集え!悩める企業のひとり情シス「俺たちの情シス」

ITを活用したビジネス革新が求められている今、経営者や業務部門が情報システム部門に寄せる期待が日に日に高まっています。しかし、実際の現場ではどうでしょう。会社のビジネスを情報システム部門が引っ張っていくなんて絵空事。社内インフラの保守や運用などの日々の業務をこなすだけでせいいっぱいというのが実情ではないでしょうか。ITmedia エンタープライズでは、経営の要求に悩みながらも奮闘する情報システム部門のために、情シス同士が交流し、気軽に情報交換できる場「俺たちの情シス」を用意しました。

Top Stories

俺たちの情シス 第8回 リポート:

ITmedia エンタープライズ編集部主催の“情シスによる情シスのための交流会”「俺たちの情シス」の第8回は、飲んで騒いでこの1年を振り返る「俺情大忘年会」。この1年の出来事や思いを語り、「男子禁制の情シス女子会を開催したい」「Win10ってアレじゃない?(笑)」「情シスのやりがいって何?」など、さまざまな意見が飛び交いました。

(2016年12月30日)

【俺たちの情シス】リポート

俺たちの情シス第6回リポート:

ITmedia エンタープライズ編集部主催の“情シスによる情シスのための交流会”「俺たちの情シス」の第6回を開催しました。今回は旬の新人さんたちが主役。情シスのみなさんの質問に彼らが見せた反応とは……。

(2016年6月3日)
俺たちの情シス“出張版スペシャル”リポート:

3月3日に開催された情シスのためのリアル交流イベント、「俺たちの情シス」は1周年を記念したスペシャル版。サイボウズのオフィスでぶっちゃけられた「グループウェアあるある」とは?

(2016年3月29日)
俺たちの情シス第5回 リポート:

12月14日に開催された情シスのためのリアル交流イベント、「俺たちの情シス」の第5回は、参加者が過去最高を記録する大盛況。“コミュニケーション“をテーマにした、初のグループワークの様子をリポートします。

(2016年1月7日)
俺たちの情シス第4回 リポート:

ITmedia エンタープライズ編集部主催の“情シスによる情シスのための交流会”「俺たちの情シス」、第4回が10月9日に開催されました。ワークスタイル変革の波が押し寄せる中、情シスのみなさんはどんな取り組みをしているのでしょうか。

(2015年12月7日)
俺たちの情シス第3回 リポート:

ITmediaエンタープライズ編集部による情シスのためのイベント「俺たちの情シス」が8月4日に開催されました。大盛況で終了した3回目の"俺情"の様子をお伝えします。

(2015年9月11日)
俺たちの情シス第2回 リポート:

ITmedia エンタープライズ編集部主催の“情シスによる情シスのための交流会”「俺たちの情シス」、第2回が5月27日に行われました。情シスのみなさんは「従業員の勝手クラウド」をどう考えているのでしょう。

(2015年6月1日)
「次回も参加したい」が9割:

エンタープライズ編集部が3月12日に開催した、“情シスによる情シスのための交流会”「俺たちの情シス」。情シス同士の話が弾んだ本イベントの様子をお伝えします。

(2015年3月16日)
12月6日、緊急開催!:

12月6日(火)、ITmedia エンタープライズ編集部主催の情シス交流会、「俺たちの情シス」第8弾を開催します! 今回は「俺情大忘年会」。飲んで騒いでこの1年を振り返ってみませんか。

(2016年11月17日)
新卒の振る舞いに衝撃を受けた情シス集まれ!:

5月19日(木)、ITmedia エンタープライズ編集部主催の情シス交流会、「俺たちの情シス」第6弾を開催します!今回のテーマは「今どきの新卒とどうつきあえばいいの?」。まずはITmediaの新卒に会って、カルチャーショックを受けてみませんか?

(2016年4月28日)
3月3日、スペシャル版開催!:

「機能、てんこ盛りすぎでは」「スケジュール以外、社員が使ってくれない」「乗り換え時にいろいろつらすぎる」「この機能、もっと本気だしてほしい」「値段が高い!」「管理機能がイマイチ」――。今回は、グループウェアの活用について思うところがある情シスのためのリアル交流会です。

(2016年2月4日)
12月14日開催決定!:

「もっと現場の気持ちが分かるようになりたい」「外にネットワークを広げたい」「上をうまく説得したい」――。今回は、コミュニケーション上手な情シスになりたい人にオススメのリアル交流会です。

(2015年11月12日)
10月9日開催決定!:

今回は特別ゲストとしてSansan CIO久永航氏が登場! サテライトオフィスなど、どこでも働ける環境を取り入れた気鋭のベンチャーのノマド対策、気になりませんか?

(2015年9月14日)
大好評“情シス限定”のビジネス交流会:

牛丼でも食べながら、「会社の“困ったちゃん”」について情シスみんなで考えましょう。

(2015年7月6日)
大好評“情シス限定”のビジネス交流会:

カレーでも食べながら、“社員のクラウド勝手利用”を情シスみんなで考えましょう。

(2015年4月23日)
UA×ITmediaの情シス対談も:

「よその情シスと話す機会って、ないなぁ……」。こんな風に思っている情シスの皆さん、エンタープライズ編集部が情シス限定の交流会を開催します。メインイベントはユナイテッドアローズとITmediaの情シス対談。さまざまな分野、業種の情シスと交流できるチャンスをお見逃しなく。

(2015年2月16日)

IT導入事例

news046.jpg

ジェピコ、NEC、富士通らが、ユーザーが登録した属性情報とサービスを仲介するIoTプラットフォームを開発。2020年に向けた訪日外国人観光客向けサービスの利便性向上を目指す。

(2017年2月23日)
news052.jpg

5カ年中期経営計画の重点テーマであるコスト構造の見直し・生産性向上を目指し、「SAP S/4HANA 1610」によるEPRを導入。将来の成長に向けたデジタル化を支えるIT基盤の整備を図る。

(2017年2月21日)
news049.jpg

営業用タブレット5000台に、NECの顔認証エンジン「NeoFace」を搭載した顔認証システムを導入。端末の内蔵カメラに顔を向けるだけでログインでき、作業時間の大幅短縮といった利便性とセキュリティの向上を両立した。

(2017年2月17日)
news066.jpg

JR西日本の和歌山支社が、南海トラフ巨大地震とそれにともなって発生する可能性がある津波への対策として、VRシステムを使った訓練を導入する。運転士を中心に、乗務員にリアルな疑似体験を繰り返して対応力や判断力の向上を図る。

(2017年2月16日)
news007.jpg

企業におけるデータ活用には、社内のデータに加えて社外のデータを活用することも重要な視点だ。中でも気象データがビジネスに影響する業界は、全体の約3割だという。日本気象協会は最近、詳細な気象データをビジネスに生かすための実証実験を行っているという。

(2017年2月15日)
news047.jpg

IBMのエンタープライズ向けパブリッククラウド「Bluemix Infrastructure」を活用して、ビジネス環境のデジタル化に適した新サービスを展開。紙関連事業からビジネス環境のデジタル化へ事業変革の推進を図った。

(2017年2月14日)
news062.jpg

日立のヒューマノイドロボット「EMIEW3」の多言語対話機能と自律走行機能を活用した店舗案内サービスの実証実験が、2月17日「ダイバーシティ東京 プラザ」で実施される。

(2017年2月10日)
news061.jpg

VRコンテンツの企画や制作、配信、効果測定までをワンストップで提供し、企業のVR活用を支援するソリューションを発表。H.I.S.の先行導入事例では、顧客満足度や成約率の向上などが期待されるという。

(2017年2月10日)
news051.jpg

基幹業務システムの基盤をプライベートクラウド環境に集約し、リアルタイムのデータ保護も導入。運用コストの大幅削減とともに、事業拡大に伴う運用やメンテナンス面の業務負荷の低減を実現した。

(2017年2月9日)
news017.jpg

「ITを経営の武器に」――。デジタル技術が旧来の事業モデルを“破壊”すると言われる現在において、この言葉を実践できるかが企業の存亡にかかわるとされる。リコーが取り組み状況を語った。

(2017年2月9日)
news012.jpg
ビッグデータで“おもてなし”:

「ドラッグストアなんて、どこも似たようなものじゃないの?」 差別化が難しい業界において、データ活用で活路を探るココカラファイン。プライベートDMPやセルフサービスBI導入の目的は個客単位でのおもてなしにあるという。

(2017年2月8日)
news060.jpg

Wi2が提供する訪日外国人向け無料Wi-Fi「TRAVEL JAPAN Wi-Fi」のデータ集約基盤として、IBMのクラウドDBを採用。訪日外国人観光客のさまざまな情報を迅速に把握する仕組みを構築した。

(2017年2月7日)
news128.jpg

スマホ画面のフリック操作でインターネットバンキング利用時の認証ができる仕組みを法人向けに提供する。

(2017年2月3日)
news053.jpg

院内ネットワークにSDNを導入し、エコーなどの医療機器を含む電子カルテ系システムと、インターネット接続用PCなどの情報系システムを統合。院内のレイアウトや、医療機器を移動してのネットワーク接続・利用が容易な環境を構築した。

(2017年2月3日)
news045.jpg

訪日外国人に自ら登録してもらうパーソナルデータと交通系ICカードを連動させ、ホテル・レストラン・小売などで各人に適したサービスを提供する仕組みなどを検証する。

(2017年2月2日)
news074.jpg

ディープラーニング技術を活用し、専門技術者の目視点検と同等レベルで、路面のわだち掘れとひび割れを同時に検出するシステムを開発。安価で効率的に路面の健全度の見える化が可能になるという。

(2017年2月1日)
news061.jpg

医師・看護師・介護士・薬剤師などが連携して患者をケアするために、共有する医療情報への安全な自動アクセスを実現する技術を開発。別府市医師会などが、在宅医療現場で実証実験を行った。

(2017年1月31日)
news034.jpg
清水建設と日本IBM、三井不動産の3社が協力:

日本IBM、清水建設、三井不動産の3社が協力し、日本橋の「コレド室町」で音声ナビゲーションの実証実験を行う。高精度な位置情報と音声ナビゲーションにより、外国人観光客や車いす利用や、視覚障害者などへの実用可能性を探る狙いだ。

(2017年1月27日)
news125.jpg

松屋フーズが、オラクルの予算管理クラウド「Oracle Planning and Budgeting Cloud Service」を採用した。表計算ソフトと手作業での集計から、クラウドサービスを活用した予算管理に移行。高精度な経営判断と運用負荷の軽減につながった。

(2017年1月26日)
news057.jpg

センサーに向かって歩くだけで歩行姿勢を測定し、歩行から得られるサインを健康の維持・改善活動に活用できるという。

(2017年1月26日)
news008.jpg

業務改善から新ビジネス創出まで、幅広い分野でデータ分析を駆使しているカブドットコム証券。データ分析ツールの利用者を増やし、データで物事を語る文化はどのようにして生まれたのか? 講演後のパネルディスカッションでその秘密が見えてきた。

(2017年1月26日)
news012.jpg
API公開からAI活用まで:

社長が自らデータに触れて、データの分析や活用を進めるカブドットコム証券。同社代表執行役社長の齋藤正勝氏が日本データマネジメント・コンソーシアムが主催するユーザー会で、データ活用の取り組みについて講演を行った。

(2017年1月20日)
news066.jpg

金属製品に取り付けても安定的にデータの読み取りができるICタグを活用し、レンタル品の管理を支援。ビッグデータ分析で稼働率向上や在庫保管コストの低減や計画購買精度の向上も図るという。

(2017年1月17日)
news064.jpg

オリックス八ヶ岳農園は、ハウス環境の“見える化”による野菜の安定供給を目指して、農業ICTクラウドサービスを導入した。

(2017年1月12日)
news044.jpg

第四銀行は、千葉銀行、中国銀行の3行で共同利用する新たな基幹系システムを稼働開始した。地銀7行と日本IBMで進めている「TSUBASA(翼)プロジェクト」の一環として開発されたシステムで、顧客サービス・商品の充実などを目指す。

(2017年1月6日)

情シスの横顔

icon
情シス“ニュータイプ“の時代:

「インフラのお守り」と聞くと、つらそうなイメージがつきまとうが、アドウェイズのインフラエンジニア、伊藤さんの手に掛かるとそれがワクワクする挑戦に変わる。面倒な仕事が楽しくなるのは一体、なぜなのか。伊藤さんの取り組みに密着した。

(2016年10月12日)
icon
情シス“ニュータイプ“の時代:

AIやIoTといった言葉がメディアを賑わし、こうしたトレンド技術をビジネスに生かそうと考える企業が増えている。大阪ガスのデータサイエンティスト、河本氏は、こんな時こそ技術畑で育ってビジネスも分かる人間が必要だと話す。

(2016年8月3日)
icon
情シス“ニュータイプ“の時代:

データ分析が脚光を浴びる前からその可能性に注目し、着々と結果を出してきた大阪ガス。その立役者がデータサイエンティストの河本薫さんだ。なぜ、大阪ガスの分析チームは結果を出せるのか、社内で頼られる専門家チームになるためにどんな取り組みをしているのか――。同氏に聞いた。

(2016年7月27日)
icon

クラウド導入で仕事が減った情シスはどうすればいいのか――。そんな課題に取り組んでいるのがエレベーター大手のフジテックだ。新たな役割を担った情シスは今、どんな仕事で現場に貢献しているのか。

(2016年7月20日)
icon
新卒の振る舞いに衝撃を受けた情シス集まれ!:

5月19日(木)、ITmedia エンタープライズ編集部主催の情シス交流会、「俺たちの情シス」第6弾を開催します!今回のテーマは「今どきの新卒とどうつきあえばいいの?」。まずはITmediaの新卒に会って、カルチャーショックを受けてみませんか?

(2016年4月28日)
icon
Weekly Memo:

「企業のデジタル化」が注目される中、世界と日本ではその取り組み状況やCIOとCEOの関係に違いがあるのか。ガートナーの最新調査を基に考察してみたい。

(2016年4月4日)
icon
俺たちの情シス“出張版スペシャル”リポート:

3月3日に開催された情シスのためのリアル交流イベント、「俺たちの情シス」は1周年を記念したスペシャル版。サイボウズのオフィスでぶっちゃけられた「グループウェアあるある」とは?

(2016年3月29日)
icon

自動車製造業のIT部門が、机に向かっているのは間違いだ――。社長の言葉を受けて、ダイハツの情シスは“インフラ運用部隊”と現場に飛び込む“遊撃隊”に分けられた。IT部門の存在意義とは何か。試行錯誤を繰り返す中で、ダイハツがたどり着いた答えとは?

(2016年3月18日)
icon
情シス“ニュータイプ“の時代:

情シス不要論が叫ばれる中、業務現場と接点を持ち、一緒にシステム導入を考えていこうというニュータイプの情シスが増えているという。こうした情シスたちを、現場はどう見ており、どんな期待を抱いているのか。

(2016年3月16日)
icon
俺たちの情シス第3回 リポート:

ITmediaエンタープライズ編集部による情シスのためのイベント「俺たちの情シス」が8月4日に開催されました。大盛況で終了した3回目の"俺情"の様子をお伝えします。

(2015年9月11日)
icon
情シス“ニュータイプ“の時代:

「攻めのIT」「提案する情シス」を“目指す”と失敗する――。ハンズラボのCEO、長谷川さんの言葉には、情シスの今後を考える上でのヒントが隠されている。「まずは飲め」と檄を飛ばす長谷川さんの真意とは。

(2015年8月7日)
icon
情シス“ニュータイプ“の時代:

「一般論としては“情シスは衰退していくのがいい”と思ってるんです」――。そんな刺激的な言葉を口にしたのがハンズラボの情シス、長谷川さんだ。情シス自らが“情シス不要論”を唱える真意とは。

(2015年8月3日)
icon
情シスの横顔:

新システムの大型導入プロジェクトを成功させるべく、世界中の開発拠点を飛び回り、エンジニアたちと日夜議論を交わしているのが、東急電鉄の小原さんだ。

(2014年10月7日)
icon
情シスの横顔:

大成建設の島田さんにとって、入社10年目に訪れた転機がエンドユーザーの立場でITシステムを考える大きなきっかけになったのだという。

(2014年8月27日)
icon
情シスの横顔:

10年以上も前から楽天の経理関連システムを支え続けてきた荒川鏡子さんは、多くの社員が使うシステムだからこそユーザー視点が何よりも重要だと話す。

(2014年8月12日)
icon
情シスの横顔:

26年前にタワーレコードに入社した下田代さんは、現在までのキャリアにおいてほぼすべての部門を渡り歩いてきた男だ。その経験を武器にITサービス本部長として全社のシステムを力強く下支えしている。

(2014年8月5日)
icon
情シスの横顔:

「オープンソースを極めたい」と語る日産自動車 グローバル情報システム本部の吉田さんは、周囲の優秀な上司や先輩らに刺激を受けながら、同社のIT担当者として不可欠な存在になっていく。

(2014年1月15日)
icon
情シスの横顔:

月間で数十億レコードという大量データを生成するリクルートは、ビッグデータの専門組織を立ち上げ、ビジネス成果を生み出すためのデータ活用基盤を構築。そのプロジェクトを率いる泉さんが考える未来像とは――。

(2014年1月7日)
icon
情シスの横顔:

“XPのサポート切れ”に伴い、マツダは全社員のPCをWindows 7に刷新。リーダーとしてプロジェクトを推進した山根さんは、たび重なる試練を乗り越えプロジェクトを見事成功に導いた。特に最後の半年間では7200台を一気に刷新したという。約3年の歳月をかけた同プロジェクトの全貌に迫る。

(2013年10月23日)
icon
情シスの横顔:

「デサントのビジネス現場とシステム現場の双方を知る」。これが高丸さんの強みだ。会社全体をITで支援すべく今日も奮闘する。

(2013年9月5日)
icon
情シスの横顔:

TSUTAYAが提供する音楽配信サービスのIT責任者として要件定義からリニューアルサービスインまで担当した鶴島さんが考えるPMのあるべき姿とは。

(2013年7月23日)
icon
情シスの横顔:

世界10カ国以上で事業展開するDeNAは、グローバル全体でネットワークなどのシステム統合を図っている。そのプロジェクトリーダーとして奮闘するのが清川さんだ。

(2013年7月2日)
icon
情シスの横顔:

ファンケルの情報システム部でグループマネジャーを務める渡辺拓人さんは、IT部門はビジネスに貢献する仕組みを作るべきで、現状のポジションにあぐらをかいていてはならないと指摘する。

(2013年6月11日)
icon
情シスの横顔:

ケンコーコムの丸敬弘さんは、同社の巨大なIT基盤をゼロから立ち上げた人物だ。日本で初めてAWSでのSAP ERPの本番稼働を成功させるなど、その取り組みの舞台裏には「技術の目利きでありたい」という丸さんの活躍があった。

(2013年6月5日)
icon
情シスの横顔:

外資系保険会社のIT部門というユニークな環境で日本発のプロジェクトを数多く指揮してきた古庄達郎さん。「お客さまと会社のビジネスにITで貢献する」という、その活躍を追った。

(2013年5月21日)

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ