ニュース
» 2012年12月26日 22時02分 UPDATE

ヤフーの「防災速報」アプリ、位置情報を使った通知に対応

ヤフーのスマートフォン向けアプリ「防災速報」に、ユーザーが今いる現在地の災害情報を自動通知する機能が追加された。

[エースラッシュ,ITmedia]

ヤフーは12月26日、災害情報や気象に関する警報・注意報などを知らせるスマートフォン向けアプリ「防災速報」に、現在地連動通知機能を追加した。現時点ではAndroid版のみの対応だが、iPhone版アプリにも順次対応する。

photophotophoto 「防災速報」

 防災速報は、気象庁や電力会社などが発表する情報をもとに「地震情報」「豪雨予報」「気象情報/警報」「噴火警報」「放射線量」などを速報的に知らせるアプリ。8月には「緊急地震速報」の配信も開始した。PCやフィーチャーフォン向けに、メールで情報を配信するサービスも行っている。

 アプリ版ではユーザーが設定した3つのエリアの災害情報を受信するが、現在地連動通知の開始により、設定した3エリア以外の情報を受信することも可能になった。現在地は端末の位置情報から約30分に1回取得するが、オフにすることもできる。

photo 防災速報

photo 防災速報

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.