ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「早期退職」最新記事一覧

“異端児エンジニア”が仕掛けた社内改革、執念の180日(4):
たった1人の決意
全社員の4分の1を削減するという経営刷新改革が発表され、湘南エレクトロニクスには激震が走る。本音は出さずとも総じて真面目だった社員たちは会社に背を向け始め、職場は目に見えて荒れてくる。そんな中、社長に直談判しに行った須藤が決意したこととは――。(2016/8/23)

60歳以上の7割が就労を希望:
定年後に別の企業で「顧問」として働きませんか? シニア紹介サービスが大受け
経験豊富なシニア層の退職を機に、ベンチャーや中小企業の「顧問」として紹介するサービスが登場している。少子高齢化で個人の働く年数が延びる中、シニア層の「顧問」は、新しい受け皿として注目されている。(2016/8/16)

シャープ去るサラリーマン社長、高橋興三氏の苦渋3年「こんなにしんどいとは思わなかった」
シャープから高橋興三社長が去る。「社長がこんなにしんどいとは思わなかった」。就任直後につぶやいた一言が思い起こされる。(2016/7/25)

バーバリーの穴は大きすぎた ライセンス切れの三陽商会が業績不振で大リストラ
45年に及ぶ英バーバリーとのライセンス契約を昨年6月末に終了してから1年余り。アパレル大手・三陽商会の売り上げが大幅に落ち込んでいる。(2016/7/21)

“異端児エンジニア”が仕掛けた社内改革、執念の180日(3):
始まった負の連鎖
ある朝、顧客から入った1本のクレーム。湘南エレクトロニクスが満を持して開発した製品が、顧客の要求スペックを満たしていないという内容だった。その後、調査が進むにつれて、さまざまな問題が明らかになり、社員は“犯人探し”と“自己防衛”に走り始める――。(2016/7/21)

立ちどまるよふりむくよ:
妻の実家でOmoidoriした空白の18年と失われた色
OmoidoriとPhotoshopで過去への旅に出てみた。(2016/7/15)

ライセンス契約終了から1年:
大きすぎた「バーバリー」の穴が埋まらない 三陽商会、新ブランドの認知度「28分の1」
アパレル大手の三陽商会が、45年に及ぶ英バーバリーとのライセンス契約を2015年6月末に終了してから1年がたった。主力ブランドの抜けた穴は大きく、後継事業として立ち上げたブランドも販売が計画の約8割にとどまっている。(2016/7/5)

えっ、シャープ「雇用維持」ちゃうの!?……鴻海に人員削減策
シャープの買収を決めた鴻海が、同社従業員の削減に踏み切る可能性が出ている。(2016/5/16)

1000人を上回るリストラの可能性も:
えっ、シャープ「雇用維持」ちゃうの!? 鴻海に人員削減策
シャープの買収を決めた台湾・鴻海精密工業が従業員の削減に踏み切る可能性が出ている。6月末までに買収を完了して鴻海傘下で再出発するシャープだが、従業員の雇用不安は消えていない。(2016/5/16)

企業動向を振り返る 2016年4月版:
熊本地震で影響を受けた各社工場一部再開へ/インテル大規模人員削減計画
過去1カ月間のエレクトロニクス関連企業の動向をピックアップしてお届け! 2016年4月は、熊本地震の影響を受けた製造業各社の生産再開見込みに関する速報や、国内外の大手企業による人員整理の話題に注目が集まりました。(2016/5/12)

人員対策は計画より3610人上振れ:
東芝の早期退職応募数は3449人
東芝は2016年4月15日、2016年3月下旬までの期間での募集していた早期退職優遇制度に3449人の応募があったと発表した。(2016/4/15)

最後まで決断できなかったシャープ経営陣 リーダーシップの欠如が混迷深めた
シャープの高橋社長ら経営陣は最後まで再建に向けたビジョンを示せず、問題の先送りを続けたことで、鴻海傘下に追い込まれるかたちになったことは否定できない。(2016/4/6)

出資額1000億円引き下げにも:
最後まで決断できなかった――シャープ経営陣の“迷走”
台湾の鴻海精密工業によるシャープ買収が正式に決まり、シャープは鴻海傘下で経営再建を目指すことになった。シャープの高橋興三社長ら経営陣は最後まで再建に向けたビジョンを示せず、問題の先送りを続けたことで追い込まれるかたちになった。(2016/4/5)

EE Times Japan Weekly Top10:
今回の注目は東芝の決算
EE Times Japanで2016年2月6〜12日に、多くのアクセスを集めた記事をランキング形式で紹介します。さまざまなトピックのニュース記事、解説記事が登場!!(2016/2/13)

医療機器ニュース:
東芝がヘルスケア社を廃止へ、リストバンド型センサーは売却も
東芝は2016年3月末でヘルスケア社を廃止する方針を決めた。東芝メディカルシステムズの株式の過半を売却する方針は変更なく、重粒子がん治療装置やゲノム解析受託サービスは東芝内で事業を行う。リストバンド型センサー「Silmee」などの事業は東芝グループの内外への移管を検討するとしている。(2016/2/4)

150人規模の合理化も:
東芝がHDD事業でリストラ策発表、PC向け縮小へ
東芝は2016年2月4日、HDD事業の構造改革策を発表した。国内HDD事業に関わる人員について、150人規模の再配置および早期退職優遇制度を実施する。(2016/2/4)

東芝、HDD事業でもリストラ モバイル向け縮小、150人早期退職・再配置
東芝が赤字のHDD事業で構造改革。エンタープライズ向けに集中するとともに、国内人員を削減。(2016/2/4)

親孝行を考えるきっかけになるかも? 恋愛だけじゃない南波あつこ「スプラウト」の魅力
横浜国立大学のミスコンに出場した野口光咲ちゃんがオススメしてくれました。(2016/1/31)

アイリスオーヤマが目指す“次の家電戦略”
2009年に家電分野に参入した生活用品大手のアイリスオーヤマ。シャープやパナソニックを辞めた技術者を積極的に採用し、大手家電メーカーの後を追いかけ始めた同社だが、昨年後半から、家電づくりに対する姿勢の変化が起き始めている。(2016/1/14)

東芝がPC事業分社化 法人向けを中核に、個人向けは国内で継続
東芝はPC事業の構造改革を発表した。(2015/12/21)

残るのは「ストレージ」と「エネルギー」:
東芝 民生大幅縮小、虎の子ヘルスケア売却で生き残り
東芝は2015年12月21日、経営再建に向けた経営施策「新生東芝アクションプラン」を発表した。東芝メディカルの株式を売却し資金確保を進めつつ、PC、テレビ、家電、HDDといった赤字事業の構造改革を2015年度(2016年3月期)中に実施し、2016年度以降の黒字化を目指す。(2015/12/21)

東芝、ライフスタイル部門で6800人再配置・早期退職 最終赤字5500億円に
東芝がライフスタイル部門で6800人の合理化。通期の連結最終赤字は5500億円となる見通しだ。(2015/12/21)

東芝、PC事業分社化 テレビは国内で開発・販売継続 再編を正式発表 青梅は閉鎖・売却へ
東芝がPC、テレビ、家電各事業の構造改革を正式発表した。(2015/12/21)

東芝、「最大7000人リストラ」報道にコメント
東芝が白物家電やテレビ事業で最大7000人程度の人員を削減する方向で調整に入ったという一部報道についてコメント。(2015/12/15)

EE Times Japan Weekly Top10:
ルネサスの動向がトップ3を独占
EE Times Japanで2015年11月28日〜12月4日に、多くのアクセスを集めた記事をランキング形式で紹介します。さまざまなトピックのニュース記事、解説記事が登場!!(2015/12/11)

東芝、「テレビ自社生産から完全撤退」報道にコメント
東芝がテレビ事業で自社生産から完全撤退するという一部報道についてコメント。(2015/12/10)

東芝、大分の半導体設備を190億円でソニーに売却 希望退職も実施
東芝は大分工場の半導体設備をソニーに190億円で売却。半導体事業で約1200人の希望退職と再配置も実施。(2015/12/4)

アイリスオーヤマ、炊飯器に参入
アイリスオーヤマが「お米家電」に参入。第1弾として炊飯器を発売する。(2015/11/16)

白色LED後発参入も実らず、撤退:
東芝 半導体リストラ、1200人が異動/退職へ
東芝は2015年10月28日、CMOSイメージセンサー/白色LED事業からの撤退や人員削減策を盛り込んだ半導体事業の構造改革策を発表した。構造改革の実施により、2017年3月期の半導体事業の固定費を2015年3月期比260億円程度削減するとしている。(2015/10/28)

東芝、CMOSセンサー生産拠点をソニーへ売却 正式発表 白色LEDも撤退
東芝はCMOSイメージセンサー事業と白色LED事業からの撤退を正式発表した。(2015/10/28)

東芝、「イメージセンサー工場をソニーに売却」報道にコメント
東芝は、同社が画像センサーを生産する工場をソニーに売却する方向で最終調整に入ったなどと伝えた各紙の報道について、「当社が発表したものではない」とのコメントを発表した。(2015/10/26)

ITエンジニアの未来ラボ(6):
日本の技術者が“いま”実現したいこと、業務時間外での取り組み、次世代技術のビジネス活用まとめ
“いま”実現/チャレンジしたいこと、業務時間外に技術に触れる時間、場所、金額、方法、興味がある次世代技術、次世代技術をどの業種に、どう生かすかなど、400人に聞いたアンケート結果をリポートする。(2015/10/9)

EE Times Japan Weekly Top10:
やはり関心は“中身”に、Appleのプロセッサ
EE Times Japanで2015年9月14〜18日に、多くのアクセスを集めた記事をランキング形式で紹介します。さまざまなトピックのニュース記事、解説記事が登場!!(2015/9/24)

対象は5000人の元IBM従業員なのか:
GLOBALFOUNDRIESが早期退職者を募集
GLOBALFOUNDRIESが、早期退職希望者を募集しているという。ただし、専門家によればファウンドリ市場はそれほど低迷していない。「早期退職募集の対象者は、IBMから移ってきた5000人の従業員なのではないか」と推測する報道機関もある。(2015/9/16)

シャープ希望退職に3234人応募 見通し下回る
シャープの希望退職に3234人の応募。当初想定の3500人を下回った。(2015/8/21)

ニッセン、大型家具から撤退 希望退職実施、今期最終赤字は119億円に
カタログ通販のニッセンは今期赤字が拡大する見通し。大型家具事業から撤退し、希望退職の実施に踏み切る。(2015/8/17)

メキシコの生産拠点も売却:
シャープ、米国テレビ事業撤退 Hisenseに「AQUOS」「Quattron」ブランド供与
シャープが、北米・中南米地域(ブラジル除く)における液晶テレビの生産・販売から撤退すると発表。中国の家電大手Hisenseに生産拠点を売却し、ブランドを供与する。(2015/7/31)

シャープ、米テレビ生産・販売から撤退 中国大手に拠点売却・ブランド供与
シャープは北米・中南米地域での液晶テレビ生産・販売から撤退すると発表した。(2015/7/31)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
「常識が通じない」マツダの世界戦略
「笑顔になれるクルマを作ること」。これがマツダという会社が目指す姿だと従業員は口を揃えて言う。彼らは至って真剣だ。これは一体どういうことなのか……。(2015/7/13)

2015年上半期「希望・早期退職者募集」状況」
2015年上半期に希望・早期退職者の募集実施を公表した上場企業の数は? 東京商工リサーチが調べたところ……。(2015/7/9)

シャープ、3500人希望退職で労組と合意
シャープが3500人規模の希望退職の募集について労組と合意。(2015/6/17)

太陽光:
笑うパワコン、泣くパネル、太陽光発電各社の決算動向
企業各社の2014年度(2015年3月期)決算が出そろったが、太陽電池メーカーは苦境が目立つようだ。2014年度決算資料などから太陽光発電関連企業の2014年度の動向と2015年度(2016年3月期)の取り組みについてまとめた。(2015/6/2)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
今の会社に残るか? 移るか? 独立か?――70歳まで働く「社会人人生50年時代」到来のいま、30代以降の転職を成功させる方法
ステージをクリアしなければさらなる成長は見込めない。中途半端に課題から逃げる転職を繰り返しても仕事の壁はなくならない。会社に残るか、転職かそのポイントは。(2015/5/28)

視点:
ドイツに学ぶ中長期視点の経営
低迷する欧州経済内では健闘しているドイツ。産業構成や勤労観が似ているドイツの中長期視点の経営に、強い日本企業を作るヒントを探る。(2015/5/18)

日本とアジアに注力:
赤字に苦しむシャープ、AV・家電事業はどうなる? 中期計画で再建策を表明
液晶事業の不振などで赤字に苦しむシャープが中期経営計画を発表。カンパニー制度の導入や資本金の減資、本社売却などで2016年度中の黒字転換を目指す。(2015/5/14)

ビジネスニュース 企業動向:
シャープが赤字2223億円、カンパニー制や3500人削減など新中期計画
シャープの2014年度連結決算が2223億円の赤字に。経営再建策として新たな中期経営計画を発表した。(2015/5/14)

本社ビルも売却 「聖域なし」「不退転」シャープの再建策、成否は
「不退転の覚悟」──再建策を発表したシャープの高橋社長。本社ビルの売却も決めるなど「聖域なし」だが、液晶の分社化には踏み込まなかった。(2015/5/14)

シャープ、中期計画発表 資本金5億円へ減資、社内カンパニー制導入 希望退職3500人募集
資本金5億円への減資や社内カンパニー制の導入などを柱とした中期経営計画を発表した。(2015/5/14)

法制度・規制:
太陽光発電で急成長したサニックス、業績不振で600人の希望退職者を募集
2012年度から太陽光発電の事業を急拡大してきた環境衛生サービスのサニックスが600人にのぼる希望退職者の募集を開始する事態に陥った。太陽光発電の新規導入が難しくなった九州を中心に西日本の人員削減と店舗の統廃合に踏み切る。市場規模が大きい東日本で巻き返しを図る方針だ。(2015/5/11)

『電撃ホビーマガジン』創刊17年の歴史に幕、活動の場を「電撃ホビーウェブ」へ
プラモデル、フィギュア、トイをテーマに速報性の高い記事や、動画コンテンツの配信などを行う予定。(2015/4/24)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。