ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  3

3D映像 に関する記事 3D映像 に関する質問

「3D映像」最新記事一覧

-こちらもご覧ください-
飛び出す3D特集 - ITmedia LifeStyle

国際モダンホスピタルショウ2014:
内視鏡の映像をヘッドマウントディスプレイで確認、ソニーが展示
ソニーは、内視鏡の映像を3次元(3D)対応のヘッドマウントディスプレイで確認できるシステムを展示した。外付けのディスプレイを見る必要がなくなるので、より自由な姿勢で手術できるようになる。(2014/7/16)

HDCP対応:
サンワ、フルHD映像をワイヤレスHDMI伝送するアダプタ――「VGA-EXWHD3」「VGA-EXWHD4」
サンワサプライは7月8日、HDMI信号を無線送信しテレビなどに出力できる「ワイヤレスHDMIエクステンダー」、据え置きタイプ「VGA-EXWHD3」と直付けタイプ「VGA-EXWHD4」を発売した。(2014/7/9)

ニンテンドー3DS版「ドラゴンクエストX オンライン」、9月4日発売
3DS版ではクラウドゲーム技術を活用。(2014/7/8)

イマジニアによる最先端VR・AR活用:
ディズニーの夢と魔法を実現する最新テクノロジーの世界
ウォルトの作りし世界を記録するメディア「dpost.jp」を運営する宮田健氏による講演リポート。今回は、「第22回 3D&バーチャル リアリティ展」の特別講演「ウォルト・ディズニー・イマジニアリングの技術と魔法 〜最新アトラクションにおけるVR・AR活用の最先端〜」の様子をお届けする。(2014/7/4)

ビジネスニュース オピニオン:
開発が進む4K技術、ワールドカップでもソニーとFIFAが取り組み強化
「2014 FIFA ワールドカップ」では、ソニーがFIFA(国際サッカー連盟)と連携して4K映像への取り組みを積極的に進めている。撮影、編集、放送の全てにおいて課題がある4K技術だが、進展もある。圧縮規格はH.265の策定が完了し、H.265に対応したFPGAベースのエンコーダも登場している。(2014/6/20)

さすがニコニコ技術部 約7000円で「Oculus Rift」を自作してみた人が現る
とりあえず自分で作ってみようの精神。(2014/6/10)

阪大、スパコンの計算結果を可視化する大画面システム導入
HPCIでの計算結果を大画面に立体表示できるシステムを導入した。同システムのリソースは、画面表示だけなく一部をHPCIにも提供できる。(2014/6/2)

4Kの画質を体感しよう:
日立、65型の4K液晶テレビを発売、HDMI 2.0に対応
日立リビングサプライから4Kテレビが登場した。HDMI 2.0に対応し、4Kを映像を1秒間に60コマ(4K60p)転送できる。(2014/6/2)

究極の3Dテレビ実現に向けて:
NHK、電子ホログラフィー用立体表示デバイスを開発――メガネなしで自然な立体映像表示へ前進
NHKは、立体テレビの実現を目指して電子ホログラフィー実現の要素である「干渉縞を表示するSLM の光変調素子をトランジスターで駆動する技術」を開発した。アクティブ・マトリクス駆動で超多素子化が可能となった。(2014/5/22)

日本エイサー、3Dプロジェクター「H9505BD」を発売
日本エイサーは、フルHD対応プロジェクター「H9505BD」を発売する。3D表示に対応するほか、2Dから3Dへの変換機能も搭載。(2014/5/20)

こんなバカでかいゲーム画面あり!? ハウステンボスの「3Dプロジェクションマッピング太鼓の達人」のスケールがヤバい
でかすぎるドン!!!(2014/5/14)

ざっくりすぎる:
1分で振り返る「ゼロ・グラビティ」 なんやかんやの部分が気になって気になって宇宙が怖い【PR】
続きは……。(2014/4/23)

その実体は消費行動の追跡?:
Amazonスマートフォン発売の“真の狙い”について議論も
米Wall Street Journalは、Amazonがスマートフォン市場に参入すると報じた。ユーザーの消費行動をより詳しく分析できるようになれば、Amazonにとっては大きなメリットとなる。一方で実店舗との価格競争に関する懸念の声も上がっている。(2014/4/16)

MEDTEC Japan 2014:
心臓の3次元モデルを“手元に引き寄せて”観察、ダッソーがデモを披露
ダッソー・システムズは「MEDTEC Japan 2014」で、心臓の3次元モデルを観察できるデモを行った。専用のペンを使うと、心臓のモデルを回転させたり、自分の方に“引き寄せて”観察したりできる。(2014/4/14)

ソニーのHMDプロトタイプ:
手を伸ばせば届きそうなリアル感――「現実×仮想」が生み出すビジネスの可能性
幾度となく取り沙汰されてきた「バーチャルリアリティ」。AnimeJapan 2014ソニーブースでの体験は、新たなビジネスモデルの到来を予感させた。(2014/3/26)

【動画あり】実物大ガンダムに火花が散る! ガンダムプロジェクションマッピングをお台場で上映中
この実物大ガンダム、動くぞ……!(2014/3/21)

実物大ガンダム立像プロジェクションマッピングが「ハコビジョン」になって販売開始
また見たい! 見られなかった! という方に。(2014/3/20)

エイサー、720p対応のDLPプロジェクター「H5380BD」
日本エイサーは、3000ルーメンの高輝度表示を実現したDLPプロジェクター「H5380BD」を発売する。(2014/3/19)

ナー○ギアではありません:
PS4で「新次元のゲーム体験」、SCEがバーチャルリアリティーシステム「Project Morpheus」の開発を表明
SCEが「プレイステーション4」専用のバーチャルリアリティシステム「Project Morpheus」(プロジェクト モーフィアス)の開発を表明した。「新次元のゲーム体験」を実現するという。(2014/3/19)

1粒300メートルの男:
グリコのマークには「フィリピン人のモデル」が存在した
キャラメル菓子「グリコ」や棒状のスナック菓子「プリッツ」など多くのロングセラー商品でおなじみの江崎グリコ。同社の企業ミュージアム「グリコピア神戸」は、グリコにまつわるあらゆることが分かるようになっている。(2014/3/14)

ヤマハ、初のWi-Fi内蔵モデル「RX-V577」などAVアンプ2機種を発表
ヤマハは、ネットワークオーディオ機能を充実させたAVアンプのミドルレンジ機「RX-V477」および「RX-V577」を4月上旬から順次発売する。(2014/3/13)

グリコのマークには「フィリピン人のモデル」が存在した 「グリコ博物館」で復元される“昭和の香り”
江崎グリコ神戸工場に併設された企業ミュージアム「グリコピア神戸」では、製造工程の一部を見学できるだけでなく、懐かしいCMやおまけ、グリコのマークに実在モデルがいたことなど、グリコにまつわるあらゆることが分かる。(2014/3/12)

オーディエンスが知りたいストーリーを:
ハリウッドに学ぶコンテンツマーケティング5つの心得
ハリウッドのコンテンツ制作ノウハウを、コンテンツマーケティングに生かそう――。ClickZ.comに掲載された、マーケターが見習うべきコンテンツ制作の極意5つを紹介する。(2014/3/10)

3DS向け「ニンテンドービデオ」終了
ニンテンドー3DS向けに無料で3D映像などを配信する「ニンテンドービデオ」が3月末で終了。(2014/2/27)

医療技術:
血管内を撮影する超小型デバイス、リアルタイムで3D画像を送信
米大学が、カテーテル(医療用の柔らかい管)をベースにした撮影用デバイスの試作に成功した。血管内を撮影し、リアルタイムで3D映像を外部に送信できる。(2014/2/20)

NTT DATA Innovation Conference 2014リポート:
ITは壁を扉に変えるカギ――近未来のITを知り予見する力が必要
日本企業の強みと従来の常識にとらわれない先見性を生かし、グローバルに、そして未来に挑戦する日本流グローバル戦略の可能性とは。(2014/2/18)

ガンダムの富野監督「ハリウッド」とタッグ 打倒アバター目指す
ハリウッドとの提携には、海外の視点やニーズを踏まえた作品を作り、日本のアニメ制作現場を変えていきたいという思いがあるという。(2014/2/12)

「打倒『アバター』」「日本のアニメ現場は疲弊」 富野監督、ハリウッドとタッグ組む
富野由悠季監督らが所属するクリエーター集団が米特撮会社と業務提携。ハリウッドを代表する特撮会社とタッグを組んだ背景にある思いとは。(2014/2/10)

錯覚とインターフェースの可能性(1):
目をだます方法――触覚と認知の広がりを考える
 ユーザー参加型の学会として発足し、毎回数万人規模の視聴者を集める。2013年12月21日ニコファーレで行われた「ニコニコ学会β」第5回シンポジウム。本稿では全体のハイライトとなった人間の感覚に注目したセッションを紹介する。(2014/2/14)

手を使わず読書を楽しむ――スマートグラス「MOVERIO」に「楽天Kobo」アプリ標準搭載
セイコーエプソンが発売するスマートグラス「MOVERIO」に、Androidアプリ「楽天ゲートウェイ」「楽天Kobo」が標準搭載される。(2014/1/29)

エプソン、Android搭載スマートグラス「MOVERIO」新型 アプリマーケットや開発者サイト公開へ
エプソンがシースルー型のスマートグラス「MOVERIO」新型を発売。旧モデルより大幅に軽量化し、機能を強化。サードパーティが専用アプリを開発・配信できる仕組みも用意した。(2014/1/28)

ドスパラ、コンパクトな3ポートHDMIセレクターを発売
ドスパラより、ゲーム機器やノートPCなど3つのHDMI機器を接続できるコンパクトなHDMIセレクターが登場。外部電源は不要だ。(2013/12/25)

本田雅一のTV Style:
4Kテレビ、ホントのところ
4Kテレビについて尋ねられるとき、必ず聞かれるのが「本当に必要なのでしょうか?」という質問だ。しかし、必要か、必要でないかという視点は、実のところあまり適切ではないと思う。(2013/12/18)

天守閣が真っぷたつに!? 大阪城のプロジェクションマッピングイベントが14日から開催
ほかにも光の陣と称して、西の丸庭園に2つのイルミネーションスポットを展開。(2013/12/13)

NECディスプレイ、約7万円の省電力機能搭載DLPプロジェクター「NP-V281WJD」など3製品
NECディスプレイソリューションズは、省電力設計が特徴のスタンダードDLPプロジェクター計3製品を発売する。(2013/12/13)

麻倉怜士の「デジタル閻魔帳」:
3D映像を再評価、「ルミエール・ジャパン・アワード2013」で見つけた新しいリアリティー表現(後編)
3Dは映像のリアリティーを増す表現手法の1つとして磨かれ続け、中にはステレオ撮影を上回る「2D-3D変換」コンテンツまで存在するという。おまけコーナーではキヤノンとソニーの4Kモニターを取り上げよう。(2013/12/11)

麻倉怜士の「デジタル閻魔帳」:
3D映像の再評価、「ルミエール・ジャパン・アワード2013」で見つけた新しいリアリティー(前編)
ブームが去ったと言われる3Dテレビだが、AV評論家の麻倉怜士氏によると、3Dは映像のリアリティーを増す表現手法の1つとして磨かれ続けているという。国際3D協会日本部主催のアワードで分かった立体映像の真価とは?(2013/12/9)

UXレポート  IVRC 2013:
Oculus Rift、Unity、Openframeworks...感覚器官フル稼働の仮想空間を実現する
学生のアイデアを具現化するツールの進化・普及と、感覚器官をフルに使う人工現実感。表現とインターフェースについての学生の挑戦から「思い付き」を実現する環境のいまを知ろう。(2013/12/9)

3Dモニタ不要 スマホで3D映像が楽しめるガジェット「EYERESH」リメディアが発売へ
本格的なアイストレッチもできちゃいます。(2013/11/29)

ベンキュー、ホームシアター向きのフルHD対応DLPプロジェクター「MH680」など2製品
ベンキュージャパンは、フルHD表示をサポートしたホームプロジェクター「MH680」などプロジェクター製品2モデルを発売する。(2013/11/27)

3D映像も4つまで分配、テックのHDMI分配器「THDSP14D」
テックは、HDMI分配器「THDSP14D」を発売する。フルHD映像はもちろん、3D映像も最大で4台までのディスプレイに同時出力できる。(2013/11/13)

EE Times Japan Weekly Top10:
iPad Airの分解記事がトップに、アップルの強さを知る
EE Times Japanで先週(2013年11月2日〜11月8日)に、多くのアクセスを集めた記事をランキング形式で紹介します。さまざまなトピックのニュース記事、解説記事が登場!!(2013/11/9)

ソニー、最新HMD「HMZ-T3W」「HMZ-T3」を11月23日に発売
ソニーは、ヘッドマウントディスプレイの新製品「HMZ-T3W」および「HMZ-T3」を11月23日に発売すると公表した。(2013/11/7)

ディスプレイ技術:
Google Glassの先を行く? バーチャル3D映像をタッチ操作できるメガネ型端末「i-Air Touch」
台湾の研究所が開発した「i-Air Touch」は、バーチャルな3Dディスプレイが前方に投影される眼鏡型端末だ。i-Air Touchの上部に取り付けたカメラは、指の動きをミリメートルの精度で追跡し、それによってバーチャルディスプレイをタッチで操作することもできるという。(2013/10/31)

ベンキュー、“Smart Eco”モードを備えたDLPプロジェクター3製品を発売
ベンキュージャパンは、高輝度表示に対応したモバイルプロジェクター「MS521P」など計3製品を発売する。(2013/10/30)

けいはんな情報通信フェア2013にて:
広報キャラ「京町セイカ」が裸眼立体映像で飛び出す!! ――精華町とNICTがテーブル型デジタルサイネージを開発
京都府精華町と情報通信研究機構(NICT)ユニバーサルコミュニケーション研究所は、テーブル型の裸眼立体ディスプレイ「fVisiOn(エフ・ビジョン)」を用い、精華町の広報キャラクター「京町セイカ」の裸眼立体映像を表示するテーブル型デジタルサイネージを開発した。(2013/10/29)

“プラネタリウムでミクさんのコンサートやりたいね” ガチなプラネタリウムにMMDを投影する会に参加したった
ある男のつぶやきがきっかけで生まれた「ミクさんのプラネタリウムコンサート」という前代未聞の企画が実現!(2013/10/25)

FPD International:
8Kパネルの裸眼立体視ディスプレイが登場
フラットディスプレイの総合展示会「FPD International」が、横浜・みなとみらいの「パシフィコ横浜」で開幕。フィリップスブースでは、シャープの8Kパネルを使った「ドルビー3D」の技術展示が行われている。(2013/10/23)

3Dボカロライブを海外ファンが企画 Kickstarterで支援を募る
今回支援を呼びかけている「Synthesized Reality Productions」はサンフランシスコで設立された「ボカロコンサートを世界中で開催する」ことを目指しているグループです。(2013/10/21)

車の周囲360度を運転中にゆがみなく3D表示 接触危険度も色分け 富士通研が新技術
自動車を運転中に、車の周囲360度にある物体や人などの立体物をゆがみなく3D表示し、接触のリスクを色分けして表現する技術を富士通研究所が開発した。(2013/10/9)



バーチャルリアリティを楽しむためのヘッドマウントディスプレイ。初音ミクとの対面用と思われている節もあるが、それも含めて日本市場は重要視されている。Facebookが買収をしており、今後どのような用途が実現するのか楽しみにしたい。

LTE対応の端末でも音声通話については実は3Gが利用されていたが、それもいよいよLTEに切り替えられようとしている。ユーザーにはなにが違うのか伝わりにくいが、通信キャリアにとっては通信がIP化され、電波利用効率の高いLTE網を利用できるようになるなど、大きな変更になる。

タブレットといえばiPadかAndroidと思われていたが、ここに来てWindowsタブレットも存在感を見せている。艦これが動くから、という理由で売れているという話もあるが、MicrosoftがSurfaceブランドでより小型な端末を計画しているという噂が出るなど、8型前後のWindowsタブレットがひとつの製品分野として今後も注目を集めそうだ。