ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「アクセシビリティ」最新記事一覧

関連キーワード

Apple、iPhoneバッテリー交換警告に対応したiOS 11.3を配布開始 ただし現在は第6世代iPadのみ提供
新しい9.7インチiPadでのみ提供されているiOS 11.2.5は、iPhoneユーザー待望のものだ。(2018/3/29)

Apple、障害者絵文字をUnicode Consortiumに提案
Appleは障害を持つ人々を表現する新しい絵文字をUnicode Consortiumに提案した。(2018/3/25)

ITはみ出しコラム:
「Googleマップ」をもっとバリアフリーで便利にするためにできること
「Googleマップ」の公共機関を使う経路検索で、車椅子やベビーカーで移動しやすいバリアフリーなルート検索ができるようになりました。ユーザーの投稿で、バリアフリー情報をもっと充実させることもできます。(2018/3/18)

Airbnb、宿泊先検索で21種類の「バリアフリー」フィルターを追加
Airbnbが、障害のある旅行者が宿を探しやすくするため、宿泊先検索に「段差のないバリアフリー対応」や「車いすマークの駐車場」など21項目の検索フィルターを追加した。(2018/3/16)

「Alexa、本を読んで」 Kindle本読み上げ可能に
「アレクサ、本を読んで」――Amazon.co.jpは、スマートスピーカー「Amazon Echo」シリーズの読み上げ機能に、Kindle本を読み上げる機能を追加した。(2018/2/22)

iOS版「Microsoft Office」と「OneDrive」にアプリ間ドラッグ&ドロップなどの新機能
MicrosoftがiOS版「Office」と「OneDrive」のアップデートを発表した。Officeファイルでのリアルタイム共同編集機能やコンテンツのドラッグ&ドロップでのコンテンツの貼り付けが可能になる。アップデートはローリングアウトしていく。(2018/1/31)

iPhoneの文字をとても大きくする方法
iOS 11を搭載したiPhoneやiPadの文字をとても大きくする方法を紹介。(2018/1/20)

海外医療技術トレンド(31):
デジタルヘルスと高齢化の施策で互いの将来を俯瞰するオーストラリアと日本
世界各国で進んでいるデジタルヘルス推進施策だが、日本と同じアジア太平洋地域も同様だ。電子カルテ普及率が9割を超えるオーストラリアは、日本の将来を俯瞰する上で参考になる。オーストラリアにとっても、今後の課題となる高齢化施策は日本の取り組みが参考になりそうだ。(2018/1/19)

就寝前に便利な、iPhone「スマートな反転」を使いこなす方法
明るい画面を選択的にネガポジ反転してくれる「反転(スマート)」を、1回の動作で呼び出す方法を紹介。(2018/1/13)

「iPhone X」の便利ワザ:手元にあるものを拡大して見る方法
手元にある細かい文字や模様を見たい時、ルーペ代わりにiPhone Xを使うワザをご紹介します。(2017/12/22)

「iPhone X」の便利ワザ:片手でも快適に画面上部をタッチできる方法
片手でiPhone Xを使うと、画面上部に指が届かないことがあります。しかし、ある設定を有効にすることで問題を解決できます。(2017/12/15)

「iPhone X」の便利ワザ:恋しい「ホームボタン」を“復活”させる方法
慣れ親しんできた「ホームボタン」が廃止されたiPhone X。ボタンがどうしてもほしいあなたに、その代替手段をご紹介します。(2017/12/14)

Tech TIPS:
iPhoneに仮想ホームボタンを追加する
iPhone Xには、これまでiPhoneにあったホームボタンがなくなっている。そのため、慣れないとロック解除やマルチタスクの表示が意外と面倒だ。そこで、iPhoneに仮想的なホームボタンを追加する方法を紹介する。(2017/12/6)

Airbnb、障害者支援民泊サービスAccomableと広告ツールのAdBasisを買収
民泊仲介サービスのAirbnbが、障害を持つ旅行者のための民泊仲介サービスの英Accomableと、広告比較ツールの米AdBasisを買収した。いずれのサービスもAirbnbに統合され、現行サイトは数カ月中に終了する。(2017/11/17)

iPhone Xに「ホームボタン」を追加したらすごく快適になった
画面が長くなり、ホームボタンがなくなったiPhone X。操作したくても「指が届かない」という人のための機能を使ってみよう。かなり快適だ。(2017/11/9)

iPhone Xの有機EL、「焼き付き」は大丈夫? Appleがサポートページで言及
Appleがサポートページで「iPhone X」の有機ELについて説明している。iPhone Xでは、有機ELの焼き付きを低減させる点で最高水準を目指したという。有機ELを長持ちさせるための設定についても述べている。(2017/11/6)

「iPhone X」は電源オフ、スクリーンショット、強制再起動の方法も変わる
「iPhone X」はホームボタンがなくなったことで、物理キーを使った操作方法も変更される。電源オフやスクリーンショットなどの方法を確認しておこう。(2017/11/5)

多少のデメリットを上回るメリット
米国の遠隔医療事情、使いたくなるメリットと“一抹の懸念”
遠隔地に医療サービス提供を可能にする遠隔医療(テレヘルス)のシステムは、患者が24時間いつでもオンデマンドに医療サービスにアクセスできるメリットから、さまざまな医療機関での採用が始まっている。(2017/10/18)

iOS 11を試す:
使いやすい? iOS 11の「コントロールセンター」はココが変わった
iOS 11で大きく変わったコントロールセンター。使い勝手は向上したのか? iOS 10と比較しつつチェックした。(2017/9/20)

「iOS 11」配信開始 App Storeをリニューアル、iPad向け新機能が多数
iOS 11の配信がスタートした。iPhoneは5s以降の端末が対象。主なアップデート内容をまとめた。(2017/9/20)

週末エンプラこぼれ話:
そのWebページ、“みんな”が読めますか――企業が知るべき「Webアクセシビリティ」とは?
インターネットが当たり前のインフラになった今、「誰でも同じように情報にアクセスできる」というテーマに再び注目が集まっている。その1つが「Webアクセシビリティ」だ。最近ではクラウドがその普及の後押しをしているのだという。(2017/9/8)

カードゲーム「UNO」に色覚障害者向けのバージョン 米国で発売
色が分かるように、カードに記号が添えられています。(2017/9/7)

4回目のWindows 10大型アップデート:
「Windows 10 Fall Creators Update」、2017年10月17日にリリース MRヘッドセットも同時発売
「Windows 10 Fall Creators Update」のリリース日が2017年10月17日に決まった。新しいWindows MR対応ヘッドセットも同日に発売される。(2017/9/5)

アニメ化された『ナナマルサンバツ』は『ヒカルの碁』とどこが違うのか? 業界初の「競技クイズアニメ」に見る、“普及までの距離感”
伊沢「お前もクイズ王にしてやろうか……!」(2017/8/8)

ふぉーんなハナシ:
iOS 11で改善してほしいアノ機能
2017年秋に「iOS 11」が配信されますが、その中で改善してほしい機能が。iPhoneの「簡易アクセス」です。現状は画面の上半分が表示されるだけですが……。(2017/6/28)

iPhone 7 Plusユーザーが「iPad Pro(10.5型)」に触れてアリだと思った理由
Appleの最新タブレット「iPad Pro」が発売された。最新の「A10X Fusion」チップを搭載し、ディスプレイが120Hz駆動になって操作性も向上。久しぶりにタブレットをじっくり使ったが、このiPad Pro(10.5型)はアリだと思った。(2017/6/23)

iPhoneよりも人生を変える、Apple Watch
もし突然目が見えなくなったら、手元のスマートフォンを操作できる自信はありますか?(2017/6/23)

マストドンつまみ食い日記:
iPhoneで歩きマストドンが可能に Tootdon、タイムライン音声読み上げを追加
マストドン中毒者のあなたにピッタリかも。(2017/6/7)

ビッグデータ利活用と問題解決のいま(45):
データ主導のスマートシティが、衰えた工業地帯を復活させる?
米国運輸省が実施した「スマートシティ・チャレンジ」で、全米78都市の中から選ばれたのが、さびついた工業地帯“ラストベルト”で知られるオハイオ州のコロンバス市だ。地域変革を目指すスマートシティをデータ活用の観点から見てみると……?(2017/5/24)

ユーザーの要件には「ウソ」がある?:
ミスなくモレなく見やすい「要件定義書」の書き方
システム開発プロジェクトの成否を決めるといっても過言ではない「要件定義」。連載「エンジニアのためのビジネス文書作成術」、第2回目は「要件の洗い出し方」と、Wordの機能を駆使して「要件定義書」を見やすくするテクニックを伝授します。(2017/5/15)

海外医療技術トレンド(23):
トランプ政権下で注目される米国保健医療行政のIT戦略計画
2015年7月に掲載した連載第1回では、米国のヘルスIT戦略計画を取り上げた。2016年11月からトランプ政権が発足したが、これに合わせてあらためて米国の医療業界を所管する行政サイドのIT戦略を見ていこう。(2017/3/31)

Microsoft Focus:
AIを“暴走させない”ための4つの要素
人工知能(AI)が本当の意味で身近で便利なツールになるには、人間にとって「信頼できるかどうか」がカギ。Microsoftは「信頼できるAI(Trusted AI)」を掲げ、その要素として「FATE」が重要だとする。4つの要素が含まれるという「FATE」とは?(2017/3/18)

Computer Weekly製品ガイド
ハイパーコンバージェンス:政治的、技術的革命
ITコンポーネントを単一の中央管理型プラットフォームに集約する計画を立てているITリーダーのために、そのノウハウを解説する。(2017/3/13)

高速化、生産性向上、強力なAzureおよびUWP対応:
「Visual Studio 2017」が正式リリース 「何」が新しくなったのか
マイクロソフトは、ソフトウェア開発環境の最新バージョン「Visual Studio 2017」の正式版をリリースした。具体的に「何」が新しくなったのだろうか。(2017/3/9)

大規模ブログサイト表示速度改善 大解剖(2):
No more ガタンッ――React/Redux、Atomic Design、CSS Modulesを取り入れたアメブロのフロントエンド開発の裏側
2004年から続くブログサービス「アメブロ」が2016年9月にシステムをリニューアル。本連載では、そこで取り入れた主要な技術や、その効果を紹介していく。今回は、ReactやRedux、Atomic Designなど、フロントエンドを構成する技術について。(2017/2/28)

ITで“おもてなし”はどこまで可能? 業界の垣根を越えて実証実験
訪日外国人に自ら登録してもらうパーソナルデータと交通系ICカードを連動させ、ホテル・レストラン・小売などで各人に適したサービスを提供する仕組みなどを検証する。(2017/2/2)

FM:
ワトソンが“声”で日本橋を案内、建物の「データベース化」で実現
清水建設、日本IBM、三井不動産の3社は、東京・日本橋の商業施設で音声ナビゲーションシステムの実証実験を開始する。スマートフォンとビーコン、さらにBIMモデルのような建物の空間情報データベースを活用し、一般利用者の他、車いす利用者や視覚障がい者など、ユーザーごとに最適な経路をリアルタイムに音声で案内できるシステムだ。(2017/1/27)

なんだか“サクッとつながる”なヤツを試してみよう:
思わぬ使い方も? iPhoneに最適化したLightningキーボードを試す
iPhoneやiPadの専用コネクターであるLightningに直接つないで操作できる低価格のキーボードが上海問屋から登場した。ワイヤレス接続の設定や充電が不要で手軽に使えるほか、意外なメリットもある。(2017/1/17)

Googleマップ、施設が「車椅子対応」かどうかの表示スタート
Googleマップの「場所」に、その場所が車椅子対応かどうかを表示する項目が追加された。ローカルガイドからの情報に基づくのですべての場所で表示されるわけではないが、車椅子だけでなく、ベビーカーなどの利用者にとっても役立つ情報だ。(2016/12/19)

ロック画面から写真や連絡先にアクセスされる恐れ:
「iOS 10.2」、iPhoneやiPad向けに公開 計12件の脆弱性を修正
「iOS 10.2」「watchOS 3.1.1」「tvOS 10.1」ではロック画面からのアクセスに関する脆弱性や、任意のコード実行の脆弱性などが修正された。(2016/12/13)

「iOS 10.2」公開 100以上の新絵文字やメッセージの“祝”エフェクトなど追加
Appleが「iOS 10.2」を公開した。絵文字のデザインが変わり、100以上の新絵文字が追加された。「メッセージ」で絵文字が3倍のサイズで表示されるようになり、新しいスクリーンエフェクトが追加された。(2016/12/13)

インフォアジャパン Infor EAM Cloud:
設備資産管理クラウドアプリケーションの国内提供を開始
インフォアジャパンは、設備資産管理クラウドアプリケーション「Infor EAM Cloud」の国内提供を開始した。(2016/12/13)

製造ITニュース:
設備資産管理アプリケーションのクラウド版、国内提供を開始
インフォアジャパンは、設備資産管理クラウドアプリケーション「Infor EAM Cloud」の、国内での提供を開始した。オンプレミス型の「Infor EAM」と同様の設備資産管理機能を、クラウド上からSaaS形式で提供する。(2016/12/2)

製造業IoT:
PTCがIoT基盤のポートフォリオ拡大、産業制御領域の異種環境の差を吸収
PTCジャパンは、産業オートメーションデータの活用を実現するソフトウェアの新製品「KEPServerEX Version6」を発表した。同社では、取り組みを強化しているIoT基盤「ThingWorx」に同モジュールを組み込み、スマート工場向けのソリューションとしての展開する方針だ。(2016/11/24)

Facebook、ライブ動画をリアルタイムで加工できる「Caffe2Go」発表
Facebookは、Prismaなどのアプリで知られる画像加工機能「スタイルトランスファー」をリアルタイムのストリーミング動画に適用するディープラーニングプラットフォーム「Caffe2Go」を発表した。iOSおよびAndroid版公式アプリで利用できるようにする計画だ。(2016/11/9)

シャッター音が無音になる“バグ”、iOS 10.1で修正
10月25日から配信されている「iOS 10.1」では、シャッター音が無音になるバグが修正された。アクセシビリティの設定をリセットしてもシャッター音は鳴る。(2016/10/25)

iOS 10.0.3リリース、モバイルデータ通信の不具合を修正
AppleがiOS 10.0.3の配信を開始。モバイルデータ通信の不具合を修正する。シャッター音が無音になるバグは……?(2016/10/18)

「ISO/IEC 19086-1」の入門版として:
クラウド移行/契約の意思決定を支援する「簡単チェックリスト」、マイクロソフトが公開
マイクロソフトは、クラウドへの移行を検討する顧客に向けたチェックリスト「Cloud Services Due Diligence Checklist」を公開した。(2016/10/12)

iOS 10でカメラのシャッター音が鳴らなくなる裏技? 不具合の可能性も
iOS 10を導入したiPhone 6と7 Plusで確認。(2016/9/22)

iOS 10でカメラのシャッター音がオフになる設定――バグの可能性も
iOS 10でシャッター音をオフにする方法が話題を呼んでいる。アクセシビリティのAssistiveTouchから設定を変えると、シャッターやスクリーンショットの音が鳴らなくなる。ただしiOS 10のバグの可能性が高い。(2016/9/20)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。