ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  3

「3D映像」最新記事一覧

-こちらもご覧ください-
飛び出す3D特集 - ITmedia LifeStyle

課題点は「13歳問題」:
人気“VR施設”、成功のワケは「カップル狙い」と「インスタ映え」
人気を博している「VR施設」だが、成功の要因は何なのか。VRに関する展示会「Japan VR Summit 3」で講演した、アドアーズの石井学社長らのセッションを取材した。(2017/10/13)

医療機器ニュース:
4K 3Dビデオ技術搭載の手術用顕微鏡システム
ソニー・オリンパスメディカルソリューションズは、4K 3Dビデオ技術を搭載した手術用顕微鏡システムを発表した。高精細かつ立体的なデジタル画像によって緻密な手術をサポートする。(2017/10/3)

「初音ミク」10周年 2007年8月31日の発売から
「初音ミク」が8月31日、発売から10周年を迎えた。(2017/8/31)

ソニーの有機ELテレビ「KJ-65A1」と比べて分かった“液晶の限界”
4社から登場した有機ELテレビ。今回はソニー「KJ-65A1」を取り上げる。液晶フラグシップ「Z9D」も一緒にチェックしたが、改めて液晶タイプの画質面の限界を思い知ることになった。(2017/8/25)

オリンパス ENDOEYE 3D 硬性ビデオスコープ:
外科手術用3D内視鏡、2D製品と変わらぬ使用感で奥行きを把握
オリンパスは、迅速で正確な内視鏡外科手術をサポートする外科手術用3D内視鏡「ENDOEYE 3D 硬性ビデオスコープ」を日本で販売開始した。2D製品と同様の使用感で3D映像を観察でき、容易に奥行き感を把握できる。(2017/7/31)

麻倉怜士の「デジタル閻魔帳」:
“TOKYO 2020”に向けて開発が進む8K&HDR技術
(2017/7/21)

医療機器ニュース:
2D製品と同様の使用感で3D映像を観察できる外科手術用3D内視鏡
オリンパスは、迅速で正確な内視鏡外科手術をサポートする外科手術用3D内視鏡「ENDOEYE 3D 硬性ビデオスコープ」を日本で販売開始した。2D製品と同様の使用感で3D映像を観察でき、容易に奥行き感を把握できる。(2017/7/19)

ライトフィールドディスプレイ:
立体感ある3D映像を表示、複数人が裸眼で視聴
NHKメディアテクノロジーとジャパンディスプレイは、共同開発した「17型ライトフィールドディスプレイ」装置を国内で初めて公開展示した。(2017/7/13)

組み込み開発ニュース:
次世代3Dディスプレイ「ライトフィールド」は飛び出さない、中にモノがある
NHKメディアテクノロジーとジャパンディスプレイは、裸眼で3D映像が見られる技術「ライトフィールドディスプレイ」について説明した。専用の3Dメガネを用いる視差方式がディスプレイから物体が飛び出してくるのに対し、ライトフィールドディスプレイはディスプレイの中に物体が存在しているかのように見える点が最も大きな違いになる。(2017/7/13)

ふかふかソファに座ってプレイ 「東京ソラマチ」にVR体験施設オープン
プラネタリウムの中に入って、地球を救う。(2017/6/22)

3D&バーチャル リアリティ展:
オレンジが舞い、水が踊る!――3D映像浮き上がる“透明ピラミッド”がすごかった(動画あり)
透明のケースの中を水が流れ、オレンジの果肉が舞う――そんな立体映像のように見えるデモンストレーションを、VR技術などの展示会「3D&バーチャル リアリティ展」で見てきた。その仕組みは。(2017/6/21)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
Appleは今後も開発者に支持されて勝ち続けられるか WWDC 2017の着眼点
珍しくハードウェアの発表が目立ったWWDC 2017の基調講演。うわさされた新製品が続々と登場する中、筆者は別の視点から基調講演を見ていた。(2017/6/7)

NHK技研公開2017:
メガネをかけなくても立体映像に見える「多視点ロボットカメラ撮影」技術、NHK技研が公開
NHK放送技術研究所の一般公開イベントに行ってきた。数ある展示の中から気になった展示を紹介する。(2017/5/29)

初音ミク主演「超歌舞伎」新作、NHK Eテレで放送 ニコ生のコメントも流れる
ニコニコ生放送の生中継時に視聴者が書き込んだコメントも一緒に放送する。(2017/5/23)

ニコニコ超会議2017:
NTT、触覚を用いた未来の電話を展示 動物の動きがリアルに連動
手の中にハムスターがいるみたい!(2017/5/1)

ニコニコ超会議2017:
華麗に舞う着物姿の「初音ミク」 26台のプロジェクターで立体映像を“超映”
「ニコニコ超会議2017」で、26台のプロジェクターを使った「初音ミク」の立体映像が登場。(2017/4/29)

「ニコニコ超会議2017」開幕 「超歌舞伎」から「マストドン」まで記事まとめ
「ニコニコ超会議2017」が千葉・幕張メッセで開幕。初音ミクが主演する「超歌舞伎」から、民進党の蓮舫代表の“猛追及”を体験できる「VR蓮舫」、ネットで話題の新興SNS「Mastodon」(マストドン)のブースまで、幅広く“ニコニコの文化”が集結する。(2017/4/29)

ニコニコ超会議2017:
「歌舞伎を若者に知ってほしい」――デジタル技術と融合「超歌舞伎」再び、見どころは プロデューサーに聞く
新作歌舞伎「花街詞合鏡」が「ニコニコ超会議2017」で上演される。最新技術を生かし、昨年話題を呼んだ「超歌舞伎」の第2弾は、どんな舞台になるのか。見どころを聞いた。(2017/4/27)

建設業に問われる事業の透明性の確保:
建設業のAR活用はどう進むのか――日本マイクロソフトと小柳建設がHoloLens活用で協業
日本マイクロソフトと小柳建設が、建設業の「Microsoft HoloLens」活用に関して、協業を発表した。3つのコンセプトを基にプロジェクトを進めているという。(2017/4/20)

建設業界にも「複合現実」の波 HoloLensを前に、現場は「とんでもない時代になった」
建設業界にも「HoloLens」を活用したMR(複合現実)の導入が進んでいる。(2017/4/20)

Microsoft Innovation Award 2017最終選考会:
人工筋肉やVR/AR、仮想ロボット、FoodTech……、先端技術から生まれるプロダクトとは
2017年3月22日に人工筋肉やVR/ARなどの先端技術を活用するスタートアップ企業の取り組みを表彰するイベント「Microsoft Innovation Award 2017」の最終選考会が開催された。どのような最新技術でどのようなプロダクトが生まれているのか紹介する。(2017/4/20)

CeBIT 2017:
日本の製造業が集結した「CeBIT 2017」ジャパン・パビリオン見聞記
ドイツ・ハノーバーで開催された「CeBIT 2017」のジャパン・パビリオンには総計118社もの日本の企業/団体が出展した。その多くを、IoT(モノのインターネット)の活用を目指す製造業が占めていた。本稿では、CeBIT 2017のジャパン・パビリオンの様子や(記者が)気になった展示を紹介する。(2017/4/14)

2017年4月10日まで:
欅坂46の“4th シングルキャンペーン”にARアプリ「COCOAR2」を活用
欅坂46の“4th シングルキャンペーン”にスターティアラボのARアプリ「COCOAR2」が活用されている。(2017/4/7)

バーチャル映像の校長が式辞を述べる――ネットの高校「N高」入学式、新入生が「HoloLens」装着
入学式だけでなく、通学コースの授業向けにHoloLensを導入。目の前に3D映像を表示しながら授業をする――などの活用を考えているという。(2017/4/5)

「ファミコンあるある」からバーチャルボーイまで 魅惑のレトロゲーム特集
(2017/3/26)

すごーい! 「AnimeJapan 2017」が過去最大のアニメ尽くしでたーのしー!
AnimeJapan史上最大の出展面積でブースを構える「Fate/Grand Order」をはじめ見どころ多数。(2017/3/25)

そうだ、火星行こう(メロンと) 短編アニメ「Black Holes」制作のきっかけは「お尻の穴の鋭い痛み」(謎)
制作チームに聞いてみました。(2017/3/24)

「HoloLens」一般向け初披露 政府のSAOコラボイベントで 「これは未来への投資」
内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)とアニメ「ソードアート・オンライン」がコラボした啓発イベントに、日本マイクロソフトが「HoloLens」を出展した。(2017/3/6)

「ソードアート・オンライン」は「すでに実現しつつある」――落合陽一さん・伊藤監督ら 「SAOが未来の世界観を決めている」
「ソードアート・オンライン」の世界はいつ訪れるのか、実現している技術はあるのか――筑波大の落合陽一助教、同アニメの伊藤智彦監督らが語った。(2017/2/16)

CeBIT 2017:
ドイツの中心で「Society 5.0」を叫ぶ!? 「CeBIT 2017」に日本企業118社が出展
開催まで約1カ月に迫った世界最大級の国際情報通信技術見本市「CeBIT 2017」では、パートナー国である日本の118の企業/団体が「ジャパン・パビリオン」に出展。日本政府が掲げる科学技術計画のキャッチフレーズ「Society 5.0」の実現につながる、日本の技術や製品、サービス、最先端のソリューションを発信する。(2017/2/16)

医療機器ニュース:
HDRビデオカメラ搭載の眼科用3次元映像システム
日本アルコンは、硝子体手術向けの眼科用3次元映像システム「NGENUITY 3D ビジュアルシステム」の国内販売を開始した。世界初のHDRビデオカメラを搭載した眼科用リアルタイム映像システムだ。(2017/2/14)

技術がスター・ウォーズに近づいた!? 空中に商品が浮かび上がる新たな立体映像技術が実現
既存のホログラム技術よりも、安価かつ省スペースで使用できるとのこと。(2017/1/10)

冨田勲×初音ミクの追悼公演「ドクター・コッペリウス」 NHK BSで2017年1月に全曲放送
初音ミクが現実のダンサーとバレエで共演。(2016/12/19)

【対談】Fusion 360エバンジェリスト×AR/VRプログラマー:
PR:3D CADとAR/VRの融合で加速するモノ作り
AR/VRのトレンドは、ゲームや映像コンテンツのみならず、モノ作りにも大きな影響を与えつつある。この対談ではオートデスクFusion 360エバンジェリストの藤村祐爾氏、AR/VRの最新動向に詳しいプログラマーである中村薫氏が、3D CADとAR/VRの連携により製造業がどのように変わっていこうとしているのかを語る。(2016/11/29)

ゲームセンターに360度スクリーン タイトーステーション、複数人で観られるVRシアター「4D王」投入
ヘッドマウントディスプレイは不要。(2016/11/24)

“早すぎた”VR機「バーチャルボーイ」の思い出をレトロゲームマニアが語る
任天堂の「早すぎたマシン」は、1995年当時、どのような扱いを受けていたのだろうか。(2016/11/14)

建設×VR:
いまさら聞けないVRの基礎ーー2D/3Dとの関係性
建築土木分野での活用が広がっているVR(バーチャルリアリティ)技術。一方、そもそものVRのやHMD(ヘッドマウントディスプレイ)の仕組み、これらを活用してくいく上での注意点などについては、意外と知られていないのではないだろうか。本稿ではこうしたVRの基礎的な部分について解説する。(2016/11/10)

MicrosoftのHMD「HoloLens」日本で発売 年内にプレオーダー 「デジタル体験の可能性、一気に広がる」
日本マイクロソフトは、複合現実HMD「HoloLens」を日本の開発者と法人向けに提供すると発表した。年内にプレオーダーを始める。(2016/11/1)

冨田勲追悼公演「ドクター・コッペリウス」のプリマ・初音ミク、バレエ衣装を初披露
3DCGの初音ミクと人間の幻想的な共演。(2016/10/28)

歴代プリキュアが3Dで目の前に……“ホログラフィック”公演、12月から
歴代プリキュアたちが3Dで目の前に――「DMM VR THEATER」で、プリキュア初の「ホログラフィック」公演が行われる。(2016/10/27)

4K/HDR対応にレーザー光源、エプソンのフラグシッププロジェクター「EH-LS10500」登場
エプソンは4K/HDR対応ホームプロジェクターの最上位モデル「EH-LS10500」を12月に発売する。“画素ずらし”によって4K対応を果たしたモデル。光源にはレーザーダイオードを採用し、広い色域を実現した。(2016/10/26)

数の暴力(3D)! 総勢44人のプリキュアがホログラフィックでステージに登場
「プリキュアフェスティバル」DMM VR THEATERで12月開催。(2016/10/26)

低年齢層がVRをプレイすると斜視になる危険性? PS VRのソニーと生理学の権威に見解を聞いた
PS VRの対象年齢は12歳以上に設定されています。(2016/10/22)

より大きく、より近くで:
透明スクリーンにホログラフィック映像を表示
情報通信研究機構(NICT)電磁波研究所の電磁波応用総合研究室は、透明な光学スクリーンにホログラム映像が浮かび上がるプロジェクション型ホログラフィック3D映像技術を開発した。実用的な画面サイズと視野角の両立を可能にした。(2016/10/17)

NICTが透明スクリーンに浮かぶホログラフィック3D映像技術を開発 車載ディスプレイに応用も
ほとんど透明なスクリーンを通してホログラム映像を投写することが可能です。(2016/10/16)

POPから飛び出す未来感 3D映像が宙に浮いて見えるプロモーションツール登場
タブレットの映像を特殊なプレートに投影する仕組み。(2016/9/29)

製造業VR開発最前線(後編):
「とにかくデータが巨大」「ケーブルが邪魔」――製造業VRの悩ましい課題を乗り越えよ!
製造業VR開発最前線 後編では、実際の導入を検討するにあたっての具体的な事項や、今後の具体的な発展、製造業でのゲームエンジンの利用によるVR開発の広がりについて説明する。(2016/9/26)

即席!3分で分かるITトレンド:
コレ1枚で分かる「VRとARの違い」
2025年までにおよそ800億ドル(約9兆円)に達すると予測されるVR(仮想現実)とAR(拡張現実)の世界市場。さまざまな分野で活用が期待されるVRとARについて、その違いと特徴を整理しておきましょう。(2016/9/20)

プラネックス、4K対応の4ポートHDMI切り替え器
プラネックスコミュニケーションズは、最大4台のHDMI搭載機器を切り替えて利用できるHDMIセレクター「HDMI-4UHD」を発表した。(2016/9/8)

第7世代Coreは出たものの……:
スマホで覇権を握れなかったIntelの生きる道
1万2000人もの人員削減、次期Atomプロセッサの中止、ARMとの提携など、戦略の岐路に立つIntel。同社は今後どこへ向かおうとしているのか。(2016/9/2)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。