コラム
» 2010年10月13日 09時00分 UPDATE

ふぉーんなハナシ:韓国の大型電気店「テクノマート」のケータイショップに行ってきた

韓国のケータイショップで1度足を運んでみることをお勧めしたいのが、大型ショッピングビルの「テクノマート」。そこには日本の量販店では見られない光景が広がっている。

[田中聡,ITmedia]
photo 江辺のテクノマート

 9月上旬に韓国のSamsung電子へ取材で訪れた際に、「テクノマート」のケータイショップを案内してもらった。テクノマートは、電化製品を中心とした販売店が多数入居する大型ショッピングビル。日本の量販店に近いが、その規模はテクノマートの方が大きく、家電以外に衣類や雑貨なども購入できる。アクセスは、地下鉄2号線の江辺(カンビョン)駅1番出口から。休日は第2、4火曜日。

 このテクノマートの6階には、100店舗以上のケータイショップがひしめき合っている。1フロアに膨大な数のショップが並ぶ光景は圧巻。これだけのショップが乱立していると、客はどの店を選んでいいのか分からないのでは……と思うほどだった。

 日本の量販店では通信キャリアごとに販売スペースが区切られているが、テクノマートでは1店舗が複数キャリアの商品を扱う併売店が並んでいるので、例えばKTFが発売したiPhone 4と、SK Telecomが発売したXperia X10を、同じ店舗で購入できたりする。なかなか珍しい光景だが、日本では街中にある併売店が一挙に集まったという印象だ。

photophoto 1フロアに多数のケータイショップが並んでいる

 GALAXY Sが9月15日までに韓国で約110万台売れたこともあり、テクノマートでもGALAXY Sを大々的にアピールしている店舗が多かった。また、ショップを訪れた日(9月9日)がiPhone 4の発売前日だったこともあり、iPhone 4を大きく扱っているショップも見られた。

 ちなみに、Xperia X10は韓国では6月に発売されたが、とある店員に「Xperiaはどう?」と聞いたら、手を下げるジェスチャーを交えながら「ダウン、ダウン」と話していた。日本では50万台近く売れたXperiaだが、韓国ではいまひとつのようだ。韓国のAndroid端末は(9月当時は)Android 2.1搭載機種が多いので、Android 1.6のXperia X10はその時点で不利。またSamsungやAppleに比べて、Sony Ericssonのブランドが日本ほど浸透していないことも原因かと思われる。

photophotophoto GALAXY Sを推している店舗が多い(写真=左)。HTC Desire、Nexus One、Xperia X10などのAndroid端末も販売されている(写真=中、右)
photophotophoto 黒板の最初の2行には「iPhone 4予約受付中」と書かれている。「iPhone 4G」となっているのはご愛敬?(写真=左)。iPhone 3GSも人気のようだ(写真=中)。iPhone 4ホワイトのモックも展示されていた(写真=右)
photophotophoto スマートフォンのケースも販売されている(写真=左)。アイドルグループの「少女時代」はLG電子のPRキャラクターなので、彼女たちを起用したポスターや販促アイテムも多く見られた。少女時代は日本デビューを果たしたので、日本のLGケータイのキャラクターとして登場することも期待される(勝手に期待している)(写真=中、右)
photophoto 店頭にはどこかで見かけたキャラクターも……?

 フロアを歩いていて「日本と違う」と思ったのは、とにかく客の呼び込みが盛んなこと。日本の量販店とは違い、いわば個人商店が1フロアに集まっているのだから、各ショップは皆ライバル。それだけに呼び込みも激しくなるのだろう。韓国語なので何を話しているのかは分からないが、歩き回っているだけでいっせいに話しかけられるので、初めて訪れた人は圧倒されるかもしれない。ただ、「イルボンサラムイムニダ(日本人です)」と答えたら、「ああ、なんだ」という感じで呼び込みをやめたので、見学だけしたいときはこれで回避できそうだ。

photo 江辺通信。写真は2010年5月に撮影したもの

 「テクノマートでケータイを買ってみたい」という人は、日常会話程度だが、日本語の話せるスタッフがいる「江辺(カンビョン)通信」を訪ねることをお勧めする。同店舗ではプリペイドとポストペイド端末が販売されており、中古端末もある。端末の価格はピンキリで、5万ウォン(約3661円)〜60万ウォン(約4万3940円)ほど。新品は35万ウォン(約2万5632円)、中古なら20万ウォン(1万4646円)ほどで購入できるものが多いという。江辺通信は6階の「B-024」エリアで営業しているので、韓国に行く機会のある人は訪ねてみるといいだろう。

 日本のケータイショップは量販店とキャリアショップが多いが、韓国では併売店を特に多く見かける。また、テクノマートのような電気街や街中のほか、地下鉄の構内にもショップが多い。ソウルの中心地を電車で移動して何度か乗り換えると、かなりの高確率でケータイショップに出くわすはずだ。機会があったら韓国のケータイショップ事情も取材してみたいと思った。

photophoto 地下鉄構内にあるケータイショップ。これも日本ではあまり見られない光景だ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう