ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「不正」最新記事一覧

標的型攻撃に狙われる医療機器、病院への不正侵入が増加
病院の医療機器は既知の脆弱性が存在する古いOSが使われていることが多く、そうした機器が狙われて不正侵入される事件が続発しているという。(2016/6/28)

フィギュアスケート大会に「EMTG電子チケット」導入 不正転売へ対策
電子チケットアプリを使った入場法。(2016/6/25)

ハギーのデジタル道しるべ:
コンビニATMの不正引き出し事件で確認すべき事実と注意点
5月にコンビニのATMから19億円もの預金が一斉に引き出される事件が起きた。国際化がますます進む中で、利用者が知っておきたいセキュリティの現状と注意点を紹介してみたい。(2016/6/24)

賠償は1台10万円 三菱自、燃費不正の対応発表
三菱自動車は、燃費試験の不正が発覚した軽自動車「eKワゴン」について、損害賠償として1台当たり10万円を支払うと発表した。(2016/6/23)

Androidをroot化する不正アプリ、Google Playも悪用して拡散
Androidをroot化して不正なアプリをインストールしてしまうモバイルマルウェア「Godless」が見つかった。(2016/6/23)

講談社「ViVi」の通販サイトに不正アクセス 個人情報1万5000件流出
「ViVi」の通販サイト「NET ViVi Coordinate Collection」に不正アクセスがあり、氏名、住所、メールアドレス、電話番号などが流出したと報告。(2016/6/22)

講談社「ViVi」通販サイト、不正アクセスで1万946人の個人情報流出
講談社の通販サイトのサーバが不正アクセスを受け、1万946人分の個人情報が流出した。(2016/6/22)

パイプドビッツのECサイト基盤から個人情報流出、システムの設定不備でバックドア置かれる
パイプドビッツが運営するアパレル特化型ECプラットフォームへの不正アクセスで、利用者の個人情報が何者かにダウンロードされたことが判明。事態の経緯や原因などについて詳しい説明をしている。(2016/6/22)

株主総会は22日:
新生・東芝の次期会長に不正会計で「グレー」判定の人物が就任するのはなぜなのか?
経営再建中の東芝が次期会長に志賀重範副社長を昇格させることに、疑問の声がわき上がっている。6月22日の株主総会で“新生東芝”をアピールしたいところだが、株主から人事に異論が噴き出る可能性も。(2016/6/22)

不正会計で「グレー」判定の人物、東芝の次期会長に なぜ?
東芝が次期会長に志賀重範副社長を昇格させることに、疑問の声がわき上がっている。不正会計を招いた原因とされる米原発子会社WHの会長を務めた人物だからだ。(2016/6/21)

Acerの米通販サイトに不正アクセス、クレジットカード情報が流出
Acerの米通販サイトを利用した一部顧客のクレジットカード番号と有効期限および3けたのセキュリティコードが流出した可能性がある。(2016/6/21)

TechTargetジャパン 会員アンケート
【お知らせ】不正アクセス(ランサムウェア)に関するアンケート調査
本調査は、情報システム部などIT製品・サービスの導入に関与する方を対象に「不正アクセス(ランサムウェア)」についてお伺いします。(2016/6/20)

エコカー技術:
三菱自動車が「パジェロ」「RVR」など5車種でも燃費不正、特別損失500億円計上
三菱自動車は、同社製車両の燃費試験における不正行為に伴う顧客への支払い費用として、2016年度決算に約500億円の特別損失を計上すると発表した。これまでに不正が判明している軽自動車4車種の他、「パジェロ」「アウトランダー(前モデル)」「ギャランフォルティス」「コルト」「RVR」の5車種でも不正を行っていたことも分かった。(2016/6/17)

今度はGitHubアカウントに不正侵入、パスワード使い回しが原因か
多数のGitHubアカウントが不正にログインされていたことが分かり、被害に遭ったアカウントのパスワードをリセットする措置を講じた。(2016/6/17)

「パズドラ」チートツールをネット公開 男子学生を逮捕
「パズル&ドラゴンズ」のデータを不正に改ざんするプログラムを作成した著作権法違反の疑いで、神奈川県警が男子大学生を逮捕した。(2016/6/15)

感染したPCからクレジットカード情報を外部送信 不正プログラム「Ursnif」による被害、急速に拡大
JSOCは、クレジットカードや金融機関関連の情報を窃取する不正プログラムへの注意を促す情報を公開した。(2016/6/15)

「パズドラ」チートツール作成で逮捕者 不正は「絶対におこなわないでください」と運営元
運営元は、ゲーム内の措置だけでなく、罪に問われる可能性があるとして不正行為をしないよう呼びかけ。(2016/6/15)

ネット銀行狙うマルウェア「Ursnif」が流行、銀行など40社の情報を搾取
ネットバンキングの不正送金を狙う「Ursnif」(別名Goziなど)が国内で流行し始め、セキュリティ機関などが一斉に注意を呼び掛けた。(2016/6/15)

JTB子会社へのサイバー攻撃、インシデント対応で分かったことは?
外部からの不正アクセスにより約793万人分の個人情報が漏えいした可能性がある。提携先のドコモユーザー33万人分の情報も含まれているという。(2016/6/14)

JTBに不正アクセス、793万人の個人情報流出の恐れ パスポート情報も
JTBが約793万人分の顧客情報が流出した恐れがあると発表。パスポートなどの情報も含まれているという。(2016/6/14)

約33万人が対象:
「dトラベル」で個人情報流出の可能性――JTBグループ会社の不正アクセスに伴い
JTBのグループ会社のサーバに不正アクセスがあり、個人情報が流出した可能性があることが発表された。これに伴い、ドコモの「dトラベル」でも同様の可能性があることが判明。約33万人分が含まれるとの報告があった。(2016/6/14)

JTBサーバに不正アクセス 最大793万人分の個人情報流出か
個人情報を悪用したケースの報告は今のところ無いという。(2016/6/14)

JTB、793万人分の情報流出か 一部パスポート番号も 標的型攻撃で不正アクセス
JTBは、顧客の個人情報約793万人分が流出した可能性があると発表した。(2016/6/14)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
日産と三菱にシナジー効果はあるのか?
燃費データ不正が発覚した三菱自動車に支援の手を差し伸べた日産。その戦略上の狙いに沿う形で、果たしてシナジー効果は生まれるのだろうか?(2016/6/13)

インシデント調査に欠かせないログ管理、製品の相場観は?
サイバー攻撃や内部不正などの調査ではログが手掛かりになるため、ログ管理製品の導入が注目を集める。製品形態ごとの実装パターンや価格などをIPAが取りまとめた。(2016/6/9)

Symantec、法人向けセキュリティ製品多数で脆弱性を修正
悪用された場合、エージェントに任意のコードを不正に挿入される可能性も指摘されている。(2016/6/9)

日本型セキュリティの現実と理想:
第24回 中小企業のセキュリティ対策はなぜ難しい? サイバー攻撃から読み解くと……
サイバー攻撃や内部不正などは企業規模を問わずに発生する。しかし、中小企業のセキュリティ対策は大企業に比べて進まず、攻撃側との差は拡大する一方だ。今回は中小企業のセキュリティ対策が進まない理由を記す。(2016/6/9)

B-CAS使わず有料テレビを無料視聴 不正プログラム公開容疑、17歳少年逮捕
有料衛星放送を無料で視聴できる不正プログラムを公開したとして、警視庁は佐賀市の無職少年(17)を逮捕した。少年はプログラムを独自に立ち上げたという。(2016/6/8)

楽天銀行がリモート操作ソフトの乗っ取りによる不正ログインに注意喚起
リモート操作ソフトが稼働しているPCで楽天銀行へログインしないよう、呼びかけています。(2016/6/7)

EMCがリスクベース認証ツールの更新版公開、不正送金対策を強化
ネットバンキングの振込み手続きを利用者に通知して確認を求めることで、不正送金を防ぐ。(2016/6/7)

ザッカーバーグ氏のSNSアカウントに不正侵入、LinkedInのパスワード流出に関連か
ザッカーバーグ氏のTwitterやPinterestのアカウントが何者かに侵入され、不正な投稿を掲載される被害に遭った。(2016/6/7)

Androidセキュリティ技術の最前線(4):
Androidアプリマーケットを守る「不正アプリ抽出技術」総解説
Android端末のセキュリティ対策技術について解説する本連載。第4回は、アプリを流通させるための大規模なプラットフォームである「マーケット」の現状と、マーケットの分析から見えてくるセキュリティ・プライバシーの課題やその対策について解説する。(2016/6/7)

電通大に不正アクセス フィッシングメール280万件送信
電気通信大学のPC端末が不正アクセスを受け、学外の280万件のアドレスに向けてフィッシングメールを送信した。個人情報は保存されていなかった。(2016/6/6)

偽造カードで計20億円が一気に引き出された! セキュリティの脆弱性を突いた大胆手口とは
全国のコンビニATMで、2時間あまりのうちに現金計20億円近くが不正に引き出された事件。日本はカードのセキュリティ対策で遅れがあるとされている。(2016/6/6)

エコカー技術:
スズキの不正燃費測定14車種、正しく測定すれば燃費はもっと良かった
スズキは、国の法令に沿わない不正な方法で走行抵抗値を測定した車種の燃費に関して、社内で正規に測定し直した結果を公表した。正規の走行抵抗値を用いた燃費は、不正な測定手法による走行抵抗値に基づいて発表してきたJC08モード燃費より平均で1.6%良好だった。つまり、正しく測定していればもっと良好な燃費を発表できていたことになる。(2016/6/1)

三菱自の益子会長は正しい決断をした
三菱自動車の燃費データの不正計測・公表問題をきっかけに、日産が三菱自へ第三者出資することで傘下に収めることになった。(2016/6/1)

無駄なインプレッションを抑えてコンバージョン改善:
スマートフォン向け広告配信サービス「GMO SmaAD」に不正広告対策機能を導入
GMO TECHは、スマートフォン向け広告配信サービス「GMO SmaAD」において、オンライン広告向けの不正対策機能を導入したと発表した。(2016/5/31)

ネットバンキングの不正払戻し被害、個人・法人とも過去最悪に
2015年度の不正な払い戻しなどによる被害額は個人、法人とも過去最悪になった。(2016/5/31)

WordPressのプラグイン「Jetpack」に脆弱性、直ちに更新を
悪用されれば管理者アカウントが乗っ取られたり、訪問者が不正なWebサイトに誘導されたりする恐れがある。(2016/5/31)

ランサムウェアで暗号化されたファイルを元に戻すツールをトレンドマイクロが無償提供
「身代金」を要求する不正プログラムに対策。(2016/5/27)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
燃費のウソとホントと詳細
この数週間、自動車メーカーの燃費不正問題に話題が集中しているが、その議論に関して混乱が見られるのではと感じている。なぜカタログ燃費と実燃費が乖離しがちなのか、この点も整理したい。(2016/5/23)

特集:IoT時代のセキュリティログ活用(3):
インシデント発生時のコストを最小限に抑えるデータ運用術
内部不正などのセキュリティインシデント発生時に避けて通れないのが、関連データを洗い出し、解析する「フォレンジック」だ。本稿では、万が一に備えた「データ運用術」を現場の“デジタルフォレンジッカー”が指南する。(2016/5/23)

株価は約2年ぶりの安値水準に:
スズキも燃費不正 「ケチケチ戦略」裏目に 
燃費データ取得時の不正な測定問題が自動車業界で広がりを見せ始めた。既に不正が明らかになっている三菱自動車に続き、これまで問題がないとしてきたスズキも一転、18日に不正を公表した。(2016/5/20)

紗栄子、不正アクセス被害を受け注意喚起 「個人情報を守ることの大切さと深刻さを痛感」
パスワードの設定を分かりにくいものにするなど対策はしていたそう。(2016/5/19)

別の車のデータを組み合わせたケースも 三菱自、「パジェロ」などで燃費データ不正を確認
三菱自の燃費データ不正で、相川社長の引責辞任を発表。データ不正はパジェロなど4車種にも拡大。(2016/5/18)

スズキ、四輪車の燃費性能について国の規定と異なる測定
燃費性能を偽る不正行為はなかったとしています。(2016/5/18)

スズキ、一部車種の燃費試験で国の規定と異なるデータ測定 不正は否定
スズキは、一部の排出ガス・燃費試験の測定で、国が定める規定と異なる方法を用いていたことを明らかにした。(2016/5/18)

Symantec、ウイルス対策製品の深刻な脆弱性を修正
メールの受信やWebサイトの閲覧などを通じて不正なPEファイルを受け取れば、攻撃者にroot権限でカーネルレベルのコードを実行される恐れがある。(2016/5/18)

エコカー技術:
三菱自動車はどのように走行抵抗値を測ったか、専門家も知らない独自手法?
三菱自動車が燃費不正問題に関する3度目の会見を開いた翌日、日産自動車は三菱自動車に2370億円を出資することを公表した。ただ、社内の指示系統や、ユーザーや販売店らを対象とした補償など燃費不正問題で明らかになっていない点は多い。不正の核心について「“高速惰行法”などという言葉は存在しない」との指摘も飛び出した。(2016/5/18)

ドコモ、6月1日から「ネットワーク利用制限」の対象を拡大
6月1日から、分割払いの期間中は、ネットワーク利用制限が「△」の表示になる。分割払いで購入した端末も△の表記になる。転売などを目的とした不正契約を防止するため。(2016/5/17)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。