ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「規制緩和」最新記事一覧

関連キーワード

民泊、自治体条例での禁止も可能に
厚労省と観光庁の有識者会議は、市町村条例などで「民泊」の営業を禁止できることを報告書に明記する方向で一致した。(2016/5/24)

シード・プランニング ドローン市場予測:
2024年、産業用ドローン市場は2270億円規模に
今後、産業用ドローン市場はどのように成長していくのだろうか? シード・プランニングが発表した「産業用無人飛行機・ヘリコプター(ドローン)の市場予測」を基に見ていこう。(2016/5/17)

今度こそ会計業務のペーパーレス化【第3回】
「電子帳簿保存法Q&A」徹底解説:中小企業のペーパーレス会計、こんな時はどうする?
本連載の最終回では、国税庁「電子帳簿保存法Q&A(平成27年9月30日以後の承認申請対応分)」の回答を参照しつつ、中堅・中小企業における会計業務のペーパーレス化で失敗しないためのポイントを解説する。(2016/5/18)

忍び寄る“自治体消滅” おしゃれな港町・神戸でも
兵庫県で人口減少と少子高齢化が広がっている。国も地方創生を掲げて「超高齢化社会」に対応しようとしているが、地方都市は青息吐息だ。(2016/5/13)

自然エネルギー:
地熱でトマトを作る北海道・壮瞥町、電力会社2社が発電に向けて資源調査
北海道でも有数の火山地帯にある壮瞥町で地熱資源の開発プロジェクトが本格的に始まる。北海道電力と九州電力が共同で発電事業に向けた地熱資源の調査に乗り出す。2016年度内に地表調査を実施した後に、2017年度から掘削調査を進めて発電事業の可能性を判断する計画だ。(2016/5/12)

産業用ロボット:
協調ロボットのユニバーサルロボットが日本市場への取り組み強化へ
人間協調型の産業用ロボットベンチャーであるデンマークのユニバーサルロボットは日本市場への取り組みを強化する。新たに代理店の拡大を図る他、日本支社を設立。協調型ロボットの市場開拓を進めていく。(2016/5/11)

エネルギー列島2016年版(5)秋田:
日本海に洋上風力発電が広がる未来、地熱とバイオマスでも電力を増やす
秋田県の沖合3カ所で洋上風力発電所の建設計画が進んでいる。最大で150基以上の大型風車を日本海に展開する。陸上でも風力発電が拡大する一方、地熱やバイオマス発電の開発プロジェクトが活発になってきた。太陽光と小水力発電を含めて再生可能エネルギーの導入量を10年間で倍増させる。(2016/5/10)

すごいぞインテル! 100機のドローンが夜空を彩るイルミネーション
100機のドローンが夜空を彩る様子はなんとも言えない美しさを感じさせます。(2016/5/9)

フランスの旅行客は年間8000万人以上:
民泊大国フランスの惨状を見よ! 「パリは人の住めない街になってしまった」
「民泊」の規制緩和をめぐり、宿泊施設業界が“反撃”に乗り出した。全旅連がフランスの業界団体を招いて「緊急フォーラム」を開催。世界一の観光大国・フランスの現状は、「観光先進国」を目指す日本にとっての反面教師といえそうだ。(2016/4/25)

消費トレンドから見る企業戦略の読み解き方:
国内住宅の40%が空き家になる? それでも「空き家ビジネス」が難しい理由
“民泊”を筆頭に盛り上がりを見せつつある「空き家ビジネス」。今後数十年で多くの国内住宅が空き家になると見込まれる一方、日本ならではの課題もある。そのポイントを分析してみたい。(2016/4/25)

海外メディアはどう報じたのか 先行き不透明な「電力自由化」
日本で電力の自由化が始まった。これまで電力会社が独占していた市場が開放されたわけだが、海外メディアはこのことをどのように報じたのか。(2016/4/25)

激変する環境下で生き残るためのTransformation 〜コニカミノルタの事例に学ぶ〜:
第1回:「あるべき姿」にTransformするための道標としての中期経営計画
環境変化に対応し続ける企業体に変革する、Transformation。多くの企業が現在行っている取組みだが、これを成し遂げるためのポイントはどこにあるのだろうか。日本企業の中でもいち早くTransformationに着手してきたコニカミノルタを事例に、6回に渡ってこれを考えてみたい。第1回は、2011年、14年に同社が策定した2回の中期経営計画が果たした役割について考察する。(2016/4/19)

コンビニ、TPPに商機 ファミマ、マレーシアに進出 ローソンはベトナムに熱視線
コンビニエンスストア大手のファミリーマートは12日、マレーシアの食品加工会社、QLリソーシーズと提携して、同国のコンビニ事業へ参入すると発表した。(2016/4/13)

今度こそ会計業務のペーパーレス化【第2回】
ペーパーレス経理業務フローを整備しよう――3カ月の準備期間で用意する4ステップ
電子帳簿保存法改正のポイントと実務について解説する本連載の第2回では、「書類をスキャナー保存する行動を、経理業務フローにどのように落とし込むか」という観点で、準備作業や運用フローについて解説する。(2016/4/11)

ヤフー20周年、宮坂社長語る「データ活用へ規制緩和を」
日本のインターネット利用者の7割以上が利用する検索サイト「ヤフージャパン」は1996年4月の開設から20周年を迎えた。(2016/4/5)

今度こそ会計業務のペーパーレス化【第1回】
電子帳簿保存法改正、スキャナー保存できる文書とは?
2015年の税制改正で電子帳簿保存法におけるスキャナー保存制度の要件が緩和され、2016年1月1日に新基準の運用が始まった。連載第1回では、この法改正で何がどのように変わったのかを詳しく解説する。(2016/3/22)

賃貸借の期間は1カ月以上:
チェックイン時に賃貸契約、ゴミ出し説明も 沖縄リゾートマンションで民泊体験
訪日外国人の増加でホテル不足の中、一般住宅やマンションの空き部屋などに観光客らを有料で宿泊させる「民泊」が広がっている。民間企業がリゾート地・沖縄のマンションの空き部屋活用した事業を展開するなど積極的に取り組むところも。(2016/3/16)

自然エネルギー:
風力で作る水素サプライチェーン実証、補助金に頼らない水素社会への第一歩に
神奈川県の京浜臨海地区で、低炭素な水素サプライチェーンの構築に向けた産学連携の実証事業が始まる。神奈川県、トヨタ、岩谷産業、東芝などが連携し、再生可能エネルギーを利用したCO2フリーな水素の製造と貯蔵、そして利用までを含んだ水素サプライチェーンを構築する。約4年かけて課題となるコストの部分やエネルギーのマネジメント、CO2削減効果などを検証する。(2016/3/15)

燃料電池車:
CO2排出ゼロの物流拠点、風力発電と燃料電池フォークリフトで実現
岩谷産業と東芝、トヨタ自動車は、CO2排出量の少ない水素のサプライチェーンを京浜臨海部で構築する実証実験を行う。横浜市の風力発電の電力で製造した水素を、横浜市や川崎市に立地する企業の物流拠点で稼働する燃料電池フォークリフトに供給する。2017年度から本格的に実証運用を始める。(2016/3/15)

高性能ドローン続々投入 障害物回避、超軽量化……中仏メーカー、商戦過熱
小型無人機「ドローン」の商戦が過熱しそうだ。(2016/3/4)

法制度・規制:
水素スタンドを街に設置しやすく、トラックによる移動式にも新基準
ガソリンスタンドに代わる水素スタンドの拡大に向けて、政府は事業者が守るべき技術基準を改正した。再生可能エネルギーから水素を製造するような小規模な水素スタンドや、トラックなどを使った移動式の水素スタンドを対象に、技術基準を新設して安全性の高い設備を導入しやすくする。(2016/3/1)

世界で80万以上の宿を提供:
オーナーが同居しない空き部屋シェアリングは規制強化せよ
「シェアリング・エコノミー」の代表例は配車サービスのUberと、空き部屋シェアサービスのAirbnbであるが、注目を集めると共に論議を呼んできた。今回は、Airbnbのコミュニティーにとってのセキュリティの観点から考えてみよう。(2016/2/26)

リード3200MB/秒!:
5コアコントローラ+第3世代V-NANDの新製品も――日本サムスンが最新SSDを展示
日本サムスンが「2016 Samsung SSD Forum, Japan」を開催。2016年春の投入が見込まれる最新SSDを披露した。(2016/2/25)

視点:
TPP/IoT時代を生き抜く「農業4.0」のすすめ
TPPが大筋合意された状況を受けて、産業界で急速に普及・進展しつつあるIoTを活用し、脅威をチャンスに捉える日本農業の第四次構造改革の在り方を考察していく。(2016/2/25)

東京都大田区で「民泊」施設第1号を認定
特区となった大田区で2件の物件が民泊施設として認定された。(2016/2/15)

コンビニ探偵! 調査報告書:
コンビニのレジで「現金の引き出し」は難しい、これだけの理由
先日、コンビニやスーパーのレジで現金が引き出せる「キャッシュアウト」が可能になるのでは、というニュースがあった。すでにほとんどのコンビニにはATMが設置されているのだが……。今回は、コンビニでのキャッシュアウトの可能性について考えてみたい。(2016/2/15)

蓄電・発電機器:
埼玉から東京へ水素を融通、水素供給拠点となる併設型ステーション
東京ガスが埼玉県さいたま市に建設した「浦和水素ステーション」が2016年2月8日より営業を開始した。施設内で都市ガスから水素を製造する「オンサイト式」のステーションで、同社が東京都内に開設している水素ステーションへの水素供給拠点としての役割も担う。(2016/2/12)

クラウド会計サービスが電子帳簿保存法に対応
経理部の紙のやりとりがなくなる? 中小企業向けスキャナー保存制度のはじめかた
中堅・中小企業向けクラウド会計サービス各社は、スキャナー保存制度に対応した機能を組み込んだアップデートを提供している。スキャナー保存制度を開始するための行政手続をベンダーが支援するケースもある。(2016/2/9)

今さら聞けない「FinTech」の基礎知識:
第3回:日本におけるFinTech
国内外で大きな注目を集めているFinTech。日本ではどんなサービスが登場しているのか、なぜ主役がベンチャーなのかを考える。(2016/2/8)

インドネシア、EC市場への国外大手参入規制を緩和 地場勢保護も懸念の声
インドネシアは、インターネット通信販売など電子商取引(EC)の外資規制を緩和する。(2016/2/5)

スーパーのレジで現金が引き出せる 日本に根付くか? デビットカードの新サービス
スーパーのレジで現金を引き出せる――「デビットカード」を使ったユニークなサービスが来年にも解禁となる見通しだが、日本で浸透するか疑問の声も上がっている。(2016/1/29)

既存ERPとの連係がやはり鍵に
真のペーパーレスを実現、e-文書法のスキャナー保存にどう対応するか?
規制緩和によって全ての契約書や領収書のスキャナー保存が可能になった。これまで紙に悩まされてきた経理現場のペーパーレス化が一気に進みそうだ。スムーズに運用するためのベストプラクティスを紹介しよう。(2016/1/27)

ホテル不足の切り札? 「民泊」に異論続出 闇営業食い止めに許可制導入するというが……
ヤミ営業が横行する「民泊」が許可制となる見通しだが、貸主がきちんと許可を申請するかどうかは心許ない。抜本的な「解禁」を求める声もあり、予断を許さない。(2016/1/27)

デビットカードの利用率は1%未満:
レジで現金が引き出せる「キャッシュアウト」は日本に根付くのか?
レジで現金を引き出せる「デビットカード」を使ったユニークなサービスが来年にも解禁となる見通しになった。利便性向上が期待されるが、デビットカードの利用率が低い日本で、新たなサービスは浸透するのか。(2016/1/26)

タスクフォース議論、真の勝者はMVNO? 戦略転換の日本通信「HLR/HSS開放のコストは大きくない」
日本通信は総務省タスクフォースによる第2の規制緩和を受け、事業戦略を展開する。自社HLR/HSSによる多様なサービスで、低価格競争からの脱却が狙い。(2016/1/22)

安いものにはワケがある――規制緩和のツケ
廃棄のカツを格安で転売、市販するというウソのような話が実際に起こりました。安いものには確実に理由があるのです。(2016/1/22)

アジアの玄関口・福岡のキーパーソン:
元ジュディマリのTAKUYAが目指す「アジアの音楽ハブ構想」
アジアの玄関口として注目されている福岡。今回は福岡を「アジアの音楽のハブ」と位置付け、スタジオ開設の構想を立ち上げた元JUDY AND MARYのTAKUYAさんにインタビューした。(2016/1/19)

Weekly Memo:
Web会議はコミュニケーションプラットフォームになるか
Web会議システムが着実に普及している。国内の同市場を牽引するブイキューブは、自社製品を「ビジュアルコミュニケーションプラットフォーム」と呼ぶ。果たしてそうなり得るか。(2016/1/18)

メガバンクを中心にIT投資は拡大:
国内の金融IT市場は堅調、IDCジャパンが最新市場予測を発表
IDCジャパンが、国内金融IT市場について最新予測を発表。前年比成長率は0.6%と堅調で、特にメガバンクは3.0%と強めを予想した。金融機関は積極的なIT活用を模索しており、FinTech企業との連携を強化する大手金融機関が増加するとした。(2016/1/8)

法制度・規制:
日本を変えるエネルギー革新戦略、政府が3月にも公表
国全体のCO2排出量の削減目標を定めた2030年に向けて、政府は「エネルギー革新戦略」を策定して実行計画を推進する。省エネ、再エネ、エネルギー供給システムの3分野をテーマに、省エネ基準の義務化や固定価格買取制度の改革、IoTを活用した遠隔制御技術の開発などを進めていく。(2016/1/7)

2016年の電力メガトレンド(2):
地域密着型のバイオマス発電が拡大、太陽光の買取価格は下がり続ける
2016年は再生可能エネルギーの流れが大きく変わり始める。これまで急速に伸びてきた太陽光発電は買取価格の低下や出力制御の対象拡大によって開発計画が減少する見通しだ。地域の資源を活用したバイオマス発電が有利な条件をもとに拡大する一方で、風力・中小水力・地熱発電には課題が残る。(2016/1/6)

SCF2015 基調講演:
日立が描く第4次産業革命とは?
製造現場にITの波が押し寄せる中、総合電機としてさまざまな事業領域で製造現場と関わる他、自らも製造業としての製造現場を抱える日立製作所はどのように捉えているのだろうか。(2015/12/24)

ワーカホリックの人は注意! カフェイン中毒死、成人の目安は?
エナジードリンクの大量摂取が疑われるカフェイン中毒死が日本でも報告された。(2015/12/22)

電気自動車:
経産省が充電器設備に規制緩和、電気自動車の普及促進へ
経済産業省はEVやPHEVの国内乗用車市場に占める割合を2020年に15〜20%、2030年に20〜30%にする計画だ。これに向けて欠かせない充電インフラの普及促進に向け、規制緩和の実施を決めた。(2015/12/18)

嵐とEXILEのコンサートツアー時は民泊OKに 福岡市が方針打ち出す
ホテル不足解消となるか。(2015/12/9)

銀行のライバルはITベンチャー? 「フィンテック」で金融サービスはどう変わるのか
金融とITを融合した新しいサービス「フィンテック」が脚光を集めている。金融機関の“聖域”に飛び込むITベンチャーは「銀行にとって最強のライバル」になりつつある。(2015/12/9)

百貨店の正月休みは「英断」か テナント側から労働環境改善を重視したと感謝の声
「正月三が日ぐらいご家族とゆっくり過ごせる様にしたいと思うのは夢物語なのでしょうか」。(2015/12/8)

世界を読み解くニュース・サロン:
過去最高の売上! 米国人が銃を“爆買い”するワケ
2015年11月27日の金曜日、米国では恒例の「ブラックフライデー」が盛り上がった。この日からクリスマス・年末商戦がスタートしたわけだが、今年はある商品が過去最高の売り上げを記録した。銃である。(2015/12/8)

近隣住民とトラブルも……一般住宅に客を泊める「民泊」 政府はどう対応?
訪日観光客の宿泊施設不足が深刻化する中、一般住宅に有料で客を止める「民泊」がにわかに注目を集めている。是非をめぐる議論は百家争鳴の様相だ。(2015/12/3)

産業用ロボット:
“生け花”を産業用ロボットと一緒にやってみた
KUKAロボティクスジャパンは、「2015 国際ロボット展」(2015年12月2〜5日、東京ビッグサイト)に出展し、人との協調作業が行えるロボット「LBR iiwa」をユニークなデモンストレーションでアピールした。(2015/12/3)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。