ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「エンターブレイン」最新記事一覧

ゲーム特化コラボカフェ「Gzカフェ」始動 第1弾は「アズールレーン」特集
重桜陣営のキャラをイメージしたメニューを提供。(2018/4/13)

かーずSPのインターネット回顧録(番外編):
ブックオフの伝説記事「異世界転生ファンタジー年表」を作った“ラノベ担当ミヤザワさん”とは一体何者なのか
ガチすぎる特集を連発する「ブックオフのミヤザワ」さんとは一体何者?(2018/4/21)

モンハンワールドも好調:
17年度の国内家庭用ゲーム市場、2年連続で拡大 Switchがけん引
ゲームメディア「ファミ通」(Gzブレイン)が発表した2017年度のゲーム市場調査の結果によると、国内家庭用ゲーム市場はハード・ソフト合計で3878.1億円(前年比21.8%増)と、2年連続で拡大した。(2018/4/3)

国内家庭用ゲーム市場、2年連続で前年超え Switchがけん引 ファミ通調べ
ファミ通が、2017年度の国内家庭用ゲーム市場規模は3878.1億円で、ハード・ソフト両市場で2年連続前年超えだったと発表した。(2018/4/2)

国内家庭用ゲーム市場規模、前年比121.8%の約3878億円に ファミ通調べ
ハード市場だけで見ると前年比152.7%。累計400万台を突破したNintendo Switchの影響がうかがえます。(2018/4/2)

「子持ちのおじさんゲーマーにも夢を持ってほしい」 トッププロゲーマーを影で支え続ける“プロゲーマーの嫁”の内助の功
「西のウメハラ」とも呼ばれたトッププレイヤーの妻であり、マネジャーでもあるakikiさん。私生活やeスポーツシーンについて話を聞きました。(2018/4/1)

Googleが日本でインディーゲームのコンテスト 審査員にキズナアイなど
Googleが日本でインディーゲームのコンテストを開催する。バーチャルYouTuberのキズナアイなど10人がファイナルイベントで審査員を務める。(2018/3/7)

「状況は認識している」:
PS4、モンハン特需で品薄続く ソニー「需要に対応する」
「モンハン」最新作が発売された影響で、「PS4」の売り上げが好調だ。だが、実店舗では品薄状態が続き、ECサイトでは高値で取引されている。SIEに対応策を聞いたところ、「需要に対応する」とコメントした。(2018/3/7)

「スプラトゥーン2」国内200万本突破 Switch初のダブルミリオン
Nintendo Switch用ソフト「スプラトゥーン2」の国内推定累計販売本数が200万を突破した。Nintendo Switchソフト初のダブルミリオンという。(2018/2/14)

グリー、家庭用ゲーム市場に参入 Switch向け「釣り★スタ」をグローバル配信
グリーが家庭用ゲーム市場に参入すると発表した。第1弾としてNintendo Switch向けに「釣り★スタ」を配信する。(2018/2/2)

グリーが家庭用ゲーム市場に参入 Switch向けに「釣り★スタ」配信
家庭用ゲーム市場の伸びに期待して事業領域を拡大するとしています。(2018/2/2)

年内にもグローバル配信:
グリー、家庭用ゲーム市場に参入 「Switch」向け「釣り★スタ」発売へ
グリーが家庭用ゲーム市場に参入すると発表。年内にも「Nintendo Switch」版「釣り★スタ」をグローバル配信する予定。市場が拡大傾向にあるため参入に至ったという。(2018/2/2)

「モンスターハンター:ワールド」国内でも発売3日間で135万本を販売 PS4タイトルでは過去最高の初動を記録
ダウンロード版を含めると200万本を越える勢いと推測されています。(2018/1/31)

家庭用ゲームのハード/ソフト市場、11年ぶり前年増 「ドラクエ11」300万本突破やNintendo Switchがけん引
めでたいニュース。(2018/1/9)

17年の国内ゲーム市場、ハード・ソフトとも前年比増 11年ぶり、Switchがけん引
2017年の国内家庭用ゲーム市場は、11年ぶりにハード・ソフトとも前年より拡大――ゲームメディアの「ファミ通」が1月9日、こんな調査結果を発表した。(2018/1/9)

「カタカナは20文字だけ」「没アイテムで宝箱がカラッポに」 ファミコンハードの限界に挑んだ制作者たち
あの手この手で容量を節約。(2018/1/7)

「スーパーマリオ オデッセイ」国内累計販売本数が100万本を突破 Nintendo Switchも間もなく300万台!
発売から8週目でのミリオン達成でした。(2017/12/20)

日本国内のモバイルゲーム売上額、1位は“あのゲーム”
ゲーム総合情報メディア「ファミ通」が、日本国内のモバイルゲーム課金売上額(2017年1月1日〜10月3日)を発表した。1位は1041億円で“あのゲーム”。(2017/12/11)

データ年鑑『ファミ通モバイルゲーム白書 2018』12月12日発刊 モンストの課金売上は1041億円
モバイルゲームに特化したデータ年鑑。(2017/12/8)

「どうぶつの森 ポケットキャンプ」効果か:
3DS「どうぶつの森」売り上げトップ10に再浮上
ニンテンドー3DSソフト「とびだせ どうぶつの森 amiibo+」が売り上げ本数ランキングトップ10に再浮上。1万本超を売り上げ7位にランクインした。21日リリースの「どうぶつの森 ポケットキャンプ(ポケ森)」効果か。(2017/11/30)

最新作「ウルトラサン・ムーン」後押し:
「ポケモン」関連ソフト、全世界累計3億本突破
「ポケットモンスター」関連ソフトの累計出荷本数が全世界3億本を突破した。(2017/11/24)

「ポケットモンスター ウルトラサン・ムーン」発売3日で120万本販売 ファミ通調べ
年末に向けて販売が増えそう。(2017/11/22)

「ゲームやってない奴って話がつまんなくないですか?」 ガチゲーマー芸人「ヤマグチクエスト」のゲームへの異常な愛情
芸人で1番ポケモンが強い、らしい。(2017/11/11)

ハーパーコリンズ・ジャパンが創刊:
新ボカロレーベル創刊 ヒット曲の小説・漫画を電子配信
ハーパーコリンズ・ジャパンが電子配信レーベル「キャラクター・ボーカル・ノベル」「キャラクター・ボーカル・コミック」を創刊。ボーカロイド楽曲のノベライズ・コミカライズを電子書籍として配信する。第1弾は小説版「悪ノ娘」。(2017/11/1)

「スーパーマリオオデッセイ」、発売3日間で51万本を突破 Switchでは「スプラトゥーン 2」に次ぐ歴代2位
マリオの帽子を投げつけることで敵やモノが操れる新システムなどで注目浴びる。(2017/11/1)

あの「緊急事態宣言」から1年、コミックビームは生き残れたのか 編集長が語る、電子増刊『コミックビーム100』の狙い
怒涛(どとう)の1年でコミックビームはどう変わったのか、奥村勝彦編集総長、岩井好典編集長、そして新たに創刊される『コミックビーム100』の本気鈴編集長に話を聞きました。(2017/10/14)

2018年も引き続き生産:
人気の「ミニスーファミ」 4日間で36.9万台販売
任天堂が10月5日に発売したゲーム機「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」は、8日までの4日間で約36.9万台が売れた。(2017/10/11)

「ミニスーファミ」、発売後4日間で国内販売数36万台を突破 ミニファミコン上回る
ミニファミコンの初週26.3万台をしのぐ好調なスタート。(2017/10/11)

「ミニスーファミ」、4日間で36.9万台を販売──ファミ通調べ
ファミ通によると、「ミニスーファミ」が発売から4日で36.9万台売れたという。(2017/10/11)

コミックビームが電子増刊『コミックビーム100』を新創刊 100ページ100円、『快傑蒸気探偵団』スピンオフも
読もう! コミックビーム100!(2017/10/6)

「スプラトゥーン2」国内販売100万本突破 発売1カ月で
Nintendo Switch向けソフト「スプラトゥーン2」の国内推定累計販売本数が、発売後1カ月間で100万本を超えた。ファミ通が調査。(2017/8/24)

「スプラトゥーン2」が国内累計販売数100万本突破 プレイヤー人口は「10代>5〜9歳>20代」
プレイヤーの4割が10代で、男女比がおよそ7:3といったデータも。(2017/8/24)

発売後1カ月で:
「スプラトゥーン2」国内100万本突破 10代男性に人気
「Nintendo Switch」向けソフト「スプラトゥーン2」は、発売後約1カ月で100万本超が売れた。(2017/8/24)

漫画家・佐藤夕子が教える「波の描き方」に目からうろこ! サランラップを使った驚きの描画テクニックも
漫画を描くのにサランラップが役に立つとは。(2017/8/15)

ニコニコ生放送で「セガサターン」特集 「サクラ大戦」から「ダイナマイト刑事」まで名作ゲームを24時間プレイ
思い出が甦る……。(2017/8/12)

「ドラゴンクエストXI」の販売本数が300万本突破 ダウンロード版含み
7月29日に発売され1週間経過。(2017/8/7)

「ドラクエ11」発売2日で200万本突破 PS4・3DS合計で
ドラクエ11の国内推定販売本数が2日で200万本突破。ハードの売り上げにも貢献している。(2017/8/2)

「ドラゴンクエストXI」発売2日間で208万本販売 各ハードの販売台数増にも貢献
7月29日に発売された「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」の国内推定販売本数が明らかに。【追記】(2017/8/2)

ハード所持者の2人に1人:
「スプラトゥーン2」国内67万本突破 発売3日で
「スプラトゥーン2」が発売3日間で67万本を突破。任天堂の新型ハード「Nintendo Switch」所有者の2人に1人以上が所有するキラータイトルに――「ファミ通」調べ。(2017/7/26)

前年同期比14.8%増の1532億円:
国内家庭用ゲーム市場、3年ぶりプラス 「Switch」大貢献
2017年上半期の国内家庭用ゲーム市場は、「Nintendo Switch」効果で3年ぶりの前年比プラスに。14.8%増の1532億円となった――「ファミ通」調べ。(2017/7/5)

国内家庭用ゲーム市場規模、3年ぶりにプラス 「Nintendo Switch」大きく貢献
2017年上半期の国内家庭用ゲーム市場規模が1532億円に。14年上半期以来、3年ぶりに昨対比がプラスだった。(2017/7/4)

「Nintendo Switch」国内販売、100万台突破 現行据え置き機では「最速ペース」
ファミ通によると、Nintendo Switchの国内推定累計販売台数が100万台を突破。現行の据え置き型ゲーム機の中で最も早いペースという。(2017/6/28)

ソフトはマリカーがゼルダ抜く:
Nintendo Switch、発売4カ月で国内100万台突破
Nintendo Switchは、発売約4カ月で約101万台が売れた。現行の据え置き型ゲーム機を上回るペースだ。(2017/6/28)

Nintendo Switchにモンハン登場 「モンスターハンターダブルクロス」移植へ
詳細は27日に発表予定。(2017/5/26)

日本初のオフラインRTAイベント「RTA in Japan」主催者インタビュー 遊び方を突き詰めていくプレイヤー達の「圧倒的熱量」
2016年末に3日間を通して行われたオフラインRTA(リアルタイムアタック)イベント「RTA in Japan」、その主催者にインタビュー。(2017/3/13)

ソフトは「ゼルダ」首位:
Nintendo Switch、発売3日間で33万台販売
Nintendo Switchは発売3日間で33万台が販売されたようだ。(2017/3/7)

「Nintendo Switch」国内販売、3日間で33万台 ファミ通調べ
ファミ通によると、Nintendo Switchの発売3日間の国内推定販売台数は33万637台だった。(2017/3/7)

桜玉吉最新刊「伊豆漫玉日記」本日発売! 一部店舗では描き下ろしイラストペーパーも
「漫玉日記」最新作!(2017/1/25)

玉吉先生、生存確認! 漫画家・桜玉吉の貴重なインタビュー動画が公開に コミックエッセイ「日々我人間」発売記念で
玉吉先生のお顔とお声が……!(2016/11/28)

週刊「調査のチカラ」:
スマート農業、Pokemon GO、etc. IoT的未来の進捗どうでしょう?
人もモノも情報も、全てがインターネットでつながる時代。モバイルゲーム市場の現在からスマート農業の展望まで、既に実現した「未来」を最新の調査データからのぞいてみましょう。(2016/11/26)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。