ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  V

「VAIO Z」最新記事一覧

ESEC2016:
MCUやセンサーを自由に入れ替え、100円玉サイズの超小型IoTモジュール
マクニカがESEC2016の同社ブースにて、MCUやセンサー、無線を自由に入れ替えできる100円玉サイズの「IoTワンパックモジュール」を展示した。2016年秋の製品化を目指す。(2016/5/12)

4月28日オープン:
BEAMS仕様のVAIO Zに一目ぼれ! 日本をテーマにしたキュレーションショップ「BEAMS JAPAN」が新宿にオープン
ビームスが、日本をテーマにさまざまなカテゴリの商品を集めたキュレーションショップ「BEAMS JAPAN」を新宿にオープンする。BEAMSとコラボした限定受注生産モデルの「VAIO Z」の実機もチェックできるぞ!(2016/4/27)

PC USER 週間ベスト10:
「iPad Pro」をプロの漫画家はどう評価した?(2016年2月29日〜3月6日)
今回のアクセスランキングは「iPad Pro」の漫画家によるレビューや、新「VAIO Z」のクラムシェルモデルに多くの注目が集まりました。(2016/3/7)

2in1より魅力的?:
「VAIO Z」クラムシェルモデル徹底検証――性能だけでなく使い勝手も最上級か
タブレットへの変形機構は不要というユーザーの声に応えて追加された「VAIO Z」クラムシェルモデル。スペック表では分からない使い勝手に迫る。(2016/3/2)

PC USER 週間ベスト10:
どれを選ぶ? ハイパフォーマンスモバイルPCが続々登場(2016年2月22日〜2月28日)
今回のアクセスランキングは、新VAIO ZやSurface Pro 4のCore i7モデル、最新スティックPCなど、注目機種の詳細レビューが多数ランクインしました。(2016/2/29)

最上位モバイルPC対決:
「VAIO Z」クラムシェルモデル徹底検証――Surface Book/Pro 4と比べた性能は?
ついに販売が開始された新世代CPU搭載の「VAIO Z」。新たに追加されたクラムシェルモデルの性能をSurface BookやSurface Pro 4といったライバルと比較する。(2016/2/26)

PC USER 週間ベスト10:
新型VAIO Zに数量限定の無刻印キーボードモデルが登場(2016年1月25日〜1月31日)
今回のアクセスランキングは、バッテリーパックに問題が見つかった東芝ノートPC交換プログラムの話題に注目が集まりました。新型VAIO Zも要チェックです。(2016/2/1)

遊び心と異常なこだわり:
新VAIO Zの「勝色ダブルアルマイト仕様」と「Z ENGINE基板アクセサリー」に迫る
新しいVAIO Zに用意された3つの「お楽しみ企画」。「無刻印キーボード」は分かるとして、「勝色ダブルアルマイト仕様」と「Z ENGINE基板アクセサリー」は一体どういったものなのか。実物の写真とともに、そのこだわりに迫る。(2016/1/28)

2016年PC/タブレット春モデル:
目指したのは“快” VAIOの新13型モバイル「VAIO S13」登場
VAIO Pro 13 | mk2の後継モデルとして新しい13型モバイルPC「VAIO S13」が登場した。(2016/1/27)

2016年PC/タブレット春モデル:
「VAIO Z」に待望のクラムシェルノート(変形なし)登場 Skylake採用で2モデルへ
ハイエンドモバイルPC「VAIO Z」にSkylake搭載の新ラインアップが登場。新たにクラムシェルモデルを追加し、ファンのために「お楽しみ企画」も3つ用意した。(2016/1/27)

2016年PC/タブレット春モデル:
普通のA4ノートじゃない――Skylake-H採用でワンランク上のプレミアムオールインワンノートPC「VAIO S15」
VAIOが、15.5型のオールインワンノートPC「VAIO S15」を発表。「VAIO Fit 15E | mk2」の後継機種ながら、プロセッサにハイスペックノートPC向けの「Skylake-H」を採用するなど、パフォーマンスを大幅に向上。高付加価値のあるマシンに仕上げた。(2016/1/27)

HHKを思わせる玄人仕様:
「VAIO Z」の無刻印キーボードって使いこなせる?
新しい「VAIO Z」には、キーボードに何も書かれていない「無刻印キーボードモデル」がある。そんなキーボードで正確に文字は打てるのだろうか。US配列キーボードに慣れ親しんでいる編集記者が試してみた。(2016/1/27)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
2016年にPCが向かう先は? 高性能な2in1か、原点回帰のノートか
PCの進化において、2015年はSkylakeやWindows 10といった大きなトピックがあった。それらを踏まえ、2016年のPCはどこへ向かおうとしているのだろうか。(2016/1/2)

2015年PC USER「ベストチョイス」:
2015年に編集部が最も注目したノートPC
今年発売された製品の中からジャンル別に注目モデルを選出するアワード企画。ノートPC部門のベストチョイスは?(2015/12/31)

2in1、ノート、デスクトップまで:
達人レビュアーが独断で選ぶ2015年のイチオシPC
2015年もさまざまなPCが登場し、注目機種を次々とレビューしてきた。その中でも個人的に強く印象に残ったPCを挙げていこう。(2015/12/30)

MVNOに聞く:
「VAIO S11」で独自SIMを採用した理由、MVNO参入でVAIOが目指すものとは?
「VAIO S11」は、LTEに対応し、SIMロックフリーで利用できるモバイル向けのPCだ。注目したいのが、VAIO S11の発売と同時に、VAIOは、MVNOとして通信サービスも提供すること。なぜVAIOはMVNOとなり、NTTコムのSIMを採用したのか? 詳細を聞いた。(2015/12/28)

独自SIMをチェック:
「VAIO S11」はSIMフリーでPCユーザーを呪縛から解放するか?
SIMロックフリー仕様と独自の格安SIMによって、モバイルノートPCの新たな可能性を示した「VAIO S11」。独自SIMの使い勝手をチェックする。(2015/12/27)

「モバイル・ファースト」時代のWindows最前線:
SIMフリーLTEや分割キーボードも、2016年を先取りしたモバイルPCが登場
2015年末になって、Windows 10搭載のモバイルPCが続々と登場。中でも特に注目なのが、SIMフリーのLTE通信に対応した「VAIO S11」と、小型PCながらフルサイズと呼べる分割キーボードを搭載した「ポータブック」だ。(2015/12/25)

本日発売!:
「VAIO S11」徹底レビュー これぞ待望のSIMフリーLTEモバイルノートPC
SIMロックフリーLTE対応、小型軽量タフボディ、第6世代Core+PCIe SSD、USB 3.1 Type-C/Thunderbolt 3、見やすい液晶と打ちやすいキーボード、長時間バッテリー駆動……年末に本命モバイルノートPCの登場か?(2015/12/18)

SIMフリーLTE搭載モバイルノート「VAIO S11」 11.6インチ・900グラム台 「ビジネス全方位設計」
SIMフリーのLTE通信機能を搭載するモバイルノートPC「VAIO S11」が登場。「VAIO Z」シリーズの放熱技術や堅牢性を継承した。(2015/12/9)

PC向けの独自SIMプランも用意:
「VAIO S11」発表――SIMフリーLTEに最適化した11.6型モバイルノートPC
VAIOが新設計の11.6型モバイルノートPCを投入。SIMロックフリーLTEに対応したことに加えて、PCでのデータ通信に最適化した独自の格安プリペイドSIMプランも用意する。(2015/12/9)

米国に続く海外展開:
VAIOがブラジルで販売開始――Fit 15E/Pro 13G/Zを投入
現地PCベンダーに委託し、3シリーズを順次発売する。(2015/10/16)

PC USER 週間ベスト10:
iPhone 6s選びはもはやファッションアイテム感覚?(2015年10月5日〜10月11日)
今回のアクセスランキングは、新型の「Surface Pro 4」と「Surface Book」の記事が目立っています。(2015/10/13)

Windows 10搭載モデルは出たが……:
「VAIO Z」が第6世代Coreの採用を見送った理由
Windows 10モデルを一斉に発表したVAIOだが、ハードウェアは既存製品のままだった。「VAIO Z」や「VAIO Z Canvas」は第6世代Coreの採用が見送られている。(2015/10/6)

付属ソフト/壁紙なしのクリーン環境:
「VAIO Z Canvas」が米国で発売――約110店舗のMicrosoft Storeで取り扱い
VAIOはクリエイター向け12.3型Windowsタブレット「VAIO Z Canvas」を米国で発売した。Microsoft Storeおよびtranscosmos Americaで取り扱う。(2015/10/6)

午前9時に先行受注開始:
「VAIO」のWindows 10プリインストールモデルが発売
VAIOは「VAIO Z」「VAIO Z Canvas」「VAIO Pro 13 | mk2」のWindows 10プリインストールモデルを発表。10月6日午前9時から先行受注を開始する。(2015/10/6)

復活のシルバーモデルは一味違う?:
「VAIO Pro 13 | mk2」徹底検証――“ハイスペ構成”で真の実力を明らかに
昨今はWindows PCもタブレットや2in1が増えつつあるが、快適な文字入力にこだわるならばクラムシェルノートはやはり魅力的に映る。特にこの「VAIO Pro 13 | mk2」は、完成度が高い堅牢モバイルノートPCとして要注目だ。(2015/7/9)

PC DEPOT、「VAIO」シリーズの取り扱いを拡大――全店舗で提供を開始
ピーシーデポコーポレーションは、VAIO製PCの取り扱い店舗拡大を発表、「PC DEPOT」「ピーシーデポスマートライフ店」全店で取り扱いを開始する。(2015/6/19)

VAIOが強くて何が悪い:
「VAIO Pro 13 | mk2」徹底検証――“タフモバイル”への路線変更は英断か?
人気モバイルノートPC「VAIO Pro 13」が約2年ぶりにフルモデルチェンジ。第2世代となった「VAIO Pro 13 | mk2」は、ある意味で先代機の美しさを捨て、ビジネス向けの実用性にフォーカスした進化を遂げている。その実力をじっくり試してみた。(2015/5/27)

VAIO Z/Pro 13と横並び比較:
「VAIO Z Canvas」の圧倒的パフォーマンスを徹底検証する
数あるPCブランドでも高性能なモバイルPCに定評あるVAIO。モンスタータブレットこと「VAIO Z Canvs」は、既存の「VAIO Z」や「VAIO Pro 13」といった人気モデルに比べてどれくらいの性能を実現できているのだろうか? 横並びで徹底検証した。(2015/5/22)

ティーザーサイトを開設:
「VAIO Z Canvas」は今秋に米国でも発売へ
ソニーから分離した新生VAIOの製品は日本国内のみで販売されているが、クリエイター向けタブレット「VAIO Z Canvas」は初めて海外でも販売されるモデルとなる。(2015/5/21)

3連ファンで4コアCore i7を放熱:
「VAIO Z Canvas」受注開始――クリエイター向け“怪物タブレット”の全容が明らかに【詳報】
VAIOは、クリエイターに最適化した超高性能Windowsタブレット「VAIO Z Canvas」の受注を開始した。試作機の初公開から7カ月半の月日を経て、ついに発売となる。(2015/5/21)

+5000円で選択可:
「VAIO Z」に英語/日本語カナなしキーボード追加――購入後の交換サービスも
ユーザーからの要望に応えて、「VAIO Z」のカスタマイズモデルで「英字配列」および「日本語カナなし」のキーボードを選べるようになった。(2015/5/21)

この記事をきょう掲載できたのは偶然:
みなとみらいの大和事業所で「20世紀のThinkPad」と再会した
ThinkPad 220とXJACKがモバイルコンピューティングの始まりというユーザーは多い。そんな彼らが付き合ってきたThinkPadたちが静かに眠っている場所がある。(2015/4/7)

PC USER 週間ベスト10:
要チェック! 高級志向のモバイルPCとタブレット(2015年3月23日〜3月29日)
今回のアクセスランキングは、ハイエンド志向で他にない魅力を放つモバイルPCとタブレットの新モデル、Windows 10の最新動向、アキバのPCパーツ情報が人気でした。(2015/3/30)

変形機構、液晶、キーボード、ペンの品質に迫る:
ソニーから独立しても“最強伝説”は健在か?――新生「VAIO Z」徹底検証(後編)
ベンチマークテストで圧倒的な性能を見せつけた13.3型ハイエンドモバイルPC「VAIO Z」。レビュー後編は、その使い勝手をじっくり確かめていこう。(2015/3/24)

動画で360度チェック:
「群を抜いた、いいできに仕上がっている」――新型VAIO Zの開発責任者が語る
日本の物作りを徹底的に追求したという新型「VAIO Z」。その魅力について、開発責任者が動画コメントを寄せてくれた。また、高速なVAIO Zの起動や終了も動画で見ていこう。(2015/3/19)

動画で360度チェック:
設計・製造担当者自らが分解!!――新型VAIO Zの中身を知る
高い性能とスリムな2in1 PCとして話題を集める新型「VAIO Z」だが、その中身はどのようになっているのだろうか。設計・製造担当者自らの解体模様を動画で見ていこう。(2015/3/18)

石野純也のMobile Eye(3月2日〜13日):
フタを開けたら“ごく普通の端末”だった――VAIOらしさが感じられない「VAIO Phone」の危うさ
ついにベールを脱いだ「VAIO Phone」だったが、フタを開けてみたら、VAIOらしさの感じられないごく普通のスマートフォンだった。ネットでは大炎上し、よくも悪くも話題を振りまいている本機の疑問点を挙げていきたい。(2015/3/14)

日本通信×VAIOの第1弾:
“ストライクゾーンど真ん中の直球勝負スマホ”こと「VAIO Phone」 結果はヒットかホームランか、それとも……
日本通信とVAIOが協業第1弾となる「VAIO Phone」を発表。両社のキーパーソンが、キャリアの高価格スマホとMVNOの格安スマホの中間にある「ストライクゾーンを狙った直球勝負のスマホ」と説明した。(2015/3/12)

VAIO Phoneは「ストライクゾーンど真ん中」 端末代込み・LTE使い放題で月3980円
「ストライクゾーンど真ん中に直球を投げた」――VAIOブランド初のスマートフォン「VAIO Phone」が登場。スペックはミドルレンジ級ながらVAIOブランドと洗練されたデザイン、リーズナブルな通信料金で、顧客に積極的に選んでもらえるスマホを目指した。(2015/3/12)

動画で360度チェック:
「VAIO Zはここで生まれた!」――安曇野工場を世界初の動画で紹介
出荷が始まった新型「VAIO Z」だが、その古里である長野県安曇野工場での製造工程を、世界初公開となる動画で紹介しよう。(2015/3/9)

店頭にVAIOが本格復帰:
VAIO、家電量販店で購入して持ち帰れる「個人向け標準仕様モデル」を発売
VAIOのPC製品ラインアップは、仕様が固定ながら家電量販店で購入して持ち帰れる「個人向け標準仕様モデル」、仕様が選べる一方で納品は後日となる「VAIO OWNER MADEモデル」の2種類となった。(2015/3/6)

PC USER 週間ベスト10:
PCもタブレットもスマホも――新生「VAIO」に高まる期待(2015年2月23日〜3月1日)
今回のアクセスランキングは、新型VAIO、Windows 10、Broadwell版NUC、キューブ型ゲーミングPCなどが上位に入りました。(2015/3/2)

性能、スタミナ、騒音、発熱をじっくりテスト:
復活した“モンスターPC”の驚くべき性能とは?――新生「VAIO Z」徹底検証(前編)
かつて秀逸なハイエンドモバイルPCとして人気を誇った「VAIO Z」が最新仕様で帰ってきた。VAIO新会社とともに生まれ変わった“Z”の実力を徹底的にチェックする。(2015/2/24)

PC USER 週間ベスト10:
「VAIO」の逆襲が始まる(2015年2月16日〜2月22日)
今回のアクセスランキングは、2月16日に発表された新生「VAIO Z」シリーズ関連の記事が上位を席巻しました。(2015/2/23)

モノづくり最前線レポート:
新生VAIOはモノづくりで何を変えたのか
ソニーから独立したVAIOは、独立後初めてゼロから開発した製品群を発表した。従業員規模がグローバルで全社員合わせて14万人規模の企業体から、240人規模の会社になる中で、モノづくりの手法も大きく変化した。「全社員がみんなで作り上げた製品だ」(VAIO 代表取締役の関取高行氏)とする取り組みの中で、どういうモノづくりのアプローチで新製品を実現したのかについて紹介する。(2015/2/17)

これ、本気で描けますよ:
液晶ペンタブ業界に嵐を巻き起こす!?――「VAIO Z Canvas」を漫画家が速攻レビュー
新生VAIOが放つクリエイター向けタブレット「VAIO Z Canvas」は、ハイスペックな“お絵描きマシン”としても使える。ワコム一強の液晶ペンタブ業界に嵐を巻き起こすのか──PC USERでおなじみの漫画家が、試作機を触った。Cintiq Companion 2との比較も!(2015/2/17)

VAIOで必要なのは顧客視点ではない:
きょうから始まる新生VAIOの物語──「VAIO Z」に込めた“メイド イン 安曇野”の条件
新生VAIOがイチから開発した新モデルが登場した。安曇野FINISHを支える開発方針から展示実機の分解写真まで発表会場からリポートする。(2月17日:動画追加)(2015/2/16)

「薄く・軽く」ではない――新「VAIO Z」が開拓する市場 “究極の道具”でタブレットと差別化
新「VAIO Z」は高速レスポンスや長時間駆動などにこだわった「モンスターマシン」だ。タブレットやスマホには実現できない、ハイスペックPCならではのパフォーマンスを求めるビジネスユーザーに訴求する。(2015/2/16)

モンスターマシン「VAIO Z」復活 クリエイター向け「VAIO Z Canvas」も発売決定
VAIOは2月16日、ノートPCの新製品「VAIO Z」の受注を始めた。クリエイター向けに特化した「VAIO Z Canvas」も5月に発売する予定だ。(2015/2/16)

動画で360度チェック:
新型「VAIO Z」と「VAIO Pro 13」、ソニーの「VAIO Fit 13A」を動画で比べてみた
VAIO株式会社の新モデル13.3型モバイルPC「VAIO Z」を、ソニー時代を含めた歴代VAIOと動画で比較してみた。どこが同じで何が違うのだろうか。(2015/2/16)

動画で360度チェック:
新型「VAIO Z」の突き詰めた魅力に動画で迫る
2014年7月に船出したVAIO株式会社が、満を持して投入した新型「VAIO Z」。その魅力を動画でチェックしてみよう。(2015/2/16)

2015年PC/タブレット春モデル:
新生VAIOがハイエンドモバイルPCの“Z”を復活――「VAIO Z」
TDP 28ワットの第5世代Core i7、16Gバイトメモリ、512GバイトPCIe SSD、長時間駆動のバッテリー、そして独自の変形機構と筆圧ペンまで盛り込み、ハイエンドモバイルPCの「VAIO Z」が生まれ変わって帰ってきた。(2015/2/16)

2015年PC/タブレット春モデル:
VAIOの超高性能タブレットが“Z”シリーズとして正式発表――「VAIO Z Canvas」
クリエイター向け超高性能タブレットの試作機として話題を集めた「VAIO Prototype Tablet PC」が、「VAIO Z Canvas」の名で正式発表された。発売は5月の予定だ。(2015/2/16)

2015年PC/タブレット春モデル:
VAIOが定番セレクトショップとコラボ――「VAIO Z | BEAMS特別仕様モデル」
VAIOとBEAMSの異色コラボが実現。ソニーから分離した新生VAIOならではの特別仕様モデルだ。(2015/2/16)

タブレットに“超高性能”という新提案:
「VAIO Prototype Tablet PC」を濃密にチェックする
4コア/8スレッド対応の第4世代Core Hプロセッサ、Iris Pro、PCIe SSD、Adobe RGB対応の12.3型“2560×1704”液晶、ワイヤレスキーボード、筆圧ペン……新生VAIOが放つ超高性能タブレットの試作機に込められた数々のこだわりを追う。(2014/10/8)

新生VAIO応援×PC USER 20周年特別企画:
PC USER初の電子書籍――『VAIO完全分解&開発秘話1 VAIO Pro編』発売
熱烈なVAIOファンの支持を集めた特集企画「VAIO完全分解&開発秘話」が電子書籍になりました。(2014/8/15)

SONYロゴのないVAIO:
“新生VAIO”で変わること、変わらないこと
ソニーから分離した「VAIO」ブランドが、新たに設立されたVAIO株式会社の元で再スタートを切った。新しいVAIOはどんな製品を目指すのか。(2014/7/2)

VAIO完全分解&開発秘話(後編):
「VAIO Duo 13」を“徹底解剖”したらPCの未来が見えてきた
ソニーが国内で製造する「VAIO Duo 13」は、先進性が際立つ13.3型コンバーチブルPC。実機を徹底分解すると、PCがこれから進むべき未来が見えてくるようだ。(2013/10/4)

VAIO完全分解&開発秘話(前編):
「VAIO Duo 13」の“最先端スライドボディ”を丸裸にする
洗練された新設計のスライドボディに、最新技術をこれでもかと詰め込んだ「VAIO Duo 13」。開発者自ら実機を分解し、ボディの外側と内側から、その魅力に迫る。(2013/9/19)

VAIO完全分解&開発秘話(後編):
「VAIO Pro」を“徹底解剖”して見えた真の姿
“超”軽量モバイルノートPC「VAIO Pro」の内部構造はどうなっているのか? 開発者が語る独自のこだわり、先進的な設計とは? 後編は実機をバラバラに分解し、秘密のベールを剥ぐ。(2013/8/13)

VAIO完全分解&開発秘話(前編):
「VAIO Pro」の“超軽量ボディ”を丸裸にする
クラス最軽量のボディに、色鮮やかなディスプレイ、そして使い勝手も追求した「VAIO Pro」。開発者が自ら実機を分解し、内部構造とともに、そのこだわりも明らかにする。(2013/8/9)

これぞモバイルPCの最先端:
「VAIO Duo 13」徹底検証(後編)――cTDPによる格上のパフォーマンス、驚異的なスタミナ、発熱、騒音をじっくりテストする
ソニーの13.3型コンバーチブルPC「VAIO Duo 13」は、cTDPを生かした高性能と、Ultrabookで最長駆動をうたうスタミナも大きな魅力だ。今回はさまざまなテストで、モバイルPCとしての実力を明らかにする。(2013/7/23)

ポスト“Z”時代の最上VAIOノート:
「VAIO Duo 13」徹底検証(前編)――Ultrabook“世界最長”スタミナ、Haswell“世界初対応”Connected StandbyでPCの限界突破へ
ソニーの変形モバイルPCに13.3型モデル「VAIO Duo 13」が登場。ボディデザイン、パフォーマンス、ディスプレイ、スタミナ、そしてタッチ&ペン入力まで、劇的進化を遂げた最先端PCの実力に迫る。(2013/6/25)

真の実力が明らかに:
「VAIO Pro 11」「VAIO Pro 13」徹底検証(後編)――“世界最軽量”タッチ対応Ultrabookは1Gバイト/秒の“爆速”PCIe SSDも魅力
ソニーの超軽量Ultrabook「VAIO Pro 11」と「VAIO Pro 13」は、スペック面にもこだわっている。特にVAIO Pro 13は、先進のPCIe SSDで性能を大幅に強化可能だ。今回はさまざまなテストで総合的な実力をあぶり出していく。(2013/6/20)

VAIO Zより高画質?:
「VAIO Pro 11」「VAIO Pro 13」徹底検証(中編)――“世界最軽量”タッチ対応Ultrabookはディスプレイもキーボードも妥協なしか
軽さよし、薄さよし、デザインよし――。ソニーの最新鋭Ultrabook「VAIO Pro 11」と「VAIO Pro 13」は、ディスプレイやキーボードに隙はないのか? カタログでは分からない、これらの完成度に迫る。(2013/6/14)

VAIO Z/VAIO Tとの比較も:
「VAIO Pro 11」「VAIO Pro 13」徹底検証(前編)――ソニーがHaswellで実現した“世界最軽量”タッチ対応Ultrabook
片や11.6型、約770グラムで約11時間駆動。片や13.3型、約1060グラムで約13時間駆動。いずれも液晶はIPSでフルHD表示、タッチ対応モデルもある。思わず「こんなPCが欲しかった!」と狂喜乱舞したくなる最新VAIOノートの実力を検証しよう。(2013/6/12)

2013年PC夏モデル:
11型/13型で“世界最軽量”のタッチ対応Ultrabook――「VAIO Pro 11」「VAIO Pro 13」
「VAIO Pro 11」と「VAIO Pro 13」は、11型/13型クラスでそれぞれ世界最軽量をうたうタッチ対応Ultrabook。さらにタッチパネル非搭載の構成ならば、約770グラム/約940グラムと驚異的な軽さになる。(2013/6/10)

13.3型の「VAIO Duo」も:
ソニー、タッチ対応で800グラム台からの超軽量Ultrabook「VAIO Pro」を発表
ソニーがCOMPUTEX TAIPEI 2013に合わせて台北で「VAIO」の新モデルを発表。日本での発売が待たれる。(2013/6/5)

15.5型と14型をまとめてチェック:
薄型ボディとタッチ液晶にこだわる新ホームノートPC――「VAIO Fit」実力診断(前編)
「VAIO」の2013年夏モデルが早くも登場。目玉となる「VAIO Fit」は、14型以上の家庭向けノートPCを集約する新しい主力ラインアップだ。アルミ天板の薄型ボディが美しい上位モデルを2台同時に使ってみた。(2013/5/8)

1台からセットアップ代行
PC初期設定の負担を激減させるVAIOのキッティングサービスとは?
職場環境の改善や生産性向上のため、もっと機動力に優れたクライアントPCを導入したいが、検証や各種設定の作業に負担はかけられない。この負荷を軽減できる方法はないものだろうか。(2013/3/7)

薄型軽量だけではない差別化要因
モバイルワークで最大限に効果が上がる2つの「VAIO」とは?
外勤が多い業務に欠かせないモバイルノートPC。製品数は多いが、処理性能と携帯性をハイレベルに両立できる機種となると、選択肢は少ない。ソニーのフラッグシップノート「VAIO Z」と「VAIO Duo 11」は、その代表例だ。(2013/3/1)

完全分解×開発秘話(後編):
「VAIO Duo 11」を“徹底解剖”して語り尽くす
独自のスライド機構を採用した11.6型モバイルノートPC「VAIO Duo 11」には、ソニー初の挑戦が凝縮されていた。後編も開発者が自ら実機を分解し、その秘密を明らかにしていく。(2012/12/21)

完全分解×開発秘話(前編):
「VAIO Duo 11」の“上質なスライドボディ”を丸裸にする
Windows 8とともにソニーが投入した新スタイルのモバイルPC「VAIO Duo 11」。開発者が自ら実機を分解し、こだわり抜いた複雑な変形機構の秘密を明らかにする。(2012/12/19)

Windows 7搭載モデルが豊富にそろう
「VAIOモバイルノート」がビジネスに効く3つのポイントとは?
Windows 8が発売されたが、今後もしばらくはWindows 7搭載PCを導入したいという企業に向け、ソニーのVAIOは豊富なラインアップを用意している。同社のモバイルノートPCは3つのポイントから幅広いビジネスに有効だ。(2012/12/5)

Windows 8 “+α”の魅力に迫る:
「VAIO Duo 11」徹底検証(中編)――11.6型フルHDのIPS液晶と筆圧検知ペンを味わう
Windows 8タブレットでもあり、Ultrabookでもあるハイブリッド型のモバイルPC「VAIO Duo 11」は、筆圧検知に対応したペン入力までこなす。レビューの中編は、高品位な液晶ディスプレイと柔軟な入力環境に注目する。(2012/10/11)

Windows 8×タブレット×Ultrabook×デジタイザペン:
「VAIO Duo 11」徹底検証(前編)――“スライダーハイブリッドPC”は新時代を告げる
操作画面が大きく変わるWindows 8。その登場に合わせて、VAIOのフラッグシップノートPCも大きくカタチを変えてきた。ついに国内でも正式発表された「VAIO Duo 11」に秘められた未知の可能性を追う。(2012/10/2)

2012年PC秋冬モデル:
新シリーズの“Duo 11”と“Tap 20”でWindows 8を推進――ソニー「VAIO」秋冬モデル
ソニーは「VAIO」の2012年秋冬モデルを10月26日より順次発売する。全モデルにWindows 8を搭載し、新たなPCの利用スタイルを提案する新シリーズの「VAIO Duo 11」と「VAIO Duo 20」がラインアップに加わった。(2012/10/1)

完全分解×開発秘話:
ソニー初のUltrabookはなぜこうなった?――新生「VAIO T」を丸裸にする
シルバーに輝くアルミ天板と剛性感あるフルフラットボディを備えた新生「VAIO T」。ソニー初のUltrabookはどのように生まれたのか、開発者に話を伺いつつ、分解して内部構造を明らかにする。(2012/9/26)

LaVie Zにマボロシのカラバリ なんと虹色:
東京・大阪で「LaVie Z」販売開始イベント──ロンドン五輪メダリストも脱帽「か、軽っ」
NECのスペシャルUltrabook「LaVie Z」のタッチ&トライイベントが東京・大阪の2会場で開催。東京会場にはロンドンオリンピック銅メダリストの立石諒選手も来場し、LaVie Zの「軽さ」に驚いていた。(2012/8/24)

大画面のフルHD/IPS液晶で薄くて軽い:
ソニーが放つ“もう1つの”最上位モバイルノート――「VAIO Sシリーズ15」徹底検証
多数のモバイルノートPCを擁するソニー。そのハイエンドに位置するのは、13.1型の「VAIO Z」だが、この「VAIO Sシリーズ15」は“もう1つの”ハイエンドといえる実力を秘めた大画面・高解像度モデルだ。(2012/8/10)

2代目に死角なしか:
定番Ultrabookが“フルHDのIPS液晶”で劇的進化――「ZENBOOK Prime UX31A」を徹底チェックする
ASUSのUltrabookに、IPS方式のフルHD液晶を搭載した「ZENBOOK Prime」が登場。圧倒的な画面の美しさを手にして、先代機の弱点もつぶした新世代ZENBOOKから13.3型モデルをじっくり試した。(2012/7/10)

大和開発・米沢生産ThinkPadも試験的に開始:
「一体どうなるのかとの不安、この1年で払拭できたと思う」──NEC+レノボのPC事業合弁、好調をアピール
NECとレノボのPC事業合弁会社、NEC レノボ・ジャパングループ発足より1年、国内シェア向上、年間出荷台数・売上高もそれぞれ前年比伸長など、好調さをアピール。NEC米沢事業場でのThinkPad製造開始など、それぞれのメリットを生かした合弁事業展開の方向性を説明した。(2012/7/4)

この劇的な軽さ、まさに無双:
な、何だこの軽さはっ! 13.3型で875グラムの“超”軽量Ultrabook──「LaVie Z」徹底チェック
この軽さはまさに無双! ええぃ、NECのUltrabookは化け物か。インテルのイベントなどでチラ見せされてきたウワサの超軽量Ultrabookがついにベールを脱いだ。早速、その実力を徹底検証する。【バッテリー容量記述を追加】(2012/7/3)

予想以上に軽量!:
NEC、超軽量Ultrabook「LaVie Z」発表──13.3型で875グラム、8.1時間動作
ウワサの極薄・超軽量Ultrabook「LaVie Z」がついに登場。13.3型+1600×900ドットのディスプレイに加え、厚さ14.9ミリ、そして重量875グラムの「超軽量+極薄ボディ」を特長とする。(2012/7/3)

16.65ミリ厚に“4コア”Ivy Bridgeを内蔵:
クアッドコア×グロッシーカーボンでUltrabookを圧倒せよ――「VAIO Z 15周年記念モデル」徹底検証
Ultrabookもいいけど、もっと高性能で上質なモバイルノートPCが欲しいと考えているなら、「VAIO Z」の2012年夏モデルは実に魅力的だ。特にこの15周年記念モデルは、物欲を大いに刺激してくれる。(2012/6/27)

店頭/直販モデルを4台まとめて集中テスト:
ソニー初のUltrabookはやっぱり気になる――「VAIO T」特大レビュー(後編)
Ultrabookに生まれ変わった「VAIO T」は、期待通りの実力を発揮してくれるのか? レビュー後編では仕様が異なる4台のVAIO Tを集め、パフォーマンス、スタミナ、騒音、発熱を検証する。(2012/6/19)

VAIOファン必見:
「VAIO Z 15周年記念限定カラーモデル」をねっとりと眺める
ソニーのフラッグシップモバイルノートPC「VAIO Z」に直販限定の「グロッシープレミアムカーボン」が登場した。カーボンのヘアラインに特殊な光沢コーティングを施した艶やかなボディをチェックしていこう。(2012/6/11)

PC USER 週間ベスト10:
第2世代Ultrabookでしのぎを削る国内メーカー(2012年6月4日〜6月10日)
先週のアクセスランキングは、国内メーカーがこぞって投入したUltrabook新モデルの記事に人気が集中しました。NEC、ソニー、東芝、富士通……、1位を獲得したのは?(2012/6/11)

明日発売! 11.6型/13.3型を徹底比較:
ソニー初のUltrabookはやっぱり気になる――「VAIO T」特大レビュー(前編)
かつて小型軽量モバイルノートPCの名機として支持された「VAIO T」が、Ivy Bridge搭載のUltrabookとして復活した。まったくの別物となったVAIO Tをどう解釈すべきか。4台の新生“T”でその実力を確かめる。(2012/6/8)

ええい、早く仕様を公開してっ:
期待の超軽量Ultrabook「LaVie Z」、再びチラ見せ──「VAIO Z」と並べてみた
NECが「LaVie Z試作機」のプレス向け撮影会を実施。重量測定と中身チェックはかたくなにガードされてしまったが、いくつか判明した仕様もあった。改めて写真と動画で見てみよう。(2012/6/6)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
Ivy BridgeでWindowsとMacのノートはどう変わるか?
TDP 17ワットの第3世代Coreが発表されるとともに、各社からUltrabookの新モデルが続々と登場している。MacBook Proの刷新が期待されるWWDCも来週に迫ってきた。この新CPUでWindowsとMacのノートはどのように進化していくのだろうか。(2012/6/5)

2012年PC夏モデル:
最上位モバイルが待望のIvy Bridge世代に、15周年特別カラーも──「VAIO Z」
フルHDディスプレイも選択できる13.1型サイズの最上位モバイル「VAIO Z」シリーズは、デザインそのままにCPUを第3世代Core iシリーズに刷新し、PMDは別売りとなった。(2012/6/4)

2012年PC夏モデル:
ソニー初のUltrabookは11.6型と13.3型――「VAIO T」
ソニーは、11.6型/13.3型Ultrabookの「VAIO T」を6月9日に発売する。アルミ天板のフルフラットボディに第3世代Coreを搭載し、HDDとキャッシュ用SSDも備える。(2012/6/4)

2012年PC夏モデル:
初のUltrabook、15周年記念ノート、BRAVIAテレパソも――ソニー「VAIO」夏モデル
ソニーは「VAIO」の2012年夏モデルを6月9日より順次発売する。Ivy Bridgeこと第3世代Coreの採用とともに、同社初のUltrabook、ハイエンドモバイルノートPCの15周年記念モデル、BRAVIAの高画質回路を搭載した液晶一体型など、ラインアップを大幅に強化した。(2012/6/4)

そろそろWindows PCにも「Thunderbolt」搭載へ──普及/周辺機器拡充に期待
Thunderbolt技術およびハイクラスストレージ機器のトップクラスベンダー ATTOがプロ向けThunderbolt変換ユニットを日本で公開。新世代の高速接続インタフェース「Thunderbolt」に普及の兆しがあるという。(2012/5/9)

高級モバイルノート×LTEの実力は?:
「VAIO Z」のLTE内蔵モデルで“Xi”を試す
ハイエンドな13.1型モバイルノートPC「VAIO Z」は、NTTドコモのLTEデータ通信サービス「Xi」に対応した無線WANモジュールを内蔵できる。実際、どこまで高速体験ができるのか、テストした。(2012/1/26)

2012年PC春モデル:
店頭モデルも「爆速SSD RAID」に強化、13.1型のハイエンドモバイル──「VAIO Z」
最上位モバイル「VAIO Z」が小リニューアル。店頭モデルはより高速な「第3世代SSD RAID」を標準搭載、カスタマイズモデルも新色「シルバー」が追加され、より高速なCPU+フルHDディスプレイなど幅広い構成でオーダーできる。(2012/1/25)

2012年PC春モデル:
15.5型モバイル拡充、“Z”に新色、編集ソフト刷新――ソニーの「VAIO」春モデル
ソニーは「VAIO」の2012年春モデルを2月4日より順次発売する。オールインワンモバイルノート「VAIO S」のラインアップを拡充し、最上位モバイルノート「VAIO Z」には新色を追加した。動画/音楽編集ソフトも刷新している。【春モデル情報追加】(2012/1/25)

PC USER 週間ベスト10:
やっぱりMacBook Airは強かった(2012年1月16日〜1月22日)
先週のアクセスランキングでは、Mac新連載がいきなりの1位を獲得しました。Androidタブレットや薄型軽量ノートPCの注目機種も上位にランクインしています。(2012/1/23)

最強の座、揺るぎなしか:
「VAIO Z」の最新ハイエンド構成をテストする
ひっそりと秋冬モデルで一部仕様をグレードアップした「VAIO Z」の直販モデル。その性能はどこまで達したのか、ハイエンドな構成で各種テストを実施した。(2012/1/17)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
2012年のPC業界を占う
激動の2111年が終わり、2012年が始まった。今年のPC業界における大きなトピックはIntelの次世代CPU(Ivy Bridge)とWindows 8だが、この2つはPCの何を変えるのだろうか。(2012/1/1)

Air、VAIO、Ultrabook……:
私的ランキングで振り返る2011年のノートPC
PC USERでノートPCのレビューを中心に執筆しているテクニカルライターが、個人的なランキングとともに2011年のノートPCを振り返る。1位は意外なあの製品だ。(2011/12/31)

So-net モバイル 3Gの“ここ”が知りたい:
第1回 対応機種は? 実効速度はドコモSIMと同じ?――「So-net モバイル 3G」
ドコモ網を使ったデータ通信を月額2770円で利用できる「So-net モバイル 3G」。比較的安い料金でドコモのネットワークをフルに使えるのが魅力だ。対応機種や料金などの基本事項と、実効速度を調べた。(2011/12/13)

2011年PC秋冬モデル:
ソニーの最上位モバイル「VAIO Z」にCPUを強化した直販限定モデル
ソニーの直販サイトで販売される「VAIO Z」のオーナーメードモデルでCPUの選択肢が強化され、最小構成価格も13万4800円へと引き下げられている。(2011/11/1)

薄い、軽い、使いやすい、すこぶる高速、あとは価格だ:
これはスマートな仕事マシン──Ultrabook「dynabook R631」に近未来の夢を見る
薄型軽量、長時間。モバイルノートPCの理想を追求する“Ultrabook”と呼ぶカテゴリのPCが登場。東芝の国内メーカー第1弾Ultrabook「dynabook R631」の実力を検証する。(2011/10/28)

VAIO Zより薄い?:
写真で見るUltrabook「dynabook R631」
東芝の2011年PC秋冬モデル第2弾として、ウワサの薄型PC“Ultrabook”が登場。「dynabook R631」を同じく薄型ボディが特徴のVAIO Zと並べて比べてみた。(2011/9/29)

2011年PC秋冬モデル:
ソニーが「VAIO」秋冬モデルを発表――薄型軽量モバイルに15.5型フルHDモデル、裸眼3Dパネルのオプションも
ソニーは「VAIO」の2011年秋冬モデルを10月8日に発売する。オールインワンモバイルノートPC「VAIO S」に15.5型フルHD液晶搭載モデルを追加したほか、基本スペックの底上げやカラバリの拡充を行った。手軽に裸眼3D立体視が楽しめる「3Dパネル」のオプションも追加している。(2011/9/27)

「Xiの不安要素を廃した」ドコモ──LTEタブ+テザリングでWiMAX猛追の構え
NTTドコモがLTE内蔵タブレットを投入。高速なLTEサービスとAndroidタブレットのメリットを「動画サービス」軸に一般層にもアピールする。同時に「タブレットをポータブルルータに」とする訴求策もあるようだ。(2011/9/8)

Windows Insider用語解説:
Thunderboltテクノロジー
Intelが開発した新しい高速インターフェイス規格「Thunderbolt」。すでにMacBookなどに採用されている。Thunderboltのメリットは? USB 3.0との違いは?(2011/8/29)

Windows機としての実力は?:
“Sandy Bridge”な「MacBook Air」を新旧比較(後編)
新型「MacBook Air」レビューの後編では、Windowsをインストールして各種ベンチマークテストを実施する。バッテリー動作時間の実測や新型「VAIO Z」との比較も。(2011/7/27)

理由は一部部品の見直し:
ソニー、「VAIO Z」2011年夏モデルの発売を延期
ソニーが「VAIO Z」2011年夏モデルの発売を延期した。当初は7月30日の発売予定だったが、8月13日に変更する。(2011/7/15)

最先端“Z”を集中テスト:
ハイエンドモバイルの破壊と創造、そして――新型「VAIO Z」を徹底攻略する(後編)
伝統を打ち破り、ソニーのハイエンドモバイルはどこへ向かうのか。レビュー後編は、ドックの有無による性能の違いを中心として、真の実力を明らかにしていく。(2011/7/12)

スマートフォンビュー Weekly Top10:
今、ITmediaスマートフォンビューで読まれている記事(7月4日〜7月10日)
アイティメディアID会員向けサービスとして提供している、スマートフォンのブラウザに最適化した表示ページ「ITmedia スマートフォンビュー」をご存じだろうか。スマートフォンからのみ閲覧できるこのページのアクセスランキングを集計した。(2011/7/11)

ねっと知ったかぶりβ版(7/4〜7/8)盛り上がった初音ミク米国公演 さようならMDウォークマン
注目ニュースをまとめてお届けする「ねっと知ったかぶり」。今週は初音ミク米国ライブの盛り上がりや、APSフィルムとMDウォークマン終了のお知らせが注目を集めました。(2011/7/8)

このノートPCは事件だ:
“光”がもたらすハイエンドモバイル革命――新型「VAIO Z」を徹底攻略する(前編)
こんな“Z”を誰が予測できただろうか? 斬新すぎる“ドック”スタイルに驚きつつも、とにかく新しいVAIOのハイエンドモバイルノートをこってり実力診断していこう。(2011/7/7)

ソニーストア、“VAIOの里”安曇野市で工場見学会を実施――9月16/17日
ソニーストアは、VAIO Zシリーズ「VPCZ21AJ」のソニーストア購入者限定となる工場見学イベント「VAIOオーナーメード体験」の実施を発表した。(2011/7/5)

完全分解×開発秘話:
なぜ薄型軽量ノートPC+ドックなのか?――新生「VAIO Z」を丸裸にする
究極を目指したオールインワンモバイルから、2ピース構成の新システムに路線変更した「VAIO Z」。大胆な変更の理由を開発者に聞きつつ、こだわり抜いた内部構造に迫る。(2011/7/5)

2011年PC夏モデル:
1.15キロ/16.65ミリ厚の本体+ドック構成で復活した最上位モバイルノート――「VAIO Z」
ソニーのハイエンドモバイルノートPC「VAIO Z」が復活を遂げた。外部GPUや光学ドライブを外付けのドックとして分離し、ノートPC本体の薄型化・軽量化を追求している。(2011/7/5)

待望の高解像度化、外装もグレードアップ:
「VAIO S(SA)」徹底検証――直販限定×高級志向の13.3型モバイルノート
「VAIO Z」が販売終了となり、代わりに出てきた「VAIO S」の上位モデル「VAIO S(SA)」は、どれほどの実力を秘めているのか。じっくり、こってりと試してみた。(2011/6/9)

完全分解×開発秘話:
“Z”に肉薄した新型「VAIO S」のフルフラットボディを丸裸にする
洗練されたフルフラットボディに、ハイエンドクラスのパーツをみっちりと詰め込んだ「VAIO S」。大幅に進化した13.3型の主力モバイルノートPCを分解し、内部構造に迫る。(2011/6/2)

VAIO Z ロードテスト:
第4回 VAIO Zの光学ドライブを取っ払い、「SSDに換装」してみた
そういえば光学ドライブってほとんど使ってない。購入よりはや1年、今さらながらこれに気がついたので光学ドライブを取っ払ってSSD/HDDに換装してみた。(2011/5/6)

2DのBlu-rayも地デジも3D変換:
「VAIO F(3D)」徹底検証(前編)――さすがに“4倍速フルHDの3D映像”は格が違った
「PCの3D立体視はイマイチ……」と思っている人は少なくないかもしれない。しかし、VAIO初の3D立体視対応モデルには、その不名誉な印象を覆すだけの実力が確かにある。(2011/3/23)

まさに下克上のパワーとスタミナ:
新型「VAIO S」徹底検証(後編)――その性能は“Z”を超えたのか?
「VAIO Z」のワンランク下というポジションから抜け出し、一足先に最新アーキテクチャと新デザインを手に入れた「VAIO S」。そのパフォーマンスは驚異的だ。(2011/3/10)

第2世代Core i+GPU切り替え+クアッドSSD+フルフラットボディ+長時間駆動:
新型「VAIO S」徹底検証(前編)――VAIO初“Sandy Bridge”モバイルの出来栄えは?
VAIOの2011年春モデルで唯一のモバイルノートPCが新型「VAIO S」だ。ボディの内と外を刷新し、VAIO Zに肉薄するパフォーマンスモバイルへと進化を遂げている。(2011/3/9)

2011年PC春モデル:
第2世代Core i+クアッドSSD+フルフラットボディの新モバイルノート――「VAIO S」
ソニーの13.3型ワイド液晶搭載モバイルノートPC「VAIO S」に、第2世代Core iと新デザインのフルフラットボディを採用した上位モデルが追加された。(2011/3/8)

2011年PC春モデル:
ソニーが「VAIO」春モデル第2弾を発表――3D立体視、新モバイル、集光ボディ、新テレパソ
ソニーは「VAIO」の2011年春モデル第2弾を3月19日より順次発売する。3機種のノートPCと1機種の液晶一体型PCを用意し、いずれもボディとアーキテクチャを一新した。(2011/3/8)

VAIO Z 長期使用リポート:
第3回 「VAIO Z」のHDDをSSDに換装する(後編)
VAIO ZのHDDをSSDに換装するのは、それほど難しくなかった。今回は、新しいSSDに対するシステムリカバリの手順と、リカバリ後のベンチマークテスト結果を紹介しよう。(2011/1/21)

従来モデルと徹底比較:
「VAIO Y(YB)」の真価を問う――“AMD Fusion APU”搭載モバイルノート
ソニーの「VAIO Y(YB)」は、AMDの最新プラットフォームを採用したモバイルノートPC。インテルプラットフォームの従来機と比較しながら、その実力をチェックした。(2011/1/13)

2011年PC春モデル:
ソニーが「VAIO」春モデルを発表――売れ筋モデルに注力、AMD Fusion APU搭載機も
ソニーは「VAIO」の2011年春モデルを1月22日より順次発売する。Sandy Bridgeの採用は見送られたものの、AMDの新プラットフォーム搭載モバイルノートが追加された。(2011/1/12)

VAIO Z、MacBook Air、そして……:
2010年を彩ったモバイルノートPC
2010年に盛り上がったデジタルガジェットといえば、スマートフォンやタブレットが思い浮かぶが、実はモバイルノートPCも豊作だった。印象的な名機を振り返りたい。(2010/12/31)

VAIO Z 長期使用リポート:
第2回 「VAIO Z」のHDDをSSDに換装する(前編)
標準搭載ストレージの違いが、PC性能の決定的差ではないということを教えてやる――というわけで、HDD内蔵の「VAIO Z」を思い切ってSSDに換装してみた。(2010/12/27)

VAIO Z 長期使用リポート:
第1回 「VAIO Z」のクアッドSSDを味わう
“何もあきらめなかったモバイル”こと「VAIO Z」。なんて強気なキャッチフレーズなんだろう。ノートPC好きをワクワクさせてくれる、数少ない1台だ。(2010/12/9)

ソニー、PC秋冬モデルの隠し球:
「VAIO Y(YA)」徹底検証――“11.6型”追加モデルの実力は?
ソニーのバリューモバイルノートPC「VAIO Y」に11.6型ワイドモデルが加わった。VAIOの小型ノートが欲しいが、Atomでは力不足という人にマッチする1台だ。(2010/11/10)

2010年PC秋冬モデル:
新CPU+新“柄バリ”、ハイエンドモバイルノートがマイナーチェンジ──「VAIO Z」
高解像度の13.1型ワイド+SSD+重量1.37キロのハイパフォーマンスモバイルPC「VAIO Z」は、前モデルと基本仕様はほぼ同じく、マイナーチェンジ版として展開する。(2010/9/28)

2010年PC秋冬モデル:
ソニー、「VAIO」秋冬モデルを発表――カラバリ拡充、USB 3.0搭載
ソニーは「VAIO」の2010年秋冬モデルを10月9日より順次発売する。USB 3.0の採用など基本スペックを底上げし、カラーバリエーションを拡充をした。(2010/9/28)

最強タッグ「インテル プロセッサー + Windows 7 + WiMAX搭載」で選ぶ:
PR:“今、何を買うべき”か分かる 2010年夏版「WiMAX内蔵PC」購入ガイド
「WiMAX内蔵PC」、どれが自分に向いているのか、どれを買えばいいのか──。2010年夏のWiMAX内蔵PCカタログとともに、シーン別「WiMAX内蔵PCの購入ポイント」を考察する。(2010/8/23)

“理想”のその後:
「dynabook RX3」に見る“東芝ノート四半世紀”の結論
2007年に登場した「dynabook SS RX」シリーズが、東芝ノート25周年記念モデルとして「dynabook RX3」に生まれ変わった。“理想のモバイルPC”はどう変わったのか?(2010/8/20)

6万円台から買える13.3型VAIOノート:
Atomじゃ物足りない、それならコレでどうだ!?――新生「VAIO Y」を攻略する
Atom搭載機ではないVAIOモバイルノートで最も安価なのが「VAIO Y」シリーズだ。この夏はCPU、デザイン、カラバリに手を加えることで、完成度を高めている。(2010/7/28)

VAIO Z ロードテスト:
第3回 なぜ、VAIO Zに「USB 3.0」ないの?
VAIO Zに「USB 3.0」が標準装備だったらなぁ──。そんな声も聞こえる。それなら増設してしまおう。ExpressCard/34対応USB 3.0増設カードを4製品導入してみた。(2010/6/10)

2010年PC夏モデル:
WWANとWiMAXの同時搭載が可能になった高級モバイル――「VAIO Z」
ハイエンドモバイルノート「VAIO Z」の2010年夏モデルは、オフィススイートが最新版に切り替わった。直販モデルでは無線WANとWiMAXの同時搭載に対応している。(2010/6/8)

VAIO Z ロードテスト:
第2回 やっぱ小さかった、VAIO Zの「アレ」
VAIO Zの特に“IYH”なポイントが、13.1型ワイドながら1920×1080ドット表示の「VAIOディスプレイプレミアム」だろう。予想通りの細かさだが……少しあがいてみた。(2010/5/18)

一般向けの先行予約販売を開始:
「VAIO P」2010年夏モデル徹底検証(前編)――新世代ポケットスタイルPCの実力は?
ついに、新型「VAIO P」直販モデルの一般向け先行予約販売が始まった。薄さ19.8ミリ、最軽量構成で595グラムの人気ミニノートPCは何が変わったのか、じっくり検証する。(2010/5/17)

VAIO Z ロードテスト:
第1回 ポチッとな──を誘う、「VAIO Z」魅惑のオプション価格
VAIO Zが欲しいと思う人の多くが試す、VAIOオーナーメードモデルのカスタマイズシミュレーション。「おいで、おいで……」と誘う価格設定はかなり怖いものである。(2010/5/13)

無線LAN+WiMAXを標準搭載:
立ったまま、“寝ながら”でも使える新「VAIO P」──テーマは「ずっと一緒のPC」
ソニーが新「VAIO P」のお披露目イベントを実施。加速度センサーやタッチセンサー型ポインティングデバイス、WiMAXなどを新たに備え、「立ったまま」「寝ながら」「どこでも」OKとする工夫を多数盛り込んだことをアピールした。(2010/5/11)

完全分解×開発秘話:
「VAIO P」の新ボディをいきなり丸裸にする
“つつむ、たたむ”をイメージした新ボディに生まれ変わった「VAIO P」。中身はそれほど変わらないかも……と思いながら開発者に分解してもらったが、実は大違いだった。(2010/5/10)

写真も動画もこれ1台:
フラッグシップノートは“Z”だけじゃない――「VAIO F」実力診断
多彩なラインアップを誇るVAIOノートのフラッグシップモデルといえば、高級モバイルの「VAIO Z」が思い浮かぶが、据え置き型で頂点に立つ「VAIO F」も見どころ満載だ。(2010/4/6)

矢野渉の「金属魂」的、ノートPC試用記:
書道の一筆に通じる迷いなく引かれた線――ソニー「VAIO Z」
PC USERのカメラマンとして活躍している矢野渉氏が、被写体への愛を120%語り尽くす連載「金属魂」。今回の番外編は、高級モバイルノートPC「VAIO Z」にフォーカスする。(2010/4/1)

ついつい見てしまう
パッケージデザインを募集し、復活を目指していた“萌えこんぶ”「青春こんぶ」の新パッケージが先週決まった。サイトにはほかの応募作品も掲載されており、見ているだけで面白い。(2010/3/1)

ソニースタイル、VAIO Z専用の“BRIEFING”コラボPCケース発売
ソニーマーケティングは、同社直販「ソニースタイル」10周年を記念した“BRIEFING”コラボレーションPCケース「CC-BRF/Z/C」を発売する。(2010/3/1)

「VAIO Z」人気でSonyStyle予約延期 電話もつながりにくく
「VAIO Z」人気でSonyStyleにアクセスが殺到。通常の予約受付開始日を延期した。カスタマーセンターの電話もつながりにくくなっている。(2010/2/26)

新「VAIO Z」先行予約にアクセス殺到 SonyStyleが買い物しづらい状態に
「SonyStyle」で2月25日、買い物しづらい状態に。ハイエンドモバイルノートPC「VAIO Z」新モデルの先行予約にアクセスが殺到したため。(2010/2/25)

ビジネスVAIOの新顔:
Windows 7+Core iで一皮むけた「VAIO B」に目を細める
Calpellaプラットフォームを採用して約1年3カ月ぶりに大幅なモデルチェンジを果たしたビジネスノートPC「VAIO B」。その店頭モデルを試用した。(2010/2/22)

「ソニーストア銀座」オープン
オンラインショッピングサイト「ソニースタイル」のリアル店舗として親しまれていた「ソニースタイル銀座」が、「ソニーストア銀座」としてオープン。(2010/2/24)

直販、店頭、旧機種の3台をガッツリ比較:
“豪華すぎる”モバイルノート「VAIO Z」を徹底検証する(後編)
モバイルノートPCの常識を打ち破るハイパフォーマンスが魅力的な新型「VAIO Z」。レビューの後編は、実際の性能やバッテリー駆動時間、放熱性、静音性をテストする。(2010/2/24)

新型VAIOノート登場:
CULVノートPCも“VAIO”だとこう変わる――「VAIO Y」の店頭モデルを試す
ソニーが重い腰を上げて、2010年春モデルでCULV版ノートPCの店頭市場に殴り込みをかけてきた。その新シリーズとなる「VAIO Y」の実力は!?(2010/2/19)

向かうところ敵なし!?:
“豪華すぎる”モバイルノート「VAIO Z」を徹底検証する(前編)
ボディも内部構造も一新したソニーのハイエンドモバイルノート「VAIO Z」は、評価が高かった従来機からどれだけ進化したのか? 前モデルと比較しながら実体に迫る。(2010/2/17)

完全分解×開発秘話:
クアッドSSD搭載の「VAIO Z」を速攻で丸裸にする
Core i7、クアッドSSD、外部GPU、フルHD液晶、BDドライブを持ち運べるボディサイズに凝縮した新型「VAIO Z」。開発者に話を聞きつつ、その内部構造を明らかにする。(2010/2/16)

2010年PC春モデル:
Core i7×クアッドSSD×フルHD液晶の最上位モバイル――「VAIO Z」
ソニーのハイエンドモバイルノート「VAIO Z」がフルモデルチェンジを行った。ボディの設計を見直し、特徴のGPU切り替え機能やスペック面も大幅に強化している。(2010/2/16)

2010年PC春モデル:
ソニーが「VAIO」春モデル第2弾を発表――高級モバイル、新シリーズ、エコボディのNetbook
ソニーは「VAIO」の2010年春モデル第2弾を2月27日より順次発売する。登場したのは、フルモデルチェンジしたハイエンドモバイルの「VAIO Z」など、3シリーズのノートPCだ。(2010/2/16)

2010 International CES:
Sony Press Conferenceで「未発表VAIO」のデバイスマネージャーに迫る
ソニーがCESの開幕前日に行う公開イベントでは、その年の春モデルがいち早くチェックできるという。今回も期待にたがわずユニークなノートPCが登場した。(2010/1/7)

実際どこまで使えるのか?:
VAIO史上、最薄最軽量モバイルノート「VAIO X」を徹底検証する(前編)
11.1型WXGA液晶を搭載し、重さ約655グラム、厚さ約13.9ミリを実現した「VAIO X」。その薄型軽量ボディはもちろん、ディスプレイの視認性や使い勝手もチェックする。(2009/10/9)

2009年PC秋冬モデル:
ハイパフォーマンスモバイルPCが基本性能を強化――「VAIO Z」
13.1型ワイド液晶を搭載するハイパフォーマンスノート「VAIO Z」シリーズは、CPUとHDDを強化し、直販限定のボディデザインに新柄2パターンを追加した。(2009/10/8)

高速SSD RAIDで突き抜けろ:
ソニーの最高峰モバイルノートPC――「VAIO type Z '09年夏モデル」を駆る
高性能を凝縮したハイエンドモバイルノートPCとして、2008年の真夏に華々しくデビューした「VAIO type Z」。登場から1年がたち、性能と価格はどうなったのか?(2009/7/29)

ソニーが考えるNetbook市場、「VAIO W」の勝算は
ソニーは国内メーカー数社に遅れること数カ月、初のNetbook「VAIO W」を発売する。後発組ならでは、そしてVAIOならではの特徴を取り入れたという本機は、どこまで本気なのか。(2009/7/8)

ソニースタイル限定:
「VAIO type P」「type Z」の直販モデルでWiMAX対応モジュールが選択可能に
ソニーが6月8日に開発予告をした通り、7月27日より「VAIO type P」と「type Z」のVAIOオーナーメードモデルでWiMAXモジュールの選択ができるようになる。(2009/7/7)

XPダウングレード続報:
「VAIO type P」VistaモデルはXP化でどれだけ速くなるのか?
ソニーから「VAIO type P」のWindows XP用ドライバ/ユーティリティが公開されたが、OSを移行すべきなのか。VistaとXPでパフォーマンスを比較する。(2009/6/12)

「VAIO P」「VAIP Z」のWiMAX対応モデル発売へ
ソニーは「VAIO type P」「VAIO type Z」に、モバイルWiMAX通信モジュールを搭載したモデルを発売するする予定だ。(2009/6/9)

WiMAX対応PC、7月から続々 5万円台のSSD機も
東芝、パナソニック、ソニーなどPCメーカー各社が、モバイルWiMAX対応PCを7月下旬から順次発売する。SOTECからは5万円台のモデルも。(2009/6/8)

UQ WiMAX 正式サービスの詳細を発表──1 Dayコース、無料無線LANなども提供
UQコミュニケーションズは6月8日、当初の予定通り7月1日から「UQ WiMAX」の有料サービスを開始すると発表した。月額4480円のUQ Flatのほか、「UQ 1 Day」「WiMAX機器追加」「UQ Wi-Fi」などの新サービスも提供する。(2009/6/8)

ソニー、WiMAX対応モジュール内蔵の「VAIO type Z」「type P」を予告
ソニーは、WiMAX対応モジュールを標準搭載する「VAIO type Z」「VAIO type P」を開発中であると発表した。(2009/6/8)

2009年PC夏モデル:
16.4型ワイドの地デジノートPCに新色が登場――「VAIO type F」
16.4型ワイド液晶を搭載した「VAIO type F」シリーズは、テレビ機能を持つ1モデルにラインアップを統合しつつ、CPUをアップグレードした。(2009/5/26)

2009年PC夏モデル:
基本スペックを強化した18.4型ワイドノートPC――「VAIO type A」
18.4型ワイド液晶搭載ノートPC「VAIO type A」シリーズは、CPU性能とHDD容量を強化し、MIMO 3×3の無線LAN機能を搭載した。(2009/5/26)

2009年PC夏モデル:
256GB×2のSSD RAIDなど、さらにハイスペック構成を選択可能に──「VAIO type Z」
“中身はモンスター級”のハイエンドノートPC「VAIO type Z」の2009年夏モデルは、VAIOオーナーメードモデルで“モンスター度”をより高めるハイエンド構成を選択できるメニューを用意した。(2009/5/26)

2009年PC夏モデル:
type PのXPモデルや新色、地デジ対応type Tが登場――ソニー「VAIO」夏モデル第2弾
ソニーの2009年PC夏モデル第2弾は、Atom搭載ミニノートPC「VAIO type P」に待望のWindows XPモデルを追加。モバイルとハイスペックのノートPCも仕様が強化された。(2009/5/26)

矢野渉の「金属魂」Vol.1:
初まりは“Z”から――ソニー「VAIO NOTE Z」
PC USERのカメラマンとして活躍している矢野渉氏が、被写体への愛を120%語り尽くす新連載「金属魂」がスタート。第1回はソニーの「VAIO PCG-Z1/P」だ。(2009/3/5)

仕事耕具:
ソニースタイルとEDIFICE&IENAがコラボ、高級レザーのノートPC用トートバッグ
ソニースタイル・ジャパンが、男性用と女性用の2つのファッションブランドとコラボ。ノートPC用トートバッグ「EDIFICE(エディフィス)モバイルトートバッグ」「IENA(イエナ)モバイルトートバッグ」の予約を開始した。(2009/2/25)

2009年PC春モデル:
長時間録画が可能になったテレビのとなりの“丸いVAIO”――テレビサイドPC「TP1」
ソニーのテレビサイドPC「TP1」がVAIO AVCトランスコーダーを内蔵。1Tバイトへ倍増したHDDに地デジ放送の長時間録画可能になった。(2009/1/6)

2009年PC春モデル:
64ビットVistaを採用した25.5型ワイド一体型PC――「VAIO type R」
ソニーのフラッグシップデスクトップPC「VAIO type R」は、64ビットVistaの採用とともに4Gバイトメモリを標準搭載。クリエイティブユーザー向けにアドビ製ソフトウェアをバージョンアップした。(2009/1/6)

2009年PC春モデル:
春の3色で展開するエントリー向け液晶一体型PC――「VAIO type J」
低価格な液晶一体型PC「VAIO type J」は、店頭モデルに新色ライムグリーンを追加。Blu-ray Discドライブ搭載モデルもラインアップした。(2009/1/6)

2009年PC春モデル:
春の“ボードPC”はスペックを強化し64ビットVistaへ――「VAIO type L」
VAIOの液晶一体型PC「VAIO type L」シリーズは、64ビット版のWindows Vistaを採用するとともに基本スペックを強化した。(2009/1/6)

2009年PC春モデル:
新色と新柄が追加された超軽量2スピンドルノート──「VAIO type T」
VAIO type Tの2009年春モデルでは標準搭載の4Gバイトメモリを生かす64ビット版OSを導入するとともに、“まばゆい”新色がVAIOオーナーメードモデルに追加された。(2009/1/6)

2009年PC春モデル:
コストパフォーマンスを重視したモバイルノートに集約──「VAIO type S」
従来2系統で構成されていたVAIO type Sは、上位機種をVAIO type Zに移行し、下位機種のスペックを強化してラインアップを集約している。(2009/1/6)

2009年PC春モデル:
新色が登場するシンプルノートPC――「VAIO type N」
ソニーのシンプルノートPC「VAIO type N」に新色が追加された。また最上位モデルでは、BDメディアへの書き込みに対応したBlu-ray Discドライブが搭載される。(2009/1/6)

2009年PC春モデル:
4Gバイトメモリに64ビットOSを搭載した主力AVノート――「VAIO type F」
ソニーの主力ノートPC「VAIO type F」が「VAIOリモコンブラウザー」を搭載して、テレビの大画面でWebブラウジングを楽しめるようになった。(2009/1/6)

2009年PC春モデル:
Blu-ray Discドライブモデルも追加されたカジュアルノート――「VAIO type C」
カラフルなカラーバリエーションで人気の「VAIO type C」が、2009年春モデルでBlu-ray Discドライブを搭載しHDDも強化された。(2009/1/6)

2009年PC春モデル:
アドビ製ソフトウェアがバージョンアップ――「VAIO type A」
VAIOノートPCで最大サイズの液晶を搭載する「VAIO type A」の2009年春モデルでは、基本スペックが強化。64ビット版OSも導入された。(2009/1/6)

2009年PC春モデル:
CPUとHDDを強化したパフォーマンスモバイルノート──「VAIO type Z」
店頭向けで新規モデルが登場したVAIO type Zは基本機能を強化したほか、VAIOオーナーメードモデルでは新柄が追加された。(2009/1/6)

2009年PC春モデル:
一足先に64ビット化を推し進めるソニー「VAIO」春モデルを発表
VAIOの2009年春モデルは、新シリーズの投入を見送る一方でOSに64ビット版Windows Vista Home Premium(SP1)の導入と、既存モデルのスペックアップが中心となる。(2009/1/6)

PC USERベスト100:
Netbook、Air、Core i7など今年もいろいろありました――08年PC記事ランキング
今年1年、PC関連で最も読まれた記事は何か? ITmedia +D PC USERの年間記事別アクセスランキングとともに2008年の重大ニュースを振り返る。(2008/12/31)

社内メールをauケータイで使える――KDDI Business Outlook、無料お試しキャンペーン
KDDIが、メールやスケジュールなどの社内データにPCとauケータイからアクセス可能にする「KDDI Business Outlook」のキャンペーンを実施。最大3カ月間、月額利用料無料で利用できる。(2008/11/11)

自分だけのメッセージを無料で:
ソニースタイル、「VAIO type T」のメッセージ刻印サービスを10月30日に開始
9月30日の製品発表時に10月末の対応予定と告知されていた「VAIO type T」直販モデルのメッセージ刻印サービスについて、詳細が明らかになった。(2008/10/21)

エレガントな進化:
ハイビジョンモバイルを実現した新型「VAIO type T」に肉薄
秋冬モデルでラインアップを一新し、モバイルPCながらBlu-ray Discドライブを内蔵した新「VAIO type T」。その実力を垣間見た。(2008/10/2)

2008年PC秋冬モデル:
デュアルSSDやプレミアムカーボンが選べる高級モバイルノート――「VAIO type Z」
モバイルPCとして規格外の性能を備えた「VAIO type Z」のVAIOオーナーメードモデルが拡張され、最大256GバイトのSSDが選択可能になった。(2008/9/30)

2008年PC秋冬モデル:
外出先でもBDが楽しめる2スピンドルモバイル――「VAIO type S」
13.3型ワイド液晶を搭載したモバイルPC「VAIO type S」に約15万円の下位モデルが登場。直販専用モデルのCTOメニューにはBlu-ray Discドライブも用意された。(2008/9/30)

お値ごろ13.3型モバイルノート:
スイッチ1つで仕事、家庭、屋外モードへ変身――「VAIO type S(SR)」を楽しむ
「VAIO type S(SR)」は、自分らしさを演出するカラバリと“Switch”機能が光るモバイルノートPC。従来とまったく違うモデルに生まれ変わった。(2008/8/21)

山田祥平の「こんなノートを使ってみたい」 :
ユーザーに我慢させないVAIO type Zの“プレミアム”な価値
「だってトレードオフだもの」とは、携帯PCに詳しいパワーユーザーのセリフだ。しかし、そこに開発者は油断していないだろうか。VAIO type Zはそういう甘えを許さない。(2008/8/15)

VAIO直販限定モデルの新顔:
黒くソリッドなもう1つのソニー主力ノート「VAIO type BZ」を試す
VAIOの家庭向け売れ筋ノートといえば、type C、type N、type F(FW)などの名前が思い浮かぶが、もう1つの市場で主力となるのが「type BZ」だ。(2008/8/12)

1600×900表示で画面も広大:
16:9液晶×ダブル地デジ×BDドライブの美しき調和――「VAIO type F(FW)」を楽しみ尽くす
「VAIO type F(FW)」は、外観、液晶、キーボード、基本性能、テレビ機能のすべてが一新された。ソニー本気のAVノートはこれまでとドコが違うのか?(2008/8/1)

Weekly ITmedia +D Top10:
夏と水着とCMと――+DランキングTOP10
夏も真っ盛りだが、皆さん海には行っただろうか。海なんか、忙しくて行けるはずないだろ! という働き者のあなたに、今週はすてきな水着ギャルを紹介しよう。(2008/7/31)

VAIOの旗艦モデルを徹底検証:
ソニー入魂の最高峰モバイルノート「VAIO type Z」に迫る(後編)
2.8GHzのCore 2 Duo、外付けGPU、SSD RAID 0といったハイスペックを1.4キロを切るボディにおさめたVAIO type Z。後編はその性能を見極める。(2008/7/24)

VAIOのX300キラーは化物か!?:
ソニー入魂の最高峰モバイルノート「VAIO type Z」に迫る(前編)
見た目からして、羊ならぬオオカミ、そして中身はモンスター級。ソニーの小型化技術を結集した「VAIO type Z」を隅々までチェックする。(2008/7/22)

松下奈緒がCM曲をピアノ生演奏:
Intelligent、Quality、Designで1兆円事業化へ――ソニー「VAIO」発表会
PCの夏商戦も終盤に差しかかったところで、ソニーはVAIOの新モデルを大々的に発表。会場には、新CMに出演する森泉さんと松下奈緒さんも駆けつけた。(2008/7/17)

右も左もCentrino 2――20台の最新ノートPCが大集合
7月16日にインテルから発表されたCentrino 2搭載PCが一堂に会した。20台を数えた新モデルに写真で迫る。(2008/7/17)

コンシューマーで重要なのはBlu-ray──インテル、Centrino 2のコンセプトをアピール
Centrino 2の製品発表会で特に強調されていたのは、意外にも「Blu-ray」というキーワードだった。「Montevina SFF」の概要と併せて紹介しよう。(2008/7/16)

2008年PC夏モデル:
「Centrino 2」を採用したエントリー向けモバイル――「VAIO type S」
13.3型ワイドの2スピンドルモバイル「VAIO type S」も、基本システムからデザインまでフルモデルチェンジ。新たなエントリーモデルとして生まれ変わった。(2008/7/16)

究極のVAIOノートを眺め回す:
VAIO type Zの“外”と“内”を動画で見る
Centrino 2とともに登場したVAIOの新しいフラッグシップモデル「VAIO type Z」。ソニーの技術を凝縮したハイエンドモバイルを動画で見てみよう。(2008/7/16)

2008年PC夏モデル:
SSD RAIDが圧巻の最上級モバイルノート――「VAIO type Z」
VAIO type Zはアスペクト比16:9の13.1型ワイド液晶を採用し、直販で2基のSSDによるRAID 0構成が選べるなど、モバイル機として規格外の性能を持つ。(2008/7/16)

2008年PC夏モデル:
Centrino 2搭載の新デザインノートがめじろ押し――ソニー「VAIO」真夏モデル
ソニーはCentrino 2の発表に合わせて、VAIOの新作を投入した。“SSD RAID”採用のハイエンドモバイル機など、登場した4タイプすべてが新デザインだ。(2008/7/16)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。