ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ビル アンド メリンダ ゲイツ財団」最新記事一覧

ゲイツ財団に続き:
FacebookのザッカーバーグCEO、エボラ対策支援で2500万ドル寄付
ビル・ゲイツ氏夫妻が9月にエボラ対策支援で5000万ドルの寄付を発表したのに続き、Facebook創業者のマーク・ザッカーバーグ氏夫妻も2500万ドルの寄付を発表した。(2014/10/15)

ビル・ゲイツ財団、エボラ出血熱対策支援で5000万ドル寄付
Microsoftの共同創業者、ビル・ゲイツ氏の慈善団体ビル&メリンダ・ゲイツ財団が、感染が拡大しているエボラ出血熱対策を支援するため、5000万ドルを寄付すると発表した。(2014/9/11)

ホワイトペーパー:
別冊Computer Weekly 「あの会社」のビッグデータ活用術
顧客サービス改善に生かすBA、課題を発見したTesco、セキュリティ対策に応用するMicrosoft。そしてデータの量から質へ着眼点を移したゲイツ財団。4つの事例を通してデータ分析のヒントを提供する。(2014/6/30)

孫正義 奇跡のプレゼン:
そのプレゼンは誰のもの?
分かりづらいプレゼンテーションとはどのようなものか。なぜ多くの人が分かりづらいプレゼンテーションを作ってしまうのか、その背景を考える。(2014/2/6)

ホワイトペーパー:
Computer Weekly日本語版 1月8日号:オープンソースハードウェアになるデータセンター
オープンソースのハードウェアで24%のコスト削減と38%の省エネ化を実現しているFacebook。オープンソースハードウェアは今後主流となるのか? 他にもソーシャルメディアを活用するゲイツ財団の事例、空港CIOへのインタビューなどをお届けする。(2014/1/27)

「質の高い言及を集める方が良い」
ビッグデータは量から質へ、ゲイツ財団が進めるソーシャルメディア分析
ビル&メリンダ・ゲイツ財団は、米Salesforce.comのRadian6を活用してソーシャルメディアを通じた財団の活動促進を図っている。(2014/1/21)

Computer Weekly:
量(ビッグデータ)から質へ、ゲイツ財団が進めるソーシャルメディア分析
ビル&メリンダ・ゲイツ財団は、米Salesforce.comのRadian6を活用してソーシャルメディアを通じた財団の活動促進を図っている。(2014/1/8)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2013/9/24)

「次世代コンドーム」考えたら10万ドル ビル・ゲイツの財団がアイデア募集
応募するしかない!!!(2013/3/25)

ビル・ゲイツ氏が「Toilet 2.0」提唱 トイレを再発明
ビル・ゲイツ氏が慈善事業の一環として、トイレを再発明し、世界の衛生向上を支援すると発表した。(2011/7/20)

ビル・ゲイツ氏、Microsoftへのフルタイムの復帰を否定
ビル・ゲイツ氏がMicrosoftてこ入れのために復帰するとの憶測が高まっているが、同氏は今後は慈善事業に取り組むとして、うわさを否定した。(2011/6/14)

TechTargetジャパン電子ブックレット
TechTargetジャパンのコンテンツをスマートデバイスでの表示に最適化したEPUB形式とKindle用のMOBI形式で提供しています。TechTargetジャパン会員であれば、全て無料でダウンロードできます。(2012/12/10)

海外ダイジェスト(2月18日)
ゲイツ財団とGSMAが新興国向けモバイル金融プログラムを発表、MySpaceがモバイル向けWebサイトを刷新、など。(2009/2/18)

ゲイツ氏の慈善団体、米公立図書館のネット接続高速化を支援
ビル・ゲイツ夫妻の慈善団体が、公立図書館のインターネット接続を高速化するプログラムに、696万ドルを寄付する。(2008/12/19)

ビル・ゲイツ氏の“新たな敵”はたばこ
Microsoftから慈善活動へと重点を移したビル・ゲイツ氏が、たばこ使用の拡大に対抗する取り組みを発表した。(2008/7/24)

ビル・ゲイツ、去る――1つの時代に幕
Microsoftの共同創立者であるビル・ゲイツ氏は、コンピューティングを、ビジネスを、そしてわたしたちの生活をどう変えたのだろうか。(2008/6/30)

バルマー氏の後任もいない:
Microsoftの次なるリーダーは誰だ
ビル・ゲイツ氏が去ったあと、Microsoftにおけるリーダーシップはどうなるのだろう。(2008/6/26)

「日本市場は独特、SaaSのような賭けも必要」――ビル・ゲイツ氏が来日
ビル・ゲイツ氏が来日し、米Microsoftの今後について言及。米Yahoo!とは「独立した路線を進むべき」とし、買収の再提案を否定した。(2008/5/7)

ビル・ゲイツ氏が語るこれからの革新
Yahoo!買収問題の渦中、ゲイツ氏がスタンフォード大学での講演会で語ったのは……。(2008/2/21)

MTVが「世の中を変えたい」若者向けSNS「Think.MTV.com」
MTVが慈善団体と協力、社会に役立つ活動をしたい若者たちのためのSNSを立ち上げた。(2007/9/21)

ビル・ゲイツ氏、「創造的資本主義」を唱える
Microsoftのビル・ゲイツ氏が、かつて中退した母校ハーバード大学の卒業式で講演。世界の不公正を正すよう卒業生に訴えた。(2007/6/8)

2006年のIT業界を振り返る――ヒットもあれば空振りも
オープンソース分野の活発な動きとセキュリティ問題の深刻化、チップ戦争の加熱――2006年は変化とサプライズに満ちた1年だった。(2006/12/25)

ゲイツ氏の財団、途上国図書館への無料ネットサービス導入を支援
Bill & Melinda Gates Foundationは、今後7年にわたり総額3億2800万ドルを拠出、途上国の図書館への無料インターネットアクセスの導入を支援する。まずボツワナ、ラトビア、リトアニアの3カ国への助成金の拠出を行う。(2006/12/1)

ゲイツ氏が語る過去と未来、そしてGoogle
「Google Earthは素晴らしい」「EUとの関係に好感」「ハーバードは『休学中』」――。ビル・ゲイツ氏はTechNetカンファレンスで、チャーリー・ローズ氏とスタンフォード大学の聴衆にこう語った。(2006/11/17)

ゲイツ氏の財団、エイズワクチン開発支援のネットワーク創設
Bill & Melinda Gates Foundationは総額2億8700万ドルを拠出して、エイズワクチンの開発促進を目指す国際ネットワークを創設する。(2006/7/21)

世界2位の富豪が世界1の富豪の慈善財団に資産譲渡
ビル・ゲイツ氏に次ぐ世界2位の富豪、ウォーレン・バフェット氏が、ゲイツ氏の運営する慈善財団に資産を譲渡すると発表した。(2006/6/27)

Gates後に課せられるMS役員への重圧――カリスマをどう埋めるか?
Bill Gates氏はチーフソフトウェアアーキテクトの職をRay Ozzie氏に譲り、2008年6月までに非常勤の顧問役員となる意向を発表した。しかしこれまで同氏が担ってきた職務の中には、穴埋めの難しいものもある。(2006/6/27)

MS、「ゲイツ氏移行後」の準備は万全か?
Microsoft創業者のビル・ゲイツ氏が慈善団体の運営に自身のフォーカスをシフトした後で、Microsoftのビジネス手法が大きく変化するかどうか、関係者の間で意見が分かれている。(2006/6/19)

ゲイツ氏の「引き際」はMS復活ののろし?
株価が低迷し、従業員の士気にも問題が生じるなか、ゲイツ氏は最適なタイミングで引退を発表したと言えるかもしれない。ゲイツ後の“Microsoft 2.0”は果たしてウォール街の懐疑を覆せるだろうか。(2006/6/16)

ビル・ゲイツ氏引退、慈善家へ
Microsoft創業者のビル・ゲイツ会長が2008年7月で同社の第一線から退く。ゲイツ氏の職務は、CTOのレイ・オジー氏とクレイグ・マンディ氏が引き継ぐ予定。(2006/6/16)

ゲイツ氏の慈善団体、子宮頸がん予防プロジェクトに資金提供
開発途上国の女性に子宮頸がんのワクチンを届けるプロジェクトに、Bill & Melinda Gates Foundationが2780万ドルの資金を拠出する。(2006/6/7)

TIME誌の「今年の人物」、ゲイツ夫妻とボノが選出
恒例のTIME誌「Persons of the Year」は、Live 8で活躍したU2のボノと、医療機関などに多額の寄付を行ったビル&メリンダ・ゲイツ夫妻に決定した。(2005/12/19)

2005年版「世界一尊敬できる企業経営者」発表
今年の企業経営者ランキングで、世界で最も尊敬できるビジネスリーダーとして選ばれたのは……。(2005/12/15)

ゲイツ氏の慈善団体、マラリア研究に2億5830万ドル助成
アフリカで毎日2000人の子供が死亡しているマラリアの予防研究に充てるため、Bill & Melinda Gates Foundationは2億5830万ドルを寄付する。(2005/11/1)

Mozillaの「イノセンス」は終わる?
わたしには、Mozilla Foundationが営利企業を設立したことで、戻れない一線を越えつつあるように感じられて仕方がない。(2005/8/4)

ゲイツ夫妻の財団、保健医療プロジェクトに追加拠出
Microsoftのビル・ゲイツ会長はGlobal Healthプロジェクトに2億5000万ドルを追加拠出する。保健医療問題を劇的に改善するためには今が「歴史的好機」だと訴えた。(2005/5/17)

ゲイツ氏に英女王から大英勲章授与
Microsoftのビル・ゲイツ会長が英国女王エリザベス2世から大英勲章を授与された。(2005/3/3)

ゲイツ氏の財団がマラリア治療研究に4260万ドル助成
(2004/12/14)

ゲイツ夫人、Washington Post取締役に選任
(2004/9/11)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。