)」上野店が2024年6月末で閉店する。かつては「渋谷109」の強烈なライバルとして勢いがあった。なぜ苦戦するようになったのか。(2023/6/30)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
「一風堂」が同業者とコラボ 新しいラーメンの狙いは? 限界を突破する店づくりの可能性
ラーメン店同士、ハンバーガー店同士のコラボ続々。お互いの長所を生かして最強の店をつくろうという動き。直近では博多豚骨ラーメンの「一風堂」としょうゆラーメンの「人類みな麺類」がコラボ。(2023/6/20)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
台頭する「カルビ丼」専門店 吉野家HDも参戦 「東京チカラめし」との違いは?
ファストフード業態として「カルビ丼」が台頭している。吉野家と焼肉きんぐの運営会社がそれぞれ参入。かつて隆盛を誇った「東京チカラめし」との違いはどこにあるのか。(2023/6/3)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
コストコさん、うちにも来て! 激化する誘致合戦 出店ラッシュはいつまで続く?
各地の自治体が、熱心にコストコを誘致している。どういった背景があるのか、各市町村の担当者に聞いた。モテモテ状態はいつまで続くのか。(2023/5/30)

SFプロトタイピングの事例を紹介:
「頭がいつもと違う動きをした」 星空の下、“SF思考”で議論 生まれたアイデアは? NECとコニカミノルタの共創を追う
星空の下、SF的な思考で未来を語り合ったら「頭がいつもと違う動きをした」――プラネタリウムで実施した「SFプロトタイピング」のイベント。実施したNECとコニカミノルタに取材しました。(2023/5/29)

多様性の高い街:
高円寺はなぜ、吉祥寺に勝てないのか 街とジェンダーの“なるほど”な関係
「個性的な店が減った」「観光地化している」とあれこれ言われながらも長らく人気の街、吉祥寺。中央線沿線にはより都心に近い駅もあるが、それでも吉祥寺は頭1つ抜けている。その理由をジェンダー的観点から解説しよう。(2023/5/26)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。