ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  V

「VAIO X」最新記事一覧

タブレットに“超高性能”という新提案:
「VAIO Prototype Tablet PC」を濃密にチェックする
4コア/8スレッド対応の第4世代Core Hプロセッサ、Iris Pro、PCIe SSD、Adobe RGB対応の12.3型“2560×1704”液晶、ワイヤレスキーボード、筆圧ペン……新生VAIOが放つ超高性能タブレットの試作機に込められた数々のこだわりを追う。(2014/10/8)

VAIO完全分解&開発秘話(後編):
「VAIO Duo 13」を“徹底解剖”したらPCの未来が見えてきた
ソニーが国内で製造する「VAIO Duo 13」は、先進性が際立つ13.3型コンバーチブルPC。実機を徹底分解すると、PCがこれから進むべき未来が見えてくるようだ。(2013/10/4)

VAIO完全分解&開発秘話(前編):
「VAIO Duo 13」の“最先端スライドボディ”を丸裸にする
洗練された新設計のスライドボディに、最新技術をこれでもかと詰め込んだ「VAIO Duo 13」。開発者自ら実機を分解し、ボディの外側と内側から、その魅力に迫る。(2013/9/19)

本田雅一流 NAS導入のススメ(前編):
そのデータ保存法で本当に問題ない?――自宅兼オフィスのNAS環境を見直す
ミラーリングのNASにRAID 5のNASを組み合わせた2台体制。大切なデータを失う危険性は限りなく低いと思われたが……。(2013/8/28)

VAIO完全分解&開発秘話(後編):
「VAIO Pro」を“徹底解剖”して見えた真の姿
“超”軽量モバイルノートPC「VAIO Pro」の内部構造はどうなっているのか? 開発者が語る独自のこだわり、先進的な設計とは? 後編は実機をバラバラに分解し、秘密のベールを剥ぐ。(2013/8/13)

VAIO完全分解&開発秘話(前編):
「VAIO Pro」の“超軽量ボディ”を丸裸にする
クラス最軽量のボディに、色鮮やかなディスプレイ、そして使い勝手も追求した「VAIO Pro」。開発者が自ら実機を分解し、内部構造とともに、そのこだわりも明らかにする。(2013/8/9)

VAIO Z/VAIO Tとの比較も:
「VAIO Pro 11」「VAIO Pro 13」徹底検証(前編)――ソニーがHaswellで実現した“世界最軽量”タッチ対応Ultrabook
片や11.6型、約770グラムで約11時間駆動。片や13.3型、約1060グラムで約13時間駆動。いずれも液晶はIPSでフルHD表示、タッチ対応モデルもある。思わず「こんなPCが欲しかった!」と狂喜乱舞したくなる最新VAIOノートの実力を検証しよう。(2013/6/12)

完全分解×開発秘話(後編):
「VAIO Duo 11」を“徹底解剖”して語り尽くす
独自のスライド機構を採用した11.6型モバイルノートPC「VAIO Duo 11」には、ソニー初の挑戦が凝縮されていた。後編も開発者が自ら実機を分解し、その秘密を明らかにしていく。(2012/12/21)

完全分解×開発秘話(前編):
「VAIO Duo 11」の“上質なスライドボディ”を丸裸にする
Windows 8とともにソニーが投入した新スタイルのモバイルPC「VAIO Duo 11」。開発者が自ら実機を分解し、こだわり抜いた複雑な変形機構の秘密を明らかにする。(2012/12/19)

完全分解×開発秘話:
ソニー初のUltrabookはなぜこうなった?――新生「VAIO T」を丸裸にする
シルバーに輝くアルミ天板と剛性感あるフルフラットボディを備えた新生「VAIO T」。ソニー初のUltrabookはどのように生まれたのか、開発者に話を伺いつつ、分解して内部構造を明らかにする。(2012/9/26)

脱ガンジガラメの働き方:
ビジネスホテルでの短期滞在という「準ノマドワーク」(マルチディスプレイ&キーボード編)
1週間単位でビジネスホテルに短期滞在し、仕事をこなすことの多い筆者。準ノマドワークとでも呼ぶべきこの作業環境を構築するためのTipsを、何回かに分けて紹介する。今回は「マルチディスプレイ&キーボード編」。(2011/8/22)

理由は一部部品の見直し:
ソニー、「VAIO Z」2011年夏モデルの発売を延期
ソニーが「VAIO Z」2011年夏モデルの発売を延期した。当初は7月30日の発売予定だったが、8月13日に変更する。(2011/7/15)

最先端“Z”を集中テスト:
ハイエンドモバイルの破壊と創造、そして――新型「VAIO Z」を徹底攻略する(後編)
伝統を打ち破り、ソニーのハイエンドモバイルはどこへ向かうのか。レビュー後編は、ドックの有無による性能の違いを中心として、真の実力を明らかにしていく。(2011/7/12)

このノートPCは事件だ:
“光”がもたらすハイエンドモバイル革命――新型「VAIO Z」を徹底攻略する(前編)
こんな“Z”を誰が予測できただろうか? 斬新すぎる“ドック”スタイルに驚きつつも、とにかく新しいVAIOのハイエンドモバイルノートをこってり実力診断していこう。(2011/7/7)

完全分解×開発秘話:
なぜ薄型軽量ノートPC+ドックなのか?――新生「VAIO Z」を丸裸にする
究極を目指したオールインワンモバイルから、2ピース構成の新システムに路線変更した「VAIO Z」。大胆な変更の理由を開発者に聞きつつ、こだわり抜いた内部構造に迫る。(2011/7/5)

待望の高解像度化、外装もグレードアップ:
「VAIO S(SA)」徹底検証――直販限定×高級志向の13.3型モバイルノート
「VAIO Z」が販売終了となり、代わりに出てきた「VAIO S」の上位モデル「VAIO S(SA)」は、どれほどの実力を秘めているのか。じっくり、こってりと試してみた。(2011/6/9)

完全分解×開発秘話:
“Z”に肉薄した新型「VAIO S」のフルフラットボディを丸裸にする
洗練されたフルフラットボディに、ハイエンドクラスのパーツをみっちりと詰め込んだ「VAIO S」。大幅に進化した13.3型の主力モバイルノートPCを分解し、内部構造に迫る。(2011/6/2)

VAIO Z ロードテスト:
第4回 VAIO Zの光学ドライブを取っ払い、「SSDに換装」してみた
そういえば光学ドライブってほとんど使ってない。購入よりはや1年、今さらながらこれに気がついたので光学ドライブを取っ払ってSSD/HDDに換装してみた。(2011/5/6)

第2世代Core i+GPU切り替え+クアッドSSD+フルフラットボディ+長時間駆動:
新型「VAIO S」徹底検証(前編)――VAIO初“Sandy Bridge”モバイルの出来栄えは?
VAIOの2011年春モデルで唯一のモバイルノートPCが新型「VAIO S」だ。ボディの内と外を刷新し、VAIO Zに肉薄するパフォーマンスモバイルへと進化を遂げている。(2011/3/9)

2011年PC春モデル:
ソニーが「VAIO」春モデルを発表――売れ筋モデルに注力、AMD Fusion APU搭載機も
ソニーは「VAIO」の2011年春モデルを1月22日より順次発売する。Sandy Bridgeの採用は見送られたものの、AMDの新プラットフォーム搭載モバイルノートが追加された。(2011/1/12)

VAIO Z、MacBook Air、そして……:
2010年を彩ったモバイルノートPC
2010年に盛り上がったデジタルガジェットといえば、スマートフォンやタブレットが思い浮かぶが、実はモバイルノートPCも豊作だった。印象的な名機を振り返りたい。(2010/12/31)

最強タッグ「インテル プロセッサー + Windows 7 + WiMAX搭載」で選ぶ:
PR:“今、何を買うべき”か分かる 2010年夏版「WiMAX内蔵PC」購入ガイド
「WiMAX内蔵PC」、どれが自分に向いているのか、どれを買えばいいのか──。2010年夏のWiMAX内蔵PCカタログとともに、シーン別「WiMAX内蔵PCの購入ポイント」を考察する。(2010/8/23)

“理想”のその後:
「dynabook RX3」に見る“東芝ノート四半世紀”の結論
2007年に登場した「dynabook SS RX」シリーズが、東芝ノート25周年記念モデルとして「dynabook RX3」に生まれ変わった。“理想のモバイルPC”はどう変わったのか?(2010/8/20)

WiMAX Speed Wi-Fi「URoad-7000」ロードテスト:
第1回 URoad-7000、バッテリーは山手線換算で「何周ぶん」か
高速・快適なモバイルWiMAX通信を無線LAN対応機器で使えるようにする“WiMAX Speed Wi-Fi”「URoad-7000」。実利用でバッテリーがどれだけ持つか、「山手線換算」で計測した。(2010/8/13)

6万円台から買える13.3型VAIOノート:
Atomじゃ物足りない、それならコレでどうだ!?――新生「VAIO Y」を攻略する
Atom搭載機ではないVAIOモバイルノートで最も安価なのが「VAIO Y」シリーズだ。この夏はCPU、デザイン、カラバリに手を加えることで、完成度を高めている。(2010/7/28)

2010年PC夏モデル:
極薄ノートにピンクが登場、無線“全部入り”にも対応――「VAIO X」
薄型軽量モバイルノートPC「VAIO X」は店頭販売が終了。直販モデルは新色のピンクや、無線WANとWiMAXの同時搭載構成が選べるようになった。(2010/6/8)

2010年PC夏モデル:
ソニー、Office 2010搭載の「VAIO」夏モデルを発表――ボードPC、カラバリ、テレビ機能に注力
ソニーは「VAIO」の2010年夏モデルを6月19日より順次発売する。目玉はフルモデルチェンジしたボートPCの「VAIO J」、カラバリの拡充、そしてテレビ機能の進化だ。(2010/6/8)

ワンセグだけど:
予約いらずの“6局全録”レコーダー「ARecX 6」で遊ぶ
録画予約などしなくても、見たかった番組が当たり前のようにHDDの中にある。ソフィアデジタルの「ARecX 6チューナーレコーダー」は手軽に“全録”レコーダーのエッセンスを味わえるPC周辺機器だ。(2010/6/7)

一般向けの先行予約販売を開始:
「VAIO P」2010年夏モデル徹底検証(前編)――新世代ポケットスタイルPCの実力は?
ついに、新型「VAIO P」直販モデルの一般向け先行予約販売が始まった。薄さ19.8ミリ、最軽量構成で595グラムの人気ミニノートPCは何が変わったのか、じっくり検証する。(2010/5/17)

完全分解×開発秘話:
「VAIO P」の新ボディをいきなり丸裸にする
“つつむ、たたむ”をイメージした新ボディに生まれ変わった「VAIO P」。中身はそれほど変わらないかも……と思いながら開発者に分解してもらったが、実は大違いだった。(2010/5/10)

VAIO New Ultra Mobile:
ソニーが新型モバイルPCを近日投入?
ソニースタイルで新型VAIOの登場を告げるティーザー広告が開始された。今度の「VAIO New Ultra Mobile」は……オレンジ色のゼムクリップ?(2010/4/28)

VAIOやBRAVIA、製品登録で「500ポイント」:
購入後も“おもてなし”──ソニー製品のオーナーズサービス「My Sony Club」開始
ソニーマーケティングは、ソニー製品ユーザー向け会員サービス「My Sony Club」を5月25日に始める。主に“購入後”のさらなる製品サポート環境を提供する。(2010/4/21)

分解して、見た!!:
富士通のリアルポケットサイズPC「FMV-BIBLO LOOX U」に肉薄した
約495グラムの超軽量ボディにWindows 7を詰め込んだ「FMV-BIBLO LOOX U」。その店頭モデルを分解して中身をチェックした。(2010/4/6)

FC EXPO 2010/国際二次電池展:
親指サイズの燃料電池、2000円前後で6月発売へ──燃料電池で動く「VAIO X」も
FC EXPO 2010で、数年前にPEFC型燃料電池を開発したアクアフェアリーが“ほぼ市販化OK”の製品を展示。2000円前後で2010年6月発売を目指す。(2010/3/3)

ビジネスVAIOの新顔:
Windows 7+Core iで一皮むけた「VAIO B」に目を細める
Calpellaプラットフォームを採用して約1年3カ月ぶりに大幅なモデルチェンジを果たしたビジネスノートPC「VAIO B」。その店頭モデルを試用した。(2010/2/22)

新型VAIOノート登場:
CULVノートPCも“VAIO”だとこう変わる――「VAIO Y」の店頭モデルを試す
ソニーが重い腰を上げて、2010年春モデルでCULV版ノートPCの店頭市場に殴り込みをかけてきた。その新シリーズとなる「VAIO Y」の実力は!?(2010/2/19)

向かうところ敵なし!?:
“豪華すぎる”モバイルノート「VAIO Z」を徹底検証する(前編)
ボディも内部構造も一新したソニーのハイエンドモバイルノート「VAIO Z」は、評価が高かった従来機からどれだけ進化したのか? 前モデルと比較しながら実体に迫る。(2010/2/17)

完全分解×開発秘話:
クアッドSSD搭載の「VAIO Z」を速攻で丸裸にする
Core i7、クアッドSSD、外部GPU、フルHD液晶、BDドライブを持ち運べるボディサイズに凝縮した新型「VAIO Z」。開発者に話を聞きつつ、その内部構造を明らかにする。(2010/2/16)

2010年PC春モデル:
Core i7×クアッドSSD×フルHD液晶の最上位モバイル――「VAIO Z」
ソニーのハイエンドモバイルノート「VAIO Z」がフルモデルチェンジを行った。ボディの設計を見直し、特徴のGPU切り替え機能やスペック面も大幅に強化している。(2010/2/16)

2010年PC春モデル:
ソニーが「VAIO」春モデル第2弾を発表――高級モバイル、新シリーズ、エコボディのNetbook
ソニーは「VAIO」の2010年春モデル第2弾を2月27日より順次発売する。登場したのは、フルモデルチェンジしたハイエンドモバイルの「VAIO Z」など、3シリーズのノートPCだ。(2010/2/16)

VAIO 2009年冬モデルロードテスト:
第10回 “ナントカの向こう側……”へ行ってしまった「VAIO T」のUSBポート
メインとして使えるモバイルノートPC「VAIO T」を、しばれる札幌の野外で使う。少しはアレっぽくといわれたので、たいそう無理して“それ系”なところに行ってみた。(2010/2/9)

元麻布春男のWatchTower:
iPadは“でかいiPod touch”なのか、あるいは……
さまざまな憶測を呼んだAppleの「iPad」が、ついに発表された。この“薄い板”を前にして、まず筆者が連想したものは……。(2010/1/28)

2010年PC春モデル:
薄型/小型VAIOノートの直販モデルに新色が登場――「VAIO X」「VAIO P」
Atom Zを搭載した薄型ノート「VAIO X」と小型ノート「VAIO P」の直販モデルに新色が加わった。店頭販売向けの標準仕様モデルは、2009年秋冬モデルが継続販売される。(2010/1/18)

2010年PC春モデル:
ソニー、CULVノートからCore i搭載機まで「VAIO」春モデルを一挙発表
ソニーはVAIOの2010年春モデルを1月23日に発売する。注目はCULVノートPCの「VAIO Y」と16.4型フルHD液晶を備えたハイスペックノートPCの新生「VAIO F」だ。(2010/1/18)

PC&PC周辺機器販売ランキング(2010年1月4日〜1月10日):
そろそろ新機種? 売れ筋PCには安価・お得モデルも
今回の販売ランキングは休暇明け1回目の集計。商戦期はやや過ぎたが、従来の売れ筋モデルに混じって実売6万円前後と手頃な価格のPCもじわじわ順位を上げている。(2010/1/15)

PC&PC周辺機器販売ランキング(2009年12月28日〜2010年1月3日):
「年末セール」「初売り」で売れたPCは?
今回のランキングは、年末の12月28日から年始1月3日の実績を集計したもの。休み中、「初売りセール」などで家電量販店などに出向いた人も多いと思うが、この期間で人気だった製品は何だろうか。(2010/1/8)

PC&PC周辺機器販売ランキング(2009年12月14日〜12月20日):
安価に購入できる、売れ筋「地デジ+BD一体型PC」は?
年末商戦もそろそろ佳境だが、「近日中に買う」ものはもう決まっただろうか。12月末現在、地デジ+BD一体型PCや実売10万円前後のオールインワンノートPC、1万円台後半の高機能A4複合機などが売れ筋だ。(2009/12/25)

VAIO 2009年冬モデルロードテスト:
第7回 東京“ぷち現実逃避”のススメ──「VAIO X」と奥多摩で
VAIO Xにモバイルデータ通信環境を整えると、“どこでも”仕事できる。では、ふと「このまま遠くへ行きたい」と思ったら、本当にそのまま遠くへ行って大丈夫……なのだろうか。(2009/12/24)

PC&PC周辺機器販売ランキング(2009年12月7日〜12月13日):
Web通販で「クリスマス前必着」、いつまでに買えば間に合う?
自分用の買い物はさておき、家族用などとして「クリスマスまで」に間に合わせなければならないプレゼントをWeb通販で購入するなら、いつまでに購入手続きをしておくべきか。……実はもう期日ギリギリだ。(2009/12/18)

VAIO 2009年冬モデルロードテスト:
第5回 晩秋の“さっぽろテレビ搭”でガクブルした、「VAIO T」の画面と電池
ハイスペックなAVモバイルノートPC「VAIO T」は、仕事もプライベートも、本当に“いつでも携帯”できるメインPCだ。VAIO Tの新モデルに乗り換えて何がよかったか、晩秋の肌寒い札幌・大通公園で検証してみた。(2009/12/16)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。