ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「起業家」最新記事一覧

質問!起業→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で起業関連の質問をチェック

バンダイナムコが起業家支援「アクセラレータ」開始 玩具、AI、VR、IoTなどの事業募集
バンダイナムコが起業家支援「アクセラレータ」をスタート。玩具やAR/VR、AI、ロボティクス、IoTなどのビジネスプランを募り、選ばれた事業を人材面で支援したり、出資・提携を検討する。(2018/4/17)

海外医療技術トレンド(34):
大阪の姉妹都市メルボルンに見る地域発デジタルヘルスの展開
大阪市と1978年から姉妹都市提携を結んでいるオーストラリアのメルボルン市。両市の姉妹都市提携40周年事業の一環で開催された「メルボルン×大阪 ヘルスケア・イノベーション交流セミナー」の模様とともに、メルボルン市の先進的なデジタルヘルスの取り組みを紹介する。(2018/4/13)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
「食べ放題」を強化する牛角の“出遅れ感”
「焼肉デート」という言葉を生んだ牛角は、落ち着いて飲み食いができる「居酒屋焼肉」の業態で国内最大手に上り詰めた。しかし、ライバルが食べ放題の業態に次々参戦。キャッチアップはできるのだろうか?(2018/4/10)

イーロン・マスク氏のトンネル企業、火炎放射器の次は「レゴのようなブロック」販売へ
イーロン・マスク氏が、Boring Companyの「火炎放射器」の次の製品として、トンネル掘削で掘り出した岩で作った「レゴのようなブロック」を検討中とツイートした。(2018/3/27)

Facebook退会の動き高まる 個人データ不正流用問題で
著名な起業家のイーロン・マスク氏も、SpaceXとTeslaのFacebookページを削除。(2018/3/25)

イーロン・マスク氏、TeslaとSpaceXのFacebookページを削除
Facebookのデータスキャンダルで拡散するハッシュタグ「#deletefacebook(Facebookを削除しよう)」を見たイーロン・マスク氏が、経営するTeslaとSpaceXのFacebookページを削除した。(2018/3/25)

宇宙ビジネスの新潮流:
日本政府1000億円を宇宙ビジネスに投入、勝機は?
内閣府が主催する宇宙ビジネスシンポジウムが開かれ、宇宙開発利用大賞の発表などさまざまな催しが行われた。そこで安倍首相が宇宙ビジネス支援策を発表、官民合わせて1000億円規模のリスクマネーを宇宙ビジネスに投入していくという。(2018/3/24)

地方発!次世代イノベーション×MONOist転職:
ジャパニーズドリームを、群馬から――群馬イノベーションアワード(群馬県)
「次世代の地域創生」をテーマに、自治体の取り組みや産学連携事例などを紹介する連載の第16回。群馬県のイノベーション機運を高めようと、毎年開催されている「群馬イノベーションアワード」を紹介する。(2018/3/23)

ベンチャーニュース:
IoT時代のセキュリティ、誰でも使いやすいAI、独自のコイル――旬な技術咲く「第3回 JEITAベンチャー賞」
電子情報技術産業協会(JEITA)は第3回 JEITAベンチャー賞の表彰式を開催。成長性・先導性、波及性、社会性の視点から、電子情報技術産業における総合的な発展と併せ、経済発展にも貢献し得るベンチャー企業を審査および選考した上、表彰する。今回は8社のベンチャー企業が受賞した。(2018/3/19)

あなたの知らない欧州スタートアップの世界:
欧州スタートアップが日本市場に熱視線 その理由は?
欧州のスタートアップが日本市場に熱いまなざしを向けている。AIや仮想通貨など最新テクノロジーに前向きな日本は海外にとっても開拓しがいのある市場になっているという。(2018/3/15)

イーロン・マスク氏のトンネル網構想、車より歩行者優先に軌道修正
イーロン・マスク氏が、The Boring Companyのトンネル網構想を軌道修正し、車より歩行者を優先するとツイートした。1000以上の小さな駅間をバスのような乗り物で移動できるようにする。(2018/3/12)

“介護版ビットバレー”をつくりたい:
介護施設が「プロレス」「お寺」とコラボする理由
介護業界の課題解決に向けて、新しい切り口で挑んでいる介護業界の“アクションリーダ―”斉藤正行氏。彼がこれまで取り組んできたこと、そしてこれから仕掛けようしている「お寺×介護」とは?(2018/3/8)

学校にパソコンがないので黒板にWordを描く ガーナの先生に注目集まる
Microsoft Africaが端末を提供することを約束しています。(2018/3/4)

叶姉妹、堀江貴文らが講師に ソフトバンク、スマホで“授業動画”を無料公開
ソフトバンクは縦型動画コンテンツ「私立スマホ中学」を公開した。(2018/3/1)

AAEONが「Intel Movidius Myriad 2 VPU」搭載の基盤を用意:
Intel、AIプロトタイプの市場投入を支援するプログラム「Intel AI: In Production」を発表
Intelは、デベロッパーによるAIプロトタイプの市場投入を支援する新プログラム「Intel AI: In Production」を立ち上げ、その最初のパートナーとしてAAEON Technologiesを選定した。(2018/3/1)

有識者が解説:
企業は「クラウドファンディング」をどう活用するべきか
急激に市場規模が拡大しているクラウドファンディング――。新しい資金調達の手段として注目されているが、企業はこの新しいツールとどのように向き合っていけば良いのだろうか。(2018/2/23)

世界を読み解くニュース・サロン:
仮想通貨の父「サトシ・ナカモト」の正体がバレているのは本当か
仮想通貨の代表格であるビットコインを発明したサトシ・ナカモトとは、何者なのか。数々のメディアが「この人物がナカモトだ」と報じたが、いずれも誤報。真相は闇に……と思われたが、ナカモトの正体を知っている人がいるとの話が出てきた。それは……。(2018/2/22)

あなたの知らない欧州スタートアップの世界:
欧州スタートアップ隆盛のきっかけは“節税”だった?
シリコンバレーと同じくらい力のあるスタートアップが輩出されるようになった欧州。その背景には「節税目的」のベンチャー投資ファンドなどの登場があった。(2018/2/22)

「問題児 三木谷浩史の育ち方」:
起業家、楽天「三木谷浩史」はいかにして生まれたか
楽天を創業し、現在も会長兼社長を務める三木谷浩史氏。綿密な取材をもとに、そのバックグラウンドをまとめたのが山川健一氏の著書「問題児 三木谷浩史の育ち方」だ。かつては不良少年だった三木谷氏はいかにして立ち直り、起業家精神を身に着けたのだろうか。(2018/2/19)

ネットの高校「N高」、学生ベンチャー育成する「N高起業部」設立
角川ドワンゴ学園「N高等学校」は、学生ベンチャーを育成する「N高起業部」を設立すると発表した。(2018/2/5)

ITはみ出しコラム:
カバー範囲は宇宙、地底、脳内チップ、自動運転、そして火炎放射器まで イーロン・マスクってどんな人?
米TeslaのCEOとして知られるイーロン・マスク氏ですが、それ以外にも幅広い事業を手掛けています。先日はなぜか火炎放射器を発売して注目されたりもしましたが、どんな人なのでしょうか?(2018/2/4)

省エネビル:
「東京ミッドタウン日比谷」が竣工、広い緑化空間とイノベーション創出を融合
三井不動産は、「東京ミッドタウン日比谷」の竣工(しゅんこう)式を開催した。広大な緑化空間とイノベーション創出支援拠点を併せ持つ同施設は、2018年3月29日の開業を予定する。(2018/2/1)

「世界一安全」をうたう火炎放射器、イーロン・マスクの会社が発売 初回生産分2万丁が完売の勢い
ていねいなことに消火器も同時発売。(2018/1/31)

帝国データバンク、「社長年齢分析」公開 平成生まれの社長が最も多い業種は?
帝国データバンクは「全国社長年齢分析(2018年)」を公開した。(2018/1/31)

イーロン・マスク氏、火炎放射器(500ドル)をなぜかトンネル企業で発売へ
イーロン・マスク氏が経営するトンネル掘削企業The Boring Companyが、なぜか火炎放射器を発売する。価格は500ドル(約54万円)で2万台販売する予定。(2018/1/29)

起業家支援プロジェクトへの危惧:
ふるさと納税 返礼品競争から脱却できるか?
ふるさと納税に関して、総務省から3つの支援策が示されている。その支援策の1つ「ふるさと起業家支援プロジェクト」について意見を述べたい。(2018/1/29)

製造マネジメントニュース:
自動車連合がベンチャーキャピタルファンド設立、5年間で最大10億ドル投資
ルノー、日産自動車、三菱自動車の自動車アライアンスが、オープンイノベーションを支援する企業ベンチャーキャピタルファンド「Alliance Ventures」を設立。今後5年間で最大10億ドルを投資する。(2018/1/26)

10年来の月面探査レースが終了へ 優勝賞金20億円、達成チームは無し
やはり月は遠かった。(2018/1/24)

シェア、サテライト……:
働き方変える新形態オフィス 不動産各社、起業家も吸引
不動産各社が、東京都心部で新形態のオフィス事業に注力している。(2018/1/18)

平成世代、芽吹く“ソニー魂” 社内ベンチャーで事業化続々「次の柱育てる」
ソニーがイノベーション創出に向け社内ベンチャーを次々に誕生させている。(2018/1/16)

平成世代、芽吹く“ソニー魂” 社内ベンチャー奮闘 新小型端末など事業化続く
ソニーが社内ベンチャーを次々に誕生させている。平井社長の直轄組織が進める社内横断プロジェクトで、平成元年生まれの課長らが開発した新型端末などすでに13件が事業化された。(2018/1/15)

起業家支援で東北復興:
出資の対象は“倒産経験者” 独自の投資法で起業家支援
起業家支援で東北を盛り上げるMOKOTOの竹井智宏代表。常識に捉われない新しい投資方法を実践している。それが売り上げ連動型出資「シェアファンド」と“倒産経験のある起業家”を対象した「福活ファンド」である。(2018/1/15)

【連載】池田園子の「マーケ目線」 第6回:
キャバ嬢×モデル×経営者 愛沢えみりさんのすごいオムニチャネルブランディング
ブランドは顧客とどうつながるべきか。歌舞伎町のカリスマキャバ嬢にしてファッション雑誌のモデル、そして経営者でもある愛沢えみりさんに聞いた。(2018/1/12)

【連載】HubSpotに学ぶ「働き方改革」 第1回:
ボストンで働きたい会社ナンバーワン「HubSpot」のカルチャー経営とは
中小企業向けのマーケティングオートメーション(MA)ツールとして多くの企業に支持される「HubSpot」。市場で存在感を増している理由を、さまざまな観点から紹介する。(2018/1/12)

日産連合、VCファンド設立 5年間で最大10億ドル投資
仏Renault、日産自動車、三菱自動車が「アライアンス・ベンチャーズ」を設立。自動運転技術などを開発する企業に、今後5年間で最大10億ドルを投資する計画。(2018/1/10)

地方発!次世代イノベーション×MONOist転職:
オール広島でイノベーションの好循環を――イノベーション立県(広島県)
「次世代の地域創生」をテーマに、自治体の取り組みや産学連携事例などを紹介する連載の第7回。独特かつ多彩な産業集積を強みにイノベーション立県を目指し、人材育成から企業経営のコツまで、あらゆる視点から支援する広島県の取り組みを取り上げる。(2017/12/28)

夏目の「経営者伝」:
社長が語る 「いきなり!ステーキ」の“原点”とは
2013年に銀座に1号店を出店し、2017年には187店舗を出店した「いきなり!ステーキ」――。創業者はペッパーフードサービスの一瀬邦夫社長だ。東証一部上場も果たし、店は有名になったものの、彼が熱血漢・人情の男であることはあまり知られていない。彼の成功法則について、2回に分けてお伝えする。(2017/12/27)

“日本が知らない”海外のIT:
「出版界のAmazon」目指す 著者と読者つなぐ出版プラットフォーム「Publica」 
ブロックチェーン技術を使い、読者が直接著者を支援できるオープンプラットフォーム「Publica」が目指すものとは。(2017/12/25)

セクハラ告発「#MeToo」日本でも広がる 加害認め謝罪する著名人も
SNSなどを通じてセクハラ被害を告発する海外発の動き「#MeToo」が日本でも広がっている。はあちゅうさんによる告発がきっかけだ。加害者と名指しされた著名人が謝罪する動きも出ている。(2017/12/20)

働く場が多様化:
盛り上がるオフィスの“シェア”需要
働き方を見直す動きによって、会社以外の場所で働けるシェアオフィスを利用する個人や企業が増加。供給されるオフィスも多様化が進む。(2017/12/19)

起業家の働き方変革:
「起業=ハイリスク」はもう古い? “起業前提”の転職サービス登場
勤め人だけでなく、起業家にも働き方変革の波がきている。「自己破産」「再起不能」「ハイリスク」といった起業に対する“負のイメージ”は数年後には緩和されているかもしれない。(2017/12/19)

Facebook、メンタルへの悪影響を認める研究結果とその対策を発表
Facebookが、ソーシャルメディアがメンタルに与える影響に関する研究結果を発表した。「ソーシャルメディアが悪かどうかは使い方次第」だとして、良い使い方をサポートする取り組みも説明し、新機能「Snooze」と「Take a Break」を追加した。(2017/12/17)

「シリコンバレー式 自分を変える最強の食事」:
ファミマ「バターコーヒー」登場 改めて読む「最強の食事」
ファミリーマートが「バターコーヒー」を発売。ブームの火付け役である「シリコンバレー式 自分を変える最強の食事」を改めて読んでみよう。【訂正】(2017/12/12)

地方発!次世代イノベーション×MONOist転職:
「初音ミク」も産んだ歴史あるIT産業集積地――北海道IT産業クラスター(北海道)
「次世代の地域創生」をテーマに、自治体の取り組みや産学連携事例などを紹介する連載の第5回。札幌を中心とした北海道で推進されている「北海道IT産業クラスター」を取り上げる。(2017/12/8)

“110番”情報から事件・事故を抽出──米国を安全にする画期的アプリ「Citizen」
もしも今、自分のすぐそばで事件が起きていたら、それにすぐ気付けるだろうか。身の回りで起きている事件をいち早くユーザーに知らせるアプリが、今米国で注目を浴びている。(2017/11/30)

「ザ・インタビューズ」再来? 急速に流行「Sarahah」とは サウジ発アプリ、日本で1位に
「Sarahah」(サラハ)というスマートフォンアプリが、11月半ばごろから日本で急速に流行しています。いったいどんなアプリなんでしょうか。(2017/11/27)

イノベーションは日本を救うのか 〜シリコンバレー最前線に見るヒント〜(21):
ジャパンパッシングを経て、今再び日本に注目するシリコンバレー
関心を寄せる対象が、日本を通り抜けて他のアジア諸国へと向かってしまう「ジャパンパッシング(Japan Passing)」。だが数年前から、このジャパンパッシングが終息しているともいわれてきた。今回は、1980年代から現在にかけての、日本とシリコンバレーとの関係の歴史を振り返ってみたい。(2017/11/22)

AmazonやAlibabaがけん引役に:
「産業ロボットはさらに進化」 ルンバ生みの親
ロボット工学分野の先駆者で、掃除ロボット「Roomba(ルンバ)」の開発者でもあるRodney Brooks氏が、産業用ロボットの将来について語った。(2017/11/21)

「The Next Platform」で読むグローバルITトレンド(15):
ハードウェアはこれからのデータベースの在り方をどう変えるか――ストーンブレーカー氏に聞いた
データベースの世界において、次々に革新を生み出してきたマイケル・ストーンブレーカー氏には、最近のハードウェアの進化がどう見えているのだろうか。SSDや3D Xpointなどの新ハードウェアがデータベースに与える影響について、同氏へ行ったインタビューの前編をお届けする。(2017/11/14)

俺はマッケンになるぞーッ! 荒ぶる神木隆之介を従えた新田真剣佑が完全にスタンド使い
スクショにも収まらない速さ。(2017/11/9)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。