ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「海外赴任」最新記事一覧

関連キーワード

常見陽平のサラリーマン研究所:
BOOWY好きの上司と飲むときに気を付けたいこと
群馬県高崎駅に伝説のロックバンド「BOOWY」と書かれたポスターが現れ、盛り上がっている。サラリーマン的に問題なのは、今月の会社の飲みの席で、男性上司から高い可能性でこの話題が出ること、それにどう対応するかということではないだろうか。(2017/6/9)

新聞記事を抜粋:
「月刊新聞ダイジェスト」休刊
就活中の学生などに読まれていた「新聞ダイジェスト」が休刊した。(2017/5/29)

SIMロックフリースマホメーカーに聞く:
なぜAndroid? 約2万5000円という安さの秘密は? 「VAIO Phone A」インタビュー
「VAIO Phone A」の発売から約1年がたった後に、Android版の「VAIO Phone A」を発売したVAIO。DSDSやVoLTEに対応しながら、約2万5000円という安さを実現。このタイミングでAndroid版を投入する狙いや、安さの秘密を開発陣に聞いた。(2017/4/25)

千円で散財「センポチ」ってみた:
980円の若者向けファッション雑誌付録を背負う
若者向けカジュアルファッション雑誌「smart」5月号付録のリュックサックを散財してみた。ポチッ。(2017/4/5)

外務省がゴルゴ13に協力要請 「中堅・中小企業向け海外安全対策マニュアル」解説漫画に起用
原則毎週金曜更新で全13話を予定。(2017/3/23)

Microsoft Focus:
「3枚の絵」が象徴するMS平野社長の経営哲学
社長室突撃企画第2弾。日本マイクロソフトの社長室に飾られた3枚の絵には、平野社長のどんな思いが込められているのか。(2017/2/11)

ドイツのコネクテッドカー開発事情:
1人でドイツのベンチャーへ、Web Bluetoothでクルマ向けアプリの開発支援
筆者は20代のエンジニアで、単身でドイツに渡り、ベルリンのスタートアップで働き始めました。そのスタートアップでは、「Web Bluetooth」を活用し、誰もが簡単に自動車向けのアプリケーションを開発できるようにするプラットフォームを提供することに取り組みました。ドイツのコネクテッドカー開発事情やスタートアップの現状について、4回に分けて紹介します。(2017/2/6)

キャリアニュース:
海外勤務――赴任先にかかわらず受け入れるという人が昨年に比べ減少
転職支援サイト「ミドルの転職」が、海外勤務についての調査結果を発表。海外勤務の辞令を「赴任先にかかわらず喜んで受け入れる」と回答した人は昨年に比べ減少し、「拒否する」が増加していた。(2016/10/25)

アイツー、03番号で安定した通話が可能な「トラベルSIM03 トーク&データ」10月21日発売
アイツーは、10月21日に03番号で通話できる「トラベルSIM03 トーク&データ」を発売。2年間無料で安定した通話が可能で、番号を切り替えずに受信できる。また、海外で日本のテレビを視聴できる「Slingbox M1 HDMI&トラベルSIM03 バック」も販売開始する。(2016/10/20)

プロマネ1年生の教科書:
ブレない“軸”を持っていますか? 自信のあるプロマネになる、たった1つの方法
人に指示を出す立場にあるプロマネが“自信なさげ”だったら、部下からの信頼は得られるでしょうか。自身のキャリアをじっくりと振り返り、未来を考えることで、ぶれない“自分の軸”ができ、それが自信につながるのです。(2016/7/29)

「不動産×VR」で内見が不要になる? ドローンやOculusの活用も
物件選びにおいて最も時間の掛かる「内見」の煩わしさを解消してくれそうなWebサービスが国内外で登場している。ドローンやOculus Riftなどの先端技術を駆使しているのが特徴だ。(2016/3/14)

日本の女性活躍に向けた5つの優先施策とは?
日本企業で女性の就労を男性と同じ水準へと増やすだけで、GDPが最低でも9%増加すると言われている。いかにして女性の活躍の場を創出するべきか。5つの優先施策を紹介したい。(2015/12/18)

「プロジェクトマネジャー」の極意:
数学女子はSEになり、やがてチームを信頼し凄腕のプロマネになる――土本光恵さん
IT系のプロジェクトマネジャーというと、気苦労が多く“自分には向かない”と敬遠してしまう人もいるかもしれない。しかし、その仕事を楽しめる人がいるのも事実だ。10年近くプロマネを務めている“プロ”に、その極意を聞いてみた。(2015/10/23)

「海外で働きたくない」新入社員、過去最高
あなたは海外で働きたいと思いますか? 今年4月に就職した新入社員に聞いたところ……。産業能率大学調べ。(2015/9/9)

ヘルスケアだけで終わらせない医療IT(6):
勉強会で明らかになった医療向けOSSの多様な活用法──電子カルテ、臨床試験データ解析、日本語医学用語プラットフォーム、画像DB
2015年7月4日に東京で開催された「第10回 医療オープンソースソフトウェア協議会セミナー」の講演を基に、医療分野でOSSがどのように重要な役割を担いつつあるのかをリポートする。(2015/8/28)

ルータープリンスの「5分で知る最近のモバイル通信&ルータ事情」:
UQ、WiMAX 2+の制限を緩和/SIMフリールーター「MR04LN」は海外SIMでLTE接続可能
UQコミュニケーションズが、WiMAX 2+の「直近3日間で3Gバイト」を超えた際の通信速度制限を緩和。広告表現を見直し、制限時の利便性向上を行うと発表した。(2015/8/13)

人生の節目節目にOCEANUSがあった:
なぜOCEANUSを使うのか?――ユーザーインタビュー・内藤博之さん
世界初のフルメタルクロノグラフ電波ソーラーとして登場したOCEANUS。クロノグラフはいろいろあるが、ユーザーは何を魅力に感じてOCEANUSを選ぶのだろうか? 初代と10年目のGPS+電波時計を愛用する内藤博之さんに話を聞いた。(2015/6/5)

8言語マスター・新条正恵さんインタビュー(3):
いますぐ実践できる、英語面接に生かせる考えかた
グローバルビジネスの世界で、日本人は「英語が苦手」なばかりに取り残されている――そう警鐘を鳴らすのは、外資系企業で長く働いてきた新条正恵さんだ。8カ国語をマスターした彼女に、いますぐ実践できる、英語面接に生かせる考えかたを聞く。(2015/3/30)

8言語マスター・新条正恵さんインタビュー(2):
日本人が抱える「英語トラウマ」の取り除き方
グローバルビジネスの世界で、日本人は「英語が苦手」なばかりに取り残されてしまっている――そう警鐘を鳴らすのは、外資系企業で長く働いてきた新条正恵さんだ。8カ国語をマスターした彼女に、日本人が抱える「英語トラウマ」の取り除き方を聞いた。(2015/3/27)

8言語マスター・新条正恵さんインタビュー(1):
グローバルビジネスに「英語力」が必要なワケ
グローバルビジネスの世界で、日本人は「英語が苦手」なばかりに取り残されてしまっている――そう警鐘を鳴らすのは、外資系企業で長く働いてきた新条正恵さんだ。8カ国語をマスターした彼女に聞く、グローバルで通用する「生きた英語力」とは? 全3回。(2015/3/26)

ファン急増「ヤマー チャン」 美形キャラで理解促進 伊藤忠商事の「Office 365」活用術
「20時以降残業禁止」「朝型勤務制度」の導入など、従業員のワークスタイル改革を支援する施策を積極推進する伊藤忠商事が、メール/社内コラボレーションツールを「Office 365」に刷新した。導入の経緯や手段、そしてそれを「従業員へ理解してもらう」方法とは。(2015/2/27)

萩原栄幸の情報セキュリティ相談室:
転勤や退職で知っておくべき情報セキュリティ
多くの企業で年度末への対応と新年度への準備が始まり、転勤や退職を控えている人も少なくない。人事異動や退職で気をつけるべきセキュリティとは?(2015/2/27)

電子コミック・プチレビュー:
重役秘書は見た。何を? ――銀行人事の裏側まで見ちゃってますが
『重役秘書リナ』は、珍しく秘書にスポットライトを当てたマンガ。人格者の銀行・副頭取と、その秘書の周りで、多くの人間ドラマが繰り広げられます。(2014/12/12)

製造業界別に考える転職活動、成功のカギ:
石油業界・上流部門(アップストリーム)への転職――近しい業界経験者を歓迎も、文系職では異業種からの採用ニーズあり
石油・ガス業界は、海外駐在者や多忙な人が多く、いざ転職活動となっても、十分な準備をして臨むことが難しい。「すぐに転職」という意向はなくとも、早めに今後のキャリアを整理しておいた方がいいとジェイ エイ シー リクルートメントの平本氏は助言している。(2014/11/21)

成功の鍵は「文化」にあり? グローバル人材の真の条件
(2014/10/7)

Angry Birds、怒りの癒やし漫画化──「なかよし」でまさかの連載スタート
怒れる鳥が………萌えた。(2014/9/3)

30代からの「次の働き方」:
日常の仕事から一歩踏み出す――会社や日本にとらわれない働き方へ
「プロボノ」「二枚目の名刺」「週末起業」といったキーワードを耳にしたことはありませんか? これからは慣習にとらわれないボーダーレスな働き方が求められます。(2014/8/5)

「社員が成長できる企業」ランキング――1位は?
企業リサーチサイト「Vorkers」を運営するヴォーカーズは「社員が成長できる企業・組織」に関する調査レポートを発表した。サイトに投稿された社員の声を分析したことろ……。(2014/7/23)

“共進化”するアジアのモノづくり(2):
現地社員を生かせない企業は成功しない――成功企業が実施する理念の共有
アジア地域のモノづくりで成功するためにはどういう要素が必要かを日本能率協会が実施した調査結果を交えながら解説する本連載。2回目となる今回は、ASEANでの展開に成功する企業と失敗する企業のマネジメントの実例を紹介する。(2014/7/15)

上阪徹が探る、リクルートのリアル:
世界一になるとはどういうことか――答えは、まだ出ていない
幅広い領域で次々とビジネスを拡大しているリクルート。中長期戦略の柱は「グローバル化」と「IT化」だが、具体的にどんなことを行っているのだろうか。37歳の若さで経営企画室長に抜てきされた今村健一氏に話を聞いた。(2014/6/13)

博報堂生活総研・吉川昌孝の「常識の変わり目」:
「海外赴任」で思い浮かべるのは、どの国? どの都市?
「昔はこうだったのに」──。これまでの常識とは違うことが常識になりつつあると感じる事象はありませんか。データで読み解くと、常識の変わり目が見えてきます。今回は「海外赴任の変わり目」を取り上げます。(2014/6/10)

山浦恒央の“くみこみ”な話(63):
ソフトウェア開発プロジェクトが大ごけする“カラクリ”
ソフトウェア開発プロジェクトで致命的な失敗を引き起こす、「仕様の誤解」が発生するメカニズムを詳しく解説します。(2014/5/23)

海外渡航中でも電話番号・メアドをキープ ソフトバンクが新サービス
海外に長期滞在する場合など携帯電話を長期に使わない場合、月額390円で電話番号とメールアドレスを最大5年間キープできるをソフトバンクがスタートする。(2014/5/12)

ソフトバンク、月額390円の「電話番号・メールアドレスお預かりサービス」提供開始
ソフトバンクモバイルは、携帯電話を一定期間利用しないユーザーを対象とした「電話番号・メールアドレスお預かりサービス」を提供開始。月額390円で最長5年間電話番号・メールアドレスを保管できる。(2014/5/12)

山浦恒央の“くみこみ”な話(62):
必読3つの当たり前 〜オフショア開発とご近所付き合い〜
オフショア開発の主要な問題点を取り上げるシリーズ。最終回は「『当たり前』は本当に『当たり前』か」をテーマに、オフショア開発を成功に導く3つの秘訣を解説します。(2014/4/25)

製造マネジメントニュース:
「海外赴任イヤです!」止まらぬビジネスのグローバル化、新人のドメスティック化
企業と新入社員の思惑の隔たりは広がっているようだ。日本能率協会の2014年度入社新入社員への意識調査によると「海外赴任はしたくない」と回答した新入社員の比率は57.7%となり、2年連続の増加となった。(2014/4/17)

上阪徹が探る、リクルートのリアル:
仕事ができる人の共通点は? リクルートで働いて学んだこと
幅広い領域で次々とビジネスを拡大しているリクルート。今や売り上げは1兆円以上に。今のリクルートって、いったいどうなっているのか。第一線で活躍する“エース”たちから、今のリクルートのリアルを探る。(2014/4/4)

「英語に愛されないエンジニア」のための新行動論 ―総括編―:
「英語に愛されないエンジニア」のための新行動論とは、“愛”である
今回は、最終回とは別に「総括編」をお届けします。「英語に愛されないエンジニア」と「英語に愛されるエンジニア」。どちらがよかったかと問われれば、私は間違いなく後者を選ぶでしょう。「英語に愛されないことで、別の幸せがあった」などと締めくくるつもりは毛頭ありません。ただし、本連載で展開してきた新行動論のバックボーンにあったのは、常に“愛”でした。(2014/3/25)

「英語に愛されないエンジニア」のための新行動論(最終回):
海外出張報告の極意――最後まで「英語に愛されないエンジニア」らしくあれ
海外出張は、会社への業務報告で幕を閉じます。しかし、「英語に愛されない」エンジニアが、一部の隙もない完璧な報告をできるとは思えません。実は、それでよいのです。英語に愛されないエンジニアは、“英語に愛されない”という、その特性を最後まで生かして、報告会を乗り切るべきなのです。最終回となる今回の実践編(報告)では、その方法をお伝えします。(2014/3/19)

山浦恒央の“くみこみ”な話(61):
ちょっと一休みして「技術翻訳」の話【その4】 〜オフショア開発とご近所付き合い〜
オフショア開発は、海外(外国人)に発注するから難しいのではなく、他人に発注するから難しい――。番外編「技術翻訳」シリーズの最終回。今回は、技術翻訳の神髄「“日本語で”良い文章を書くには?」をお届けする。(2014/3/18)

シトリックスが事業戦略説明会を実施:
モバイルワークスタイルはもはや幻想でなく実現可能な現実
 シトリックスが、2014年度の事業戦略説明会を実施。同社代表取締役社長 マイケル・キング(Michael King)氏は今年の注力キーワードとして“モバイル・ワークスペース”を挙げた。(2014/2/19)

「英語に愛されないエンジニア」のための新行動論(23):
もしも、あなたの大事な人が海外赴任になったなら
海外赴任というのは、多かれ少なかれ周りの人間を巻き込みます。そして、赴任するのが「英語に愛されないエンジニア」である場合、周りは、巻き込まれるばかりか、赴任する本人を“守る”という使命まで負う可能性もあります。今回は、海外に赴任する「英語に愛されないエンジニア」が、(1)自分自身である、(2)恋人である、(3)夫あるいは妻である、(4)親である、という4つの視点に立って、“守る方法”を検証します。(2014/2/20)

山浦恒央の“くみこみ”な話(60):
ちょっと一休みして「技術翻訳」の話【その3】 〜オフショア開発とご近所付き合い〜
オフショア開発は、海外(外国人)に発注するから難しいのではなく、他人に発注するから難しい――。今回もオフショア開発の話題から少し離れて、「技術翻訳」のコツ、テクニック、注意すべき点を紹介する。(2014/2/17)

年収1000万円超のビジネスパーソンに聞く、就活生にオススメしない業界
現在就職活動中の大学生に薦めたい就職先は? 平均年収1000万円超のビジネスパーソンに聞いた。ビズリーチ調べ。(2014/2/4)

「英語に愛されないエンジニア」のための新行動論(22):
最難関の「撤収」を鮮やかに乗り切る、11カ条の作業原則
海外企業との協業プロジェクトにおいて、最も難易度が高いのは「撤収」です。撤収作業は、双方に与えるダメージを最小限に抑えつつ、ひそやかに行うことが重要です。それには、どうすればいいのか? 実践編(撤収)となる今回は、ダメージを最小限に抑え、なおかつ自らに何らかの成果をもたらすような、鮮やかな撤収のための11カ条をお伝えします。(2014/1/17)

プロフェッショナルサラリーマン――実践Q&A編:
事務職は何をモチベーションにして仕事をしたらいいのでしょうか
「上司や部下の考えていることが分からない」「サラリーマンって、なんて理不尽なんだ」――そんな悩みをもつ人も多いのでは。本連載は、サラリーマンの悩みに触れることで、会社の中で生き抜くヒントを紹介しています。(2013/12/30)

「英語に愛されないエンジニア」のための新行動論 ―番外編―:
“Japanese English”という発想(後編)
英語は米国英語/英国英語だけでなく、国の数だけあって、日本では「日本英語(Japanese English)」がそれに当たります。皆さん、気後れすることなく、この日本英語を使い、英語の“ようにみえる”メッセージを極東の国から怒涛(どとう)のように発信しようではありませんか。(2013/12/16)

ビジネス英語の歩き方:
海外人事の英語が分かればグローバル化は怖くない
外資系企業の人事は「冷酷だ」と言われることが多い。ですが、採用面を見てみると非常に合理的なシステムが構築されていることが分かります。(2013/12/4)

ヘッドハンターが明かす転職事情ウソ・ホント!?:
語学は不要? 海外求人の最前線
「英語はできます。でも海外生活の経験はありません」という人材を、海外赴任の要員として中途採用する日系企業が増えている。それどころか、外資系企業では海外経験も語学力も問わないというところもある。海外求人の現場で何が起こっているのだろうか?(2013/12/3)

山浦恒央の“くみこみ”な話(59):
ちょっと一休みして「技術翻訳」の話【その2】 〜オフショア開発とご近所付き合い〜
オフショア開発は、海外(外国人)に発注するから難しいのではなく、他人に発注するから難しい――。前回に引き続き、オフショア開発の話題から少し離れ、ちょっと一休み。“番外編”として「技術翻訳」のコツ、テクニック、注意すべき点を紹介する。(2013/11/13)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。