ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「タイガー魔法瓶」最新記事一覧

高級炊飯器のスゴワザとどまるところ知らず
コメの甘みやうまみを最大限に引き出すことを追求した高級炊飯器のリニューアルが相次いでいる。食事にこだわるシニア層や中国人を中心とした訪日客の需要が高まっていることが背景にある。(2016/9/21)

これはすごい! 健康に役立つキッチンアイテム
調理家電や食器など、キッチンで活躍するアイテムのうち、健康に役立つものをご紹介します。(2016/7/27)

UD商品戦略が支える三菱の“大人家電”
三菱電機のWebサイトに、新コンテンツ「三菱“大人”家電」がある。シニア向けの家電の提案ということでは、ターゲットをほぼ同じに設定しているパナソニックの「Jコンセプト」のシリーズと似ている。だが決定的な違いがある。それは……。(2015/9/9)

タイガー、2種類のドリップが楽しめる1杯抽出用コーヒーメーカー
タイガー魔法瓶が、2種類のドリップを選べる1杯抽出型のコーヒーメーカー「ACV-A100」を発表した。(2015/9/3)

お弁当にプラス! タイガーがステンレス製スープ容器をフルモデルチェンジ
タイガー魔法瓶は、ランチ用の携帯型スープ容器をフルモデルチェンジ。「MCL-A」型3サイズを9月上旬に発売する。(2015/7/21)

保温時消費電力0.0ワットを実現した蒸気レス電気まほうびん「とく子さん」
タイガー魔法瓶は、蒸気レスVEまほうびん「とく子さん」の新製品2機種3モデルを発売する。上位機で「まほうびん保温」コースに設定すると、各所の消費電力をカットして待機時消費電力0.0ワットを実現する。(2015/7/21)

ラインアップ一新!:
タイガー、IH炊飯ジャー「炊きたて」5モデル計10機種発表――土鍋圧力IH炊飯ジャー「JKX-V101」など
タイガー魔法瓶は6月2日、IH炊飯ジャー「炊きたて」の新モデルとして、5モデル計10機種を発表した。発売は6月21日からで、価格はいずれもオープン。予想実売価格は2万円前後(税別)から。(2015/6/3)

「麦めし」メニューを搭載:
タイガー、最上位モデルの土鍋圧力IH炊飯ジャー「JPX-A1」登場――遠赤効果24%増の”遠赤大土かまど”を採用
タイガー魔法瓶は、「GRAND X」ブランドから、土鍋圧力IH炊飯ジャー「JPX-A1」型2機種を6月21日に発売する。価格はオープン、市場想定価格は12万円前後(税別)から。(2015/5/20)

マグカップに直接ドリップすることもできるコーヒーメーカー、タイガーから
タイガー魔法瓶は、マグカップに直接ドリップすることもできるコーヒーメーカー「ACC-S060」を8月下旬に発売する。近年増加している一杯抽出タイプのコーヒーメーカーを意識したもの。(2014/8/12)

泡ミルクでさまざまなコーヒーを楽しめる――タイガー魔法瓶、コーヒーメーカー「ACY-A040」を11月発売
作るのが難しい「泡ミルク」機能を搭載したコーヒーメーカーがタイガー魔法瓶から発売に。魔法瓶メーカーなので、サーバーはもちろん保温バッチリの魔法瓶構造です。(2012/10/16)

熱々のカプチーノやカフェラテを自宅で:
泡ミルクも作れるコーヒーメーカー、タイガー魔法瓶
タイガー魔法瓶は、ふわふわの「泡ミルク」も作れるコーヒーメーカー「ACY-A040」を11月に発売する。価格は1万9950円。(2012/10/16)

ごはんとおかずが同時に作れる!――タイガー、炊飯ジャー「炊きたて」シリーズに新モデル「tacook(タクック)」を2月発売
炊飯ジャーでおかずを作るテクニックが紹介されることはありますが、ごはんとおかずを同時に作る、というのは初めてかも。「tacook」は、「炊く」と「クック」を組み合わせたネーミングだそうです。(2012/2/17)

タイガー、ステンレスミニボトル4種類を2月発売
保冷・保温両方OKの「サハラマグ」シリーズ2種類と、スポーツに便利な保冷専用「サハラクール」シリーズ2種類がそれぞれ発売となる。(2012/2/17)

料理をパパっと手軽に――タイガー魔法瓶、ミキサー・ブレンダーなど調理器具3種類を発売
料理の下ごしらえで時間がかかる「まぜる」「こねる」「刻む」などの作業を簡単にできる調理器具3種類が、タイガー魔法瓶から発売される。(2012/1/25)

タイガー魔法瓶、IH炊飯器2機種と小型グリル鍋を発売
ひとり暮らしや少人数の家族にありがたい3合炊きのIH炊飯器2種類と、手軽に鍋料理が楽しめるグリル鍋が、タイガーから発売される。(2011/12/26)

売れるのには理由がある:
省エネナンバーワン製品を巡る熾烈な開発競争に勝利せよ。タイガー魔法瓶の電気ポット「とく子さん」
親しみやすく分かりやすいネーミングの電気ポット「とく子さん」。だが、マイルドな名称からは想像できないような、省エネナンバーワン製品の名を巡った、しのぎを削るような開発競争があったという。電気ポット開発の裏で技術者は何を思ったのか。(2011/11/28)

タイガー、小型加湿器2モデルを9月発売
タイガーから、小型ながら加湿能力300ml/hを発揮する加湿器「ATC-A300」と、より小型でパーソナル向けとなる「ATD-A080」の2機種が発売される。(2011/9/20)

秋の味覚をテーブルで簡単調理――タイガー魔法瓶、卓上調理機器2種類を9月発売
タイガー魔法瓶は、テーブルで楽しく料理ができるマイコンテーブルクッカー「CQC-A」、まほうなべ「nicomo」をそれぞれ9月に発売する。(2011/9/9)

タイガー、電気ポット&保温弁当箱&加湿器を8月下旬に発売
タイガー魔法瓶は、蒸気が出ない電気ポット「蒸気レスとく子さん」と「まほうびん弁当箱」、ポータブル型加湿器「マイミスト」をそれぞれ8月下旬に発売する。(2011/8/26)

タイガー魔法瓶、電気ケトル「PCD-A」シリーズを8月下旬発売
ひとり暮らしやふたり家族には便利で経済的な電気ケトル。一杯分をわず65秒で沸かせるタイガー魔法瓶の新製品「PCD-A」シリーズが8月下旬に発売される。(2011/8/11)

ふたをプッシュ、片手で飲める男性向けステンレスミニボトル
タイガー魔法瓶は、ステンレスミニボトル「サハラマグ」で、使いやすさにこだわった男性向け製品「MMQ-R型」を2月上旬に発売する。価格は4725円〜5250円。(2011/1/26)

ステンレス製魔法瓶でいつまでも温かいコーヒーメーカー
タイガー魔法瓶は、「ステンレス製まほうびん」サーバーを搭載したコーヒーメーカー「ACU-A型」を発売した。価格は1万500円。(2010/9/3)

リビングキッチン向けのデザインを意識したオーブントースター
タイガー魔法瓶は、デザインと使い勝手の良さを追求したオーブントースター「やきたて」を8月21日に発売する。価格は、KAE-Aが1万2600円、KAE-Bが1万500円。(2010/8/11)

タイガー、5つのセンサーで火力を調節する炊飯器「土鍋釜・黒」発売
土鍋釜と5つのセンサーで季節を問わずふっくらしたごはんを実現。(2008/9/3)

天然石プレート搭載:
タイガー、土鍋IH炊飯ジャーに「黒」を追加
タイガー魔法瓶は、本物の土鍋と同じ構造を持つIH炊飯ジャー“炊きたて”「土鍋釜」の新製品として「土鍋釜・黒」(JKF-S型)を発表した。遠赤外線効果を高める黒色釉薬を採用。(2007/8/24)

「とく子さん」、「プレミア」に進化
タイガー魔法瓶は電気魔法瓶“とく子さん PREMIER”「PVS-G300」を発売する。保温性能をさらに高めた「省エネ 業界No1」だ。(2007/8/9)

タイガー、炊き分けメニュー充実のIHジャー「炊きたて」
タイガー魔法瓶は、IH炊飯ジャー「炊きたて」の新製品として「炊き分け」メニューの充実を図った「JKC-W」シリーズおよび「JKC-J」シリーズを7月21日に発売する。(2007/7/20)

省エネ業界No1の電気魔法瓶「とく子さん」
タイガー魔法瓶は8月16日、電気魔法瓶「とく子さん」の新製品を発売する。保温効果を高めたことで「省エネ 業界No1」(同社)を実現。(2006/8/16)

火を使わないIH炊飯ジャーで土鍋の味、タイガー魔法瓶
タイガー魔法瓶は炊飯ジャーの内なべに土鍋を採用したIH炊飯ジャー“炊きたて”「JKF-A」「JKF-B」を9月より販売する。はじめチョロチョロなかパッパ、土鍋で炊きあげた味わいのご飯が気軽に。(2006/6/8)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。