ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  U

  • 関連の記事

「UMB(Ultra Mobile Broadband)」最新記事一覧

バッファロー、ノック収納コネクタ採用のUSB 3.1 Gen.1対応USBメモリ
バッファローは、格納式コネクタを採用したUSB 3.1 Gen.1対応USBメモリ「RUF3-HKS」シリーズを発表した。(2016/6/8)

古田雄介のアキバPickUp!:
厚み21ミリの超薄CPUクーラー「AK-CC7129EP01」がアキバで話題に
CPUクーラーはファン付きで厚さ30ミリを切ると超スリムといわれるが、21ミリモデルが出たことで新たな領域に達した。で、どの程度まで冷やせるの?(2013/11/5)

Euromold現地リポート(2):
3Dプリンタから3Dスキャナ、3Dマウスまで――立体造形ツールの注目展示をチェック
「Euromold」で展示されていた最新技術や製品を林信行氏がピックアップ。3Dプリンタをはじめとする「立体造形技術のこれから」を展望しよう。(2012/12/14)

だって、こっちのほうが面白いんだもん:
ARMを載せたAndroidで“DOSゲーム”が復活する!
Androidスマートフォンといっても、CPUの動作クロックは1GHz、解像度も800×480ドットと、DOS時代の最上位PCに負けていない。でも、ARMでDOSゲームが動くのか?(2011/8/20)

次世代の無線技術、LTEの仕組みが分かる(1):
サービス開始まで1年に迫ったLTEって何?
次世代無線技術のLTEの仕組みを紹介する。NTTドコモ、イー・モバイル、ソフトバンクモバイル、KDDIの来年の無線技術はどうなる?(2009/10/21)

ペンギンのイラスト付きLinuxクレジットカード登場
Linux Foundationの提携クレジットカードを持つと、同団体の活動に寄付することができる。(2009/7/30)

Ericsson Business Innovation Forum 2009:
「PDC」の失敗から“世界標準”の重要性を学んだ日本――Ericsson エワルドソン氏
WiMAXやLTEといった新技術や、iPhoneやAndroidケータイなどの革新的な端末への注目が集まっている。しかし業界全体では、市場からの撤退や統合など、再編の動きも絶えない。次世代通信を巡る市場環境について、業界最大のEricssonに話を聞いた。(2009/7/10)

ワイヤレス・テクノロジー・パーク2009:
KDDI、LTE導入までの取り組みを解説――2010年後半導入の「マルチキャリアRev.A」は“下り9Mbps”
パシフィコ横浜で開催された「ワイヤレス・テクノロジー・パーク2009」で、KDDIコンシューマ技術統括本部の湯本敏彦氏が講演を行い、マルチキャリアRev.Aによる現行システムの高速化とLTE導入までの課題について解説した。(2009/5/14)

3.9G、最大4事業者への周波数割り当てが確定
総務省は3月11日、「3.9世代移動通信システムの導入のための特定基地局の開設に関する指針案」などについて電波監理審議会に諮問した結果、同指針案を適当とする答申を受けたことを明らかにした。3.9G用の周波数は、最大で4つの事業者に割り当てられることが決まった。(2009/3/12)

Mobile World Congress 2009:
HSPA+とLTEは並行して導入される――Ericsson、モバイルブロードバンドの動向を予測
スウェーデンの大手通信機器ベンダー・Ericssonは、2008年から普及し始めた“モバイルブロードバンド”のさらなる成長を予測する。そんなモバイルブロードバンドのカギを握る「HSPA+」や「LTE」はどのような流れで導入されるのだろうか。(2009/2/26)

3.9G導入用周波数、1.5GHz帯と1.7GHz帯を最大4事業者に割り当ての方針──総務省
総務省は1月23日、「3.9世代移動通信システムの導入のための特定基地局の開設に関する指針案等」を発表、LTEなどの3.9G通信システムを導入するため、1.5GHz帯と1.7GHz帯の周波数の10MHzもしくは15MHzを最大4事業者に割り当てる方針を示した。(2009/1/26)

出そろった3Gデータ通信をフル活用
スマートフォンそれともUMPC? 3Gデータ通信を生かす環境選び
各携帯キャリアが提供する3Gデータ通信は、ノートPCのみならず、スマートフォンやUMPCを利用する上で必須のサービスとなりつつある。それぞれの端末の特性を見極め、最大限に活用していこう。(2009/1/22)

WiMAXは3.9Gを補完する存在――Ericsson、LTEの優位性をアピール
GSMからW-CDMA、HSPA、LTEへとつながる通信インフラを支える機器ベンダーとして知られるEricsson。同社が推進する通信技術は、競合に比べてどんな優位性があり、どんなサービスの可能性が広がっているのか。標準化担当副社長のエクウッデン氏とLTE RAN製品設計部門担当副社長のノードマーク氏に聞いた。(2008/11/14)

モバイルブロードバンドの本命はLTE――Ericssonのノードマーク氏
LTEは、ドコモ、ソフトバンクモバイル、イー・モバイルに続いて、KDDIも採用を表明した3.9Gの高速通信規格。LTEソリューションを手がけるEricssonのノードマーク氏に世界市場の動向と標準化のロードマップを聞いた。(2008/11/12)

KDDI、LTEの採用を正式発表――1.5GHz帯の獲得に意欲
11月7日、総務省が開催した3.9Gシステムの導入に関する公開ヒアリングの席上で、KDDI 副社長の伊藤泰彦氏がLTE採用を正式に発表した。(2008/11/7)

アナリストの視点:
世帯から個人へ、ブロードバンドサービスは次の成長期に
ついにDSLをFTTHが上回った。矢野経済研究所のアナリストが、立ち上がりつつあるワイヤレスブロードバンドの影響、そして今後のブローバンドサービスについてコンシューマー市場の動向を中心に展望する。(2008/10/6)

ワイヤレスジャパン2008:
激変するモバイル市場、ケータイキャリアが進む方向は
ワイヤレスジャパン2008の2日目、「モバイル通信サービス事業の将来ビジョン」と題した基調講演にケータイキャリアのキーパーソンが勢揃いし、それぞれの立場から今後の取り組みについて説明した。ドコモとKDDIは“エージェント機能”に注目。ウィルコムは次世代PHSへの取り組み、ソフトバンクモバイルはiPhone 3Gの分析が話題に上った。(2008/7/24)

日本でのCDMAサービス、開始から10周年
クアルコムジャパンは7月14日、日本国内でのCDMAサービスが開始から10周年を迎えたと発表した。(2008/7/14)

クアルコムジャパン、社長の山田純氏が会長に──新社長は元京セラの真野毅氏
クアルコムジャパンは6月19日、代表取締役社長の山田純氏が代表取締役会長に昇格し、真野毅氏を代表取締役社長に任命する人事を発表した。(2008/6/19)

3Gの発展はまだまだ続く──HSPA+、DO Advancedを提供するクアルコム
LTEやUMBといった、広い帯域とOFDMAを活用して高速なデータ通信を可能にするモバイルブロードバンド技術の標準化が進む一方で、既存の3Gネットワークをいかに効率化し高速化していくか、という研究も進んでいる。(2008/5/30)

“ウィルコムのWiMAX”とモバイルWiMAXの違い
先日、ある通信事業者幹部と話していたときに、会話の中で“ウィルコムのWiMAX”という表現が出てきた。それは単なる言い間違いではなく、非常に示唆に富んだ表現だ。次世代高速無線通信の行方を占う上でも、興味深い発言といえる。(2008/4/30)

4月19日〜4月25日:
5分で分かる先週のモバイル事情
NTTドコモとKDDIが2008年3月期決算を発表。ドコモは減収増益、KDDIは増収増益となった。日本通信はドコモ網を利用したスマートフォン向けIP電話サービスを2008年度第2四半期に開始すると発表した。(2008/4/28)

「auらしさ、失われていた」と小野寺社長 KDDI好決算、課題は
5期連続の増収増益となる好決算を発表したKDDIだが、「auらしさが失われていた部分がある」と小野寺社長は課題を語る。(2008/4/24)

KDDIの小野寺氏、LTEの導入検討は「マーケットを見れば、お分かりいただける」
KDDIの小野寺正社長が決算発表の席で、3.9Gへの採用を検討している通信方式について言及。採用を検討していると報じられたLTEも、Ultra Mobile Broadbandも技術的な差異はないとし、市場を見ながら決めるとした。(2008/4/24)

Ericsson、LTE端末によるデモを国内初公開
Ericssonは、LTE端末による通信デモンストレーションを国内報道陣に公開した。4月1日に発表されたモバイルプラットフォーム「M700」を利用したもので、HD動画をスムーズにストリーミング配信していた。(2008/4/18)

3.9G携帯の導入へ向け、技術的条件などの検討を開始──総務省
総務省は4月10日、第3世代移動通信システム(3G携帯)を高度化した第3.9世代移動通信システムの導入をにらみ、「第3世代移動通信システム(IMT-2000)の高度化のための技術的方策」に関する審議を開始した。(2008/4/10)

3月29日〜4月4日:
5分で分かる今週のモバイル事情
ツーカーが15年の歴史に幕を下ろした翌日、KDDIが次世代通信の方式としてLTEの採用を検討しているというニュースが流れた。インテルはモバイル機器向けプラットフォームの「Centrino Atom」を発表。ウィルコムの喜久川社長は「世界最速のタイミングでAtom搭載機を出す」と意気込んだ。(2008/4/4)

Mobile World Congress 2008:
クアルコム、LTE+EV-DO Rev.B+UWB対応チップセット「MDM9000」シリーズ発表
クアルコムは次世代通信規格をサポートするチップセット「MDM9000」シリーズを発表。2009年第2四半期の出荷を予定する。(2008/2/11)

Mobile Weekly Top10:
2GHz帯の周波数をめぐるある“うわさ”
2.5GHz帯を利用するワイヤレスブロードバンド用の周波数は、晴れてワイヤレスブロードバンド企画とウィルコムに割り当てが決まった。一方、ソフトバンクが盛んにウィルコムに「行ってはどうか」と発言していた2GHz帯も、技術的条件の審議が始まった。(2007/12/26)

「携帯端末向けマルチメディア放送サービス等の在り方に関する懇談会」第6回会合:
携帯キャリアと有識者が考える“携帯向けマルチメディア放送サービスの在り方”
総務省は12月20日、「携帯端末向けマルチメディア放送サービス等の在り方に関する懇談会」の第6回会合を開催し、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイルと、ビジネス分野の有識者から意見を聞いた。(2007/12/21)

石川温が聞く:
次世代PHSは10年越しの夢、なんとしても実現させたい──ウィルコム 近副社長
オープンワイヤレスネットワーク陣営からは「2GHz帯へ行ったらどうか」などとも言われているウィルコムだが、ワイヤレスブロードバンドやMVNOへの取り組みは他陣営に負けないと自負する。近義起副社長にその熱い思いを聞いた。(2007/12/4)

Verizon、LTEによる次世代モバイルネットワーク構築へ
VerizonとVodafoneは、LTE規格に基づく次世代モバイルネットワークの試験運用を2008年に実施する計画だ。(2007/11/30)

「モバイルビジネス研究会」第10回会合:
販売奨励金分離、SIMロック解除、MVNO推進──最終報告書案を提示
総務省は9月18日、モバイルビジネスのあり方を議論する「モバイルビジネス研究会」の第10回会合を開催。最終回となる今回は、最終報告書案の内容確認を行ったほか、MVNOが活性化することによる経済効果の試算が提示された。(2007/9/19)

WiMAXにも対応? KDDIの企業向け新端末のコンセプト
KDDIの小野寺社長は、複数の次世代無線サービスに対応した企業向け新端末のコンセプトを発表した。(2007/7/18)

ワイヤレスジャパン2007 キーパーソンインタビュー:
モバイルにおけるブロードバンド化は始まったばかり──クアルコム ジャパン 山田純氏
au端末向けのチップセットを始め、さまざまな端末メーカーに技術を提供しているQUALCOMMの日本法人がクアルコム ジャパンだ。携帯向け放送のMediaFLOの展開も注目を集める同社社長の山田純氏に話を聞いた。(2007/7/3)

間近に迫るモバイルブロードバンド時代:
WiMAXは4G携帯の本命か?
Mobile WiMAXに対する注目が高まっている。例えば、Sprint Nextel社は、Intel社、Samsung Electronics社、Motorola社と提携し、米国内のモバイルブロードバンドの展開において同技術の利用を推進していくとの方針を打ち出している。このMobile WiMAXが4G携帯電話の実体となるのだろうか。(2007/7/1)

ワイヤレスジャパン2007:
4Gに向かうモバイル業界、キャリアのトップがビジョンを示す──ワイヤレスジャパン2007
7月18日から3日間にわたり、東京ビッグサイトで開催される「ワイヤレスジャパン2007」。基調講演では4キャリアの社長が将来のビジョンを示し、モバイル業界で注目の技術をキーパーソンが解説する。(2007/6/29)

BREW 2007 Conference:
有線接続に迫る“ケータイブロードバンド”──「UMB」で下り最大40Mbpsを体験
米QUALCOMMが、次世代の通信技術「UMB」のデモを実施した。UMBは20MHz幅帯域を利用すれば、データ転送速度が下り最大288Mbps、上り最大75Mbpsにもなる高速通信規格だ。(2007/6/27)

6月16日〜6月22日:
5分で分かる、今週のモバイル事情
今週は、総務省の2.5GHz帯の割当方針案に対し“2.5GHz帯でWiMAX”の展開を狙う各キャリアの動きが活発化。異なるキャリアが共同戦線を張って事業免許取得を狙う動きも見られた。(2007/6/22)

BREW 2007 Conference:
EV-DO Rev.Aを3倍高速化──EV-DO Rev.B対応「MSM7850」デモ
米QUALCOMMは現地時間の6月20日、EV-DO Rev.Aの高速化規格「EV-DO Rev.B」と、さらにその先の次世代通信技術「UMB」の技術デモを実施。Rev.Bのデモでは下り最大8.7Mbps/上り最大4.3Mbpsでの通信を披露した。(2007/6/22)

QUALCOMM、UMB対応製品2種を発表
2007年前半の仕様完成を目指すUMB対応製品2種を、QUALCOMMが発表した。(2007/3/28)

ソフトバンクモバイルの2007年:
「2.5GHz帯を全力で取りに行く」──ソフトバンクモバイル松本副社長
次世代の携帯電話ネットワークを構築するためには、周波数がいる──。ソフトバンクモバイルの松本副社長は、同社がNTTドコモやKDDIと対等に渡り合っていくのに、2.5GHz帯の周波数割り当ては不可欠との考えを示した。(2007/1/1)

PR:立ちはだかった予想外の壁──IEEE802.20標準化への道のり
2003年、IEEEでは既存の技術にとらわれない、移動体のために最適化された技術をゼロから開発するための作業部会、802.20が発足した。技術的には非常に優れていたIEEE802.20だが、その標準化への道のりは平坦ではなかった。(2006/11/20)

IEEE802.20は本当に標準化されるのか──クアルコムの取り組み
モバイルWiMAXよりも技術的に優位な規格ながら、標準化がなかなか進まないIEEE802.20。しかし、いよいよ2007年前半という具体的な日程が見えてきた。(2006/9/7)

UWB無線規格の標準化作業、時間切れの恐れ
MS、Intel、ソニーなどのWiMedia Allianceと、FreescaleやMotorolaによるUWB Forumという2つの陣営のUMB標準化をめぐる対立が深刻化している。(IDG)(2005/5/17)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。