ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「研修」最新記事一覧

女子ヘルプデスク今昔物語 第12話前編:
LINE世代の若者はチームプレイが苦手?
私が担当する新入社員研修もついに最終日。チームビルティングについて教えることになったけど、そんな研修、私が新入社員のころにはなかったはず……。何で最近になって研修をすることになったんだろう。(2016/9/16)

女子ヘルプデスク今昔物語 第11話:
「敬語なんて必要ない!」な新人にパニック寸前?
何となく消化不良の中始まった、コミュニケーション研修の二日目。ビジネスパーソンとして基本のコミュニケーションを教えていたら、新人からの意外な質問で大慌て。一体これはどうすれば……?(2016/9/9)

女子ヘルプデスク今昔物語 第10話:
新入社員の“コミュ力”、どう鍛えればいい?
「いいコミュニケーションってどんなもの?」を教える研修の時間がやってきた。個人的にコミュニケーションに正解はないと思っているんだけど、それでも教えなきゃいけない……。一体どう教えればいいんだろう?(2016/8/26)

ポスドク「使える」人材に育成 政府が検討 AIやビッグデータの知識生かす
AIやビッグデータなどを駆使する第4次産業革命に不可欠な専門家を企業が雇用しやすくするため、政府は博士課程学生やポスドク向けの研修支援制度を創設する方向で検討を始めた。(2016/8/24)

女子ヘルプデスク今昔物語 第9話:
時候のあいさつ、「拝啓 ○○の候」って必要?
今回はビジネス文書の研修。時候のあいさつや敬語の復習をするのだけど、新入社員からは“ムダな一文”に見えた模様。うーん、これは説明が難しい……。(2016/8/12)

ITエンジニア職業図鑑(10):
受講者の“表情”がやりがい――エデュケーションエンジニア(インストラクター/トレーナー/研修講師/教育エンジニア)
プログラマー、SE(システムエンジニア)、プロジェクトマネジャー――IT業界のさまざまな職業を紹介する本連載。第10回は、人材育成の要「エデュケーションエンジニア」を解説する。(2016/8/12)

高齢者虐待防ぐ研修は「不十分」 介護職員の約半数
約半数の介護職員が、高齢者虐待を防止するための研修内容が現状では不十分と回答――日本介護クラフトユニオン調べ。(2016/8/5)

女子ヘルプデスク今昔物語 第8話:
電話に出られない新人、それってスマホのせい?
ヘルプデスクの実績を見込まれて(?)、電話応対研修を担当することになったわたし。1人1台電話を持っているこの世の中、「電話できない」という人はいないはず。そう思っていたのだけど……。(2016/8/5)

2016年9月より:
データセンター専門家のための資格制度「DCPro」、国内でも開始
英DCProfessional Development(DCPro)の「データセンター専門家育成」に向けた研修/資格制度が日本でも始まる。2016年9月より日本語での基礎コースを開設する。(2016/7/26)

女子ヘルプデスク今昔物語 第7話前編:
イマドキの新人はメモを取らないのが当たり前?
激動(?)の3日間を終え、新入社員研修についていろいろと話を聞こうと、飲み仲間のY子とK子に声をかけたわたし。研修の進め方について聞こうと思ったら……あれれ。突然、今年の新入社員の特徴を語り始めたぞ?(2016/7/22)

女子ヘルプデスク今昔物語 第6話:
Excelの操作、覚えなくてもググればOK?
私が担当する新入社員研修の3回目、テーマはExcel。デジタルネイティブ世代だからリテラシーは高いと思っていたのだが……その期待は見事に裏切られるのであった。でもこの問題って新入社員だけの話じゃないのかも。(2016/7/15)

女子ヘルプデスク今昔物語 第5話:
え、LINE世代は“文字化け”を知らない?
私が担当する新入社員研修の2回目は、メールの書き方やマナーについて。別に彼らは電子メールというツール自体には抵抗感がなく、さくさくと研修が進んでいたのだが、ある1人の質問によって窮地に立たされたのだった。(2016/7/8)

女子ヘルプデスク今昔物語 第4話:
チャット文化の新入社員、ビジネスメールに異常アリ!?
初日の研修を終えてヘトヘトになっているわたし。しかし、それに追い打ちをかけるように支離滅裂な日報メールがどっさり。研修課も問題視しているようだけど、最近のIT事情を考えれば“さもありなん”という感じでもあり……?(2016/7/1)

女子ヘルプデスク今昔物語 第3話:
「報告書、スマホで書いてもいいですか?」
いよいよわたしが担当する新入社員研修が始まった。担当するのはMicrosoft Wordの使い方。新人もみんな使ったことがあるっていうし、楽勝楽勝……と思っていたのだけど、現実はそう甘くはなかったのだった。(2016/6/24)

女子ヘルプデスク今昔物語 第2話:
今年の新人は「Windows 95」とほぼ同い年?
突然、新人研修で登壇することになってしまったわたし。どこから準備を始めよう……と悩んでいたら、何とも悲しい(?)事実に気付いてしまったのだった。(2016/6/17)

【新連載】女子ヘルプデスク今昔物語 第1話:
LINEで遅刻を連絡する新人、これはアリ? ナシ?
今年もウチの会社に新入社員がやってきた。LINEで遅刻の連絡するなんて時代が変わったわね――なんて思っていたら、彼らの研修で登壇することになってしまったのだった……。一体ヘルプデスクに何をやれっていうの?(2016/6/10)

太陽光:
日独連携で技術者を育成、太陽光発電の研修センター
日独企業による合弁会社であるアドラーソーラーワークスは、太陽光発電設備に関する研修施設「PVトレーニングセンター」を開設したと発表した。(2016/6/3)

「よなよなエール」流 ガチンコ経営:
大半の社員から反感を買ったチーム研修、それでも続けてきた理由
ヤッホーブルーイングの社長に着任してから真っ先に取り組んだこと。それが社内の改革でした。チームビルディング研修を持ち込み社員の意識変革に挑みましたが、その道のりは決して楽なものではありませんでした。(2016/5/26)

田中淳子の“大人の学び”支援隊!:
新入社員研修で大切なことは「リスペクト」だと思う
新入社員を厳しく叱咤(しった)し、泣かせるほど過酷な研修がネットで話題になっている。たしてそのようなスパルタ式の教育は効果的なのか? 人材育成に大切なこととは?(2016/4/26)

【連載】インターネット時代の企業PR 第42回:
「記事にしたくなる」「シェアしたくなる」を理解する「2つの視点」の身に付け方
この時期に多い新任PR担当者研修。今回はそこで学ぶノウハウの一端を紹介してみたいと思います。(2016/4/18)

首都圏を中心に92店舗:
「英国パブ文化」普及の使命、事業に懸けるHUBの戦略に迫る
20年近く続く英国研修や徹底した福利厚生など、英国風パブ「HUB」を運営する株式会社ハブが社員に対して行う莫大な“先行投資”。その背景には、創業時から受け継がれてきた「英国パブ文化の“伝道師”」としての使命感があった。(2016/4/15)

7日間で探る「原点」:
離職率「5%」のHUBが、英国研修にこだわる本当の理由
英国風パブ「HUB」を運営する株式会社ハブが、本場英国で入社式を行った。幹部クラスならまだしも、駆け出しの新人社員すべてを対象に海外研修を続ける意義は何なのか。同社の足跡と今後の展望を探った。(2016/4/15)

40代の危機:
バブル期に大量採用したツケ? 次世代シニアに「社内失業」の危機
「次世代シニア」と呼ばれる40代のサラリーマン向けのキャリア研修が増えている。会社人口で突出するこの世代は“社内失業”状態になってしまうリスクが高い。その特性と傾向を、人材育成の専門家に聞いた。(2016/4/12)

仮想化、クラウドで「ライセンスの重複・違反」が続出?:
PR:コスト最適化、コンプライアンス担保に不可欠な、ソフトウェアライセンスの知識を1日で習得するには
仮想化、クラウドの浸透によりシステムが複雑化している今、「ソフトウェアライセンスの重複によるコスト増大」「意図しないライセンス違反」などの問題が相次いでいる。これを受けて、SAMAC(一般社団法人 ソフトウェア資産管理評価認定協会)は、ライセンス管理の知識・ノウハウを短時間で身につけられる研修・資格制度「SAMACライセンスマネージャー(CLM: Certified License Manager)」を展開し好評を博しているという。その中身とメリットとは?(2016/3/31)

一流のビジネスマンを育てる「文章力」:
コミュニケーション能力を鍛える鍵は「文章力向上」
企業活動におけるコミュニケーションでは、効果的な表現を考える力が求められる。新人研修を行う人事担当者や、コミュケーション能力を高めたいとするビジネスマンに向けて、文章力の向上と大切さを示していきたい。(2016/3/14)

寝てるだけじゃだめ:
サボることは「生存戦略」カヤックが“正しいサボり方”研修
「サボることは現代の企業における生存戦略。でも、ただ寝てるだけじゃだめ」。米スタンフォード大学の西多昌規氏を講師として、カヤックで「正しいサボり方研修」が行われた。(2016/3/3)

研修に効果がない理由は、老人が若々しくなった理由と似ている
がんばろうというチームに入れば、日々努力しますが、だらけたチームに入ればサボリ癖がつきます。人には誰しも、孤独を避けたいという心理が働くからかもしれません。(2016/2/15)

ロボット「PALRO」が地銀に“入行”
奈良県に本店を構える南都銀行に、ロボット「PALRO」が“入行”した。向こう3カ月で研修を済ませ、将来は店頭での活用も視野に入れる。(2015/12/28)

ショッカーの新人研修がネットに流出? 特許庁、アニメで模倣品・海賊版の手口を学べる動画公開
特許庁は「模倣品・海賊版撲滅キャンペーン」をスタート。ショッカーが悪質手口を紹介する動画などを公開した。(2015/12/3)

Huawei本社に日本の学生が1週間研修――男子17人、女子3人は何を学び、体験したのか?
Huaweiが、本社のある中国深センに世界中から学生を招く「Telecom Seeds for the Future」を開催。2015年は日本から20人の学生が参加し、さまざまな国の生徒たちとHuaweiで交流をした。このプログラムの様子をリポートしたい。(2015/9/28)

ひとり親世帯の貧困率は54.2%
ふたり親世帯の11.8%、ひとり親世帯の27.3%は暮らしが「大変苦しい」と回答していることが、労働政策研究・研修機構の調査で分かった。(2015/7/28)

お客様の中に米粒大の寿司を握れる方はいらっしゃいませんか! 岡山・倉敷中央病院が導入する実技試験がカオスで美しい
研修医採用試験でミクロ寿司を握る時代(2015/7/8)

ロボット開発ニュース:
神奈川県が介護施設に装着型ロボット「HAL 介護支援用」を100台導入
神奈川県は県下30箇所の介護施設にサイバーダインの装着型ロボット「HAL 介護支援用(腰タイプ)」の試験導入を開始した。各施設に3台、研修用などをあわせて合計100台を導入する。(2015/6/15)

4コマまんが「がんばれ!アドミンくん」:
第463話 SEの心得
新人研修の講師を拝命。よーし、新人にしっかり勉強してもらうぞ! なるべく分かりやすく説明しないとな。(2015/6/2)

県教育委員会が率先した教育ICT導入の好例 熊本県×Lyncの場合
熊本県教育委員会が、県全域の小学校、中学校、県立高校など計480校にテレビ会議システム「Lync Server」を導入。学校間で交流学習、合同打ち合わせ、教職員の研修や会議などのほか、遠隔地や離島の小規模な学校の勉強や活動に役立て、効果を上げている。(2015/3/17)

GMOインターネットが「不採用通知」2万3000人に誤送信
GMOインターネットが、不採用通知のメール2万3397件を誤送信した。採用担当者の研修中の作業ミスが原因という。(2015/3/2)

事務ごよみ:
新入社員の受入準備と賃上げの検討を――3月の事務ごよみ【人事・労務】
新入社員を迎える4月。入社式や新入社員研修を実施する企業では、会場の場所や時間など、受け入れについての段取りの最終的な確認を行いましょう。(2015/2/26)

ホワイトペーパー:
1人1台のタブレットPC導入で21世紀型スキル育成を目指す川崎市立川崎高等学校付属中学校
2014年開校の川崎市立川崎高等学校付属中学校は、1人1台のタブレットPCと教員向け研修プログラムでICTを活用し、思考力やコミュニケーション能力を身に付ける教育を推進する。(2015/2/25)

新たなビジネス領域への挑戦に必要な“人事施策”を支援:
eラーニング受講率「90%超」 セイコーエプソンが「新・人材管理システム」に込める期待
ビジネスモデルの転換と新規事業領域の市場開拓を──。セイコーエプソンは、今後のさらなるビジネス成長を担う策の1つに「経営資源としての人財をどう生かすか」を掲げる。社員スキルを含む人事情報と教育研修基盤の一元化を目的に導入したITシステムとは何か。(2015/2/23)

こじらせ!上司図鑑:
新人研修からやり直せ! 太古のルールに固執する“ソースはオレ”上司
20代の若手社員に、上司に関するあれこれを語ってもらう本連載。今回、登場するのはインフラ系企業にお勤めの桜井さん(仮名)。はるか昔のルールを振りかざす上司に悩まされているようで……。(2015/2/17)

4Kの映像を生かしてスキルアップを目指す岐阜県教育委員会
岐阜県教育委員会が共通IT基盤の構築と併せて、4Kカメラを利用する遠隔研修システムを導入した。先端の映像技術をどう活用していくのか――。(2015/2/2)

ホワイトペーパー:
ビデオ会議でコミュニケーションを強化、医療と介護、福祉の融合とケアの質向上を目指す
翠会ヘルスケアグループのNHCSはグループ拠点にビデオ会議サービスを導入。研修や院内学会に活用し、拠点間の交流を深めてケアの質向上に貢献していく考えだ。(2015/1/23)

人気研修講師が実践する“考えるときに気をつけること”
研修講師一筋25年以上のベテラン・潮田、滋彦さんに思考術についてのお話を伺いました。(2015/1/15)

製造マネジメントニュース:
これからの経営者に求められているのは「イノベーションの気概」
日本能率協会は、同協会が実施する「JMAトップマネジメント研修」の参加者に経営者に求められる資質についてのアンケートを実施し、その概要を発表した。(2015/1/9)

Google App Engineに脆弱性報告、研修者のアカウント停止で検証中断に
App EngineにJava VMのセキュリティサンドボックス迂回などの脆弱性が見つかったとして、セキュリティ調査会社が概略を公表した。(2014/12/9)

マーケティングをゲーム形式に:
博報堂コンサルティングとカレイドソリューションズ、マーケティング人材向けビジネス研修プログラムをリリース
博報堂コンサルティングとカレイドソリューションズは11月11日、マーケティング人材のスキルアップを目的としたビジネス研修プログラム「Marketing Jam(マーケティングジャム)」を共同で開発したことを発表した。(2014/11/11)

ユーザー企業導入事例:
ニコン、グローバル人材の育成に多言語eラーニングを活用
外国人社員を含めたグローバルレベルでの人材強化に向けて、さまざまな形態の研修を一元的に実施・管理できるサービスを導入した。(2014/10/21)

田中淳子の“言葉のチカラ”(10):
仕事は楽しいかね?
新入社員研修後のレポートに書いてあったひと言を見て、田中さんは思わず「ふふふ」と微笑んでしまった。そこに書かれていた言葉とは?(2014/9/8)

キャリアニュース:
需要高まる「即戦力のメカ技術者」、テンプスタッフが3次元CAD技術者育成
テンプスタッフ・テクノロジーが、登録スタッフ向けにCATIAの研修を無償で提供する教育プログラムを開始する。製造業における3次元CAD操作技術者の需要増に向け、即戦力人材を育成する狙い。(2014/8/25)

日本IBM、セキュリティ人材育成支援の研修サービスをスタート
企業でセキュリティインシデントの対応にあたる人材のスキルの育成などを支援する。(2014/7/23)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。