ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  E

ウォズが考えるプログラミング教育とは?
「創造性をなくしてしまう」──ウォズニアック氏が学校教育にダメ出し
自身の体験から独自の教育哲学を持つスティーブ・ウォズニアック氏が、学校教育や親に苦言を呈した。同氏が考えるプログラミング教育とはどのようなものか。(2018/12/14)

オーストラリア国外プロバイダーにも適用
他国も無関係ではいられない、Apple対オーストラリア政府の行方
オーストラリア政府の暗号解読法案にAppleが強く反発している。万人のプライバシーを守るべきか否か。同様の法律が各国に波及する可能性も懸念されている。(2018/12/13)

信者が語るChromebookの魅力(前編)
Chromebookの業務利用を真剣に考える
Chromebookにほれ込んだ筆者が、Chromebookの業務利用をとことん追求して何ができて何ができないかを明らかにする。前編ではChromebookが直面する現実とG Suiteのコラボレーションの概要を紹介する。(2018/12/12)

Google対Microsoft(後編)
G Suiteの出現がMicrosoft Officeを変えた
G Suiteの出現はどのような意味を持つのだろうか。Microsoft Officeの覇権は崩れたのか。ITインフラアーキテクトのバンデルズワン氏は、Microsoft Officeに表れたある変化を指摘した。(2018/12/11)

長過ぎるダウンタイム問題
レプリケーションでは不十分? 多くの企業がダウンタイム短縮に課題
調査の結果、ランサムウェアなどに起因するシステムダウンの復旧に多くの企業が課題を抱えていることが分かった。バックアップと復旧の目的を見失っている可能性がある。(2018/12/4)

過信の結果は失敗
ブロックチェーンはセキュリティの「魔法のつえ」ではない
セキュリティ対策にブロックチェーンを応用するというアイデアは有益だ。だがブロックチェーンを過信してはならない。ブロックチェーンを安全に運用するためのベストプラクティスが必要だ。(2018/12/3)

ホワイトペーパー:
Computer Weekly日本語版:SSDより速いストレージクラスメモリ
特集は、不揮発性で既存のSSDよりもはるかに高速な「ストレージクラスメモリ」徹底解説とPixelbookレビュー(ソフトウェア編)。他にOracle管理者は失業すると言うOracle CEO、ディズニーのデータアナリティクス戦略などの記事をお届けする。(2018/11/30)

1000人のアナリストを導入してもムリ
セキュリティ業務を自動化するスタバの挑戦
1日に300万件発生する従業員のログイン、コーヒーマシンを含む20万のエンドポイントから収集するデータ。これらのセキュリティ業務を人間が行うのは不可能だ。そこでスターバックスは業務の自動化に取り組んでいる。(2018/11/30)

それでもテープはよみがえる
テープの牙城、コールドデータ分野からテープが消える!?
アクセス頻度が低いコールドデータの保存には、やはりテープメディアが最適だ。しかし、盤石かと思われたこの市場にも変化が訪れようとしている。(2018/11/29)

クラウドNASのススメ(後編)
クラウドNASの主要ベンダー8社とその製品
クラウドNAS製品はベンダーによって特徴が大きく異なる。主要ベンダー8社と各社製品の特徴を簡単にまとめた。(2018/11/28)

Google対Microsoft(前編)
Googleいわく「Office 365からG Suiteに移行する理由は一つではない」
G Suiteは採用企業を増やしつつあるが、Googleの苦戦は続くと見られている。ただしGoogleにも強みはあるという。(2018/11/27)

Microsoft純正仮想デスクトップの弱点は?
「Windows Virtual Desktop」の戦略と競合サービスの反応
Microsoftの純正仮想デスクトップ「Windows Virtual Desktop」によって同社は何をしようとしているのか。Azureで仮想デスクトップを提供しているCitrix Systemsの反応は?(2018/11/22)

マンガ海賊版対策の民間協議スタート 集英社、講談社、小学館、KADOKAWAが参加
集英社、講談社をはじめとした出版大手4社などが理事として参加する「アドバンスト・パブリッシング・ラボ」は、漫画の海賊版対策やネット流通について研究する勉強会を発足した。通信事業者とも連携して取り組みを進める。(2018/11/21)

クラウドNASのススメ(後編):
クラウドNASの主要ベンダー8社とその製品
クラウドNAS製品はベンダーによって特徴が大きく異なる。主要ベンダー8社と各社製品の特徴を簡単にまとめた。(2018/11/21)

Dockerコンテナとネットワーク(後編)
コンテナ/マイクロサービスが機能する鍵は「DNS」
コンテナを動的に立ち上げてマイクロサービスとして機能させるには、各コンポーネントが相互にリンクしていなければならない。そのために必要なものとは?(2018/11/21)

クラウドNASのススメ(前編)
何が便利なのか? クラウドNASの基礎とユースケース
データもアプリケーションもオンプレミスで完結しなくなった今、NASもそれに合わせて「クラウドNAS」に進化した。クラウドNASに最適なユースケースとは?(2018/11/20)

データを企業価値に転換
ソフトウェア定義ストレージを生かすにはストレージ管理者の変化も必要
データの有効活用にソフトウェア定義ストレージがどのように貢献するのか。何が実現するのか。だがそのためにはストレージ管理者も変わらなければならないという。(2018/11/19)

そんなところにデータが残っている?
モバイル端末や印刷に潜むコンプライアンス違反のわな
PCやネットワーク、ファイルサーバにセキュリティポリシーを適切に適用している組織は多いだろう。だが、機密文書や個人情報は意外な所に保存されている可能性がある。(2018/11/16)

データを自動的に暗号化
自己暗号化ドライブ(SED)で守れるもの、守れないもの
書き込まれたデータを自動的に暗号化する自己暗号化ドライブは、多くのコンプライアンス要件を満たすことができる。ただし弱点もあることに注意する必要がある。(2018/11/15)

その契約、本当に必要?
ソフトウェア保守契約を無検討で更新してはならない
調査の結果、大多数の企業がソフトウェア保守契約を検討せずに更新していることが明らかになった。だがその保守契約から何らかの価値を得ているだろうか。(2018/11/14)

ホワイトペーパー:
Computer Weekly日本語版:Google Pixelbook長期試用レビュー
特集は、GoogleのChromebook「Pixelbook」の試用レビュー(ハードウェア編)。他に、各ベンダーの独自RAID技術まとめ、MicrosoftがAzureデータセンターに導入したストレージ技術「MAID」、クリプトジャッキング対策が最も厄介な犯人についてお届けする。(2018/11/13)

Dockerコンテナとネットワーク(後編):
コンテナ/マイクロサービスが機能する鍵は「DNS」
コンテナを動的に立ち上げてマイクロサービスとして機能させるには、各コンポーネントが相互にリンクしていなければならない。そのために必要なものとは?(2018/11/7)

クラウドコスト節約Tips(後編)
クラウドにも必須の資産管理を実現する重要なピース
クラウドコストの適正化には、ソフトウェア資産管理のベストプラクティスが有効だ。しかし、事業部門による資産管理には限界がある。そこで重要度が増す要素とは?(2018/11/7)

Dockerとネットワーク(前編)
基礎から分かるコンテナのネットワーク接続性
Dockerでコンテナを作成するのは容易だが、それらがマイクロサービスとして機能するためには、さまざまな要素を考慮したネットワーク接続性が不可欠だ。基本的なところから復習しよう。(2018/11/6)

ホワイトペーパー:
Computer Weekly日本語版:候補者の選定から面接までこなすAI登場
特集は、ペプシコが導入した人材採用AI事例。AIが候補者を絞り込み電話面接を行う時代が来た! 他に、WindowsをChrome OS系OSにリプレースする方法、MicrosoftのLinux戦略、AWSが新たに提供するグラフデータベースなどの記事をお届けする。(2018/10/30)

不評な顔認証も受け入れられる?
非接触型決済の最後の導入障壁とは
英国の価格比較サイトが行った調査により、非接触型決済に関するさまざまな消費者意識が浮き彫りとなった。非接触型決済が完全に主流となる条件とは? 身体にマイクロチップを埋め込むのは当たり前になるのか。(2018/10/24)

パフォーマンスは良好
AlibabaのCNN向けディープラーニングプロセッサの全貌
AI用プロセッサは用途によって実装方法が変わる。AlibabaがFPGAで開発したディープラーニングプロセッサは、畳み込みをサポートしており主に画像関係で威力を発揮するだろう。(2018/10/23)

ホワイトペーパー:
Computer Weekly日本語版:まだまだ使える! 旧型PC再利用術
特集は、古いPCをChromebook化するOS「CloudReady」。このOSのメリットとは? また、IT管理者がChrome OSを選ぶべき理由を紹介。他に、サーバレスの4つの課題、ファイルレスマルウェアへの対処法、CIOインタビューなどをお届けする。(2018/10/19)

StarWindは完成度が低かった……
製品選定失敗の果てに行き着いた、中小企業向けハイパーコンバージド製品
寿命を迎えたSANの代わりに導入した製品は、完成度が低く保守や更新が難しかった。次に選んだのは、ソフトウェアのハイパーコンバージド製品。中小企業でも手が届く価格でエンタープライズレベルの冗長性を確保した。(2018/10/19)

SAPの2025年問題
リスクが多過ぎる、S/4HANAへのアップグレード
ECC6からS/4HANAへのアップグレードが問題になっている。S/4HANAの導入には多くのリスクがあるという。2025年のECC6サポート終了を前に、企業はSAPシステムの意義を見つめ直す必要がある。(2018/10/18)

メリットはコストだけか
クラウド導入企業の半分以上がコスト削減できず
Druvaが発表したレポートによると、クラウド導入企業の53%はクラウドへ移行してもコストを削減できていないという。だが、クラウドへの移行のメリットはコストの削減だけだろうか。(2018/10/17)

アプリはWindows VMで実行
Microsoft、Windows 10にアプリ実行用仮想マシン追加
Microsoftは、Windows 10に新機能を追加しようとしている。仮想マシンでアプリケーションを実行することにより、不正コードを隔離できる。(2018/10/16)

クラウドコスト節約Tips(前編)
デメリットが多過ぎる、部門単位のクラウド導入
クラウドの導入は容易であり、IT部門を通さずに事業部門が直接導入するケースも見られる。だが、こうしたやり方にはデメリットも多い。(2018/10/12)

コラボレーションツールの功罪(後編)
コラボレーションツールによる生産性の低下を防ぐ方法
コラボレーションツールによって集中力はそがれ、情報を見つけるのに時間がかかるようになる。コラボレーションツールの導入によって低下した生産性を上げるには、どうすればいいのか。(2018/10/10)

マイクロ仮想化技術で守るものとは?
ホストOSは守らない! 仮想化ベースセキュリティ技術
攻撃を仮想マシン内に隔離してホストOSを守る従来のセキュリティ技術に対して、Bromiumが新たに提唱するのは仮想化で「アプリケーションを守る」セキュリティ対策。逆転の発想は受け入れられるのか。(2018/10/9)

AppleはAmazonに学べ
1兆ドル企業Apple対Amazon、今後の勝敗を分けるAppleの弱点
2018年、AppleとAmazonが相次いで1兆ドル企業となった。先行したAppleだが、同社はある弱点によってAmazonとの競争に敗れると予想される。両社の違いとは何か。(2018/10/4)

ホワイトペーパー:
Computer Weekly日本語版:「Windowsよりマシなもの」=Chrome OS?
特集は、Googleの方針転換により注目度が高まったChrome OS。企業向けOSとして何がメリットなのか? 他に、アンチウイルスソフトでは検知できないファイルレスマルウェア、IntelとAMDのバトル、モバイルアプリの次の主戦場などの記事をお届けする。(2018/10/2)

コラボレーションツールの功罪(前編)
コラボレーションツールは本当に生産性を向上させたのか?
メール増加の弊害から、各種コラボレーションツールの利用が広がった。だが、本当に生産性は向上したのか。コラボレーションツールが「第2のメール」になっているのではないか。(2018/9/27)

GPU依存は誤り
GPUは“銀の弾丸”ではない
マーシュ博士は、「GPUに依存したデータ分析は間違っている」と明言する。このアプローチでは将来のデータ増加に対応できないという。ペタバイト、エクサバイト時代のデータ分析はどうなるのか。(2018/9/26)

英国とドイツでは?
米国にまん延する「AIでセキュリティの課題は解決」論の危険性
AIや機械学習が誇大に宣伝されたことにより、セキュリティ面でもAI万能論がまん延していることが分かった。誤った認識の帰結はリスクの増大だ。対する英国とドイツの認識、そしてAIについての理解度は?(2018/9/25)

AWS対Azure対Google対IBM(後編)
主要ベンダーのクラウドストレージサービス総まとめ(MS、Google、IBM編)
主要ベンダーのクラウドストレージサービスには当然ながら類似点と相違点がある。構築するシステムやアプリケーションによっては、その違いが致命的になることもある。各社の違いを理解しておこう。(2018/9/24)

OSのミニマリズム
アプリを実行する最小限のOS、ユニカーネル「IncludeOS」の魅力
汎用OSには不要な機能が多過ぎる。アプリごとに、OSの機能を極限まで削減したらどうなるか……。これがユニカーネルの概念だ。IncludeOSを例に、ユニカーネルの魅力を紹介する。(2018/9/21)

サプライチェーンの課題が浮き彫りに
チップ工場のウイルス感染により新型iPhoneの出荷が遅延……か?
2018年8月、半導体メーカーTSMCの工場がコンピュータウイルスに感染して操業を停止した。これが新型iPhoneの出荷に影響を与える恐れが指摘された。この事件は、新たな脅威を象徴している。(2018/9/20)

ホワイトペーパー:
Computer Weekly日本語版:開発者を悩ませるモバイル機器最前線
モバイル機器の多様化するサイズやフォームファクターにどうやって対応すべきか。モバイル開発に使える各種ツールをまとめた。他に欧州中央銀行がキャッシュレス化に反対する理由、Alexa対Googleアシスタント、Microsoftが抱える問題などをお届けする。(2018/9/18)

転移学習がより容易に
自然言語処理&転移学習用ツール「Enso」、オープンソースで公開
米国企業のIndicoが、Ensoというツールをオープンソースで公開した。自然言語による転移学習を簡便化するというこのツールを紹介する。(2018/9/18)

AWS対Azure対Google対IBM(前編)
主要ベンダーのクラウドストレージサービス総まとめ(AWS編)
主要ベンダーのクラウドストレージサービスには当然ながら類似点と相違点がある。構築するシステムやアプリケーションによっては、その違いが致命的になることもある。各社の違いを理解しておこう。(2018/9/14)

AIはパターンマッチングを超えられるか?(後編)
「AIは物理学を理解するのではない。パターンを理解する」が持つ重大な意味
AIは膨大な情報から問題箇所を検知することができる。これだけでも十分有用だが、今のAIにはこれ以上のことができない。AI導入に際しては、「AIが理解するのはパターンだ」ということを理解する必要がある。(2018/9/13)

メモリが不揮発性に
DIMMスロットに装着できる「Intel Optane」登場でストレージが変わる
Intelが発表した新Optaneは、DDR4 DIMMスロットに装着できることが特徴だ。不揮発性メモリを通常のメモリとして利用できるようになったことで、ストレージアーキテクチャはどう変わるのか。(2018/9/12)

盛者必衰のことわり
なぜあの巨大ソフトウェアベンダーは没落したのか
Oracleは過去7年間に4兆円近い額を買収に費やしたが、その間の増収は7%。規模は容易に測れないが、Oracleは衰退していると筆者は説く。その原因とは何か。(2018/9/11)

不自由な統一か、自由な断片化か
ECがGoogleに科した罰金の帰結はAndroidの分裂か
欧州委員会(EC)は、Googleに過去最高額となる43億4000万ユーロの罰金を科した。ECとGoogleの言い分の是非はともかく、両者の対立は何をもたらすのか。(2018/9/6)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。