ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「フェムトセル」最新記事一覧

半径数十メートルほどのエリアを対象とした小型の基地局のこと。一般的な携帯電話の基地局が半径数キロメートル、PHSが半径数百メートルをカバーするのに対して、コードレスホンや無線LAN程度の到達距離となる。
-こちらもご覧ください-
5分でわかるフェムトセル − @IT

エリクソンの無線技術に触れる:
5GからWi-Fi Callingまで、注目技術が一堂に!
エリクソン・ジャパンは日本創業30周年を記念し、国内顧客を中心としたイベントを開催した。当日は記者説明会に加えて、同社の最先端の技術を用いたソリューションを展示。5G無線テストベッドのライブデモの他、最新の無線端末、Wi-Fiだけで通話が行える「Wi-Fi Calling」などが展示された。(2015/9/16)

無線通信技術:
地下街などの通信混雑解消に向けて――ホワイトスペース対応基地局を小型、軽量化
情報通信研究機構(NICT)は2015年5月、テレビ放送目的で割り当てられている周波数帯の空きスペースであるテレビホワイトスペースでの利用を想定したLTE対応の小型基地局(フェムトセル)を開発した。(2015/5/27)

ビジネスニュース 企業動向:
サイプレス、5年ぶりのタイミング製品を投入
Cypress Semiconductor(以下、サイプレス)は2015年4〜6月に、プログラマブルクロックジェネレータ「CY27410」を量産出荷すると発表した。同社がクロック関連製品を投入するのは、約5年ぶり。(2015/3/9)

車載情報機器:
クルマの中はスマホの接続が悪い、ならばクルマを基地局にしよう
BMWが開発を進めている「Vehicular Small Cell」は、超小型基地局のフェムトセルを自動車に搭載して、金属製の車両ボディの影響で低下しやすい車両内の携帯電話通信環境を向上しようというものだ。(2015/3/3)

KDDI、電波環境を改善するVoLTE対応の宅内用小型基地局「au フェムトセル (VoLTE)」提供開始
KDDIは次世代音声通話サービス「au VoLTE」の開始に合わせ、VoLTEに対応した宅内用小型基地局「au フェムトセル (VoLTE)」を開発。(2014/12/11)

KDDI、「au VoLTE」スタート 対応機種発売、フェムトセルも
KDDIが「au VoLTE」に対応するスマートフォン2機種を発売。VoLTEの提供はドコモに続き2社目。(2014/12/11)

医療機関でのケータイ利用は原則OK、新ガイドラインが公開
医療機器に直接触れない環境でのメールやネット利用などが原則として認められた。手術室や集中治療室などでは電源オフやオフラインモードに切り替えることとしている。(2014/8/19)

日本電波工業 NT7050BB:
動作温度範囲を105℃まで拡張、日本電波工業のスマートセル向けTCXO
日本電波工業の「NT7050BB」は、動作温度範囲の上限を105℃に広げたSMDタイプのTCXO(温度補償水晶発振器)である。フェムトセルなど小型、高温対応が必要となる無線通信基地局などの用途に向ける。(2014/6/24)

ソフトバンクモバイル、LTE-Advancedに向けた電波干渉低減の実証実験を開始
ソフトバンクモバイルが、LTE-Advancedの電波干渉を抑える技術の実証実験を東京都で開始する。新しいシステムでは、マクロセルと極小セル間、極小セル間の電波干渉を抑えることが狙いだ。(2014/2/13)

全都道府県で100Mbps超え:
広さ×速さの“クアッドバンドLTE”で快適なネットワークを目指すドコモ
iPhone 5s/5cの発売で、各社のLTEネットワークがますます注目を集めている。4つのLTEバンドを持つドコモは、800GHz帯/2GHz帯で「広さ」を、1.5GHz帯/1.7GHz帯で「速さ」を訴求する。(2013/10/4)

CEATEC JAPAN 2013:
2020年には下り最大10Gbpsに――ドコモが「5G」技術を紹介
ドコモはCEATECで次世代通信技術の「5G」を紹介している。2020年の実現を目指す5Gでは、下り最大10Gbpsもの超高速通信が可能になるという。(2013/10/4)

セキュリティクラスタ まとめのまとめ 2013年8月版:
夏の終わりは2ちゃんねるの情報流出事件で大騒ぎ
BlackHatにDEFCON、セキュリティキャンプといった夏の恒例行事に彩られ、何事もなく終わるかと思われた8月。しかし月末、2ちゃんねるの「●」ユーザーの情報大量流出と、ロリポップを中心としたWordPressサイトの大量改ざんという事件が立て続けに起きました。(2013/9/12)

携帯電話のフェムトセルで盗聴の恐れ、VerizonのSamsung製機器に脆弱性
今回の脆弱性が確認されたのはVerizonが販売しているフェムトセル(小型中継機)のみだが、他の携帯電話会社の中継機にも同様の問題は存在し得ると研究者は指摘する。(2013/7/16)

ワイヤレスジャパン 2013:
スマホ全盛期、ネットワークの課題に立ち向かうには――Huaweiのインフラ戦略
スマートフォンが普及してトラフィックが増大したことで、ネットワークの課題も見えてきた。ファーウェイ・ジャパン 副社長のゾォ・ミンチェン氏は、高品質のモバイルブロードバンドを提供するための取り組みを説明。次世代LTEや“5G”の研究についても述べた。(2013/6/4)

KDDI、「メガ・エッグ」で「auフェムトセル」の利用が可能に
KDDIは、自宅用小型基地局「auフェムトセル」が利用できる固定ブロードバンド回線に、エネルギア・コムニケーションズの「メガ・エッグ」を追加した。(2013/5/23)

ビジネスニュース 業界動向:
Wi-Fi接続サービスとWDM光ネットワークの市場が急成長
このリポートでは、われわれDell'Oro Groupが行った市場調査結果のサマリーを紹介する。主に扱うのは、スモールセル、Wi-Fi接続サービス、100GbE、光ネットワークである。これらのうち、Wi-Fi接続サービスとWDM光ネットワークの各市場において、特に注目すべき成長がみられた。(2012/12/11)

当たり前のことをきっちりと:
年度末に4000局が75Mbps対応、100Mbps/112.5Mbpsエリアも拡大――ドコモのLTE戦略
日本におけるLTEサービスの先駆者とも言えるドコモだが、ここ最近は「Xi」ユーザーが増えたため、スループットの低下が目立っている。同社はこれからどのようにXiを展開していくのか。16日の説明会で、速度、基地局、カバー率などに焦点を当てて紹介した。(2012/11/17)

「LTEはドコモが発端」 下り最大100Mbpsサービス開始、東名阪は14年春から
ドコモがLTEデータ通信「Xi」についてメディア向けに説明。2004年のコンセプト提案から7年にわたる技術開発の歴史や、エリア拡大への努力をアピールした。(2012/11/16)

ドコモ、Xi対応のフェムトセルを発表 12月から提供
ドコモは、下り最大112.5MbpsのLTE通信に対応したXiフェムトセルを発表した。電波環境の改善が必要な屋内エリアに、12月から提供を開始する。(2012/11/16)

KDDI、「ピカラ光」と「BBIQ」で「auフェムトセル」の利用が可能に
KDDIは、自宅用小型基地局「auフェムトセル」が利用できる固定ブロードバンド回線に、STNetの「ピカラ光」と九州通信ネットワークの「BBIQ」を追加した。(2012/8/6)

無線通信技術 HEMS:
台湾OEMベンダーの強みを日本のHEMS/ホームネット分野へ、サーコムの挑戦
台湾のOEM/ODMベンダーSerCommの日本法人であるサーコム・ジャパンが、HEMS/ホームネットワーク市場への取り組みを加速させている。同社が打ち出しているのが、「台湾OEM/ODMベンダーの強みを、日本企業のサービスレベルで提供する」という戦略だ。(2012/7/30)

ものになるモノ、ならないモノ(48):
スマートフォン普及で爆発するトラフィックをさばけ!
スマートフォンが増えれば増えるほど、トラフィックはそれを上回るペースで増加する。通信キャリアが頭を悩ませている「通信インフラへの負担」の回避策として注目を集めるデータオフロードの仕組みとその課題を追ってみた。(2012/7/19)

アバゴ MGA-43x28シリーズ:
無線基地局向けアンプ製品群、「低雑音、高線形性」を訴求
アバゴ・テクノロジーは、マクロセルや、ピコセル/フェムトセルといった無線基地局を対象にしたアンプ製品群を発表した。いずれも、高い高周波特性を実現したことが特徴だ。(2012/6/20)

無線通信技術 LTE:
“小さな基地局”、携帯インフラで大きな存在へ
「マクロ」の時代から、より小型の「フェムト」「ピコ」「マイクロ」の時代へ――。スマートフォンやタブレットの普及でトラフィックが爆発的に増加し、通信容量が切迫する携帯電話ネットワーク。そのインフラ市場が移行期に差し掛かっている。基地局メーカーから、ネットワークプロセッサを供給する半導体ベンダーに至るまで、サプライチェーンのさまざまな階層で新たな覇権争いが始まった。(2012/6/8)

無線通信技術 LTE:
次に狙うはLTE、Insight SiPが小型無線モジュールの提供を2013年初頭に予定
無線通信モジュール/SiPを手掛けるInsight SiPは、特定の顧客を対象に、LTEに対応するデモ用フロントエンドモジュールの紹介を始めた。2012年末〜2013年初頭には最終製品への搭載を想定した小型品のサンプル提供を開始する予定である。(2012/5/16)

KDDI、au携帯電話の電波調査サービスを「電波サポート24」にリニューアル
KDDIは、au携帯電話のサービスエリアに関するサポートサービス「みんなでつくろう! auエリア」を「電波サポート24」として6月4日にリニューアルする。スマートフォンユーザー向けにはWi-Fiルーターの導入も提案する。(2012/5/14)

ソフトバンクモバイル、基地局数は「減少していない」
「ソフトバンクモバイルの基地局数が減少している」といった話題がネットを中心に広まっている。ソフトバンクモバイルは基地局数について「減少しているわけではない」との見解を示した。(2012/4/13)

Mobile IT Asia:
“スマートデバイス化”をサポートするQualcommの技術と強み
Snapdragonをはじめとするチップセットや無線技術の開発で知られるQualcomm。スマートフォンやタブレットが急増する中、同社の存在感も高まっている。クアルコムジャパンの山田社長が語った戦略をまとめた。(2012/3/16)

Mobile World Congress 2012 無線通信技術:
LTE、LTE-Advanced、異種ネットワーク――無線基地局の進化に応える通信処理プロセッサが発表
Freescale Semiconductorは、「Basestation on a chip(基地局機能を1つのチップに)」をコンセプトにした無線基地局向けプロセッサ製品群「QorIQ Qonverge」を拡充した。(2012/2/29)

LTE、WiMAX、Wi-Fi、GPS/GLONASS――:
PR:次世代ワイヤレス設計を強力に支援! 脈々と続くアバゴの高周波「DNA」
LTE基地局やフェムトセル/ピコセル、WiMAX/Wi-Fiといったさまざまな無線通信方式に対応したアクセスポイント/端末――。続々と誕生する新たなワイヤレス機器の設計に不可欠なのが、「超低雑音、高線形性」の高周波部品だ。超低雑音/高線形性という特徴が認められ、モバイル端末市場で数多くの実績を有するアバゴ・テクノロジーの高周波部品。これらの高周波部品が、モバイルにとどまらないあらゆるワイヤレス機器の設計を強力に支援する。(2012/2/29)

ドコモのフェムトセルサービス「マイエリア」、2012年9月30日に終了
自宅にフェムトセル小型基地局を設置してFOMAエリアを構築できるドコモの「マイエリア」サービスが、9月30日に終了となる。(2012/2/3)

富士通、LTEフェムトセルを開発 事業者向けに販売開始
富士通は、LTEの屋内小型基地局として利用できる「BroadOne LTEフェムトセル」の販売を、通信事業者向けに開始した。(2012/1/6)

クアルコム ジャパン 代表取締役会長兼社長 山田 純氏:
スマートホンの爆発的普及でモバイル業界に2つの局面
CDMA技術をはじめ、携帯電話の通信技術で数多くの特許を保有し、その技術ライセンスや携帯電話機向けチップセットのベンダーとして存在感が大きいQualcomm。日本法人で代表取締役会長兼社長を務める山田 純氏に、2012年の携帯電話業界の展望や、Qualcommの新分野への取り組みについて聞いた。(2012/1/6)

無線通信技術 LTE:
LTEとWi-Fiをシームレスに連携、富士通が家庭用フェムトセルを開発
富士通の「BroadOne LTE フェムトセル」は、屋内の無線通信を大容量、高品質化する屋内小型基地局である。独自の干渉抑制技術を搭載したことで、高い通信品質を確保した。(2012/1/6)

災害対策の最前線:
KDDI、移動基地局の設置訓練を公開
被災地などに出動するケータイキャリアの移動基地局。全国で15台を運用するKDDIは東日本大震災の教訓から、地域ごとに得たノウハウの共有や効率的な作業を目ざし、移動基地設置の合同訓練を実施した。(2011/12/6)

KDDI、「auフェムトセル」の利用回線を追加
KDDIの自宅用小型基地局「auフェムトセル」が利用できる回線として、ケイ・オプティコムの「eo光」と、中部テレコミュニケーション「コミュファ光」が追加された。(2011/12/6)

無線通信技術 LTE:
「あの手この手が必要です」、モバイルの“トラフィック爆発”に立ち向かう
ノキア シーメンス ネットワークスの「Liquid Net」は、データトラフィックの変動に合わせた自律的なネットワーク構築を支援する新たなコンセプトだ。モバイル端末のデータトラフィックの急増に対応する無線ネットワークとして通信業界に提案している。(2011/11/17)

約3年で人口カバー率98%目指す:
ドコモ、「Xi」エリア拡充計画を急加速──「ヘビーユーザーこそXiを」の狙い
NTTドコモが、Xi対応スマートフォンを一挙投入。エリア拡充計画の前倒しとともに、「それならばXi加入しようかな、移ろうかな」と思わせるためのユーザー向け施策を多数用意する。(2011/10/19)

神尾寿のMobile+Views:
“iPhone以外”の競争力向上を図るソフトバンク――スマートフォン市場第2ラウンドに先手
ソフトバンクの端末ラインアップは、戦略商品であるiPhoneの影響を色濃く受ける。しかし、市場全体のスマートフォン移行が急速に進む中で、同社は早くも次の一手を打ってきた。ソフトバンクモバイルの2011年度冬春モデルをひもとく。(2011/10/11)

Freescale Semiconductor 最高経営責任者 Rich Beyer氏:
独自コア統合せず突き進む
さまざまな機器が高度化し、相互につながる「コネクテッド・インテリジェンス」の時代。この新たな時代に求められる組み込みプロセッシングの姿とは――。Freescale Semiconductorの最高経営責任者(CEO)であるRich Beyer氏に聞いた。(2011/10/7)

CEATEC JAPAN 2011:
使い過ぎユーザーは制御、でもスマートに――スマホ時代のドコモ流トラフィック制御
スマートフォンの普及でトラフィックが急増し、その対策に追われる通信キャリア。利用が多いユーザーへの通信制御も対策の1つだが、ドコモの制御技術はとてもユニークだ。(2011/10/6)

プロセッサ/マイコン:
「コネクテッド・インテリジェンスの時代はすぐそこに」、Freescaleの技術フォーラムが開催
Freescale Semiconductorは2011年9月13日、「FTF(Freescale Technology Forum)Japan 2011」を開催し、同社のビジョンや事業戦略などを紹介した。(2011/9/15)

フェムトセルに最適な5032サイズのTCXO、京セラキンセキが開発
(2011/9/12)

ビジネスニュース 市場予測:
発展途上のフェムトセル市場、 2011年には3億米ドルに成長か
Infonetics Researchが、フェムトセル市場は2011年に3億米ドル規模に、2015年には30億米ドルに成長するとの予測を発表した。Samsung、Ciscoをはじめとするフェムトセルメーカー各社は、製品の開発や顧客の獲得に、積極的に取り組んでいる。(2011/8/23)

神尾寿の時事日想・特別編:
スマートフォンはなぜ、「速度規制」されるのか
KDDIがスマートフォン向けの通信速度制御を発表したことで、携帯3キャリアはすべて通信速度制御を行うことになった。またスマートフォンの普及を理由に、キャリア幹部がパケット定額制の見直しを口にすることも増えている。スマートフォンはなぜ、速度規制されるのだろうか?(2011/8/17)

スマートデバイス時代への備えは万全か――NTTドコモ 山田社長に聞く(前編)
急激に拡大したスマートフォン市場に対して、NTTドコモはどう備え、どのように対応しているのか。山田隆持社長に聞いた。(2011/7/14)

水晶デバイス TCXO:
TCXOながらOCXOに匹敵、日本電波が精度±0.1ppmの発振器発売
日本電波工業は、TCXOながら、恒温槽付水晶発振器(OCXO)に匹敵する周波数安定度を実現した発振器を開発した。(2011/6/24)

ドコモのフェムトセルサービス「マイエリア」、7月から月額315円に値下げ
ドコモは、フェムトセルを使って宅内にFOMA網を構築できる「マイエリア」の利用料金を7月から値下げする。(2011/6/21)

小寺信良「ケータイの力学」:
災害時における「ケータイ」の可能性を考える(3)
災害時には、通信設備の被災や集中する安否確認などで、通話のための回線確保が難しくなる。限られた手段のなかで一般ユーザーはどのように情報を送受信すればいいのだろうか。また、ネットが持つベストエフォートという性質も考慮する必要がある。(2011/6/20)

スマートフォン&モバイルEXPO:
災害対策、LTE、おサイフケータイ、スマートフォン――辻村氏が語るドコモの未来像
スマートフォンの普及やモバイルのブロードバンド化が進む中、ドコモの携帯事業は今後、どのような道を歩んでいくのだろうか。同社代表取締役副社長の辻村清行氏が、「ケータイの今とこれから」というテーマで語った。(2011/5/13)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。