ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「海外展開」最新記事一覧

欧州ビールブランドを買収:
アサヒ、海外で「スーパードライ」拡販狙う
アサヒグループホールディングスが海外事業の成長に向けて取り組みを加速。欧州のビールブランド買収を足掛かりとして、主力ブランド「スーパードライ」を中心とした海外の成長基盤構築を急ぐ。今後も積極投資を続け、海外売上高比率を2〜3割に引き上げる。(2016/11/24)

劇場アニメ「この世界の片隅に」、海外進出のためのクラウドファンディングを開始 目標は1000万円
“この映画を世界へ伝えたい”という熱い思い集まれー!(2016/11/22)

大戸屋、低価格メニューを拡充へ 客数伸び悩み「環境変化に合わせた改革必要」
大戸屋ホールディングスは今後、広告宣伝・マーケティング面を強化し、他社との差別化を鮮明に打ち出していくほか、海外事業や中食事業に注力する。(2016/11/9)

KLab、ラーメン事業に進出 日本文化を海外展開する子会社設立
モバイルゲーム事業を行うKLabが、日本食と日本文化を海外に展開する子会社「KLab Food&Culture」を設立。国内企業の海外進出をサポートし、日本文化を世界中に輸出。ゲーム事業依存の事業ポートフォリオを拡大する狙い。(2016/11/8)

海外講義も:
すし飯にビネガー 海外の“トンデモ和食”をなくせ
「和食」が世界中で流行する中、外国人が経営する日本料理店では伝統から外れた食材や調味料が使われることも増えている。この状況を変えようと、関西の食品メーカーが海外展開に合わせて基本を各地で伝授している。(2016/10/28)

NECとGE、産業分野向けデジタル技術の展開で包括提携
NECのAI技術とGEの産業向けプラットフォーム「PREDIX」を組み合わせたソリューションを世界展開する。(2016/10/26)

電力供給サービス:
迫り来る電力・ガス産業の構造変化、経営リスクと成長ポテンシャルが交錯
自由化を機に急速に進み始めた電力・ガス産業の将来に政府は強い危機感を示す。新たに委員会を設置して2030年の産業構造の検討に着手した。電力・ガスともに需要が伸びない状況で競争が激化し、各社の経営リスクは高まっていく。その一方で海外市場や新規事業に成長の可能性を秘めている。(2016/10/19)

【連載】単品通販、海を渡る 後編:
日本になくて台湾にはあるチャンスとは? 通販ビジネスのブルーオーシャン市場を求めて
台湾は海外進出を考えるEC事業者には有望な地域ですが、日本と事情の異なるところもあります。その点を中心に亞星通(STAR TO ASIA)執行役員の安田和秀氏に話を聞きました。(2016/10/18)

8月に新体制開始:
攻めるシャープ、守る東芝? 外資傘下入りした“日の丸家電”の戦略二分
シャープに加え、東芝の白物家電子会社も外資傘下で経営を立て直すことになり、8月にそれぞれ新体制をスタートさせた。両社は親会社のグローバルな部品調達や販売網を活用してコストダウンを図り、海外市場で競争力を高めるというシナリオを描く。(2016/10/12)

コンテック ボックスコンピュータ BX-956S:
海外展開に対応する薄型ファンレス組み込み用コンピュータ
コンテックは、放熱スリット/CPUファンをなくした組み込み用コンピュータ「ボックスコンピュータ BX-956S」を発売した。(2016/10/12)

【連載】単品通販、海を渡る 前編:
台湾で日本流ECを成功させるためにできること、するべきこと
EC事業を営む企業が海外進出を考えるとき、ファーストステップとなることが多い台湾。他の国や地域と比較した際の“地の利”、そして台湾でビジネスを円滑に進めるポイントについて解説する。(2016/10/11)

「海外都市部に日本旅館を 『星のや東京』は出発点」 星野リゾート社長
星野リゾートが今年7月に開業した高級旅館「星のや東京」は、同社の海外展開の足がかりになると星野社長は話す。(2016/10/4)

日本の漫画をお金に “トリッキーな戦略”で海外進出を狙うベンチャー企業の自信
日本のコンテンツを世界的ビジネスにするための方法とは? ダブルエル代表取締役保手濱さんが打ち出す戦略を聞いた。(2016/9/26)

富士ゼロックス、複合機など海外展開 中国や東南アでシェア拡大
富士ゼロックスの柳川勝彦専務は30日、複合機などの海外展開について、主力商品のA3複合機の販売台数でトップシェアを握る中国での販売拡大や東南アジア新興国市場の開拓を加速する考えを示した。(2016/8/31)

Sprintは「と金」、ARMは「本業」、その他の事業は「禅譲」――海外事業により注力するソフトバンクグループ孫社長
7月18日、電撃的に英ARMの買収意向を表明したソフトバンクグループ。その10日後に行われた同社の2016年度第1四半期決算説明会で、孫正義社長は米Sprintと合わせて海外事業により注力する姿勢を示した。(2016/7/30)

東京・西日暮里製の高級畳がUAE・ドバイで人気
人口減少などにより国内市場が縮小していく中、畳店や小物雑貨など内需依存の中小・零細企業が海外市場に目を向け始めた。(2016/7/28)

Pepper海外展開、第1弾は台湾から
台湾にてロボット「Pepper」の法人向け販売が開始される。(2016/7/25)

アース製薬、海外進出を本格化 デング熱やジカ熱で需要増……殺虫剤に注目
デング熱やジカ熱といった蚊を媒介とする感染症が心配だ。マダニが媒介する重症熱性血小板減少症候群(SFTS)も怖い。(2016/7/25)

JT、エチオピアのたばこ最大手に出資 海外事業を強化
日本たばこ産業はアフリカ・エチオピアのたばこ会社、National Tobacco Enterprise Ethiopia(NTE)の株式40%を5億1000万ドル(約540億円)で取得した。(2016/7/19)

日本企業の植物工場、海外に本格進出 水不足に悩む中東などで受注見込む
日本企業が植物工場ビジネスで海外展開を加速している。(2016/7/19)

「メッセンジャーの陣取り合戦は終わった」──日米同時上場のLINE、次の戦略は
「スマホメッセンジャーの陣取り合戦は終わった」――日米同時上場したLINEは、世界展開を視野に入れる。だが、単なるメッセンジャーアプリだけでは、他SNSとの競争激化は避けられない。そんな状況を踏まえ、同社が打ち出す戦略「スマートポータル」とは。(2016/7/15)

120カ国以上でサービス利用が可能に:
ソラコムがグローバルSIMで海外展開を開始、2つの新サービスも
IoTプラットフォームを提供するソラコムが、本格的な海外展開を開始した。2016年7月13日、世界120カ国を超えるグローバル対応を発表。またネットワークセキュリテイとIoT端末へのリモートアクセスで、新サービスをリリースした。(2016/7/13)

水曜インタビュー劇場(蚊公演):
フマキラーの蚊取り線香が、なぜインドネシアで売れたのか
フマキラーの海外展開が絶好調だ。アジアや中南米を中心に進出しているが、売り上げはインドネシアがトップ。1990年に進出してから7年間も赤字が続いていたのに、なぜトップブランドに成長することができたのか。(2016/7/6)

トリニティ、「NuAns NEO」の海外展開に向けた資金調達を開始 目標額は72.5万ドル
トリニティが、同社のWindows 10 Mobileスマホ「NuAns NEO」の海外展開に向けてKickstarter上で出資を募り始めた。目標額は72.5万ドルで、30ドルから出資できるようになっている。(2016/7/4)

エンルートとJapan Drones、産業用ドローンで提携
エンルートとJapan Dronesが、産業用ドローン向けソリューションの共同開発について合意。農業や警備などに向けたシステムを構築し、海外展開も狙う。(2016/6/14)

自然エネルギー:
地熱発電トップシェアの東芝、規制の壁厚い日本よりインドネシアに期待
地熱資源量世界3位の日本だが、その豊富な資源量に対する活用率は、非常に低い。地熱発電システムの発電量で世界シェアトップの東芝では、日本市場は規制の壁が厚いため、インドネシアなど海外市場での成長を狙うと述べている。(2016/6/14)

蓄電・発電機器:
「ベンツ」マークの蓄電池を家庭に、ダイムラーが世界展開へ
ドイツのダイムラーは新たに定置型蓄電池の専門子会社「メルセデス・ベンツエナジー」を設立し、グローバルへ蓄電池の展開を開始することを発表した。(2016/6/6)

資生堂、高級化粧品ブランド「ローラ メルシエ」など買収 海外展開を強化
資生堂は、高級化粧品ブランド「ローラ メルシエ」「リヴィーブ」を取得し、海外での販売力を強化する(2016/6/3)

フロスト&サリバン ビジネス機会と投資分析:
海外進出先として注目を集めるイラン、低コストで工場開設も可能!?
フロスト&サリバンは、イランにおける海外投資とビジネス機会に関する見通しをまとめた「イラン:グローバル企業に向けたビジネス機会と投資分析」を発表した。(2016/6/1)

世界各国・地域に最適化したFacebook広告で越境ECを支援:
海外進出企業のFacebook広告ローカライズを支援、アライドアーキテクツがサービス提供
アライドアーキテクツは海外進出を行う国内企業に向けて世界各国の地域の言語や文化に最適化したFacebook広告の運用をワンストップで支援するパッケージサービスを開始したと発表した。 (2016/5/13)

玉川憲氏に聞いた:
ソラコムは24億円の資金調達で、どう海外進出を進めようとしているか
ソラコムは2016年5月11日、約24億円の資金調達を完了したと発表した。海外進出と新サービス開発に活用するという。代表取締役社長の玉川憲氏に、これについて聞いた。(2016/5/11)

「実質0円終了の影響はこれから」「熊本地震ではソフトバンクが最速で復旧した」――孫社長
ソフトバンクグループの孫正義社長が、決算会見で実質0円販売終了の影響について考えを述べた。熊本地震の対応では、ソフトバンクが最も早く通信障害から復旧したことを強調。海外事業ではSprintが好転していることを紹介した。(2016/5/10)

“日本製”の海外進出を資金面からも支援「DMM Starter」開始
DMM.comがAWESOME JAPANと提携、海外クラウドファンディング申請支援「DMM Starter」を開始する。モノづくり施設のDMM.makeなどとも連携し“日本発”製品の海外進出を資金面も含めて包括的にサポートする。(2016/5/9)

Chromebook Pixelよりコッチか:
3200×1800液晶と第6世代Core Mで薄型軽量の「HP Chromebook 13」 499ドルから
「HP Chromebook 13」は、Googleが海外展開する高性能ノート「Chromebook Pixel」に近いハイスペックで、薄型軽量ボディーかつ499ドルからと求めやすい。(2016/4/29)

マツダ、営業利益11.8%増 16年3月期 販売台数は過去最高の153万台超え
大手自動車メーカー・マツダの2016年3月期連結決算は2ケタの増収増益。海外市場を中心に販売台数が大きく伸び、過去最高の153万4000台を記録した。(2016/4/27)

タカラトミーが世界展開で選んだクラウドの使い方
事業のグローバル展開を目指すタカラトミーは、クラウドをどのように使って社内の業務システム群を新たなものにしようとしているのか。(2016/3/9)

Lenovo、次期GeForceが選択できる「YOGA」や4G LTE対応の10型Windowsタブレットを発表
Lenovoは、ディスプレイが回転する「YOGA」シリーズや、キーボード着脱式の2in1など、計5モデルの新製品を発表した。3月より海外市場で発売する。(2016/2/23)

ベンチャーニュース:
DMM.comがベンチャーの“海外展開”を一手に引き受ける
DMM.comは2015年2月9日に東京都内で会見を開き、日本国内のハードウェアスタートアップの海外展開を支援する「DMM.make Distribution」を同日より開始すると発表した。(2016/2/10)

現地のサポートは現地の言葉で
「標準化」「一元対応」「マルチリンガル対応」で実現する海外拠点のヘルプデスク
IT部門の右腕ともいえるヘルプデスク。海外進出が加速する中で企業は、その設置をいかに早い段階で進めるべきなのか? そこで望まれるのは、現地社員も確実に利用するための多言語対応だ。(2016/2/1)

PR:海外進出を成功に導くERPの条件は――スーパーストリームCTOに聞く選定のポイント
国内市場の縮小が深刻化する中、日系企業が生き残りを賭けて新興市場への進出に踏み切っている。そこで重要になるのが“スピード経営”に必要な情報の可視化。グローバル経営を成功させるために必要なERPの機能とはどんなものなのか――。スーパーストリームCTOの山田誠氏に聞いた。(2015/12/25)

CES 2016:
FREETELが米国進出、日本ブランドを掲げて「SAMURAI 極」などを全米で発売へ
海外進出を公言してきたFREETELが、CES 2016に合わせて米国展開を発表。国内でも人気の高い「SAMURAI 極」などのSIMフリー端末を米国でも発売する。(2016/1/6)

ざわちん、ウィル・スミス風メイクを披露 「ゴールデングローブ賞」アンバサダーで夢の海外進出
今回はメイクより髪型で苦労したそうです。(2015/12/22)

ざわちん、200人目の「ものまねメイク」でジャスティン・ビーバーに変身 夢は「ものまねメイクで海外進出」
ポイントはタレ目と眉毛。(2015/12/14)

企業の競争力を強化するための人事戦略
こうすれば良かったタレントマネジメントシステム、失敗導入をしないための“5つの鉄則”
海外展開する企業を中心に注目を集める“タレントマネジメント”。導入が増えているが失敗するケースも目立つ。失敗を避けるには人事戦略だけではなく、IT戦略の視点が欠かせない。考慮すべき5つのポイントとは。(2015/12/9)

エプソン、産業用ロボットに注力 5年で売上収益1000億目指す
セイコーエプソンが産業用ロボット「Nシリーズ」を発表。製造業を中心に海外展開し、ロボット事業を主柱ビジネスに育てる狙いだ。(2015/11/19)

ベネッセ、介護事業の海外展開も視野に 社内シンクタンク設立
ベネッセは、介護問題を調査研究する社内シンクタンク「ベネッセ シニア・介護研究所」を設立した。(2015/11/11)

「ねこあつめ」アップデート! 英語モードを実装! 新しい「もようがえ」も
海外進出だー!!(2015/10/30)

「SIMフリーキャリア」はいよいよ世界へ――広がる「FREETEL」の世界
「freetel」が「FREETEL」にブランドを刷新してから約4カ月経過した。「SIMフリーキャリア」をうたうFREETELは、いよいよ海外市場への進出を本格化する。(2015/10/28)

クランチロール、住友商事と共同でアニメ投資会社を設立
日本アニメコンテンツの海外展開を促進。(2015/10/22)

蓄電・発電機器:
ソーラーによる“自給自足”を狙うパナソニック、蓄電池の海外展開も
“自給自足”に向けて国内ではハイブリッドパワコンにより、太陽光+蓄電池市場の獲得を狙う。またオーストラリアで蓄電池の販売を開始。蓄電池の海外売上高100億円を2018年度に目指す。(2015/10/14)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。