ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「業務妨害」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「業務妨害」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

「会話や写真が韓国の会社に見られる」などLINEの「トークルーム情報」についての誤解広まる
不用意な拡散に注意。(2018/7/17)

豪雨災害「デマに注意」 広島県警が呼び掛け
広島県警察本部が、西日本の豪雨災害に関するデマ情報に注意するようTwitterの公式アカウントで呼び掛けている。(2018/7/9)

「そのような事実は把握していない」:
豪雨被災地で「レスキュー隊装った窃盗団出現」などデマ拡散 広島県警が注意喚起
西日本豪雨の発生を受け、「レスキュー隊のような服を着た窃盗グループが被災地に入った」などのデマが拡散。広島県警は「そんな事実は把握していない」とうわさを否定し、注意を喚起した。(2018/7/9)

「未確認の情報むやみに拡散しないで」大阪府が地震デマに注意喚起 「シマウマ脱走」など悪ふざけも
明らかに悪意を持って拡散していると思われるデマも。(2018/6/18)

熊本地震では「ライオン脱走」で逮捕者:
大阪の地震で「シマウマ脱走」などデマ拡散、大阪府が注意喚起「事実と異なる」
大阪府での地震発生を受け、Twitter上ではさまざまな情報が飛び交っている。具体例は「シマウマが逃げた」「『京セラドーム大阪』の屋根に亀裂が入った」など。だが、大阪府はこうした情報は事実ではないとし、公式Webサイト上で注意を呼び掛けている。(2018/6/18)

大阪地震の影響で「京セラドーム」の屋根にヒビ? 事実誤認のツイート拡散に注意
拡散する前に事実確認を。(2018/6/18)

法的手段も辞さず:
リソー教育、ネットの書き込み「多数の訴訟を起こされた」に反論 「そんな事実はない」
リソー教育が、複数の訴訟を抱えているとのネット上の書き込みに対して「法的手段も辞さない」との声明文を発表した。一部掲示板に、「元社員から時間外労働手当を請求されている」などと書き込まれていた。偽計業務妨害に当たると判断し、法的手段も辞さないという。(2018/6/11)

“自称YouTuber”暴行容疑で逮捕 なりたい職業上位もトラブル続々……
YouTuberを名乗る男が4日、動画配信中に女性の頭を殴ったとして、警視庁に暴行容疑で逮捕された。動画投稿をめぐっては、一獲千金の夢をかなえる「成功者」がいる一方で、閲覧数を求めるあまり、過激な動画を投稿してトラブルを引き起こすケースも相次いでいる。(2018/5/21)

衝撃事件の核心:
暴行容疑で自称「ユーチューバー」を逮捕 なりたい職業上位もトラブル続々……
動画投稿サイト「ユーチューブ」に動画を投稿して広告収入を稼ぐ「ユーチューバー」を名乗る男(35)が5月4日、東京・新宿のバーで動画配信中に女性の頭を殴ったとして、警視庁に暴行容疑で逮捕された。(2018/5/18)

人気Twitterアカウント「アボガド6」さん、「まる」さんがアカウント凍結 DMCAの悪用による虚偽申請が原因か
ネット上では「悪質」と批判する声もあがっています。(2018/5/12)

関西の議論:
京都で買い占められた人形、中国のサイトで販売…悪質転売、どう防ぐ
限定品の人形100体が、たった1人に買い占められた−。3月末に京都高島屋(京都市下京区)で起きたトラブルが物議を醸している。その後、人形はインターネットの通販サイトに通常より高い価格で売りに出されたことから、転売目的で購入された可能性が高い。(2018/5/11)

京都で買い占められた「ロリーナ」人形、中国のサイトで販売……悪質転売、どう防ぐ
限定品人形が、1人に買い占められた――京都高島屋で起きたトラブルが物議を醸している。その後、人形はインターネットの通販サイトに通常より高い価格で売りに出されたことから、転売目的で購入された可能性が高い。(2018/5/10)

終電にしがみついたサラリーマン、電車止め現行犯逮捕……小さくない深酒の代償
JR三ノ宮駅のホームで、飲酒帰りの会社員の男が発進する電車にしがみつき緊急停車させる騒動。駆けつけた警察官に現行犯逮捕された。こうした酔客のトラブルは全国で後を絶たず、鉄道各社にも抜本的な対策がない。(2018/4/13)

小さくない深酒の代償:
終電にしがみついたサラリーマン、電車止め現行犯逮捕……
新年度を迎えたばかりのある日の未明、JR三ノ宮駅(神戸市)のホームで、飲酒帰りの会社員の男(44)が発進する電車にしがみつき緊急停車させる騒動が起きた。(2018/4/13)

女子高生が通行人に胸触らせ撮影……過激投稿、YouTuberに潜む罠と危険
自分の胸を触らせる動画を撮影していた“女子高生YouTuber”らが今月12日、警視庁に書類送検された。女子生徒らがセンセーショナルな行動に至った背景には、“一獲千金”として過熱する動画投稿サイト人気があるとされる。(2018/3/19)

「艦これ」公式Twitter、凍結解除後もDMCA虚偽報告が続いていることを明かす 「許されざる行為です」
フォロワーからは断固とした対応を望む声も。(2018/2/25)

「お客様の現在の努力では」―― 10年超続くメイドカフェの投稿が物議 担当者が語る「旧来型メイドカフェが淘汰されつつある秋葉原の今」
2004年にオープンした「ミアカフェ」東京店に取材しました。 ※2月26日追記(2018/2/10)

男を追い詰めた「ハイテク」捜査:
狙われる女性声優 「あやち」を数年間苦しめた恐怖メールと男のゆがんだ愛情
声優の竹達彩奈さんの所属事務所に「死ね」などと書いたメールを送信したとして、無職男(32)が脅迫容疑で逮捕された。(2018/1/25)

狙われる女性声優 「あやち」を数年間苦しめた恐怖メール 男のゆがんだ愛情
声優・竹達彩奈さんの事務所に、「死ね」などと書いたメールを送信したとして、無職の男が逮捕された。“ファンクラブの元リーダー”をかたる男は、約4年間に7000通以上の脅迫メールを送信。“ゆがんだ愛情”の暴走に、関係者も警戒を強めている。(2018/1/24)

「ブラックボックス展」痴漢事件、“暗闇”の中の真相は明らかになるのか 被害者連絡会が半年かけて訴訟に至った理由
「ブラックボックス展」被害者連絡会の代表らに取材しました。(2018/1/24)

悪意ある投稿で「すっとした」 10代、20代に多い傾向 IPA調査
IPAの「2017年度情報セキュリティに対する意識調査」によると、インターネット上に投稿した経験のある人のうち、「悪意のある投稿」をしたことがある人は22.6%。投稿後の心理として多かったのは「気が済んだ、すっとした」だった。(2017/12/14)

「嘘だろ」「業務妨害ですね」缶入りスープの変色訴えたTwitterユーザーに非難集中 → ローソン「加熱で劣化の可能性ある」
製造元であるポッカサッポロにも問い合わせました。(2017/11/2)

宅配ピザを他人宅に配送させるいたずらに「迷惑するのは店側だからやめて」 料理が廃棄され仕事が無駄に
Twitterユーザーの指摘から話題に。実態を伺うべく、ピザーラに取材しました。(2017/10/23)

ITりてらしぃのすゝめ:
「ローチケ騒動」が教えてくれたもの 炎上の“火付け役”は誰か
「チケットが勝手にキャンセルされた」というツイートを発端に話題となった“ローチケ事件”。自分でも気付かないうちに炎上に加担してしまっている可能性も?(2017/9/21)

「警察官の前でわざと白い粉落としてみた」 迷惑YouTuberを偽計業務妨害の疑いで逮捕
悪質だとして批判の声があがっていました。(2017/9/8)

映画「童貞。をプロデュース」配給会社と監督、「性行為強要」との出演者の主張を否定
10周年記念上映を中止した理由についても説明。(2017/8/31)

アニメロサマーライブ、「コール」などオタ芸禁止を発表
アニソンライブイベント「アニメロサマーライブ」の注意事項が6月12日に公開され、「コール」を含むオタ芸全般が「危険行為・迷惑行為」として禁止された。(2017/6/12)

「アニメロサマーライブ」でゴキブリばらまく 33歳男を逮捕
「このような不法行為を断じて許さない」とアニサマ主催は表明。(2017/3/24)

コンビニおでんを指で「ツンツン」 男を逮捕、動画投稿で大炎上に
器物破損および威力業務妨害の疑い。(2016/12/15)

世界を「数字」で回してみよう(37) 人身事故:
物理シミュレーションで知る「飛び込みコスト」の異常な高さ
以前私は、「電車への飛び込みの(当事者の)コストは安い」と申し上げました。ですが、実は安いどころか相当に高いということが分かってきました。今回からは、非常にツラい作業ではありますが、「飛び込み」について物理シミュレーションを行い、飛び込みがどれだけ酷なものであるかを皆さんに知っていただきたいと思います。(2016/12/12)

企業への攻撃をできるだけ少なくするには
IT担当者必携「モバイルセキュリティチェックリスト」6カ条
企業は常にモバイルセキュリティの脅威にさらされており、それらを阻止する責任はIT担当者の肩にかかっている。IT担当者にとって重要なモバイルセキュリティチェックリスト6項目を紹介する。(2016/12/9)

IPA 中小企業の情報セキュリティ対策ガイドライン(第2版):
中小企業の経営者諸君、情報セキュリティ対策の必要性を理解せよ!
IPAは、7年ぶりに「中小企業の情報セキュリティ対策ガイドライン」を改訂。経営者が情報セキュリティの重要性を自ら認識するための「経営者編」を新設した他、情報セキュリティ対策の具体的な導入が行えるよう図表を多用した改編などが行われている。(2016/12/8)

「不正ツール使用するだけでも罪に問われる可能性」 パズドラ不正ツールで逮捕者にガンホーが声明
不正ツールの使用は絶対にやめましょう。(2016/11/13)

セキュリティ・ミニキャンプ in 中国 2016 レポート(前編):
地域を問わないサイバー攻撃被害――急がれる地方の啓蒙活動
地方向けに最新のセキュリティ動向や技術を伝える「セキュリティ・キャンプ地方大会」。本稿では2016年9月23日から25日にかけて広島県で開催された「セキュリティ・ミニキャンプ in 中国 2016」の模様をレポートする。(2016/10/31)

「NHKがインド6弱」 鳥取地震に便乗したデマ画像広がる、過去には地震デマで逮捕されたケースも
災害時の悪ふざけは自重しましょう。(2016/10/21)

「いつ乗車禁止になるの? 私は2年半戦ってる」―― バスの通路をふさぐ“迷惑おばさん”動画が話題に バス会社の対応は
「なぜ乗車拒否にしないのか」といった声もありましたが……。(2016/10/6)

チケット高額転売問題、解決策は「いろいろある」 津田大介さん・福井健策さんの見方
「チケット高額転売に反対します」――著名なアーティストが名を連ねたこんな声明が話題に。深刻化する“ネットダフ屋”による高額転売に、どう対処すればよいか。津田大介さんと福井健策さんが語り合った。(2016/9/23)

食べログの評価が3.0に突然リセット 飲食店オーナーの書き込みが物議
運営の株価は年初来安値を更新。(2016/9/7)

ゴルスタ個人情報流出問題 被害者には当初謝罪メール1通だけ 炎上招いた「暴圧」運営の高すぎる代償
ゴルスタに個人情報を晒(さら)された“あると”さんや、複数のゴルスタユーザーから話を聞きました。(2016/9/10)

過熱化するチケット論争 高額転売は違法か? それは「必要悪」なのか?
ライブイベントで見られるチケットの高額転売問題は深刻。問題を整理し、チケット価格のさらなる多様化にかじを切る時期なのではないでしょうか。(2016/8/29)

過激ツイートで大炎上していた「ゴルスタ」公式Twitterが消滅 個人情報流出認める発言も
運営の業務を妨害したとされるユーザーの本名を公式Twitterに投稿したことも問題視されていました。※追記(2016/8/27)

個人情報だだ漏れ?:
「中高生以外は登録禁止」なSNS、「ゴルスタ」の運営対応がTwitterで炎上中(追記あり)
スプリックスが運営する中高生限定SNS「ゴルスタ」の運営方針、対応がTwitter上で批判の的になっている。アプリはインストール時に過剰ともいえる各種個人情報を要求してくる。(2016/8/26)

SNSアプリ“ゴルスタ”が「独裁的運営」と炎上 中高生に忠誠誓わせ「まるでカルト宗教」の声、個人情報暴露のウワサも
運営批判は「威力業務妨害」?(2016/8/26)

「熊本地震でライオン脱走」Twitterにデマ拡散の男を逮捕
熊本地震の直後、「動物園からライオンが逃げた」などとTwitterにうその投稿を行ったとして、神奈川県の会社員の男(20)が逮捕された。(2016/7/21)

中央大に爆破予告 午後3時ごろまで休講・立入禁止に
中央大学が21日の爆破予告を受け、午後3時ごろまで休講・立入禁止に。(2016/7/21)

「動物園からライオン放たれたんだが」熊本地震に便乗しデマ拡散 投稿者の男を逮捕 全国初
熊本市動植物園の業務を妨害した疑い。(2016/7/20)

MVNOの深イイ話:
MVNOと本人確認の話
MVNO(格安SIM)の音声サービスを契約する際、「本人確認」が義務付けられています。これは携帯電話を使った犯罪を防止するためです。今回は、この本人確認の手続きについてご説明します。(2016/5/18)

ネット掲示板で立命館に爆破予告 当日は授業休講とキャンパス立入禁止を决定
学生・関係者および教職員の安全確保を最優先としての措置。(2016/5/10)

「おじゃる丸」役・小西寛子の名誉を毀損する書き込みの疑い 容疑者が書類送検に
「NHKに高額なギャラを要求しておじゃる丸を干された」などの書き込みを繰り返していた疑いで書類送検。(2016/3/19)

R25スマホ情報局:
被害は全ゲーム!?スマホチート最前線
ランキング上位はチート使いの独占状態? そんなうわさもささやかれるスマホゲームの実態をチート問題に詳しいセキュリティ専門家に聞きました。(2015/12/4)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。