ニュース
» 2015年08月24日 20時00分 UPDATE

格安SIM Q&A:ドコモ回線の「格安SIM」はフィーチャーフォンでも使えますか?

MVNOの「格安SIM」は、月々の利用料金が抑えられます。その多くは、スマートフォン・タブレットで使うことを前提としていますが、フィーチャーフォン(ケータイ)では使えないのでしょうか……?

[井上翔,ITmedia]

質問

 MVNO(仮想移動体通信事業者)が提供するドコモ回線の「格安SIM」って、フィーチャーフォン(ケータイ)でも使えますか?

回答

photo

通話とSMSはできます。spモードケータイなら、データ通信もできますが、3G端末に対応したSIMが必要です。
(ITmedia Mobile編集部 井上)


 MVNOの通信サービスは、スマートフォン・タブレット、あるいはモバイルWi-Fi(無線LAN)ルーターで使うことを前提としているものがほとんどです。各MVNOの「端末動作確認」ページを見ても、フィーチャーフォン(「ケータイ」あるいは「ガラケー」とも呼ばれます)は 対応機種の一覧には書かれていません。

 MVNOのSIMカードでフィーチャーフォンは使えるのか? これは誰もが持ちうる疑問です。NTTドコモのフィーチャーフォンをドコモ回線を利用するMVNOサービス(もちろん音声通話あり)を使う前提で筆者が調べたところ……。

  • 音声通話とSMS(ショートメッセージ)は利用可能
  • iモードケータイでのパケット通信は不可
  • spモードケータイでのパケット通信は、Androidスマホと同様に設定すれば可能
    (MVNOサービスが3G端末に対応している必要あり)

 これらのことが分かりました。詳細は以下の通りです。

音声通話とSMS:設定せずに利用可能

 音声通話とSMSについては、携帯電話として基本的な機能です。そのため、フィーチャーフォンでも特に設定をすることなく利用可能です。ドコモ回線のMVNOサービスでドコモのフィーチャーフォンを使う場合、SIMロックを解除する必要もありません。

photophoto 音声の発着信(写真=左)やSMSの送受信(写真=右)は特に設定しなくても利用可能

iモードケータイでのデータ通信:不可

 iモードは、ドコモの中ではISP(インターネット接続サービス)の1つです。そのため、iモードケータイでもAPN(Access Point Name:接続先を特定するための情報)を手動で追加できるようになっています。過去には、この機能を使った他社のサービスもありました(参考記事)。

 ここにMVNOのAPNを入力すれば、iモードブラウザでのWebブラウズができる――と思い、「F-07F」と「楽天モバイル」の通話SIMで試してみましたが、接続できずに終わりました。iモードの接続設定では、ユーザーID・パスワード・認証タイプを選択できないので、仕方ないかもしれません……。

photo 「楽天モバイル」のAPN情報を入力してみたものの……
photo 待てど暮らせど通信は始まりませんでした……

 では、ユーザーID・パスワード・認証タイプも設定できる「アクセスポイントモード」(スマホ時代の今なら「Wi-Fiテザリング」と呼ばれる機能)ならつながるのではないか、と思い設定しました。

 すると……つながりませんでした。アクセスポイントモードでは、ドコモの「mopera U」だけではなく、FOMA(3G)に対応した他ISPでも接続できたので、ちょっと期待していたのですが……。もしかすると、アクセスポイントモードを有効にするためにiモード通信が必要、というところが引っかかっているのかもしれません。

photophoto 「アクセスポイントモード」もNG

 こうなったら、ということでF-07F自身をBluetoothモデムに仕立て上げ、PCからダイアルアップして接続――することもできませんでした。どうやら、MVNOのSIMカードをiモードケータイで使った場合、どんな手段を使ってもデータ通信はできないようです。

photo 一部の人には懐かしいドコモ純正の「FOMA PC設定ソフト」からリモートでAPNを書き込み……
photo Bluetoothモデムとして接続を試みるも、失敗……

Androidケータイ:スマホと同じように設定すればOK(条件あり)

 最近は、「ARROWSケータイ F-05G」や「AQUOSケータイ SH-06G」のように、Androidを使っているフィーチャーフォンも出てきました。

 これらの機種では、モバイル接続設定がAndroidスマホ・タブレットと同仕様となっています。そのため、各MVNOが公開しているAPN情報を追加すればデータ通信ができます。ただし、「ドコモメール」など、spモードのネットワークに依存している機能は使えません。

 なお、F-05GとSH-06GはFOMA(3G)端末なので、3G端末でも接続できるMVNOサービスのSIMカードが必要です。MVNOサービスの中には、LTE端末でしか接続できないものもありますので要注意です。

photophoto Androidを使ったフィーチャーフォン2機種では、3G接続に対応したMVNOサービスなら利用可能。画像はARROWSケータイで「BIGLOBE LTE・3G」を使った際の様子

このコーナーについて

「格安SIM Q&A」では、読者の皆様から格安SIMにまつわる質問を受け付けています。「そもそも格安SIMとは?」という初歩的な質問から、「あのサービスの使い勝手はどうなのか」という突っ込んだ質問まで、何でもOKです。編集部で可能な限りお答えします。皆さんのご質問をお待ちしています!


基本情報から価格比較まで――格安SIMの情報はここでチェック!→「SIM LABO

格安SIM、SIMロックフリースマホのすべてが分かる

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.