ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  I

  • 関連の記事

「iPhone 7 Plus」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「iPhone 7 Plus」に関する情報が集まったページです。

Tech TIPS:
Microsoft Edgeでスマートフォンサイトをチェックする
Webサイトのスマートフォン表示の確認は結構面倒な作業だ。しかしMicrosoft Edgeの「開発者ツール」でエミュレートすれば、スマートフォンサイトでの見栄えや挙動を簡単に確認できる。(2018/10/15)

Facebook、iPhoneの「ポートレートモード」を3D写真として投稿可能に
Facebookのニュースフィードに「3D Photo」を投稿できるようになる。投稿できるのは「ポートレートモード」を使える「iPhone 7 Plus」以降のモデルだけだが、投稿は誰でも3D写真として見られる。(2018/10/12)

荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ:
実はボケもすごい! 8つのポイントからチェックする「iPhone XS」カメラの進化(後編)
2018年、今年も新型iPhoneのシーズンがやってきた。わたしも「iPhone XS」を購入したので前編に引き続き「ボケ撮影」や「インカメラ」などの特徴を見ていくのである。(2018/9/30)

iPhone XS/XS Maxの初週販売数、iPhone 8/8 Plusとほぼ同等に BCN調査
BCNは、BCNランキングをもとにしたiPhone 7/7 Plus以降のシリーズ累計販売台数指数を算出。新モデルとなるiPhone XS/XS Maxの初動は、一世代前のiPhone 8/8 Plusとほぼ同等という結果が出た。その後、iPhone XSはiPhone 8をやや下回り、iPhone XS MaxはiPhone 8 Plusを少し上回る水準で推移している。(2018/9/28)

荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ:
スマートHDRに注目! 8つのポイントからチェックする「iPhone XS」カメラの進化(前編)
2018年、今年も新型iPhoneのシーズンがやってきた。わたしも「iPhone XS」を購入したので「広角カメラ」「スマートHDR」「ポートレート」についてチェックしていくのである。(2018/9/28)

「iPhone XS Max」は片手でどこまで操作できる? 画面の視認性は?
2018年の新iPhoneである「iPhone XS」と「iPhone XS Max」が発売された。個人的には、XSよりXS Maxの方に魅力を感じている。理由はシンプルで、「画面が大きいから」。では、操作感や視認性はどう?(2018/9/26)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
「iPhone XS/XS Max」に触れて分かった“Xの系譜”を選ぶ理由
発売に先駆けて数日間、「iPhone XS」「iPhone XS Max」を試用した。発表時の現時取材を踏まえ、実機に触ったインプレッションをお届けする。(2018/9/18)

Mobile Weekly Top10:
新型iPhone登場!/「Xperia XZ3」が目指すもの
「iPhone XS(テンエス)」「iPhone XS Max」「iPhone XR(テンアール)」が発表されました。そのこともあってか、今回のアクセスランキングはトップ10中9記事がiPhone関連の記事となりました。(2018/9/18)

iOS 12新機能と設定を1万字解説
9月18日に公開されたiOS 12の機能と設定方法をMACお宝鑑定団が徹底解説。(2018/9/18)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
「iPhone XS/XR」でハッキリした“進化の道筋” Appleは何をやりたいのか
米サンフランシスコで行われたAppleの発表会を現地で取材し、iPhone XS/XS Max/XRを知って見て触ってハッキリしてきたこと、Appleが今後何をやろうとしているのかをお伝えする。(2018/9/17)

iPhone XS/XS Max/XRは買いなのか? ITmedia Mobile編集部の場合
毎年恒例の“iPhone祭り”が2018年も開幕。iPhone XS/XS Max/XRは買いなのか? ITmedia Mobile編集部3人のコメントを紹介します。(2018/9/16)

ポケットの中のエキサイティングなAI――林信行の新型「iPhone」発表イベント現地レポート
スティーブ・ジョブズ・シアターで行われたApple新製品発表イベントを林信行氏がレポート。"X世代”のiPhoneによってAIを使った新しいアプリの登場が期待される。(2018/9/14)

iPhoneのバッテリー交換料金、来年1月1日から値上げ
Appleが新iPhone発表に合わせ、保証対象外のiPhoneのバッテリー交換料金を改定した。来年1月1日から、これまで3200円だったiPhone 6以降モデルのうち、iPhone X以外は5400円に、iPhone Xは新モデルと同じ7800円になる。(2018/9/13)

iPhone XS/XS Max/XRは何が新しい? iPhone X/8/8 Plusと比較する
iPhoneの2018年新モデルがついに発表された。ラインアップはフラグシップモデルの「iPhone XS」「iPhone XS Max」と、スタンダードモデルの「iPhone XR」という3機種。2017年iPhoneとの違いを比べた。(2018/9/13)

さようなら「iPhone SE」──旧モデル値下げまとめ
Appleの新iPhoneの発表と同時に、「iPhone SE」「iPhone 6s/6s Plus」「iPhone X」が公式オンラインストアから消えた。残った旧モデルの新価格をまとめた。新モデル「iPhone XS Max」のフル装備の価格は16万4800円。(2018/9/13)

次期iPhoneはどうなる?:
まもなく新型iPhone発表? Apple「スペシャルイベント」の見どころチェック
あと半日(記事掲載時現在)でスタートするAppleの「スペシャルイベント」。その注目点をまとめた。(2018/9/12)

「iPhone XS(仮)」発表直前の今こそ知っておきたい 「iPhone X」を10カ月使って分かったこと
2017年11月3日に「iPhone X」が発売されて、はや10カ月がたった。iPhone Xといえば、ノッチのあるディスプレイを採用したことや、ホームボタンがなくなったことが大きな特徴。iPhone Xをメインスマホとして10カ月使ってきた感想をまとめた。(2018/9/11)

UQ mobile、対象機種に応じて月額料金を割り引く「下取りサービス」開始
UQコミュニケーションズは、8月29日に下取り対象機種に応じて毎月の基本使用料を割り引きする「下取りサービス」を提供開始。MNP新規または機種変更で「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」への申し込みが条件となる。(2018/8/29)

「希望者全員対象」のiPhoneバッテリー交換、Apple Storeに行くならお早めに
Apple提供している、iPhoneのバッテリー交換プログラム。希望者全員が対象になるが、そろそろ次期iPhoneが登場するのでApple Storeに行く場合は早めに交換しておいた方がよさそうだ。(2018/8/28)

山根康宏の中国携帯最新事情:
中国スマホの“サブブランド競争”が白熱 OPPOがHuawei対抗の新ブランド立ち上げ
世界のスマートフォン販売シェアは、Huawei、OPPO、Xiaomi、Vivoは上位の常連です。各社はハイエンドから低価格品までさまざまなモデルを展開していますが、今各社が力を入れているのはフラグシップモデルだけではなく、サブブランドの低価格ラインなのです。(2018/8/27)

フォーカル、iPhone 8/8 Plus向けバッテリー内蔵ケースを発売 ワイヤレス充電にも対応
フォーカルポイントは、装着したままボタン1つで充電を切り替えできるバッテリー内蔵型のiPhone 8/8 Plus用ケースを発売。ワイヤレス充電にも対応している。(2018/8/8)

Mobile Weekly Top10:
「Pokemon GO(ポケモンGO)」のリアルイベントとNiantic/充実してきたモバイル決済
米イリノイ州シカゴで「Pokemon GO」のリアルイベントが開催されました。開発元の米Nianticはリアルイベントに積極的で、日本でも8月29日から9月2日までリアルイベントを開催します。(2018/7/24)

ベルキン、iPhoneと3.5mmオーディオ入力を“直結”できるLightningケーブルを発売
ベルキンが、Lightning端子を持つiPhoneと外部のアナログオーディオ機器を“直結”できるケーブルを発売する。MFi認定を取得しており、ケーブル長を「90cm」と「180cm」から選べる。(2018/7/20)

荻窪圭のiPhoneカメラ講座:
新バージョンの実力は? レンズ交換式iPhoneケース「ShiftCam 2.0」を試す
2017年夏に紹介したカメラレンズ付きiPhoneケース「ShiftCam」に新バージョンが登場。というわけで早速試してみるのである。(2018/7/4)

お気に入りを見つけよう! “こだわり”から選ぶiPhone 8/8 Plusケース(後編)
ケースの種類が豊富なのがiPhoneの魅力。しかし「数が多すぎて選べない」という人もいるだろう。そこで、こだわりポイント別におすすめの「iPhone 8」「iPhone 8 Plus」ケースをご紹介する。今回は「手帳」「革」「ファンシー」「キャラ」「レア」にこだわってみよう。(2018/7/4)

お気に入りを見つけよう! “こだわり”から選ぶiPhone 8/8 Plusケース(前編)
ケースの種類が豊富なのがiPhoneの魅力。しかし「数が多すぎて選べない」という人もいるだろう。そこで、こだわりポイント別におすすめの「iPhone 8」「iPhone 8 Plus」ケースをご紹介する。今回は「頑丈」「防水」「ユニーク」「薄型軽量」「バンパー」にこだわってみよう。(2018/6/19)

UNiCASE、薄くしなやかなカウスキン使用のカラフルなiPhoneケースを発売
UNiCASEは、生後6カ月以内の仔牛の皮・カウスキンを使用したiPhoneケース「SIMPLEST COWSKIN CASE」を発売。iPhone 8/7用、iPhone 8 Plus/7 Plus用、iPhone X用をラインアップし、9パターンのカラーを取り揃えている。(2018/6/15)

WWDC 2018:
Appleが推進する3D/ARフォーマット「USDZ」とは何か?
WWDC 2018で「3DにおけるPDF」としてAppleがプッシュしたフォーマットの詳細が明らかに。(2018/6/14)

荻窪圭のiPhoneカメラ講座:
デュアルカメラモデルなら必携! カメラアプリ「Focos」でボケつくそう
今、手元にデュアルカメラのiPhoneがあるとする。ならば「Focos」というアプリを入れてみることを強くおすすめするのである。(2018/6/7)

「iOS 12」は「iPhone 5s」も対応 これで最長6年間は“現役”に
Appleが開発者向けカンファレンス「WWDC 2018」で「iOS 12」を発表。今回は対応機種から「iPhone 5s」が外れるかと思いきや、5sはiOS 12も対応している。5sは5回のOSバージョンアップが可能になる。(2018/6/5)

背面にカードポケットを貼れるタイプも FOXが「MICHAEL KORS」のスマホアクセサリーを発売
FOXは、5月14日にニューヨークのファッションブランド「MICHAEL KORS」のスマホアクセサリー第1弾を発売。カードポケットやスタンド機能を備えた保護ケースなどを展開する。(2018/5/14)

3mの落下にも耐えるMIL規格準拠のiPhone向けハードケースが発売
集海科技は米軍の「MIL-STD-810G」規格を取得し、優れた耐衝撃性能を備えたArtificブランドのiPhoneケースを発売。背面を強化ガラス、側面をバンパーで保護し、ケース内側の角にはエアクッションを搭載して3mからの落下にも耐える。(2018/5/9)

MVNOに聞く:
100万契約突破、2018年の黒字化を目指す「mineo」 解決すべき課題は?
格安SIM「mineo」が、2018年4月に100万契約を突破した。mineo好調の要因はどこにあるのか。そして課題は? モバイル事業戦略グループ グループマネージャーの上田晃穂氏に聞いた。(2018/5/2)

5月発売のiPhone SE2、現在判明しているスペックは?
MACお宝鑑定団が独自に入手した情報によれば、iPhone SE後継機は5月の発売。ヘッドフォンジャックの有無やNFCの搭載などが分かってきた。(2018/4/20)

iPhone効果でワイヤレス充電器の売り上げ急伸 NPD Group調べ
iPhone X、iPhone 8、iPhone 8 PlusがQiに対応したことで市場は大きく伸びた。(2018/4/13)

「U2以来の赤と黒」iPhone 8とiPhone 8 Plusを細部まで検証
iPhone 8とiPhone 8 Plusに追加された (PRODUCT) RED Special Editionを試してみた。(2018/4/12)

メルカリ、中古スマホ売買に注力 iPhoneで「下取りよりお得」な例も
メルカリが中古スマホ売買に注力。iPhoneでは「大手キャリアへの下取りよりもお得」な例もあるという。(2018/4/10)

「新しいiPad」と「iPad Pro」はどちらが買い? 使用感とスペックを比較する
Apple Pencilに対応しながら3万7800円からという安さが魅力の、新しい「iPad」。気になるのが「iPad Pro」との違い。どちらのiPadを買うべきか?(2018/4/7)

FOX、レザーアクセサリーブランド「LORNA PASSONI」のiPhoneケースを発売
FOXは、レザーアクセサリーブランド「LORNA PASSONI」の高級感あふれるiPhoneケースを発売。フォーマルファッションにもカジュアルファッションにも合うシンプルなデザインで、ケース内側にはカード収納ポケットを搭載している。(2018/4/5)

あなたのiPhoneは何%? 「バッテリーの状態」が利用可能に
iOS 11.3が配布されたことにより、「バッテリーの状態」(ベータ)が利用できるようになった。(2018/3/30)

「iOS 11.3」配信開始 バッテリーの交換推奨、ARKitの拡張など
Appleが「iOS 11.3」を配信開始。iPhoneのバッテリーの状態を確認できるようになり、必要に応じて交換を推奨する。「ARKit」は1.5にバージョンアップし、壁やドアなど垂直な面も認識可能になる。(2018/3/30)

新iPadのベンチマーク性能はiPhone 7並み
9.7インチの新iPad、ベンチマークしてみたら先代iPadより「3割速い」ことが判明した。(2018/3/29)

2017年の中国スマホ市場 Huaweiがシェア1位を守る 2位はOPPO
カウンターポイント・テクノロジー・マーケット・リサーチは、中国スマートフォン市場の調査結果を発表。2017年のトップはファーウェイで、中国4大ブランがシェア67%を獲得している。(2018/2/28)

gooSimseller、中古スマホと開通済みSIMのセット販売を開始 7800円のiPhone 6も
NTTレゾナントは、2月27日に通販サイト「goo Simseller」で中古スマホのらくらくセット販売を開始。開通済みのSIMカードと端末をセットで届け、端末が手元に届き次第すぐに利用を開始できる。販売開始を記念し、市場価格から63%オフとなる特別価格販売を台数限定で行う。(2018/2/27)

荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ:
“カメラフォン”の異名はだてじゃない! 「OPPO R11s」徹底検証
ついに日本参入を果たした中国OPPO。その第1弾スマートフォン「OPPO R11s」はカメラがウリ。さっそく試してみるのである。(2018/2/20)

ハンドスピナーのように楽しめるiPhoneケースが登場
サンクチュアリは、2月8日にelago製のiPhoneケース「Smart Spinner」を発売。ケースを装着したiPhoneを回せばハンドスピナーのように遊ぶことができる。専用アプリで無料の回転用画像も提供する。(2018/2/9)

Apple、「iPhone 7」の“圏外の問題”で無償修理プログラム開始
Appleが、2016年9月発表の「iPhone 7」の一部に認められる通信エリア内でも「圏外」と表示される問題を無償で修理するプログラムを開始した。(2018/2/4)

全編iPhone 7 Plusで撮影 ソダーバーグ監督「Unsane」予告編公開
「セックスと嘘とビデオテープ」「ソラリス」「オーシャンズ11」などで知られるソダーバーグ監督の新作はなんとiPhone 7 Plusで撮影した作品だ。(2018/2/1)

Appleが「iOS 11.3」を今春リリース バッテリーの修理を推奨する機能も
Appleが「iOS 11.3」の詳細を紹介。バッテリーの修理を推奨する機能を追加する他、シャットダウンを防ぐためのパフォーマンス制御機能をオフにできるようになる。一般ユーザー向けには2018年春に提供する。(2018/1/25)

TPUとガラスを組み合わせたiPhone 8 Plusケース 坂本ラヂヲから
坂本ラヂヲは、iPhone 8 Plusに対応したガラスハイブリッドケースを発売。背面に高硬度で透明度の高い強化ガラス、側面にはクッション性に優れたTPUを組み合わせたモデルで透明度を長く維持することができる。(2018/1/22)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。