ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「見込み客」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

botが人よりも適切な物件を提案
「AI」(人工知能)が不動産担当者の職を奪う?
不動産業務にAI技術を取り入れる動きが広がりつつある。反復作業によるミスを減らすといった日常業務の効率化だけではなく、顧客が好む物件を提案するなど、人の判断を代替する用途も現実的になってきた。(2018/11/16)

「ITmedia マーケティング」月刊ヘッドラインレビュー:
今、B2Bマーケターが熱い 10月に最も読まれた記事を振り返り
ITmediaマーケティングに掲載された1カ月の記事をランキング中心に振り返ります。(2018/11/15)

PR:ユーザーにメッセージを“確実に”伝えたい企業必見 電話番号で届く「SMS」を今こそ見直すべき理由
(2018/11/13)

文書作成やスプレッドシートは当たり前
「脱Microsoft Office」をG SuiteやiWorkで実現可能? 代替6製品を比較する
企業の大半がMicrosoft Officeを使っていることは周知の事実といえるが「これしかない」と思い込んでしまっている可能性もある。さまざまな代替製品を比較し、自社に最適なオフィス製品を導入しよう。(2018/11/10)

2000社の導入実績で培ったノウハウをテンプレート化:
マーケティングオートメーション「BowNow」、ABMテンプレート機能を追加
Mtameは、マーケティングオートメーションツール「BowNow」に新機能「ABMテンプレート」を追加した。(2018/11/2)

さらば、人手による非効率な“作業”:
申請から承認までの平均時間が5分の1に RPAだけじゃない、DeNAのデジタルレイバー徹底活用術
変化が激しい世界で勝ち続けるために、可能な限り人手による非効率な作業をなくし、スピード感のある仕事をすることが求められるWebサービスの世界。DeNAはどんな方法でムダをなくし、本業に専念できる環境を作っているのか。(2018/11/2)

HubSpotと「マーケティングの民主化」:
残念なマーケティングオートメーション導入を回避するためのチェックリスト
中小企業でも大企業に負けないデジタルマーケティングはできます。まずは課題を押さえ、仮説を立てましょう。そのためのチェックリストを紹介します。(2018/10/31)

部門間のつながりを促進:
セールスフォース・ドットコムが「Sales Cloud」と「Pardot」の新機能を発表
セールスフォース・ドットコムは「Sales Cloud」「Pardot」の新機能を発表した。(2018/10/29)

B2Bマーケターの「Struggle」:
マーケターが自由を手に入れるためにやっておきたい3つのこと
2018年8月、日本のB2Bマーケターが集い、熱気に包まれたライブイベントが開催された。その熱気の片りんをお届けする。(2018/10/22)

Sansanが運用を開始:
DataRobotとMarketoが連携、AIで業務の自動化と高精度な予測分析を一挙に実現
DataRobot Japanとマルケトは、「Marketo」と「DataRobot」のAPIによる接続検証を行い、その結果を受けて共同でのプロモーションを開始した。(2018/10/17)

成長の回転を高速化する:
HubSpot CMOに聞いたインバウンドマーケティングの新フレームワーク「フライホイール」のこと
HubSpotが提唱するインバウンドマーケティングを実践するための新フレームワークと製品体系の現在についてCMOに聞いた。(2018/10/17)

今日のリサーチ:
デジタル投資の意思決定、キーパーソンはCFOに――アクセンチュア調査
アクセンチュアの最新調査によると、企業のデジタル投資に関する意思決定でCFO(最高財務責任者)の重要性が増していることが明らかになりました。(2018/10/17)

「Criteo Customer Acquisition」がサービス開始:
新規獲得にもCriteo、「Wowma!」「an」の各運営企業マーケターが導入理由を語る
Criteoが新たに打ち出した新規見込み客獲得サービス「Criteo Customer Acquisition」の効能とは何か。日本における導入企業の担当者が語った。(2018/10/15)

AWS、IBMとの連携も強化
Salesforceが音声アシスタント「Einstein Voice」発表、CRMはどう変わる?
Salesforceは、同社の年次カンファレンスでApple、AWS、IBMとのパートナーシップの締結や拡大に加え、今後リリースする統合ツール「Customer 360」、音声プラットフォームサービス「Einstein Voice」などを発表した。(2018/10/11)

製造業のグローバル展開:
大企業の中の「地味め」事業をB2Bデジタルマーケティングで世界へ――ダイキン工業化学事業部の挑戦
主力の空調機事業が売り上げの9割を占めるダイキン工業。世界に冠たるB2Bの有名ブランドの陰で、小さな事業部がグローバル展開を模索している。(2018/10/10)

台湾発の注目AI企業が打ち出す新たな一手:
AIベースのマーケティングオートメーションでデータが不十分な企業でも勝てる――Appier CEOに聞く
台湾発のAIテクノロジー企業Appierが満を持してマーケティングオートメーションプラットフォームをローンチした。その狙いとは何か。CEO兼共同創業者のチハン・ユー氏に話を聞いた。(2018/10/5)

7nm開発は中止したが:
GF、FD-SOIのデザインウィン獲得を着実に重ねる
GLOBALFOUNDRIES(GF)は、7nmプロセスの開発を中止してから初めての年次カンファレンスの中で、ある新規顧客が、GFの22nm FD-SOI(完全空乏化型シリコン・オン・インシュレータ)プロセス「22FDX」を用いて、少なくとも3種類のディープラーニング用組み込みチップを製造していることを明らかにした。(2018/10/3)

HubSpotと「マーケティングの民主化」:
INBOUND 2018から考える、あらゆる企業がマーケティングで勝負する未来
今回はINBOUND 2018で発表された内容を基に、これからのマーケティングの未来を想像し、今後、日本市場にどのような変化が起こり得るか、考えてみたいと思います。(2018/10/3)

「フルファネル」「AI」「日本市場」:
Amazonになれない企業でもCriteoと組めば戦える――CEOが語る新たな成長ステージ
パフォーマンスマーケティング企業としてEC事業者を中心に支持されるCriteo。CEOに復帰したJB リュデル氏がこれからの戦略を語った。(2018/9/26)

HubSpotと「マーケティングの民主化」:
御社にもできる営業改革、効率化の余地を発見する5つの質問
今回のテーマは中小企業の営業改革です。HubSpotの顧客管理や営業支援機能の活用法を紹介します。(2018/9/25)

Gartner Insights Pickup(73):
ソフトウェアのサブスクリプションモデルへの移行、先行ベンダーからの教訓
ソフトウェア業界では、誰もがサブスクリプションモデルへの移行を進めなければならなくなっている。だが、実際の移行過程ではさまざまな課題が発生する。先行ベンダーが自社の経験から学んだ教訓をお届けする。(2018/8/24)

マーケティングから営業、顧客サポート、各種管理業務までワンストップに連携:
「ferret One」が「kintone」とデータ連携を開始
ベーシックは、同社のオールインワンマーケティングツール「ferret One」がサイボウズの業務アプリ開発プラットフォーム「kintone」とフォームの登録データ連携を開始したと発表した。(2018/8/23)

今日のリサーチ:
ミニマリストの消費行動、「持たない人」の特徴とは?――リサーチ・アンド・ディベロプメント調べ
リサーチ・アンド・ディベロプメントは、首都圏在住の生活者へのアンケート調査を基に「ミニマリスト」についての分析を行いました。(2018/8/21)

グラフィカルな設定画面を採用:
「SATORI」が機能アップデート、シナリオ機能を強化
SATORIはマーケティングオートメーションツール「SATORI」の機能アップデートを発表した。(2018/8/17)

「多様性」の中身を知る:
電通が分類する30の「メディアライフスタイル」はなぜ生まれたのか、ここから何が見えてくるのか
電通メディアイノベーションラボが類型化する30の「メディアライフスタイル」。これにより何が見えてくるのか。担当者に聞いた。(2018/8/17)

HubSpotと「マーケティングの民主化」:
小さく始めるHubSpot、マーケティングの流れにそってバランス良く施策を実践しよう
HubSpotで始めるマーケティング。最初の一歩はここから始めましょう。(2018/8/16)

マーケティング・インサイドセールス・営業が同一ツールで連携:
ビズリーチが実践して証明、「MAはマーケティングだけのツールではない」といえる理由
マーケティングオートメーションはマーケターだけのものか。ビズリーチの実践事例を紹介する。(2018/8/2)

過去の会話履歴から確度の高い見込み客を可視化:
Facebookメッセンジャーbot「チャットブック」にAIスコアリング機能
チャットブックは、過去の会話履歴から見込み客の確度を割り出す「AIスコアリング」機能を発表した。(2018/7/30)

Gartner Insights Pickup(69):
AIは、どうマーケティングを変革しつつあるのか
AIは、今後10年以上にわたってマーケティングのやり方を大きく変革する可能性を持っているという。では、マーケッターがAIブームに踊らされることなく、AIを利用した顧客エクスペリエンスを管理するには、何に注目すればいいのだろうか。(2018/7/27)

データのエクスポート/インポート不要で工数を大幅削減:
「ferret One」が「Salesforce Pardot」とデータ連携
ベーシックはWebマーケティングツール「ferret One」がセールスフォース・ドットコムのB2B向けマーケティングオートメーション「Salesforce Pardot」とデータ連携を開始したと発表した。(2018/7/24)

「Adobe Audience Manager Audience Marketplace」が国内で利用可能に:
アドビがデータ流通と売買を実現するマーケットプレースを提供、KDDIの事例では集客コストを大幅削減
Adobe Systemsは、同社の顧客とデータプロバイダー間のデータ取引を行う機能「Adobe Audience Manager Audience Marketplace」が日本国内で利用可能になったと発表した。その具体的な用途と事例について解説する。(2018/7/23)

ネット通販ビジネスモデルの知財保護強化へ:
売れるネット広告社、「確認画面後でアップセル」で特許権を取得
売れるネット広告社は、「確認画面後でアップセル」についての特許権を取得したと発表した。(2018/7/23)

HubSpotと「マーケティングの民主化」:
中小企業よ、マーケティングオートメーションを恐れるな
マーケティングオートメーションやCRMは導入コストも高く運用負担も重い――。本当にそうでしょうか。(2018/7/12)

富士通マーケティングの働き方改革:
PR:RPAでいかに営業活動を支援できるか? デジタルマーケティング推進室の挑戦
「デジタルマーケティング推進室」という専門部署を設けるなど、新しいマーケティング活動に積極的に取り組む富士通マーケティング。デジタルマーケティング推進室では営業支援のさらなる強化に向けてRPAの導入を決めた。その詳細とは――。(2018/7/4)

“いま”が分かるビジネス塾:
転職が増えないと、社会のAI化は進まない?
AI化が進むと人間の仕事の多くが失われるという話は社会の共通認識となりつつある。しかし、現在の労働市場のままでは、AI化そのものがスムーズに進まない可能性もあるのだ。(2018/6/22)

モバイル決済の裏側を聞く:
ローソンが無人決済「スマホペイ」を導入 その狙いとキャッシュレス戦略を聞く
ローソンが都内3店舗で「ローソンスマホペイ」の実証実験を行った。行列に並ばずに手持ちのスマートフォンだけで会計を済ませられるのは斬新な体験だ。ヘビーユーザーからは「やめないでほしい」と好評だという。サービスの狙いをローソンに聞いた。(2018/6/19)

RFM分析やメールの行動分析からターゲティングメール配信:
ユミルリンク、メール配信システム「Cuenote FC」に分析ツールを追加
ユミルリンクは、メール配信システム「Cuenote FC」において、RFM分析などさまざまなデータを分析する機能を追加した最新版を提供開始した。(2018/6/14)

見込み客の獲得を支援:
ソウルドアウト、“間借りで始めるオウンドメディア”サービス「RentaLISKUL」を提供
ソウルドアウトは、「間借りで始めるオウンドメディア」をコンセプトにした見込み客の獲得支援サービス「RentaLISKUL」の提供を開始した。(2018/5/16)

企業の導入が着実に進む
IT、金融、そしてマーケティング――各分野の人工知能(AI)活用最前線
IT分野におけるAIの活用はコンプライアンスとセキュリティに役立っている。その他、物流、マーケティング、ファイナンスなど各分野におけるAI活用の最前線を紹介しよう。(2018/5/1)

「MAJIN」が「ちきゅう」を吸収:
ジーニー、CRM/SFAシステム「ちきゅう」を会社分割契約により事業承継
ジーニーは、ちきゅうが提供する中小企業向けCRM/SFAシステム「ちきゅう」の開発・販売事業を会社分割により承継すると発表した。(2018/4/26)

DMPと企業属性データの両方で高度なターゲティングが可能に:
ランドスケイプの企業データベース「LBC」がマーべリックのDMP搭載型DSP「Sphere」と連携
ランドスケイプは、同社の企業データベース「LBC」がマーベリックのDMP搭載型DSP「Sphere」と連携したと発表した。(2018/4/26)

当事者が語る3つの挑戦:
KDDIのB2Bコンテンツマーケティング――“auの会社”のイメージを超えて未来の顧客とつながる
有名企業といえども全てのビジネスの認知度が高いわけではない。知る人ぞ知るB2B事業の認知度向上に向けたKDDIのコンテンツマーケティングの取り組みとはどのようなものか。(2018/4/17)

今日のリサーチ(「調査のチカラ」より):
郵便物とLINE、きちんと確認されているのはどっち?──トッパン・フォームズ調査
トッパン・フォームズは、郵便物やメール、LINEなどで送られる企業からの通知における生活者の確認度合いを調査しました。(2018/4/12)

MAツール「List Finder」の基盤がAzureに全面移行 AWSから乗り換えた理由とは?
クラウド型MAツール「List Finder」のサービス基盤にMicrosoft Azureが採用された。もともとはAWSを使っていたという彼らが、わざわざAzureに乗り換えた理由はどこにあるのだろうか。(2018/4/2)

ロジカルに解き明かすEC・通販の成功法則 :
広告で獲得したお客さまに製品の良さを納得してもらうには?
EC・通販で成功するための肝となるのが、新規獲得後のCRMです。今回は、見込み客が顧客となった後のコミュニケーションについて解説します。(2018/3/30)

Computer Weekly製品導入ガイド
アプリのクラウドネイティブ化とは何か
クラウドネイティブアプリケーションは、組織のニーズに合わせたより動的なサポートを実現する。では、クラウドネイティブとは何だろうか。(2018/3/9)

料金プランも刷新:
「List Finder」が大幅機能強化、名刺のデータ化や見込み客へのアプローチ管理が可能に
イノベーションは、MAツール「List Finder」の機能追加と料金プランの刷新を行うと発表した。新機能として、名刺のデータ化機能や名寄せ機能、アプローチ管理機能を追加する。(2018/3/7)

製造ITニュース:
見込み客の行動を予測する機械学習機能を提供
トレジャーデータは、顧客の行動や属性などのデータを統合して活用するカスタマーデータプラットフォーム「TREASURE CDP」に、見込み客を機械学習で自動的に特定する「予測リードスコアリング」機能を追加した。(2018/3/1)

【連載】HubSpotに学ぶ「働き方改革」 最終回:
企業の枠を超えてユーザー企業やパートナー企業がつながることの価値――ボストンで「INBOUND」を体験して
本連載では3回にわたり、HubSpotのカルチャーやインバウンドマーケティングの考えなどについて紹介してきた。最終回となる今回は同社が開催する年1回のオフラインイベント「INBOUND」について取り上げる。(2018/2/26)

セキュリティもさらに強化:
「TREASURE CDP」、見込み客の特定を機械学習で自動化する新機能を追加
トレジャーデータは、同社が提供するカスタマーデータプラットフォーム「TREASURE CDP」に、予測リードスコアリング機能を追加したと発表した。(2018/2/15)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。