ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  C

「CIA」最新記事一覧

Central Intelligence Agency:米中央情報局

FBI、ヒラリー・クリントン氏の私用メール問題で訴追求めず
米大統領の民主党候補指名がほぼ確実になっているヒラリー・クリントン氏の国務長官時代の私用メール問題について、米連邦捜査局(FBI)が「訴追に当たらず」との判断を発表した。(2016/7/6)

工場用イーサネット入門(5):
工場のネットワークセキュリティ対策とは?
インダストリー4.0や工場向けIoTなどに注目が集まっていますが、そもそも工場内のネットワーク環境は、どのように構築すべきなのでしょうか。本連載では、産業用イーサネットの導入に当たり、その基礎から設備設計の留意点などを含めて解説していきます。第5回では、工場のネットワークセキュリティ対策について解説します。(2016/6/30)

ムー編集長や矢追純一も! 「X-ファイル2016」リリース記念イベントにオカルト界の大物集結!
ムーの三上編集長や矢追純一さんも登場!(2016/6/14)

約20万人が使うプライベートクラウド基盤を構築した東芝さまに聞きました:
PR:日本の社会インフラを支えるシステムに、SPARC/SolarisやOracle Databaseがどう貢献しているのですか?
SPARC/Solarisの“新発見”を紹介する「SPARC/Solaris World」。今回は、サン・マイクロシステムズの創成期からSPARC/Solarisを扱っていただき、高性能と高い信頼性・可用性・拡張性を実現するサーバーとして「UX7000」シリーズでブランド展開されている東芝さまを訪問しました。道路交通やエネルギーなどの社会インフラを支えるシステムを提供してきた東芝さまでは、どのようにSPARC/Solarisを活用し、どのような点がSPARC/Solarisの価値であると考えておられるのでしょうか。(2016/6/14)

特選プレミアムコンテンツガイド
「プライバシーを大切にしない会社」は就活生から見捨てられる?
今どきの高校生は、利便性よりも何よりもプライバシーを優先するという。企業のIT部門は、こうした若者が自社の戦力になるときに備えて、プライバシーについてあらためて考える必要がある。(2016/5/13)

ウサマ・ビンラディン暗殺から5年 米CIAが「あの日」の作戦をTwitterで振り返る
まるで5年越しの実況中継。(2016/5/3)

スノーデン氏、「Twitterのチートモードは日本語」と日本語でツイート
米連邦政府の極秘情報を暴露したエドワード・スノーデン氏が「Twitterのチートモードは日本語」と日本語でツイート。少ない文字数で伝達できる情報の多さに驚いているようだ。(2016/4/8)

セキュリティのアレ(17):
人や社会の“脆弱性”を突く「ソーシャルエンジニアリング」から身を守るためには
セキュリティ専門家が時事ネタを語る本連載。第17回のテーマは「ソーシャルエンジニアリング」です。“なりすまし電話”や“ゴミあさり”など、何でもありなこの攻撃から身を守るすべはあるのでしょうか?(2016/3/18)

「1999年が近づいてきてヤバいと思った」 伝説の漫画「MMR」を作った男たち タナカ・イケダ・トマル隊員インタビュー(後編)
まさかの「復活予告」も!(2016/3/11)

いまさら聞けないISMS:
第2回 ISMSの進め方(準備・計画〜実施編)
ISMS認証について、2013年の改訂内容を踏まえた流れを解説していきます。今回は取得までの流れの前半にあたる方針や体制の準備から対応実施について紹介します。(2016/3/11)

世界を読み解くニュース・サロン:
アップルが「iPhoneロック解除」に応じることができない理由
米国で「iPhoneロック解除」をめぐって大きな論争が起きている。騒動を詳しく見ていくと、この問題は米国だけのものでなく、私たちの生活にも影響を及ぼすかもしれないことが分かってきた。(2016/2/24)

劇場版「名探偵コナン純黒の悪夢」のゲスト声優に天海祐希さん! 黒ずくめの組織の一員・謎の女性役
コナンとの“同級生”共演に「20年のキャリアを賭けて挑む」。(2016/2/9)

「Xファイル」のモルダー捜査官大歓喜案件きた! 米CIAがUFOや地球外生命体に関する報告書の秘密区分を解く
超常現象に懐疑的なスカリー捜査官の反応にも期待。(2016/2/1)

世界を読み解くニュース・サロン:
ハーバード大から学ぶ、15歳になったWikipediaとの付き合い方
2016年1月15日、「Wikipedia」が“誕生日”を迎えた。情報の正確性がずっと議論されているが、同サイトを世界はどう見ているのか。(2016/1/21)

この1枚にもたくさんの謎が隠されているんです? 「名探偵コナン」劇場版最新作のポスタービジュアル公開
劇場公開は4月16日。(2016/1/20)

IT部門はモバイルのプライバシー保護を重視すべき
今どきの高校生は「プライバシーを大切にしない会社」には就職しない
新世代の労働者は、セキュリティにおける最も重要なものとしてモバイルのプライバシーを挙げる。プライバシーを軽視する企業は、貴重な人材を逃すリスクを抱えることになりかねない。(2016/1/5)

AppleをCBSの「60 MINUTES」が特集 幹部会議やデザインスタジオ、新キャンパスを訪問
CBSの人気番組「60 MINUTES」がApple特集を放映した。司会のチャーリー・ローズ氏はジョナサン・アイブCDOの“秘密の”デザインスタジオやアンジェラ・アーレンツ上級副社長が手掛ける新しいApple Storeのプロトタイプなどを訪問した。(2015/12/21)

プライバシー守りたし、命は惜しし
テロが絶えない時代だからこそ、これからの「暗号化」の話をしよう
暗号化技術の普及に伴い、米連邦捜査局(FBI)が必要な情報にアクセスできないという問題が浮上している。IT企業はデータ保護には暗号化が必須だと主張しているが、人々の安全を危険にさらすという問題もある。(2015/12/11)

スピン経済の歩き方:
CIAの“サボりマニュアル”は、なぜ「日本企業あるある」なのか
CIAの前身組織が作成した「敵組織の生産性を低下させる工作マニュアル」が話題になっている。「日本企業の姿をうまく表現している」といった声が多いが、企業だけでなく日本の問題点を的確に指摘しているのではないだろうか。(2015/12/1)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
インポッシブルな“かつての未来”を実現する技術
たんたたんたんたんっ!(あのテーマソング)(2015/11/19)

パリ同時テロを受け:
米CIA長官、テロリスト阻止には情報収集のための技術的および法的権限が必要と主張
パリ同時テロ犯は何らかの暗号化された通信ツールを使っていたと報じられる中、米CIA長官のジョン・ブレナン氏が、エドワード・スノーデン氏による米政府の極秘情報収集活動暴露により近年テロリストの割り出しが難しくなっていると語った。(2015/11/18)

Microsoft、ドイツに新データセンター開設へ セーフハーバー問題対策か
Microsoftは来年下半期にドイツ国内に2つのデータセンターを開設し、AzureやOffice 365などの顧客データをこれらのデータセンターに保持する計画を発表した。欧州連合が米連邦政府とのセーフハーバールールの無効化を検討していることの対策とみられる。(2015/11/12)

Oracle OpenWorld 2015:
PR:オラクルが表明した「クラウド」のデザインゴールとハードウエアの関係
「Oracle OpenWorld 2015」は「クラウド」を軸に、そこで必要になるインフラをオラクルがどう提供していくのかが明確に見えたイベントでした。詳細をリポートします。(2015/11/10)

即席!3分で分かるITトレンド:
毎週3分、情シスドリル コレ1枚で分かる「DataとInformationとIntelligenceの違い」
さまざまな「情報」を分析し、ビジネスにおける意思決定に活用する「ビジネスインテリジェンス(BI)」をより深く理解するキーワードが、「Data」「Information」「Intelligence」です。どれも日本語では「情報」ですが、3つに分けて考えるとBIの仕組みが見えてきます。(2015/11/9)

欧州議会、米連邦政府告発者のエドワード・スノーデン氏を護る決議
EUの立法議会である欧州議会が、米連邦政府の情報収集活動を暴露してロシアに亡命中のエドワード・スノーデン氏に関し、同氏を人権保護者とみなして米国への送還をしないよう加盟国に呼び掛ける決議を採択した。(2015/10/30)

WikiLeaks、CIA長官の私用メール情報を掲載
米中央情報局(CIA)長官の私用メールアカウントから流出したとされる情報が、告発サイトのWikiLeaksに掲載された。(2015/10/22)

欧州連合司法裁、米国への個人情報移転協定は無効と判断
GoogleやFacebookが欧州のユーザー情報を米国に移転することを認めるEUと米国の「セーフハーバールール」は無効であるとの判断をEU司法裁判所が下した。EUはルールの見直しを進めるとしている。(2015/10/7)

スノーデン氏、Twitterを始める
米連邦政府の極秘情報収集活動を暴露したエドワード・スノーデン氏がTwitterを始めた。(2015/9/30)

失敗しない「学校IT製品」の選び方:セキュリティ編【後編】
学校が今、最低限すべき「情報セキュリティ対策」はこれだ
現時点では、教育機関が扱う情報は限られており、機密情報を保有する企業のような高度なセキュリティ対策はほとんどの場合、必要ない。ただし、現状でも最低限のセキュリティ対策は必要だ。その具体例を示す。(2015/9/29)

“助けが必要な犬たち”にスポットライトを ハッシュタグ「NationalDogDay」にかわいいわんちゃんの写真が続々
幸せで安全な毎日を送れますように!(2015/8/27)

真皮まで画像化:
米大学が“3D指紋認証スキャナ”を開発、パスワードは過去のものに?
米国カリフォルニア大学の研究チームが、指の表皮だけでなく真皮まで画像化する“3D(3次元)指紋認証スキャナ”を開発した。表皮だけを見る現在の指紋スキャナとは異なり、表皮の下の組織まで画像化するので、なりすましが難しくなるという。極めて安全な指紋認証システムを実現する鍵になりそうだ。(2015/7/7)

スピン経済の歩き方:
“ふわっとした話”にどっと押し寄せる、日本人の「弱み」
日本の重要文化財などを補修している小西美術工藝社のデービッド・アトキンソン社長の新著が発売された。タイトルは『イギリス人アナリストだからわかった日本の「強み」「弱み」』。筆者の窪田氏がその本の中で特に興味をもったのは……。(2015/6/30)

もうシステム/ネットワーク中心のアプローチでは情報を守れない!:
PR:三つの重大インシデントが契機。米国防機関が実践する縦深/多層防御、データ中心型のセキュリティとは?
国際情勢が刻々と変化し、世界各地で軍事的緊張の高まりが懸念される中、恐らく情報セキュリティに最も神経を尖らせている組織の一つは、各国の防衛を担う国防機関だろう。世界最大の規模の組織を有する米国防機関は、どのようなアプローチで情報セキュリティを実践しているのだろうか?[セキュリティ対策][Database Security](2015/6/15)

「Apple Pay」を米連邦政府が採用 サイバーセキュリティの官民連携の一環で
Appleのティム・クックCEOは米連邦政府主催のサイバーセキュリティサミットに登壇し、サイバー攻撃から国民を守るための政府の取り組みへの協力と、モバイル決済システム「Apple Pay」の連邦政府による採用について語った。(2015/2/16)

海外での配信から最速で2週間!:
Hulu、海外人気ドラマ「ザ・ブック/CIA大統領特別報道官」など5作品投入――国内“最速”配信
動画配信サービス「Hulu」がドラマコンテンツの配信を強化し、海外ドラマ5作品を追加投入する。第1弾は「ザ・ブック/CIA大統領特別報道官」で12月27日から。(2014/12/25)

人に話したくなるコラム:
ファストフードの時代は終わった? 変わりゆく米国の食事情
米国のファストフードと言えば「マクドナルド」を思い浮かべる人も多いのでは。米国のみならず、世界中の食文化に大きな影響を与えてきたファストフード・ビジネスが、いま大きく変わろうとしている。(2014/10/30)

窪田順生の時事日想:
日本の国宝を守る英国人アナリストに学ぶ、日本人の壁を越える方法
日本人よりも日本のことを分かっている外国人はたくさんいる。文化財などを修繕している「小西美術工藝社」の社長を務めるデービッド・アトキンソンさんもそのひとり。彼が精通しているのは「文化」だけではなく……。(2014/10/21)

企業の不安をよそにAWSを採用
CIAが“あえて空気を読まずに”クラウド移行を進める理由
クラウドではセキュリティ侵害が懸念されているが、一方でクラウドに移行する政府機関や民間企業は増加の一途をたどり、CIAもAWSクラウドへの移行と投資に踏み切った。そこから何が読み取れるのか。(2014/9/26)

みならい君のISMS改訂対応物語(3):
情報セキュリティマネジメントの改訂ポイント
ハイレベルストラクチャーで追加された要求事項は? みならい君と一緒に「規格要求事項」の変化を学ぼう。(2014/9/24)

CEATEC 2014 開催直前情報:
10月7日にCEATECが開幕へ、開催テーマは「NEXT――夢を生みだし、未来を描け」
IT/エレクトロニクス総合展「CEATEC JAPAN 2014」が2014年10月7〜11日の会期で、幕張メッセを会場に開催される。開催テーマは「NEXT――夢を生みだし、未来を描け」。「IT・エレクトロニクス産業の幅広い分野における最先端技術とイノベーションを集結し、IT・エレクトロニクスの展望・未来・可能性を描く」(主催のCEATEC JAPAN実施協議会)という。(2014/9/8)

事前検討と運用のポイント:
AWSのセキュリティ、ユーザー企業はどう考えている?
セキュリティはポジティブな話題とはいえないが、クラウドサービスを使おうとすると、何らかの形で考慮せざるを得ない。では、クラウドサービスを実際に使っているユーザー組織は、セキュリティについてどう考え、どう対処しているのか。Amazon Web Services(AWS)のセキュリティに関して、2014年7月に開催された「AWS Summit Tokyo 2014」に登場したユーザー組織の講演や発言から、読み取れるポイントを報告する。(2014/9/4)

本番データ、そのままHadoopにコピーして大丈夫?:
オラクルが考える「データ」を守るためにすべきこと
オラクルはデータベースの会社だが、セキュリティにも注力している――日本オラクルはこれまで発表してきたセキュリティ関連ソリューションをまとめ、データが狙われる時代に、データベースができること紹介した。(2014/6/12)

CIAがTwitterとFacebookを始める いきなり意味深なツイート
諜報機関っぽいツイートと話題。(2014/6/9)

元米政府セキュリティ高官のシュミット氏、安全保障やスノーデン事件を語る
オバマ政権のサイバーセキュリティ特別補佐官などを歴任したハワード・シュミット氏が、デジタルアーツの海外戦略アドバイザーに就任。来日会見でサイバーセキュリティの在り方やスノーデン事件などについて言及した。(2014/6/6)

修正パッチの適用は数カ月後!?
AndroidのVPNバイパス脆弱性で見直しを迫られるモバイルVPN対策
Androidの脆弱性を突いて、VPNの通信内容を攻撃者のサーバに平文で送信してしまうエクスプロイトが発見された。IT管理者が取るべき対策とは?(2014/5/28)

NSAは輸出するCisco製品にバックドアツールを仕込んでいた──スノーデン氏関連の新刊書が暴露
元CIA職員がもたらした大量の極秘文書に基いて書かれたNSA告発書「NO PLACE TO HIDE」によると、NSAはCiscoのネット製品などに情報収集ツールを密かに追加して輸出していたという。Ciscoは「知らなかった」という声明文を出した。(2014/5/15)

スノーデン氏のNSA告発が映画化へ──007シリーズのプロデューサーで
スパイ映画さながらの展開を見せたエドワード・スノーデン氏によるNSA告発に関する書籍が出版され、ソニー・ピクチャーズ エンタテインメントが映画化権を取得した。(2014/5/15)

NSA報道のGuardianとWashington Postにピューリッツァー賞
元CIA職員のエドワード・スノーデン氏がNSAの極秘情報のリーク先に選んだ英Guardianと米Washington Postが、2014年のピューリッツァー賞の金メダルを受賞した。(2014/4/15)

法律家が語る医療クラウド普及の鍵とは
医療クラウドの必要性、そして法が忘れてきたもの
クラウドによる医療情報の外部保管が注目される中、その普及に影響を与えるのが情報を保護するための法的な権利だ。医療クラウドの普及を研究している法律の専門家が医療クラウドに関する法制度の現状や今後を占う。(2014/4/11)

PR:ダボス会議の若手ボードメンバーが語る「本当は強い日本の“未来”」
国内では日本は閉塞していると思われがちだが、実は世界から見れば、日本こそ今最も注目されている国のひとつだ。少子高齢化をピンチではなくチャンスと捉え、それを乗り越えるためにはITの進化がカギとなる。(2014/2/24)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。