ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「安倍晋三」最新記事一覧

関連キーワード

少子高齢化は「最大の課題」:
企業の投資促進へ、「これまでにない大胆な政策」と安倍首相
安倍晋三首相は衆院本会議で、企業による人材・設備投資の活性化に向けて「これまでにない大胆な政策を講じていく」と語った。(2017/11/20)

キャリアニュース:
今年、ベースアップで月給が上がった正社員は17%
転職支援サービス「エン転職」が「月給」をテーマにしたアンケート調査の結果を発表した。「今年に入って月給が上がった」と回答者の48%が答えており、上がった理由の最多回答は「定期昇給」。「ベースアップ」と回答したのは17%だった。(2017/11/17)

常見陽平のサラリーマン研究所:
物事には全て「副作用」がある
クスリだけではなく、物事には必ず副作用(デメリット)がある。これはビジネス界でも同じだ。ある施策によって、社内外にめいわくをかけてしまうこと、士気を下げてしまうことなど、さまざまな副作用がある。(2017/11/17)

豪華な歓迎に満足:
トランプ大統領のアジア歴訪で喜んだ国、戸惑った国
米大統領としてこの四半世紀以上で最も長いアジア歴訪を終えたトランプ氏。この訪問で、アジアの指導者少なくとも2人は、満足感にひたる十分な理由がある。(2017/11/16)

11月ロイター企業調査:
内部留保活用は国内設備投資とM&A、賃上げには使わず
11月ロイター企業調査で、今後の内部留保の活用方針を聞いたところ、「国内設備投資」が最も多く、「M&A」、「将来の備えとしての現預金」が続いた。(2017/11/13)

真説・人工知能に関する12の誤解(10):
日本のAI人材育成、そんな“制度”で大丈夫か?
日本にはAIを開発する先端IT人材が不足している――。このような問題が叫ばれています。それを解決するために、政府も動き出しています。しかし、そのアプローチは正しいものなのでしょうか?(2017/11/9)

「戦略的忍耐は終わった」:
日米首脳、北朝鮮に圧力で一致 日本に米製武器の購入迫る
安倍首相とトランプ米大統領が東京の迎賓館で会談し、北朝鮮に核・ミサイル開発を放棄させるため、強い圧力をかけ続ける方針で一致した。(2017/11/6)

海外勢も買い越し:
10月日経平均は19勝2敗、勝率9割 日銀緩和継続に期待
10月の日経平均株価は上昇が19日、下落が2日となり、「勝率」は90.5%と過去最高になった。(2017/10/31)

「思ったより使える♪」:
安倍首相がLINEスタンプに 自民党が無料配布
自民党がLINEスタンプ「思ったより使える♪総裁スタンプ」の配信を始めた。安倍晋三首相をキャラクター化したもので、8種類の会話に対応する。(2017/10/31)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
北海道新幹線「札幌駅」地下案はダメ、ゼッタイ!
北海道新幹線の札幌駅プラットホームは、2012年に在来線プラットホームを転用する案で工事計画が認可された。しかし2年前の夏、JR北海道が原案をひっくり返してから大混乱に。このままでは妥協案として、かなり不便な地下駅になりそうだ。新幹線地下駅は北海道を死に導く。そこは、最善の選択ができなかった愚か者たちの棺おけも同然のハコになるだろう。(2017/10/27)

200億円投資の結果は?:
「AbemaTV」の1年間を振り返る
インターネットテレビ局「AbemaTV」に、サイバーエージェントは1年間で200億円を投資した。どのように成長したのか、1年間を振り返る。(2017/10/27)

スピン経済の歩き方:
マスコミが立憲民主党を「躍進」と報じる病
「立憲民主党、躍進」という報道を受けて、モヤモヤしている人も多いのでは。民進党の「チームリベラル」という方々が当選しただけなのに、なぜ「躍進」という言葉が使われるのか。その理由は、マスコミに問題があって……。(2017/10/24)

常見陽平のサラリーマン研究所:
やっぱり政治家の「プレゼン力」はスゴい
ビジネスパーソンは投票に行くだけでなく、候補者の演説を聴きに行ってほしい。政党や政治家の方針を聞く場である一方、プレゼンテーションの技術を学ぶ場にもなるからだ。(2017/10/20)

“いま”が分かるビジネス塾:
市場を混乱させる「希望の党」の公約
10月22日投開票の解散総選挙はいよいよ後半戦に入った。与党有利と伝えられているが、選挙はフタを開けてみるまで分からない。今回の選挙では、希望の党がこれまでにない経済政策を打ち出したことで、結果によっては経済やビジネス環境が大きく変わる可能性が出てきた。選挙がどのような影響を及ぼすのか探った。(2017/10/18)

しょぼいイベントに問題も:
盛り上がらぬ「プレミアムフライデー」に曜日変更案浮上
月末の金曜日に会社の早帰りを促す「プレミアムフライデー」。回を重ねるごとに新聞やテレビで取り上げられることは少なくなり、逆にインターネットでは「誰も参加できない取り組み」と悪評ぷんぷんだ。(2017/10/17)

盛り上がらぬ「プレミアムフライデー」 しょぼいイベントに問題も
「プレミアムフライデー」2月の初回こそ大きな盛り上がりをみせ認知度も9割を突破したが、回を重ねるごとに盛り下がり、「誰も参加できない取り組み」と悪評ぷんぷんだ。(2017/10/17)

妻らから非難ごうごう:
「働き方改革」でも真っすぐ帰らない「フラリーマン」
「働き方改革」が叫ばれる中、仕事が終わっても真っすぐ家に帰らない人たちが増えているという。(2017/10/13)

まっすぐ帰らない「フラリーマン」 妻らから非難ごうごう
「働き方改革」が叫ばれるなか、仕事が終わっても真っすぐ家に帰らない人たちが増えているという。NHKが“フラリーマン”として特集するとネットでは非難の声があがった。(2017/10/13)

世界を読み解くニュース・サロン:
トランプか金正恩か、それとも……。本当に「クレイジー」なのは誰だ
相変わらず、トランプ大統領のツイートが話題になっている。北朝鮮に対して過激な発言が続いているが、その裏には何があるのか。ビジネスマンとして成功したトランプ流交渉術のひとつなのかもしれない。(2017/10/12)

草刈正雄もゆるみ顔 草刈家の完全プライベートショットに「理想の親子」の声
パパかっこよすぎるだろ……。(2017/10/6)

ニコファーレで衆議院議員選挙に向けたネット党首討論 10月7日開催 
8党の代表者が登壇。(2017/10/5)

嫌でもリフレ的政策が続く:
やめられないアベノミクス的政策、政局不透明化でも株高の理由
自民党でも希望の党でも、新政権の経済政策はアベノミクス的になる──。政局不透明化にもかかわらず株高が続いている背景には、こうした思惑がある。(2017/10/5)

前原氏との会談は25年ぶり:
小池代表、衆院選出馬はない 安倍政権と対峙
希望の党の小池百合子代表(東京都知事)と民進党の前原誠司代表が都内で会談し、衆院選での戦い方や選挙後の首相指名選挙でだれに投票するかなどを議論した。(2017/10/5)

スピン経済の歩き方:
なぜ小池百合子は「仲間」との写真撮影に「3万円」を徴収したのか
「希望の党」を立ち上げた小池百合子さんが、党公認候補予定者らとツーショットの写真撮影をして、そこで「3万円」を徴収した。「選挙資金がないからと言って、お金に汚すぎる」と思われたかもしれないが、小池さんの狙いは別のところにあるのではないか。それは……。(2017/10/3)

民進は希望との合流提案:
衆院解散、「自公」対「希望」の政権選択選挙の構図に
28日午後、衆議院が解散され、与野党は10月22日投開票の衆院選を事実上スタートさせた。(2017/9/28)

21年ぶり冒頭解散:
衆院解散 衆院選、10月10日公示─22日投開票
衆院が21年ぶりに冒頭解散。10月10日公示、22日投開票の衆院選日程を臨時閣議で正式に決定する。(2017/9/28)

PB黒字化先送り:
消費増税の使途変更に賛否、財政規律の歪みに懸念も
安倍首相は、臨時国会冒頭の28日に衆院を解散する意向を表明すると同時に、2019年10月に実施する消費増税分の使途変更を訴えた。(2017/9/26)

0.5歩先の未来を作る医療IT
遠隔診療の診療報酬増額か 普及すればこれだけある、医療機関と患者のメリット
「遠隔診療を2018年の診療報酬改定で評価する」旨の首相発言から、診療報酬増額が実現し、遠隔診療の普及を後押しするのではと期待が集まっています。この動向は医療界にどのような変化をもたらすでしょうか。(2017/9/26)

「出世払い型拠出金制度」:
自民選挙公約に教育機会均等、国立大授業料ゼロ構想も
自民党は衆院選の公約に「教育の機会均等」を盛り込む方針だ。国公立大授業料分を一律無償化し私立大の学生にも追加的に負担軽減を図るため、「出世払い型拠出金制度」を有力案として検討中。(2017/9/20)

核シェルターに熱視線 地下型、家庭型……北朝鮮の挑発で変わる意識
北朝鮮による核ミサイル攻撃の懸念が強まる中、放射性物質から身を守る「核シェルター」に注目が集まっている。(2017/9/20)

Dev Basics/Keyword:
Bing News Search API
News Search APIを使用すると、Bingを利用したニュース記事の検索をとても簡単に行える。ニュース検索機能を提供したい場合には便利に使える。(2017/9/19)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
ビジネスに効く“憲法″〜本質思考と論理思考
憲法の「改正」について考えることは、「本質そのものを追究すること」(2017/9/14)

スピン経済の歩き方:
なぜ政治家とマスコミは「ダブスタ」に陥ってしまうのか
自民党議員の不倫スキャンダルを痛烈に批判して「政治家失格」のレッテルを貼っていたマスコミが、今回は「政治家の不倫などたいした問題ではない」なんて調子で態度を豹変している。なぜこのような「ダブルスタンダード」にハマってしまうのか。(2017/9/12)

『乙嫁語り』森薫さんが外務省サイトで漫画執筆、中央アジアの料理を紹介 コラボの経緯は
森薫さんの才能が国の外交にいかんなく発揮されている、ともいえるコラボ漫画。外務省に経緯を取材しました。(2017/9/6)

日本特有の事情も:
どんな会社でも不正が起きてしまうワケ
なぜ企業における不正や不祥事は一向になくならないのだろうか。「職場がヤバい! 不正に走る普通の人たち」の著者で、数々の企業の経理業務に携わってきた前田康二郎さんに企業にはびこる不正の実態を聞いた。(2017/8/30)

北朝鮮の弾道ミサイルが襟裳岬沖の太平洋に落下 予告なしの日本上空通過は1998年のテポドン以来
今回発射されたミサイルは「火星12」と推測されている。(2017/8/29)

北朝鮮ミサイル発射でJアラート発令 不審物を見かけた際には絶対に近寄らないで
現在までに船舶や航空機の被害は確認されていません。(2017/8/29)

専門家が指摘:
「ガバナンス」がなければ企業は存続できない
企業におけるガバナンス対策と言えば、かつては「守り」の意味合いが強かった。しかし、昨今はビジネス成長の原動力となる「攻め」の手段へと、その目的が大きく変わりつつあるという。(2017/8/29)

中古携帯の動向を追う:
総務省の新ガイドラインが中古携帯業界に与える影響
実質0円の廃止や長期利用ユーザーの優遇などで大きく変動している携帯電話業界。中古業界にはどのような影響を及ぼすのでしょうか? これまでの経緯を確認しながら解説していきます。(2017/8/28)

待ったなし! 日本のコーポレートガバナンス改革:
社外取締役や相談役・顧問をどうする? 経産省がガイドライン
日本の経済成長に向けて政府が力を入れるコーポレートガバナンス改革。しかし、実際に何をすべきか分からない、どこから手をつければいいのか迷っている企業も多いだろう。そうした企業を支援するため、経済産業省はコーポレートガバナンスシステムに関するガイドラインを策定した。その狙いなどを担当者に聞いた。(2017/8/28)

「テロリストがたとえ便所に逃げ込んでも追いつめて殺す」 ロシアのプーチン大統領の半生を描いた漫画が登場
本名の「ウラジーミル・ウラジーミロヴィチ・プーチン」がタイトルです。(2017/8/25)

教育への支出拡大:
政府内で人づくり予算大幅増求める声、脱デフレも狙う
政府部内では、アベノミクスの新たな目玉政策である「人づくり革命」の推進策に積極的な予算対応をするべきだとの声が急速に浮上している。(2017/8/23)

スピン経済の歩き方:
なぜマスゴミの「ブーメラン報道」が目立ってきているのか
マスコミの「ブーメラン報道」が目立ってきている。最低賃金の問題について、中日新聞は政府が掲げる「時給1000円」を目指すべきと主張したものの、自社のデスク補助業務の学生アルバイトを「時給910円」で募集していることが判明。なぜこのような報道が起きるかというと……。(2017/8/22)

「究極エコカー」普及に壁 “本末転倒”も……
電気自動車が次世代エコカーの主流に躍り出ようとする中、二酸化炭素を排出しない「究極のエコカー」の普及には大きな壁が立ちはだかっている。(2017/8/17)

目からうろこの行政サポート活用術:
政策を知り、それを実現するための補助金を知る――IT投資を後押しするアベノミクス
日本の未来の成長のために、IT投資は欠かせない――。そんな思いがアベノミクスの成長戦略には盛り込まれている。具体的な数値目標まで掲げており、政府は何が何でも実現させる意気込みだ。そのために、助成金や補助金も用意している。これを活用しない手はない。(2017/8/17)

世界を「数字」で回してみよう(42) 働き方改革(2):
「非正規雇用」の問題は、「国家滅亡に至る病」である
ネガティブな面ばかりがフォーカスされる「非正規雇用」ですが、実際はどうなのでしょうか。今回は、「バーチャル株式会社エバタ」を作り、非正規雇用が会社にもたらす効果をシミュレーションしてみました。さらに、非正規雇用に起因する社会的問題が、なぜ看過できないものなのか、そこに存在する深い闇をまとめていきたいと思います。(2017/8/16)

山浦恒央の“くみこみ”な話(MONOist10周年特別寄稿):
組み込みソフトがこの10年で変わったこと、変わらないこと
MONOist開設10周年に合わせて、MONOistで記事を執筆していただいている方々からの特別寄稿を掲載していきます。第1弾は、間もなく連載100回を迎える「“くみこみ”な話」を執筆していただいている山浦恒央氏の寄稿です。(2017/8/9)

インタビュー:
東京都、受動喫煙防止策制定へ=小池都知事
小池都知事は、都で受動喫煙防止条例の制定に向け作業中であることを明らかにした。(2017/8/8)

今は五輪に尽力していると認識:
小池都知事は手ごわい相手=安倍首相
安倍首相は内閣改造後に支持率が低迷した場合でも解散総選挙は現時点で全く考えておらず、まず改造内閣で結果を出してからとの考えを示した。(2017/8/4)

Twitterに産経の偽号外 「安倍総理逮捕」と嘘掲載 産経は法的措置も
「安倍総理逮捕」などの見出しがついた産経新聞の偽号外の画像がTwitter上に投稿されていることが分かり、産経新聞社は「極めて悪質」とするコメントを出した。(2017/8/4)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。