ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「行政」最新記事一覧

質問!行政→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で行政関連の質問をチェック

機械学習で複雑怪奇なネットワークに立ち向かえ
「ネットワーク監視分析アプライアンス」はネットワーク管理の救世主となるか
規模が巨大になりアクセスユーザーが膨大になると、そのネットワーク管理は人知を超えた次元に突入する。グローバル企業や行政機関では既に現実となったこの問題を解決するニッチな製品を検証する。(2016/8/17)

関西一丸となって「+d」を推進、dポイントの加盟店開拓にも注力――NTTドコモに聞く関西戦略
ドコモは、「+d」という戦略を掲げ、幅広い会社や行政とのコラボレーションを進めている。中でも関西地区は本社を構える会社が多く、+dにとっては重要な地域の1つといえる。ドコモの関西支社で+dを推進する法人営業部長、関根聡氏に戦略を聞いた。(2016/8/4)

渋谷区、LINEを行政サービスに活用 区役所窓口の混雑状況など配信へ
LINEと東京都渋谷区が、アプリ「LINE」を行政サービスに活用する協定を締結。妊婦検診の案内、区役所窓口の混雑状況などを配信予定という。(2016/8/3)

LINEが地方自治体と初の協定結ぶ 渋谷区の行政サービスをLINEで支援、「妊婦に出産予定日を通知」など
その名も「シブヤ・ソーシャル・アクション・パートナー協定」。(2016/8/3)

電気自動車:
充電10分でディーゼル車並の性能、2階建てバスをEV化
東芝など4社はNEDOプロジェクトで電動化が難しいとされていた2階建てバスのEV化に取り組む。開発したEVバスはマレーシアの行政首都であるプトラジャヤ市で実証走行を行う計画だ。同プロジェクトをショーケース化し、日本の技術を活用した省エネな都市交通パッケージ事業の広域展開を目指す。(2016/6/7)

子供の脱スマホ依存で“強権発動” 兵庫県が全県民に義務、全国初条例の是非
兵庫県はすべての県民を対象に、子供ネットを利用する際のルール作りの支援を義務付ける条例改正案を提案。「親のしつけ」ともいえる領域に行政が条例で踏み込むことには賛否両論があるようだ。(2016/3/11)

考えるよりまずは動くこと:
社員40人の企業が3日でマイナンバー対応準備を済ませるまで
2016年1月から各種の行政手続きで必要になる「マイナンバー」。対応が急務となっているが、まだ対応できていないという企業も少なくない。今回、短期間でマイナンバーへの対応準備を済ませた企業の事例から「会社がすべきこと」「期間」「費用」を具体的に見てみよう。(2016/3/1)

半径300メートルのIT:
使うのは年1回程度、でも“絶対間違えられない”パスワードの覚え方
行政系カードのID、パスワードは強固な設定を求められますが、たまにしか使わないため忘れがち。おまけに誤入力でロックされると解除手続きが面倒で大変なことになります。そんなパスワードの管理、どうすればいいの?(2016/2/23)

眼鏡の町・鯖江市とデルが協業 行政と市民コミュニティーの連携にWeb会議活用 「ITを眼鏡に続く産業に」
オープンデータ施策など積極的なIT戦略で知られる鯖江市がデルとの協業を発表。市内4拠点に最新IT機器を導入し、行政や市民コミュニティーの連携に活用する。(2016/2/17)

クラウド会計サービスが電子帳簿保存法に対応
経理部の紙のやりとりがなくなる? 中小企業向けスキャナー保存制度のはじめかた
中堅・中小企業向けクラウド会計サービス各社は、スキャナー保存制度に対応した機能を組み込んだアップデートを提供している。スキャナー保存制度を開始するための行政手続をベンダーが支援するケースもある。(2016/2/9)

「どんな性別でも使えるトイレマーク」が決定! 香川県の団体が最優秀賞2点を発表
マークはステッカーにして行政や企業に提案していく。(2015/12/27)

「minne」はオールジャンルのハンドメイドマーケットを目指す 食品・化粧品などジャンル拡大 神戸市やパルコとも連携
ハンドメイドマーケット「minne」が行政・他業種との連携を発表。ECだけでなく対面販売の場を広げ、ハンドメイド作品自体の認知拡大に取り組む。食品や化粧品などにもジャンルを広げ、「オールジャンル」を目指す。(2015/10/22)

「救命の連鎖を補完したい」:
ドローンで命を救うプロジェクトが日本で始まる
2015年9月、医療や行政、ドローンなど各分野のプロフェッショナルが集まり、救命の連鎖をテクノロジーによって補完するプロジェクト「Project Hecatoncheir」が日本で始まった。(2015/9/25)

スマートシティ:
奈良県北西部の町が一大“実験都市”へ、小水力発電や空調自動制御システムなど
奈良県葛城市とリコージャパンは、葛城市民の生活の質の向上と地方創生に向けた連携協力に関する協定を締結。今後は「葛城市ラボラトリー・シティ構想」のもと、葛城市の行政に関する「コスト削減」に向けた業務改善や実証実験を行う。(2015/9/16)

事業者や地方公共団体へのガイドを無償提供:
マイナンバーをきっかけにセキュリティ対策の見直しを――シマンテックが特別サイト公開
 マイナンバーだけではなく、長期的な対策を――。シマンテックは「シマンテックマイナンバーサイト」を公開し、同社が提供するソリューションの紹介とともに、事業者や行政機関、地方公共団体に向けてのガイドを無償提供する。(2015/9/10)

「1」「1」「0」を入力して通話すると通信制限が解除され通信速度が速くなるとデマ拡散 行政が注意呼びかけ
110番は警察です。(2015/8/25)

電気自動車:
日本の蓄電池技術を世界展開、東芝などがマレーシアでEVバスの導入実証
マレーシアでNEDOプロジェクトによるEVバスの導入実証事業が始まる。東芝、ピューズ、ハセテック、オリエンタルコンサルタンツグローバルなどが現地企業と協力し、2015年度から2年間同国の行政首都であるプトラジャヤ市でEVバスの運行を行う。今回の実証事業をショーケース化することで、日本のEV関連技術の国際展開を目指す方針だ。(2015/7/28)

「Tableau」でダッシュボード構築
「市長ホットライン」の電話も分析、BI活用するボストン市の取り組みを見る
ボストン市では、市の運営にデータ分析の手法を取り入れ、行政サービスの改善に取り組んでいる。2014年から現職を務めるウォルシュ市長を中心に進むこのプロジェクトでは、どのような成果が生まれているのだろうか。(2015/7/3)

SIM通:
通信速度表記が変わる?総務省の狙いとユーザメリットは
現在、理論上の最大通信速度を表記している各キャリア。通信行政を担当する総務省では、実効通信速度を表示することを求めるガイドラインを制定しようとしています。その狙いと、私たちにもたらされるメリットを見ていきましょう。(2015/6/26)

ビッグデータ利活用と問題解決のいま:
米国FTCにみるビッグデータのルールづくりと課題とは?
日本のビッグデータ論議でよく引き合いに出されるのが米国の行政機関の連邦取引委員会(FTC)だ。一方で技術標準化を推進するNISTとは、ビッグデータに関するルールづくりにどんな違いがあるのだろうか。(2015/5/26)

クラウド会計ソフト「freee」、日本初「e-Gov API」活用 労働保険更新が可能に
クラウド会計ソフト「freee」の新機能として、労働保険の更新が可能になる。APIを利用し、クラウドサービス上で行政手続きが完結する。(2015/4/21)

「聞き取りにくい」にサヨウナラ、防災行政無線をテレビで聞く実証実験がスタート
東京ケーブルネットワークとメディアキャストは4月13日、CATVのインフラを利用して防災行政無線をテレビで“聞く”実証実験を開始した。東京都荒川区、千代田区、文京区の協力を得た。(2015/4/13)

活力と交流のまちづくり:
PR:お茶の間のテレビと自治体がつながる! 京都府和束町が構築した行政情報配信システムとは?
京都府和束町は、2014年11月に「茶源郷行政情報配信システム(和束町チャンネル)」を本格的にスタートさせた。NTT西日本は和束町と「情報化に関する協定」を結び、グループ一丸となって和束町をサポートしている。活力あふれるまちづくりを推進する和束町と、先進的なICTソリューションを通じて社会に貢献するNTT西日本の取り組みを取材した。(2015/3/25)

直前に慌てないための「マイナンバー制度」入門【第1回】
企業の対応方法は? 「マイナンバー制度」のここが大変
マイナンバー制度(社会保障・税番号制度)が開始される2016年1月まで残り1年。行政機関の業務効率化が期待できるものの、企業にとっては対応の負荷が心配だ。マイナンバー制度の概要と対応への課題を解説する。(2014/12/25)

ITIL準拠で高品質な運用業務を実現
自治体向けクラウドの強みにマッチしたサービスデスクツールとは?
自治体行政システムのクラウド化が急速に進んでいる。富士電機の「行政クラウド・モール」は代表的なサービスの1つだ。その高品質なITサービスマネジメントを支えているのがサービスデスクツールの存在だ。(2014/11/27)

サイボウズ 青野慶久氏×福岡市 合野弘一氏:
地方都市で新しい企業が生まれるにはどうしたら?――福岡市の試み
9月の内閣改造で地方創生担当大臣が新設され、いま再び「地方」が注目されている。地方行政がさまざまな形で地域経済の活性化に取り組んでいる中で、福岡市がユニークな試みを始めている。それは……。(2014/10/15)

製造IT導入事例:
約3万種の化学物質を一元管理する化学物質管理システムを構築――富士ゼロックス
従来は拠点ごとに都度、確認していた報告対象化学物質の有無・在庫量を本社で一元管理。これにより、行政への報告が必要な際や、各国・地域の法規制、規制物質の追加にも迅速に対応できる。(2014/10/10)

佐賀県庁、テレワークシステムを全庁展開
佐賀県庁では行政サービスの向上と職員のワークライフバランス向上を目的に、全職員約4000人を対象としたテレワークシステムを構築した。(2014/10/1)

香港のデモをドローンで空撮した映像 中心部の幹線道路、歩道橋に参加者がみっしり
香港行政長官選挙制度をめぐる民主派や学生らのデモの様子を、ドローンで俯瞰的に捉えたもの。すごい人……。(2014/10/1)

お堅い行政会議もタブレットで変わった――議事録に代わる新手法「グラフィックレコーディング」とは
シンプルで堅いイメージが付きまとう「議事録」だが、最近ではテクノロジの進化に後押しされて新たな手法が注目を集めている。内閣官房による行政会議でも使われた「グラフィックレコーディング」の可能性を探った。(2014/9/30)

松岡功の時事日想:
ICTの新たな潮流か──企業や行政機関が「フューチャーセンター」を推進、なぜ?
企業や行政機関で「フューチャーセンター」と呼ぶ施設を設ける動きが活発化している。取り組むのは「オープンイノベーション」だ。この2つの言葉はこれから注目のキーワード。国内最大級のフューチャーセンターを運営する富士通エフサスの今井社長にその狙いを聞いた。(2014/9/24)

マイナンバー・企業の対応と注意点:
「マイナンバー」への対応で実施すべき5つのポイント
2015年10月から始まる「番号制度(マイナンバー)」では行政や民間企業にさまざまな対応が求められます。今回は行政機関・自治体等と民間企業がそれぞれに実施すべきポイントを解説します。(2014/9/17)

「普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。」の舞台・流川市が千葉県流山市と業務提携
架空の行政課と、実在する商工課がコラボ。流川と流山、たしかに似ている……。(2014/9/12)

駐車場と情報と販促活動を結ぶと何が起こる?
思いもよらないモノとモノがつながる “コネクテッドシティ”とは?
あらゆるモノがつながる「IoE」の世界では、都市や行政機関の仕組みが大きく変わる。地方自治体や教育機関などの最新事例から、さまざまな先進的な取り組みを紹介する。(2014/8/1)

YRPユビキタス・ネットワーク研究所とマイクロソフト、オープンデータを蓄積・活用する基盤開発で提携
坂村健教授が率いるYRP UNLとマイクロソフトが提携し、行政や公共交通機関のオープンデータを蓄積・活用するプラットフォーム開発を進める。(2014/7/7)

品川区も協力:
品川区で防災行政無線や生活情報を家庭のテレビに配信する実験がスタート
南東京ケーブルテレビ、イッツ・コミュニケーションズ、Cueformの3社は、品川区防災行政無線などの情報を、自宅テレビに自動配信する『テレビ向けプッシュ型生活情報配信サービス』の実験を7月3日から開始する。 (2014/7/2)

「Yahoo!トラベル」の別荘レンタル、開始1カ月で休止 「法解釈で行政側と相違」
軽井沢の高級別荘に1泊から宿泊できる「Yahoo!トラベル 軽井沢の別荘特集」が開始から1カ月で休止していた。「旅館業法の解釈について行政側と見解の相違があったため」という。(2014/6/30)

「偽善は言えない」と雄山 「美味しんぼ 福島の真実編」完結 賛否載せた特集記事、Webでも公開
「美味しんぼ」の「福島の真実編」で、主人公たちが原因不明の鼻血に悩まされる描写があった問題で、最新号に「福島の真実編」最終話と、識者や行政からの意見を掲載した特集記事が掲載された。(2014/5/19)

藤田正美の時事日想:
混迷極まるウクライナ、「欧米VS. ロシア」の代理戦争は起こるのか
クリミアから始まった独立活動は、ウクライナ東部の州を巻き込み始めた。民兵による行政庁舎の占拠は、一体何を意味するのか。そして今後、ウクライナ危機がどう展開するか藤田氏が解説する。(2014/4/16)

画像共有ソーシャルメディア:
Pinterest、食とファッションに注力したネットコミュニティサイト推進
言葉ではなく、画像の共有で仲間とネットコミュニティを図るPinterest。「日本の食文化」と「ファッション」の2つに注力し、行政/企業とコラボレーションしていくと発表した。(2014/4/8)

Windows Azure、Windowsタブレットによる実証研究も実施
生まれる前からライフログ管理――タブレット活用の電子母子健康手帳が医療を変える
妊婦・新生児の死亡率が最も低いといわれる日本。要因の1つに保護者や医療機関、行政などで情報を共有できる「母子健康手帳」の存在がある。母子健康手帳を電子化し、タブレットで活用する取り組みが始まっている。(2014/2/18)

IT部長さんのための技術トレンド【第3回】
1回で分かる:知識創発の機会を生む、オープンデータとは何か?
2012年7月に電子行政オープンデータ戦略が策定されて以来、にわかに盛り上がりを見せているオープンデータ。オープンデータとは何をもたらすものなのか。「Open Definition」の定義にならい、オープンデータの本質を導き出す。(2013/12/11)

時給125円で解雇も自由 新自由主義の行き着く先
書籍『顔のない独裁者 「自由革命」「新自由主義」との戦い』は自由化とグローバリズムの波が行政や防衛、教育にまで及んだ日本を舞台とするSF小説。単なるフィクションにとどまらないそのあらすじを紹介します。(2013/11/19)

「行政事業レビュー」を再検証 2日目ライブ配信
各府省が自らの事業に無駄がなかったかを検証する「行政事業レビュー」の結果について有識者を交えて公開検証する。そのもようをライブ配信する。配信は11月14日14時5分〜。(2013/11/8)

「行政事業レビュー」を再検証 1日目ライブ配信
各府省が自らの事業に無駄がなかったかを検証する「行政事業レビュー」の結果について有識者を交えて公開検証する。そのもようをライブ配信する。配信は11月13日13時0分〜。(2013/11/8)

「行政事業レビュー」を再検証 3日目ライブ配信
各府省が自らの事業に無駄がなかったかを検証する「行政事業レビュー」の結果について有識者を交えて公開検証する。そのもようをライブ配信する。配信は11月15日14時5分〜。(2013/11/8)

ITエンジニアのためのデータサイエンティスト養成講座(特別編):
学習塾を運営するのに最適なのはどこ? オープンデータを活用して実践的なスキルを身に付ける
政府や行政が主導して国内でも環境が整いつつあるオープンデータの活用。今回は特別編として、オープンデータを活用した実践的な分析を展開します。(2013/10/2)

これからの働き方、新時代のリーダー(後編):
街の“資源”を使って何が生まれたのか? まずは「そば」、そして
大阪の北東に位置する「交野市(かたのし)」をご存じだろうか。人口約7万人のいわゆるベッドタウンだが、ここで行政と市民がタッグを組み、これまでにない試みに挑戦している。それは……。(2013/9/20)

NSA長官がハッカーカンファレンスで講演
市販製品を利用? 米国政府のネット情報収集手法が判明
Black Hat基調講演に登場したNSAのアレクサンダー長官は、NSAの活動は議会、行政、裁判所の厳格な監視下にあると力説。情報収集の概要を明らかにした。(2013/8/19)

石川温のスマホ業界新聞:
孫社長が「UQへの2.5GHz割り当て」に猛抗議――「泣き寝入りはしない。行政訴訟で断固戦う」
7月26日の電波監理審議会で、2.5GHz帯の新たな周波数をUQに割り当てるとの答申が出たが、これに異を唱えたのが、ソフトバンクの孫社長と宮川潤一CTO。総務省の廊下で行われた囲み取材で、2人の「恨み節」を聞くことができた。(2013/8/2)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。