ニュース
» 2009年03月13日 16時57分 公開

ドコモとNTT東日本、自衛隊とのコンビネーションで「災害に強いNTT」を目指す (2/2)

[平賀洋一,ITmedia]
前のページへ 1|2       

訓練で使われた災害対策用の通信車両・設備

photophoto 野外イベントでもおなじみ、ドコモの移動基地局車。携帯電話用アンテナは伸縮式で、伸ばす高さによってカバーする範囲を変えられる
photophotophoto NTTグループ各社が配備している大型の電源車。荷台にガスタービンを搭載し、最大2000kVAの電力を供給する。NTT施設の復旧を目的としたもので、施設内の予備バッテリーと自家発電設備が途絶えた場合の3次バックアップとして用意しており、今回のような訓練はもちろん、NTT施設の工事など不測の事態が予想される場合に出動するという。幸いなことに、災害で出動したことはないとのこと
photophoto 部隊向けに衛星電話5回線を提供する陸上自衛隊の衛星単一通信可搬局装置。通常は高機動車の荷台に載せたまま運用するが、局だけを下ろすこともできるという。原則的に自衛隊内向けの通信設備だが、NTT回線を接続すれば一般の電話を中継することも可能。FAXやデータ通信にも対応している
photophotophoto 背面にある配線板と野外用の電話機を接続して使う
衛星単一通信可搬局装置の概要
photophoto 避難所で特設公衆電話を提供したNTTのポータブル衛星通信システム
photophoto 電話のみなら最大20回線、または電話10回線とインターネット1回線を収容できる
photophoto ドコモが避難所に設置した携帯電話用の非常用充電器
photo FOMAとムーバだけでなく、au端末やソフトバンクモバイル端末も充電できる
photophoto ドコモの三菱電機製衛星携帯電話「ワイドスター・デュオ」。AC電源のほかバッテリー駆動も行える。別売のオプションユニットを取り付ければ、パケット通信やFAXの送受信も可能だ
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう