ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  3

「3D映像」最新記事一覧

-こちらもご覧ください-
飛び出す3D特集 - ITmedia LifeStyle

関連キーワード

メガネ型ウェアラブル端末、本命は見えたか
近未来感の漂うメガネ型ウェアラブル端末だが、B2B向けを中心に実用化が進んでおり、その認識は近い内に過去のものとなりそうだ。(2016/1/14)

東芝やシャープなどの展示を写真で紹介:
「ウェアラブルEXPO」を彩るスマートグラスたち
ウェアラブル端末の活用と技術の総合展「ウェアラブルEXPO」が、2016年1月13日に開幕した。本記事は、展示で注目を集めたスマートグラスやヘッドマウントディスプレイを写真で紹介する。(2016/1/14)

ウェアラブルEXPO:
眼鏡型端末が花盛り 東芝が「Wearvue TG-1」発表 注目は“広視野”
東芝の「Wearvue TG-1」など、視認性や重量感を重視した眼鏡型ウェアラブル端末が「第2回ウェアラブルEXPO」に登場。(2016/1/13)

CES 2016:
4K/HDRテレビの新基準「ULTRA HDプレミアム」ロゴの意味、そしてパナソニックの「DX900」シリーズ誕生の背景
パナソニックがCESで「ULTRA HDプレミアム」ロゴプログラムの仕様に準拠する4K/HDRテレビを発表した。そもそも「ULTRA HDプレミアム」ロゴとは一体何なのか? 対応製品には何が求められるのか、詳しい話を聞いた。(2016/1/9)

窮状はWindows 10登場でも変化なし
「Windows 10」登場に熱狂した人々と冷めた市場、2015年のPC業界を振り返る
2015年、企業のデスクトップ管理に関する話題は「Windows 10」で持ちきりだった。Windows 10関連の話題を中心に、2015年の5大ニュースを振り返る。(2016/1/8)

5分でわかる最新キーワード解説:
2016年は普及元年、美麗画質を可能にする「Ultra HD Blu-ray」とは
家庭で4K映像を体験できる次世代規格「Ultra HD Blu-ray」が策定され、対応製品も発表されました。2016年が普及元年といわれる新規格の概要を紹介します。(2016/1/6)

「Cardboard」や「YouTube」で使えます:
気軽に立体映像が楽しめる――「スマートフォン用ヘッドマウントディスプレイ」
上海問屋が、ステレオペアの動画・画像を表示したスマートフォンを装着することで立体映像を楽しめるヘッドマウントディスプレイを発売した。価格は1799円。(2015/12/24)

5分でわかる最新キーワード解説:
空間のボタンを押すと感覚が伝わる「空中超音波触覚インタフェース」
空中に浮かぶ映像のボタンを押すと感触が伝わり、手のひらに映し出した映像の小動物が移動するとサワサワと動き回る感触が伝わる。これらを実現したのは超音波技術です。その原理はどうなっているのでしょうか。(2015/11/24)

もしかして義体使ってる? 舞台「攻殻機動隊ARISE」キャラビジュアルは第2弾・第3弾もやはりかっこよかった
リアルな義眼がかっこいい! (2015/10/15)

舞台「攻殻機動隊ARISE」のビジュアル第1弾が公開 イケメンからイケ要素を抜きにかかる容赦ない役作りにシビれる!
荒巻部長、本物なのでは……?(2015/10/9)

CEATEC JAPAN 2015:
幕張メッセで江戸時代にタイムトリップ? 眼鏡型端末で「スマートツーリズム」を体験
近畿日本ツーリストが「CEATEC JAPAN 2015」に初出展。スマートグラスを活用して現存しない歴史的建造物を再現する「スマートツーリズム」を紹介している。(2015/10/7)

写真展:
「ハッブル宇宙望遠鏡25周年 時空を超える銀河の旅」
(2015/9/23)

小さなシェフが料理を作っておもてなし テーブルの上が劇場になるプロジェクションマッピングがステキで楽しい
ブロッコリーをチェーンソーで切っちゃいます。(2015/9/21)

東京ゲームショウ2015:
誰もが見落としているに違いない、並ばず遊べる“穴場のVR”を堪能してきた
東京ゲームショウ2015ではVRが来場者の注目を集めている。「PlayStation VR」「Gear VR」の体験ブースには連日長蛇の列ができているが、もっとカジュアルに楽しめるVRの存在を忘れていないかな?(2015/9/20)

東京ゲームショウ2015:
まるでSF映画に迷い込んだみたい――「PlayStation VR」「Gear VR」を体験してきた
VR(仮想現実)は東京ゲームショウ2015で熱いジャンルの1つ。最新の「PlayStation VR」と「Gear VR」を会場で体験してみた。(2015/9/18)

東京ゲームショウ2015:
人が、物が、目の前に迫り来る 「攻殻機動隊 Virtual Reality Diver」の没入感が高すぎて体が震える
体が動く動く。(2015/9/17)

「きゃりーぱみゅぱみゅ」がアトラクションに! USJで2016年も「ユニバーサル・クールジャパン」
「エヴァンゲリオン」「進撃の巨人」「バイオハザード」「モンスターハンター」に加えて「きゃりーぱみゅぱみゅ」が加わります。(2015/9/16)

“人間っぽさ”の先の映像表現へ DMMが世界初ホログラフィック専用劇場を公開
世界初のホログラフィック専用劇場「DMM VR THEATER」が11日にオープンする。(2015/9/1)

消費トレンドから見る企業戦略の読み解き方:
“ロボット大国”日本は、なぜ「手術支援ロボット」市場で勝てないのか
ロボット大国とも言われる日本だが、明らかに米国企業の独占を許してしまっているのが「手術支援ロボット市場」だ。2けた成長中の有望市場にもかかわらず、なぜ日本のメーカーは存在感を示せないのか。そのカギは日本人特有の“ある性質”にあるかもしれない。(2015/8/27)

舞台版「攻殻機動隊ARISE」素子のビジュアルが公開 演劇史上初の3D映像演出に期待が高まる!
素子お〜〜〜!!!!(2015/8/24)

MicrosoftのHMD「HoloLens」の発売は来年中──サティア・ナデラCEO
Microsoftが1月に発表した拡張現実HMD「HoloLens」の発売は来年中になると、サティア・ナデラCEOがBBCのインタビューで語った。最初のモデルは開発者と企業向けで、プロジェクトは“5年越し”という。(2015/8/2)

トリンプがまたやってくれました:
「ブラの上」をジェットコースターで爆走! トリンプに見るOculusの”使い方”
あのトリンプが、VRヘッドセット・Oculus Riftを使用し、「ブラジャーの上」を滑走するジェットコースターを開発してしまったらしい。ブラの上……?(2015/8/2)

Nokia、VRコンテンツ撮影プロ用カメラ「OZO」発表
NokiaがVR市場に参入する。製品第一弾として、プロ用3D動画撮影カメラ「OZO」を発表した。第4四半期中に発売する計画だ。(2015/7/29)

エイサー、G-SYNC対応の27型WQHD液晶ディスプレイ「XB270HUbprz」など2製品
日本エイサーは、WQHD解像度に対応した27型ワイド液晶ディスプレイ「XB270HUbprz」など2製品の販売を開始する。(2015/7/23)

第1回 先端コンテンツ技術展:
96chスピーカーが“気配”まで再現――世界初の没入型聴覚ディスプレイ装置「音響樽」に驚いた
世界初という没入型聴覚ディスプレイ装置「音響樽(たる)」を体験してきた。(2015/7/6)

第1回 先端コンテンツ技術展:
“Oculus+α”で時速400キロの超高速バイク走行を体感――これが先端VRコンテンツだ
東京ビッグサイトで開催中の「第1回 先端コンテンツ技術展」では、VRヘッドセットを用いた展示が数多く見られる。没入感のある映像だけでなく、実際に手を動かして操作したり、バイク型の筐体にまたがることで、より臨場感ある体験を提供しているのが特徴だ。(2015/7/2)

第1回 先端コンテンツ技術展:
霧の中から初音ミク! 立体映像に触れて操作!――映像を空間に浮かべる最新技術を体験してきた
「第1回 先端コンテンツ技術展」が東京ビッグサイトで開催された。VRヘッドセットを活用した没入型VR(仮想現実)の出展が目立つなか、実際の空中に映像を映し出すAR(拡張現実)技術の出展を行う企業もみられた。(2015/7/1)

FAニュース:
“業務用”スマートグラスはこう使う
セイコーエプソンは同社のスマートグラス「MOVERIO」シリーズを、業務用途に特化させた新製品「MOVERIO Pro BT-2000」を発表した。製造、物流、建設など幅広い分野での活用を提案していく。(2015/6/24)

スマートグラスは個人ではなく現場から:
“現場のプロ”のために見た目でなく実用性を向上したスマートグラス「MOVERIO Pro」
個人ユーザーのホビーユースとして映像やアプリを楽しめるエプソンのシースルー型スマートグラス「MOVERIO」が、製造業の現場といった業務用向けとして登場。プロが納得する“道具”となるべく、実用的な部分を強化した。(2015/6/24)

スマホ内蔵プロジェクターから何もない空間にキーボードが登場 Lenovoの新技術が近未来SFアニメっぽい!
つまり画面の中の人物に触る事も可能という事だ……。(2015/6/1)

「アイカツ!」が映画館のスクリーンに今夏再び 3Dでスクリーンから飛び出してくるぞ!
アイドル達が飛び出てくるなんて、これは穏やかじゃないわね!(2015/5/27)

“3D酔い”なぜ起きる? 脳活動の「左右差」、京大など解明
3D映像などを見て“映像酔い”が起きる際、映像の動きを検出する脳の活動が、右脳と左脳の間で乖離する現象を、京大などの研究グループが発見した。(2015/5/26)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Windows 10の最新情報が明らかになる「Build 2015」は今晩開催!
Microsoftの開発者会議「Build 2015」が米カリフォルニア州サンフランシスコで開催される。基調講演では、Windows 10やOffice 365などの最新情報が明らかになる見込みだ。その注目ポイントをチェックしていこう。(2015/4/29)

ニコニコ超会議2015:
女の子にがんばれがんばれしてもらいながら腹筋ができる夢のシステムが登場
これならいくらでも腹筋ができる?(2015/4/25)

外科手術を大きく変える可能性:
手に乗せた“バーチャル心臓”が鼓動する! ホログラムを医療現場へ
近い将来、外科手術が大きく変わるかもしれない。イスラエルRealView Imagingは、医師が手のひらに、臓器のホログラフィ画像を乗せ、自由に動かしたり触ったりできる技術を開発している。2013年には、同技術を利用して16歳の患者の心臓外科手術が行われた。(2015/4/1)

新技術:
200インチ裸眼3Dディスプレイに映るCGを自在に操れるシステムを開発
情報通信研究機構(NICT)は2015年3月、200インチサイズの超多視点裸眼3DディスプレイにCG(コンピュータグラフィックス)映像を瞬時に生成、表示できるシステムを開発したと発表した。(2015/3/26)

Microsoft、拡張現実HMD「HoloLens」向けXboxゲームのためのAPI提供へ
Microsoftは、拡張現実HMD「Microsoft HoloLens」でXboxのゲームをプレイできるようにするための「holographic API」をWindows Insider Programで提供する。(2015/3/5)

Mobile World Congress 2015:
美しく生まれ変わったSamsungの新生フラッグシップ「Galaxy S6 edge」「Galaxy S6」を写真で速攻チェック
ロゴを一新したSamsungの「Galaxy」シリーズ新モデル2機種が発表された。背面にガラス素材、側面にメタル素材を採用したフラッグシップ機「Galaxy S6 edge」「Galaxy S6」の特徴を早速写真でチェックしていこう。(2015/3/2)

ITmedia ニュース読者感謝祭:
2ちゃんねる、mixi、iPhone――IT業界10年の歩み 2004〜2014アクセスランキングTOP100
2004年にスタートしたITmediaニュース。誕生から11年の各年ごとのアクセスランキングTOP100をまとめました。……全1100個!(2015/2/18)

3D Blu-ray対応で10万円切り!:
ビューソニック、9万円台の3200ルーメン/フルHD対応、DLPプロジェクター「PJD7822HDL」発売
米ビューソニックは、1080p出力に対応したDLPプロジェクター「PJD7822HDL」を発売した。価格は9万9900円前後(税込)の見込み。(2015/2/16)

“OMEGA”を試す!:
Radeonファンに最適なゲーミングPC「G-GEAR GA7J-F63/E」で遊ぶ
eX.cmputerのゲーマー向けに「G-GEAR」シリーズ。今回は、ゲーマー向けのG-GEARから「GA7J-F63/E」で、Radeonグラフィックスの実力を試していきたい。(2015/2/13)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
「Windows 10」が目指す世界とは?――Microsoftの反転攻勢シナリオ
Windows 7/8.1に対して無償アップグレードを提供しつつ、PC以外の適用範囲を大きく広げてきた「Windows 10」。Microsoftは同OSで何を目指しているのだろうか。(2015/1/23)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Windows 10が提案する「新しいスマホとタブレットの分け方」とは?
新CEOが率いるMicrosoftの勢いを感じさせる内容だったWindows 10のプレスイベント。その発表内容を簡単に整理しつつ、注目ポイントをいくつか見ていこう。(2015/1/22)

ここが未来か:
現実に3D映像を投影するヘッドマウントディスプレイ「HoloLens」をMicrosoftが披露
米Microsoftのプレス向けイベントで、次期OS「Windows 10」を搭載する新デバイス「Microsoft HoloLens」が披露された。ホログラフィック技術を使ってARを実現するヘッドマウントディスプレイだ。(2015/1/22)

Microsoft、ホログラムを操作できるHMD「HoloLens」発表
Microsoftが次期Windowsの発表イベントで、Windows 10ベースのホログラム技術「Microsoft Holographic」と、それを搭載するHMD「HoloLens」を発表した。(2015/1/22)

妄想ウェアラブルの午後:
“肉体というセンサー”をだます装置――「Oculus Rift」
ゴーグルをかけるだけで仮想世界を訪れることができる、仮想現実(VR)ヘッドセット「Oculus Rift」。このSFのような技術は、ただ単にエンターテインメントとして使われるのに留まらない。現実世界の常識をも変えてしまうパワーを持つのだ。(2015/1/21)

2015 CES:
B to Bに舵を切った東芝ブースの注目は?
B to B中心の東芝ブースだが、いくつもの目玉展示が来場者を楽しませている。メインはもちろん、あの……。(2015/1/9)

「ハコビジョン」第4弾は「ラブライブ!」 3Dライブを手のひらサイズで
3D映像を手のひらサイズで楽しめる食玩「ハコビジョン」が「ラブライブ!」とコラボする。(2015/1/9)

「ムーアの法則」50周年でここまで来た:
ついにボタン型コンピュータ「Curie」が登場――2015年のIntelは何を目指すのか
2015 CESの米Intel基調講演では、PCやスマートデバイス、サーバのプロセッサを超え、ウェアラブルやスマートハウスといったIoT、3Dインタフェース、無線技術、そしてセキュリティに注力していく姿勢がより鮮明になった。(2015/1/8)

「新宿ダンジョン」3DS版発売 “リアルダンジョン”新宿駅を冒険、アクション要素も
実際の新宿駅の構造を再現したスマートフォン向けダンジョンRPG「新宿ダンジョン」3DS版の配信がスタートした。(2015/1/7)



余っているリソースを、主にはお金を介してソーシャルな形でシェアできるように仲介するサービス。インターネット上では以前からそうした要素を持ったサービスは存在していたように思うが、概念として名付けられることで一挙に注目が高まっている。

不正会計問題の発覚と対処、リストラ発表とその影響も含めた赤字の拡大というように、日本を代表する家電大手の一角がもろくも崩れようとしている。日本企業の苦戦が続き、それに伴う再編の進行は予想されていたが、この展開は想定外であり、どのような形で落着するものか、予断を許さない。

ビットコインの基幹技術としても知られる、P2Pネットワークを活用した台帳技術。これもまた昨今注目の的となっているFinTechのひとつとして、金融、IT・セキュリティ界隈では今やビットコインと同じくらいの頻度で取りざたされている。