ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  3

3D映像 に関する記事 3D映像 に関する質問

「3D映像」最新記事一覧

-こちらもご覧ください-
飛び出す3D特集 - ITmedia LifeStyle

ITmedia ニュース読者感謝祭:
2ちゃんねる、mixi、iPhone――IT業界10年の歩み 2004〜2014アクセスランキングTOP100
2004年にスタートしたITmediaニュース。誕生から11年の各年ごとのアクセスランキングTOP100をまとめました。……全1100個!(2015/2/18)

3D Blu-ray対応で10万円切り!:
ビューソニック、9万円台の3200ルーメン/フルHD対応、DLPプロジェクター「PJD7822HDL」発売
米ビューソニックは、1080p出力に対応したDLPプロジェクター「PJD7822HDL」を発売した。価格は9万9900円前後(税込)の見込み。(2015/2/16)

“OMEGA”を試す!:
Radeonファンに最適なゲーミングPC「G-GEAR GA7J-F63/E」で遊ぶ
eX.cmputerのゲーマー向けに「G-GEAR」シリーズ。今回は、ゲーマー向けのG-GEARから「GA7J-F63/E」で、Radeonグラフィックスの実力を試していきたい。(2015/2/13)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
「Windows 10」が目指す世界とは?――Microsoftの反転攻勢シナリオ
Windows 7/8.1に対して無償アップグレードを提供しつつ、PC以外の適用範囲を大きく広げてきた「Windows 10」。Microsoftは同OSで何を目指しているのだろうか。(2015/1/23)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Windows 10が提案する「新しいスマホとタブレットの分け方」とは?
新CEOが率いるMicrosoftの勢いを感じさせる内容だったWindows 10のプレスイベント。その発表内容を簡単に整理しつつ、注目ポイントをいくつか見ていこう。(2015/1/22)

ここが未来か:
現実に3D映像を投影するヘッドマウントディスプレイ「HoloLens」をMicrosoftが披露
米Microsoftのプレス向けイベントで、次期OS「Windows 10」を搭載する新デバイス「Microsoft HoloLens」が披露された。ホログラフィック技術を使ってARを実現するヘッドマウントディスプレイだ。(2015/1/22)

Microsoft、ホログラムを操作できるHMD「HoloLens」発表
Microsoftが次期Windowsの発表イベントで、Windows 10ベースのホログラム技術「Microsoft Holographic」と、それを搭載するHMD「HoloLens」を発表した。(2015/1/22)

妄想ウェアラブルの午後:
“肉体というセンサー”をだます装置――「Oculus Rift」
ゴーグルをかけるだけで仮想世界を訪れることができる、仮想現実(VR)ヘッドセット「Oculus Rift」。このSFのような技術は、ただ単にエンターテインメントとして使われるのに留まらない。現実世界の常識をも変えてしまうパワーを持つのだ。(2015/1/21)

消えゆく「秘宝館」は今……“おじさん御用達”秘密の場所に増える「女性客」
性のテーマパーク「秘宝館」は、熱海の施設が日本唯一となった。昭和の香りが濃厚に残る同館には、いま若い女性客の姿が目立つ。(2015/1/14)

2015 CES:
B to Bに舵を切った東芝ブースの注目は?
B to B中心の東芝ブースだが、いくつもの目玉展示が来場者を楽しませている。メインはもちろん、あの……。(2015/1/9)

「ハコビジョン」第4弾は「ラブライブ!」 3Dライブを手のひらサイズで
3D映像を手のひらサイズで楽しめる食玩「ハコビジョン」が「ラブライブ!」とコラボする。(2015/1/9)

「ムーアの法則」50周年でここまで来た:
ついにボタン型コンピュータ「Curie」が登場――2015年のIntelは何を目指すのか
2015 CESの米Intel基調講演では、PCやスマートデバイス、サーバのプロセッサを超え、ウェアラブルやスマートハウスといったIoT、3Dインタフェース、無線技術、そしてセキュリティに注力していく姿勢がより鮮明になった。(2015/1/8)

「新宿ダンジョン」3DS版発売 “リアルダンジョン”新宿駅を冒険、アクション要素も
実際の新宿駅の構造を再現したスマートフォン向けダンジョンRPG「新宿ダンジョン」3DS版の配信がスタートした。(2015/1/7)

2015 CES:
1000ドル以下のスマートメガネ「AR Smart Glasses」が年内発売へ
政府や企業向けAR端末を手掛ける米Osterhout Design Groupが、Androidベースのスマートメガネを年内に1000ドルで発売すると発表した。3Dゲームを楽しんだり、ARを利用したハンズフリーの道案内機能などが利用できる。(2015/1/5)

ITエンジニアの未来ラボ(年末特別企画):
2015年から手を付けておきたいテクノロジをSF映画から考える
「年末年始に、何か本を読んでみようか」と思っている、SF好きのエンジニアにお勧めしたい一冊『SF映画で学ぶインターフェースデザイン』監訳者の安藤幸央氏に今後のUIやシステムはどうなっていくのかを伺った。(2014/12/26)

ドスパラ、アキバ本店で“自由視点”映像作成ソフト「Sparrow System」の体感コーナーを開設
ドスパラは、視聴アングルを自由に操作できる3D映像を作成できる「Sparrow System」を体感できるデモコーナーの開設を発表した。(2014/12/19)

コストパフォーマンスの高さも魅力:
PR:“短焦点+高輝度+フルHD”の最新プロジェクターで仕事がはかどる!――BenQ「TH682ST」のススメ
ベンキュージャパンの「TH682ST」は、約1.5メートルの距離で約100型の大画面投写が可能な短焦点、3000ルーメンの明るさ、フルHDの高解像度を備えた最新プロジェクター。一般ビジネスユースはもちろん、デジタルサイネージ、室内プロジェクションマッピング、さらにはSOHOでのプライベートシアターユースまでこなす。(2014/12/15)

使徒との戦いを間近に体感! USJのアトラクション「エヴァンゲリオン・ザ・リアル 4-D」がすごそう
アトラクションの詳細とともに予告が公開されたぞ!(2014/12/10)

素晴らしい! 最高のショーだとは思わんかね!? ピアノ演奏+プロジェクションマッピングが劇的に進化
マイリスト待ったなし。(2014/12/8)

ウォール・トーキョーの兵士となり心臓を捧げよ! 「進撃の巨人展」で恐怖と興奮の展示を体感してきたぞ
リアルスケールの超大型巨人も出現。みんな、生きて帰ってこいよ。(2014/11/27)

『進撃の巨人』の世界に入れるぞ! ただし巨人でな 「進撃の巨人展」サイトの「巨人モンタージュ」
11月28日に開幕する「進撃の巨人展」に先駆け、同展のWebサイトでパーツを選んでオリジナルの「巨人」を作成できる「巨人モンタージュ」が公開された。(2014/11/14)

「ピクミン ショートムービー」、3DSとWii U向けに配信
ニンテンドーeショップで販売中。(2014/11/6)

1.1メートルで100インチ:
オーエスプラスe、米Optomaの低価格3Dプロジェクター2機種を発売
オーエスプラスeは、DLP方式のフルHDプロジェクター「HD26」および「GT1080」を発売する。「GT1080」には短焦点レンズを搭載し、1.1メートルで100インチに投影できる。(2014/11/5)

NASAが宇宙ステーションを3Dで撮影した動画を公開 まさかの赤青メガネ方式
カーチャン! うちに赤青のセロファンってあったっけー!?(2014/11/5)

Display Innovation 2014:
人に合わせる裸眼3Dに、薄さ0.05mmの有機ELを公開――ジャパンディスプレイ
ジャパンディスプレイは、「Display Innovation 2014」において、裸眼3D液晶モジュールや高精細シート有機ELディスプレイ、8型で4K2K対応のモバイル機器向けLCDディスプレイなどのデモ展示を行った。(2014/10/31)

全天に広がるオーロラをOculus Riftで体験 国立極地研究所 南極・北極科学館で
全天に広がるオーロラの立体映像をOculus Riftを使って見上げる体験ができる常設展示を国立極地研究所 南極・北極科学館が始めた。(2014/10/15)

GALAXY WORLD TOUR 2014 TOKYO:
サムスンが「GALAXY Note Edge」を世界で最初に日本で発売する理由
サムスンが「GALAXY WORLD TOUR 2014 TOKYO」を開催し、国内で「GALAXY Note Edge」などの新モデルを披露。Note Edgeを世界で最初に市場投入する理由などを説明した。(2014/10/8)

まるでOculusのような没入感 スマホがHMDになるSamsungの「Gear VR」を試した
SamsungとOculusと共同開発したVRヘッドセット「Gear VR」が日本でお披露目。ヘッドセット内部にスマートフォン「GALAXY Note 4」を組み込んだワイヤレスHMDで、3D映像の世界に入り込んだような感覚が楽しめる。(2014/10/8)

CEATEC JAPAN 2014:
透明板とLED1個で実現する“浮かぶ3D映像” その仕組みは
オムロンは透明なプレートとLEDを使って立体映像を浮かび上がらせる「透明プレート型空間投影技術」や卓球ロボットを出展している。(2014/10/7)

“高精細3D”の価値とは?:
世界初の実写8K 3D作品も――NHKメディアテクノロジーが「創立30周年記念技術展」
NHKメディアテクノロジーは、11月に「創立30周年記念技術展」を開催する。3Dに4K/8Kを組み合わせ、高精細な3Dという新しい価値を提案する。(2014/10/6)

浮かぶ3D映像、LED1個と透明シート1枚で実現 オムロンが開発
LEDの光を透明なプレートから出射させ、3D画像を空間に投影する「透明プレート型空間投影技術」をオムロンが世界で初めて実現した。(2014/10/2)

CEATEC 2014でも展示予定!:
オムロンがシート1枚とLED1個で3D映像を空間投影
オムロンは2014年10月2日、シート1枚とLED1個で空間に3次元(3D)映像を投影する「透明プレート型空間投影技術」を開発したと発表した。(2014/10/2)

迷路のように複雑 「梅田ダンジョン」の全容解明 大阪市立大が3D化 避難対策に活用を
迷路のように複雑に入り組み、“梅田ダンジョン”とも呼ばれる大阪・梅田の地下街の詳細な構造を、大阪市大らの研究グループが明らかにした。図面を基に、3Dモデルデータも作成。南海トラフ巨大地震の津波などによる浸水を想定した避難対策などに役立てる狙いだ。(2014/9/30)

Uplinq 2014:
スマートグラス、3Dカメラ、ロボット――Qualcommの「Snapdragon」が目指す新しい世界
Qualcommが、開発者向けのイベント「Uplinq 2014」を、米カリフォルニア州サンフランシスコで開催。ロボティクスやスマートグラスなど、モバイルの次を見据えた技術を披露し、技術の進化のすごさを垣間見ることができた。(2014/9/26)

Oculusもどき? スマホの3D映像をヘッドマウントディスプレイっぽく鑑賞できるゴーグル、サンコーが発売
ヘッドマウントディスプレイが高くて買えなかった人たちへ。(2014/9/17)

【速報】「Newニンテンドー3DS」「Newニンテンドー3DS LL」発表! 右スティック搭載、CPUも高速化
10月11日に日本先行発売予定!(2014/8/29)

6畳間でも気軽に使ってください:
エプソン、リビング向きプロジェクター2製品を発表
プロジェクターというと、本格的なホームシアタールームを作って、そこに設置するものというイメージを持っている人が少なくないと思う。エプソンはリビングでも楽しめるプロジェクターを発売する。(2014/8/27)

アドトロン、超短焦点型のWXGA対応DLPプロジェクター「D755WT」
アドトロンテクノロジーは、超短焦点投写に対応したWXGA対応のDLPプロジェクター「D755WT」を発売する。(2014/8/25)

144Hz駆動、3D Vision 2も利用可能:
日本エイサー、国内初の“G-SYNC”対応27型ゲーミング液晶「XB270HAbprz」
ゲーマーの注目を集めるNVIDIA G-SYNCに対応した液晶ディスプレイが、日本エイサーから登場。国内初の対応製品となる27型モデルを8月22日に発売する。(2014/8/20)

製品解剖:
小型無人航空機(ドローン)のパイオニア、「AR.Drone 2.0」を分解
Amazonによる「無人配送」への取り組みで一気に注目度が高まった小型無人航空機(ドローン)。Parrotの「AR.Drone」は、その草分け的な存在だ。今回は、「AR.Drone 2.0」(GPSエディション)を分解する。AR.Droneの本体にUSBにつなぐだけでよいフライトレコーダには、東芝のNAND型フラッシュメモリなどが搭載されている。(2014/8/20)

「アイカツ!LIVE☆イリュージョン」を手のひらで再現 「ハコビジョン」になるぞ!
「ハコビジョン アイカツ!LIVE☆イリュージョン」限定発売。(2014/8/8)

3D映像にも対応します:
テック、フルHDに対応した4入力2出力のHDMI切替機を発売
ハードディスクレコーダー、ゲーム機など、HDMIでテレビに接続する機器が増えている。テックは便利なHDMI切替機を発売する。(2014/8/5)

「見ているだけの人生はつまらないよ!」――古川享氏がシニアに伝える最新技術
講演で語られた数々の最新技術をまとめてレポートする。(2014/7/28)

国際モダンホスピタルショウ2014:
内視鏡の映像をヘッドマウントディスプレイで確認、ソニーが展示
ソニーは、内視鏡の映像を3次元(3D)対応のヘッドマウントディスプレイで確認できるシステムを展示した。外付けのディスプレイを見る必要がなくなるので、より自由な姿勢で手術できるようになる。(2014/7/16)

HDCP対応:
サンワ、フルHD映像をワイヤレスHDMI伝送するアダプタ――「VGA-EXWHD3」「VGA-EXWHD4」
サンワサプライは7月8日、HDMI信号を無線送信しテレビなどに出力できる「ワイヤレスHDMIエクステンダー」、据え置きタイプ「VGA-EXWHD3」と直付けタイプ「VGA-EXWHD4」を発売した。(2014/7/9)

ニンテンドー3DS版「ドラゴンクエストX オンライン」、9月4日発売
3DS版ではクラウドゲーム技術を活用。(2014/7/8)

イマジニアによる最先端VR・AR活用:
ディズニーの夢と魔法を実現する最新テクノロジーの世界
ウォルトの作りし世界を記録するメディア「dpost.jp」を運営する宮田健氏による講演リポート。今回は、「第22回 3D&バーチャル リアリティ展」の特別講演「ウォルト・ディズニー・イマジニアリングの技術と魔法 〜最新アトラクションにおけるVR・AR活用の最先端〜」の様子をお届けする。(2014/7/4)

ビジネスニュース オピニオン:
開発が進む4K技術、ワールドカップでもソニーとFIFAが取り組み強化
「2014 FIFA ワールドカップ」では、ソニーがFIFA(国際サッカー連盟)と連携して4K映像への取り組みを積極的に進めている。撮影、編集、放送の全てにおいて課題がある4K技術だが、進展もある。圧縮規格はH.265の策定が完了し、H.265に対応したFPGAベースのエンコーダも登場している。(2014/6/20)

さすがニコニコ技術部 約7000円で「Oculus Rift」を自作してみた人が現る
とりあえず自分で作ってみようの精神。(2014/6/10)

阪大、スパコンの計算結果を可視化する大画面システム導入
HPCIでの計算結果を大画面に立体表示できるシステムを導入した。同システムのリソースは、画面表示だけなく一部をHPCIにも提供できる。(2014/6/2)



オープンソースのコンテナー(アプリケーション実行環境)管理ソフトウェア。Linuxをベースに、ハイパーバイザー型よりも軽量な仮想化を実現する。クラウド、DevOpsなど今風のITシステムの管理に親和性が高く、注目が高まっている。

日本通信をパートナーとして、VAIO株式会社がスマートフォン製品を投入する。3月12日発表予定。

KDDIが12月25日に先行発売を開始した、Firefox OS搭載スマホ。製造はLG。Firefox OSの元々のコンセプトでもある踏み込んだカスタマイズ性、外装の3Dモデルデータの提供、部品が見える半透明ボディなど、「ギークのためのスマホ」としてアピールしている。