ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  M

  • 関連の記事

「Moblin」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

-こちらもご覧ください-
@IT:β版で試すMoblin

関連キーワード

Tizen IVI基礎解説(後編):
HTML5プラットフォームを志向する「Tizen IVI」の特徴
Linuxベースの車載情報機器向けプラットフォームである「Tizen IVI」。前編では「Moblin for IVI」から始まり、Tizen IVIに至るまでの歴史と、Tizen IVIの開発に関わるさまざまな組織について紹介した。後編では、HTML5プラットフォームへの志向を強めるTizen IVIの特徴について解説する。(2013/9/20)

Tizen IVI基礎解説(前編):
Intelの車載情報機器に対する深いこだわりから生まれた「Tizen IVI」
Linuxベースの車載情報機器向けプラットフォームである「Tizen IVI」。本稿では、車載情報機器に深いこだわりを持ち、IVIという言葉を提言したIntelのみならず、トヨタ自動車をはじめとする自動車メーカーやティア1サプライヤ、半導体メーカー、ソフトウェアベンダーなどが開発に参画しているTizen IVIについて解説する。(2013/7/26)

Mobile World Congress 2013:
NTTドコモ、今秋にもTizenスマホを発売へ――端末上でdマーケットのサービスも展開
Tizen Associationが「Tizen 2.0」を発表。NTTドコモは、2013年後半をめどに端末を発表する予定であるとした。dマーケットのサービスもTizen端末上で提供するという。(2013/2/27)

MeeGo端末開発に向けて新興企業Jolla始動
Nokiaの元「N9」開発チームが中心になり、NokiaとIntelが開発から撤退したLinuxベースのモバイルOS「MeeGo」搭載スマートフォンのメーカー「Jolla」を立ち上げた。(2012/7/9)

Nokia、最初で最後のMeeGo端末「N9」を発表
年内にMicrosoftのWindows Phone搭載端末を発売する予定のNokiaが、MeeGo搭載のスマートフォン「N9」を発表した。(2011/6/22)

Microsoftと「第3のエコシステム」目指すノキア――コミュニティとの絆を取り戻せるのか
Windows Phoneをスマートフォン事業の主軸とする戦略を発表したNokiaに、コミュニティは複雑な反応を示している。iPhone、Androidに続く「第3のエコシステム」の一翼をNokiaは担えるのか――。同社のこれまでを振り返りながら、今後の課題を考える。(2011/6/2)

ビジネスニュース 企業動向:
ノキアが去ったモバイルOS「MeeGo」、インテルCEOが他のパートナー探しを表明
(2011/2/18)

Intel Developer Forum 2010:
IntelはAtomで何をしたいのか?
「Netbook向けCPU」の印象が強いAtomだが、組み込み分野を攻略する戦略兵器であったはずだ。いま、Atomはどこを目指しているのだろうか。(2010/9/20)

車載インフォテインメントにMeeGo採用の機運高まる
オープンで標準的なプラットフォームで車載インフォテインメントを構築したいという自動車業界の共通化した願いは、GENIVI AllianceがMeeGoを採用したことで、大きく前進しつつある。(2010/7/26)

速くて長持ちする:
インテル、「Atom Z600」搭載のAndroid端末やタブレット端末を披露
特長は「低消費電力」と「高速な動作」――。インテルが、携帯端末向けの新しいプロセッサ「Atom Z600」を搭載したスマートフォンやタブレット端末の技術デモを実施した。(2010/6/8)

ムーリーさん、なんか見えてますよ:
ムーリー・エデン氏、「Sandy Bridge」のスペックを“ほんのちょっとだけ”話す
米Intelのムーリー・エデン氏が来日。COMPUTEX TAIPEI 2010の「PCクライアント・セッション」で触れなかった次世代CPUのスペックに言及した。(2010/6/8)

「MeeGo 1.0」がリリース、まずはネットブックに対応
モバイル端末向けプラットフォーム「MeeGo 1.0 Core Software Platform」がネットブック向けのエディションとともにリリースされた。今後はスマートフォン向けなどにエディションを拡大する予定。(2010/5/31)

MeeGoがいよいよ始動、開発者向けリリース公開――「N900」とAtom搭載ネットブックに対応
MoblinとMaemoをマージしたモバイルプラットフォーム「MeeGo」の開発者向けシステムイメージが公開された。レポジトリには、Linuxカーネル、OSインフラ、ミドルウェア層を含むOSベース、MeeGoディストリビューションインフラが含まれている。(2010/4/1)

Mobile World Congress 2010:
真の中立性を保っている点が強み――「Android」「MeeGo」との競争に自信を見せるLiMo
NokiaとIntelのMeeGo、Samsungのbadaなど新たなモバイルプラットフォームが登場し、覇権争いが激しさを増しているモバイル市場。Linuxベースのプラットフォームを展開するLiMoは、どこに優位性があり、どのような戦略でシェア拡大を目指すのか。(2010/2/24)

Mobile World Congress 2010:
シェア低下はiPhoneの影響、2010年は前進の年に――Symbianのフォーサイス氏
モバイルプラットフォーム間の競争が激化する中、シェアを落としたSymbian。Symbian Foundationのフォーサイス氏はその要因として、iPhoneの躍進を挙げる。Symbian Foundationは2月のソースコード公開を機に攻勢に出る構えで、2010年の後半には「Symbian^3」、2011年にはUIを強化したSymbian^4をリリースする予定だ。(2010/2/23)

せかにゅ:
Flashは「死にかけ」 スティーブ・ジョブズ氏が批判
Appleのスティーブ・ジョブズ氏が、メディア企業訪問でFlashをこき下ろし、「われわれは古い技術に多くのエネルギーを注がない」と語った。(2010/2/22)

NokiaとIntelが「MeeGo」に込めたそれぞれの思惑
MaemoとMoblinをマージさせたLinuxベースのモバイル向けOS「MeeGo」。その登場の背景には、NokiaとIntelがそれぞれの立場から新たな市場を勝ち取ろうとする意図が見て取れる。MeeGoはAndroidやiPhoneに並ぶ存在になるのか、それとも別の道を行くのだろうか。(2010/2/18)

IntelとNokia、モバイルLinux「Moblin」と「Maemo」を統合
Intelの「Moblin」とNokiaの「Maemo」を統合し、統一Linuxプラットフォーム「MeeGo」を開発する。(2010/2/16)

The Linux Foundation、2010年度はマネジメント層にフォーカス
The Linux FoundationのジャパンディレクタとしてTurbolinux Indiaの社長などを務めた福安徳晃氏が就任。マネジメント層に向けてLinux/OSSを啓もうしていくことなどが明らかとなった。(2010/2/5)

2010 International CES:
“3D化”がより高いCPUパワーを必要とする――Intel基調講演
Intelのポール・オッテリーニ社長兼CEOがCESの基調講演に登場。映像コンテンツの3D化によるCPUパワーの必要性を説き、Atomの新ソリューションなどを紹介した。(2010/1/9)

せかにゅ:
「7秒起動は遅すぎる」 Chrome OSにライバルがコメント
MicrosoftやBIOSメーカーのPhoenixが自らの優位を語る一方で、Linux陣営のCanonicalはUbuntuとChrome OSの食い合いは恐れていないとコメントしている。(2009/12/1)

ミラクル・リナックスは終わってしまったのか?
「今年の下期から来年の上期が勝負だと思っている」――“第2の創業”から1年。かつてはLinuxディストリビューターとして一時代を築いたミラクル・リナックスはどこへ向かっていくのか。同社代表取締役社長最高経営責任者の児玉崇氏に聞いた。(2009/10/23)

ふぉーんなハナシ:
無線LANで位置測位――「PlaceEngine」って何だ?
屋内の位置測位システムとしてセカイカメラでも活用されている「PlaceEngine」。位置情報のデータベースを“みんなで作る”このサービスは、無線LAN対応のモバイル端末が増えてきたことで注目度が高まりそうだ。(2009/10/14)

CEATEC JAPAN 2009:
インテルのキーノートスピーチでIDF 2009を1時間30分で復習する
CEATEC JAPAN 2009の初日に行われたインテルのキーノートスピーチは、IDF 2009で紹介された話題をダイジェストで紹介。Westmereと22ナノウェハも日本で初披露された。(2009/10/6)

Intel Developer Forum 2009:
うーん、どこかで見たような──IDFで登場した“クアッド”ディスプレイ搭載ノートPC
IDF 2009では、モバイルデバイスにフォーカスした発表も多数紹介されている。MIDが本格始動するのはいつになるのか?Showcaseのトピックも含めて紹介しよう。(2009/9/25)

Netbook向けアプリストアも:
Intel、Atom向けアプリ開発支援「Atom Developer Program」立ち上げ
「Atom Developer Program」ではAtom搭載デバイス向けアプリの開発から販売までをサポートする。対応OSはMoblinとWindowsで、DellやAcerがアプリストアの開設を表明している。(2009/9/24)

「Moblin 2.0」β版がリリース
Linuxベースのネットブック/ネットトップ向けOS「Moblin 2.0」のβ版がリリースされた。ユーザーはツールバーとパネルを経由してほとんどの機能にアクセス可能となり、使い勝手が改善された。(2009/9/24)

Intel Developer Forum 2009:
32ナノは当たり前、22ナノがすぐそこに──Intelが“22ナノ”ウェハと「動く!」Sandybridgeを公開
「Intel Developer Forum 2009」(IDF 2009)がサンフランシスコで9月22日(米国時間)から始まった。キーノートスピーチでは“先の先”の技術が紹介された。(2009/9/23)

Dell、Google Chrome OSを「検討する」とコメント
「ほとんどの新技術と同様に、Chrome OSおよびその他の代替OSを評価する計画だ」とDellは述べている。Moblinにも関心を持っているという。(2009/7/16)

進化の分岐点を迎えるカーナビ
カーナビが進化の分岐点を迎えている。2006年以降、PNDがナビゲーション機器市場の急拡大をけん引し、携帯電話機のナビゲーション機能も大幅に性能が向上した。こうした動きを受けて、組み込み型カーナビにも変化が求められている。本稿では、まずカーナビ開発の歴史と現在の市場の状況をまとめる。その上で、次世代カーナビ用の最新プロセッサ/リアルタイムOSの動向を紹介する。(2009/7/1)

Atom搭載Linux携帯に向けて:
IntelとNokia、新モバイル端末に関する長期提携を発表
IntelがMoblin、MaemoのLinuxオープンソースプロジェクトでのNokiaとの共同開発と、NokiaのHSPAライセンスの取得を発表した。(2009/6/24)

COMPUTEX TAIPEI 2009:
Intel Ultra Mobility Eventで「MooresTown」をプチプチした
これまでも「チラリ」と見せてもらえていた動くMooresTwon。なんと、さわり放題のサンプルがTAIPEIに登場した。これは、プチプチするしかないでしょう。(2009/6/5)

Intel、次世代版Atom「Pine Trail」の詳細を明らかに
次世代Atomはグラフィックスチップとメモリコントローラを直接プロセッサに組み込み、性能を強化する。(2009/5/20)

Atomミニノートをサポート:
IntelとNovell、Moblin搭載Netbookで提携
NovellはAtomプロセッサ向けLinux「Moblin」が稼働するNetbook用のソフトウェアを開発するほか、台湾に「Novell Open Labs」を設置する。(2009/5/8)

Intel、新しいAtomプロセッサを発表
Intelは北京のIDFで、Centrino Atomの次期版「Moorestown」のデモも実施した。(2009/4/8)

IntelとLG、Moorestown搭載の小型Linuxデバイスで協力
LGは、IntelのMoorestownプラットフォームとLinuxベースのMoblinを採用したデバイスを投入する。(2009/2/16)

Atomミニノート向けLinux「Moblin」、αリリース
IntelのAtomプロセッサを搭載したミニノートPC向けのLinux「Moblin Core Alpha for Netbooks」が公開された。(2009/1/29)

「Tick-Tockは正確に時を刻んでいる」──インテルは2009年も研究開発を惜しまない
インテルは、1月16日に2008年の業績と2009年における事業方針にかんする説明会を行った。会場では“Mobiln”MIDやAtom搭載テレビのデモも紹介された。(2009/1/16)

CEATEC JAPAN 2008:
モバイルの“おいしいところ”集めました――モバイルコンピューティングPLAZA
CEATEC JAPAN 2008のモバイルコンピューティングPLAZAでは、国内メーカーのNetbookやモバイルPC、国内未発売のMIDなど、注目製品がめじろ押しだ。(2008/10/1)

神尾寿のMobile+Views:
Windows Mobileでコンシューマーの心を揺さぶりたい──マイクロソフト 越川慎司氏
日本では一般のユーザーになかなか浸透しないWindows Mobile搭載機。そこでマイクロソフトは大胆な組織改革を行い、Windows Mobileをコンシューマーに魅力的なOSへと進化させる決意を表明した。マイクロソフト モバイルコミュニケーション本部 本部長の越川慎司氏にその真意を聞く。(2008/9/9)

Moblin、LiMoなどが台頭:
MID市場ではLinuxがWindowsの販売を上回る見込み
ABI Researchによると、モバイルインターネット端末市場では2013年までに、モバイルLinuxがWindows Mobileおよびそのほかの競合OSの販売を上回る見込みだ。主要なモバイルLinuxプロバイダーとしては、Moblin、LiMo、Maemoなどがある。(2008/8/6)

エンジニアの楽園を目指す新生ミラクル
ミラクル・リナックスは経営陣を刷新、新たにモバイルインターネットデバイス(MID)の市場に打って出る。開発者に対する尊敬の念も明確な形で示すなど、若き経営陣への期待は大きい。(2008/7/2)

Canonical、Atom搭載ノートPC向けUbuntu Linuxを発表
Intelの省電力プロセッサAtom搭載ノートPC向けLinux「Ubuntu Netbook Remix」が登場する。(2008/6/5)

IntelとWind River、自動車業界向けLinuxプラットフォームで提携
組み込みシステムを提供するWind RiverとIntelが、車載用インフォテインメント向けLinuxで提携する。(2008/5/21)

インテル、新プロセッサ「Atom」シリーズ発表
インテルは情報端末向けの新プロセッサ「Atom」を発表。インターネット端末から業務用端末までの幅広い用途に活用できるという。(2008/4/2)

Intel、モバイル向けCPU「Atom」の詳細を発表
インテルは、モバイル用途向けとなる省電力プロセッサ「Intel Atom」ブランドの詳細についての発表を行った。(2008/4/2)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。