ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「スカウト」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「スカウト」に関する情報が集まったページです。

みんなツインテ大好きだな! 「花晴れ」で話題の今田美桜、インスタフォロワーが100万人突破 「快進撃凄すぎ」「かわいさにみんなが気づいていく」
“ツインテ美少女”として認知されつつある。(2018/6/21)

ソフトバンクG副社長に就任する佐護勝紀氏 「後継者候補」を孫氏が直接スカウト
今後、「ポスト孫会長」の一人として佐護氏の手腕が注目される。(2018/6/20)

地方で働く:
佐賀に移住すると、東京より仕事のステージが1段上がるという話
東京から佐賀県伊万里市へと移住して1年ほど経ちました。周囲からは仕事の心配などをされますが、意外に何とかなっているどころか、実は仕事の量・質ともに格別のメリットを実感しています。今回は「地方に移住するとなぜ仕事のステージが1段も2段も上がるのか」、その理由を3つにまとめてご説明します。(2018/6/12)

地域が移住者“スカウト”する「SMOUT」、カヤックが公開
移住希望者と地域のマッチングサービス「SMOUT」をカヤック子会社が公開。興味関心や得意分野を登録しておくと、地域から声がかかる仕組みだ。(2018/6/6)

原付バイクを改造した消防車両 本隊に先行して現場へ、状況確認や初期消火で迅速な展開に期待
小型の消火ユニットを搭載した原付。(2018/6/1)

教えて! キラキラお兄さん:
なぜ、コンサルタントからプログラマーに転身したのですか?
企業向けソフトウェア開発プラットフォーム「GitHub Enterprise」のSEである池田尚史さんは、時代の変化に対応するために自らのスキルセットを入れ替えながら、コンサルタントからエンジニアへ、WindowsからWebへ、オープンソースソフトウェア開発へと異色のキャリアを築いてきた。池田さんの話には時代の変化に対応して生き延びるヒントが詰まっている。(2018/5/31)

転職バーのハルカさん(8):
PR:銀の弾丸はどこにある?――ワクワクにワクワクしちゃダメよ
そこそこのエンジニア「シュウヘイ」が「転職バー」のハルカさん(白)に会いに行くと、そこにいたのはハルカさん(黒)だった。彼女は「明日、素晴らしい会社がシュウヘイをスカウトする」と予言するが……。(2018/5/31)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
ようやく発表されたトヨタとスズキの提携内容
ここ数年、トヨタはアライアンス戦略に余念がない。自動車メーカーやサプライヤーにとどまらず、IT業界やサービス産業、飲食業など異分野との協業関係を構築している。こうしたトヨタの変化に敏感に反応したのがスズキの鈴木修会長だった。(2018/5/28)

新連載:アニメに潜むサイバー攻撃:
アスナさんは“キリト君の心”をハックしている? 「劇場版ソードアート・オンライン」の危ないシーン
「アスナさんは“キリト君の心”をハックしている?」――「劇場版ソードアート・オンライン」のワンシーンから、そう遠くない未来、起こるかもしれないサイバー攻撃を、内閣サイバーセキュリティセンターの文月涼さんが解説。(2018/5/22)

「普通のオジサンに戻りたい!?(爆)」 ピーターが休養宣言、2019年からは芸名を“池畑慎之介”に統一へ
2018年いっぱいはピーターとして暴れまくるとのこと。(2018/5/21)

「いつでも黄金期かよ」 葵わかな、10歳当時の姿がスカウトせずにはいられないかわいさ
透明感がすごい。(2018/5/17)

チームの変化に喜ぶ経営者も増えてきている:
エンジニアが生き生きと働ける「まっとうなアジャイル開発」を――永和システムマネジメント
ITの力を使った「コト」作りが差別化の源泉となっている今、ビジネスはまさしく「ソフトウェアの戦い」に変容しつつある。そうした中にあって、アジャイル開発は企業の成長を支え、変革をもたらすドライバーになり得るのか。15年以上にわたってアジャイル開発の手法を使って多くの企業を支援してきた永和システムマネジメントに話を聞いた。(2018/3/30)

漫画家が編集者を選べる漫画投稿サイト「DAYS NEO」、講談社がオープン
漫画家が編集者を逆指名できる漫画投稿サイトです。(2018/3/20)

PR:女子野球部育成ゲーム「ハチナイ」を柳沢慎吾が独り芝居で応援 監督オレ投手オレ代打オレ実況オレとにかく「全部オレ」
ほぼ無音の球場に、柳沢さんの叫びがこだまする。(2018/3/20)

11歳とは思えない色気 米在住の“ハーフ美少年”翔が芸能界デビュー、桐谷美玲も「休日の癒やし」と絶賛
瞳に吸い込まれそう。(2018/3/19)

「CodeIQ」のプログラミングクイズ終了 「CodeIQ MAGAZINE」も 転職サービス「moffers」のみ継続
「CodeIQ」のプログラミング腕試しサービスなどが4月25日に終了。Webメディアの「CodeIQ MAGAZINE」も終了する予定だ。転職サービス「CodeIQ moffers」のみ継続する。(2018/3/12)

プロエンジニアインタビュー(8):
教えて! キラキラお兄さん「AIは転職エージェントの職を奪いますか?」
グーグルのインターンを経て、英エディンバラ大学大学院で機械学習を学び、ベンチャー支援の経験も積んだ島田寛基さんは、機械学習を駆使した人材マッチングサービスを提供する「scouty」の代表取締役だ。島田さんが自らの進路をどう作り上げ、どのような筋道で起業に至ったのかを聞いた。(2018/2/5)

特集「Connect 2018」:
2018年、奥手なエンジニアは転職サイトを使いこなせ――マイナビ転職・荻田編集長
エンジニア不足といわれているが、本当にエンジニアは転職しやすくなったのか。良い求人情報はどうやって見つけたらよいのか、転職サイト「マイナビ転職」の編集長に伺った。(2018/1/31)

TechFactory 調査レポート:
組み込みエンジニアの7割が「転職に前向き」その理由は
IoTの普及から、モノ(Things)に関連する組み込みエンジニアのニーズは高まっているが、エンジニア自身は自身のキャリアをどう組み立てていきたいと考えているのか。TechFactoryにて実施したアンケート調査から探る。(2018/1/22)

おまとめ こぐまのケーキ屋さん:
ウサギさんこんにちは! こぐまのケーキ屋さん(6)「うさぎのスーパー」
気さくで元気な新キャラクターの登場です!(2018/1/21)

メッシとロナウド、どっちが上?:
オランダの企業が、サッカーのデータ化で選手の移籍に影響力を及ぼし始めている
サッカー選手に焦点を当てたアナリティクスを通じ、選手の移籍に影響力を与え始めている企業がある。また、同社はさらに試合をリアルタイムにデータ化するシステムを構築、サッカーに新たな世界をもたらそうとしている。(2017/12/27)

8万アカウントが使う人材採用ツール:
PR:社員エンゲージメント向上を採用段階から「無料」で実現。エンジャパンの「エンゲージ」
採用に悩める企業の大きな助けになるエン・ジャパンの「engage」。8万アカウントが活用する採用支援ツールの特徴とは?(2017/12/15)

託された経営改革:
ポップコーン会社の再建を 野球界から転身した男の奮闘
東北楽天ゴールデンイーグルスのチーム戦略担当、そして球団経営を担う一員としてどっぷりと野球界に身を置いていた男が異業種に飛び込んだ。現在、ポップコーン会社の経営再建に奮起する彼を追った。(2017/10/25)

小売・流通アナリストの視点:
24時間営業縮小から思う「地方創生」の真実
早朝深夜営業における人手不足などによって24時間営業の小売店や外食チェーンなどが減少している。そうした社会情勢と地方のつながりについて考えてみたい。(2017/10/18)

どうやったら「シャドバ」「ハースストーン」のプロになれるのか? 新人プロゲーマーElsaの日常
聞いてきました。(2017/10/22)

「6は45を何回攻撃したら倒せて残りは何人」 “余りの出る割り算”を子どもに理解させるための一言に感心の声
こういう教育を受けたい人生だった。(2017/10/6)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
大低迷にあえぐ東京ヤクルトスワローズは来季の新体制も大ピンチ
球団ワースト記録のシーズン94敗を塗り替えるかどうかの瀬戸際に立つ東京ヤクルトスワローズ。来季に向けたチームの立て直しは、大きく難航しそうな気配が漂い始めている。(2017/9/29)

IHS Industrial IoT Insight(8):
半導体商社こそが国内産業界へのIoT普及を可能にする
今後の製造業の発展に向けて必要不可欠とみられているIoT(モノのインターネット)。本連載では、IoTの現在地を確認するとともに、産業別のIoT活用の方向性を提示していく。今回は、日本国内で動きが見えないIoTサービスの具体化について、半導体商社、エレクトロニクス商社が果たすであろう役割について紹介する。(2017/9/28)

野球を取り巻く環境をITで変化させる:
IoT野球ボール「Technical Pitch」が登場
硬式野球ボール型のIoT製品が登場する。ボールの中に各種センサーを埋め込み、球速や回転数、回転軸、球種、変化量、腕の振りの強さなどを計測できる。玩具用途だけでなく、得られたデータを生かした選手育成やスカウト業務の支援など、スポーツ業界の支援や発展にITを役立てる。(2017/9/27)

CNCFのトップ2人に聞いた:
コンテナストレージの共通仕様にも着手、あらためて、CNCFは何をどうしようとしているのか
CNCFは、クラウドネイティブアプリケーションの世界のデファクト標準を作り上げたいのか、それともコンポーネントベースでCloud Foundryの競合勢力を構築したいのかが、分かりにくい部分がある。そこでCNCFのエグゼクティブディレクターであるダン・コーン氏と、COOであるクリス・アニスジック氏に、あらためて同組織のやろうとしていることを聞いた。(2017/7/24)

東大ラノベ作家の悲劇――ティッシュ配りの面接に行ったら全身入れ墨の人がきて、「前科ついても大丈夫だから」→結果:<前編>
ひと夏のアルバイトから始まる非日常。(2017/7/16)

自動運転技術:
トヨタの人工知能開発子会社が1億ドルのファンド設立、有望なベンチャーに投資
米国で人工知能(AI)などの研究開発を行うトヨタ自動車の子会社Toyota Research Institute(TRI)は、1億米ドル(約113億円)を投じてベンチャーキャピタルファンドを設立する。(2017/7/13)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
今オフ、大谷翔平はメジャーに移籍できるのか
ケガで苦しんでいた日ハムの大谷翔平投手が、戦列復帰した。二刀流の復活も近そうだが、気になることがある。それは、今オフのメジャー移籍が実現するかどうかだ。関係者に話を聞いたところ……。(2017/7/6)

フラッシュ「能力は?」バットマン「“金持ち”だ」 映画「ジャスティス・リーグ」予告編のバットマンがおちゃめ
超人だらけ。(2017/6/27)

「企業ページ」6月下旬に:
「Eight」のSansan、リクルーティング市場に参入
クラウド名刺サービス「Eight」を展開するSansanが、「企業ページ」機能の追加を発表。有料オプションとして人材獲得支援サービスも始め、リクルーティング市場に参入する。(2017/6/22)

同居人と化した皇帝ペンギン ゆるい日常漫画「エンペラーといっしょ」のLINEスタンプがシュールでかわいい
こんなかわいいペンギンと日々を過ごしたい……。(2017/6/6)

「FF7」の衝撃はいかにして生まれたか? 田中圭一、電ファミでゲーム業界の「青春期」描く新連載
80〜90年代に奮闘したゲームクリエイターたちの熱い思い出を描く。(2017/5/31)

AIがネット上の公開データから能力を自動分析 “退職タイミング”も予測:
“AI”がスカウトするエンジニアヘッドハンティングサービス「scouty」が開始
AIを利用した技術者ヘッドハンティングサービス「scouty」のβ版提供が始まった。AIが、SNSやブログなどの情報からその人の技術力を測り、企業に転職候補者を推薦する。転職しそうな時期も予測する。(2017/5/26)

人工知能が必要な人材を探してくれる企業向けAIスカウトサービス「scouty」
scoutyは、ネット上に公開されている各種情報から自社に合った人材を推薦してくれる転職サービス「scouty」のオープンβ版を公開した。(2017/5/25)

あのキャラに花束を:
手品は見せられないけどぱんつは丸見え 「手品先輩」を慈しみたい
絶対失敗をする女子高生手品師、むしろ見たい。(2017/5/13)

好条件の求人を掲載:
「年収400万円以上の20代」限定の転職サイト登場
エン・ジャパンが、高収入の若手ビジネスパーソン向け転職サイト「AMBI(アンビ)」を開設。年収500万円以上の求人案件のみ取り扱う。(2017/4/24)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
だから、中日ドラゴンズは“低迷地獄”から抜け出せない
今年も「弱竜」なのか。プロ野球・中日ドラゴンズの低迷が続いている。かつて日本一2回、リーグ優勝9回も輝いた名門チームは、なぜ4年連続でBクラスに落ち込んでいるのか。(2017/4/21)

GMOペパボが今年も新卒説明会でやらかす 「採用戦隊ペパレンジャー」に就活生あ然、なお悪の親玉は社長
2015年は宝塚歌劇団、2016年はヘヴィメタ、2017年は……?(2017/4/13)

18歳のだーりおだと? 内田理央、デビュー当時のアイドル写真にファン衝撃「別人かと思いました」
金の卵っぷりスゴい。(2017/4/12)

水曜インタビュー劇場(変わらない公演):
売り場を減らしたのに、なぜ崎陽軒のシウマイはバカ売れしているのか
東京や新横浜で新幹線に乗ると、車内でビールを飲みながら「シウマイ」を食べているサラリーマンをよく目にする。崎陽軒の「シウマイ弁当」だ。駅弁市場は縮小しているのに、なぜシウマイ弁当は売れているのか。その理由を、同社の担当者に聞いたところ……。(2017/3/29)

「スケベ」「汚い」「お説教臭い」を払拭 「おっさんレンタル」はなぜ5年間客が途絶えないのか、創業者を取材
「イケてると勘違いしているおっさん」が1時間1000円でレンタルできるサービス。(2017/3/25)

弁護士や外科医が“理由(ワケ)あって”アイドルに 「アイマス」男性版、アニメ化決定
3月15日にニコニコ生放送にて、新規情報を公開予定。(2017/2/13)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
大谷のWBC参加断念の裏に、大人の事情
侍ジャパンが主役を失ってしまった。日本ハムの大谷翔平投手がケガを理由にWBCの参加を辞退した。この決断について、球団関係者はどのように見ているのだろうか。また、米球界の間で怪情報が流れている。どういう情報かというと……。(2017/2/10)

浅野忠信、背中一面の刺青で圧倒的なラスボス感を醸し出す
映画「新宿スワンII」の滝マサキ役を演じるにあたって描かれたもの。(2017/2/5)

キンコン西野氏が火種 「コンテンツ無料化は、作家を殺す」のか? マンガを例に考える
キングコング西野氏が絵本「えんとつ町のプペル」を無料公開し、賛否両論が渦巻いている。「コンテンツの無料化は作家を殺す」との批判もあるが、実際はどうなのか。漫画を例に考える。(2017/1/24)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。