ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「サービスエリア」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「サービスエリア」に関する情報が集まったページです。

京セラコミュニケーションシステム:
「Sigfox」の人口カバー率が90%まで拡大、2019年夏に97%まで拡大する計画
京セラコミュニケーションシステムは、IoT向けネットワーク技術として注目される「Sigfox(シグフォックス)」の国内利用可能エリアが、人口カバー率90%まで拡大したことを発表した。(2018/12/10)

景観損ねず高速通信:
ドコモとAGCが「窓の基地局化」実現 ガラスタイプのアンテナ開発、19年に実用化
NTTドコモとAGCが、電波の送受信ができ、アンテナとして機能するガラス「ガラスアンテナ」を共同開発。景観を損ねることなく通信基地局として機能する点が特徴。2019年上半期から、携帯電話のサービスエリア拡充に取り入れる。(2018/11/7)

楽天キャリア事業への設備投資「計画時より少なくなる」 人口カバー率96%は「前倒しで実現」
急成長のインド携帯キャリアの立役者をCTOに引き抜き、早期のサービス展開を図る考え。(2018/8/6)

5Gの人口カバー率は2023年に20% エリクソンが予測する5G時代のトレンド
商用サービスの開始が迫っている「5G」。トップバッターとして、米国が2018年後半から2019年後半に5Gサービスの開始を予定している。5G時代にはどんなトレンドが起こるのか? エリクソン・ジャパンが説明した。(2018/7/11)

水曜インタビュー劇場(ギネス公演):
48時間で2万7503個も売れた! 「海老名メロンパン」の集客力がスゴい
海老名サービスエリア(下り)で販売している「海老名メロンパン」が、ギネス世界記録に認定された。「48時間以内で最も多く売れた焼きたて菓子パンの数」にチャレンジしたわけだが、舞台裏でどんなことが起きていたのか。そもそもなぜギネスに挑戦したのか。担当者に話を聞いた。(2018/5/16)

地下から電波発信:
ドコモが「マンホール型基地局」開発 その狙いは
NTTドコモが「マンホール型基地局」を開発。景観保護の観点から従来型の基地局を設置できない環境での通信サービス提供を目指す。札幌市内で実証実験も始めており、積雪環境下でもサービスエリアを構築できるとの成果を得たという。(2018/4/11)

インフラ向けがけん引役に:
「シンプル&安価」を貫くSIGFOX、日本でも拡大基調
SIGFOXが、京セラコミュニケーションシステム(KCCS)とネットワークパートナー契約を結び、日本でサービスを開始してから約1年がたった。SIGFOXの日本における人口カバー率は既に50%に達している。【訂正】(2018/3/20)

製造業IoT:
Sigfoxの活用は国内100万回線へ、軽量・低価格・長寿命が開くIoTの可能性
京セラコミュニケーションシステムは2017年2月に国内サービスを開始したLPWAN「Sigfox」の進捗状況について説明。開始当初から2018年3月に目標としていた人口カバー率50%を無事に達成した他、100万回線で利用され、順調に普及が進んでいる様子を示した。(2018/3/19)

自然エネルギー:
洋上風力のコストを削減する基礎工法、設置可能エリア拡大にも期待
日立造船らが日本での洋上風力発電の基礎施工に、欧州で採用されている工法の適用を開始。日本の沿岸地域における発電所の設置可能範囲の拡大や、EPCのコストを削減できるメリットが期待できるという。(2018/3/13)

119番通報と同時にSOS発信できる「Coaido119」、全国で利用可能に
Coaidoは、2月28日に緊急情報を共有し、119番通報と合わせて周囲に助けを求められるアプリ「Coaido119」の利用可能エリアを全国に拡大。併せて「心停止地域救命率マップ<全国版>」を公開した。(2018/2/28)

一部の「iPhone 7」で圏外表示になる問題 Appleが無償修理を行うと発表
モバイルデータ通信のサービスエリア内でも「圏外」と表示されるとのこと。(2018/2/4)

「ガリバー」運営元が提供:
車の“定額乗り換え放題”「NOREL」、全国に拡大
IDOMが、月額制の自動車乗り換え放題サービス「NOREL(ノレル)」の提供エリアを沖縄県以外の46都道府県に拡大すると発表。顧客から要望が多かったためで、19年2月までに売上高10億円、会員数10万人を目指すという。(2018/2/1)

「フレッツ・ADSL」終了でISP各社が対応を検討 サービス終了も
NTT東日本と西日本が「フレッツ光」提供エリアで、2023年に「フレッツ・ADSL」の提供を終了すると発表。これに伴いISP事業者が対応を検討している。(2017/12/1)

NTT東西、ADSLの提供を2023年1月で終了 ISDNも新規申込の受付を停止
フレッツ光の提供エリアが対象。(2017/11/30)

「フレッツ・ADSL」、一部エリア除き2023年に提供終了
NTT東日本と西日本が、FTTHサービス「フレッツ光」提供エリアで、ADSLサービス「フレッツ・ADSL」の提供を2023年に終了する。(2017/11/30)

ポケモンGOの鳥取砂丘イベントがエリア拡大へ 鳥取県東部地域全域でレアなポケモンと出会えるように
他のポイントでも出会えるようになりました。(2017/11/25)

「ルマンドアイス」の販売エリア拡大 北海道と東北で10月2日から取り扱い開始
北海道・東北勢「うおぉぉぉ」。(2017/9/14)

“無人宅配”目指す「ロボネコヤマト」エリア拡大 DeNAとヤマト運輸が実証実験
ヤマト運輸とDeNAの宅配サービス「ロボネコヤマト」の実証実験エリアが拡大。2018年をめどに、自動運転による宅配サービスのテストを予定している。(2017/9/11)

製造業IoT:
5Gの人口カバー率は2022年に15%へ、セルラーLPWAの普及も進む
「エリクソン・モビリティレポート」によれば、2022年には世界の5G加入契約数が5億件を突破し、人口カバー率は15%に達するという。また、同じく2022年には、広域IoTデバイスの70%が何らかのセルラー技術を利用していると予測している。(2017/8/22)

「ルマンドアイス」の販売エリア拡大 7月3日に熊本・大分、7月末に福岡・長崎・佐賀で取扱い開始
九州全域で購入できることに。(2017/6/30)

生鮮品届ける「Amazonフレッシュ」エリア拡大 新宿区や市川市など
野菜や肉、乳製品など生鮮品を購入できる「Amazonフレッシュ」のエリアが拡大。東京都新宿区や千葉県市川市などが加わった。(2017/5/11)

「ルマンドアイス」販売エリア拡大 宮崎県、鹿児島県、沖縄県に
全国展開はよ!(2017/4/13)

製造業IoT:
SIGFOXがもたらす革新、IoT通信料売り切りセンサーなどを展開へ
京セラコミュニケーションシステムは2016年11月に発表した、LPWANの1つである「SIGFOX」の本格展開を開始した。既に東京の約半分、大阪のほぼ全ての人口カバー率を実現しているとし、2020年3月には人口カバー率99%を目指すという。(2017/4/12)

「マリオラン」Android版配信スタート 無料エリア拡大 iOS版もアップデート
「1−4」まで無料で遊べる。(2017/3/23)

京急電鉄が全トンネル区間を携帯電話利用可能エリアに 8月8日から工事を開始
2017年度以降、順次利用できるように。(2016/8/5)

ドコモ、日本百名山の通信可能エリアをマップ化
ドコモが日本百名山の通信エリアマップを7月8日に公開。公開時は33カ所を地図上で確認できる。(2016/7/12)

バッファロー、“全部入り”無線LANルータの高速エリア拡大モデル「WXR-2533DHP2」
バッファローからIEEE802.11ac(4×4)対応無線LANルーターの新モデルが登場。従来製品に比べて高速エリアを約23%拡大したという。(2016/4/28)

熊本地震、KDDI(au)のカバーエリアが復旧
4月26日14時46分に、地震前のカバーエリアと同等まで復旧した。(2016/4/26)

新東名サービスエリアがモチーフのキャラ ドワンゴ×NEXCO中日本「幻想交流」でビジュアル公開
岸田メルさんや渡辺明夫さんがデザイン。(2016/4/9)

注文から1時間以内に配送 Amazon「Prime now」が東京、千葉でエリア拡大
注文から1時間以内に商品を届けるAmazonプライム会員向けサービス「Prime now」の対象エリアが東京都20区、千葉の市川市、浦安市の一部に拡大した。(2016/2/23)

電気料金の新プラン検証シリーズ(2):
関西電力と比べて最大5%安く、大阪ガスが「ガス発電プラン」も
東京ガスに続いて大阪ガスも家庭向けの料金プランを発表して、1月4日から契約申込の受付を開始した。関西電力のサービスエリアを対象に、都市ガスとセットの2年契約で最大5%を割り引く。月間の使用量に応じて4段階の単価を設定した。標準家庭よりも使用量が多い場合に割安になる。(2016/1/5)

注文から1時間以内に配送Amazon「Prime now」、川崎市にエリア拡大
Amazonプライム会員向けの即時配送サービス「Prime now」の配送対象エリアが川崎市高津区、中原区に拡大した。(2015/12/3)

定額フィットネスレッスンサービス「Lespas」 京都・神戸エリアでもサービスを提供
レッスンパスは、加盟スタジオでのフィットネスレッスンが定額で何度でも受講できる「Lespas」のサービス提供エリアを京都・神戸まで拡大します。(2015/11/5)

「ここで飛ばしてOK?」が一目で分かる「ドローン専用飛行支援地図サービス」提供へ
ドローンの禁止エリアや飛行可能エリアをチェックできる「ドローン専用飛行支援地図サービス」をJUIDAやゼンリンらが共同開発。(2015/9/28)

東名高速道路の足柄サービスエリアが「エヴァンゲリオン」とコラボ! 世界最大の初号機立像が出現
7月17日〜12月23日にかけてイベントを実施。(2015/6/24)

電力供給サービス:
東京電力がソフトバンクと全国規模で提携へ、携帯電話サービスとセット販売
小売全面自由化に向けた東京電力の事業展開が加速してきた。携帯電話と組み合わせた新サービスを全国で展開するためにソフトバンクと提携交渉に入り、9月までに基本合意を目指す。一方で首都圏を中心に従来のサービスエリアではNTTドコモやKDDIとも協業を進めて両面作戦を展開する。(2015/5/14)

東京電力、約14万台のスマートメーター分析基盤にOracle Exadata導入
2014年4月から、従来型の電力量計の交換時期にスマートメーター化を推進。2020年には全サービスエリアで約2700万台が稼働する。(2015/5/11)

医療IT最新トピック
「スマホ世代の子育て支援策」 母子手帳を電子化した千葉県柏市で始まる
電子母子手帳サービスを試験導入した千葉県柏市の取り組み、ソニーの電子お薬手帳の試験エリア拡大、従業員の健康管理業務を代行するクラウドサービスなど、医療IT関連の最新トピックを紹介します。(2015/4/8)

「LINE」でタクシー配車「LINE TAXI」、22都道府県に拡大
「LINE TAXI」のサービスエリアが22都道府県に拡大。北海道や東北、関東甲信越、東海、関西、九州などの一部地域で利用できるようになった。(2015/2/25)

「東京お台場FreeWiFi」が利用エリア拡大&新規登録サイトの多言語化を実施
ソフトバンクモバイルと東京臨海ホールディングスは、2月23日から「東京お台場FreeWiFi」の新規登録サイトを多言語化するほか、利用エリア拡大を順次実施する。(2015/2/23)

電子書店「たびのたね」、新たに九州エリアもカバー
エリア拡大を記念して2月15日まで、九州エリアの商品を30%割引にするキャンペーンも実施している。(2015/1/27)

福島県双葉郡川内村のauサービスエリアが拡大――居住区や公共施設、主要県道沿いなど
福島県双葉郡川内村の居住区や公共施設「いわなの郷」をはじめ、県道36号沿いを中心にエリア対策を順次行っていく。(2014/9/24)

コミケ会場に浮かぶ「気球でWi-Fi」 ソフトバンクモバイルが実用化
ソフトバンクモバイルは、車につないだ気球でWi-Fi基地局を高く揚げ、広域のサービスエリアを構築する「車載係留気球Wi-Fiシステム」を開発した。夏コミで初めてサービスを提供する。(2014/8/13)

KDDI、LTE国際ローミングサービスの提供エリアに台湾とベルギーを追加
KDDIと沖縄セルラーは、新たに台湾とベルギーでLTE国際ローミングサービス「グローバルパスポート」の提供を始めた。(2014/7/10)

人口カバー率の算出基準、500メートル四方のメッシュ方式に統一
これまでキャリア各社の独自基準で発表されていた「人口カバー率」や「実人口カバー率」などの算出基準が、業界で統一されることになった。(2014/7/10)

ソフトバンク、「Pocket WiFi 301HW」「Pocket WiFi 203Z」の利用エリア追加――7月上旬から
ソフトバンクモバイルは、モバイルWi-Fiルーター「Pocket WiFi 301HW」「Pocket WiFi 203Z」の利用エリアを7月上旬〜8月上旬以降に追加する。(2014/5/23)

「3Gは終えんする。LTEエリア拡大に注力」――KDDIが2014年3月期決算を発表
「価格訴求でなく、価値訴求で差別化を図る」――KDDIは4月30日、2014年3月期決算を発表。営業収益・利益において2桁成長を達成した同社は、価値訴求で次の戦いを勝ち抜く方針だ。(2014/5/1)

KDDI、LTE国際ローミングサービス「グローバルパスポート」の提供エリアにカナダとスペインを追加
KDDIと沖縄セルラーは、新たにカナダとスペインでLTE国際ローミングサービス「グローバルパスポート」の提供を開始した。(2014/4/25)

radikoがエリアフリー化 全国で好きな放送局が聴ける有料版スタートへ
ネット経由でラジオを同時放送するradiko.jpでサービスエリアを越えて全国どこからでも好きな放送局を楽しめる「プレミアム」サービスが4月1日に始まる。(2014/3/25)

アクティブアンテナで基地局カバーエリアを拡大――ドコモが屋外実験を実施
ドコモがアクティブアンテナを使った基地局で国内初の屋外実験を実施。従来型のアンテナと比べて効率が高く、カバーエリアを約1.7倍広げることが可能になるという。(2014/2/21)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。