ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ターゲティング広告」最新記事一覧

終電を検索したユーザーにタクシーや宿泊施設などの広告を配信:
スマホアプリ版「駅すぱあと」、終電ターゲティング広告を提供開始
ヴァル研究所は、iPhone、Androidアプリ版「駅すぱあと」において、終電検索をしたユーザーを対象に広告配信できる「終電ターゲティング広告」の提供を開始した。(2018/4/11)

宿泊施設などの広告を表示:
「駅すぱあと」、終電検索した人にピンポイントで広告配信 
乗り換え案内をするアプリ「駅すぱあと」を運営するヴァル研究所は4月10日、「駅すぱあと」で終電を検索したユーザーにピンポイントで広告を配信できる「終電ターゲティング広告」の提供を始めた。(2018/4/10)

Facebook、ターゲティング広告サービス「パートナーカテゴリ」終了へ
ユーザー情報の不正流用問題の渦中にあるFacebookが、CCCマーケティングなど外部と協業してユーザーをカテゴリ分けし、ターゲティング広告ツールとして提供している「パートナーカテゴリ」を半年以内に終了すると発表した。(2018/3/29)

「セゾンDMP」に独自セグメントを設定:
オムニバス、クレジットカードの実購買データを活用した不動産業界向けターゲティング広告を提供
オムニバスは、クレディセゾンが保有するクレジットカードの実購買データに基づく不動産特化型の広告パッケージを提供開始した。(2018/3/23)

位置情報ターゲティング広告:
郵便番号や町丁目、鉄道路線駅でターゲティング フリークアウト「ASE Ad」に新メニュー
フリークアウトは、位置情報ターゲティング広告の 「ASE Ad」に、郵便番号や町丁目、鉄道路線駅の単位でターゲティング可能な機能を追加した。(2018/3/5)

特定車種のオーナーに広告配信:
車検データ×居住地で「自動車ターゲティング広告」、ジオロジックが提供開始
ジオロジックは2018年2月6日、車検データを利用した保有自動車ターゲティング広告をマーべリックと共同開発したと発表した。(2018/2/7)

クレカの実購買履歴を活用:
オムニバス、「セゾンDMP」を活用したターゲティング広告を提供
クレディセゾンの100%子会社オムニバスは、クレディセゾンが保有するクレジットカードの実購買データを活用したターゲティング広告の提供を開始した。(2017/11/16)

FacebookのサンドバーグCOO、「ロシアによる干渉を許してしまったことを謝罪する」
ワシントンに滞在中のFacebookのシェリル・サンドバーグCOOがメディアのインタビューで、ロシア政府による虚偽アカウントを使ったターゲティング広告問題について語り、干渉を許してしまったことを謝罪し、システムの改善を約束した。(2017/10/13)

Facebook、「嫌ユダヤ」ターゲティング広告問題対処でポリシーおよび人力監視強化を約束
Facebookのターゲティング広告ツールで「ユダヤ人嫌い」などのキーワードを設定できてしまった問題について、自らもユダヤ人であるシェリル・サンドバーグCOOが改善の取り組みについて説明した。(2017/9/21)

子会社がモバイル広告事業に参入:
西日本新聞社、米ジオターゲティング広告企業に資本参加
西日本新聞社は、米Chalk Digitalに資本参加すると発表した。併せて、同社子会社がChalk Digitalと業務提携を行い、モバイル広告配信事業に参入する。(2017/7/12)

動来店誘導から館内行動解析まで:
東急エージェンシー、商業施設向けにジオターゲティング広告連動O2Oソリューションを提供
東急エージェンシーは、商業施設向けの顧客行動解析型O2Oソリューション「Activation Manager」にジオターゲティング広告連携機能を強化し、販売を開始した。(2017/7/11)

「カテゴリー配信」「ペルソナ配信」を追加:
イベントコンテンツ参加者のオーディエンスデータを活用したターゲティング広告「REALAD」に新メニュー
SnSnapは、イベントを起点としたターゲティング広告「REALAD」に新たな広告メニュー「カテゴリー配信」と「ペルソナ配信」の提供を開始した。 (2017/7/7)

AIで感情を分析:
博報堂と日本マイクロソフトが協業、顔認識で広告を出し分けるデジタルサイネージシステムを開発
博報堂と博報堂アイ・スタジオ、日本マイクロソフトは連携し、顔の特徴や感情に合わせて商品やサービスの広告を出しわけるアウトドアメディア&ターゲティング広告配信システム「Face Targeting AD」を開発したと発表した。(2017/3/10)

米国実績ではコンバージョン率5倍:
市場調査とアドテクの長所を融合、「Kantar グロースターゲティング」の提供を開始
カンター・ジャパンは、ターゲティング付加価値ソリューション「Kantar グロースターゲティング」の提供を開始する。ブランドやカテゴリーの中から消費が増える成長セグメントを特定、幅広いリーチでターゲティング広告の配信ができる。(2016/9/15)

配信量を確保しつつ精度の高いターゲティングを実現:
CCIがビデオリサーチの「SiteGraphics」を導入
サイバー・コミュニケーションズは、ビデオリサーチが提供する「SiteGraphics」の取り扱いを開始し、より多彩なオーディエンスセグメントを利用したターゲティング広告配信サービスを提供すると発表した。(2016/9/13)

Twitter、絵文字ツイートのターゲティング広告を開始
Twitterが絵文字ターゲティング広告サービスを発表した。例えばピザやビールの絵文字をツイートすると、タイムラインに関連するプロモツイートが表示されるようになりそうだ。(2016/6/16)

Facebook、ユーザー以外にも外部でのインタレストベース広告表示を開始
Facebook以外のWebサイトやアプリでの「いいね!」やクッキーに基づくターゲティング広告が、非Facebookユーザーにも表示されるようになった。(2016/5/29)

企業と求職顕在層をマッチング:
マイクロアド、人材採用特化型ターゲティング広告サービスを提供開始
マイクロアドは、採用活動を行う企業向けに、採用特化型ターゲティング広告サービス「BLADE Hunt」の提供を開始すると発表した。(2016/3/31)

スマートフォンユーザーの行動からライフスタイルや興味を推定:
ジオロジック、リアル行動ターゲティング広告「GeoLogic Ad」を提供開始
ジオロジックは2016年2月19日、スマートフォンユーザーの現実世界の行動からライフスタイルや興味などを推定する、リアル行動ターゲティング広告「GeoLogic Ad」の提供を開始した。(2016/2/22)

Google、検索、YouTube、Gmail横断のターゲティング広告「Customer Match」始動 新モバイル広告ツールも
Googleが、Google検索、YouTube、Gmailを横断して表示できるAdWordsのターゲティング広告サービス「Customer Match」と、アプリ開発者向けの、やはりサービス横断広告掲載ツール「Universal App Campaigns」を発表した。(2015/9/29)

Facebook、外部サイトの「いいね!」ボタンも広告ターゲティングに活用へ
Facebookが、外部サイト上の「いいね!」や「シェア」ボタンもFacebookとInstagramで表示する広告のターゲティングに利用すると発表した。初期設定で「オン」になっているターゲティング広告(インタレストベース広告)はFacebookの設定ページで無効化できる。(2015/9/18)

Facebook、サードパーティーアプリにも自動再生動画広告
Facebookがモバイルアプリ向け広告ネットワーク「Audience Network」に、自動再生動画広告やカルーセル広告、ユーザーのFacebook以外でのアクティビティも反映させたターゲティング広告などのフォーマットを追加した。(2015/8/12)

Twitter、誕生日を登録するとバルーンのアニメでお祝いする新機能
Twitterのプロフィールにオプションで生年月日を入力する欄が追加された。入力しておくと、誕生日当日にプロフィールページを風船が飛ぶアニメで祝ってくれる(生年月日のデータはターゲティング広告に活用される)。(2015/7/7)

イラッとする広告バナーが便利なメモ帳に ターゲティング広告の仕組みを逆手に取った、ポストイットのプロモーションがお見事!
天才か!(2015/6/10)

もうCookieに頼らない:
DSPのBypass、スマートフォン向けターゲティング広告配信を強化
ユナイテッドは2015年6月4日、同社が提供するけスマートフォン向けDSP「Bypass」を活用したスマートフォンアプリプロモーションサービス「Bypass App Promotion」の提供を開始した。(2015/6/4)

Twitter、顧客情報企業のビッグデータに基づくターゲティング広告機能「partner audiences」
Twitterが、提携する顧客情報企業のデータを使うターゲティング広告「partner audiences」を発表した。例えば「過去にコンビニやスーパーでピーナツバターキャンディを購入した人」などで絞り込んだオーディエンスにプロモツイートを表示できる。(2015/3/6)

EC業界予測:
プログラマティックバイイングがネイティブ広告の急成長を促進、Criteo予測
ターゲティング広告プラットフォームを提供するCriteoは1月29日、2015年におけるEC業界予測を公開した。(2015/1/30)

単価が高まる”ルール”を発見:
JALの「ターゲティング広告」を成功に導いたビッグデータ分析とは?
Web上で航空券の購入を検討しているユーザーのアクセスログを分析し、サービスの質と利益の向上に成功したJAL。IBMの年次カンファレンス「IBM Insight 2014」でその事例とデータ分析への思いを来場者に伝えていた。(2014/10/28)

Facebook、位置ターゲティング広告「Local Awareness」
「Local Awareness」は、「いいね!」していなくても広告主の店舗の近くに行くと自動的にニュースフィードにその店舗の広告が表示される位置情報によるターゲティング広告だ。(2014/10/8)

【連載】インサイトをめぐる冒険:
第4回 潜在興味が照らし出す専門メディアの新たな価値
潜在興味を言語化できる武器「Topic Model」を手に入れたことで、消費者の「潜在インサイト」を的確に刺激する高精度なターゲティング広告の展開が可能となりました。実は、その広告を展開する専門メディア側の価値を高めるのにも、潜在興味は大きな力を発揮します。いったい、どのような価値を与えるのでしょうか? 今回は、一転して、専門メディア側から見て、「潜在興味がどのようなメディアの価値に影響するのか」についてお話したいと思います。(2014/9/2)

Facebook、ターゲティング広告でユーザーの外部サイトでの履歴も参照へ
Webブラウザとアプリの履歴がFacebookのターゲティング広告に反映されるようになることに合わせ、Facebookはユーザーが広告表示をコントロールするためのツールを改善する。(2014/6/13)

Facebook、モバイル広告ネットワーク「Audience Network」を発表
ユーザーがFacebook以外のモバイルアプリを使っているときに、Facebookでのアクティビティに基づくターゲティング広告が表示されるようになる。(2014/5/1)

Facebook、独自のモバイル広告ネットワークのテストを開始
Facebookが、独自のモバイル広告ネットワークを通じてサードパーティーアプリ内にターゲティング広告を表示するテストを開始した。(2014/1/23)

Twitter、メールアドレスやユーザーIDベースのターゲティング広告を発表
Twitterの広告主は、ユーザーIDの公開情報で「ファッションに詳しくて多数のフォロワーがいるユーザー」などに絞り込んでプロモツイートを表示できるようになる。(2014/1/15)

1スワイプ1セントのモバイルロックスクリーン広告「Locket」登場
「Locket」は、Android端末にインストールするとロックスクリーンにターゲティング広告が表示されるようになり、広告の関連ページを開いても、無視してロックを解除しても1回1セント加算され10ドル以上たまると換金できるモバイル広告アプリだ。(2013/7/22)

Twitter、クッキーベースのターゲティング広告を米国で開始
米国の広告主企業は、自社に登録されている顧客のメールアドレス(暗号化されたもの)やWebサイトのクッキーIDをTwitterと共有することで、顧客のタイムラインにターゲティング広告を表示できる。(2013/7/4)

Apple、iOS開発者向け広告ツール「iAd Workbench」公開
Appleが、iOS開発者向けiTunes Connect内に、ターゲティング広告設定ツール「iAd Workbench」を追加した。(2013/6/14)

Microsoft、Outlook.comで“タイル状広告”「versaTiles」表示へ
Microsoftが、オンラインメールサービス「Outlook.com」にタイル状に表示するインタラクティブなターゲティング広告「versaTiles」を日本でも提供すると発表した。(2013/4/25)

Twitter、ツイート内キーワードに基づくターゲティング広告を開始
Twitterが、ツイート内のキーワードでターゲティングしたプロモツイートを表示する広告主向けサービスの提供を開始した。(2013/4/18)

音声認識のNuance、モバイル向け“会話広告”を発表
米Nuanceは、音声認識を利用したモバイル向けターゲティング広告プラットフォーム「Voice Ads」を発表した。(2013/4/3)

マウスの動きが分かる:
「成果報酬型」リターゲティング広告の展開を開始、リンクシェア・ジャパン
リンクシェア・ジャパンは2月25日、リターゲティング広告サービス「MediaForge」を日本で展開開始すると発表した。(2013/2/25)

Apple、iOS 6.1をリリース Apple TVはBluetoothキーボードに対応
AppleがiOS 6とApple TVをアップデートした。iOS 6.1にはターゲティング広告用識別子をリセットするボタンが追加された他、脆弱性の修正が行われた。Apple TVは、Bluetoothキーボードを接続できるようになった。(2013/1/29)

KDDI、スマホ向けターゲティング広告を12月に開始 「プライバシーに配慮」
KDDIとmedibaは、年齢層や性別などユーザー属性に基づいて配信する「統計パターン推奨型広告」と、過去の広告閲覧状況に基づく「閲覧パターン推奨型広告」を12月上旬からスタートする。(2012/10/29)

Facebook、新ターゲティング広告の効果と安全性を説明
Facebookが「Facebook Exchange」と米マーケティング企業Datalogixとの提携による新マーケティングツールについて、その効果と安全性の両面を広告主とユーザーに説明した。(2012/10/2)

Facebook、ターゲティング広告サービス「Facebook Exchange」を一般公開
広告主は「Facebook Exchange」を利用することで、自分のWebサイトを訪問したユーザーのcookie情報に基づく広告を、そのユーザーのFacebook上に表示できるようになる。(2012/9/14)

オルタナブログはどうだった?(8/2〜8/8):
リタゲで浮気調査
他人のリターゲティング広告を見れば、その人がどんなWebサイトを見て、どんなことに興味を持っているかがなんとなく分かってしまう。それって、ちょっと怖くない?(2012/8/10)

海外モバイルニュースピックアップ:
iPadがあんなものや、こんなものに――驚きの改造iPadたち
海外のモバイル系ニュースを短信でお伝えします。今日のトピックは、改造iPad、電話口の環境音を利用したターゲティング広告、iPad/iPod touch導入で成績がアップした英Essa Academyなど。(2012/3/22)

検索ユーザーの65%がパーソナライズ化は悪と回答――Pew Internet調べ
検索エンジンがユーザーデータを追跡し、検索結果やターゲティング広告に反映させることについて、ユーザーの6割以上が「良くない事」だと答えた。(2012/3/12)

Google、プライバシーポリシーと利用規約を更新へ データの横断収集でターゲティングを強化
GmailやGoogle検索、Googleマップなどでのユーザー情報を1つにまとめることで、ターゲティング広告の関連性を高め、パーソナライズしたコンテンツを提供できるとしている。(2012/1/25)

米Yahoo!、ターゲティング広告のInterclickを2億7000万ドルで買収
売却のうわさもある米Yahoo!が、広告事業のてこ入れを目的にデジタル広告企業のInterclickを買収する。(2011/11/2)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。