ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  V

  • 関連の記事

「VAIO Y」最新記事一覧

関連キーワード

完全分解×開発秘話:
ソニー初のUltrabookはなぜこうなった?――新生「VAIO T」を丸裸にする
シルバーに輝くアルミ天板と剛性感あるフルフラットボディを備えた新生「VAIO T」。ソニー初のUltrabookはどのように生まれたのか、開発者に話を伺いつつ、分解して内部構造を明らかにする。(2012/9/26)

2012年PC夏モデル:
ラインアップ拡充、フルモデルチェンジしたスタンダードノート――「VAIO E」
「VAIO E」の2012年夏モデルはラインアップを増やし、新デザインを採用してフルモデルチェンジした。14型モデルにはカラーバリエーションが異なるプレミアムモデルも投入する。(2012/6/4)

2012年PC夏モデル:
初のUltrabook、15周年記念ノート、BRAVIAテレパソも――ソニー「VAIO」夏モデル
ソニーは「VAIO」の2012年夏モデルを6月9日より順次発売する。Ivy Bridgeこと第3世代Coreの採用とともに、同社初のUltrabook、ハイエンドモバイルノートPCの15周年記念モデル、BRAVIAの高画質回路を搭載した液晶一体型など、ラインアップを大幅に強化した。(2012/6/4)

2012年PC春モデル:
11.6型ディスプレイ搭載の1スピンドルモバイルノート――「VAIO Y」
光学ドライブを搭載しないモバイルノートPC「VAIO Y」の店頭販売モデルとなるYBシリーズは、HDD容量を強化した。直販限定のYAシリーズは従来機種の継続販売となる。(2012/1/25)

2012年PC春モデル:
15.5型モバイル拡充、“Z”に新色、編集ソフト刷新――ソニーの「VAIO」春モデル
ソニーは「VAIO」の2012年春モデルを2月4日より順次発売する。オールインワンモバイルノート「VAIO S」のラインアップを拡充し、最上位モバイルノート「VAIO Z」には新色を追加した。動画/音楽編集ソフトも刷新している。【春モデル情報追加】(2012/1/25)

2011年PC秋冬モデル:
ソニーの最上位モバイル「VAIO Z」にCPUを強化した直販限定モデル
ソニーの直販サイトで販売される「VAIO Z」のオーナーメードモデルでCPUの選択肢が強化され、最小構成価格も13万4800円へと引き下げられている。(2011/11/1)

2011年PC秋冬モデル:
最新の“E-450”を搭載して性能強化──「VAIO Y」
AMDのFusion APU“Eシリーズ”を採用するVAIO Y(YB)は、最新モデル搭載で性能を強化。インテルプラットフォームを採用するYAは従来モデルを継続する。(2011/9/27)

2011年PC秋冬モデル:
ソニーが「VAIO」秋冬モデルを発表――薄型軽量モバイルに15.5型フルHDモデル、裸眼3Dパネルのオプションも
ソニーは「VAIO」の2011年秋冬モデルを10月8日に発売する。オールインワンモバイルノートPC「VAIO S」に15.5型フルHD液晶搭載モデルを追加したほか、基本スペックの底上げやカラバリの拡充を行った。手軽に裸眼3D立体視が楽しめる「3Dパネル」のオプションも追加している。(2011/9/27)

“Sabine”のコストパフォーマンスは?:
もはや“3万9900円のノートPC”でもここまで使える時代――「HP Pavilion g6-1100AU」に驚く
ついこの前までNetbookでワイワイ騒いでいたかと思ったが、気が付けば、もっと“使える”ノートPCまで驚くほど安くなっていた。その代表格ともいえる1台をレビューする。(2011/8/2)

PCの地デジ移行はしましたか?:
「VAIO L」2011年夏モデルを試す(後編)――強力無比なテレビ機能と独特のタッチ操作にハマる
「PCのテレビ機能なんてオマケでしょ?」と思っているなら、あまりにもったいない。VAIO Lのテレビ&レコーダー機能は“PCだからできること”を徹底追求しているのだ。(2011/7/1)

“全部入り”PCの最前線:
「VAIO L」2011年夏モデルを試す(前編)――PS3もBRAVIAもつながる3D機能とは?
「とりあえず、一番いいのを頼む」という人は「VAIO L」のハイエンドモデルはどうだろう? これ1台で強力なテレビ&レコーダー機能、タッチ操作、そして高品位な3D立体視までカバーできる。(2011/6/29)

2011年PC夏モデル:
新色“ボルドー”を追加した11.6型モバイルノート――「VAIO Y」
低価格帯のモバイルノートPC「VAIO Y」シリーズは2機種を用意。AMDモデルの「VAIO Y(YB)」のみを店頭販売し、インテルCPUモデルの「VAIO Y(YA)」は直販のみで取り扱う。(2011/6/7)

2011年PC夏モデル:
ソニーが「VAIO」夏モデルを発表――13.3型モバイル上位機、3D対応の液晶一体型、新デザインノートが登場
ソニーは「VAIO」の2011年夏モデルを6月11日より順次発売する。13.3型モバイルノート「VAIO S」の上位機をはじめ、3D立体視対応の液晶一体型や新デザインのノートなど、計7シリーズをモデルチェンジした。(2011/6/7)

PC販売ランキング(2011年4月18日〜4月24日):
GWにPC買うなら──NECと富士通が浮上、ノートPC人気に若干の変動
今回は大型連休直前の集計。PCの販売状況はランクインする顔ぶれこそ変わらないが、若干順位の入れ替えが起こっている。【2011年4月第4週版】(2011/5/2)

PC販売ランキング(2011年4月11日〜4月17日):
ランキングに大きな変動なし、“Sandy Bridge”モデルはやや伸び悩みの傾向か
4月も半ば、PC春モデルの販売ランキングは大きな変動がなくなり、TOP10圏内で細かく順位が入れ替わる程度になってきた。【2011年4月第3週版】(2011/4/22)

PC販売ランキング(2011年4月4日〜4月10日):
PC春モデルが早くも値下げ傾向、A4ノートPCの売れ筋は実売8万〜9万円台のモデル
PC春モデルがほぼ出そろい、順位の変動は少なくなっている。同時に、4月に入り多くの店舗で春モデルをかなり値下げして販売する動きが見られる。【2011年4月第2週版】(2011/4/15)

PC販売ランキング(2011年3月28日〜4月3日):
PC春モデル、ノートPCは「LaVie S」/デスクトップは「dynabook Qosmio D710」が人気
今回は2011年度1回目の集計。PC売れ筋の大まかな傾向に変化はないが、“Sandy Bridge”世代のモデルがじわじわ浮上するなど、若干の順位変動があった【2011年4月第1週版】(2011/4/8)

PC販売ランキング(2011年3月21日〜3月27日):
“Sandy Bridge”の新モデルも順調にランクイン──中でも人気は?
3月後半になり、売れ筋の大半は2011年の春モデルとなった。少し出遅れぎみだった“Sandy Bridge”世代の新モデルもじわじわ順位を上げている。【2011年3月第4週版】(2011/4/1)

PC販売ランキング(2011年3月14日〜3月20日):
ノートPCも“Sandy Bridge”モデルが初登場、現在の売れ筋は実売10万円前後のスタンダードPC
PCの販売状況は、新生活需要を担う春の新モデルが活況。ノートPCはTOP10圏内がすべて春モデルで占められた。【2011年3月第3週版】(2011/3/28)

PC販売ランキング(2011年2月28日〜3月13日):
PC春モデルの売れ筋争いにSandy Bridge/アップル製品も参戦、「MacBook Pro」がランクイン
3月に入り、PCの売れ筋は2011年PC春モデルへ順調に移行している。今回はノートPCの9割、デスクトップPCの8割が2011年発売の新モデルが占めた。【2011年3月第1週、2週版】(2011/3/22)

PC販売ランキング(2011年2月21日〜2月27日):
ようやくPC春モデルが売れてきた──ランキング一変、ノートPCは8割が新モデルに
春商戦を担うPC春モデルがランキングの上位を独占し、新旧モデルの売れ筋が逆転。ノートPCはランキングの8割を春の新モデルが占めた。【2011年2月第4週版】(2011/3/4)

PC販売ランキング(2011年2月14日〜2月20日):
春のPC新モデルがググッと浮上──現在の人気モデルは?
未定だったPC各メーカーによる新CPU搭載モデル発売日が晴れて決まり、心配された“インテルショック”は収束方向に向かいつつある。また、それ以外の新モデルもランキングの上位に浮上してきた。【2011年2月第3週版】(2011/2/25)

PC販売ランキング(2011年2月7日〜2月13日):
春のPC新モデル、ようやく少しずつランクイン──デスクトップPCで2モデル
2月も半ばにさしかかり、PCメーカー各社の2011年春モデルは“Sandy Bridge”以外の多くが発売された。ただ、売れ筋はまだ2010年秋冬モデルで占められている。【2011年2月第2週版】(2011/2/18)

PC販売ランキング(2011年1月31日〜2月6日):
「MacBook Pro」「iMac」が再浮上──一方、PC新モデルの動きはやや停滞
2月に入り春商戦向けPC新モデルのいくつかが発売されたが、新旧モデルで売れ筋が入れ替わる動きが例年より鈍い。今回はMacBook ProやiMacなど、Mac OS搭載のモデルがかなり順位を上げた。(2011/2/14)

PC販売ランキング(2011年1月24日〜1月30日):
春の新機種、“1モデルだけ”ランクイン──新チップセット不具合による影響が心配
PC各社より春商戦向け新モデルが発売されているが、順位変動の状況は例年よりやや遅め。インテル新チップセットの不具合で発売未定・延期となったモデルも多くあり、今後の春商戦の動向にかなりの影響を及ぼしそうだ。【2011年1月第5週版】(2011/2/4)

PC販売ランキング(2011年1月17日〜1月23日):
PCは新旧モデルの入れ替え期、売れ筋傾向に変化は?
春のPC新モデルがいくつか発売され、そろそろ売れ筋の傾向が変化してくる時期になってきた。今回はどのモデルがトップだっただろうか。【2011年1月第3週版】(2011/1/28)

PC販売ランキング(2011年1月10日〜1月16日):
新モデル登場直前の値下げ効果か、現行モデルの上位機種に人気集まる
PC各メーカーより2011年春商戦向けの新モデルが発表され、発売日も近づいてきた。新モデル登場直前の今回は、現行モデルの上位機種が順位を上げる動きを見せた。【2011年1月第3週版】(2011/1/21)

PC販売ランキング(2011年1月3日〜1月9日):
PC春モデルもうすぐ登場──現モデルにじわじわ“値下げ”傾向、順位変動も
年明け早々、複数のメーカーより春商戦向けのPC新モデルが発表された。それに応じて現行モデルを値引き販売する店舗もあり、ノートPCの人気傾向に若干の変動が見られた。【2011年1月第2週版】(2011/1/14)

従来モデルと徹底比較:
「VAIO Y(YB)」の真価を問う――“AMD Fusion APU”搭載モバイルノート
ソニーの「VAIO Y(YB)」は、AMDの最新プラットフォームを採用したモバイルノートPC。インテルプラットフォームの従来機と比較しながら、その実力をチェックした。(2011/1/13)

2011年PC春モデル:
AMD Fusion APU搭載の11.6型モバイルノート――「VAIO Y(YB)」
ソニーはVAIOの2011年春モデルに、11.6型ワイド液晶とAMD Fusion APU搭載のモバイルノート「VAIO Y(YB)」を追加した。1月29日に発売する予定だ。(2011/1/12)

2011年PC春モデル:
ソニーが「VAIO」春モデルを発表――売れ筋モデルに注力、AMD Fusion APU搭載機も
ソニーは「VAIO」の2011年春モデルを1月22日より順次発売する。Sandy Bridgeの採用は見送られたものの、AMDの新プラットフォーム搭載モバイルノートが追加された。(2011/1/12)

PC販売ランキング(2010年12月20日〜2011年1月2日):
年末年始、最も売れたPCは?
福袋セールなどでPCを安く購入した人も多そうだが、年末年始休暇期間で人気だったPCは何だろうか。今回は年末と年始、2回分のランキングを掲載する。【2010年12月第4週〜1年1月第1週版】(2011/1/7)

2011 International CES:
新春恒例!日本未発表VAIOをラスベガスで発見
米国Sonyは、2011 CES開幕前日の1月5日に展示ブースを事前に公開するカンファレンスを行い、未発表の“Sandy Bridge搭載”“Fusion搭載”VAIOを公開した。(2011/1/6)

低価格ノートにRadeon HDの恩恵を:
5万円切りの11.6型モバイルノート――「Inspiron M101z」を試す
携帯性と操作性のバランスを考えると、11型クラスのモバイルノートPCはなかなかよい選択に思える。でも予算がない? それなら約5〜6万円の“M101z”はどうだろうか。(2010/12/29)

PC販売ランキング(2010年12月13日〜12月19日):
PC冬商戦本格化、各店舗「プライベートルームの地デジ化はPCで」とアピール
12月も半ばに入り、PCの人気傾向は定まりつつあるが、量販店ではこのPC秋冬モデルの購買を促すアピールが盛んに行われている。【2010年12月第3週版】(2010/12/24)

PC販売ランキング(2010年12月6日〜12月12日):
デスクトップPCの売れ筋は地デジ付き液晶一体型──人気は「VALUESTAR N」
2010年冬商戦期が訪れたが、今回のPC販売ランキングは大きな変きがなかった。人気モデルの傾向は半ば固定化した印象だ。【2010年12月第2週版】(2010/12/17)

PC販売ランキング(2010年11月29日〜12月5日):
ノートPC売れ筋はA4オールインワンの秋冬モデル──中でも人気はNEC「LaVie S」
12月に入り、2010PC秋冬モデルにおける売れ筋の傾向がはっきりしてきた。同時に順位の変動もやや少なくなってきている。【2010年12月第1週版】(2010/12/10)

PC販売ランキング(2010年11月22日〜11月28日):
家電エコポイントの駆け込み需要、PC販売状況にも“若干”タナボタも
家電エコポイントの駆け込み需要で、11月末は家電量販店がかなり賑わった。PCはエコポイントの対象ではないが、“それならば”需要がそこそこあったようだ。【2010年11月第4週版】(2010/12/3)

PC販売ランキング(2010年11月15日〜11月21日):
PC販売状況、じわじわ活発化──ノートPCはTOP10すべてが秋冬の新モデルに
PCの売れ筋は9月〜10月にかけて発売した2010年秋冬モデル。ノートPCはランクインしたすべてのモデルが秋冬の新モデルで占められた。【2010年11月第3週版】(2010/11/26)

PC販売ランキング(2010年11月8日〜11月14日):
PCランキング、秋冬の新モデルが大多数に──MacBook ProとiMacも人気劣らず
PCの販売ランキングはすでに8割が秋冬の新モデルに移ったが、アップルのMacBook ProやiMacも変わらず高い人気を維持している。【2010年11月第2週版】(2010/11/19)

PC販売ランキング(2010年11月1日〜11月7日):
秋冬の新モデルが売れ筋に──中でも売れているのは?
PC販売ランキングは、ノートPCもデスクトップPCも2010年秋冬モデルが7割を占める状況。売れ筋はすでにこれら新モデルに移行している。【2010年11月第1週版】(2010/11/12)

ソニー、PC秋冬モデルの隠し球:
「VAIO Y(YA)」徹底検証――“11.6型”追加モデルの実力は?
ソニーのバリューモバイルノートPC「VAIO Y」に11.6型ワイドモデルが加わった。VAIOの小型ノートが欲しいが、Atomでは力不足という人にマッチする1台だ。(2010/11/10)

2010年PC秋冬モデル:
11.6型WXGA液晶の“シンプルモバイル”ノート――「VAIO Y(YA)」
ソニーはVAIOの2010年秋冬モデルに、11.6型ワイド液晶搭載ノート「VAIO Y(YA)」シリーズを加えた。11月27日に発売する予定で、予想実売価格は11万円前後だ。(2010/11/10)

PC販売ランキング(2010年10月25日〜10月31日):
じわじわ浮上、2010年PC秋冬モデル──LaVie、LIFEBOOK、dynabookがランクイン
2010年冬商戦期が近づき、PCの売れ筋は新モデルへ移行しつつある。今回はノート/デスクトップともに秋冬の新モデルが首位を獲得した。【2010年10月第5週版】(2010/11/5)

PC販売ランキング(2010年10月18日〜10月24日):
新モデルか、お得価格になった旧モデルか──今、PC買うならどうする?
冬商戦向けのPC新モデルが各メーカーより発売され、ランキングの動きが激しくなっている。【2010年10月第4週版】(2010/10/29)

PC販売ランキング(2010年10月11日〜10月17日):
PC秋冬新モデルが続々ランクイン、中でも何が人気?
10月も半ば、ノートPCも2010年PC秋冬モデルがランキングに登場。売れ筋傾向も変化してきた。【2010年10月第3週版】(2010/10/22)

PC販売ランキング(2010年10月4日〜10月10日):
「VALUESTAR N」秋冬新モデルが急浮上、計2機種がランクイン
秋冬商戦向けの発表ラッシュが終わり、一部メーカーの新モデルが早々にランクインしてきた。【2010年10月第2週版】(2010/10/15)

PC販売ランキング(2010年9月27日〜10月3日):
富士通「FMV ESPRIMO FH」、初のトップに
PC秋冬モデルの登場を控え、既存モデルの売れ筋に少し変化が出てきた。【2010年10月第1週版】(2010/10/8)

PC販売ランキング(2010年9月20日〜9月26日):
早速「2010年PC秋冬モデル」がランクイン
PC新モデルの発表が相次ぐ中、先だって発売したVALUESTAR Nの秋冬モデルがランクインした。【2010年9月第4週版】(2010/10/1)

2010年PC秋冬モデル:
ソニー、「VAIO」秋冬モデルを発表――カラバリ拡充、USB 3.0搭載
ソニーは「VAIO」の2010年秋冬モデルを10月9日より順次発売する。USB 3.0の採用など基本スペックを底上げし、カラーバリエーションを拡充をした。(2010/9/28)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。