ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「取材」最新記事一覧

石川温のスマホ業界新聞:
KDDI田中社長「契約者数は増えない。MVNOでUQ頑張って」――au経済圏の流通拡大で、取扱高2兆円超を目指す
KDDIが2016年3月期(2015年度)の決算会見を開催した。会見後、囲み取材に応じた田中孝司社長は何を語ったのか。(2016/5/20)

フジテレビのバラエティー番組「カスペ」に、BPOから「放送倫理上問題あり」との判断
フジテレビは「あなたの知るかもしれない世界6」内の企画コーナーに関して、この放送の取材に応じた男性から申し立てを受けていた。(2016/5/17)

「これは買収ではない」?:
Dell EMCはどこへ行くのか、今後の企業文化、製品戦略、クラウド戦略を探る
EMCはデルに買収されることで、どう変わるのだろうか。企業文化、製品戦略、クラウド戦略の3つの側面から、ユーザーおよび潜在ユーザーにとって意味のあるポイントに絞って、EMC WORLD 2016での取材に基づきDell EMCの今後を探った。(2016/5/17)

ガンダムを科学する企画が始動! 作中での事象・現象を再現、取材協力にJAXA
ガンダムを見て育った大人たちへ。(2016/5/15)

将棋棋士・羽生善治名人出演のNHKスペシャル「天使か悪魔か 羽生善治 人工知能を探る」 語りは林原めぐみさん
羽生さんが人工知能技術の最前線を取材、ペッパーとの対面も。(2016/5/14)

21世紀に仮面を売ってやっていけるのか 仮面専門店「仮面屋おもて」が東京にオープン、店主の意図は
東京都墨田区に日本で唯一と思しき仮面専門店がオープン。仮面で生計は立てられるのか取材してきた。(2016/5/14)

作家・松智洋さんがコミックマーケット「40周年史」内で描いた「代表が代わった日」が期間限定でWeb公開
「40周年史」は去年の8月に発行された書籍で、準備会スタッフでもあった松智洋さんが取材して描いた文章になります。(2016/5/10)

初音ミクと中村獅童さん共演“超歌舞伎”はこうして生まれた ニコ超「今昔饗宴千本桜」技術の裏話
ニコニコ超会議で多くの人をうならせた新作歌舞伎「今昔饗宴千本桜」にはどんな技術が使われていたのか。その舞台裏を取材した。(2016/5/9)

並外れた運用と、けた外れの台数:
東大が1341台のMacを使う理由
東京大学は学内の教育用計算システムを刷新し、新しいiMacを計1341台導入した。その理由を取材した。(2016/4/27)

“ウェアラブル”の今:
Apple Watchをより魅力的にする、日米合作の「ウーブンナイロン」バンド
Apple Watchと組み合わせられるバンドが続々と増えている。中でも注目なのが、軽量で価格も手ごろな「ウーブンナイロン」のバンド。取材と実際の使用を通して見えてきたウーブンナイロンバンドの秘密に迫る。(2016/4/23)

「アナウンサーが子どもを無理にどかせた事実なかったと判断」熊本県民テレビ、「ミヤネ屋」取材への批判受けコメント
子どもはインタビューが始まったので自発的に退いたと説明しています。(2016/4/22)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
周囲の人間はどう見ているのか イチローと本田圭佑のスゴさ
日本を代表するプロスポーツ界のレジェンド2人が今、厳しい立場にいながらもベストを尽くそうと心血を注いでいる。イチローと本田圭佑選手だ。両選手を取り巻く現状とチームメートたちの声などを取材したところ……。(2016/4/20)

毎日放送アナウンサー、被災地で食料確保ツイートで炎上し謝罪 実際はどうだったのか
被災地での取材の際、食料は放送局がスタッフ分持ち込むことになっている。(※追記あり)(2016/4/19)

スピン経済の歩き方:
災害取材を行うマスコミが、現地で非常識な行動をとる理由
関西テレビ放送の中継車が、被災地のガソリンスタンドで給油待ちをしていた車列に割り込んだことが発覚した。過去にも被災地でマスコミの非常識な行動が問題になっているが、なぜ彼らは“迷惑”なことをしてしまうのか。筆者の窪田氏によると……。(2016/4/19)

お口の健康、気にしてる?:
歯みがきをスマホが楽しくする スマート歯ブラシ「G・U・M PLAY」の狙いとは
スマート歯ブラシでお口は健康になるのか? 発売会でサンスターの広報に直撃取材した。(2016/4/19)

熊本地震の取材中にテレビ中継車が給油待ちの列に割り込んだと判明し関西テレビ謝罪
注意したが無視されたとも。(2016/4/18)

実写でもかわいい Twitterで話題となった実写映像版エレン先生に関して東京書籍に聞いてみた
東京書籍に取材しました。(2016/4/15)

羽生名人が人工知能開発の最前線を取材! NHKスペシャル「天使か悪魔か 羽生善治・人工知能を探る(仮)」5月15日放送
羽生さんが番組リポーターに!(2016/4/13)

IT用語解説系マンガ:食べ超(90):
戻り値たちの帰還〜戻り損ねて半世紀〜
もう戻らないかと思われた戻り値たちが返ってきた! 姿かたちは違えど、戻り値であることに変わりはない。取材班は真実を求めてアリゾナへ向かった。(2016/4/12)

個人情報は大丈夫?:
中古スマホ買い取り後に何が行われているのか?――ゲオの流通センターで見てきた
中古スマートフォンを売買するのに「品質は大丈夫なのか」「個人情報が漏れることはないのか」といった点が心配な人は多いだろう。中古スマホが買い取られてから、どんな工程を経て店頭に並ぶのか? ゲオの流通センターを取材してきた。(2016/4/4)

漫画:疑似通貨で遊ぶ“介護カジノ”に潜入! パチンコ、麻雀、ブラックジャックで遊ぶ高齢者たち
高齢者がパチンコやマージャンに興じる“介護カジノ”に潜入取材。そこに広がっていた光景とは……?(2016/3/25)

Fashion Tech Summit #001レポート:
オムニチャネル、AI、DMP――ファッション業界のマーケティングテクノロジー最前線
FinTechに代表される「業界×テクノロジー」というトレンドが注目される中、ファッション業界でもテクノロジーの本格導入、活用の流れが広がっている。ECサイト活用などだけではなく、先端テクノロジーを活用した“FashionTech”の現在を取材した。(2016/3/11)

最新モバイルワークステーション「Dell Precision 5510」無料モニターキャンペーン(1社限定)
ご応募いただいた方の中から抽選で1名(1社)様に、デルの最新モバイルワークステーションを無料でお貸し出しいたします。モニターに当選された方には、モニター期間終了時にTechTargetジャパン編集部によるインタビュー取材を予定しています。(2016/3/16)

「日本死ね!」発信者の匿名女性が取材に答えた
「保育園落ちた日本死ね!」という書き出しで始まる匿名の文章が注目を集めている。保育所の入園選考にもれた母親が率直な心境をつづったインターネット上の記事だ。安倍晋三首相が予算委員会で内容について言及し……。(2016/3/4)

「保育園落ちた日本死ね!」の発信者が取材に応えた 過熱する「保活」、親たちの怒り広がる
「保育園落ちた日本死ね!」というタイトルの匿名文が注目を集めている。この文章を書いた女性に、匿名で話を聞くことができた。(2016/3/4)

まいんちゃんが「んふんふ」で喜怒哀楽を表現 「なめこ」が3分間アニメになって帰ってくるぞおおお
アニメ化に合わせて開かれた囲み取材の様子をお届け。(2016/3/3)

スピン経済の歩き方:
取材を断ったら「嘘つき」と怒られないために、広報担当者がすべきこと
先週からネットで話題になっているジャーナリスト・藤代裕之さんの「Yahoo! 嘘つき問題」。さまざまな有識者が意見を述べている中で、筆者の窪田氏は企業広報が対応すべきことを紹介している。それは……。(2016/3/1)

NTT DATA Innovation Conference 2016リポート:
虫の目、鳥の目、歴史の目で見る世界情勢――5年後だけでなく30年後も見据える
海外で活躍するためには何が必要か、何を見習うべきなのか。ジャーナリストの嶌信彦氏が、これまでの取材で得た知識や経験を「鳥、虫、歴史の目」を通して話した(2016/2/25)

ふんどし+パンティ=「FUNTY」 大胆かわいい新感覚下着「FUNTY」ってなんだ?
担当者に取材しました。(2016/2/23)

週刊文春「元少年A」直撃取材にネット民は……「やるなぁセンテンススプリング!」
週刊文春が最新号で「元少年A」に直撃取材し、写真付きで近況を報じたことについて、ネット上ではまざまな意見が飛び交っている。(2016/2/19)

週刊文春の「元少年A」直撃取材で炎上
週刊文春が18日発売の最新号で、神戸連続児童殺傷事件の加害者とされる「元少年A」に直撃取材し、写真付きで近況を報じたことについて、ネット上では早くも記事に対するさまざまな意見が飛び交い、炎上状態となっている。(2016/2/19)

石川温のスマホ業界新聞:
「ここ10日間ぐらいではなかなか読み切れない」――「実質0円規制」の影響に苦悩の表情を浮かべるKDDI田中社長
総務省の“要請”によって、2月から「実質0円」での端末販売が姿を消した。KDDIの田中孝司社長は、2016年3月期の第3四半期決算会見後の囲み取材で何を語ったのか。(2016/2/19)

セカオワのアジア進出も支援 聴き放題の「KKBOX」がリアルな音楽事業も手掛ける理由
台湾発の音楽聴き放題サービス「KKBOX」。日本を含むアジア6地域で1200万会員を擁する先駆者は相次ぐ新規参入をどう見ているのか? 主催する「KKBOX Music Awards」に合わせて取材した。(2016/2/18)

電力供給サービス:
“行動型デマンドレスポンス”を実現、東京電力が提携する米ベンチャーの実力
米Opowerの日本法人オーパワージャパンは「新電力EXPO 2016」に出展し、同社の電力事業者向けの顧客データ分析サービスをアピールした。同社は2007年創業のベンチャー企業だが、現在全世界で98社、米国の上位電力会社の75%がそのサービスを利用しているという。2013年には東京電力との提携も発表している。“行動型デマンドレスポンス”を可能にするという同社のサービスの詳細について取材した。(2016/1/28)

2016 CES&デトロイトモーターショー2016レポート(後編):
デトロイトショーで目立つ「売らんがため」の現実主義、「クルマの未来」姿なく
自動車業界の今後の方向性が示される「2016 International CES」と「デロイトモータショー2016」を取材した桃田健史氏によるレポートの後編をお送りする。久々に盛り上がりデトロイトモーターショーだが、桃田氏は、「規制対応と売らんがための現実主義が強く、かつてのように『クルマの未来』は示されていない」と指摘する。(2016/1/28)

安全・安心なインフラ作りのために――ドコモ関西の取り組み(後編)
災害の多い日本において、キャリアはどのような対策を行っているのか? 東日本大震災をきっかけに基地局の本格的な整備を進めるNTTドコモの災害対策を取材した。(2016/1/20)

2016 CES&デトロイトモーターショー2016レポート(前編):
2016年のCESで自動車メーカーが示唆した「自動車産業の構造転換」
2016年1月、米国ラスベガスの「2016 International CES」に続いて、デトロイトで「デロイトモータショー2016」が開催された。自動車業界の今後の方向性が示される両イベントを取材した桃田健史氏によるレポートを前後編でお送りする。前編は、自動車業界からの参加が増えているCESのレポートだ。(2016/1/20)

料金・販売のバランスを取って、激変を避ける――KDDI田中社長が語ったこと
「au発表会 2016 Spring」後、KDDIの田中孝司社長が囲み取材に応じた。どのような受け答えがあったのだろうか。(2016/1/15)

安全・安心なインフラ作りのために――ドコモ関西の取り組み(前編)
携帯端末は災害などの緊急時に欠かせない存在となったが、その際に発生する大規模なトラフィックを支えるのがNTTドコモをはじめとするキャリアのインフラだ。そこで今回は、人々の安全と安心のためにキャリアがどのような対策をしているのかを取材した。(2016/1/15)

佐野正弘のスマホビジネス文化論:
VR市場が急拡大し、“モノのスマートフォン化”が進む――CES 2016を振り返る
「CES 2016」取材で見えてきたIT業界の新たなトレンド。それが、VR市場の急速な広がりと、IoTを通り越した車や家電など、“モノのスマホ化”だ。(2016/1/14)

携帯料金は安くなるのか:
実質0円はなくならない!? 政府の携帯料金引き下げ要求を読み解く
2015年10月から始まった携帯電話料金引き下げ議論。本当に携帯料金は安くなるのか。「実質0円」はなくなるのか――。関係者の取材を通じて議論の裏を読み解き携帯市場の先行きを占ってみた。(2016/1/13)

実質0円はなくならない!? 政府の携帯料金引き下げ要求を読み解くと……
政府の携帯料金引き下げ要求を受け、料金は本当に安くなるのか。「実質0円」はなくなるのか。関係者の取材を通じて市場の先行きを占う。(2016/1/12)

一日署長の“一日”とは:
権限やギャラは? 「一日警察署長」の知られざる実態
交通安全や地域安全運動の啓発活動の一環として、一日限定の警察署長に任命する「一日署長」。警察施策のPR役を担うのだが、彼らは一体どのように選ばれているのか。京都府警の関係者に取材し、一日署長の知られざる実態を調べた。(2016/1/12)

CES 2016:
ぬるぬる動く? 画面は見やすい? 動画で見るカシオ「WSD-F10」
発表記事に対して「これは欲しい!」という声も多く寄せられたカシオ計算機のスマートウォッチ「WSD-F10」。CES 2016で発表されたこの製品、国内ではまだ情報が少ないので、現地を取材している記者や公式動画から、その魅力を探ってみました。(2016/1/11)

石川温のスマホ業界新聞:
最初に要請書を手渡されたのはソフトバンク・宮内謙社長――「(値下げしても)ワイモバイルとソフトバンクは棲み分けできる」
12月18日、ソフトバンク・KDDI・NTTドコモの3社が高市早苗総務大臣から「携帯電話事業者への要請」を受け取った。最初に要請書を受け取ったソフトバンクの宮内謙社長は、受け取り後に囲み取材に応じた。(2015/12/25)

ITmediaスタッフが選ぶ、2015年の“注目端末&トピック”(ライター佐野編):
ゲーム実況人気にモンストを巡るトラブル……スマホゲームはどう変わった?
コア層向けのタイトルが増えつつあるスマホゲーム。スマホを使ったゲーム実況の盛り上がりなど、イベント取材を通して見えてきた業界動向を振り返ってみたい。(2015/12/22)

省エネ機器:
買うより再利用へ、エプソンが描くオフィスの紙の将来像
環境への配慮から企業でも紙資源を節約する動きが進んでいる。そんな中で“紙を使う”プリンタ製品を手掛けてきたセイコーエプソンが、“紙を再生する”「世界初」(同社)の製品「PaperLab」を開発して話題となった。開発機を初めて一般公開した「エコプロダクツ2015」の同社ブースで、その実力を取材した。(2015/12/15)

イノベーションで戦う中小製造業の舞台裏(4):
世界初の“凍る”鋳造技術を実用化! 業界常識を覆した町工場の“熱い”挑戦
自社のコア技術やアイデアを活用したイノベーションで、事業刷新や新商品開発などの新たな活路を切り開いた中小製造業を紹介する本連載。今回は、世界で初めて「凍結鋳造システム」の実用化に成功した株式会社 三共合金鋳造所の取り組みを取材した。(2015/12/11)

1日に2万5000食を生産:
容器は小さく機内も暗い――制約乗り越え、世界中の人が満足できる「機内食」を
空の旅の楽しみの1つ、機内食。世界各国の航空会社が特徴ある料理を出しているが、実は関西国際空港で搭載する機内食のすべてを2つの会社が担っている。今回はその1つである「エイエイエスケータリング」の機内食工場を取材した。(2015/12/8)

生徒に少し早い会社体験
もうメールでは無理――品川女子学院がコミュニケーション手段を見直した理由
「社会で活躍する女性を育てたい」という考えの下で教育を実践している品川女子学院。校内でのIT活用にも積極的に取り組んでいる。今回はコミュニケーションにフォーカスして取り組み内容を取材した。(2015/12/8)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。