ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「エントリーシート」最新記事一覧

就活のトリセツ(7):
資格がないと就職できないって本当?――いまさら過ぎて誰にも聞けない、IT業界就活の「超キホン」
IT系の資格は何を持っていたらいいの? SPIは対策はいらないって本当?――IT業界に就職したい、エンジニアになりたい、そんな就活生の素朴な疑問にお答えします。(2016/4/28)

いま“逆求人型”の就活が必要とされるワケ
いま“逆求人型”の就活が盛り上がりを見せている――。就活定番のイベントといえば合同企業説明会、いわゆるゴウセツ。しかしいま、こうした従来の就活スタイルを変える新しい風も吹き始めているという……。(2016/3/25)

ビジネスへの応用進む:
PR:最先端の人工知能で業務効率化――「RAPID機械学習」の魅力とは?
人工知能(AI)技術の中でも、画像・映像認識を中心に活用が期待されているディープラーニング。そのディープラーニングを実装した人工知能ソフトウェアが、いよいよビジネスに応用され始めようとしている。その先駆的な製品が、NECの「RAPID機械学習」だ。(2016/3/1)

第7回 国際自動車通信技術展:
モバイル、IT、モビリティの融合から生まれた優れた製品を表彰する「ATTTアワード」 エントリー受け付け中
モバイル、IT、モビリティの融合による技術革新によって開発された商品、サービスやソリューションを表彰する「ATTTアワード」の応募を受け付け中。(2016/2/2)

スマホで就活な就活生に朗報 カメラのキタムラ、スマホ向け証明写真転送サービスをスタート
タブレットやCDドライブのないPCが増えたことも後押ししているようです。(2016/2/2)

就活のトリセツ(4):
リクナビ、マイナビだけじゃない――「就活ナビサイト」使い倒しマニュアル<前編>
IT業界への就職を考えている学生のために就活のイロハを伝授する連載「就活のトリセツ」。第4章は、マイナビやリクナビなどの就活ナビサイトを徹底解説する。(2016/1/28)

来場からブース訪問、退出まで一連の動きを記録・分析:
インテリジェンス ビジネスソリューションズ、イベント来場者の効果測定サービスを開始
インテリジェンス ビジネスソリューションズは、位置情報を活用したマーケティングシステム「POS+beacon(ポスタスビーコン)」サービスを開始した。(2015/12/29)

就活のトリセツ(2):
ギョーカイ研究、自己分析――いざという時にオロオロしないための「就活準備」基礎の基礎
IT業界への就職を考えている学生のために就活のイロハを伝授する連載「就活のトリセツ」。第2章は、就活の準備編として「業界研究」「職種研究」「自己分析」を手ほどきしよう。(2015/11/26)

経沢香保子の「ベンチャー魂は消えない」:
私の慢心を打ち砕いたベンチャーコンテスト LaunchPadへの挑戦
2度目の起業ということでマイペースにコツコツやれば、きっといつかは……。そんな私の気持ちを打ち砕くきっかけとなったのが、スタートアップ企業の登竜門、LaunchPadへの出場だった。(2015/11/25)

就活のトリセツ(1):
キョーテイ、オワハラ、内々定、研究室推薦――スタート前に知っておきたい「就活のジョーシキ」
IT業界への就職を考えている学生のために就活のイロハを伝授する連載「就活のトリセツ」。第1章は、押さえておきたい「就活のジョーシキ」を手ほどきしよう。(2015/10/29)

「人の役に立ちたい」という志望理由がダメな理由
「人の役に立つ仕事がしたいのです」――。面接練習においてこう述べる人に、必ずその具体的説明をしてもらうようにするのですが、これまでそれを明確に説明できた人とは、学生だけでなく社会人ですらほとんど会ったことがありません。(2015/9/2)

不採用の理由を「お答えできない」ワケ
就活中の学生から「エントリーシート(ES)まで進むのに、なぜか面接で落ちる」といった声をよく聞きますが、なぜこうした事態に陥るのでしょうか。その理由は……。(2015/8/5)

致命的:
オワハラは企業自らをオワらせる
大学生の就活が本格化するとともに、学生の間からオワハラ問題が出ています。人事政策上、今の学生の心情を無視したオワハラは企業自身に致命的なマイナスを呼ぶ可能性があります。(2015/7/15)

履歴書不要、検索結果だけで選考――カヤックが「エゴサーチ採用」
履歴書は不要。検索結果だけで選考します――応募者の氏名やニックネームなどの検索結果のみで採用選考する「エゴサーチ採用」をカヤックがスタートした。(2015/6/9)

福岡県飯塚市主催の「e-ZUKAスマートフォンアプリコンテスト2015」募集開始
協賛企業から出題されたテーマに沿った作品を募集する、スマートフォンアプリのコンテスト「e-ZUKAスマートフォンアプリコンテスト2015」が今年も開催される。グランプリ賞金は30万円。(2015/5/22)

元アメフトプレイヤー・有馬隼人さんに聞く:
NFLから学ぶ人材スカウト術
なぜ米国でアメフトは人気が高いのか。その大きな理由の1つに「ドラフト会議」の面白さがあるのだという。元アメフトプレイヤーの有馬隼人さんに詳しく聞いた。(2015/2/5)

第6回 国際自動車通信技術展:
モバイル、IT、モビリティの融合から生まれる優れた製品を表彰 「ATTTアワード」募集開始
3月11日から13日まで東京ビッグサイトで開催する「第6回 国際自動車通信技術展」に合わせて実施するATTTアワードの応募受け付けがスタートした。(2015/1/8)

おせんべいを立体的に理解するイベント「360°おせんべいミートアップ」が気になったのでいろいろ聞いてみた
主催は三幸製菓。(2015/1/7)

第1期の様子もリポート:
PR:初心者歓迎! 「Tech Institute アプリ開発者養成講座」第2期生募集中
スマートフォンのアプリ開発を、ゼロから学びたいという人におすすめしたいのが、Androidアプリ開発の人材育成プログラム「Tech Institute アプリ開発者養成講座」。現在は2015年1月に開講予定の第2期生を募集中している。我こそはという人は、ぜひ応募してほしい。(2014/10/30)

「e-ZUKA スマートフォンアプリコンテスト 2014」エントリー期間を9月19日まで延長
飯塚市は、募集テーマの発表が8月になったものもあったため、エントリーシートの受け付け期間を9月19日まで延長する。(2014/8/28)

自然エネルギー:
5億円を投じて太陽光の案件を募集、買取価格にはこだわらない
NTTスマイルエナジーは2014年7月29日、太陽光発電の普及を促す取り組み「ご縁ソーラープロジェクト」の案件募集を開始したと発表した。設備認定を取得後、事業化が止まっている太陽光発電所の案件を集める。投資規模は5億円。1カ月間、2014年8月31日まで全国から案件を募集する。(2014/7/31)

就活中に目上の人から手助けを受けた――約8割の学生
就活中に、自分より目上の人から手助けを受けた人はどのくらいいるのだろうか。現在就活中の大学生(大学院生を含む)に聞いた。ジョブウェブとレジェンダ・コーポレーション調べ。(2014/7/29)

「変な人」募集開始! 総務省の独創的な人向け特別枠「異能vation」の応募詳細が明らかに
自薦・他薦問わず。(2014/7/15)

6月1日募集開始:
出題テーマに沿った作品を募集――「e-ZUKA スマートフォンアプリコンテスト2014」開催
福岡県飯塚市が主催する、スマホアプリ開発コンテスト「e-ZUKA スマートフォンアプリコンテスト2014」の開催が11月22日に決まった。1次審査に応募するためのエントリーシート受け付け〆切は9月1日。(2014/5/30)

外国人留学生に聞く、ここがオカシイ「日本の就活事情」
日本で就職活動をしている外国人留学生で、就活戦線が厳しいと感じている人はどのくらいいるのだろうか。2015年3月卒業予定の外国人留学生に聞いた。ディスコ調べ。(2014/4/28)

就活生は要チェック? “ブラック企業”の見分け方
就職活動が本格化するこの時期。気になる“ブラック企業”の見分け方とは? 書籍『もうブラック企業しか入れない 会社に殺されないための発想』から紹介します。(2014/3/27)

企業が学生の「本性」を見破るテクニック
企業の採用担当者が見ている、「エントリーシート」と「面接」以外のポイントとは? 書籍『良い人材を見抜く採用面接ポイント』から2つのポイントを紹介します。(2014/3/4)

東大生なのに就活に失敗する人の特徴とは
就活における切り札と思われがちな「東大生」という肩書を持っていても落ちてしまう学生がいると言います。彼らの特徴とは。書籍『就活下克上 なぜ彼らは三流大学から一流企業に入れたのか』から紹介します。(2014/2/20)

3年後に残る人材、あぶれる人材とは?
グローバル化、情報化が進んだ現代。この中で求められる人材として生き残っていくには? 米国のジャーナリストであるトマス・フリードマン氏の著書『3年後、残る人 あぶれる人』を紹介します。(2014/2/6)

人事担当者が嫌うエントリーシート・面接とは?
本格化する2015年卒の就職活動。人事担当者が嫌うエントリーシート・面接のフレーズとは? 採用担当者100人に取材して書かれた書籍『人事が拾う履歴書、聞く面接』を紹介します。(2014/2/4)

卒業研究がエントリーシート代わりに 自己PR不要・4月入社に間に合う「卒研採用」カヤックが開始
卒業研究をエントリーシート代わりに新卒の採用選考を行う「卒研採用」をカヤックがスタート。3月31日まで応募でき、今年4月の入社が可能だ。(2014/2/3)

サカタカツミ「就活・転職のフシギ発見!」:
2014年、就活・転職の4大キーワードを予想する
あけましておめでとうございます。本連載が始まって2年半弱、就活・転職シーンは大きく変わってきました。新年1回目の今回は、今年注目すべき就活・転職関連キーワード4つを大胆予想します。(2014/1/6)

サカタカツミ「就活・転職のフシギ発見!」:
新卒採用も中途採用も複雑になっている本当の理由
「どうしてうちの人事は現場が求める人材を採らないんだ」と社員が憤慨している傍らで、実は人事は「現場が欲しがりそうな人材は採用に至らない」と悩んでいます。なぜこんな事態になっているのか? その理由は……。(2013/12/16)

オールアバウトが新卒採用に2500円の奨励金導入 「ドワンゴを本気で目指す学生に会ってみたい」と勝手アンサー企画
ドワンゴの新卒採用受験料2525円を支払った学生さんは、オールアバウトの新卒採用試験を受ければ2500円の奨励金をもらえます。(2013/12/9)

サカタカツミ「就活・転職のフシギ発見!」:
古ぼけた採用活動をしている企業が“変われない”シンプルな理由。
採用担当者たちは日々一生懸命仕事をしています。その結果が「どうして人事は使えないヤツを現場に送ってくるのだ」という罵声になってしまうのはなぜなのか? 変化を阻む意外な理由とは……。(2013/12/9)

サカタカツミ「就活・転職のフシギ発見!」:
就活生がこの時期にやるべき、たった2つのこと
12月1日、就職活動が解禁になりました。リクナビやマイナビといった就活サイトがオープンし、焦っている学生もいるでしょう。でも、焦っても仕方がありません。就活生がまずすべきこととは……?(2013/12/2)

サカタカツミ「就活・転職のフシギ発見!」:
数年で会社をやめる若手社員に共通していた「意識」とは?
採用時に優秀だと見込まれ、期待されていた就活生が希望した仕事に就けないのはなぜか。入社して数年で辞めてしまう若手に共通していた意識とは? この2つは実は裏表、根っこの部分は同じ話なのです。(2013/11/25)

古田ラジオの「婚活を攻略するための10の方法」:
初対面で絵馬の写真を見せてきて……その女性と結婚しました
ネット婚活をうまく進めるためにはどのようにすればいいのでしょうか。筆者の古田氏が自分の経験を振り返りながら、“必勝法”をご紹介します。(2013/11/21)

サカタカツミ「就活・転職のフシギ発見!」:
魔法の言葉「視野を広げる」が、就活をお手軽化させる!
最近の大手就活サイトのトレンドともいえるのが「効率」。就活生が効率良く就職活動を進められる機能を盛り込んだサービスが続々誕生している。(2013/11/18)

サカタカツミ「就活・転職のフシギ発見!」:
“怖いソーシャルメディア”を、就活生は逆手に取って使いこなせ!
就活シーズン本番が目前に迫ってきました。「TwitterやFacebookで失敗する危険を考えたら就活生はSNSを使うべきではない」という意見も多いですが、サカタさんはメリットのほうが大きい、と反論。就活生がSNSを使うべき理由とは……?(2013/11/11)

学費支援プラットフォーム「studygift」が再始動 “炎上”の反省踏まえ、選考フローや財務面を透明化
今度は炎上しませんように……!(2013/10/22)

「e-ZUKAスマートフォンアプリコンテスト2013 」締め切り迫る
福岡県飯塚市主催のアプリ開発コンテスト「e-ZUKAスマートフォンアプリコンテスト2013」が今年も開催される。エントリーシートの受け付け締め切りは10月14日。なおアプリケーション企画書やサンプル動画の提出は11月11日まで。(2013/10/7)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
採用戦線異状あり! 本郷周辺をリサーチするスーツ集団の正体!
アベノミクス効果で業績がアップした企業は新卒採用に積極的に乗り出しているが、求めているのは数より質。採用方法はどのように変わるのか。(2013/7/25)

サカタカツミ「就活・転職のフシギ発見!」:
企業は若手社員に「我慢すること」「実行力」を求めはじめている
前回、若手社員が「成長したい」と言って会社を辞める現象についての記事の中で、「彼らが仕事で重視しているのはお金ではない」と書きました。彼らが求めるものと、企業側が若手に求めるものとは深刻にズレているようです。それは……。(2013/7/16)

新Kinect for Windows開発者プログラム、399ドルで受付開始
プレリリース版の次世代「Kinect for Windows」とSDKを11月に入手できる開発者プログラムへの参加受付がスタートした。参加枠は限られており、8月に当選者が発表される。(2013/6/27)

サカタカツミ「就活・転職のフシギ発見!」:
就活ナビサイトは「新卒一括採用のひずみを生み出す元凶」なのか
リクナビやマイナビといった「就活ナビサイト」が、新卒一括採用の仕組みを推進し、大きな利益を上げている、と批判する人がいます。今回は就活ナビサイトの実態を、少しだけのぞいてみましょう。(2013/5/20)

サカタカツミ「就活・転職のフシギ発見!」:
イマドキの新入社員はとても優秀――テンプレ就活生と問題解決能力
4月に入り、新卒採用が本格化しています。最近増えているのが、良くいえば情報収集や処理に長けた、悪くいえば「ネットで答えを探して乗り切」ろうとする就活生。今回は新卒採用で注目される「問題解決能力の差」についてこっそり書いてみます。(2013/4/15)

自己分析や企業研究をワークシートで コクヨ「就活戦略ノート」発売
就職活動に臨む学生が自己分析や企業研究などの情報を効率よく整理できる「就活戦略ノート」をコクヨS&Tが発売する。(2013/4/11)

グランプリ賞金20万円:
「MEDIAS W N-05E」の2画面を活用するAndroidアプリのコンテスト
NTTドコモが3月29日から5月6日まで、「MEDIAS W N-05E」の2画面を生かしたAndroidアプリを募集する「MEDIAS Wアプリ開発コンテスト」を開催する。グランプリの賞金は20万円。(2013/3/29)

サカタカツミ「就活・転職のフシギ発見!」:
新卒採用における「選考とは関係ありません」の真偽に迫る
「選考とは関係ない」というインターンシップに、参加するかどうか迷ったことがある就活経験者は多いのでは。日本経団連はインターンシップを「学生の就業体験の提供を通じた産学連携による人材育成を目的」としていますが、実際は?(2013/3/25)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。