ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「研修」最新記事一覧

「よなよなエール」流 ガチンコ経営:
大半の社員から反感を買ったチーム研修、それでも続けてきた理由
ヤッホーブルーイングの社長に着任してから真っ先に取り組んだこと。それが社内の改革でした。チームビルディング研修を持ち込み社員の意識変革に挑みましたが、その道のりは決して楽なものではありませんでした。(2016/5/26)

田中淳子の“大人の学び”支援隊!:
新入社員研修で大切なことは「リスペクト」だと思う
新入社員を厳しく叱咤(しった)し、泣かせるほど過酷な研修がネットで話題になっている。たしてそのようなスパルタ式の教育は効果的なのか? 人材育成に大切なこととは?(2016/4/26)

【連載】インターネット時代の企業PR 第42回:
「記事にしたくなる」「シェアしたくなる」を理解する「2つの視点」の身に付け方
この時期に多い新任PR担当者研修。今回はそこで学ぶノウハウの一端を紹介してみたいと思います。(2016/4/18)

首都圏を中心に92店舗:
「英国パブ文化」普及の使命、事業に懸けるHUBの戦略に迫る
20年近く続く英国研修や徹底した福利厚生など、英国風パブ「HUB」を運営する株式会社ハブが社員に対して行う莫大な“先行投資”。その背景には、創業時から受け継がれてきた「英国パブ文化の“伝道師”」としての使命感があった。(2016/4/15)

7日間で探る「原点」:
離職率「5%」のHUBが、英国研修にこだわる本当の理由
英国風パブ「HUB」を運営する株式会社ハブが、本場英国で入社式を行った。幹部クラスならまだしも、駆け出しの新人社員すべてを対象に海外研修を続ける意義は何なのか。同社の足跡と今後の展望を探った。(2016/4/15)

40代の危機:
バブル期に大量採用したツケ? 次世代シニアに「社内失業」の危機
「次世代シニア」と呼ばれる40代のサラリーマン向けのキャリア研修が増えている。会社人口で突出するこの世代は“社内失業”状態になってしまうリスクが高い。その特性と傾向を、人材育成の専門家に聞いた。(2016/4/12)

仮想化、クラウドで「ライセンスの重複・違反」が続出?:
PR:コスト最適化、コンプライアンス担保に不可欠な、ソフトウェアライセンスの知識を1日で習得するには
仮想化、クラウドの浸透によりシステムが複雑化している今、「ソフトウェアライセンスの重複によるコスト増大」「意図しないライセンス違反」などの問題が相次いでいる。これを受けて、SAMAC(一般社団法人 ソフトウェア資産管理評価認定協会)は、ライセンス管理の知識・ノウハウを短時間で身につけられる研修・資格制度「SAMACライセンスマネージャー(CLM: Certified License Manager)」を展開し好評を博しているという。その中身とメリットとは?(2016/3/31)

16年間で最大787万人減少:
「いつまでも自分は偉いと勘違いしてほしくない!」 老害シニアが生む摩擦
独立行政法人「労働政策研究・研修機構」の試算では、国内の就業者数は平成26年から42年までの16年間に少子高齢化などの影響で最大787万人減少する。(2016/3/25)

一流のビジネスマンを育てる「文章力」:
コミュニケーション能力を鍛える鍵は「文章力向上」
企業活動におけるコミュニケーションでは、効果的な表現を考える力が求められる。新人研修を行う人事担当者や、コミュケーション能力を高めたいとするビジネスマンに向けて、文章力の向上と大切さを示していきたい。(2016/3/14)

寝てるだけじゃだめ:
サボることは「生存戦略」カヤックが“正しいサボり方”研修
「サボることは現代の企業における生存戦略。でも、ただ寝てるだけじゃだめ」。米スタンフォード大学の西多昌規氏を講師として、カヤックで「正しいサボり方研修」が行われた。(2016/3/3)

研修に効果がない理由は、老人が若々しくなった理由と似ている
がんばろうというチームに入れば、日々努力しますが、だらけたチームに入ればサボリ癖がつきます。人には誰しも、孤独を避けたいという心理が働くからかもしれません。(2016/2/15)

NTT東日本、20キログラム運搬可能なドローンを共同開発
NTT東日本は20日、20キログラムのケーブルを運ぶ能力を持つ小型無人機「ドローン」を、東京都調布市のNTT中央研修センタで報道陣に公開した。(2016/1/21)

ロボット「PALRO」が地銀に“入行”
奈良県に本店を構える南都銀行に、ロボット「PALRO」が“入行”した。向こう3カ月で研修を済ませ、将来は店頭での活用も視野に入れる。(2015/12/28)

ショッカーの新人研修がネットに流出? 特許庁、アニメで模倣品・海賊版の手口を学べる動画公開
特許庁は「模倣品・海賊版撲滅キャンペーン」をスタート。ショッカーが悪質手口を紹介する動画などを公開した。(2015/12/3)

Huawei本社に日本の学生が1週間研修――男子17人、女子3人は何を学び、体験したのか?
Huaweiが、本社のある中国深センに世界中から学生を招く「Telecom Seeds for the Future」を開催。2015年は日本から20人の学生が参加し、さまざまな国の生徒たちとHuaweiで交流をした。このプログラムの様子をリポートしたい。(2015/9/28)

ひとり親世帯の貧困率は54.2%
ふたり親世帯の11.8%、ひとり親世帯の27.3%は暮らしが「大変苦しい」と回答していることが、労働政策研究・研修機構の調査で分かった。(2015/7/28)

お客様の中に米粒大の寿司を握れる方はいらっしゃいませんか! 岡山・倉敷中央病院が導入する実技試験がカオスで美しい
研修医採用試験でミクロ寿司を握る時代(2015/7/8)

ロボット開発ニュース:
神奈川県が介護施設に装着型ロボット「HAL 介護支援用」を100台導入
神奈川県は県下30箇所の介護施設にサイバーダインの装着型ロボット「HAL 介護支援用(腰タイプ)」の試験導入を開始した。各施設に3台、研修用などをあわせて合計100台を導入する。(2015/6/15)

4コマまんが「がんばれ!アドミンくん」:
第463話 SEの心得
新人研修の講師を拝命。よーし、新人にしっかり勉強してもらうぞ! なるべく分かりやすく説明しないとな。(2015/6/2)

県教育委員会が率先した教育ICT導入の好例 熊本県×Lyncの場合
熊本県教育委員会が、県全域の小学校、中学校、県立高校など計480校にテレビ会議システム「Lync Server」を導入。学校間で交流学習、合同打ち合わせ、教職員の研修や会議などのほか、遠隔地や離島の小規模な学校の勉強や活動に役立て、効果を上げている。(2015/3/17)

GMOインターネットが「不採用通知」2万3000人に誤送信
GMOインターネットが、不採用通知のメール2万3397件を誤送信した。採用担当者の研修中の作業ミスが原因という。(2015/3/2)

事務ごよみ:
新入社員の受入準備と賃上げの検討を――3月の事務ごよみ【人事・労務】
新入社員を迎える4月。入社式や新入社員研修を実施する企業では、会場の場所や時間など、受け入れについての段取りの最終的な確認を行いましょう。(2015/2/26)

ホワイトペーパー:
1人1台のタブレットPC導入で21世紀型スキル育成を目指す川崎市立川崎高等学校付属中学校
2014年開校の川崎市立川崎高等学校付属中学校は、1人1台のタブレットPCと教員向け研修プログラムでICTを活用し、思考力やコミュニケーション能力を身に付ける教育を推進する。(2015/2/25)

新たなビジネス領域への挑戦に必要な“人事施策”を支援:
eラーニング受講率「90%超」 セイコーエプソンが「新・人材管理システム」に込める期待
ビジネスモデルの転換と新規事業領域の市場開拓を──。セイコーエプソンは、今後のさらなるビジネス成長を担う策の1つに「経営資源としての人財をどう生かすか」を掲げる。社員スキルを含む人事情報と教育研修基盤の一元化を目的に導入したITシステムとは何か。(2015/2/23)

こじらせ!上司図鑑:
新人研修からやり直せ! 太古のルールに固執する“ソースはオレ”上司
20代の若手社員に、上司に関するあれこれを語ってもらう本連載。今回、登場するのはインフラ系企業にお勤めの桜井さん(仮名)。はるか昔のルールを振りかざす上司に悩まされているようで……。(2015/2/17)

4Kの映像を生かしてスキルアップを目指す岐阜県教育委員会
岐阜県教育委員会が共通IT基盤の構築と併せて、4Kカメラを利用する遠隔研修システムを導入した。先端の映像技術をどう活用していくのか――。(2015/2/2)

ホワイトペーパー:
ビデオ会議でコミュニケーションを強化、医療と介護、福祉の融合とケアの質向上を目指す
翠会ヘルスケアグループのNHCSはグループ拠点にビデオ会議サービスを導入。研修や院内学会に活用し、拠点間の交流を深めてケアの質向上に貢献していく考えだ。(2015/1/23)

人気研修講師が実践する“考えるときに気をつけること”
研修講師一筋25年以上のベテラン・潮田、滋彦さんに思考術についてのお話を伺いました。(2015/1/15)

製造マネジメントニュース:
これからの経営者に求められているのは「イノベーションの気概」
日本能率協会は、同協会が実施する「JMAトップマネジメント研修」の参加者に経営者に求められる資質についてのアンケートを実施し、その概要を発表した。(2015/1/9)

Google App Engineに脆弱性報告、研修者のアカウント停止で検証中断に
App EngineにJava VMのセキュリティサンドボックス迂回などの脆弱性が見つかったとして、セキュリティ調査会社が概略を公表した。(2014/12/9)

マーケティングをゲーム形式に:
博報堂コンサルティングとカレイドソリューションズ、マーケティング人材向けビジネス研修プログラムをリリース
博報堂コンサルティングとカレイドソリューションズは11月11日、マーケティング人材のスキルアップを目的としたビジネス研修プログラム「Marketing Jam(マーケティングジャム)」を共同で開発したことを発表した。(2014/11/11)

ユーザー企業導入事例:
ニコン、グローバル人材の育成に多言語eラーニングを活用
外国人社員を含めたグローバルレベルでの人材強化に向けて、さまざまな形態の研修を一元的に実施・管理できるサービスを導入した。(2014/10/21)

田中淳子の“言葉のチカラ”(10):
仕事は楽しいかね?
新入社員研修後のレポートに書いてあったひと言を見て、田中さんは思わず「ふふふ」と微笑んでしまった。そこに書かれていた言葉とは?(2014/9/8)

キャリアニュース:
需要高まる「即戦力のメカ技術者」、テンプスタッフが3次元CAD技術者育成
テンプスタッフ・テクノロジーが、登録スタッフ向けにCATIAの研修を無償で提供する教育プログラムを開始する。製造業における3次元CAD操作技術者の需要増に向け、即戦力人材を育成する狙い。(2014/8/25)

日本IBM、セキュリティ人材育成支援の研修サービスをスタート
企業でセキュリティインシデントの対応にあたる人材のスキルの育成などを支援する。(2014/7/23)

ひといくNow! -人材育成の今とこれから-:
働きたくないのは歳のせい!? 40代の「やる気スイッチ」
やる気が出ない理由や、やる気を高める方法は人それぞれです。やる気を高める研修を行っている筆者が、やる気をなくしてしまった原因と、やる気を高めた方法を説明しています。(2014/6/3)

企業としての最終判断を下せる人材の育成を支援:
IBMがTokyo SOCを拡充、CSIRT研修なども実施
日本IBMは、セキュリティ運用監視サービス「IBM Managed Security Services」の拠点としてきた「Tokyo SOC」を拡充。新たにセキュリティ人材の育成を支援する「セキュリティ人材開発センター」としての役割も追加する。(2014/5/29)

3年で辞めさせない、職場で活躍する新人の育て方:
PR:資格試験を積極活用して、自ら考え行動する新人を育成する――富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ
富士通ソーシアルサイエンスラボラトリの新人研修は「自ら考え行動させる」のが特徴だ。その研修の内容は、そこに至った経緯は、そして効果はどのようなものなのだろうか。(2014/5/21)

始まりは昭和34年:
日立の人なら誰でも知ってる「ケンロン」って何?
日立グループの企業には、社員ならほぼ全員が経験する“名物研修”があるという。50年以上続いている伝統の研修「研論(ケンロン)」とはどのようなものなのか? 日立製作所に取材した。(2014/5/20)

サイボウズ式:
マンガ「ジャイキリ」に学ぶ、“変化に強いチーム”の作り方
会社は社員に対して、新人研修やOJTといった「学び」の機会を与えています。個々の学びは、企業という組織の成長や発展に必須の要素となります。今回はマンガ『GIANT KILLING』を読みながら「学び」について考えます。(2014/5/8)

「背中を見て育て」が若者を潰す!? ついやってしまうNG指導7つ
新人研修において「仕事は先輩の背中を見て盗み、育つもの」という、無言の指導は通じません。やるべきことはきちんと言葉で伝え、行動に対してもこまめにフィードバックして、新人の不安を払しょくしてあげることが大事です。(2014/4/16)

サカタカツミ「新しい会社のオキテ」:
組織内できちんと仕事をしてきたのに切り捨て対象に……30代社員に迫る危機
企業が行う社員教育として、新人研修以上に費用がかかっていたのが中間管理職の育成「でした」。過去形になってしまった理由はなぜなのか、そして該当する社員が今すぐすべきこととは。(2014/4/14)

教育ITニュースフラッシュ
足立区の若手先生、eラーニングで“早稲アカ流”熱血教師に?
早稲田アカデミーの講師研修を基にしたeラーニングで若手教師の指導力を伸ばす足立区の取り組みから、クラウドやARの導入事例まで、注目の教育IT関連ニュースをお届けします。(2014/4/11)

萩原栄幸の情報セキュリティ相談室:
新入社員がセキュリティの過ちを犯さないための教育のツボとは?
新年度がスタートし、新人を迎える職場も多い。今回は情報セキュリティやコンプライアンスに関する新人教育の場で研修担当者が注意すべきポイントを解説してみたい。(2014/4/4)

医療機器ニュース:
顕微鏡で見ている映像をフルHDで撮影、ソニーのビデオカメラ
ソニーは、眼科検査用の顕微鏡に取り付け、医師が見ている映像をフルHDで撮影するビデオカメラを発売する。角膜や水晶体などの映像を高精細に映し出すことができるので、検査や治療の他、研修や研究などの用途にも役立つとしている。(2014/4/1)

人の心に付け込むだましの手口
ソーシャルエンジニアリングに引っかかる人の行動パターンとは
悪質なソーシャルエンジニアリング攻撃に対処するため、従業員への研修や侵入テストの推進に加え、自社に対する不正侵入の件数と、データ流出があったかどうかを把握することは重要だ。(2014/3/31)

スマホ世代が熱中:
ゆとり世代を即戦力にする新人研修、決め手は”ゲーム感覚”
競争心がない、ハングリー精神がない――。そんな平成生まれの若手社員を夢中にさせる新人研修プログラムがある。スマホを使ってゲーム感覚で学べるのがポイントだ。(2014/3/28)

ミクシィ公認「スマホアプリ開発実践ガイド」、電子書籍で登場
ミクシィがスマホアプリ開発の社内向け研修資料を電子書籍で発売した。(2014/3/7)

「もしかして?」と思ったら〜 新型うつとの付き合い方(1):
新型うつは、職場にも問題を引き起こす
新型うつは、本当に病なのか?―― 若手のメンタル不調、特に新型うつと呼ばれる症状が近年増加傾向にある。本連載では、新型うつの特徴や予防法、そして身近な人が症状を見せたときの対応法などを、メンタルヘルス研修の草分け的な存在であり、職場復帰支援などの現場で同症状と向き合ってきた見波利幸氏に解説いただく。(2014/3/3)

キャリアニュース:
SNSの利用マナー研修、「十分実施」できている企業はわずか1.8%
新入社員・内定者へのソーシャルメディア利用対策について、約7割が何らかの対策が必要と考えている一方、利用マナー研修を「十分実施している」という回答はわずか1.8%にとどまった。(2014/1/27)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。