ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「バイラルマーケティング」最新記事一覧

質問!マーケティング→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でマーケティング関連の質問をチェック
テクノロジーがマーケティングを進化させる - ITmedia マーケティング

ターゲティングから運用、効果測定までワンストップで支援:
ソーシャルリスニングのMeltwaterがインフルエンサーマーケティングツール「expaus」を販売開始
Meltwater Japanは、インフルエンサーマーケティングツール「expaus」を提供するLxgicとパートナー契約を結び、同ツールの販売を開始したと発表した。(2017/5/19)

情報拡散の構造をクラスタごとに分析:
ADK、多面的な若者バイラルマーケティング分析を可能にする「ワカナビセブン」を開発
アサツー ディ・ケイは、若年層の情報拡散の構造をクラスタごとに分析する新しい手法「ワカナビセブン」を開発したと発表した。(2017/5/16)

インフルエンサーマーケティング新時代:
「マイクロインフルエンサー」のビッグな訴求力に注目せよ
影響力のある個人の情報発信が消費にレバレッジをかける。いわゆる「インフルエンサー」と組んだマーケティング活動が注目されて久しい。スマホ時代に進化するインフルエンサーマーケティングの新潮流とは?(2017/1/17)

マイナンバーの“お漏らし第一号”になったら?
マイナンバー、お漏らししちゃったらどうなる? 発覚したらどんな対策をすればいい? そんな疑問を持っている人は要チェック!(2016/4/22)

三重・鳥羽市から現役海女アイドル「とばぁば」デビュー “日本一海女の多いまち”をアピール
三重県鳥羽市からご当地アイドル「とばぁば」がデビュー。現役の海女2人組ユニットが「日本一海女の多いまち」をPRする。(2015/11/13)

【連載】インターネット時代の企業PR 第32回:
「ブランドジャーナリズム」でPR担当者のスキルを生かす
自社の情報を自らの言葉で発信するよりも他者に委ねた方が信頼性が上がるというのは本当でしょうか。自発的発信の在り方の1つである「ブランドジャーナリズム」の可能性について考察します。(2015/5/15)

「学生が不祥事・炎上を起こした大学は、志望意欲減退」5割弱
第一志望の大学で、悪い噂や不祥事など、マイナスの情報を見聞きした場合、志望意欲にどの程度変化があるのだろうか。受験生に聞いたところ……。ネットエイジア調べ。(2014/7/25)

DeNA、モバイルゲーム動画共有のKamcordに出資
DeNAがモバイルゲームのプレイ動画を記録・共有するサービスを運営する米ベンチャーKamcordに出資を決めた。(2014/5/7)

2ch騒動が上場企業に飛び火 データ取得障害でホットリンクが業績への影響を説明
マザーズ上場のホットリンクが2chのデータ取得トラブルが起きていると説明。業績に与える影響は軽微だというが、2ch騒動が上場企業にまで飛び火している。(2014/3/10)

Twitterとブログを徹底監視:
PR:炎上対策、Twitter分析――「Buzz Finder」でリアルタイムな口コミマーケティングを実現!
「わが社の商品が、ネットで話題になっているようだ。でもどんな反応がどれくらいあったのか分からない……」そんな悩みを解決する分析ツール、BuzzFinder。ネットの口コミをリアルタイムで可視化すると、どんなことが可能になる?(2014/3/5)

本屋探訪記:二足のわらじ的ブックカフェ「Brown’s Books & Cafe」は下北沢にある
BOOKSHOP LOVER=本屋好きがお届けする詳細な本屋レポ。本屋が好きならここに行け! 今回は下北沢の「Brown's Books & Cafe」を紹介する。(2014/2/3)

顧客マネジメント再考:
【第2回】顧客の良質な経験をいかに管理するのか?
市場の成熟によって顧客の経験値が高まった現在、従来型のマーケティング戦略アプローチだけではマーケットは反応しなくなった。顧客の心を掴むためにはどうすればよいのだろうか。(2013/9/4)

G-SHOCK 30TH INTERVIEW(番外編):
ロンドンでクチコミを使ってG-SHOCKブームを仕掛ける男――ティム・グールドさん
英国は欧州の中でも特にG-SHOCK人気が高い国の1つ。世界観を表現した直営店、トレンドリーダー、そしてSNSを活用したクチコミマーケティングを駆使して、G-SHOCKブームを仕掛ける英国のマーケティング責任者に聞く。(2013/5/27)

これからのことがよく分かるコラム:
ネット関連の仕事を任されたとき、どうすればいい?
「スマホに関する仕事を任されたけど、どうすればいいのか分からない」といった人もいるでしょう。多くの人はついつい会社の人材に頼りがちですが、有名人や才能を持つ人と一緒に仕事をするのがオススメ。なぜなら……。(2012/11/7)

初音ミク起用のChromeブラウザCM、カンヌ国際広告祭で銅賞
YouTubeで350万回以上再生された、初音ミクが登場するGoogle ChromeのCMが、カンヌ国際広告祭ダイレクトマーケティング部門で銅賞を受賞した。(2012/6/20)

電話番号認証を御社のサイトでも――通話サービスをAPI提供「boundio」
KDDIウェブは、各種Webサービスに音声発信やテキストの音声変換機能を追加できるAPIサービス「boundio」をリリースした。(2012/4/11)

震災復興支援サービス大賞:
ITは震災復興支援に役立ったのか?
「震災復興支援サービス大賞」が決まった。ITによる震災の復興支援、いったい何が問題で何が成功だったのだろうか。(2012/3/9)

海外ベストセラーに学ぶ、もう1つのビジネス視点:
好かれるソーシャルメディアの力
最も人を引き付けているソーシャルネットワークはどれか? ソーシャルメディアの利用で、世界中のあらゆる人とつながりを持ち、ビジネスができる。顧客を喜ばせ、魅力的なブランドを作り関心を集める方法とは。(2012/3/7)

荻上チキさんらがひきこもり問題を議論 ニコ生シノドス2月号
時事問題を専門家が解説する番組「ニコ生シドノス」の2月号。前半は「月刊シノドス・ジャーナル」と題し、「口コミマーケティング」をテーマに1カ月間のニュースを深く掘り下げる。後半では「あれから、ひきこもり問題はどこまで対処されたのか」と題し、社会学者の井出草平さんをゲストに迎えてひきこもり問題を議論する。このほかの出演者は評論家の荻上チキさん、駒澤大学グローバル・メディア・スタディーズ学部山口浩准教授など。配信は2月13日20時0分〜。(2012/2/9)

「最高で250万円」という芸能人ブログ“広告”も ステマに業界危機感、健全化へ動く
「高いタレントのブログだと、250万円ぐらい」という生々しい実態も。ステマ排除が広告業界の急務となり、多数の芸能人ブログを抱えるサイバーエージェントが「関係性の明示」の徹底に踏み切るなど、動きが起きている。(2012/2/6)

ステマは「犯罪的」──専門企業に聞く、あるべきバイラルマーケティング
「ステマ」騒動で消費者に疑心暗鬼が広がっている。米国並みの基準でバイラルマーケティングを手がけてきた専門企業に、ブロガーなどを起用したバイラルマーケティングのあるべき姿を聞いた。(2012/1/30)

やらせはどこまで法律で規制されているの?:
「ステマ」「確定申告」「CES」を識者3人が解説――第4回ビジネステレビ誠
Business Media 誠の生放送「ビジネステレビ誠」。第4回では「ステマ」「確定申告」「CES」について3人のゲストが解説しました。(2012/1/25)

「ステマ騒動」の矛先はゲハブログへ:
ゲハブログ最大手「はちま起稿」が謝罪文を掲載、管理人交代へ
「ゲハ板」を発火点とする「もうひとつのステマ騒動」とは。年明け以降、世間を騒がせた「ステマ騒動」。その裏側で、2ちゃんねるの「ゲーム業界、ハードウェア」板でも「もうひとつのステマ騒動」が起こっていた。(2012/1/16)

日々是遊戯:
ホンモノ? 宣伝? 量子浮揚を使った「ワイプアウト」動画について、SCE「弊社で作成したものではありません」
ソニー・コンピュータエンタテインメントによるバイラルマーケティング? との説もあった、話題の「ワイプアウト」動画。聞いてみたところ、SCEとはどうやら関係ない模様?(2012/1/6)

頭がiPadになっちゃった女性、ニューヨークに出現
なんか変なの来ちゃった……? 「iPad頭」の女性が街を歩いています。(2011/8/3)

ソーシャルマーケティング新時代:
アジア新興国におけるソーシャルメディアの現状
今、海外進出する多くの企業がマーケティング戦略で課題を抱える。既存の手法が行き詰まりをみせる中で注目されるのがソーシャルメディアだ。アジア新興国の現場で活躍するコンサルタントの知見を紹介しよう。(2011/2/21)

電子ブックレット特別編:
日本企業はソーシャルメディアに取り組むべきか
ブログ、Twitter、そしてFacebookなど、ソーシャルメディアを活用する企業が増えています。ソーシャルメディアは企業にとって、必須のマーケティングツールとなるのでしょうか。トライバルメディアハウスの池田紀行氏、ループス・コミュニケーションズの斉藤徹氏がUstreamで対談した内容をPDF形式でまとめました。(2010/9/13)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
ビジネスに活用するねたみ力
ねたみの感情は誰にでもあるもの。封じ込めておかずに、取り出して理解することで自分の成長につなげることができる。(2010/8/19)

デジタルPRの仕掛け方:
トリプルメディア時代の企業プロモーション
iPadなどのデジタルデバイスの普及は、企業と消費者のコミュニケーションの在り方に変化をもたらしている。消費者に正しく情報を届けるために、企業は何をすべきか。今回は商品やサービスの流行を作り、トリプルメディアを生かしてメッセージを伝えるための考え方を紹介する。(2010/8/19)

【告知】Ustream特別番組:「日本企業はソーシャルメディアに取り組むべきか」、8月27日18時スタート
ブログ、Twitter、そしてFacebookなど、ソーシャルメディアを活用する企業が増えています。今後ソーシャルメディアは企業にとって、必須のマーケティングツールとなるのでしょうか。トライバルメディアハウスの池田紀行氏、ループス・コミュニケーションズの斉藤徹氏がUstreamで対談します。(2010/8/18)

戦略コンサルタントの視点:
大相撲中継の中止から、お客様の「ご意見」とネットの限界、超克への期待を思う
NHKが大相撲名古屋場所の生中継をしないと発表しました。視聴者の意見が中止決定の理由として報道されています。今回はこの「視聴者から寄せられたご意見」から、企業にとってのお客様の声について考えてみることにします。(2010/7/13)

くねくねハニィの「最近どうよ?」(その37):
ゆる〜い北米取材報告 -GDCもね♪-
寒過ぎて冬眠から覚めなかった(?)くねくねハニィがお送りする季節外れのGDCリポートをお送りしまぁす。大胆なご無沙汰っぷりでびっくりだよねぇ。おもしろい角度でまとめてみたのでご一読をばっ!(2010/4/20)

戦略コンサルタントの視点:
Twitterは企業のマーケティングを変えるか
いまやIT関係者に限らず話題にするようになってきたTwitterだが、実際に企業のマーケティング活動をどんな影響があるのか。戦略系コンサルティングファームであるローランド・ベルガーに話してもらう。(2010/4/6)

「素敵な●●姫へ……」――凄腕化粧品マーケターのこだわりとは
口コミマーケティングで有名な「モニプラ」で、400社にもわたる出展企業から「モニプラ ファンサイト・オブ・イヤー」が発表されました。そこで金賞に輝いたシャレコデザインが、多くの支持者を集めた秘けつに迫ります。(2010/2/5)

「事件の影響、落ち着いてきた」――ライブドアの今
あの事件から4年。ライブドアは経営陣の交代や事業のスリム化などを経て攻めの姿勢を取り戻しつつある。「新サービスをぽんぽん出せる体制にしていきたい」と出澤社長は話す。(2010/2/2)

ソーシャルメディアマーケティングの時代:
ソーシャルメディアマーケティングの基本戦略
ソーシャルメディアマーケティングにおける最良の戦略は、企業が自らソーシャルメディア内に公式アカウントを設置して、身元を明確にしたうえで情報を発信することだ。今回は、企業の立場や規模に応じた戦略立案の方法とマーケティングの目的を明確にする指標を整理する。(2010/2/2)

広告シーンを変える“キャラクター”起用の現状
近年、クルマ業界などさまざまな分野で“キャラクター”が広告に活用されるようになっている。キャラクターを起用する広告はどのくらいの規模まで広がり、どのように展開されているのか。新マーケティングコミュニケーション研究会のシンポジウムで、鷹野義昭テムズ社長と陸川和男キャラクター・データバンク社長がその実情を語った。(2009/12/10)

勝ち残る企業のWebプロモーション:
「祭り力」――鍛えていますか
口コミを利用する「バイラルマーケティング」が注目されている。ソネットエンタテインメントも光ファイバーサービスの認知度を上げるために「hotaru-san プロジェクト」を開始した。だが仕組みをつくっただけでは成功しないという。(2009/12/4)

郷好文の“うふふ”マーケティング:
月9の視聴率も落とす!? 招待制ブランド品セール「ギルト」の魅力とは
“高級ブランド品の招待セール”で人気を集めているギルト。創業2年目で売り上げは72億円。毎日21時から始まるセールに参加者が殺到するため、月9の視聴率にも影響しているという。(2009/11/26)

gooランキング:
クラウド、バズ、ロングテール……実は意味が分かってません
普段は何となく話を合わせているけれど、実は意味を知らないビジネス用語の数々。特に横文字のIT系ビジネス用語に弱くて……という人も多いのでは?(2009/11/9)

Symbian Exchange&Exposition 2009:
最優先課題は、開発者の確保とユーザビリティ強化――Symbian Foundationのウィリアムズ氏
iPhoneの躍進、Android端末のラインアップ拡充、Windows Mobileの新バージョン登場など、シェア争いの激化が予想されるトピックがめじろ押しのスマートフォン市場。こうした中、Symbianはシェアトップの座を維持するために、どんな戦略で臨もうとしているのか。日本での戦略も合わせてSymbian Foundationのリー・ウィリアムズ氏に聞いた。(2009/11/2)

YouTubeが新広告「プロモート動画」、“月間7億件”の検索と連動
米国で先行して始まっていた検索連動型広告「プロモート動画」が国内でもスタートした。設定したキーワードに基づいて、検索結果ページに自社動画へのリンクを表示する仕組みだ。(2009/10/26)

Second Lifeとの違いは?:
芸能人ブロガーも集う仮想空間――「アメーバピグ」の可能性
「Ameba」のサービスはブログだけではない。ここ半年は仮想空間「アメーバピグ」が予想以上の広がりを見せているという。芸能人も集うというサービスの現状と展開を聞いた。(2009/9/19)

SNSは500億円市場、ブログの約3倍 総務省が推計
総務省の推計によると、2008年度のSNS市場は約499億円と、ブログ市場(約160億円)の約3倍。2010年度にはSNSが約717億円、ブログが約183億円に拡大すると予想している。(2009/7/14)

ケータイ好きな女性にPCを売り込め MSなど「アイ.ハコブ」キャンペーン
マイクロソフトやPCメーカーなどが参加する「ウィンドウズ デジタルライフスタイル コンソーシアム」は、夏商戦に向けて合同キャンペーン「アイ.ハコブ」を展開する。ケータイ利用がメインの若い女性にPCを売り込んでいく。(2009/4/24)

「livedoor Blog」をASP提供 ブログ事業強化、第1弾は「pixivブログ」
ブログ事業強化で攻めの1年に――ライブドアは「livedoor Blog」のシステムをASP提供するサービスを始めた。第1弾は「pixivブログ」だ。(2009/4/20)

「Macは高い」――Appleファンの“神話”を打破したMSの新CM
「スペックで比べればMacもPCも価格は変わらない」「大事なのは価格じゃない、デザインだ」――Macの値段の話になるとMacファンはこう主張するが、Microsoftの新CMはそれに反撃している。(2009/4/3)

Google、自社製ブログパーツのブログ口コミ中止 「検索ポリシー違反」
ブロガーに報酬を支払って「Google急上昇ワードランキング」の記事を書いてもらっていたマーケティングが中止。「Googleの検索ポリシーに反していたことが分かったため」と説明している。(2009/2/10)

口コミマーケティングの業界団体、来春発足へ
国内口コミマーケティング市場の健全な発展を目的とした業界団体「WOMマーケティング協議会」の設立を目指し、準備会が発足した。(2008/12/25)

Microsoftが感謝祭に感謝すべき10のこと
Microsoftはビル・ゲイツの引退に感謝し、Yahoo!のジェリー・ヤンCEOにギフトを贈るべきだ。(2008/11/28)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。