調査リポート
» 2013年07月19日 15時44分 UPDATE

LTE/4Gエリア化率は再びドコモが首位――日経BPのエリア調査

日経BPは、「第2回全国LTE/4Gエリア調査」を実施し、3キャリアのLTE/4Gエリア化率、通信速度の実態を調べた。2013年3月の調査から2度目の実施となる。

[村上万純,ITmedia]

 日経BPコンサルティングは7月19日、「第2回全国LTE/4Gエリア調査」の結果を公表した。NTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクモバイルの3キャリアが対象で、LTE/4Gエリア化率、通信速度の実態を調べた。2013年3月の調査以来2回目の実施となる。

 調査場所は「ウォーターパーク・海水浴場」「道の駅」、展望施設のある「高層ビル・タワー」などを含む全国1793カ所で、測定ポイント数は2147カ所。測定対象となるのは、ドコモ「Xperia A SO-04E」、KDDI「iPhone 5」、「HTC J One HTL22」、ソフトバンク「iPhone 5」、「AQUOS PHONE Xx 206SH」の5機種だ。実施期間は2013年6月26日から7月15日まで。速度計測は、「RBB TODAY SPEED TEST」アプリで行った。

 最もLTE/4Gエリア化率が高かったのは前回に引き続きドコモで、98.6%。KDDIのHTC J Oneも97.8%と僅差で、同社のiPhone 5を除いて、どの機種もLTE/4Gのエリアは拡大していた。エリアの拡大率が最も高かったのがソフトバンクのAQUOS PHONE Xxで、前回から約8割拡大した。調査地点別に見ると、「ホテル・宿泊施設」「空港」「官公庁」「複合施設」ではドコモのエリア化率が100%で、「高層ビル・タワー・展望施設」や「ウォーターパーク・海水浴場」など夏休みシーズンに訪れたいスポットでも同様だった。KDDIのHTC J Oneは「駅」「大学」でのエリア化率が高い。

photo 3キャリアのLTE/4Gエリア化率(前回調査との比較)
photo エリアとカテゴリー別のLTE/4Gエリア化率
photophoto 3キャリアのLTE/4G平均データ通信速度(下りと上り)

 世界遺産で話題となっている「富士山」、「三保の松原」での測定も、ドコモのデータ通信速度が最速だった。

photo 富士山、三保の松原での測定結果

 5機種の中で上り速度が最速だったのがKDDIのHTC J Oneで、LTE/4Gの平均速度は10.20Mbpsだった。ソフトバンクのiPhone 5とドコモのアップロード速度も、前回より2Mbps以上速くなっていた。

photophoto エリア/カテゴリー別のLTE/4G平均データ通信速度(下りと上り)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.