ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「不動産投資」最新記事一覧

未経験の脅威:
至る所にAmazonの影 企業が避けて通れぬ懸案に
自動車修理から実験道具、水泳プール用品に至るまで、米国のビジネスに幅広くのしかかっているものは何か。答えは、Amazonだ。(2017/8/2)

クラウド導入で電話営業をやめた不動産ベンチャーの話
トラブルにも発展しがちな不動産投資の営業電話。読者の皆さんも受けたことがあるのでは。約9割が断られる状況の中、ならばと新規顧客向けの電話営業を全廃した不動産会社がある。(2017/7/27)

写真多数:
日本初の「オールステンレス車両」走る「水間鉄道」の奮闘
大阪府貝塚市内を走る「水間鉄道」が、“ほのぼの路線”を前面に打ち出して奮闘している。(2017/5/19)

太陽光発電のトラブル対策(8):
太陽光発電所の“履歴書”を持っていますか?
今後ますます重要になっていく太陽光発電所の運用保守。しかし、具体的にどのような点に着目して取り組めば良いのだろうか。本連載では日本で太陽光発電所の運用保守事業を手掛けるアドラーソーラーワークスが、実際の事例を交えながらそのポイントを紹介していく。第8回は発電所を売買する際に重要になる「デューデリジェンス」について解説する(2017/5/12)

「ワニワニパニック」の製造手がけた企業、ホープが倒産
家庭用ゲーム機やインターネットが普及した影響で、業績不振が続いていた。(2017/4/11)

出版社ならではのノウハウで企業のコンテンツマーケティングを支援:
幻冬舎グループがWebコンサルティング事業に特化した新会社を設立
幻冬舎は2017年4月3日、子会社である幻冬舎メディアコンサルティングのWebマーケティング部門を分社化し、新会社「株式会社幻冬舎ウェブマ」を平成29年4月1日付で設立したと発表した。 (2017/4/4)

基礎から学ぶ「グリーンビルディング認証」(1):
LEED認証とは何か、取得のメリットと概要を知る
建築物の環境性能を評価する認証制度には、さまざまな種類がある。その1つであり、国際的な認証制度として普及が進んでいるのがLEED認証だ。本連載では一般社団法人グリーン ビルディング ジャパンのメンバーが、こうしたLEEDをはじめとする「グリーンビルディング認証」の概要や、取得のための仕組みを解説する。第1回ではLEED認証の概要について紹介する。(2017/3/27)

銀座で学んだこと:
お金持ちがリスクを冒してでも買う「資産を秘めた種」とは
成功者と呼ばれる人たちが購入する商品とはどういうモノでしょうか? 今回は、お金持ちの共通点についてご紹介します。(2016/8/16)

先駆的5社が証明した「IIoT」の底力【前編】
IoTで普通のポンプが「スマートポンプ」に変身? 重電大手Schneiderが挑戦
産業用IoT「IIoT」で大きく前進した世界的な製造業は、製造プロセスの改善やコスト節約などのメリットを享受している。前編では先駆的な5社のうち、2社の取り組みを追う。(2016/8/9)

なんだこの世界観 不動産投資会社のプロモサイト「よけろ!藤原くん」から狂気しか感じない
バーグハンバーグバーグとAC部が組むとこうなっちまうのか(驚愕)。(2016/8/3)

ビジネスパーソンの副業の落とし穴! 知らないと怖い「民泊ビジネスと法律」
もともと不動産投資に関心があり、インバウンド需要の盛り上がりに伴って「民泊ビジネス」に魅力を感じる――というビジネスパーソンも増えているのでは。しかし民泊ビジネスは現状、問題が多い状態にある。“落とし穴”にハマらないために必要な「法律」の知識とは?(2016/7/11)

自動運転技術 SBドライブ インタビュー:
5Gからドライバー育成まで、ソフトバンクが自動運転でやろうとしていること
「なぜソフトバンクがクルマ?」という社内の疑問の声に対し「自動運転にビジネスチャンスがある」と声を大にして説得したのは、30歳の中堅社員だった。「自動車メーカーやサプライヤとは競合しないが、ソフトバンクグループができることは多い」と語るSBドライブ 社長の佐治友基氏らに話を聞いた。(2016/7/5)

ビッグデータ利活用と問題解決のいま:
AIに不可欠な機械学習の仕組みとFinTech活用での注意点
AIや機械学習によるビッグデータ活用はFinTechのさまざまな領域に適用されているが、そこではセキュリティやプライバシーも考慮する必要がある。今回は各種技術をひも解きながらFinTech活用における注意点を示してみたい。(2016/7/5)

Fintechは当たり前のサービスとして普及する有望市場
早稲田大学IT戦略研究所が開催するエグゼクティブ・リーダーズ・フォーラム(ELF)の通算第71回目の定例会では、「Fintechがもたらす産業構造変化とビジネスモデル革新」をテーマに議論が展開された。(2016/4/26)

頭脳放談:
第190回 サイノキングについて思うアレコレ
元エルピーダの社長、坂本幸雄氏が新たに立ち上げたメモリ会社「サイノキング」がちょっとした話題になっている。サイノキングに対する「技術流出」や「ユニークなメモリ」という点について筆者の意見をまとめておきたい。(2016/3/29)

Oracle Planning and Budgeting Cloud Service:
最短1カ月で経営管理システムの導入が可能に
日本オラクルは、国内のパートナー企業10社が提供する、クラウド型経営管理ソリューション「Oracle Planning and Budgeting Cloud Service」向けの業界・業務別/全業種共通テンプレートおよびソリューション15種類を発表した。(2016/2/19)

マネーの達人:
「マイナス金利」が導入されたけど、お金の運用はどうすればいいの?
2月9日、10年国債利回りが初のマイナスとなり、金利市場に大きな混乱が起きています。そんな中、われわれのお金はどう運用すればいいのでしょうか?(2016/2/19)

製造ITニュース:
クラウド型経営管理ソリューション向けのテンプレート15種類を発表
日本オラクルは、クラウド型経営管理ソリューション「Oracle Planning and Budgeting Cloud Service」向けの業界・業務別/全業種共通テンプレートおよびソリューション15種類を発表した。(2016/2/19)

Amazon、リアル書店と書店以外の実店舗を複数展開か
Amazonが、昨秋にシアトルでオープンしたリアル書店「Amazon Books」を他の都市でも展開していくとRe/codeが報じた。書店以外の店舗も計画しており、棚から商品をピックアップするだけで決済が終わり、レジに並ばずに済むシステムをテスト中という。(2016/2/4)

小遣い程度の稼ぎのつもりが…:
「社員の副業」が招くトラブル予防法
副業に対する企業の考え方も従来とは変わり、「一律禁止」から「緩やかに許可」するケースも増えています。しかし、行き過ぎた副業はトラブルになることも……。企業はどう対処すればよいのか、事例に学びます。(2015/8/24)

各業界から英知を結集:
エスタイル、コンテンツマーケティングに専門家の知見を生かしたサービスを提供
エスタイルは4月9日、キャリアコーディネーターや不動産投資アドバイザリーなど専門家の顧問派遣を行っている企業と提携し、専門家の知見を生かしたコンテンツマーケティングを支援する「コンテンツマーケティングPRO」の提供を開始した。(2015/4/9)

最大で1万4333人の可能性:
株主の個人情報が漏えい拡大 GDOやトランスコスモスなど1万人超(続報)
サンリオの株主情報の漏えいに端を発した個人情報漏えい事件。インベスター・ネットワークスのサービスを利用している企業が次々と漏えいの可能性を発表している。(2015/4/9)

元暴走族社長の意外な経営方針
(2015/3/24)

敷礼金・手数料・保険料、すべて0円の驚異的な不動産会社とは
(2015/3/19)

捨てる「習慣」:
「分相応」を捨てる
「自分には荷が重過ぎる」――過去に決めた自分の限界が、何年も同じ水準のままの人がいます。あなたのその判断は、本当に正しいですか?(2015/3/6)

プロが語る マイホーム購入で陥りやすい落とし穴
不動産コンサルタントの後藤一仁さんに、失敗しないマイホーム選びのポイントをお聞きしました。(2015/2/3)

業界シェア2位「Pasco」のパンが国産小麦を使うワケ
普段食べている「Pasco」の食パンに込められたさまざまな思いとは。(2015/1/29)

知っておきたいASEAN事情(23):
失速しない中国で製造業は何をすべきか
実はASEANの動向は中国と密接にリンクしている!? 今回は周辺国に大きな影響を与えている中国でどのようなことに気を付けて事業計画を進めていくべきかという点について解説します。(2015/1/9)

売る時、価格が下がってしまう可能性のあるマンション住戸の特徴『3つの盲点』
「資産価値が下がりにくい物件」の見分け方を紹介。(2015/1/6)

2015年から相続税負担増! 家族が“争族”にならないためには?
2015年1月の相続税増税を控え、注目が集まる節税のポイントを紹介。(2014/12/25)

ポーター賞企業に学ぶ、ライバルに差をつける競争戦略:
産業用不動産への投資でオンリーワン 三菱商事UBSリアルティはなぜ果敢に挑戦できたのか?
産業用不動産に特化したJ-REITを展開する三菱商事UBSリアルティ。同社はどうして他社が参入しない分野にビジネスチャンスを見出したのか。そのユニークな戦略を聞いた。(2014/11/10)

寄付から融資へ クラウドファンディングが資産運用を変える?
最近話題の「クラウドファンディング」について、その種類と活用法、問題点、今後の展望を語る書籍を紹介。(2014/11/4)

相続税増税まで2カ月 資産1億円以上には○○○○○が有効?
改正が行われ、増税となる相続税について詳しいマンション購入のセカンドオピニオンサイトを運営する沖有人氏の著書を紹介します。(2014/11/4)

専業投資家が明かす「失敗する投資」とは?
(2014/10/14)

専業投資家が教える「負けない投資」3つのルール
(2014/10/2)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
「社畜脱走計画」のために知っておかなければならないこと
まずは、自分の人生と真剣に向き合ってほしい。「しなきゃいけない」ことではなく「したいこと」を考えてみてはいかがだろうか。(2014/9/4)

値上がり必至 不動産投資の穴場
いつの時代も注目度の高い不動産ビジネス。海外不動産の専門家だけが知る、「儲かる不動産投資」のチャンスを紹介します。(2014/8/28)

本・雑誌を3分で理解できるクイズ式アプリ「Bookドリル」のiOS版が登場
購入時の参考としても役立つ「Bookドリル」。Android版に続き、iOS版がリリース。(2014/8/27)

1冊たったの3分、本・雑誌の内容をクイズ形式で理解できる「Bookドリル」がリリース
1冊あたり5問〜30問、読んだ本の理解度をチェックしたり、購入前の参考にすることも可能。(2014/8/21)

個人への課税強化で不動産投資がもうからなくなる?
数ある投資のなかでも「堅い」と言われている不動産投資。個人で行う不動産投資でできるだけ手元にお金を残すための、賢い方法を教えてくれる書籍を紹介します。(2014/8/14)

個人ではもうからない? 不動産ビジネスで利益を出すコツ
不労所得の夢として語られることの多い不動産ビジネス。そんな不動産ビジネスの一筋縄ではいかない一面を紹介します。(2014/8/5)

投資は個人でやるよりプロに任せるべき、その理由とは?
不況の影響もあり、一般の人々の間でも注目を集めている資産運用。ハイリスクという印象もある「ヘッジファンド」の実際とはどのようなものなのでしょうか。(2014/7/8)

「国内投資は増えない」は本当か?
資産運用先として注目を集める海外投資。分かりにくいことも多い海外投資の入門用書籍『厳選10本のお宝ファンドを紹介!初めての海外投資でしっかり儲ける本』の著者、森智紀さんにインタビューを行いました。(2014/6/5)

国内への投資は“危険”? 投資のエキスパートが語る
今国内への投資をするのは“危険”と植頭隆道氏。氏の著書から紹介します。(2014/5/27)

女性が貧困に陥らないためにすべき5つのこと
女性が貧困に陥らないため、やっておくべきことを書籍『貧困OLから資産6億をつかんだ「金持ち母さん」の方法』から3つ紹介します。(2014/5/20)

年収3000万円あって、不動産投資するとしたら、どの駅を選ぶ?
「年収3000万円」あって、首都圏の不動産に投資するとしたら、あなたはどの駅を選びますか? 首都圏に住むビジネスパーソンに聞いた。オウチーノ総研調べ。(2014/3/28)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2014/3/17)

世の中の動きの個人資産への影響を考えてみる:
南欧にチャイナマネーが入って不動産バブルが再燃?
2014年2月、日経平均株価が1日で500円以上下落して世界の金融市場が混乱しました。日本のアベノミクス景気にも、冷や水が浴びせられた格好になりました。投資マネーは株式だけでなく商品市場や原油などの資源に向かうこともありますが、不動産に向かうとやっかいなことになります。(2014/3/10)

個人情報そのやり方では守れません:
ネット上の「炎上騒ぎ」から個人情報が丸裸に
飲食店のアルバイトが「暑いので冷蔵庫で涼んでみた」など、悪ふざけをした写真を投稿して問題になったことがありました。匿名ならバレないだろうと、気軽に考えてはいけません。これらは瞬時に拡散し、批判が浴びせられるだけでなく、責任も問われることになりかねないのです。(2014/3/5)

個人情報そのやり方では守れません:
診断系アプリで、あなたと友人の個人情報が……
Facebookを利用していると、相性診断や○○検定などのアプリを目にすることがあります。いくつかの質問に答えて、診断結果を投稿して楽しむというものですが、こういったアプリの多くが、あなたやあなたの友人の個人情報を狙っているので、利用には注意が必要です。(2014/2/26)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。