ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  A

  • 関連の記事

「AMD Turbo CORE Technology」最新記事一覧

関連キーワード

Radeon R9 285も取り急ぎテスト:
TDP125ワットと95ワットでなにか変わるの?「FX-8370」「FX-8370e」でチェックする
AMDがFXシリーズに新モデルを追加した。久々のデスクトップ版新モデルは、価格と性能と消費電力で買いやすく、そして、使いやすくなったのだろうか。(2014/9/2)

Computer Weekly製品導入ガイド
データセンター建設プロジェクト事例に見る電力効率化のポイント
英ミルトン・キーンズのデータセンター建設プロジェクトやアイスランドのデータセンターから、電力の効率化とコスト削減のポイントを探る。(2014/7/30)

自作コンテストも開催:
AMD、デスクトップPC向けハイエンドCPU「AMD FX-9370」を販売開始
「FX-9370」は10月4日発売。2万5980円。(2013/10/3)

AMD、組み込み向けSoC「AMD G」シリーズを拡充
AMDは「AMD G」シリーズにTDP 6ワットの「GX-210JA」を追加し、出荷を開始した。(2013/7/31)

5GHz動作&最強デュアルGPUを搭載:
AMDプラットフォームの最強ゲーミングモデル「MASTERPIECE a1500BA1」が登場
ゲーミングPCブランド「G-Tune」に、AMD製ハイエンドCPU「FX-9590」とデュアルGPU「Radeon HD 8990」を採用した超ハイエンドモデルが加わった。44万9800円。(2013/7/16)

AMD、サーバ市場向け戦略とロードマップを公開
AMDはエンタープライズおよびデータセンターサーバ戦略とOpteronのロードマップを発表した。「Berlin」「Seattle」「Warsaw」(いずれも開発コード名)を2014年より出荷する。(2013/6/19)

AMD、最大5GHz動作の「AMD FX-9590」など2モデルを発表
AMDは、FXシリーズのラインアップに「FX-9590」と「FX-9370」を追加。FX-9590はTurbo CORE時の最大5GHzで動作する。(2013/6/12)

コスパ重視なら:
「Richland」はリッチなパフォーマンスを見せてくれるのか
“Haswell”解禁でPC業界が慌ただしい中、AMDも第3世代デスクトップPC向けAPU「Richland」を投入。早速ベンチマークテストで性能を検証するぞ!!(2013/6/6)

新世代APUでIntelとの差を詰めるAMD:
プレイステーション 4にも搭載される「Jaguar」コアって何だ?
AMDの第2世代省電力APU、“Temash”と“Kabini”のアーキテクチャを分かりやすく解説。(2013/5/29)

AMD、デスクトップ向けAPU「A4-4000」を発表
AMDは、Socket FM2に対応するデスクトップ向けAPUに「A4-4000」を追加。5月20日より発売する。(2013/5/13)

AMD、8コアでTDP 95ワットの「FX-8300」
日本AMDは、“Vishera”世代のFXシリーズでTDPが100ワットをきる「FX-8300」を12月29日から出荷することを明らかにした。予約受付も12月27日から開始する。(2012/12/26)

AMD、サーバ向けCPU「Opteron 6300」シリーズを発表
Piledriverコアを採用した「Opteron 6300」シリーズは、「Opteron 6200」との比較で24%性能を向上。ワット当たりの性能も大幅にアップした。(2012/11/5)

イマドキのイタモノ:
2万円を切る8コアな“Piledriver”の破壊力を「FX-8350 」で知る!
AM3+プラットフォームに新たなCPUが登場。「Bulldozer」から「Piledriver」に進化したFXシリーズの最上位モデルで性能をチェックする。(2012/10/23)

イマドキのイタモノ:
これがPiledriverの威力だ!(いろんな意味で)──TrinityのCPUパワーを試す
待って待って、ついにというようやくというか、自作PCユーザー向け“Trinity”が“正式”に登場する。BulldozerベースのCPUコアは、どんな実力を発揮する?(2012/10/2)

イマドキのイタモノ:
ついにというかようやくというか──デスクトップPC向けTrinityのグラフィックス性能をチェックする
待って待って、依然として待ったままの自作PCユーザー向け“Trinity”。もう少し待ってもらうけれど、3D性能を試してみてもいいよ、ということになったらしい。(2012/9/27)

イマドキのイタモノ:
「Bulldozer“改”!」というPiledriverを導入した「Trinity」の実力を試す
AMDは、第2世代のFusion APU「Trinity」が発表した。ノートPCモデルから登場するPiledriver導入のAシリーズは、Sabine世代からどれだけ“腕”を上げたのか?(2012/5/15)

Trinity=Bulldozer+Northern Islands:
大解説! Triniryに搭載した“Piledriver”と新技術
AMDが第2世代Fusion APU Aシリーズ“Trinity”を発表した。ノートPC向けモデルが先行となるが、そこに導入した新技術と“デスクトップPC向け”の動向を探る。(2012/5/15)

Aシリーズで“TDP 17ワット”が登場:
AMD、“Triniry”世代のFusion APU Aシリーズ発表
AMDは、Fusion APUのAシリーズで第2世代となる新モデルを発表した。開発コード名「Trinity」と呼ばれていたコアで、ノートPC向けの5モデルが登場する。(2012/5/15)

AMD、デスクトップ向け6コア上位CPU「FX-6200」の販売を開始――3月30日
日本AMDは、Bulldozerアーキテクチャを採用する6コアCPU「FX-6200」の販売を開始する。(2012/3/27)

古田雄介のアキバPickUp!:
定格4GHz超えのCPUや“ロクハチ”など、大物パーツが続々登場
先週はアキバ全体が盛り上がる大物新製品が多数登場した。標準4.2GHz動作の「FX-4170」に、早速大ヒット中の「GeForce GTX 680」カードがいまのアキバにはある。(2012/3/26)

AMD、デスクトップ向け4コアCPU「FX-4170」の販売を開始
日本AMDは、デスクトップ向けとなる4コアCPU「FX-4170」の販売開始を発表した。(2012/3/23)

イマドキのイタモノ:
さすがカン&クリ! ブッ飛んでるね!──「GeForce GTX 680」で“Keplerの主張”を確かめる
NVIDIAが「Kepler」を採用した「GeForce GTX 680」を発表。「新世代アーキテクチャは、性能2倍で消費電力控えめ」というNVIDIAの主張は本当なのか?(2012/3/22)

AMD、国内初の65ワット版APU「A8-3820」の販売を開始
AMDは、国内販売初の65ワット版モデルとなるデスクトップ向けAPU「A8-3820」の販売を開始した。(2012/3/9)

PR:若者よ! IdeaPad Z575で新ステージのトップを目指せ!
ビジネスの現場では、PCの性能が君の成績を左右する。必要なのは高性能なPCだ。え、高くて買えない? そういう君のために「IdeaPad Z575」があるんだな。(2012/3/7)

イマドキのイタモノ:
「Radeon HD 7970」で“Graphics Core Next”の実力と消費電力を探る
バッド、いや、グッドなタイミングで“Tahiti”がやってきた! 新世代GPUに期待は高まる。ならば! 花よりだんご! ケーキよりベンチマークテストだ(涙目)!(2011/12/23)

まさか、このタイミングででてくるとは:
大解説! 28ナノプロセスルール採用の新世代GPU「Radeon HD 7970」
AMDが“Southern Islands”と呼んで開発を進めてきた新世代GPUの最上位モデル“Tahiti”を発表した。その詳細をオースティンであった説明会から紹介する。(2011/12/22)

AMD、オーバークロック対応モデルを含めた“Llano Refresh”発表
AMDは、12月20日にFusion APUのデスクトップPC、ノートPC向けモデル“Llano”A Series”の新モデルを発表した。(2011/12/20)

高密度と優れたコストパフォーマンス:
PR:最大16コアのAMD Opteron 6200シリーズを搭載したデルの最新のサーバが登場
AMD Opteronプロセッサを搭載するデルの「PowerEdge」サーバの新モデルが発表された。新CPUの特長を最大限に生かしたPowerEdgeサーバは、ユーザーに優れたパフォーマンスとコストメリットを提供するという。日本AMDとデルの担当者がその魅力に迫る。(2011/12/12)

5分で分かった気になるアキバ事情:
ハイエンド志向を刺激しまくった11月のアキバ
AMD FXシリーズの8コアモデルやバトルフィールド3パッケージモデルなど、10月の延長線をいくトレンドが多かったが、Sandy Bridge-Eがその上のいくインパクトを残した。(2011/11/30)

エイサー、AMD C-60採用のWindows 7タブレット「ICONIA TAB W500S」
「ICONIA TAB W500S」はAMD APUを採用したWindows 7搭載の10.1型タブレットPC。モデルチェンジに伴い、APUをC-50からC-60に強化した。(2011/11/16)

古田雄介のアキバPickUp!:
「久々の瞬殺っすね」――8コアのAMD FXがようやくデビュー!
AMDの新ハイエンドCPU「FX-8150」が、発売日の昼には入手困難になるほどの反響をともなって登場。HDDショックは継続中ながら、バトルフィールド3の販売も始まり、自作市場はにわかに活気づいている。(2011/11/7)

イマドキのイタモノ:
意外といけそう?──6コアと4コアな“Zambezi”を試す
AMD FXシリーズ最上位の“8コア”なFX-8150を検証したが、最上位モデルに先んじて出荷された6コアと4コアのモデル。その性能はわれらの期待に応えるものなのか。(2011/10/27)

水冷付きで3万円超え!:
AMD、“Zambezi”ことAMD FXシリーズを投入
AMDは、10月12日にBulldozerアーキテクチャを採用したデスクトップPC向けCPU「AMD FX」シリーズを発表した。出荷は10月下旬の予定だ。(2011/10/12)

イマドキのイタモノ:
Bulldozerは気難しい──AMDの新CPUアーキテクチャ“Zambezi”を試す
Bulldozer世代のCPU「AMD FXシリーズ」が登場した。新しいアーキテクチャはどんなパフォーマンスを秘めているのか最上位モデル「FX-8150」で確かめてみた。(2011/10/12)

G-Tune、8コアCPU「AMD FX-8150」搭載ゲーミングPC
マウスコンピューターは、AMDの8コアCPU搭載ゲーミングデスクトップPC「NEXTGEAR a500BA1」を2011年10月末に発売する。(2011/10/12)

イマドキのイタモノ:
3コアのFusion APUってどうなのさ? 「A6-3500」で確かめる
Fusion APUのAシリーズにトリプルコアモデルが登場した。コストパフォーマンスを高めるための3つのコアの“立ち位置”をAシリーズで比較する。(2011/9/22)

AMD、Fusion APUトリプルコア「A6-3500」を日本でも
AMDは、9月9日にデスクトップPC向けLlano/Lynxシリーズ「A6-3500」の日本向け出荷を開始した。また、CPU購入者対象のキャンペーンも始まる。(2011/9/9)

正式発表はきょうでした。:
AMD、“Zacate”“Ontario”上位モデルを追加
Fusion APUの「Eシリーズ」「Cシリーズ」に新モデルが登場した。DDR3-1333、HDMI 1.4a対応のほか、グラフィックスコアで自動オーバークロック機能を導入した。(2011/8/22)

“Sabine”のコストパフォーマンスは?:
もはや“3万9900円のノートPC”でもここまで使える時代――「HP Pavilion g6-1100AU」に驚く
ついこの前までNetbookでワイワイ騒いでいたかと思ったが、気が付けば、もっと“使える”ノートPCまで驚くほど安くなっていた。その代表格ともいえる1台をレビューする。(2011/8/2)

イマドキのイタモノ:
「A6-3650」と「Core i3-2100T」を比べてしまった
当面、自作PCユーザーが遊べるデスクトップ版Llanoは「A8-3850」「A6-3650」のみ。で、A6シリーズのLlano/Lynxはどこまで走ることができるのか?(2011/7/6)

イマドキのイタモノ:
自作PCユーザーが使える“デスクトップ版Llano”はどこまで遊べる?
Zacate、Ontario、SabineとノートPC向けが先行したAMDのFusion APU。ようやく自作PCユーザーが使えるLlanoがやってきた。待たされただけのことはあったのかなかったのか!(2011/6/30)

ようやく自作PCユーザーもLlanoで遊べます:
AMD、デスクトップPC向けLlano「Aシリーズ」
AMDは、6月30日にAMD Fusion APUのデスクトップPC向けメインストリームモデル「A8」「A6」シリーズを発表した。(2011/6/30)

5分で分かった気になるアキバ事情:
AMDとHDDが“次のステージ”を予感させた6月のアキバ
最大容量の3TバイトHDDが1万円割れした6月、AMD陣営は「AMD 990」マザーを投入し、「A75」マザーを発表した。自作PCの選択肢が1つ先の時間軸に移るような動きがいくつかあり、今後のトレンドを予感させている。(2011/6/30)

古田雄介のアキバPickUp!:
「当たりつきCPU、面白いのに」――6コア化できるかもしれないPhenom II X4が登場
BIOSの設定を軽くいじると6コア化できる可能性を持つ4コアCPUがAMDから登場した。面白い仕掛けに注目が集まるが、元来の6コアCPUの大々的な割引キャンペーンも同時に始まっている。AMDはどちらを買ってもらいたいの?(2011/6/27)

6ひく2は4になるという:
AMD、「Phenom II X4 960T Black Edition」
日本AMDは、6月23日にPhenom II X4シリーズの新モデル「Phenom II X4 960T Black Edition」を発表した。実売予想価格は1万2980円前後の見込みだ。(2011/6/23)

イマドキのイタモノ:
ようやく「Llano」登場──“Sabine”ノートで実力をチェック
メインストリーム向けFusion APU“Llano”と、ノートPC向けプラットフォーム「Sabine」が登場。クアッドコアAPUが発揮する性能を検証する。(2011/6/14)

実売6万円:
エイサー、ハイエンドデスクトップに「Phenom II X6 1035T」搭載モデルを追加
日本エイサーは、AMDの6コアCPU「Phenom II X6 1035T」を採用したハイエンドデスクトップPC「AM5400-H64D」を発表した。(2011/4/12)

イマドキのイタモノ:
ベンチマークテストで振り返る2010年のCPU
2010年の“イマイタ”レビューに登場したのは、CPU8モデル。その性能と仕様の進化と傾向をベンチマークテストのグラフで振り返る。(2010/12/28)

AMD、6コアとデュアルコアのPhenom IIで最上位モデル
AMDは、6コア搭載の新モデル「Phenom II X6 1100T Black Edition」とデュアルコアの新モデル「Phenom II X2 565 Black Edorion」を発表した。(2010/12/7)

イマドキのイタモノ:
ハイエンドはPhenom II X6におまかせ!──「Phenom II X6 1100T Black Edition」で最高のAMDを試す
BulldozerやBobcatが見えてきた2010年の暮れ。AMDはPhenom II X6 1100T Black Editionを投入した。最高クロックの6コアパワーは2011年に通用するのか。(2010/12/7)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。