ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ゲオ」最新記事一覧

石野純也のMobile Eye(5月16日〜27日):
FREETELもY!mobileに真っ向勝負――MVNOは「格安」と「中価格」の二極化へ
格安SIM/スマホは、まだ一般ユーザーには行き渡っていない。一方で、2016年は、その普及が加速するとの見方もある。今回は、新端末・サービスを発表したFREETELを軸に、MVNOの今後を占っていきたい。(2016/5/28)

高度なレプリケーションと自動暗号化/復号をサポート:
クラウド型障害復旧サービス「Azure Site Recovery」に、3つのAzureストレージ新機能
マイクロソフトのクラウド型障害復旧サービス「Azure Site Recovery」に、3つの新たなAzureストレージ機能が追加された。(2016/5/25)

CAEニュース:
電波伝搬・無線ネットワークプランニング向けソフトウェア開発企業を買収
米Altair Engineeringは、電波伝搬と無線ネットワークプランニング向けソフトウェア「WinProp」の開発元である、独AWE Communications(AWE)を買収した。今後、WinPropとFEKOの開発チームの連携や相乗効果が期待される。(2016/5/18)

ゲオでUQ mobileとau中古スマホを購入すると、2年間で1万2000円割引に
ゲオは、UQ mobilとau中古スマホのセット購入で端末購入をサポートする割引サービス「中古端末購入アシスト」と「マンスリー割」を開始する。(2016/5/17)

4月23日に「ゲオモバイル栄 森の地下街店」がオープン――栄駅の改札近く
ゲオは、4月23日に「ゲオモバイル栄 森の地下街店」をオープンする。栄駅の改札付近という立ち寄りやすい場所にある。「スマホ相談員」が常駐しており、データ移行や設定に関する相談を受け付ける。(2016/4/22)

SHOWCASE:
札幌のオシャレなiPhoneケース屋さんの暇つぶし アプリ紹介編 毎日ヨガ
お仕事をしながらひっそり筋トレできないか? お仕事をしつつも体が鍛えられたら最高じゃないか。いろいろ探したら、あった、ありましたよ。それが「毎日ヨガ」です。(2016/4/22)

Mobile Weekly Top10:
中古スマホ、買い取り後に何をしている?【4/4〜4/10の人気記事】
中古スマホを買い取るという業者が増えていますが、買い取られたスマホはその後どうなるのでしょうか?(2016/4/11)

個人情報は大丈夫?:
中古スマホ買い取り後に何が行われているのか?――ゲオの流通センターで見てきた
中古スマートフォンを売買するのに「品質は大丈夫なのか」「個人情報が漏れることはないのか」といった点が心配な人は多いだろう。中古スマホが買い取られてから、どんな工程を経て店頭に並ぶのか? ゲオの流通センターを取材してきた。(2016/4/4)

箱や付属品はあった方がいい? ジャンク品でもOK?――スマホ買い取りのポイントをゲオに聞いた
不要なスマートフォンは中古店で買い取ってもらえるが、その際、どのような基準で査定をしているのだろうか。箱や付属品はあった方がいい? ゲオモバイル アキバ店で聞いてきた。(2016/3/25)

Mobile Weekly Top10:
iPhone SEに“VEN”の3文字を足すと「7」になる件/6sのSIMロック解除、間もなく解禁
SEにVENの3文字を書き足すと「SEVEN」つまり「7」に。これはAppleの秘めたメッセージに違いありません(寝不足)。(2016/3/22)

“1970年1月1日問題”で文鎮化した「iPhone 5s」、復旧しました
バッテリーが完全に放電をすれば復旧する模様? とにもかくにも、仮死状態から生還を果たしました。(2016/3/18)

文鎮化した「iPhone 5s」は買い取ってもらえる?――ゲオで査定してもらった【追記あり】
ゲオは「どんな携帯でも100円から買い取ります」と言っていますが……。(2016/3/16)

選手が活躍するほどポイントがたまる――リアル連動プロ野球ゲーム「ベースボールマニア」
ゲオが野球ゲーム「ベースボールマニア」を3月1日に提供開始。ユーザーが組んだチームの選手が公式戦で好結果を残すと、ポイントが加算される。料金は月額300円で、iOSやAndroidのブラウザで利用する。(2016/3/1)

2月27日リニューアルオープン――「ゲオモバイル アキバ店」に潜入してきた
「ゲオ アキバ店」が、2月27日から「ゲオモバイル アキバ店」にリニューアルオープンする。モバイルの売場を拡大し、中古携帯は3000台以上を扱う。26日に、一足早く店舗を訪れてきた。(2016/2/26)

Weekly Access Top10:
アリとキリギリス
“働かないアリ”は、かえって大変かも(2016/2/22)

「ゲオモバイル アキバ店」、2月27日にリニューアルオープン――全品10%オフキャンペーンも
「ゲオ アキバ店」から「ゲオモバイル アキバ店」にリニューアル。中古携帯のラインアップをさらに強化する。格安SIMの契約も可能だ。(2016/2/22)

ゲオの映像配信サービス「ゲオチャンネル」2月22日スタート 月額590円で約8万タイトル見放題
映画、ドラマ、アニメ、音楽、成人向けなど13ジャンル約8万タイトルを用意。(2016/2/19)

アダルト含む8万作品、月額590円で見放題「ゲオチャンネル」 店舗レンタルとの組み合わせも
月額制の映像配信サービス「ゲオチャンネル」が22日スタート。アダルト作品を含む8万タイトルが月額590円(税別)で見放題となる。(2016/2/19)

8万タイトルが590円で見放題!「ゲオチャンネル」が2月22日スタート――ゲオショップと連携サービスを実施
映像配信サービス「ゲオチャンネル」が2月22日にスタート。全国1200店舗を展開する「ゲオショップ」と連動したサービスを実施する。(2016/2/18)

SIM通:
ガラケー&旧端末強し!?12月の中古販売ランキング
中古販売ランキングでは、今回からゲオのランキングを追加しパワーアップ。常にガラケーが強い印象のダイワンテレコムのランキングで、iPhone以外の端末がランク入り。その端末とは?(2016/2/10)

神尾寿が語るモバイル業界(3):
2016年、販売奨励金が抑えられてもiPhoneは売れると思う理由
キャッシュバックや販売奨励金を抑えられることで、2016年は特にiPhoneが売れなくなるといわれているが、神尾氏はむしろ「逆だと思う」という。また、Android勢が逆襲するために必要なこととは?(2016/1/30)

Mobile Weekly Top10:
スマホ伸び悩みのモバイル業界はどうなる?/脆弱性を修正した「iOS 9.2.1」配信開始
1月18日週のアクセスランキングは、ITジャーナリスト神尾氏とITmedia Mobile編集長の対談が注目されました。(2016/1/29)

中古スマホ買取ランキング:
iPhone 6/5sが人気、SIMフリーの5sもランクイン――ゲオ12月編
ゲオ店舗で扱っている中古スマホの買取ランキング。12月はiPhone 6とiPhone 5sの買取人気と価格が高い。SIMロックフリーのiPhone 5sもランクインしている。(2016/1/22)

バッテリーの劣化は? 赤ロム対策は?――ゲオに聞く、中古スマホを安心して購入する方法
中古スマホを購入する際、「傷や汚れ」や「バッテリーの劣化」「初期不良対応」など気になる点は多い。これらの問題に中古スマホ専門店ではどう対応しているのか? 「ゲオモバイル渋谷センター街店」で実際の対応について聞いた。(2016/1/21)

Mobile Weekly Top10:
「Xperia Z5」の発熱はどう?/2015年を代表するスマホが決定
「Xperia Z5」の発熱は抑えられているのでしょうか?(2016/1/5)

中古スマホはいくらで買える? 人気機種は?――「ゲオモバイル渋谷センター街店」に行ってきた
最近盛り上がりを見せている「中古スマホ」は、どんなモデルがあり、どれだけ安く購入できるのだろうか? 中古スマホや格安SIMの専門店「ゲオモバイル渋谷センター街店」を訪れ、“中古スマホの現場”を見てきた。(2015/12/28)

中古スマホ買取ランキング:
「iPhone 5s」と「iPhone 6」が人気、SIMフリーでは「ZenFone 2」が上昇――ゲオ11月編
買い取り量が多く、買い取り額が高いのは「iPhone 5s」と「iPhone 6」だ。特にドコモ版は高く買い取ってもらえる。SIMフリーでは「ZenFone 2」の最高買取額が10月より値上げされた。(2015/12/22)

ゲームや訪日外国人向けSIM、中古スマホ販売を強化した「ゲオ中野ブロードウェイ店」が12月19日にオープン
中野エリアの特徴を反映し、ゲームコーナーや訪日外国人向けSIM、中古スマホの売り場を強化した総合モバイルショップ「ゲオ中野ブロードウェイ店」が12月19日にオープンする。(2015/12/17)

クラウド社会とデータ永久保存時代の歩き方:
第6回 オブジェクトストレージを解読する その特徴とは?
クラウド時代において主流となっていくオブジェクトストレージを詳しくひも解いていきます。今回はその特徴について見ていきましょう。(2015/12/2)

高速連写や4K動画が堪能できるRXの高倍率ズームモデル――ソニー「RX10 II」
全域F2.8の1型センサー搭載したソニーのハイエンド機「RX10」の上位機種にふさわしい性能を備えた「RX10 II」。さらに強化された電子シャッターと4K動画撮影機能を徹底検証した。(2015/12/1)

中古スマホ買取ランキング:
買取でもiPhoneが人気、特にドコモ版が高価な傾向に――ゲオ10月編
「iPhone 6s」が発売された直後とあって、10月は「iPhone 6」の買取が多い。特に人気が高く(よく売る人が多く)買取価格が高いのは、ドコモの「iPhone 6」だった。(2015/11/24)

「ゲオモバイル名古屋大須新天地通店」がリニューアル――中古スマホの体験も可能に
総合モバイルショップ「ゲオモバイル名古屋大須新天地通店」がリニューアルオープン。中古スマホの体験スペース設置やユーザーの使い方にあったプラン提案を行う。(2015/11/24)

ストレージ専用OS「NexentaStor」でVPSからクラウドサービスに転身
GMOインターネット「ConoHa」、性能大幅改善の鍵はSDSとSSD
GMOインターネットが2015年5月にリニューアルしたクラウドプラットフォーム「ConoHa」。ストレージ基盤にSSDを全面導入してパフォーマンスを格段に向上させた。その取り組みを紹介する。(2015/11/17)

ゲオネットワークス顧問に「サクラ大戦」「魔神英雄伝ワタル」の広井王子氏が就任
ゲオネットワークスの顧問に、人気ゲーム「サクラ大戦」シリーズやアニメ「魔神英雄伝ワタル」シリーズを手掛けた広井王子氏が就任した。(2015/11/9)

「ゲオモバイル」6店舗で訪日外国人向け「Japan Travel SIM」を販売
IIJのプリペイドSIMを採用。訪日外国人の観光拠点である、札幌、渋谷、秋葉原、名古屋、京都の計6店舗で販売する。通信量は1Gバイトまでだが、ブラステルカードでリチャージが可能。(2015/10/21)

「ゲオモバイル那覇新都心店」、10月17日にオープン
「ゲオ×OCN SIM」と「UQ mobile」の契約ができるほか、中古携帯の販売、買い取りも行う。(2015/10/16)

IoT:
LINE自販機をキリンが投入、「LINEは“IoTのリモコン”になりたい」
キリンが“フレーム付き自撮り写真機能”を搭載した自動販売機を展開する。スマホアプリ「LINE」利用者にはLINEで撮影した画像を送ることが可能で、LINEの田端氏は「LINEは“IoTのリモコン”になりたい」と意気込む。(2015/10/2)

ウリドキ×Smarketの中古携帯買取キャンペーン――キーワードでプラス1000円を上乗せ
買取比較サイト「ウリドキ」と携帯電話買取サイト「Smarket」が連携した中古携帯買取キャンペーンがスタート。キーワードを書いたユーザーはプラス1000円で買い取りする。(2015/9/18)

Amazonに「中古ストア」 マーケットプレイス出品商品を一堂に
「Amazonマーケットプレイス」に出品されている中古商品を集めた「中古ストア」がオープンした。(2015/9/17)

月額590円で映画やドラマ、成人向けなど8万タイトル以上の配信コンテンツが見放題 ゲオとエイベックスの提携VODサービス「ゲオチャンネル」
開始は2016年2月予定。(2015/9/16)

月590円で8万本が見放題:
レンタル大手ゲオも参入、定額見放題サービスの「VOD元年」到来か
レンタル大手のゲオが映像配信サービス市場に参入する。全国に約1600店あるリアル店舗の強みを生かした“ハイブリッドVOD”として2016年にスタートする予定だ。(2015/9/15)

ゲオ、エイベックスと定額動画配信「ゲオチャンネル」スタート
ゲオがエイベックスと提携し、動画配信サービス「ゲオチャンネル」を来年2月にスタートする。利用は月額590円(税別)から。(2015/9/15)

2016年2月スタート:
ゲオとエイベックス、月額590円で8万作品が見放題の映像サービス「ゲオチャンネル」発表
ゲオとエイベックスは9月15日、映像配信サービス「ゲオチャンネル」を発表した。月額590円の見放題サービスのほか、旧作をレンタルできる有料オプションも用意する。(2015/9/15)

MVNOに聞く:
カウントフリー機能が契約の“ひと押し”に――シェア1位を維持する「OCN モバイル ONE」
MVNO市場でシェア1位の「OCN モバイル ONE」を展開しているNTTコミュニケーションズが、差別化を図る新たな一手として「カウントフリー機能」を提供する。この新機能を含む最近の取り組みについて聞いた。(2015/8/31)

ゲオの2015年7月度「埋蔵携帯ランキング」、中古販売・買取ともにソフトバンクのiPhone 5が1位
ゲオの発表した2015年7月度「埋蔵携帯ランキング」総合ランキング1位は、販売・買取ともにソフトバンクのiPhone 5。Androidでは「GALAXY S4 SC-04E」と「Xperia A SO-04E」の販売・買取が増えている。(2015/8/10)

日本科学未来館、2016年に向けて大幅リニューアル
開館15周年!(2015/8/5)

より情報量の多い精細な地図が利用可能に:
ウイングアーク1st、クラウド型BIダッシュボード「MotionBoard Cloud」に「MapFan」「Mapion」の地図情報を追加
ウイングアーク1stは2015年7月24日、クラウド型BIダッシュボード「MotionBoard Cloud」のアップデートを実施。「MapFan」「Mapion」の地図が選択可能になった。(2015/7/24)

ゲオモバイル52店舗で「UQ mobile」の取り扱いスタート
総合モバイル専門店「ゲオモバイル」52店舗で、格安SIMサービス「UQ mobile」の取り扱いがスタートした。8店舗では即日対応も可能だ。(2015/7/15)

ゲオスマホに「ZenFone 2」「ARROWS M01」「AQUOS SH-M01」の3機種が追加
ゲオスマホに、ASUS製「ZenFone 2」、富士通製「ARROWS M01」、シャープ製「AQUOS SH-M01」の3機種が新登場した。(2015/6/25)

格安SIM定点観測:
ますます広がる店頭窓口 最安競争は音声SIMにも――2015年5月音声通話編
音声通話対応格安SIMの“弱点”であるMNP時の通信途絶期間。それをゼロに近付けるため、MVNO各社は店頭窓口の設置を進めている。一方、DMM mobileの「業界最安値」に挑戦する動きも見られた。(2015/6/2)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。