ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「取材」最新記事一覧

関連キーワード

神社にパンダのかぶり物した宮司、シュールな光景が話題に 中の人「神社の優しい心を知ってほしい」
なぜこんな奇妙なことに……有鹿神社の担当者に取材しました。(2017/7/26)

水曜インタビュー劇場(国産公演):
大人気の湖池屋プライドポテト、販売休止の裏で何があったのか
国産じゃがいもを100%使用した「KOIKEYA PRIDE POTATO」が売れている。2017年2月に発売したところ、一部商品が販売休止に。復活後も順調に売れていて、半年足らずで初年度の目標を達成した。なぜ湖池屋のポテトチップスがこれほど売れているのか。その理由を取材したところ……。(2017/7/26)

ウナギ蒲焼そっくりのカマボコ「うな次郎」、丑の日に「再現度ヤバイ」と話題に ほろほろ食感の秘密は
製造している一正蒲鉾に取材しました。(2017/7/25)

ふるさと納税で「ゲームに出演」「ドット絵になれる」 2日で品切れ、日本一ソフトウェア×各務原の返礼品はなぜ生まれた
各務原市のふるさと納税で人気を集めた、日本ソフトウェアの変わった返礼品。企画の経緯を市と企業に取材しました。(2017/7/25)

Amazon“デリバリープロバイダ”問題、ヤマト撤退で現場は破綻寸前 「遅延が出て当たり前」「8時に出勤して終業は28時」
実際に現場の声を取材しました。(2017/7/16)

おふざけ動画の「生主」:
少女買春容疑の千葉県市川市議に「やんちゃ」過去
中学1年の女子生徒に現金を渡してわいせつな行為をしたとして警視庁に児童買春・ポルノ禁止法違反の疑いで摘発された千葉県市川市の三浦一成市議。知人らを取材すると、過去の「やんちゃ」の数々が聞こえてきた。(2017/7/13)

漫画「ルーツレポ」:
自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「首都圏外郭放水路」の取材をレポートする
感想「すごいね、人類」(2017/7/12)

新プランでMVNOへの流出は阻止できる? iPhone対応は? KDDI田中社長との質疑応答
KDDIが新料金プラン「auピタットプラン」と「auフラットプラン」を発表。いずれも現行の料金プランよりも安いのが特徴。発表会と囲み取材でやりとりされた、記者と田中社長の質疑応答を紹介する。(2017/7/10)

司書メイドの同人誌レビューノート:
ふと空を見上げたくなる 国内初の“相乗り”人工衛星「じんだい」、その開発経緯に迫った同人誌
当時の開発者への取材が実を結ぶ。(2017/7/9)

予約を無断キャンセルした客の番号を共有するサイト、注目浴びる 背景には飲食店の“泣き寝入り”事情
サイト運営者、個人情報保護委員会に取材しつつ、飲食店経営者に“無断キャンセル”の実情を聞いた。【訂正】(2017/7/8)

「音楽の多様な楽しみかたを提案したい」 SMEがアナログレコード制作を再開する理由
SME広報部を取材しました。(2017/6/29)

水曜インタビュー劇場(うんこ・ちんちん公演):
出版不況なのに、『コロコロコミック』が80万部も売れているヒミツ
出版不況と言われているのに、『コロコロコミック』が好調だ。なぜ子どもたちに支持されているのか。取材を進めていくと「うんこ・ちんちん原理主義」にたどり着いた。聞き慣れないこの言葉、どういう意味かというと……。(2017/6/28)

「女湯をのぞいた生々しさ」京都でしか買えない写真集「銭湯熟女」……謎のモデルに突撃取材
湯気で曇った眼鏡、結い上げた髪にピンクのヘアバンド−。写真集「銭湯熟女〜錦湯編〜」が京都市内の銭湯で発売されており、話題になっている。(2017/6/20)

有識者に聞く:
デジタル変革に求められるアナログ力とは?
「デジタルトランスフォーメーション」(DX)に成功している企業には、どのような特徴があるのだろうか。また、これからの時代でビジネスパーソンが活躍するためには、どのようなスキルが求められるのだろうか――。ガートナージャパンの有識者を取材した。(2017/6/19)

Weekly Memo:
その案件はどんな価値を生むのか 日立がIoT事業で大事にしていること
日立製作所が注力するIoTプラットフォーム「Lumada」のビジネスモデルについて取材する機会を得た。同社はIoT事業でどう稼ごうとしているのか。(2017/6/12)

イルカ・ドジっ子・ヘンタイメガネ! 水族館が舞台のドタバタコメディー漫画『水族カンパニー!』が笑えて泣ける
こう見えても、実際の水族館を取材して作りこまれた本格派漫画です。(2017/6/12)

アニサキス症の報道に鮮魚店から悲鳴 「アニサキスは処理してます」訴えた漫画が話題に 研究者の見解は
鮮魚店でのアニサキス症の実態を紹介した漫画が注目を浴びる。国立感染症研究所のアニサキス症研究者にも取材しました。(2017/6/10)

石川温のスマホ業界新聞:
横綱・ワイモバイルの背中を追うUQモバイル――家族1480円プランの投入でシェア3割を狙う
大手キャリア系のMVNOとして、Y!mobile(ソフトバンク)の後を追うUQ mobile(UQコミュニケーションズ・UQモバイル沖縄)。UQ mobileの夏商戦向け発表会後、UQコミュニケーションズの野坂章雄社長が囲み取材に応じた。(2017/6/9)

フジテレビ、実在しない「ガリガリ君火星ヤシ味」の画像を紹介し謝罪 広報「ネットのを勘違いして使用した」
フジテレビ広報部、画像の製作者、赤城乳業に取材しました。(2017/6/7)

指示体系や採用を変革:
デジタルビジネスの時代に必要な人材マネジメントとは?
AI(人工知能)やIoT(モノのインターネット)などのテクノロジーを活用したビジネスが発展しつつある現在、人材マネジメントの分野には何が求められるのだろうか。「HR」(Human Resource)に詳しいデロイト トーマツ コンサルティングを取材した。(2017/6/8)

PR:VRコンテンツの開発コストを大幅に下げる画期的サービス「NEUTRANS」が生まれた理由
会議や対面販売など、VR(バーチャル・リアリティ)のビジネス導入を加速させるSynamonの「NEUTRANS」。その開発現場を取材した。(2017/6/7)

太田智美がなんかやる:
WWDC冒頭で、クックCEOが82歳のiPhoneアプリ開発者・若宮さんを紹介 成田空港でインタビューしてきた
WWDCに参加するマーちゃんを密着取材しました。(2017/6/6)

【画像60枚超】どこもかしこも世界チャンピオンだらけ! レッドブルエアレース2017、会場のパフォーマーを総力取材 BMXにスケボー、JETDECKも
神業のオンパレード。(2017/6/5)

PR:これが2in1の理想型――「レッツノート CF-XZ6」をアキバ取材で使い倒す
デタッチャブル2in1ノートながら、レッツノートならではのハイレベルな打ち心地を実現した「CF-XZ6」。アキバ取材に放り込んだらどんな発見があるのだろうか。PC USERの人気連載を担当するアキバの達人、古田雄介氏に使ってもらった。(2017/6/2)

「Googleとの提携は大化けする」「料金はガツンと行く」 KDDI田中社長の一問一答
KDDIは5月30日、「au 発表会 2017 Summer」を開催。発表会後、田中孝司社長が質疑応答と囲み取材で記者からの質問に答えた。(2017/5/30)

IoTと製造業の深イイ関係(4):
「CeBIT 2017」にみる、ドイツにおけるインダストリー4.0の現在地
脚光を浴びるIoT(モノのインターネット)だが、製造業にとってIoT活用の方向性が見いだしきれたとはいえない状況だ。本連載では、世界の先進的な事例などから「IoTと製造業の深イイ関係」を模索していく。第4回は、「CeBIT 2017」の取材から見えてきた、ドイツにおけるインダストリー4.0の取り組み状況を報告する。(2017/5/30)

イノベーションで戦う中小製造業の舞台裏(13):
機械の稼働率より人の作業の効率化、優秀な人材は国外からもどんどん呼べ
東大阪市にある町工場で、ミャンマー、ベトナム、タイ、ネパールなど8カ国の外国人が働いている。1929年(昭和4年)に給湯器メーカーとして東大阪で創業した三共製作所だ。3代目社長の松本輝雅氏は、中量多品種の製造を効率よく行う独自の工夫と営業力で安定経営を続けている。今回は同社 松本社長の経営哲学を取材した。(2017/5/30)

デザインフェスタvol.45:
超人気墨絵師が描く「阿修羅」と市販のボールペンしか使わない画家が描いた「イグアナ」が今にも動き出しそう!
両作者を取材しました。(2017/5/28)

新料金プラン「docomo with」に質問集中――ドコモ吉澤和弘社長と一問一答
5月24日に2017年夏商戦向けの新サービス・新商品発表会を開催したNTTドコモ。発表会の質疑応答と、その後の囲み取材での報道関係者と同社の吉澤和弘社長とのやりとりをまとめた。(2017/5/25)

「奴隷のほうがマシな生活」「人材枯渇」 自動車整備業界の危機的状況を現役整備士が告白
整備士、業界関係者を取材しました。(2017/6/4)

高須院長、損賠1000万円で民進党・大西健介議員と蓮舫代表を提訴へ 大西議員は「誤解されている」と困惑
大西議員は取材に対し、高須クリニックを批判したわけではないと否定しています。(2017/5/18)

神田沙也加さん、マスコミの結婚パーティー取材に苦言 夫・村田さんにカメラぶつかりけが
「人生で大切なこの日、笑顔で終わりたかったです」と神田さん。(2017/5/14)

やしろあずきの調査―― 中二病って本当に中学2年生で発症するの? 現役中学教師に聞いてみた!(前編)
日本一「中二病」と触れ合うことが多い職業、現役中学教師に突撃取材。(2017/5/13)

3200台のiPhoneで医療現場の負担は減るのか 慈恵医大の挑戦
ITを活用した働き方改革は、企業だけでなく、医療の現場にも変化をもたらしている。約3200台ものiPhoneを導入し、医療、そして病院内のIT活用を進める東京慈恵会医科大学の取り組みを取材した。(2017/5/12)

「フラッシュ撮影のせいでマグロが死んだ」誤情報拡散 美ら海水族館は「フラッシュ影響しない」
美ら海水族館に取材しました。(2017/5/1)

ニコニコ超会議2017:
獅童「私は萬屋、(協賛の)NTTさんには電話屋と声がけを!」 屋号飛びまくりの超歌舞伎&囲み取材リポート
獅童さん「ミクさんは1年で本当に踊りが上手になられましたよ。天才だと思います」(2017/4/29)

五輪で東京ビッグサイトが使用できない問題 1年ぶりに計画見直されるも大規模イベントの開催は困難
問題に詳しい同人印刷会社「栄光」の社長にも取材しました。(2017/4/28)

石川温のスマホ業界新聞:
シャープがブランド統一フラグシップスマホ「AQUOS R」を発表――キャリアよりも先に発表し、ソニーやサムスンと肩を並べる
シャープが、2017年夏商戦に投入するフラッグシップスマホ「AQUOS R」を発表した。キャリアに先駆けて行われた発表会の後、同社の担当者が囲み取材に応じた。(2017/4/28)

働き方を変えるために
実践から見えてきた、ワークスタイル変革に本当に必要なこと
IT製品を買うだけで「ワークスタイル変革」が実現するのではない。しかし、働き方全体のデザインを考えると、おのずと必要なものが見えてくるという。その真意を取材した。(2017/4/21)

「通報し、抽選で沖縄旅行に」 ワクワクする不法投棄取り締まり看板が話題 電話したら担当者はワクワクしてなかった
ワクワクする取材。(2017/4/19)

「取材で壁蹴り」は共同通信社の記者 動画公開で“炎上”
社内で調査したところ記者が名乗り出たという。(2017/4/18)

月刊「ゲームラボ」5月16日発売分で休刊へ 連載中の漫画「教えて!! おたく兄さん」は最終回
三才ブックスへ取材で明らかになりました。(2017/4/14)

詳細は不明:
緊迫する北朝鮮情勢、外国人記者に「重大イベント」通知
北朝鮮当局は、国内で取材中の外国人ジャーナリストに対し「大規模かつ重要なイベント」に備えるよう伝えた。(2017/4/13)

引越の段ボール箱に“マンガの集中線” 「割れ物注意」が目立つ&楽しいとネットで評判 デザインの意図は
「スター引越センター」の梱包用段ボール箱のデザインが話題に。制作経緯を取材しました。(2017/4/12)

夏目幸明の“経営者論”:
経営者が「完璧」よりも「スピード」を重視するワケ
経営者はよく「スピード」という言葉をよく口にするが、なぜそこまでスピードを重視する必要があるのだろうか。筆者が取材を重ねる中で気付いた、この言葉に秘められた意味とは?(2017/4/12)

「鳥との濃厚な接触は好ましくない」 オウム病で国内初の妊婦死亡例、厚労省を取材
野鳥との接し方なども聞きました。(2017/4/11)

新連載・夏目幸明の“経営者論”:
経営者の口癖には共通点がある
言葉は心を映す鏡だ。ときに心は言葉に操られることがある。また、一流の人間の言葉を記憶に刻めば、その一端は確実に血肉になる。数多くの経営者を取材してきた筆者が、自分の明日を良い方向へ変えるヒントとなる経営者の言葉を紹介する。(2017/4/5)

目の粘膜までアイメークするのは危険? 医師、化粧品メーカー、メークアップアーティストを取材
ネット上ではマイボーム腺という器官を塞いでしまうと言われています。(2017/4/8)

「金銭問題で進学を断念するという状況をなんとかしたい」 吉野家が奨学金制度導入を検討
吉野家を取材しました。(2017/3/31)

プロの現場で活躍するフィリップスディスプレイ:
PR:40型4K曲面ディスプレイで映像制作が変わる!
映像制作会社「studio GOONEYS」でフィリップスの4K曲面ディスプレイ「BDM4037UW/11」が活躍しているという。プロの現場を取材した。(2017/3/31)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。