ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「入社」最新記事一覧

入社後のギャップ、どんなことがありましたか?
就職・転職のための企業リサーチサイトを運営するヴォーカーズは10月25日、「良くも悪くも、入社後ギャップ」調査を発表した。(2016/10/25)

新人記者(応援団長)が行く:
「残業(長時間労働)は仕方ない」はもうやめよう
電通の新入社員が過労自殺するという事件が起こり、話題になっている。政府はいま「働き方改革」を進めて長時間労働の是正に取り組んでいるが、繰り返されてきたこの問題を本当に解決できるのだろうか。労働問題の専門家、常見陽平氏に話を聞いた。(2016/10/17)

常見陽平の「若き老害」論:
新卒一括採用が「若き老害」を生み出している
常見陽平が職場にはびこる「若き老害」という現象を全6回で読み解くシリーズ。第3回は新卒一括採用によって「○年入社組の同期」というものを作り出すシステムが、「若き老害」の誕生を助長している……という話。(2016/10/7)

内定ブルーになったとき――キャリアカウンセリングで話すこと
10月1日は新卒学生の多くが一斉に入社内定式などに臨む、社会人としてのキャリア確定の日です。この時期は、苦労して勝ち取った内定にもかかわらず、せっかく獲得した内定に悩んでキャリアカウンセリングに訪れる学生も少なくありません。(2016/9/29)

入社1年で「社長やんない?」 LINEで打診され……「LINEモバイル」31歳女性社長は何者?
LINEの格安スマホ「LINEモバイル」の記者会見に登場した、LINEモバイル社長の嘉戸彩乃さん(31)に注目が集まっている。「若い」「美人」「どういう人?」などの評判が相次いだ。(2016/9/23)

キャリアニュース:
転職者の活躍・定着を阻む要因は――「給与」と「職務内容のミスマッチ」
エン・ジャパンの「入社後活躍研究所」が「転職者の入社後活躍・定着度調査」の結果を発表した。活躍度や定着度については7割が満足と回答。転職者の活躍・定着を阻む要因には、給与への不満や職務内容とのミスマッチが多く挙がった。(2016/9/7)

キャリアニュース:
新人が社会人生活で期待すること――「収入が得られる」が過去最高値に
マイナビが「2016年マイナビ新入社員意識調査 〜3カ月後の現状〜」の結果を発表。新入社員が社会人生活に期待することのうち「収入が得られる」が2012年の調査から8.3pt増加し、過去最高値に。また社会人の厳しさを実感する新人が増加していた。(2016/8/16)

内定辞退を乗り切るための謝罪作法
8月を迎え、内定を得た皆さんは入社先を決める時期になりました。それはすなわち、入社先以外の内定先を断ることです。今回は、内定辞退で起こりうるストーリーを考えてみましょう。(2016/8/4)

新入社員の約7割が社会の厳しさを痛感 その理由とは
新入社員はどのようなときに社会の厳しさを感じたのか――マイナビ調べ。(2016/8/3)

なにそれ入社したい 「ポケモンGO」配信でバーグハンバーグバーグが本日の業務を終了する暴挙に
残された社長は仕方なく、自分もコイキングをゲットしていたもよう。(2016/7/22)

女子ヘルプデスク今昔物語 第4話:
チャット文化の新入社員、ビジネスメールに異常アリ!?
初日の研修を終えてヘトヘトになっているわたし。しかし、それに追い打ちをかけるように支離滅裂な日報メールがどっさり。研修課も問題視しているようだけど、最近のIT事情を考えれば“さもありなん”という感じでもあり……?(2016/7/1)

「これからの社会人生活が不安」な新入社員は52.4%、過去最高
この春就職した新入社員は、今後の社会人生活についてどのように感じているのだろうか。日本生産性本部調べ。(2016/6/21)

キャリアニュース:
転職経験者の4人に1人が入社後にギャップを感じている
エン・ジャパンが「若手転職者の入社後ギャップと満足度」についての調査結果を発表。入社前の期待に比べて「期待を大きく下回る」「期待をやや下回る」と回答した転職者の合計は25.5%で、4人に1人は入社後にギャップを感じていると分かった。(2016/6/8)

キャリアニュース:
入社意欲をなくす「ブラック面接」を転職希望者の84%が経験
人事担当者向け中途採用支援サイト「エン 人事のミカタ」が「ダメな面接、良い面接」についての調査結果を発表。転職希望者の84%が「ブラック面接」を経験しており、面接官の対応次第で、企業の印象が大きく左右することが分かった。(2016/6/3)

カルビー本社に本物のカピバラが新入社員として初出社 初任給GET&親子で戦略会議に参加
2匹の可愛すぎる初出勤には社員からの黄色い声!(2016/5/31)

PR:新年度の準備、いろいろとツラすぎるのですが――頼られ情シスがズバッと解決!
新年度の準備がこんなに大変だとは――。そんなため息をついている情シスはいませんか?「組織変更や異動に加え、新卒の対応や中途入社も多いから作業フローがどんどん複雑化する」「人事や総務と連携して作業を進めることが多いから確認事項が増える」などなど。そんな新年度の悩みを“頼られ情シス”はどうやって解決するのでしょうか?(2016/5/31)

デジタルセラー中山の視点:
“ThinkPad一筋”の私がMacに移行して“戸惑った”こと
入社以来、ThinkPadしか使ったことがない人間がMacに移行するとどうなるのか。気付いたことや戸惑った点を挙げてみます。(2016/5/29)

動画でチェック:
ロボホンを買うと幸せになれるのは誰だ!? 実際に遊んで考えてみた
いよいよ5月26日に発売を迎えるシャープの二足歩行ヒューマノイドロボット電話「RoBoHoN」(ロボホン)。何ができるの? どんな人に合いそう? 新入社員が試してみた。(2016/5/25)

“ブラック面接”求職者の84%が経験
求職者の84%が、入社意欲をなくす「ブラック面接」を経験している――エン・ジャパン調べ。(2016/5/23)

田中淳子の“言葉のチカラ”(30):
新人さん、いらっしゃ〜い♪――新入社員の迎え方 配属初日編
「出社したら部署の人が誰もいなかった」「机が用意されていなかった」――あなたの部署に配属された新入社員が張り切って働いてくれるようになるためには、こんなことをしてはダメ。では、正しい新人の迎え方とは?(2016/5/16)

ふぉーんなハナシ:
母の日に初任給で格安スマホをプレゼントして気付いたこと
晴れて新社会人となった。ITmediaに入社したガジェット好きが、母の日に格安スマホを贈った話を紹介したい。(2016/5/13)

まだ君は間に合う! 現役エンジニアに聞く、学生のときにやっておくべきこと(7):
「3年待たずに転職」はアリか?――自身の成長とともに“やりたいこと”も成長する
IT企業の最前線で活躍するトップエンジニアに、学生時代に行った就職活動の内容や、これから就職活動を行う学生へのアドバイスを聞く本連載。今回は、モブキャストで「ルミネス」開発チームに所属する石田拓馬さんにお話を伺った。新卒で入社した会社を2年で退職した石田さんが考える「3年以上働ける会社の見つけ方」とは――。(2016/5/13)

キャリアニュース:
2016年度の新入社員――専門職志向で「優しく相談できる上司」が理想
トーマツ イノベーションが「新入社員のキャリアに対する意識」についての調査結果を発表。専門職志向で、相談に乗ってくれる優しい上司を求める新人が多いようだ。また、男女ともに「定時に帰りたい」層が増えていた。(2016/4/26)

入社先企業への満足度85%超:
「会社選び」と「恋人選び」における本当の満足感
良い会社選びは簡単ではありません。入社後、会社員としてこれで良かったのか? と思うのはむしろ当然なくらい、それは難しいことなのです。(2016/4/21)

「ゆとり」と「バブル」世代の入社理由ランキング
就職・転職のための企業リサーチサイトを運営するヴォーカーズは4月20日、「ゆとり」と「バブル」の入社理由ランキングを発表した。(2016/4/20)

キャリアニュース:
今年度の新入社員は「ドローン型」、変化にあおられながらも目標地点に着地
日本生産性本部「職業のあり方研究会」が「2016年度の新入社員の特徴」を発表。めまぐるしい変化にあおられながらも自律飛行を保ち、目標地点に着地できた者が多かったことから「ドローン型」と評した。(2016/4/12)

田中淳子の“言葉のチカラ”(29):
ヤァ! ヤァ! ヤァ! 新入社員がやって来る――新人が言われてうれしい言葉、戸惑う言葉
こんなことも知らないの?――新人は先輩のひと言に一喜一憂するものだ。今回の「言葉のチカラ」は新人を励ます言葉たちを紹介する。(2016/4/11)

マネーの達人:
入社したら勤務条件が違っていた――そんな場合の対処法
「手取りでも20万円は固いと言われたのに」「残業がないと聞いていたのに」――。いざ働いてみると、開示された雇用条件と異なる場合があります。今回は、入社後の労働条件のトラブルとその対処法について紹介します。(2016/3/29)

Intelの元会長、アンディ・グローブ氏が死去
Intelの創業直後に入社し、長くCEO兼会長を務めたアンディ・グローブ氏が79歳で亡くなった。(2016/3/22)

東芝、17年入社の新卒採用中止
東芝が2017年4月入社の新卒採用を中止すると発表した。(2016/3/18)

どこまで通じる?:
「くたたん」「えーばぐ」 SCEが新卒向けに“入社後役立つ単語辞典”を公開
解釈には個人差がある模様。(2016/3/3)

週刊「調査のチカラ」:
2016年春の新入社員、「理想の上司」男性1位は松岡修造さん
新生活の準備が始まる季節。今回の週刊「調査のチカラ」は、理想の上司に退職理由の本音など、「将来」をテーマにした調査を中心にまとめてみました(2016/2/27)

「新卒入社してよかったなあ」と思う上場企業ランキング
就職・転職のための企業リサーチサイトを運営するヴォーカーズは「新卒入社して良かった上場企業ランキング」を発表した。(2016/2/19)

92.5%の大学生が内定を獲得――入社後は?
2016年3月卒業予定で、民間企業への就職を希望している大学4年生・大学院2年生の92.5%(1月15日現在)が、内定を獲得していることが、アイデムの調査で分かった。(2016/2/15)

入社3年目「社長」になれる! とある会社が就活生に“約束”
入社3年目に「社長就任」を約束している会社があることをご存じだろうか。コンサルティング会社の「シェイク」である。どんな仕組みなのか、同社の副社長に話を聞いたところ……。(2016/1/22)

まだ君は間に合う! 現役エンジニアに聞く、学生のときにやっておくべきこと(4):
俺はザッカーバーグだ――インターン制度を活用して入社前から新サービス開発の中核メンバーに
本連載では、IT企業の最前線で活躍するトップエンジニアに、学生時代に行った就職活動の内容や、これから就職活動を行う学生へのアドバイスを聞いていきます。今回は、ウォンテッドリーへの採用が内定したインターン生の身分で、すでに同社の新しいサービスの開発を担う中核メンバーとして活躍する岩永勇輝氏に、就活生に向けたメッセージを伺いました。(2016/1/14)

「人生を楽しくする方法の1つがプログラミング」──17歳でドワンゴ入社のエンジニアと“現場目線”で学ぶ「プロハイハイ」
カドカワの通信制高校「N高等学校」の提携通学コースとして、初心者向けのプログラミングコース「バンタン プログラマーズ・ハイレベル・ハイスクール」が開校する。「プログラミングは人生を楽しくする手段の1つ」――講師を務める草野翔さんに思いを聞いた。(2015/12/14)

「仕事にやる気がなくなったから」 女性局員が故意に郵便物配達せず、2年で2万9000通と過去最多
未配達は入社から3年半ごろからでした。(2015/11/10)

電子機器設計/組み込み開発メルマガ 編集後記:
来年度入社の新入社員に偉そうに語ってしまった
大反省です。(2015/10/5)

情シス“ニュータイプ“の時代:
ホンダの“IT嫌い女子“が情シスの仕事に目覚めた理由(前編)
2014年、米ラスベガス――。本田技研の情シス 多田歩美さんは、各国から集まった聴衆を前に英語で導入事例の講演をしていた。入社当時、「IT嫌い」を公言し、3年で情シス部門から出て行くと息巻いていた彼女に一体何が起こったのか。(2015/9/30)

キャリアニュース:
新卒の4割以上が会社選びに「後悔」、約5割が「リベンジ転職」希望
ビズリーチは、新卒で就職活動した人を対象に、就職活動や新卒入社の会社について調査を実施。4割以上が入社した会社について「後悔」しており、そのうち約5割は「リベンジ転職」を考えていることが明らかになった。(2015/9/18)

フォーラムエンジニアリング活用事例(3):
PR:即戦力・新卒採用の両観点から派遣エンジニアを活用する/ニッパツ・メック
エンジニアの確保が難しくなっている。自社で求人をしても望む人材が来ない、入社しても仕事内容や社風が合わずに辞めてしまうなど、採用担当者は頭が痛いことだろう。ニッパツ・メックは、この課題をフォーラムエンジニアリングの技術者派遣によって解決している。(2015/9/15)

Google検索での高度なプログラミング関連検索で社員になるチャンス
Google検索で専門的な内容を検索したところ、Googleからオンラインでのクイズへの挑戦権を提示され、最終的にGoogleに就職したと、同社の新入社員がブログで体験を語った。(2015/8/27)

キャリアニュース:
2015年の新入社員、3人に1人が社会人になっても「想像より厳しくない」
2015年4月入社の新入社員は、社会人になったことで61.4%が厳しさを感じていたものの、35.6%が「想像していたよりも、厳しくなかった」と回答。前年の29.2%から6.4ポイント増となった。(2015/8/21)

人気Twitterアプリ開発者が「サードパーティー制限に疲れたから」とTwitter入り
Twitterの非公式アプリ「Falcon Pro」の開発者が、「(Twitterによる)サードパーティー制限に疲れた。APIを完全に使える公式アプリを開発したい」とツイートし、Twitterに入社すると発表した。(2015/8/10)

田中淳子の“言葉のチカラ”(21):
なぜ新人は幹事をやるべきなのか――先輩が後輩に伝えねばならぬこと
人材育成歴30年の田中淳子さんが、職業人生の節目節目で先輩たちから頂いてきた言葉たちを紹介する本連載。今回は、先輩社員が新入社員や後輩に仕事を教える際に大切なポイントを紹介する。(2015/8/10)

キャリアニュース:
デイトレや食事しながらの面接も。面接時の印象理由に「入社したくない」が8割以上
エン・ジャパンが求人情報サイト「エン転職」を利用する転職希望者3026人を対象に調査を実施したところ、面接をきっかけに「この会社には入社したくない」と思ったことがある人が8割以上いることが明らかになった。(2015/7/16)

気鋭の経営者に聞く、組織マネジメントの流儀:
「価値ある人生」を思いっきり生きろ! 社員の生き方を全力で後押しする会社の組織マネジメントとは?
入社したらまず10年後はどうなっていたいのか、人生の目標を設定する。具体的な目標が決まれば実現に向かって行動できる。会社は活躍の舞台を用意して社員を応援する。(2015/7/15)

叱る上司は4割なのに、叱られたい若手社員は7割
あなたは上司・先輩に叱られることがありますか? 入社6年目までの社会人に聞いたところ「ある」と答えたのは41.4%だった。レジェンダ・コーポレーション調べ。(2015/6/18)

転職希望者の84%が“ブラック面接”を経験
面接を受けて「この会社には入りたくないなあ」と感じたことはありますか? 転職希望者に聞いたところ、84%が「入社したくないと思ったことがある」と回答した。エン・ジャパン調べ。(2015/6/18)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。