ニュース
» 2015年09月08日 17時56分 UPDATE

格安SIM Q&A:SMSが使えて一番安いデータ通信SIMは?

とにかく低コストでLINE専用スマホを運用したい。というケースです。

[平賀洋一,ITmedia]

質問

 LINEをするのにSMSが受信できることが条件だと思うのですが、LINEをするのに一番安い格安SIMはどれになりますか? 通話できるかどうかは問いません。

回答

photo

月間100Mバイトまでなら「FREETEL SIM」、同じく200Mバイトまでなら「ファンダムSIM」。低速で無制限なら「DMM Mobile」が最安です
(ITmedia Mobile編集部 平賀)


 「SIM LABO」で最安値データSIMを中心に比較しました(2015年9月8日現在)。月額料金が一番安いのは、FREETEL SIM「データ専用(〜100MB)+SMS」プランの439円(税別、以下同)です。下り最大225MbpsのLTE通信が利用できますが、この価格で使えるのは100Mバイトまで。それを超えた場合は1Gバイトまで639円になります。

photo 100MバイトまでのLTE通信が、SMS付きで439円から利用できる「FREETEL SIM」

 次に安いのは「ファンダムSIM」の518円。こちらも段階ごとに料金が上がっていく仕組みで、下り最大150MbpsのLTE通信が200Mバイトまで利用できます。超えた場合は、1Gバイトまで718円で使えます。

photo 200MバイトまでのLTE通信が、SMS付きで518円から利用できる「ファンダムSIM」

 LINEのトークがテキスト中心で、スタンプや画像もあまり使わない場合は、FREETEL SIMやファンダムSIMの最低価格で済むかもしれません。ただスマホの通信量を毎月100〜200Mバイトに抑えるのは難しいですから、1Gバイトの価格(639円〜718円)で見ていたほうが安心だと思います。その場合は月間1Gバイトまで630円で使える「おかわりSIM 5段階定額 SMS付」も候補に挙がります。

 通信速度が低速(200Kbps)で良ければ、DMM Mobileが590円(ライトプラン440円+SMSオプション150円)でデータ容量無制限のプランを用意しています。同様のプランでは、通信速度が若干速い250kbpsで無制限の「ServersMan SIM LTE」(610円)、250kbps+無制限+無料のWi-Fiスポットが使える「ワイヤレスゲート Wi-Fi+LTE」(619円)もあります。

 なお、大手キャリア以外のSIMは年齢認証が使えないため、LINEの「ID検索」が利用できない制限があります。

このコーナーについて

「格安SIM Q&A」では、読者の皆様から格安SIMにまつわる質問を受け付けています。「そもそも格安SIMとは?」という初歩的な質問から、「あのサービスの使い勝手はどうなのか」という突っ込んだ質問まで、何でもOKです。編集部で可能な限りお答えします。皆さんのご質問をお待ちしています!


基本情報から価格比較まで――格安SIMの情報はここでチェック!→「SIM LABO

格安SIM、SIMロックフリースマホのすべてが分かる

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.