ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「負債」最新記事一覧

写真アプリ「Snapeee」、運営ベンチャーが倒産 アプリも終了
写真共有アプリ「Snapeee」を開発・運営していたベンチャー企業、マインドパレットが債務整理を始めた。アプリは5月末で終了。(2016/5/30)

シャープ、債務超過に転落 東証2部に指定替えへ
シャープの16年3月期は前期に続き巨額の最終赤字に。純資産がマイナスとなる債務超過に転落した。(2016/5/12)

破産のアルケミスト、負債は8億円超
破産開始決定を受けたゲーム会社・アルケミストの負債総額は8億円超。(2016/4/12)

“カツ横流し”のダイコーが倒産 横流し発覚で経営難に拍車
負債総額は約9億円。(2016/3/14)

3分で読める 荻原博子の今さら聞けないお金の話:
半数が借金して大学へ行く時代に知っておきたいこと
上がり続ける大学の授業料。増え続ける奨学生。今回は、知っておきたい教育に関するお金のことを経済ジャーナリストの荻原博子さんが分かりやすく解説します。(2016/3/7)

鴻海・シャープ買収「破談」回避へ “隠れ借金”軽微、7日までに査定終了
鴻海がシャープの買収契約を保留している問題をめぐり、9日にも調印する方向で最終調整に入った。偶発債務は想定より少なく、買収合意の破談を回避する。(2016/3/4)

マネーの達人:
借金大国の日本が「安全な資産」と言われる3つの理由
2015年6月末時点で国の借金は過去最大の約1057兆円にふくれあがっています。世界一の借金大国となった日本ですが、他国からは「安全な資産」との見方も。今回は、日本が安全な資産と言われる3つの理由を考えてみます。(2016/3/4)

25年ぶりに9000件を割り込む、2015年の倒産件数
東京商工リサーチは1月13日、「2015年の企業倒産件数(負債総額1000万円以上)」を発表した。(2016/1/13)

「まどマギ」「青エク」「ビビオペ」のソーシャルゲーム開発会社が破産 近年ヒット作なく負債は約4億
人気作品の版権を生かしたソーシャルゲームを開発してきたネクストリーと関連2社が、破産開始決定を受けました。(2015/11/12)

アニメ制作会社「マングローブ」が東京地裁より破産手続き開始決定受ける 「サムライチャンプルー」など制作
負債は約5億4446万円。10月1日には自己破産申請の準備に入っていました。(2015/11/11)

「睡眠負債」の恐怖!突然死を防ぐための眠り方とは
睡眠不足の蓄積「睡眠負債」。たまったまま放置していると、目には見えないところで体が蝕まれ、最悪の場合突然死に至ることも。そんな睡眠負債の解決法を紹介します。(2015/9/23)

円安倒産、4期連続で増加
帝国データバンクは7月8日、2013年1月から2015年6月までの倒産企業(負債1000万円以上、法的整理のみ)の中から、円安の影響を受けて倒産した企業を集計し、その結果を明らかにした。(2015/7/8)

児童書の国土社が民事再生申し立て 負債3億円
児童書・教育書を出版する国土社が民事再生法の適用を申請した。負債総額は約3億円。(2015/7/8)

千葉大発の植物工場ベンチャー「みらい」が民事再生申し立て 負債約11億円
人工光による植物工場で野菜の生産・販売を手がける千葉大発ベンチャー「みらい」が民事再生を申し立てた。(2015/6/29)

万事屋が借金返済のためカフェとバーを経営!? 「カフェ&バー CHARACRO feat.銀魂」が登場オオォォォ!
「かふぇあんどばー 万事屋銀ちゃん」で銀魂ワールドの住人になった気分。(2015/6/29)

出版取次で過去最大の倒産 栗田出版販売が民事再生法適用を申請
負債額は約135億円。(2015/6/26)

取次準大手・栗田出版販売が民事再生申し立て 負債135億円
出版取次で準大手の栗田出版販売が民事再生法の適用を申請。負債額は取次の倒産では過去最大。(2015/6/26)

栗田出版販売が民事再生申し立て 出版取次業者では過去最大の負債額
負債は2014年9月期末時点で約134億9600万円。(2015/6/26)

『美術手帖』の美術出版社、事業再生に向けCCCグループ企業をスポンサーに
美術出版社は2014年3月末時点で約19億6300万円の負債を抱えており、2015年3月11日には民事再生手続きを開始していた。(2015/5/20)

浮気、借金、ヒモ――“クズ男”ぞろいのアンソロ登場
『不器用ラブパレード』の 千葉たゆりさんなど9人の執筆陣が描く。(2015/5/16)

疑惑浮上の家電通販サイト「まいど」運営会社が破産 負債75億円
家電通販サイト「まいど」運営企業が自己破産を東京地裁に申し立て、破産手続き開始決定を受けた。(2015/4/30)

頼られる人になる「経理アタマ」の鍛えかた:
借金すると税金が安くなる?
売上や経費が変わればその影響が税金にも現われます。会社の損益を検討するときは、支払わなければならない税金がいくらになるかにも着目しましょう。(2015/3/24)

マネーの達人:
空き家になった実家――それは資産? 負債?
1人暮らしだった母が特別養護老人ホームに入居し、実家は「空き家」となったのだが……。今回は、空き家の現状を紹介します。(2015/3/11)

巨乳グラビアアイドルを数々輩出したイエローキャブ 自己破産申請の準備に 負債額は4億
所属していたタレントは、小池栄子さんや佐藤江梨子さん、MEGUMIさんなど。(2015/2/13)

自然エネルギー:
42MWの地熱発電所が4月に建設開始、国が210億円の債務保証で後押し
秋田県の湯沢市で大規模な地熱発電所の建設が決まった。4月に工事を開始して、2019年に運転を開始する予定だ。発電能力は42MWで、年間の発電量は7万世帯分に及ぶ。事業費のうち国が210億円の債務を保証する形で銀行5行が協調融資を実施することになった。(2015/2/3)

経営トップに聞く、顧客マネジメントの極意:
【新連載】お客さまを増やしたければ、非顧客に聞け! 地方路線バス会社復活の秘密に迫る
顧客の減少をストップさせ増収増益をかなえた十勝バス。40億の負債を抱える赤字会社が見事な復活劇をとげた。(2015/1/7)

PCソフト販売のイーフロンティア、民事再生申し立て
クリエイティブ系ソフトを多く扱うPCソフト販売のイーフロンティアが民事再生法の適用を申請。負債総額は約23億5000万円。(2014/12/15)

新連載・お金もセンス:
借金には2つのパターンがある――悪い借金をする人がハマる落とし穴
金融やお金にまつわる話になると、どうしても難しく語られがちなので、敬遠する人も多いのでは。筆者の森永賢治さんは「お金の知識」ではなく、「お金のセンス」を磨けばスムーズな生活が送れるという。連載1回目は「借金」の話。(2014/11/27)

「痛タク」で話題になった長栄交通が破産
負債額は2億5396万円。(2014/10/31)

ナレッジワーキング!!:
ニュースな数字も「見える化」すれば怖くない
「国の借金1000兆円」「2050年には65歳以上が4割」。数字で語られるニュースは分かったような気にになりがちですが、具体的なイメージはしにくいもの。図にまとめ直すことで分かりやすくなります。(2014/10/22)

「こびとづかん」シリーズを手がけた長崎出版が破産手続き
負債は17億4001万円にのぼる。(2014/9/30)

注目したい法改正の動向:
進む民法見直し作業――社会・経済の変化への対応を図る
制定から100年。政府は契約や債務など経済にかかわる民法の見直しを進めている。今後、企業が注意すべき点をまとめた。(2014/9/30)

世界を「数字」で回してみよう(7):
電力という不思議なインフラ(後編)〜原発を捨てられない理由〜
多額の負債を抱えている東京電力。「返済はやめた」とは言えませんが、「原発やめる」とも言えないのは、なぜなのでしょうか。そこには、東京電力だけでなく、政府や金融機関、「原子力損害賠償支援機構」なるものの事情が複雑に絡み合っているという背景がありました。これらを、かの有名な「あしたのジョー」にたとえて説明してみます。(2014/9/25)

ボッシュ、デンソーに次いで第3位:
売上高4兆円規模のメガサプライヤが誕生、ドイツZFが米国TRWを買収
大手ティア1サプライヤであるドイツのZF Friedrichshafen(ZF)と米国のTRW Automotive Holdings(TRW)は2014年9月15日、ZFがTRWを買収することで最終合意した。買収金額は負債を含めて135億米ドル(約1兆4460億円)。TRW買収後のZFの企業規模は、売上高が約410億米ドル(約4兆3980億円)で、従業員数が全世界で約13万8000人となる。(2014/9/16)

製造IT導入事例:
THK、グローバル会計業務を支援する会計システムを稼働
業務ルール、会計業務プロセス、決算期などをグローバルに共通化したシステム。ERPシステムには、SAPジャパンの「SAP Business Suite powered by SAP HANA」を採用した。対象業務は、一般会計・債権回収・債務支払い・固定資産・予算管理など。(2014/9/5)

70年の歴史に幕か:
山水電気、破産手続き開始決定――負債は約3億5000万円の模様
帝国データバンクは7月16日、元東証1部上場の音響映像機器メーカー山水電気が7月9日に東京地裁より破産手続き開始決定を受けたと発表した。負債総額3億5000万円の模様。(2014/7/17)

ねっと部:
アルゼンチン政府、日本の新聞に悲痛な全面広告 「債務返済を継続させてもらえない」
6月25日付け朝刊に「アルゼンチン共和国 大統領府」による全面広告が掲載された。「アルゼンチンは債務返済を継続したいが、継続させてもらえない」という内容だ。(2014/6/25)

製造ITニュース:
受注生産型製造業に向けたERPを提供――NTTデータエンジニアリング
受注、プロジェクト原価、購買、在庫、債権、債務、資産から一般会計まで8つの主要業務により構成。建設・エンジニアリング業や受注生産型製造業に必要な管理機能を網羅し、ERPを短期間で導入できる。(2014/4/18)

窪田順生の時事日想:
渡辺代表の「8億円借金問題」と、官僚の黄金時代がやって来る日
渡辺善美・みんなの党代表が「DHC吉田会長からの8億円借金問題」で叩かれている。「政治とカネ」の問題が出るたびにいろいろと文句を言っていたご意見番に対し、永田町周りではさまざまな陰謀説が持ち上がっている。それは……。(2014/4/1)

自然エネルギー:
地熱発電に45億円、政府系の債務保証で資金調達が進む
福島県と大分県の地熱発電事業に対して、総額45億円を超える長期借入金の80%をJOGMEC(石油天然ガス・金属鉱物資源機構)が債務保証することになった。民間の金融機関が評価しにくい地熱発電の事業リスクをJOGMECがカバーする。2カ所の地熱発電所は2015年に運転を開始する予定だ。(2014/3/31)

お茶でも飲みながら会計入門(90):
3分で分かる株式入門
会社の株を買うと、どんないいことがあるの? 会社が倒産したら負債を背負わなくちゃならないの? そんな株式の基礎知識を、公認会計士の吉田さんが分かりやすく解説します。(2014/3/17)

ビットコイン取引所「Mt.Gox」民事再生申し立て 負債約65億円
マルク・カルプレスCEOが記者会見。(2014/2/28)

アニメ制作会社AICをアプリックスIPが売却 譲渡額8000円
アプリックスIPホールディングスは、連結子会社でアニメ制作を手がけるAICの全株式を三浦社長に売却した。同社は赤字が続いており、債務超過に陥っている。(2014/1/21)

お茶でも飲みながら会計入門(88):
売上検収×債務支払×給与 新春三題噺
意外と知られていない会計の知識。元ITエンジニアの吉田延史氏が、会計用語や事象をシンプルに解説します。お仕事の合間や、ティータイムなど、すき間時間を利用して会計を気軽に学んでいただければと思います。(2014/1/17)

史上最高のハイパーカーも完売:
媚びないフェラーリが教えてくれる「勝ち残る法則」
欧州の債務危機に影響を受けた国で、新車の販売台数が減少している。そんな状況でも史上最高の業績を上げ、注目が集まっている企業がある。イタリアが誇るフェラーリ社だ。注目されるのは業績ではなく……。(2014/1/8)

出産費用やパチンコ代も!? 「手数料無料・無審査・放置」のクラウドファンディング「FreeStarter!」
「借金を抱えた妊婦の出産費用でも、サラ金ブラックリストな人のパチンコ代でも」――村上福之さんが「手数料無料・無審査・放置」のクラウドファンディングサイトを公開した。(2013/12/18)

中卒、借金持ちでも成功できた奇想天外な考え方とは?
どん底の状態からビジネスで成功を収めた原田陽平さん。彼の成功の秘密を、著書『スマホ1台で月100万円稼ぐ人になる!』から紹介します。(2013/10/10)

藤田正美の時事日想:
米国債の債務不履行が世界恐慌を招きかねない理由
米国の累積債務額が17兆5000億ドル(およそ1750兆円)に達し、債務上限額を引き上げないと国債の償還ができなくなる恐れが出てきた。米国債のデフォルトを避ける手段とは?(2013/10/9)

藤田正美の時事日想:
米国の予算審議が滞り、世界景気の腰を折る
米国の2014年度予算の審議が進まず、17年ぶりに連邦政府の一部機能が閉鎖されるという異常事態に陥っている。もう1つ、債務上限枠の引き上げ問題もあり、世界経済はワシントンの動向を注視している。(2013/10/2)

ソフトバンク、7月10日にもSprint買収完了へ S&Pが2段階格下げ
ソフトバンクが、7月10日のSprint買収完了を見込んでいると発表した。格付け会社のS&Pは、この買収でソフトバンクの債務が膨らむとして、同社の長期信用格付けを2段階下げて「BB+」とした。(2013/7/9)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。