ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ゲオ」最新記事一覧

ITライフch:
Y!mobile+SIMフリーのiPhone 7は安い?キャリアと格安SIMの2年間総額比較
販売を開始したiPhone 7とiPhone 7 Plus。今回は、ドコモ、au、ソフトバンクに加え、SIMフリー版のiPhone 7 /iPhone 7 PlusをY!mobileや格安SIM(IIJmio)での端末代金を含めた2年間総額を比較します。(2016/9/30)

「Allspark」の月間3750万UU以上のロケーションデータを活用:
Supership、独自データと位置情報を掛け合わせたオーディエンス広告配信を提供開始
Supershipは2016年9月29日、位置情報に基づいた効果的な広告配信を実現する「Supership GEO Targeting」の提供を開始した。(2016/9/30)

買取価格や利用料金をシミュレーションできる「ゲオ 格安・中古スマホ情報サイト」開設
ゲオは、9月12日に中古スマートフォン・タブレットの総合情報サイト「ゲオ 格安・中古スマホ情報サイト」を開設。買取価格や現在利用しているサービスと格安スマホの料金を比較できるシミュレーション機能などを備えている。(2016/9/14)

ITライフch:
「Huawei P9」ハンズオン!人気アプリ「ポケモンGO」も堪能できる究極のSIMフリースマホ
「ポケモンGO」を遊ぶには、ある程度のスペックが必要です。SIMフリースマホのなかでもスマホ好きから支持が厚い「Huawei P9」を使って、実際にどのような使い心地かを検証してみました。(2016/9/14)

タイムアウト東京のオススメ:
秋の夜長は月と楽しむ
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2016/9/6)

クラウドDHWで最大級のリージョン数に:
マイクロソフト、「Azure SQL Data Warehouse」の提供リージョンを拡大──「東日本」を含む4リージョンを追加
マイクロソフトが、クラウド型データウェアハウスサービス「Azure SQL Data Warehouse」の提供リージョンを拡大。従来の14リージョンに加えて、「東日本」など4リージョンを追加した。(2016/9/2)

世界名作劇場のキャラクターがパズルゲームに――「プチふわラスカル」配信開始
ゲオインタラクティブは、8月24日に「プチふわラスカル 〜世界名作劇場〜」をリリース。風船になって浮かんでくるキャラクターをタップやスワイプで消すパズルゲームアプリで、「世界名作劇場」シリーズの人気12キャラクターが登場する。(2016/8/24)

クラウド社会とデータ永久保存時代の歩き方:
第21回 ブロックチェーンを生かしたクラウドストレージの安全策
データが拡散するほど危険になると思いがちなクラウド時代のストレージにおいては、逆にこの状況に合わせた技術の活用で安全になる可能があります。今回はブロックチェーンの特徴からクラウドストレージの技術を解説します。(2016/8/17)

中古スマホ販売/買取ランキング:
ソフトバンクとSIMフリーの「iPhone 5s」が上昇――ゲオ7月編
ゲオ店舗で扱っている中古スマホの販売/買取ランキングを紹介。ソフトバンクとSIMロックフリーのiPhone 5sが販売ランキングで上昇。ポケモンGOの影響が予想される。(2016/8/16)

ゲオ、53店舗で中古端末の保証サービスを開始――保証額は5000円〜8万円
ゲオが53店舗で中古端末の保証サービスを開始した。保証額は5000円〜8万円の10プランを用意する。支払いは1回でよい。(2016/8/10)

「ポケモンGO」効果で中古スマホの売上が倍増、約15%がゲーム専用端末の購入意向あり――ゲオ
ゲオが、「ポケモンGO」を利用するための中古スマホ購入意向に関する調査を実施。14.9%が、中古または新品のスマホの購入意向があることが分かった。ポケモンGO推奨中古スマホの売上は倍増しているという。(2016/8/10)

中古スマホ販売/買取ランキング:
3キャリアともiPhone 5s/5が上位を独占――ゲオ6月編
ゲオ店舗で扱っている中古スマホの販売/買取ランキングを紹介。依然としてiPhone 5sと5の人気が高い。ポケモンGO効果もあってさらに売れるかもしれない。(2016/8/1)

全国のゲオショップ1100店舗で「ポケモンGO」推奨中古スマホを10%引き
ゲオは、8月1日から8月21日まで「ポケモンGO」推奨中古スマートフォンの10%引きセールを開催。また、無料充電コーナーの設置やゲームの初期設定サービスなども実施する。(2016/8/1)

SIM通:
中古スマホに潜むリスクから守ってくれる赤ロム保証とは
中古端末に潜む「赤ロム問題」。そして、そのリスクから購入者を守る「赤ロム保証」について解説します。(2016/7/26)

3年前の「iPhone 5s」がいまだに“現役”の理由
発売から3年がたとうとしている中で、いまだに売れている「iPhone 5s」。Y!mobileとUQ mobileが取り扱い、iPhoneを安価に運用したい層に訴求している。なぜ5sの人気は衰えないのだろうか。(2016/7/21)

予約戦争だ:
「PS VR」、7月23日より予約受付再開 メルマガ登録者の500人限定抽選販売も(追記あり)
6月18日に予約を開始し、即売り切れ状態だったPSVR。7月23日より予約受付を再開する。(2016/7/14)

中古のSIMフリー端末を購入するには?
(2016/7/14)

SIM通:
UQ mobile、月々1,980円で端末代コミコミの料金プランを提供開始
UQコミュニケーションズは、契約後1年間の月額基本使用料が1,000円割引になる「イチキュッパ割」などの料金、および女性をターゲットとした新端末「DIGNO L」を発表した。(2016/7/8)

SIM通:
iPhone5sが中古市場を席捲? 2016年5月の中古端末市場
次々と新機種が発表された5月。いったん落ち着いたかに見えた中古市場でしたが、先月よりもiPhone 5sがより上位に入っているなど、状況に変化が見られます。(2016/7/7)

中古スマホ買取/販売ランキング:
依然として人気の高い「iPhone 5s」、1万円未満のSIMフリースマホも――ゲオ5月編
ゲオ店舗で扱っている中古スマホの買取ランキングを紹介。5月は「iPhone 5s」の買取と販売がいずれも人気。「iPhone 6s」や「iPhone 6」の買取も増えつつある。(2016/6/30)

“格安”でも“過剰”でもない――「新しい立ち位置」を目指してサービス拡充を図る楽天モバイル
楽天モバイルが新サービスを発表した。“格安”でも“過剰”でもない、従来のMVNOとは違う立ち位置の確立を目指す。(2016/6/28)

中古iPhoneとも組み合わせられる:
ゲオ、「楽天モバイル」の取り扱いをスタート――全国10店舗で順次
ゲオは、6月28日に楽天の格安スマホ「楽天モバイル」の取り扱いを開始。10月末までに全国10店舗で取り扱う予定で、中古スマートフォンと楽天モバイルのSIMカードを組み合わせて利用することもできる。(2016/6/28)

楽天モバイル、1GB/2980円からのプリペイドSIM発売
料金は1GB/2980円、2GB/3980円。追加チャージは500MB/1500円から。(2016/6/28)

石野純也のMobile Eye(6月13日〜24日):
「UQ mobile」が事実上のauサブブランドに――ドコモ系MVNO、Y!mobileと真っ向勝負へ
「UQ mobile」が、MVNOサービスの中で大きな動きを見せている。月額1980円から利用できるキャンペーンを実施するほか、KDDIと連携して販売体制も強化する。ドコモ系MVNO、Y!mobile、UQ mobileという三つどもえの戦いが繰り広げられそうだ。(2016/6/25)

「1980円スマホ」で第3極目指すUQ mobile 量販店ではauスタッフも動員し“総攻撃”へ
UQ mobileは、1980円でデータ通信2GB/通話60分相当が利用できる「イチキュッパ割」を発表。量販店を中心に販売チャンネルも拡大し、auスタッフとの連携も図る。(2016/6/24)

「ゲームばかりしてないで外で遊びなさい!」がなくなる日――カギはGPS+AR?
(2016/6/15)

SIM通:
店舗ごとの強みがより鮮明に! 4月の中古市場ランキング
新年度最初の中古ランキング。購入層と売れ筋端末に新しい動きはあったのか? 発売されたiPhone SEの影響は中古市場にあったのか? チェックしてみましょう。(2016/6/8)

AWS Summit Tokyo 2016:
スクウェア・エニックス、ソニー、ゲオ、日本電産。AWSはビジネス基盤として広がる
アマゾンウェブサービスジャパンが2016年6月初めに開催したAWS Summit Tokyo 2016では、スクウェア・エニックス、日本電産、ソニーなどの企業が基調講演に登場。自社のビジネス基盤として、AWSが不可欠な役割を果たすようになってきていることを説明した。(2016/6/6)

石野純也のMobile Eye(5月16日〜27日):
FREETELもY!mobileに真っ向勝負――MVNOは「格安」と「中価格」の二極化へ
格安SIM/スマホは、まだ一般ユーザーには行き渡っていない。一方で、2016年は、その普及が加速するとの見方もある。今回は、新端末・サービスを発表したFREETELを軸に、MVNOの今後を占っていきたい。(2016/5/28)

高度なレプリケーションと自動暗号化/復号をサポート:
クラウド型障害復旧サービス「Azure Site Recovery」に、3つのAzureストレージ新機能
マイクロソフトのクラウド型障害復旧サービス「Azure Site Recovery」に、3つの新たなAzureストレージ機能が追加された。(2016/5/25)

CAEニュース:
電波伝搬・無線ネットワークプランニング向けソフトウェア開発企業を買収
米Altair Engineeringは、電波伝搬と無線ネットワークプランニング向けソフトウェア「WinProp」の開発元である、独AWE Communications(AWE)を買収した。今後、WinPropとFEKOの開発チームの連携や相乗効果が期待される。(2016/5/18)

ゲオでUQ mobileとau中古スマホを購入すると、2年間で1万2000円割引に
ゲオは、UQ mobilとau中古スマホのセット購入で端末購入をサポートする割引サービス「中古端末購入アシスト」と「マンスリー割」を開始する。(2016/5/17)

4月23日に「ゲオモバイル栄 森の地下街店」がオープン――栄駅の改札近く
ゲオは、4月23日に「ゲオモバイル栄 森の地下街店」をオープンする。栄駅の改札付近という立ち寄りやすい場所にある。「スマホ相談員」が常駐しており、データ移行や設定に関する相談を受け付ける。(2016/4/22)

SHOWCASE:
札幌のオシャレなiPhoneケース屋さんの暇つぶし アプリ紹介編 毎日ヨガ
お仕事をしながらひっそり筋トレできないか? お仕事をしつつも体が鍛えられたら最高じゃないか。いろいろ探したら、あった、ありましたよ。それが「毎日ヨガ」です。(2016/4/22)

Mobile Weekly Top10:
中古スマホ、買い取り後に何をしている?【4/4〜4/10の人気記事】
中古スマホを買い取るという業者が増えていますが、買い取られたスマホはその後どうなるのでしょうか?(2016/4/11)

個人情報は大丈夫?:
中古スマホ買い取り後に何が行われているのか?――ゲオの流通センターで見てきた
中古スマートフォンを売買するのに「品質は大丈夫なのか」「個人情報が漏れることはないのか」といった点が心配な人は多いだろう。中古スマホが買い取られてから、どんな工程を経て店頭に並ぶのか? ゲオの流通センターを取材してきた。(2016/4/4)

箱や付属品はあった方がいい? ジャンク品でもOK?――スマホ買い取りのポイントをゲオに聞いた
不要なスマートフォンは中古店で買い取ってもらえるが、その際、どのような基準で査定をしているのだろうか。箱や付属品はあった方がいい? ゲオモバイル アキバ店で聞いてきた。(2016/3/25)

Mobile Weekly Top10:
iPhone SEに“VEN”の3文字を足すと「7」になる件/6sのSIMロック解除、間もなく解禁
SEにVENの3文字を書き足すと「SEVEN」つまり「7」に。これはAppleの秘めたメッセージに違いありません(寝不足)。(2016/3/22)

“1970年1月1日問題”で文鎮化した「iPhone 5s」、復旧しました
バッテリーが完全に放電をすれば復旧する模様? とにもかくにも、仮死状態から生還を果たしました。(2016/3/18)

文鎮化した「iPhone 5s」は買い取ってもらえる?――ゲオで査定してもらった【追記あり】
ゲオは「どんな携帯でも100円から買い取ります」と言っていますが……。(2016/3/16)

選手が活躍するほどポイントがたまる――リアル連動プロ野球ゲーム「ベースボールマニア」
ゲオが野球ゲーム「ベースボールマニア」を3月1日に提供開始。ユーザーが組んだチームの選手が公式戦で好結果を残すと、ポイントが加算される。料金は月額300円で、iOSやAndroidのブラウザで利用する。(2016/3/1)

2月27日リニューアルオープン――「ゲオモバイル アキバ店」に潜入してきた
「ゲオ アキバ店」が、2月27日から「ゲオモバイル アキバ店」にリニューアルオープンする。モバイルの売場を拡大し、中古携帯は3000台以上を扱う。26日に、一足早く店舗を訪れてきた。(2016/2/26)

Weekly Access Top10:
アリとキリギリス
“働かないアリ”は、かえって大変かも(2016/2/22)

「ゲオモバイル アキバ店」、2月27日にリニューアルオープン――全品10%オフキャンペーンも
「ゲオ アキバ店」から「ゲオモバイル アキバ店」にリニューアル。中古携帯のラインアップをさらに強化する。格安SIMの契約も可能だ。(2016/2/22)

ゲオの映像配信サービス「ゲオチャンネル」2月22日スタート 月額590円で約8万タイトル見放題
映画、ドラマ、アニメ、音楽、成人向けなど13ジャンル約8万タイトルを用意。(2016/2/19)

アダルト含む8万作品、月額590円で見放題「ゲオチャンネル」 店舗レンタルとの組み合わせも
月額制の映像配信サービス「ゲオチャンネル」が22日スタート。アダルト作品を含む8万タイトルが月額590円(税別)で見放題となる。(2016/2/19)

8万タイトルが590円で見放題!「ゲオチャンネル」が2月22日スタート――ゲオショップと連携サービスを実施
映像配信サービス「ゲオチャンネル」が2月22日にスタート。全国1200店舗を展開する「ゲオショップ」と連動したサービスを実施する。(2016/2/18)

SIM通:
ガラケー&旧端末強し!?12月の中古販売ランキング
中古販売ランキングでは、今回からゲオのランキングを追加しパワーアップ。常にガラケーが強い印象のダイワンテレコムのランキングで、iPhone以外の端末がランク入り。その端末とは?(2016/2/10)

神尾寿が語るモバイル業界(3):
2016年、販売奨励金が抑えられてもiPhoneは売れると思う理由
キャッシュバックや販売奨励金を抑えられることで、2016年は特にiPhoneが売れなくなるといわれているが、神尾氏はむしろ「逆だと思う」という。また、Android勢が逆襲するために必要なこととは?(2016/1/30)

Mobile Weekly Top10:
スマホ伸び悩みのモバイル業界はどうなる?/脆弱性を修正した「iOS 9.2.1」配信開始
1月18日週のアクセスランキングは、ITジャーナリスト神尾氏とITmedia Mobile編集長の対談が注目されました。(2016/1/29)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。