ニュース
» 2010年12月21日 11時42分 UPDATE

基本料金は月額525円:電子ブックリーダー「biblio Leaf SP02」、12月25日から順次発売

auの「LISMO Book Store」でダウンロードした電子書籍を閲覧できる端末「biblio Leaf SP02」が12月25日から発売される。あわせて、biblio Leaf SP02専用の料金プランも発表された。

[田中聡,ITmedia]

 KDDIは12月21日、電子ブックリーダー「biblio Leaf SP02」を、12月25日から順次発売することを発表した。まずは12月25日から関西、沖縄地域で発売し、そのほかの地域では2011年1月上旬以降の発売となる予定。

photophoto 「biblio Leaf SP02」。メーカーはFoxconn

 biblio Leaf SP02は、auの電子書籍配信サービス「LISMO Book Store」でダウンロードしたコンテンツを閲覧できる端末。約2Gバイトの本体メモリに約3000冊の電子書籍を保存できるほか、夏目漱石や太宰治の作品100点をプリセットしている。通信はauのCDMA 1X EV-DO Rev.Aと、無線LAN(IEEE802.11 b/n/g)をサポートしている。

 ディスプレイにはSVGA(800×600ピクセル)表示対応の約6.0インチ電子ペーパーを採用。反射光を利用するので省電力であることに加え、視野角が広く、直射日光が当たっても読みやすい。ディスプレイ下部にはソーラーパネルを搭載し、1回のソーラー充電で約50冊(1万3000ページ相当)の電子書籍を閲覧できる。付属のスタイラスペンを使ったタッチ操作に対応しているほか、本体前面に設置されている5つのキーから、決定やページ移動などの操作ができる。

 なお、biblio Leaf SP02は電子書籍閲覧用の専用端末なので、通話やEZwebなどには対応していない。

 あわせて、biblio Leaf SP02専用の料金プラン「誰でも割シングル(特定機器)」も12月25日から提供される。同プランに契約をすると、月額基本使用料1575円が525円に割り引かれる(有料コンテンツの購入には別途コンテンツ料が発生する)。誰でも割シングル(特定機器)は2年契約のため、契約期間中に解約または同プランを廃止すると、契約解除料9975円が発生する。25カ月目以降も自動で割り引きは継続されるが、契約や廃止時に契約解除料は発生しない。

photo
「biblio Leaf SP02」の主な仕様
機種名 biblio Leaf SP02
サイズ(幅×高さ×厚さ) 約129(幅)×198(高さ)×9.8(厚さ)ミリ
重さ 約282グラム
通信方式 EV-DO Rev.A(CDMA 1X WIN)
無線LAN IEEE802.11b/n/g
連続閲覧 約1万3000ページ
カメラ
外部メモリ microSD/microSDHC(別売)
本体メモリ 約2Gバイト
メインディスプレイ 約6.0インチSVGA(600×800ピクセル)電子ペーパー
サブディスプレイ
ボディカラー ホワイト

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.