レビュー
» 2012年01月19日 17時38分 UPDATE

写真で解説する「Xperia acro HD IS12S」

WiMAXとテザリングを除けば“ほぼ全部入り”と言えるスペックを実現したソニー・エリクソンの「Xperia acro HD SO-03D」。前モデル「IS11S」や、ドコモ向け「Xperia acro HD SO-03D」との違いを中心にチェックした。

[田中聡,ITmedia]

 ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズの「Xperia acro HD」が、auからも登場する。「Xperia acro HD IS12S」は、ワンセグ、おサイフケータイ、赤外線通信、防水(IPX5/IPX7)に対応したハイスペックなスマートフォン。緊急地震速報、Eメール(〜@ezweb.ne.jp)、au one Market、LISMO Player、Skype auなどauのサービスも利用できる。ソニー・コンピュータエンタテインメントのゲームをプレイできる「PlayStation Certified」にも対応している。

photophoto ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ製の「Xperia acro HD IS12S」。ボディカラーはルージュ、ホワイト、ブラック

 ディスプレイはIS11Sの4.2インチフルワイドVGAから4.3インチHDに、カメラはIS11Sの有効約810万画素から約1210万画素に向上し、約130万画素のインカメラも新たに備えている。バッテリー容量はIS11Sの1500mAhから1840mAhにアップしたが、IS12Sのバッテリーは本体に埋め込まれており取り外せない。ROM/RAMはIS11Sの1Gバイト/512Mバイトから16Gバイト/1Gバイトに増強された。グローバルパスポートはIS11SがCDMA+GSM(GSM圏内は通話のみ)だが、IS12SではGSM/UMTS/GPRSに対応し、パケット通信の利用エリアが多くなった。UMTSエリアでは下り最大7.2Mbpsの通信が可能だ。WiMAXとテザリングは利用できないが、WIN HIGH SPEEDはサポートしている。スペック向上に伴い、本体の幅はIS11Sの約63ミリから66ミリに太くなり、重さはIS11Sの約135グラムから約149グラムへと重くなっている。

 外観、機能、ソフトウェアは基本的にNTTドコモの「Xperia acro HD SO-03D」と同等。チップセットがドコモのQualcomm製の「MSM8260」に対して、IS12Sは「MSM8660」を採用している。いずれも第3世代のSnapdragonで、1.5GHzデュアルコアCPUを搭載している。ボディカラーのホワイトとブラックはSO-03Dと同じで、au独自色としてルージュを用意した。このほか、本体裏側に新しいauロゴとGoogleロゴがあるのも違いだ。なお、海外で発表された「Xperia S」「Xperia ion」などはSONYブランドだが、IS12SはSO-03Dと同じく、Sony Ericssonブランドのモデルとして発売される。ひょっとしたら、IS12Sはau最後の“ソニエリ端末”となるかもしれない。

 主な機能やソフトウェアの詳細は、以下のドコモ向けSO-03Dの写真記事でもまとめているので参考にしてほしい。

photophoto auオリジナルカラーのルージュ。デザインや正面のロゴはドコモ版acro HDと同じだ(写真=左)。写真からは見えにくいが、裏面の左上にau新ロゴとGoogleロゴがある。他にスピーカー、カメラ、フォトライト、FeliCaマークなどもある(写真=右)
photophoto 左側面にはmicroSDスロット、SIMスロット、充電端子を搭載(写真=左)。右側面には電源キー、ワンセグアンテナ、音量/カメラのズームキー、カメラキーを装備(写真=右)
photophoto 上端部にはMicro HDMI端子、イヤフォンジャック、Micro USB端子があり、いずれもカバーが付けられている(写真=左)。下端部にはストラップホールがある(写真=右)
photophoto ドコモの「Xperia acro SO-02C」と比較。acro HDの方がやや大きい(写真=左)。センサー型の戻る/ホーム/MENUキーを搭載(写真=右)
photophoto 側面からトレイを引き出してau ICカードを着脱する(写真=左)。SIMスロットの隣にmicroSDスロットを用意(写真=右)
photophoto 3つのカバーを取り外したところ(写真=左)。ワンセグアンテナは先端の色も本体色ごとに異なる(写真=右)
photophoto 充電用の卓上ホルダが同梱される(写真=左)。HDMIケーブルを接続(写真=右)
photophoto BRAVIAなどのテレビとHDMI接続すると、専用UIの「TV Launcher」が表示され、ショートカットから簡単にアプリを起動できる。カーソル移動や決定などのリモコン操作にも対応している(写真=左)。本体の表示内容をそのままテレビに映し出せる(写真=右)
photophotophotophoto 1月16日の発表会の展示機にプリインストールされていたアプリ一覧

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.