ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  G

  • 関連の記事

「Google Now」最新記事一覧

Microsoft、チャットbot技術のWand Labsを買収 CEOは「Google Now」開発者
「プラットフォームとしての会話」ビジョンを掲げるMicrosoftが、チャットbot技術を手掛ける新興企業Wand Labsを買収した。「Google Now」開発者だったシャルマCEO率いるWandのチームは、BingやCortanaのコグニティブサービス開発に参加する。(2016/6/17)

Tech Basics/Catalog:
Microsoft製モバイルアプリ
マイクロソフトは、Officeアプリ以外にもさまざまなモバイルアプリを提供している。その中から単独で利用できるアプリを紹介する。(2016/6/16)

IBM、声で質問できるインタラクティブ広告「Watson Ads」 まずはキャンベルスープなどが採用
IBM傘下のThe Weather Companyが、コグニティブ技術「Watson」を採用するインタラクティブ広告「Watson Ads」を発表した。広告に向かって音声で例えば「今日の夕食は何にしよう?」と尋ねると、気象データや質問者の位置情報などに基いて適切なレシピを提示するという。(2016/6/3)

ITエンジニアの未来ラボ(9):
VR、人工知能、画像/音声/動画解析、IoTの最先端16事例が披露されたMicrosoft Innovation Day 2016
Microsoft Innovation Day 2016では、先進的な技術やサービスを提供する企業やスタートアップを表彰するInnovation Award 2016のファイナルピッチと表彰式が行われ、日本のスタートアップの最新の取り組みが明らかになった。本稿ではファイナリストたちが発表した優れたアイデアや最先端のサービスの一端をお届けする。(2016/6/3)

iOS版「Googleアプリ」アップデートで高速化やAMP対応など新機能追加
iPhone/iPad版「Googleアプリ」がバージョン15.1にアップデートされ、起動や検索結果の表示が速くなった他、AMP対応、「Google Now」のスポートハイライト動画などの新機能が追加された。(2016/5/30)

ITはみ出しコラム:
「OK Google」で、できるようになってほしいこと
対話だけでもっと便利に使いたいのです。(2016/5/28)

特選プレミアムコンテンツガイド
「Cortana」「Siri」はまだ時期尚早? 音声アシスタントのビジネス利用の未来像
Windowsの「Cortana」やAppleの「Siri」など、音声アシスタントは、個人利用で人気を博しているが、ビジネス利用はどうなのだろうか。その可能性について紹介する。(2016/5/27)

Google I/O 2016の基調講演まとめ AI中心、VRの取り組みも
Google I/O 2016の基調講演ではAIアシスタントの「Google Assistant」やVRプラットフォーム「Daydream」などの他、Android Nの進捗などが発表された。主な項目をまとめてみた。(2016/5/19)

Googleの人工知能bot「Google Assistant」はサービス横断で活躍する対話型アシスタント
MicrosoftやFacebookに続き、Googleも人工知能bot「Google Assistant」を発表した。「Google Now」などで収集した膨大なユーザーデータで学習したAIで、音声やテキストでの質問や命令にユーザーのコンテキストに沿った応対をする。(2016/5/19)

Google、Amazon Echo対抗の音声アシスタント端末「Google Home」を年内発売へ
Googleが、Amazon.comの「Echo」対抗の音声アシスタント端末「Google Home」を年内に発売する。「OK Google」と呼び掛けて、「Google Now」と同様の命令や質問ができる他、「Chromecast」のように音楽や動画を転送してスピーカーや接続するテレビで視聴できる。(2016/5/19)

R25スマホ情報局:
自宅で車で、スマホ音楽を楽しむ
レンタカーなど「借りたクルマ」で自分のスマホにある音楽を楽しめるJBLの「JBL TRIP」(2016/5/17)

「AQUOS ZETA SH-04H」のメタルボディーをチェック! 2260万画素カメラには「花火」モードを新搭載
「AQUOS ZETA SH-04H」は、約5.3型フルHD表示「ハイスピードIGZO」液晶と約2260万画素カメラを搭載したハイエンドモデル。狭額縁「EDGEIST」スタイルを一新するスリムデザインを採用した。(2016/5/16)

Google、自然言語理解(NLU)の基礎となる「SyntaxNet」をオープンソース化
Googleが、自然言語理解のためのニューラルネットワークフレームワーク「SyntaxNet」をオープンソースで公開した。機械学習システム「TensorFlow」の一部としてGitHubで公開された。SyntaxNetの構文解析ツール「Parsey McParseface」は“世界一正確に構文解析するツール”という。(2016/5/13)

Google Inboxにイベント情報まとめや“後で読む”まとめ機能
Googleのメールアプリ「Inbox」に、イベント関連メールの更新をまとめて確認できる機能、後で読みたいWebページをまとめておける「INBOXに保存」機能、ニュースレターの興味のあるコンテンツを見つけやすくする機能が追加された。(2016/4/21)

GoogleのリマインダーがWeb版カレンダーでも操作可能に
モバイル版Googleカレンダー、Inbox、Google Keepで同期して使えるリマインダーを、Web版Googleカレンダーでも作成・編集・削除できるようになる。(2016/4/6)

佐野正弘のスマホビジネス文化論:
なぜ「Siri」は人気なのか? 競争が激化しているスマホ向けパーソナルアシスタント最新事情
iPhoneに搭載されているパーソナルアシスタント機能の「Siri」。実用面だけでなく、ユニークな会話も楽しめるなど他にはない人気を得ている。その理由を探った。(2016/3/29)

Google、人気の「Amazon Echo」類似製品を準備中?
Googleが、Amazon.comのパーソナルアシスタント機能付きWi-Fiスピーカー「Amazon Echo」の対抗製品を開発中と、The Informationが報じた。(2016/3/25)

Google、アプリに音声認識機能を追加できる「Cloud Speech API」を公開
Googleが、AndroidのGoogle NowやGoogle Keyboardの音声入力で採用している機械学習音声認識機能をアプリに追加できる「Cloud Speech API」をGoogle Cloud Platformユーザー向け限定プレビューとしてリリースした。(2016/3/24)

Google、「Google Now」などで採用の機械学習サービス「Cloud Machine Learning」公開
Googleは、Google Cloud Platformのサービス「Cloud Machine Learning」の無料トライアルの受付を開始した。開発者は「Google Now」や「Googleフォト」で採用するディープラーニング技術を利用できる。(2016/3/24)

Siriを起動できるBluetoothヘッドセットの使い道
スマホ相手の独り言がはかどる――かもしれません。(2016/3/17)

最新スマートフォン徹底比較:
3万円台で要注目のSIMフリースマホを徹底比較――基本スペック&持ちやすさ編
3万円台で購入できるSIMロックフリースマートフォン7製品を徹底比較。基本的な機能やスペックはもちろんのこと、スペック表だけでは分からない特徴や持ちやすさなども細かくチェックした。(2016/3/3)

Gmailのスパム対策機能などをMicrosoftやYahoo!のアカウントでも使える「Gmailify」
Android版GmailアプリのVer.4.4のアップデートで、アプリで送受信するよう設定したMicrosoftおよびYahoo!のメールアカウントでもGmailのスパムフィルタやカテゴリ分け、Google Nowの通知機能などを使えるようになる。(2016/2/18)

孤高の人はたいてい失敗する
“独善”データサイエンティストが陥る6つの勘違い
現代IT技術で注目のビッグデータで要となるデータサイエンスチームは最も花形のセクションだ。優柔な人材が集まってくるが、それだけに、自らの誤りに気付かないままビジネスを窮地に追い込むこともある。(2016/2/5)

天気予報や最新ニュースが表示されるスマート鏡、Google社員が趣味で自作
朝洗面所の鏡を見ると、天気予報やその日の予定が表示される──。SF映画に出てくるようなスマート鏡を、GoogleのエンジニアがAndroidのAPIやChromecastなどを使って自作した。(2016/2/3)

Android端末でのお天気検索がより便利に 複数地域の登録も可能
Googleが、Android端末での気象情報検索結果をアップデートする。天気に合わせて表示色を変えたり、紫外線指数などの情報を追加する他、複数の地域の情報をドロップダウンメニューから選べるようになる。(2016/1/22)

SIM通:
新スマートウォッチ「ZenWatch 2」iOS連携性能レビュー
iPhoneなど、iOS端末でも利用できるとあり、注目を集めている「ZenWatch 2」。今回はそのiOS連携を中心にレビューしたいと思います。(2016/1/7)

GoogleがAIチャットボット付きメッセージングアプリを開発中?
ソーシャルサービスで苦戦するGoogleが、人工知能(AI)採用のチャットボットがユーザーをサポートする新たなモバイルメッセージングアプリを開発中であるとWall Street Journalが報じた。(2015/12/24)

Microsoft、Android版「Cortana」の「Hey, Cortana」起動を“一時的に”削除
Microsoftがパーソナルアシスタント「Cortana」のAndroidアプリのアップデートで、「Hey, Cortana」と音声で呼び掛けることで起動する機能を無効にした。「OK, Google」とぶつかるというフィードバックがあったためとしている。(2015/12/22)

Surface Pro 4とWindows 10 Mobileがついに登場:
PR:顔認証や音声アシスタント、ペン描画を活用したUniversal Windows Platformアプリ開発の魅力に迫る
日本マイクロソフトは11月20日に都内で「1日でWindows 10に対応したアプリ開発手法が習得できるハンズオン〜 Windows 10 UWP Workshop」を開催。4つのWindows 10 Mobile端末やSurface Pro 4、カメラの顔認識や指紋認証による生体認証機能「Windows Hello」、音声認識アシスタント「Cortana」とアプリの連携など、Windows 10の特長を生かしたアプリ開発の魅力を紹介する。(2015/12/14)

最新記事ランキングから編集部おすすめ記事を紹介
あのネコ型ロボットの開発も夢ではなくなってきた
ロボットによって人間の職が奪われると警告する報道を多く見かけるようになりました。ロボットと人類はどう付き合っていけばよいのでしょうか。最新記事ランキングから編集部のお薦め記事を紹介します。(2015/12/11)

「2016年アプリトレンド予測」を発表:
米App Annieが発表、2016年に注目すべきアプリの10大トレンドとは?
米App Annieは2015年12月9日、2016年に注目すべきアプリの10大トレンドを分析したリポートを発表した。(2015/12/11)

Microsoft、「Cortana」のiOSおよびAndroid版を米中で公開
MicrosoftがWindows 10端末で提供するパーソナルアシスタント「Cortana」のiOSおよびAndroidアプリ正式版を米国と中国で公開した。PCで設定したリマインダーをスマートフォンで表示することなどができる。(2015/12/10)

モバイル版Googleカレンダーに「リマインダー」追加 InboxやGoogle Nowとも連係
Googleが、AndroidおよびiOS版「Googleカレンダー」に「リマインダー」機能を追加した。「Google Now」「Google Keep」「Inbox」で作成したリマインダーもカレンダー上に表示されるので、GoogleカレンダーをTo-Do管理ツールとして使える。(2015/12/8)

Googleが映画「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」公開にノリノリすぎてGmailをはじめGoogleマップ、YouTube、Chromeなどにいろいろ仕込む
フォースと共にあらんことを。(2015/11/23)

“ウェアラブル”の今:
Apple Watchならではのアプリが登場 アクティブに時間を使える「PROPELa」
建築家の山中祐一郎氏が代表を務めるトフワンの「PROPELa」は、位置情報とスケジュールを元に、最適な移動のタイミングを知らせてくれる便利なアプリ。Apple Watchにも対応しており、時間を有効活用できる便利なツールだ。(2015/11/7)

root権限奪取のAndroidアドウェア、削除ほぼ不可の進化版
正規アプリを装って2万本が流通しているという。アドウェアはroot権限を取得してシステムアプリケーションとして組み込まれ、インストールすると、削除はほぼ不可能になる。(2015/11/5)

Facebook、モバイルの「お知らせ」タブでGoogle Nowカードのような情報表示へ
Facebookアプリの「お知らせ」タブ(地球アイコンのタブ)に、位置情報に基づく天気予報や近くの人気スポットやイベント情報、「いいね!」しているスポーツチームの試合予定やスコアなどのカードが表示されるようになる。まずは米国でローリングアウト中だ。(2015/10/27)

Google、Android版Googleアプリのβテスターを募集中
GoogleがChromeで実施しているのと同じような、Android版Googleアプリで未公開版のテストプログラムをスタートした。誰でもGoogle Playから参加を申し込める。(2015/10/21)

どこまでエヴァを楽しめる?――写真で解説する「エヴァンゲリオン スマートフォン」
3万台限定のエヴァスマホが、全国のセブン-イレブンで発売される。ファンが楽しめる仕掛けはどれほど用意されているのか? デザインやコンテンツを中心にチェックした。(2015/10/20)

低電力モードでバッテリーが長持ち
徹底レビュー: iPhoneに“快適”という魔法を掛ける「iOS 9」、Appleの本気をまじまじと見る
「iOS 9」の登場により、失敗作とも言われた「iOS 8」からユーザーはようやく解放されることになった。iOS 9に搭載された「iPhone」向け機能を紹介しよう。(2015/10/10)

「Nexus 5X/6P」「Android 6.0」は何が変わったのか?――グーグルが説明
Googleが、Android 6.0のリリースに合わせて記者説明会を開催した。「Nexus 5X」「Nexus 6P」や新サービスを紹介したほか、日本未発表のAndroid Wearも展示した。(2015/10/7)

Apple、人工知能ベンチャーを2社連続で買収――“Apple Car”への布石か?
Appleが人工知能ベンチャー2社を立て続けに買収したようだ。Siri強化や自動運転カー開発に向けた布石では――という見方も。(2015/10/7)

腕時計ですか? はい腕時計です:
ウェアラブルデバイスっぽさを払拭、普通の腕時計に見える「Huawei Watch」国内発売 価格は4万5800円から
ファッション性を重視し、スマートウォッチっぽさを打ち消したデザインを採用。見た目はクラシックなアナログ腕時計そのものだ。(2015/10/1)

Appleが人工知能(AI)・機械学習のエキスパートを大量募集 Siri強化が目的か
Appleが、人工知能(AI)や機械学習の専門家を大量に求人していることが同社の求人ページから明らかになった。ReutersはiPhoneの「Siri」の強化が目的と報じ、Appleのプライバシー尊重方針がビッグデータの機械学習を困難にしていると指摘した。(2015/9/8)

Googleドキュメント、音声入力やWebのコンテンツを検索・挿入できる「リサーチツール」追加
Googleドキュメントで、音声でのテキスト入力が可能になった。日本語もかなり正確に自動変換してくれる。また、ドキュメントとプレゼンテーションに、Web上の画像や表組を検索してそのまま挿入できる「リサーチツール」も追加された。(2015/9/3)

Googleロゴ変更で、Android端末でのGoogle検索のUIも変更
Googleが企業ロゴを2年ぶりに刷新したことに伴い、Androidアプリのアイコンやモバイル版Google検索のユーザーインタフェースも新しくなった。(2015/9/2)

Googleが2年ぶりにロゴ刷新 マルチスクリーン対応目的で
Googleが企業ロゴを刷新した。従来の4色の配色はそのままに、飾りを排したサンセリフ系のフォントになり、ウェアラブル端末や車のダッシュボードなどでも見やすくなる。入力中や発音中を示すアニメーションも4色ドットに変わる。(2015/9/2)

Google、iPhoneと「Android Wear」端末の連係を可能にするiOSアプリを公開
Googleが「Android Wear for iOS」をAppleのApp Storeで公開した。同日発売のLG製など、新しいAndroid Wear端末をiPhoneと連係できる。高価な「Apple Watch」に手が届かないiPhoneユーザーにとって、ウェアラブル端末の選択肢が広がる。(2015/9/1)

Facebook、メッセンジャーの中にいるパーソナルアシスタント「M」のテスト開始
Facebookが、Appleの「Siri」やGoogleの「Google Now」のようなパーソナルアシスタント「M」を発表した。Facebookメッセンジャーを通じて使う。人工知能(AI)だけでなく、それをサポートする人間の「M Trainer」がユーザーに対応する。(2015/8/27)

Microsoft、Android版「Cortana」のβ版を米国のGoogle Playで公開
Microsoftが、Googleの「Google Now」やAppleの「Siri」と競合するパーソナルアシスタント「Cortana」のAndroidアプリのβ版を米国のGoogle Playで公開した。(2015/8/25)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。