ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「撤退」最新記事一覧

石川温のスマホ業界新聞:
MVNOの先駆者・日本通信が個人向け格安SIMカード事業から撤退――VAIO Phoneでキャリア型ビジネスへの転換を狙うも失敗か
日本のMVNOの先駆者である日本通信が、U-NEXTと「提携」し、個人向けMVNO事業から事実上撤退することが明らかになった。この歴史的な出来事は、レッドオーシャン化が進む「格安SIM」の先行きを示唆するものとなるかもしれない。(2016/8/19)

黒字だけど将来の採算性見込めず:
ルネサス、マイクロ波デバイス事業から撤退
ルネサス エレクトロニクスは2016年8月2日、マイクロ波デバイス事業から撤退すると発表した。2018年夏をメドにマイクロ波デバイス製品の生産、供給を停止する。(2016/8/2)

紀伊国屋書店、新宿本店を改装 在庫10%増、イベント増強 新宿南店は和書撤退
紀伊国屋書店は新宿本店を改装し、売場面積と陳列スペースを拡張する。新宿南店は和書から撤退する。(2016/8/2)

この10年で起こったこと、次の10年で起こること(7):
Intelモバイル撤退の真相――“ARMに敗北”よりも“異端児SoFIA”に原因か
今回は、2016年5月に明らかになったIntelのモバイル事業からの撤退の真相を、プロセッサ「Atom」の歴史を振り返りつつ探っていく。「Intelは、ARMやQualcommに敗れた」との見方が強いが、チップをよく観察すると、もう1つの撤退理由が浮かび上がってきた。(2016/7/28)

ドイツ製でも“アメ車”イメージ フォードはなぜ日本で売れなかったのか? 年内「完全撤退」を惜しむ声続々
フォードが年内に日本市場から完全撤退する。名車を生み出してきたビッグブランドが、なぜ日本を去ることになったのか?(2016/7/20)

船井電機、家庭用ビデオデッキ事業から撤退へ 7月末をもって生産終了
国産ビデオデッキに幕。(2016/7/15)

高橋名人が語る:
ファミコンブームの終息と、日本ゲーム業界への提言
1983年に登場したファミコンは、発売から20周年となった2003年に生産を終了しました。連載最終回では、ファミコンブームの終息と、今後の日本のゲーム業界に対する私なりの考えをお伝えします。(2016/7/14)

「AIBOに近しいロボットを」 ソニー、10年ぶりにロボット事業に参入
ソニーがロボット事業に再参入すると発表。2006年に撤退した「AIBO」以来、10年ぶりとなる。(2016/6/29)

Apple、Thunderbolt Displayのディスコンを認める──ディスプレイ市場から撤退か
うわさされていた「Apple Thunderbolt Display」の販売終了を、Appleが正式に認めた。「Macユーザーには素晴らしいサードパーティー製ディスプレイがある」としており、ディスプレイ市場から撤退するのかもしれない。(2016/6/24)

エネルギー市場最前線:
LED照明で攻め続けるアイリスオーヤマ、直販営業強化で3年で売上高2.5倍
節電意識の広がりから市場を大きく拡大したLED照明だが、主力の直管型LEDの置き換え需要が一段落し、曲がり角に立ちつつある。撤退企業が増加する中で、攻勢をかけ続けているのがアイリスオーヤマである。LED事業本部 取締役本部長 石田敬氏に話を聞いた。(2016/6/14)

法制度・規制:
小売電気事業者はついに300社超、競争激化で撤退企業も
経済産業省は2016年6月3日に新規の小売電気事業者登録を行い、新たに積水化学工業など7社を追加。これにより小売事業者登録は307件となった。(2016/6/7)

R25スマホ情報局:
京都でUberの自家用車サービス開始…賛否は?
タクシー会社が撤退してしまった丹後町で、「自家用車タクシー」サービス「Uber」の利用が開始された。(2016/6/2)

パナ、テレビ用液晶パネルから撤退、9月末で生産終了 国内生産はシャープ系のみ
パナソニックがテレビ用液晶パネルの生産から撤退する方針を固めたことが分かった。(2016/6/1)

撤退も検討していたが……シャープ、太陽電池事業継続 鴻海の真意は?
シャープが太陽光パネル事業の黒字化を目指す方針を明らかに。鴻海は同事業の撤退も検討していたが、継続する方針を表明した。(2016/5/26)

Microsoft、スマートフォン部門で1850人削減 「撤退はしない」とマイヤーソン氏
Microsoftが、最大1850人の人員削減を含むスマートフォンハードウェア部門の縮小計画を発表した。ナデラCEOは「電話事業では差別化できる分野にフォーカスする」としている。Windows & Devicesの責任者であるテリー・マイヤーソン氏は社内メモで、「縮小するが撤退はしない」「素晴らしい新端末を開発する」と語った。(2016/5/26)

苦戦の背景にネット通販:
ファストファッション業界は曲がり角 オールドネイビー撤退、ユニクロ苦戦
米カジュアル衣料品店大手のギャップが「オールドネイビー」の日本撤退を決めた。ファーストリテイリングが展開する「ユニクロ」も価格戦略の見直しを余儀なくされ、ファストファッション業界は曲がり角を迎えている。(2016/5/25)

GAP、日本の「オールドネイビー」撤退へ
GAPは日本国内の「オールドネイビー」全店を閉鎖する。(2016/5/20)

ディズニー、ゲームパブリッシング事業から史上三度目の撤退へ 今後はライセンス貸与に専念
「Disney Infinity」生産中止が契機に。(2016/5/13)

計6フロアの大型書店・紀伊國屋新宿南店が事実上の撤退へ 売り場を洋書専門店のみに縮小
1996年10月にオープン、大規模な売り場が当時話題に。(2016/5/13)

製造マネジメントニュース:
汎用エンジンから撤退する富士重工業、社名を「株式会社SUBARU」に変更
富士重工業は、2017年4月1日付で社名を現在の「富士重工業株式会社」から「株式会社SUBARU」に変更する。併せて、汎用エンジンなどを手掛ける産業機器カンパニーをスバル自動車部門の傘下に統合することも決定した。(2016/5/13)

顧客データ保存めぐる対立で:
Appleの電気自動車事業からBMWとDaimlerが撤退?
Appleは、「Project Titan」で進める自動運転機能付き電気自動車開発プロジェクトでBMWおよびDaimlerと交渉していたが、プロジェクトの主導権と顧客データ収集をめぐって対立し、決裂したと独メディアが報じた。Appleはカナダの自動車OEM企業Magnaと交渉中という。(2016/4/25)

「マジカルストーン」運営、批判受け「RMT事業」からの撤退を宣言 第一段階としてまず「ドラクエ10」から
「ぷよぷよ」との類似指摘のほか、運営側が以前から、組織的なRMTに関わっていたことについて批判が集まっていました。(2016/4/3)

「花見の場所取り」で建設大手・日揮に苦情 広場の大半を5日間にわたり占拠 批判受けて謝罪・撤退へ
ネット上では場所取りをしていた企業に非難が相次ぐ形に。(2016/3/30)

「いつか来た道」回避目指したが……革新機構、シャープの再編頓挫
シャープが鴻海の傘下入りを決めた翌日、産業革新機構のCEOは「提案には今も自信を持っている。残念だがシャープの案件は終了だ」と撤退を表明した。(2016/3/1)

LINE、MixRadio事業から撤退を発表
数週間以内にサービス終了予定。(2016/2/16)

イノベーションのレシピ:
10年で10事業から撤退、イノベーションに活路を見いだすコニカミノルタの挑戦
日系製造業は事業環境の変化に悩まされ続けている。その中で新たなビジネスの芽を生み出し続けることは非常に重要な課題である。「10年で10事業から撤退した」というコニカミノルタでは、ロジックでイノベーションを生み出すため、組織的な取り組みに力を注ぐ。(2016/2/4)

2015年クラウド業界10大ニュース【前編】
クラウド業界の大型買収や統廃合を振り返る、あのサービスはどうなった?
2015年もクラウド業界は目まぐるしく変化した。前編では、DellによるEMCの買収、HPのパブリッククラウド撤退、GoogleとVMwareとの提携といったビッグニュースをまとめた。(2015/12/25)

モータースポーツ:
日産が「ル・マン」最高峰クラスから撤退、FF方式での参戦は1年で幕
日産自動車は、2016年シーズンのFIA世界耐久選手権の最高峰クラス・LMP1への参戦を取りやめると発表した。同社は2015年シーズンから参戦していたが、1年で撤退することとなった。(2015/12/24)

「漫画の性的描写」で開発者アカウント削除されたNagisa、iOSアプリ運営から撤退
iOS向け漫画アプリの性的描写をめぐる問題で、App Storeの開発者アカウントを削除されていたNagisaは、iOSアプリの自社運営から撤退すると発表した。(2015/12/14)

Appleに怒られアカウント抹消されたNagisa、iOSアプリからの撤退を決定
「漫画の性的描写」が原因でAppleからアカウント停止措置を受けていました。(2015/12/13)

東芝、「テレビ自社生産から完全撤退」報道にコメント
東芝がテレビ事業で自社生産から完全撤退するという一部報道についてコメント。(2015/12/10)

「Ustream」アジア法人が撤退へ 米本社での直接運営に
Ustream Asiaがライブ映像配信サービスから撤退。米本社での直接運営へと移管する。(2015/12/1)

山本浩司の「アレを観るならぜひコレで!」:
自発光ならではのコントラスト、LGエレの有機ELテレビ「65EG9600」を試す
パナソニックのプラズマテレビ事業撤退で家庭用自発光ディスプレイの灯は消えた。そこに一石を投じたのが、韓国LGエレクトロニクスのOLED(有機EL)テレビ。液晶タイプに比べて値段こそ高いが、自発光タイプならではのコントラストのしっかりとした高精細映像で筆者を魅了した。(2015/11/26)

レッシグ教授、大統領選出馬を断念 候補者ディベート参加ルール変更が「実質的な締め出し」
2016年の米大統領選出馬を表明していたローレンス・レッシグ教授が撤退を表明した。(2015/11/4)

SNKプレイモア、ゲーム事業の強化とパチスロ事業撤退を発表
今後はゲーム事業とライセンス事業に経営資源を集中させる。(2015/11/2)

SNKプレイモア、ゲーム事業を強化 パチスロは撤退
SNKプレイモアがゲーム事業とライセンス事業に集中する方針を発表。パチスロからは撤退する。(2015/11/2)

白色LED後発参入も実らず、撤退:
東芝 半導体リストラ、1200人が異動/退職へ
東芝は2015年10月28日、CMOSイメージセンサー/白色LED事業からの撤退や人員削減策を盛り込んだ半導体事業の構造改革策を発表した。構造改革の実施により、2017年3月期の半導体事業の固定費を2015年3月期比260億円程度削減するとしている。(2015/10/28)

イメージセンサー事業から撤退:
東芝、大分300mmラインをソニーに譲渡
東芝とソニーは2015年10月28日、東芝の半導体前工程製造拠点である大分工場300mmウエハー生産ラインを、ソニーに譲渡することで合意したと発表した。東芝は、CMOSイメージセンサー事業から撤退する。(2015/10/28)

東芝、CMOSセンサー生産拠点をソニーへ売却 正式発表 白色LEDも撤退
東芝はCMOSイメージセンサー事業と白色LED事業からの撤退を正式発表した。(2015/10/28)

自然エネルギー:
水素時代を目前に撤退、木質バイオマスによる水素製造が4年で終わる
九州を中心に石油製品を販売する新出光が福岡県で4年前に稼働させた水素製造プラントを閉鎖した。地域の間伐材など木質バイオマスからCO2フリーの水素ガスを製造する先進的なプロジェクトだったが、技術的な問題を解消できず、バイオマス水素の製造・販売事業から撤退する。(2015/10/20)

イメーション、記録メディアから撤退
イメーションが記録メディアとオーディオ機器事業から撤退。「Imation」「TDK Life on Record」ブランド製品の販売を12月末で終了する。(2015/9/30)

Google、今秋にも中国市場に再参入か しかし困難も
中国市場から5年前に撤退したGoogleが今秋にも再参入するといううわさがある。しかし、その道のりは平坦ではなさそうだ。(2015/9/16)

ニッセン、大型家具から撤退 希望退職実施、今期最終赤字は119億円に
カタログ通販のニッセンは今期赤字が拡大する見通し。大型家具事業から撤退し、希望退職の実施に踏み切る。(2015/8/17)

車両デザイン:
米国撤退の三菱自動車、タイで新型「パジェロスポーツ」を発表
三菱自動車は、中型SUV「パジェロスポーツ」の新モデルをタイで初披露した。米国での生産終了を発表したばかりの同社にとって、タイで生産する新型パジェロスポーツは、グローバル展開する重要な戦略商品となっている。(2015/8/3)

メキシコの生産拠点も売却:
シャープ、米国テレビ事業撤退 Hisenseに「AQUOS」「Quattron」ブランド供与
シャープが、北米・中南米地域(ブラジル除く)における液晶テレビの生産・販売から撤退すると発表。中国の家電大手Hisenseに生産拠点を売却し、ブランドを供与する。(2015/7/31)

シャープ、米テレビ生産・販売から撤退 中国大手に拠点売却・ブランド供与
シャープは北米・中南米地域での液晶テレビ生産・販売から撤退すると発表した。(2015/7/31)

三菱自動車、米国生産からの撤退を発表
三菱自動車が米国生産から撤退。カリフォルニア州の米子会社による生産を11月末で終了する。(2015/7/27)

工場ニュース:
三菱自動車が米国生産から撤退、アジアにシフトへ
三菱自動車は米国の子会社であるミツビシ・モーターズ・ノース・アメリカ(MMNA)が生産・販売を行う「アウトランダー・スポーツ(日本名:RVR)」の生産を終了し、同モデルの生産を愛知県の岡崎工場に集約すると発表。米国での生産事業から正式に撤退となる。(2015/7/27)

東南アジア発、気になるニッポン企業:
人口3000万人の小さな国に、吉野家が「再上陸」したワケ
牛丼チェーンを展開している吉野家ホールディングスがマレーシアに再上陸した。同社は2009年にマレーシアから撤退したのに、なぜこのタイミングで再スタートしたのか。その理由は……。(2015/7/22)

Microsoft、7800人を削減 スマートフォン事業を改革
Microsoftが7800人の人員削減と、Nokiaハードウェア事業買収に関連する約76億ドルの評価損計上を発表した。人員削減は主にスマートフォン事業で実施するが、オリジナル端末製造から撤退する意向はないようだ。(2015/7/9)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。