ニュース
» 2015年11月17日 14時32分 UPDATE

携帯各社、エリアメール&緊急速報メールで「特別警報」を配信開始

ドコモの「エリアメール」、KDDI・沖縄セルラー電話・ソフトバンクモバイルの「緊急速報メール」で気象庁が発表する「特別警報」を11月19日から配信開始する。

[エースラッシュ,ITmedia]

 NTTドコモ、KDDI/沖縄セルラー電話、ソフトバンクモバイルは、11月19日から各社で行っている緊急速報の通知で気象庁が発表する「特別警報」を配信開始する。

 NTTドコモの「エリアメール」、KDDI・沖縄セルラー電話・ソフトバンクモバイルの「緊急速報メール」では、これまで気象庁が発表する「緊急地震速報」や「津波警報」、各自治体が住民に避難勧告などを発令する「災害・避難情報」を配信していた。

 これより数十年に一度発生する程度の大雨、暴風、高潮、波浪、暴風雪、大雪が予想される場合に発表する「気象等に関する特別警報」、居住地域に重大な被害をおよぼす噴火が発生・予想される際に発表する「噴火に関する特別警報」も配信開始する。

 特別警報とは気象庁が2013年8月30日から運用を開始したもので、予想される現象が特に異常なため重大な災害の起こる可能性が著しく高いという旨を警告する防災情報。また、噴火警戒レベルを運用している火山では、噴火警戒レベル4以上、噴火警戒レベルを運用していない火山では「噴火警報(居住地域)」が特別警報に該当する。

リリース本文

 以下、リリースの本文です。

緊急速報「エリアメール」および「緊急速報メール」での「特別警報」の配信の概要

1. 運用開始日時

2015年11月19日(木曜)11時

2. 配信条件

(1)気象等に関する特別警報

現象の種類 基準
大雨 台風や集中豪雨により数十年に一度の降雨量となる大雨が予想され、若しくは、数十年に一度の強度の台風や同程度の温帯低気圧により大雨になると予想される場合
暴風 数十年に一度の強度の台風や同程度の温帯低気圧により暴風が吹くと予想される場合
高潮 数十年に一度の強度の台風や同程度の温帯低気圧により高潮になると予想される場合
波浪 数十年に一度の強度の台風や同程度の温帯低気圧により波浪になると予想される場合
暴風雪 数十年に一度の強度の台風と同程度の温帯低気圧により雪を伴う暴風が吹くと予想される場合
大雪 数十年に一度の降雪量となる大雪が予想される場合

(2)噴火に関する特別警報(下の表のうち「特別警報」が発表された場合に配信)

1. 噴火警戒レベルを運用している火山

名称 対象範囲 レベル キーワード
特別警報 噴火警報(居住地域) 居住地域およびそれより火口側 5 避難
4 避難準備
警報 噴火警報(火口周辺) 火口から居住地域近くまでの広い範囲の火口周辺 3 入山規制
火口から少し離れた所までの火口周辺 2 火口周辺規制
予報 噴火予報 火口内等 1 活火山であることに留意

2. 噴火警戒レベルを運用していない火山

名称 対象範囲 キーワード
特別警報 噴火警報(居住地域) 居住地域およびそれより火口側 居住地域厳重警戒
警報 噴火警報(火口周辺) 火口から居住地域近くまでの広い範囲の火口周辺 入山危険
火口から少し離れた所までの火口周辺 火口周辺危険
予報 噴火予報 火口内等 活火山であることに留意

(3)参考 気象庁から「エリアメール」、「緊急速報メール」で配信される特別警報

特別警報
気象等 津波 火山噴火 地震動
特別警報配信開始前 - ○ 注意1 - 注意1
特別警報配信開始後 ○ 注意1 ○ 注意1

3. 「特別警報」の受信メッセージのイメージ

Photo

注意1 自治体からも配信される場合あり。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.