ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  P

「PictBridge」最新記事一覧

小さめ、A3、6色をアピール:
AKBまゆゆと「センター」を取っていく――エプソン、新カラリオのプリンタ戦略とは?
年末商戦に向けた家庭向けプリンタの発表が相次ぐ中、エプソンも「カラリオ」の新ラインアップを発表。人気モデルの使い勝手を向上しつつ、新コンセプトの小型プリンタでシェア1位を狙う。(2014/9/3)

A3ノビの最上位フォト機も:
エプソン、「カラリオ」プリンタ14年秋冬モデル――大画面化、印刷フローの自動化、女性向け小型プリンタ登場
10機種12モデルの個人向けインクジェットプリンタを秋冬に投入するエプソン。2014年の注目はA4複合機の使い勝手向上、新コンセプトの小型プリンタ、プロ仕様のA3ノビ対応フォト機だ。(2014/9/2)

キヤノン、A3ノビ印刷にも対応したインクジェットプリンタ「PIXUS iP8730/iX6830」
キヤノンは、A3ノビまでの大判印刷をサポートしたインクジェットプリンタ「PIXUS iP8730」「同 iX6830」を発売する。(2014/1/16)

省スペース化とスマホ連携に注力:
エプソン、小型のA3機を加えた「カラリオ」プリンタ13年秋冬モデル
10機種13モデルの個人向けインクジェットプリンタを9月19日に発売するエプソン。目玉は、2011年の主力A4複合機より省スペースでA3に対応した新フラッグシップモデルだ。(2013/9/3)

6色モデル拡充、スマホ&クラウド強化:
キヤノン、500台限定の“シャア専用機”も参戦する「PIXUS」プリンタ13年秋冬モデル
キヤノンは「PIXUS」シリーズの個人向けA4インクジェット複合機4機種を9月5日に発売する。500台限定の「ガンダム」コラボモデルにも注目だ。(2013/8/27)

無線LAN対応で低価格な「SIMPLE」シリーズ投入:
ブラザー、年賀状に注力したインクジェット複合機「PRIVIO」13年秋冬モデル
ブラザー販売は、インクジェット複合機「PRIVIO(プリビオ)」シリーズの新ラインアップを9月上旬より順次発売する。年賀状作成やビジネス向け機能を強化した。(2013/8/26)

この発想はなかった:
“透ける”スキャナに興味津々のA4スリム複合機――「HP ENVY120」を試す
「最もスタイリッシュな家庭向けプリンタ」と語られることも多い「HP ENVY」ブランドの複合機から新モデルが登場した。見どころは唯一無二の「シースルースキャン」だ。(2013/3/27)

バッテリー駆動で外出先でもプリント、コピー、スキャンが可能に:
PR:ビジネスを加速させるモバイル複合機――「HP Officejet 150 Mobile AiO」実力診断
モバイルIT機器、ワイヤレスブロードバンド通信、クラウドサービスが普及し、時間と場所を選ばないワークスタイルが注目される中、物足りないのはプリント、コピー、スキャンの環境ではないだろうか? 「HP Officejet 150 Mobile AiO」は従来の不可能を可能にする、バッテリー標準搭載のモバイル対応A4インクジェット複合機だ。(2013/2/18)

こんなプリンタが欲しかった!?:
もはやA4複合機だってモバイルの時代――「HP Officejet 150 Mobile AiO」を攻略する
ありそうでなかったモバイル仕様のA4複合機が日本HPから登場。業務の効率改善はもちろん、個人で導入してもこれまでの据え置き型A4複合機にないメリットを生かせそうだ。今回はバッテリーでの利用も含め、その実力をガッツリ検証する。(2013/2/6)

“6色W黒”で文書も写真もOK:
5色展開のスリムボディで攻めるA4複合機――キヤノン「PIXUS MG6330」徹底検証
キヤノンの個人向けA4インクジェット複合機で主力となるのが「PIXUS MG6330」だ。インク交換がスマートに行える新しいスリムボディは、驚きの5色展開。その性能と機能に迫る。(2012/12/31)

スマホ/タブレット連携も大幅強化:
約40%体積カットで“これなら置ける”A4複合機へ――エプソン「EP-805A」徹底検証
2012年の年末商戦で高い人気を誇る個人向けA4インクジェット複合機「EP-805A」。驚きのコンパクトボディと大幅に強化されたスマートデバイス連携など、その実力をじっくりチェックしていこう。(2012/12/29)

ランニングコストも低減:
キヤノンが「PIXUS」2012年秋冬モデルを発表――ロースタイルの新デザイン、主力機は“5色”に
キヤノンは「PIXUS」シリーズの個人向けA4インクジェットプリンタ5機種9モデルを10月上旬から順次発売する。主力機は薄型化した新デザインのボディを採用。ボディカラーは5色から選択可能になった。(2012/9/26)

タッチパネルの使い勝手とワイヤレス印刷機能も強化:
A4複合機は驚きの“40%小型化”で、これなら置ける?――エプソン、「カラリオ」プリンタ12年秋冬モデル
エプソンは個人向けインクジェットプリンタの2012年秋冬モデルを発表した。設置面積の縮小、操作性向上、ワイヤレス印刷への対応に注力した10機種を用意する。(2012/8/29)

ワイヤレスの利便性を強化した定番コンパクト――キヤノン「IXY 430F」
キヤノン「IXY 430F」は定評あるカメラ性能をそのままに、スマホGPSを利用した「GPSモバイルリンク」や対応機器でのワイヤレス印刷を可能とする「Wi-Fiプリント機能」など、無線LANを強化することで利便性を高めた。その利便性をチェックしてみよう。(2012/8/16)

キヤノン、カメラから直接ワイヤレス印刷できるコンパクトプリンタ「SELPHY CP900」
キヤノンは昇華型熱転写方式のコンパクトフォトプリンタ「SELPHY CP900」を発売する。DPS over IP対応無線LANの搭載でPCやタブレット、対応デジカメなどからワイヤレス印刷可能だ。(2012/7/27)

バッテリー駆動に対応:
日本HP、重さ3キロのインクジェット複合機「HP Officejet 150 Mobile AiO」を発表
日本HPがモバイル対応のインクジェット複合機を発表。コピーやスキャン機能を備えており、同社は“世界初のモバイルオールインワンプリンタ”とうたう。(2012/6/20)

富士フイルム、約1万2500枚の画像を保存できるデジタルフォトフレーム
富士フイルムは2Gバイトメモリを内蔵したデジタルフォトフレーム「DP-H7V」を発売する。画像サイズを自動的にリサイズする「スマートコピー」機能を用いれば約1万2500枚の画像を保存できる。(2012/6/11)

GIS 2012:
HPが上海で発表したUltrabook詳報、そして謎の“Sleekbook”とは?
米HPが明らかにした新製品は、13.3〜15.6型のUltrabookをはじめ、Sleekbook、バッテリー駆動の小型複合機、Linux内蔵ディスプレイなど多岐にわたる。ん、Sleekbookって何だ?(2012/5/10)

ESEC2012 開催直前情報!!:
Android端末から「直接印刷」、グレープシステムが提供
Android関連のミドルウェアやリアルタイムOSを手掛けるグレープシステムはESEC 2012で、3つのテーマを打ち出す。Android端末からの直接印刷や、高速組み込みデータベースなどを見せる。(2012/5/1)

アート紙のA4サイズも追加:
エプソン、3万円台で無線LAN搭載のA3ノビ対応インクジェットプリンタ「EP-4004」
エプソンはA3ノビ対応インクジェットプリンタ「EP-4004」を2月1日に発売する。A3クラスではエントリークラスの製品で、6色染料インクを採用。無線LANも標準装備した。(2012/1/18)

A3フォトの最上位機:
キヤノン、顔料12色インク搭載のA3ノビプリンタ「PIXUS PRO-1」
キヤノンはA3ノビ対応インクジェットプリンタ「PIXUS PRO-1」を2012年6月に発売する。透明インクを含む新開発の12色インクにより、表現力を高めたハイエンドモデルだ。(2012/1/17)

2011年末プリンタ徹底検証:
日本HP「HP ENVY110」は、“ルックス至上派”を満足させるか?
何を選ぶにもデザインが最優先という人は少なくない。特にプリンタはその大きさと存在感から、家庭で置き場所に困るケースも多いはず。ならば、薄型スタイリッシュボディの「HP ENVY110」はどうだろうか。(2011/12/29)

2011年末プリンタ徹底検証:
ブラザー「MyMio DCP-J925N」は、本当に“第3の選択肢”なのか?
「MyMio DCP-J925N」は、ブラザーの家庭向けインクジェット複合機で主力となるモデルだ。コンパクトボディに自動両面印刷やADFを詰め込みつつ、お手ごろ価格を実現している。(2011/12/27)

2011年末プリンタ徹底検証:
キヤノン「PIXUS MG6230」は、“もう1つの本命”として浮上するか?
「PIXUS MG6230」はキヤノンが放つ家庭向けインクジェット複合機の大本命モデル。タイ洪水の影響を受けたが、生産拠点の切り替えによる復活を図る。もちろん、その実力は確かだ。(2011/12/22)

2011年末プリンタ徹底検証:
エプソン「EP-804AR」は、まさに“迷ったらコレ”の完成度か?
年末商戦で最も売れている個人向けインクジェット複合機が「EP-804A」だ。3色のカラバリから、色鮮やかなレッドモデル「EP-804AR」をじっくり使ってみた。(2011/12/18)

モバイル/クラウド連携も:
「いたれり、つくせり」なプリンタでシェア51%をめざす――2011年「カラリオ」発表会
エプソンがインクジェットプリンタ「カラリオ」の2011年モデルを発表。CMキャラクターの役所広司さんと黒木メイサさんが「いたれり、つくせり」なプリンタをアピールする。(2011/9/1)

新色は予想外の“ブロンズ”:
キヤノンが「PIXUS」プリンタ11年秋冬モデルを発表――無線&両面印刷をエントリー機まで拡充、主力機は3色展開に
キヤノンは「PIXUS」シリーズの個人向けインクジェットプリンタ7機種9モデルを9月8日から順次発売する。売れ筋モデルに新色を採用し、無線LANと自動両面印刷機能を1万円前後のエントリー機まで拡充した。(2011/8/31)

新色は“赤”、メールプリントやAirPrintにも対応:
エプソンが「カラリオ」プリンタ11年秋冬モデルを発表――カラバリ、操作性向上、モバイル/クラウド連携に注力
エプソンは個人向けインクジェットプリンタ10機種14モデルを9月15日より順次発売する。主力のA4複合機は新色のレッドを追加したほか、操作性を向上。スマートフォンやクラウドサービスとの連携も強化した。(2011/8/31)

レディ・ガガ プロデュース、ポラロイドのモバイルプリンター「GL10」
レディ・ガガさんデザインによるPolaroidブランド「Grey Label」の第一弾製品として、モバイルプリンターが発売される。(2011/7/12)

普通のプリンタに用はありません:
“プロ仕様”のA3ノビ顔料フォトプリンタ――「PX-5V」を検証する
デジカメの性能や写真撮影にはこだわるのに、なぜフォトプリンタは家庭向けの複合機で満足しているのか? そんな疑問が思い浮かんだら、プリンタも上を目指すしかない。(2011/5/12)

A3シングル機や家庭向けエントリー複合機も:
キヤノン、操作パネルを一新したビジネス向けインクジェット複合機「PIXUS MX883」など4モデル
キヤノンは、インクジェット方式のビジネス向けADF/FAX付きA4複合機2モデル、ビジネス向けA3プリンタ、家庭向けA4複合機を3月上旬より順次発売する。(2011/2/22)

売れ筋モデルだけじゃない:
“ちょい安”の注目プリンタ購入ガイド2010冬
年末に向けて家庭向けプリンタの新機種が出そろった。店頭ではいわゆる“メーカーおすすめモデル”が目立つが、もう少し低予算でも満足できる1台は見つかるかもしれない。(2010/11/30)

ブラザー入魂の「マイミーオ フリー」がデビュー:
PR:“無線LAN×無線FAX”でもう置き場所に困らない!――複合機「MFC-J850DN」の魅力
昨今は家庭向け複合機もワイヤレス接続がトレンドだが、FAXを使おうとすると、電話回線の近くに置くしかなかった。しかし、あきらめるのはまだ早い。ブラザーの最新複合機「マイミーオ フリー」は、この問題を独自の工夫で解決してきたのだ。その驚きの工夫とは!?(2010/11/24)

富士フイルム、「2倍早い」高速表示デジタルフォトフレーム
富士フイルムは、各種動作の高速化を図ったデジタルフォトフレーム「DP-S7V」を発売する。従来製品比で約2倍の速度で画面表示を切り替わるほか、電源投入から画面表示までの時間も高速化した。(2010/11/11)

メール送信/独自アプリから印刷可能:
日本HP、PCレスでネットにつながるA4複合機3モデル――厚さ102ミリの「HP ENVY100」投入
日本HPは、PCレスでのネット接続・印刷が可能なA4インクジェット複合機3モデルを9月30日から順次発売する。目玉は日本市場向けのスリムモデル「HP ENVY100」だ。(2010/9/27)

目標はシェア51%以上:
エプソン、簡単と快適を追求した「カラリオ」2010年秋冬モデル発表会
エプソンが「カラリオ」プリンタ2010年秋冬モデルの発表会を開催した。CMキャラクターは昨年から続投の役所広司さんと新顔の黒木メイサさんだ。(2010/9/3)

主力機は“白”も用意:
エプソン、“カンタンLEDナビ”を備えた「カラリオ」プリンタ10年秋冬モデル
エプソンは「カラリオ」シリーズのA4複合機、A4単機能機、小型はがき/フォト機を9月15日より順次発売する。主力機は操作パネルを一新し、2色のカラバリを用意した。(2010/9/2)

iPadやAndroidにも対応:
美しさと快適さの両立を目指して――キヤノン「PIXUS」2010年秋冬モデル発表会
キヤノンが、インクジェットプリンタ「PIXUS」シリーズの新製品発表会を開催。PIXUSブランド誕生から10年目の節目に、デザインとUIを大きく変更してきた。(2010/8/31)

売れ筋モデルを大幅強化:
キヤノン、黒鏡面ボディに静電センサーの操作パネルを搭載した「PIXUS」プリンタ10年秋冬モデル
キヤノンは「PIXUS」シリーズのA4複合機5モデル、A4単機能プリンタ1モデルを9月9日より順次発売する。ボディを黒鏡面に統一し、上位機種では新UIを採用した。(2010/8/30)

黒鏡面ボディ+新UI+6色W黒(ダブクロ)インクで大きく進化:
PR:2010年ホームプリンタの決定打が早くも登場か!?――「PIXUS MG6130」の衝撃
家庭内のプリントニーズを一手に引き受けるインクジェット複合機は、一度購入したら数年は使い続けられる機器なので、こだわりを持って選びたい。例年、秋はプリンタの新製品ラッシュで盛り上がる時期だが、2010年は早くもキヤノンが「PIXUS」シリーズの新ラインアップをそろえてきた。全6機種を擁するが、特に大幅な進化を遂げた主力モデルに注目だ。(2010/8/30)

速くてキレイは当たり前:
PR:これからのプリンタは“タッチ&ワイヤレス”で選ぶべし!――「HP Photosmart」シリーズの魅力
コピー、プリント、スキャンを1台でまかなえる家庭向けインクジェット複合機は1台あると何かと重宝する。しかも日本ヒューレット・パッカードの「HP Photosmart」シリーズなら、多機能な最新モデルがリーズナブルな価格で手に入るので要チェックだ。(2010/3/10)

2万円切りの下位モデルも投入:
キヤノン、SOHO向けのADF/FAX付きインクジェット複合機「PIXUS MX870」など3モデル
キヤノンはADF/FAX搭載のA4インクジェット複合機「PIXUS MX870」と「PIXUS MX350」、A4インクジェットプリンタ「PIXUS iP2700」を2月下旬に発売する。(2010/2/18)

1万円台半ばの小型フォトプリンタも:
エプソン、ADF/FAX搭載で2万円台後半のインクジェット複合機「PX-602F」
エプソンは、顔料4色のADF/FAX搭載インクジェット複合機「PX-602F」とエントリー向けの小型フォトプリンタ「E-330S」を2月25日に発売する。(2010/2/17)

プリンタ09-10年モデル徹底検証:
最終回 プリンタ2009年末モデルはどれが“買い”なのか?
4回にわたってお届けする個人向けインクジェット複合機の2009年末モデル特集もいよいよ最終回。最後はこれまで紹介した注目機種を横並びで比較し、違いを明らかにする。(2009/12/25)

プリンタ09-10年モデル徹底検証:
第3回 日本HPの注目プリンタ「HP Photosmart Premium C309G」に迫る
インクジェットプリンタの世界市場で高いシェアを誇るHPは、日本でもユニークな個人向け複合機を展開している。中でも「C309G」は豊富な機能と低価格が魅力だ。(2009/12/24)

プリンタ09-10年モデル徹底検証:
第2回 エプソン「カラリオ」の売れ筋プリンタ3台を見極める
個人向けインクジェット複合機2009年末モデルを比較・検証する特集の第2回は、エプソンの「マルチフォトカラリオ」から「EP-902A」「EP-802A」「EP-702A」を取り上げる。(2009/12/21)

プリンタ09-10年モデル徹底検証:
第1回 キヤノン「PIXUS」の売れ筋プリンタ3台を比較する
PC USERの年末恒例企画「プリンタ特集」。今年もキヤノン、エプソン、日本HPの注目機種を集め、比較レビューしていく。第1回はキヤノンの「PIXUS」シリーズだ。(2009/12/18)

カラリオミーが予想外の進化:
小型フォトプリンタとデジタルフォトフレームの華麗なる融合――「E-800」と「E-600」を試す
エプソンの小型フォトプリンタ「カラリオミー」シリーズに、デジタルフォトフレームを統合した新機種「E-800」と「E-600」が登場。早速、2台同時に試してみた。(2009/10/29)

もちろん、iPhoneプリントも可能:
日本HP、「タッチ&ワイヤレス」に注力した複合機09年モデル
日本HPは個人向けA4インクジェット複合機4モデルを発表した。タッチ操作と無線LANを積極的に採用しているのが特徴だ。10月16日より順次発売する。(2009/9/30)

半切/A2モデルも刷新:
エプソン、「カラリオ」プリンタ09年モデルを一挙投入
エプソンは「カラリオ」シリーズのインクジェット複合機/A4プリンタの新ラインアップを発表。プロやハイアマに向けた新しい半切/A2モデルも発売する。(2009/9/17)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。