ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「取材」最新記事一覧

働き方を変えるために
実践から見えてきた、ワークスタイル変革に本当に必要なこと
IT製品を買うだけで「ワークスタイル変革」が実現するのではない。しかし、働き方全体のデザインを考えると、おのずと必要なものが見えてくるという。その真意を取材した。(2017/4/21)

「通報し、抽選で沖縄旅行に」 ワクワクする不法投棄取り締まり看板が話題 電話したら担当者はワクワクしてなかった
ワクワクする取材。(2017/4/19)

「取材で壁蹴り」は共同通信社の記者 動画公開で“炎上”
社内で調査したところ記者が名乗り出たという。(2017/4/18)

月刊「ゲームラボ」5月16日発売分で休刊へ 連載中の漫画「教えて!! おたく兄さん」は最終回
三才ブックスへ取材で明らかになりました。(2017/4/14)

詳細は不明:
緊迫する北朝鮮情勢、外国人記者に「重大イベント」通知
北朝鮮当局は、国内で取材中の外国人ジャーナリストに対し「大規模かつ重要なイベント」に備えるよう伝えた。(2017/4/13)

引越の段ボール箱に“マンガの集中線” 「割れ物注意」が目立つ&楽しいとネットで評判 デザインの意図は
「スター引越センター」の梱包用段ボール箱のデザインが話題に。制作経緯を取材しました。(2017/4/12)

夏目幸明の“経営者論”:
経営者が「完璧」よりも「スピード」を重視するワケ
経営者はよく「スピード」という言葉をよく口にするが、なぜそこまでスピードを重視する必要があるのだろうか。筆者が取材を重ねる中で気付いた、この言葉に秘められた意味とは?(2017/4/12)

「鳥との濃厚な接触は好ましくない」 オウム病で国内初の妊婦死亡例、厚労省を取材
野鳥との接し方なども聞きました。(2017/4/11)

新連載・夏目幸明の“経営者論”:
経営者の口癖には共通点がある
言葉は心を映す鏡だ。ときに心は言葉に操られることがある。また、一流の人間の言葉を記憶に刻めば、その一端は確実に血肉になる。数多くの経営者を取材してきた筆者が、自分の明日を良い方向へ変えるヒントとなる経営者の言葉を紹介する。(2017/4/5)

目の粘膜までアイメークするのは危険? 医師、化粧品メーカー、メークアップアーティストを取材
ネット上ではマイボーム腺という器官を塞いでしまうと言われています。(2017/4/8)

「金銭問題で進学を断念するという状況をなんとかしたい」 吉野家が奨学金制度導入を検討
吉野家を取材しました。(2017/3/31)

プロの現場で活躍するフィリップスディスプレイ:
PR:40型4K曲面ディスプレイで映像制作が変わる!
映像制作会社「studio GOONEYS」でフィリップスの4K曲面ディスプレイ「BDM4037UW/11」が活躍しているという。プロの現場を取材した。(2017/3/31)

山口百恵風の去り際が話題の「かぞえてんぐ」 NHK「フリーのてんぐとしてすでに旅に出ている」
最後のスタジオ出演として放送されたミュージックビデオについて、NHK広報部に取材しました。(2017/3/28)

味の決め手は100%ビーフ:
マクドナルドのパティ生産の現場を徹底取材
ファストフードの代表「マクドナルド」。身近な存在であるだけに、使われている食材の品質も気になる。今回、マクドナルドの「ハンバーガー」や「ビッグマック」に使用されるビーフパティを生産する工場を取材、工程のすべてを見せてもらった。(2017/3/28)

「スケベ」「汚い」「お説教臭い」を払拭 「おっさんレンタル」はなぜ5年間客が途絶えないのか、創業者を取材
「イケてると勘違いしているおっさん」が1時間1000円でレンタルできるサービス。(2017/3/25)

日本の科学研究「失速」 Nature記事、Webで全文公開中
工学、分子生物学、コンピュータサイエンスなどの分野で論文出版数が減少していることなどを、取材やデータを基に解説している。(2017/3/24)

「Adobe Summit 2017」レポート:
「Adobe Sensei」はマーケティングをどう変える? 「Adobe Experience Cloud」におけるAIの位置付け
マーケティング基盤からエクスペリエンス基盤へ。新たに誕生した「Adobe Experience Cloud」における人工知能(AI)の役割とは? 「Adobe Summit 2017」を取材したITアナリストの冨永裕子氏が振り返る。(2017/3/24)

順調だが、苦情も:
東京・タクシー初乗り引き下げ「その後」
東京地区で初乗り運賃を引き下げた大手タクシー会社で、2キロまでの短距離利用が前年に比べて増えていることが各社への取材で分かった。狙い通りに“ちょい乗り”需要が喚起されたといえるが……。(2017/3/22)

CMでよく見かけるスマホゲーム「クラロワ」の公式オフ会を取材したら、ユーザーがハマる理由が分かった
有名サッカー選手や金メダリスト出演のCMが印象的なあのゲームです。(2017/3/27)

東京ダイヤモンド工具製作所「UnitBase」事例
ユーザー企業が向かうべき内製化、ノンプログラミング開発ツールの導入現場を取材
東京ダイヤモンド工具製作所の社員数は約300人、システム担当はたった1人。業務効率化が課題の同社が選んだセルフサービス開発ツールは、kintoneやSalesforceではなくUnitBaseだった。(2017/3/21)

石川温のスマホ業界新聞:
沖縄で一部キャリアが高額キャッシュバックを復活――総務省が静観する中、ライバルは「やせ我慢」で動向を注視
取材で訪れた沖縄で、ソフトバンクのキャッシュバックが「復活」している様を確認した。現在のところ、沖縄県で一番のシェアを持つ沖縄セルラー電話(au)は静観の構えのようだが……。(2017/3/17)

「電線(仮)」って覚えてる? 未発売ゲームの裏事情を語った書籍「幻の未発売ゲームを追え!」レア資料満載で発売
ゲーム専門誌「ユーゲー」「ゲームサイド」の連載を加筆のうえ、新規取材分も収録。(2017/3/15)

他紙を参考に執筆:
読売新聞記者、町長の談話を捏造 取材せずに執筆
読売新聞の記者が他紙を参考に記事を書き、町長の談話を捏造していたとして、「重大な記者倫理違反」とするおわび記事を掲載した。(2017/3/15)

「のん」「カウントフリー」「通話定額」――LINEモバイル嘉戸社長と一問一答
通信速度の速さやカウントフリーで評判を集める「LINEモバイル」。運営主体であるLINEモバイルの嘉戸彩乃社長が、3月14日の発表会終了後に囲み取材に応じた。(2017/3/14)

映画「ドラえもん」のグッとくるポスターはなぜ生まれた? ストーリーボードポスター誕生の経緯を取材
「10万年後に助けてくれ。」などのキャッチコピーが話題になっていました。(2017/3/11)

「The Next Platform」で読むグローパルITトレンド(1):
データ、分析、確率とスーパーボウル
アメリカンフットボールの世界では、データ分析がどのように活用されているか。一般企業が学べる点はあるのか。スーパーボウルの開催を機に、アメリカンフットボールと統計の関係を取材した。(2017/3/10)

アップルPickUp!:
50社の事務職に落ちても、プログラミングスキルがあるなら一発で就職できる
「いつでも誰でも学べるアプリケーション開発」を取材してきました。(2017/3/9)

モバイルワークの七つ道具:
PR:アキバ取材の達人が認める最新LTEモバイルルーター「Aterm MR05LN」
デュアルSIMが挿せるLTEモバイルルーター「Aterm MR05LN」を、PC USERでアキバ連載を担当する古田雄介が実際に使い、その使い勝手を試す。アキバ取材から記事が生まれるまでを追った。(2017/3/9)

YouTubeで日本のMVの多くが海外から視聴できず 背景にはGoogleとの規約問題、国内レーベルの葛藤
エイベックスなど大手音楽レーベル、ネットの著作権問題に詳しい福井健策弁護士に取材した。(2017/3/12)

AAA・SKY-HI「ファンがやりやすいようにやってくれるのが一番」 ファンのためのTwitterアカウントについて本人が取材に回答
SKY-HIさんは「法に触れない程度のやり方でファンがやりやすいようにやってくれるのが一番」と語ってくれました。(2017/3/7)

TBS・ビビット「取材手法に不適切な点があった」 ホームレス取材問題でヤラセ演出認め謝罪
ホームレスの男性を「犬男爵」「人間の皮をかぶった化物」などとイラスト付きで紹介。(2017/3/3)

石川温のスマホ業界新聞:
NTTドコモが月額980円でスポーツ中継配信「DAZN」を開始――月額1750円からの大胆値下げで「差額の原資」に質問が集中
NTTドコモと英Perform Groupが提携し、スポーツ中継サービス「DAZN(ダ・ゾーン) for docomo」を開始する。それに先だって開かれた会見後、ドコモの吉澤和弘社長が囲み取材に応じた。(2017/2/17)

ポイントサイト“偽キャンペーン”問題、利用者には返金も 代表に騒動の経緯と今後の対応を聞いた
問題となっていたポイントサイトの1つ「manekin」を取材しました。(2017/2/11)

「換金できない」「請求が止まらない」 相次ぐ「ポイントサイト」トラブルについて国民生活センターに聞いた
国民生活センターを取材。(2017/2/8)

アニメーターの待遇問題は改善されているか “アニメーター寮”に住む若手に聞いた
現役若手アニメーターと今年から働く新人を取材しました。(2017/2/5)

石川温のスマホ業界新聞:
UQモバイルが年間90万契約の獲得目指し、新料金プランを投入――絶壁のワイモバイルに追いつき、個性で勝負できる日は来るか
UQコミュニケーションズが2017年春商戦に関する記者向け説明会を開催した。会の終了後、同社の野坂章雄社長が囲み取材に応じ、記者からの質問に答えた。(2017/2/3)

太陽光:
1.5万世帯分を発電する静岡県最大のメガソーラー、浜松市の再エネ戦略を加速
静岡県浜松市と湖西市にまたがる浜名湖。うなぎの養殖などで知られるこの湖の側に、SBエナジーと三井物産が運営する県内最大級のメガソーラーが完成した。出力は43.4MWで、年間発電量は約1万5000世帯分を見込んでいる。太陽光発電の導入量で全国トップを走る浜松市の再生可能エネルギー戦略を大きく推し進めるメガソーラーだ。現地を取材した。(2017/2/2)

BIM/CAD:
竹中工務店が実践する「設計施工一貫BIM」の最前線
BIMを活用して生産性や建築品質のさらなる向上を目指している竹中工務店。そのテーマは同社の強みである設計施工の一貫方式をBIMで進化させる“設計施工一貫BIM”だ。そのビジョンを体現する大阪市の現場を取材した。川上の設計工程から施工情報を取り込み、大幅な施工プロセスの効率化に成功した事例だ。(2017/2/2)

韓国デマサイト「大韓民国民間報道」が閉鎖に 管理人による書籍もAmazon.co.jpから消滅
BuzzFeedの取材に対し、偽ニュースだったことを認めていました。(2017/1/27)

石川温のスマホ業界新聞:
ワイモバイルがヤング割とAndroid Oneで春商戦に挑む――初心者にターゲットを絞った施策で格安スマホ市場をリード
ソフトバンクは1月18日、「Y!mobile」ブランドの2017年春商戦発表会を開催した。終了後に、Y!mobile事業素員本部の寺尾洋幸本部長との囲み取材が行われた。(2017/1/27)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
MVNOのプリペイドSIMもある――ニューヨークの空港に増える「SIM自動販売機」
世界の空港の中には「SIM自動販売機」が設置されていて、手軽にプリペイドSIMを買えます。CES 2017取材のため途中で立ち寄ったニューヨークの空港に行ったところ、プリペイドSIMの自動販売機の数が急増していました。(2017/1/23)

あの“文春砲”がニコニコでドラマに! 「週刊文春」が世に放った数々のスクープの裏側を徹底取材
「ベッキー&川谷の不倫騒動」「ショーンK経歴詐称」などのスクープはどのように生まれたか。(2017/1/23)

石川温のスマホ業界新聞:
KDDIがMVNO対抗を意識した、2980円の学割キャンペーンを投入――家族加入とスマバリ前提で、どこまで新規加入を伸ばせるか
KDDIが2017年春商戦の発表会を開催した。同社の田中孝司社長は囲み取材で、月額2980円から使える価格設定の「学割」の件を始めとする春商戦に関する質問に答えた。(2017/1/20)

「はちま起稿」買収騒動から4週間、沈黙続くDMM・インサイトの現状は―― まとめサイトの「運営隠し」は何が問題なのか
両社とも「個別の取材は受けない方針です」との回答。(2017/1/24)

起死回生:
破綻寸前のUSJ再建 森岡氏が残したもの
大阪市のテーマパーク「USJ」を運営するユー・エス・ジェイの森岡毅氏執行役員が、今月末に会社を去る。「関西に人が集まれば、日本が元気になる」。5年ほど前に取材で語っていた言葉が今も記憶に残る。(2017/1/19)

労災認定の三菱電機元社員 上司から「俺が死ねと言ったら死ぬのか」「お前の研究者生命を終わらせるのは簡単だ」
「高橋まつりさんと自分は紙一重だったと思う」三菱電機で、違法な長時間労働をさせられたとされる男性(31)が取材に応じた。(2017/1/12)

「ローグ・ワン」のグランド・モフ・ターキン“メイキング”をABC Newsがレポート
「スター・ウォーズ」のスピンオフ作品「ローグ・ワン」の高度なVFXの現場を取材した動画がYouTubeで公開された。故人となった俳優が演じているように見える人物のメイキングの過程を見ることができる。(2017/1/6)

CES 2017:
日本でも販売へ!――ソニーの有機ELテレビ「A1E」を見てきた
ソニーが“有機ELブラビア”「A1E」シリーズをはじめとする薄型テレビ製品群を発表した。それぞれにどんな“ソニーの最新テレビ”なのか、現地で発表された製品を取材して分かったことをまとめてみよう。(2017/1/6)

スマートフォン・オブ・ザ・イヤー2016:
もし「Galaxy Note7」が発売されていたら……山根康宏が選ぶ2016年のスマホベスト5
その年のナンバーワンスマホを決定する「スマートフォン・オブ・ザ・イヤー」。海外のスマホを幅広く取材してきた山根康宏氏が選んだ機種は? 審査員が選んだベスト10の中で最も評価した機種は?(2016/12/30)

写真でふりかえる2016年:
最新技術からコンパニオンまで “未来”が見えた2016年のイベント・展示会まとめ
2016年にITmedia ニュースが取材したイベント・展示会を写真で振りかえろう。(2016/12/29)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。